ふるさと 納税 簡単 仕組み。 ふるさと納税の仕組みを簡単に解説!上限額は?損する人もいるってホント?

【保存版】日本一わかりやすい「ふるさと納税」の仕組み

ふるさと 納税 簡単 仕組み

ふるさと納税で住民税が控除される仕組みとは まず冒頭でも記述しましたが、ふるさと納税制度は「ふるさと納税=返礼品を買う」ではなく「自治体へ寄附をすることで住民税・所得税の控除対象になる」という前提があり、さらにお礼として自治体から返礼品がもらえるという内容となります。 控除の対象となる金額は、寄附した金額から自己負担分の2,000円を引いた金額となります。 2,000円の自己負担をすることで税金控除がされ応援したい自治体の魅力的な地場産品を受け取ることができる場合があります。 住民税の控除額について ふるさと納税制度による住民税からの控除額には上限があり、控除上限額以上の寄附をしても控除対象にならないので注意が必要です。 住民税や所得税の金額が収入などによって変わるように、控除上限額も個人により異なります。 また、控除上限額は、ふるさと納税を行う本人の収入や家族構成によって異なります。 個人事業主など、特に収入が毎年変化する場合には、前年の控除上限額が高かったとしても、必ずしも今年も前年分と同じ分だけの寄附をして控除の対象になるとは限りません。 例えば、控除上限額が1万円の方が、「黒毛和牛肉」(寄附金額3万円)の返礼品を選び、 ふるさと納税を行った場合、控除上限額の1万円を除く2万円が住民税の控除が適用されず自己負担となります。 そのため、その年の控除額上限はしっかりと把握しておく必要があります。 また、独身や夫婦(配偶者が働いていない場合)、共働き夫婦や子どもの有無などの家族構成によって、控除上限額が異なる点にも注意が必要です。 家族構成などによる控除額の違いの詳細は下記ページでご確認頂けます。 住民税控除額の計算について まず、ふるさと納税制度を利用した住民税控除額の計算方法には、基本分と特例分の2つがあります。 ここでは、それぞれの詳しい計算方法のご紹介をいたします。 つまり、2,000円の自己負担額を除いた分の10%分が基本の控除額です。 なお、控除対象の寄附額は、総所得金額などの30%が上限と決められています。 基本分と特例分を合わせた額が、翌年度の住民税からの控除額となります。 こちらのケースでは「 ふるさと納税額-2,000円」の全額控除とはならず、実質的な負担額は2,000円以上になります。 控除上限額をシミュレーションしたい場合は、控除上限額シミュレーションを利用してご確認ください。 控除上限額シミュレーションは、簡単に控除上限額を知ることができるほか、「詳細シミュレーション」にて、扶養家族の人数、社会保険料、医療費控除の金額などを詳しく入力することで、さらに精度の高い結果を得ることが可能です。 住民税の控除が適用される時期について ふるさと納税の寄附を行うのに、決められた期間や時期はありません。 その年の1~12月のうち、いつでも好きなときに寄附をして翌年に住民税の控除が適用されます。 住民税が控除される時期は、ふるさと納税を行なった時期によって決まっており、実際に控除額を確認できるのは、ふるさと納税を行った翌年の6月頃に住民税の通知を受け取るときとなります。 つまり、すぐに住民税の控除が適用されるわけではないので、自己負担分が増えてしまわないように、ある程度の年収が把握できてからなど、ふるさと納税を行う時期をよく考える必要があります。 自己負担額を不用意に増やさないためにも、控除上限額の目途がつく12月に寄附をするのが安心かもしれません。 ただし、一概に年末に駆け込みでふるさと納税をしたほうが良いとはいえません。 返礼品のなかには、品切れになるほど人気の返礼品もあります。 ふるさと納税の申し込みは1~2月が少ない傾向にあるため、魅力的な返礼品があれば年のはじめのうちから検討しておいても良いでしょう。 また、前述したように、ふるさと納税を行った翌年分の住民税が控除されるためには、確定申告が必要となるケースとそうではないケースがあります。 ワンストップ特例制度を利用しない場合は、翌年3月15日までに確定申告を行い、ふるさと納税をした際に発行された「寄附金受領証明書」を添付します。 確定申告をすると、ふるさと納税をした年の所得税が還付されますが、住民税の控除は所得税のように確定申告で還付されるものではない点に注意しましょう。 ふるさと納税制度による所得税の還付について ここまで、ふるさと納税制度による住民税の控除についてご紹介してきましたが、所得税の還付についても簡単にご紹介いたします。 