平素 より 格別 の ご 高配 を 賜り 厚く お礼 申し上げ ます。 「平素は」のビジネス文書での文例・使い方|挨拶/結び

格別の /文例・敬語の使い方・意味

平素 より 格別 の ご 高配 を 賜り 厚く お礼 申し上げ ます

[スポンサードリンク] 基礎 意味 「普段から」、「日ごろから」を丁寧に表現した言葉。 上手に使うには 敬語に含まれる表現の一つで、ビジネスメールやホームページで告知を掲載する時に使用される言葉です。 要件を相手に伝える前の冒頭の挨拶として使われる表現方法で、「平素より大変お世話になっております。 (要件)。 今後ともどうぞよろしくお願い致します。 」という流れが基本パターンとなっています。 さらに丁寧に表現する場合は、「拝啓」を文の初めに、「敬具」を文の終わりに添えるようにしてください。 ただし「平素は」の場合は、「平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。 」という流れが基本のため、「平素より」と表現の仕方が違っているので注意が必要です。 また面識がまだない相手に「平素より(平素は)」を使用すると違和感のある文章となってしまうため、別の表現で挨拶するようにしてください。 本日は要件があり、突然ながらメールをお送りさせて頂きました。 使い方/例文 「平素より~~ありがとうございます。 」の様々なパターン 平素よりお世話になっております。 平素より格別のご愛顧を賜り、誠に有難うございます。 平素よりなにかとお心にかけていただき、誠にありがたく存じます。 平素より弊社商品をご愛用頂き、誠にありがとうございます。 メールでのやり取り(社員同士、客対応)の時に 平素より大変お世話になっております。 よろしくお願い致します。 前略、森下様。 平素よりお世話になっております、飯渕です。 この度、1週間ほどの休暇をいただくことになりましたので、この期間の仕事依頼についてはお控え頂けますと幸いです。 関係者各位 拝啓 平素より格別のご愛顧を賜わり厚く御礼申し上げます。 本日より休業とさせて頂きます。 暫くの間ご迷惑をおかけ致しますが、ご理解賜りますようお願い申し上げます。 敬具 拝啓、佐原様。 平素よりお世話になっているお客様との合同BBQを土曜日に行いました。 天気にも恵まれ、素敵な具材に囲まれ、最高の休日を過ごさせていただきました。 平素より弊社製品をご愛顧頂きまして誠にありがとうございます。 ご注文頂いた商品が本日、発送されました。 2日ほどの到着予定です。 よろしくお願いします。 平素よりIrumiをご愛顧頂きありがとうございます。 この度は店頭STAFFの応対でお客様に不快な思いをさせてしまい誠に申し訳ございません。 時間や日程などの変更を告知する時に 平素より、AWYAレストランをご利用くださいまして誠にありがとうございます。 この度、通常営業の時間を変更させていただくことになりました。 ご理解ご協力を賜りますようお願い申し上げます。 平素より格別のお引き立てを賜りまして、有難う御座います。 この度、スマートフォンからもご覧いただきやすいようホームページをリニューアルしました。 一度ご確認のほどをよろしくお願いします。 平素より当スタジオをご利用頂き有り難う御座います。 7月30日(土)は隅田川花火大会開催の為、交通規制等を鑑み18:00までの営業とさせて頂きます。 ご不便をお掛けしますが何卒ご了承くださいませ。 平素よりSNOWINをご利用いただき、ありがとうございます。 誠に勝手ながら、本日5月31日(火)はスタッフ研修のため18:30までの営業とさせていただきます。 ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、何卒よろしくお願いいたします。 法定点検及び館内メンテナンス作業の為 全館休業とさせていただきます。 お客様には大変ご迷惑をおかけしますが、ご協力とご理解の程よろしくお願い申し上げます。 「平素は」を使う場合 貴社ますますご盛栄のこととお喜び申し上げます。 平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。 平素は三越クライミンググッズ店を、ご愛顧頂きまして誠にありがとうございます。 平素はお引立てを賜りありがとうございます。 先日は、お客様には大変不快な思いをお掛け致しまして、大変申し訳ございませんでした。 心より厚くお詫び申し上げます。 平素は何かとお引き立てを賜り厚くお礼申し上げます。 弊店は皆様のおかげを持ちまして本日二周年を迎える事になりました。 これもひとえにお得意様のごひいきの賜物と深く感謝申し上げます。 平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。 このたびは、告知内容の件でご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございませんでした。 何卒ご容赦のほどお願い申し上げます。 平素は格別のご愛顧を賜わり厚くお礼申しあげます。 誠に勝手ながら下記の2日間を臨時休業とさせていただきます。 ご不便をお掛けいたしますが何卒ご了承くださいませ。

次の

挨拶文/手紙/年賀状での「厚く御礼申し上げます」の使い方と例文

平素 より 格別 の ご 高配 を 賜り 厚く お礼 申し上げ ます

[スポンサードリンク] 基礎 意味 「普段から」、「日ごろから」を丁寧に表現した言葉。 上手に使うには 敬語に含まれる表現の一つで、ビジネスメールやホームページで告知を掲載する時に使用される言葉です。 要件を相手に伝える前の冒頭の挨拶として使われる表現方法で、「平素より大変お世話になっております。 (要件)。 今後ともどうぞよろしくお願い致します。 」という流れが基本パターンとなっています。 さらに丁寧に表現する場合は、「拝啓」を文の初めに、「敬具」を文の終わりに添えるようにしてください。 ただし「平素は」の場合は、「平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。 」という流れが基本のため、「平素より」と表現の仕方が違っているので注意が必要です。 また面識がまだない相手に「平素より(平素は)」を使用すると違和感のある文章となってしまうため、別の表現で挨拶するようにしてください。 本日は要件があり、突然ながらメールをお送りさせて頂きました。 使い方/例文 「平素より~~ありがとうございます。 」の様々なパターン 平素よりお世話になっております。 平素より格別のご愛顧を賜り、誠に有難うございます。 平素よりなにかとお心にかけていただき、誠にありがたく存じます。 平素より弊社商品をご愛用頂き、誠にありがとうございます。 メールでのやり取り(社員同士、客対応)の時に 平素より大変お世話になっております。 よろしくお願い致します。 前略、森下様。 平素よりお世話になっております、飯渕です。 この度、1週間ほどの休暇をいただくことになりましたので、この期間の仕事依頼についてはお控え頂けますと幸いです。 関係者各位 拝啓 平素より格別のご愛顧を賜わり厚く御礼申し上げます。 本日より休業とさせて頂きます。 暫