ふるさと納税制度を利用することで、どのような税金の控除・還付がされるかを全て把握しておくことはとても大切なことだからです。 所得税率は課税所得に応じて高くなるので、こちらもきちんと知っておく必要があります。 例えば、課税される所得金額が195万円以下であれば税率は5%ですが、195万円を超えて330万円以下なら10%、330万円を超えて695万円以下であれば20%です。 1%)が加算されます。 復興特別所得税を含む税率は上記の例では、税率が5%の場合は5. 105%、10%なら10. 210%、20%なら20. 420%となります。 また、所得税還付の対象となるふるさと納税額は総所得金額などの40%と決められているので、それを超えないようにご注意ください。 所得税がどのくらい還付されるか例を挙げると、夫婦(配偶者控除有)と16歳以上19歳未満の子どもがいる年収600万円の世帯の場合、寄附金額上限の目安は6万円となります。 そこから2000円を引き(5万8000円)所得税率である20%をかけると1万1600円で、この分が所得税から控除されます。 ふるさと納税と税の控除・還付に関する詳細については、下記のページでご確認ください。 ふるさと納税の確定申告手続きについて ふるさと納税制度は、単に寄附を行い、自治体が提供する返礼品を選んで完了するというものではありません。 原則として、ふるさと納税を行った自治体から送付される「寄附金受領証明書」を添えて確定申告をするなど住民税からの控除を受けるために、所定の手続きを行う必要があります。 ただし、特定の条件を満たす場合にはワンストップ特例制度を利用することで、確定申告の手続きをせずに、住民税の控除を受けることができます。 ワンストップ特例制度について 前述しましたが、ふるさと納税制度による住民税控除などを受けるために必ずしも確定申告が必要になるわけではありません。 ワンストップ特例制度を利用すれば、確定申告を行わなくても税が控除されるので大変便利です。 ここでは、ワンストップ特例制度について簡単にご紹介いたします。 ワンストップ特例制度とは これは確定申告が不要な給与所得者などが受けられる、ふるさと納税のために創設された制度で、給与所得者に対して適用される、ふるさと納税をより簡単に行える便利な制度です。 この制度を利用するためにはいくつかの条件があり、その一つが「ふるさと納税先の自治体が5つ以内」という条件です。 6つ以上の自治体にふるさと納税をすることももちろん可能ですが、その場合には確定申告をしなければならなくなります。 確定申告が面倒と思うなら寄附先を5つ以内に収めるよう、ふるさと納税を行う自治体をよく考える必要があるでしょう。 ワンストップ特例制度は、寄附した自治体にワンストップ特例制度の申請書を提出することで適用されます。 そうすることで、寄附先の自治体から控除に必要な情報が現在住んでいる自治体へと届き、翌年分の住民税から控除されます。 もしも寄附を行なった年の途中で引越しをした場合には、寄附先の自治体に翌年の1月10日まで連絡をしましょう。 ワンストップ特例制度による住民税の控除について ワンストップ特例制度を適用した場合には、控除の対象が全てが住民税からとなります。 ワンストップ特例制度を利用していることで、確定申告が不要になっているため所得税での還付は行われません。 住民税での税額控除は翌年度の6月以降に通知が届き適用されます。 ワンストップ特例制度の詳しい内容に関しては、下記のページでご確認ください ふるさと納税制度は住民税の控除を受けながら地域活性に貢献できます! ふるさと納税制度を利用すると、住民税が控除されたり返礼品がもらえるなど、自身にとって嬉しいことだけではなく、地域の活性につながるというメリットもあります。 応援したい自治体や、愛着のある故郷へ寄附することもできるので、納税に対して自分の意思表示ができるという利点もあります。 さらに、控除上限次第では複数の自治体に寄附をして返礼品をもらうことができるので、選択できる幅が広いのも嬉しい点です。 ふるさと納税制度の仕組みは一見複雑に見えるかもしれませんが、手続きは簡単に済ませることができますし、いつからでも始められるものです。 2015年からはふるさと納税制度の控除額の枠がおおよそ2倍に拡充されたため、ますます制度を利用しやすくなりました。 ふるさと納税制度は地方再生のカギとして注目されている制度であり、日本の将来を明るくする契機になり得るものです。 このように、ふるさと納税には単純にお得になる以上の良さがいくつもあるので、仕組みをしっかりと理解しつつ、積極的に活用することをおすすめします。

次の

【保存版】日本一わかりやすい「ふるさと納税」の仕組み

ふるさと 納税 簡単 仕組み

ふるさと納税の仕組みとは? ふるさと納税を簡単にお伝えすると 「地方自治体へ寄付をする」ことです。 ご自身の故郷や応援したい町など、お好きな自治体へ寄付をすることができます。 自治体からは「寄付のお礼」として、地場の特産品など様々な「返礼品」がもらえることから人気を集めています。 ふるさと納税が「節約」になるのはなぜ? ふるさと納税は利用すると 実質自己負担2,000円のみ で、お肉やスイーツなど様々な返礼品がもらえます。 先ほどご紹介した返礼品をすべて購入しようと思うと、通常は何万円もしますよね。 それが、ふるさと納税を利用すれば、たった2,000円で手に入るので「節約」になるんです。 逆に、税金を払っていない方は控除する税金がないため、ただ地方自治体への寄付になってしまいます。 例えば、4万円を寄付したら自己負担分の2,000円を引いた「38,000円」が税金から戻ってきます。 なので、 税金を払っていない方は、その恩恵を最大限受けることができません。 [jin-iconbox01]「専業主婦」や「学生 収入がない 」は、寄付をして返礼品をもらうことができても、実質自己負担2,000円にはなりません。 ふるさと納税は必ず寄付金額の上限を知り、実質自己負担2,000円にすることで最大限お得に利用することができます。 寄付金額の上限を知りたい方は「」をご覧ください。 必ず2,000円の自己負担は発生する ふるさと納税は寄付金額の上限内であっても、必ず自己負担2,000円はかかります。 ですが、たった2,000円で様々な返礼品をもらえ、家計の節約ができると思えば惜しむことはないですよね。 また、自己負担の2,000円は 寄付をした年の一度だけかかります。 つまり、複数の自治体に寄付をしても、上限内の寄付であれば自己負担は2,000円のみで済みます。 手続きの方法としては、寄付した自治体から送られてくる「ワンストップ特例申請書」を寄付した自治体に提出するだけ。 ワンストップ特例制度を利用すると、 「翌年度の住民税」から 「寄付額ー2,000」が控除されます。 [jin-iconbox01] ワンストップ特例申請書を提出した後に「確定申告」が必要となった場合は、ワンストップ特例制度は利用できません。 ふるさと納税分も確定申告をする必要があります。 確定申告 会社員であっても以下の場合はワンストップ特例制度が利用できません。 確定申告をした場合、 「所得税の還付」+「翌年度の住民税控除」 という形でお金が戻ってきます。 [jin-iconbox01]所得税の還付は早ければ確定申告後1~2週間以内に、住民税控除は支払う額が減っています。 ふるさと納税の申し込み方法 ふるさと納税の申し込み 自治体へ寄付 する方法は、「寄付したい自治体のホームページ」や「ふるさと納税サイト」から可能。 ふるさと納税サイトといえば「」「」「」などから簡単に申し込むことができます。 初めての方におすすめなのが「」です。 「楽天」なら…• 楽天市場のお買い物と同じようにふるさと納税 自治体への寄付 ができる• ふるさと納税でもポイントを貯めたり、使える• 楽天セール時ならもらえるポイントで 自己負担が0円にできる 上記のようなメリットがあるからです。 で自己負担を0円にするやり方は「」で詳しく解説しています。 ふるさと納税のやり方 楽天ふるさと納税 初心者の方におすすめの「」で、実際に寄付をしてみましょう。 「」へアクセス• 返礼品 寄付したい自治体 を選ぶ• 「寄付金の用途」や「ワンストップ特例制度の申請書」の有無を選択• 「寄附を申込む」をタップ• 注文内容に間違いないか確認し「注文を確定する」 以上で、ふるさと納税は完了です。 ただし、楽天ふるさと納税を利用する場合は下記のことに注意してください。 注文内容確認画面に表示される「注文者情報」が「住民票情報」となる• ふるさと納税を申込む人名義のアカウントを利用する• クレジットカードは申込み人名義のものを使用する くれぐれも、申込み人以外のアカウントや名義のカードを利用しないようにしてください。 ふるさと納税は、年末はとても混み合うため、日にちに余裕をもって寄付をすることをおすすめします。 特にワンストップ特例制度を使用する場合、 翌年の1月10日が必着日となるため申請遅れのないように気を付けましょう。 ふるさと納税後の手続き ふるさと納税の申し込み後、早ければ1~2週間で「返礼品」「受領書」「ワンストップ特例申請書」が送られてきます。 この3つはどれも別々に送られてくることが多いです。 [jin-iconbox01]ワンストップ特例申請書は申込み時に「要望」した方のみ届きます。 手続きが完了すると郵送やメールで手続き完了の連絡がきます。 無事に手続きが完了すると、翌年度の住民税から「寄付金額ー2,000円」が控除されます。 住民税の確認方法は下記記事をご覧ください。 確定申告をすると• 所得税からの還付• 翌年度の住民税から控除 上記2つの税から戻ってきます。 翌年6月頃に届く会社から配布される「住民税決定通知書」の「寄付金控除」の欄に記載があります。 ふるさと納税の確定申告の詳しいやり方は下記記事をご覧ください。 難しく思われがちですが、思っている以上に簡単にできます。 特に、 「 」をすれば、楽天市場でお買い物するような感覚で寄付ができるため迷うことがありません。 また、ワンストップ特例制度を利用すれば確定申告不要で手続きが簡単になります。 この機会に、ぜひふるさと納税を始めてみてくださいね。

次の

ふるさと納税を活用した節税の仕組みは簡単!ふるさと納税の3つのメリット

ふるさと 納税 簡単 仕組み

03:よくある質問 ふるさと納税についてのよくあるご質問をまとめました。 寄付はいくらでもできますか? 翌年から税金が差し引かれる寄付金額には上限があります。 ページ下の控除額上限の計算表や、「寄付可能額をしらべる」ページなどを使って計算してみましょう。 寄付はどうやってしますか? このふるさと本舗のサイトからクレジットカードを使って寄付することができます。 欲しい返礼品を選んでみてください。 確定申告は不要ですか? 寄付する自治体数が5つ以内の場合は確定申告は不要です。 寄付するときに、ワンストップ特例の申請をするにチェックしておきましょう。 自治体から申請書が発送されます。 納める税金とは何でしょうか? ふるさと納税の対象となる税金の種類は、住民税と所得税です。 会社員ですと毎月給料から天引きされている方が多いです。 この住民税と所得税から寄付金額に応じて控除を受けることができます。 翌年差し引かれた分(控除額)はどうやって確認するのでしょうか? 寄付をした翌年の6月頃に納税通知書が送付されます。 その通知書に控除金額の記載があります。 通知が届かない場合は会社の労務や人事担当、または自治体に問い合わせてみましょう。 金額は目安となりますので、詳細につきましては、税理士かお住いの自治体にお問い合わせください。 中学生以下の子供は計算上は加味する必要がありません。 中学生と高校生のお子様がいらっしゃる場合は 「共働き」で「高校生の子供1人」の列をご参照ください。 (配偶者の給与年収が201万年超の場合)• 例えば、「夫婦子1人(小学生)」は「夫婦」と同額になります。 また、「夫婦子2人(高校生と中学生)」は「夫婦子1人(高校生)」と同額になります。

次の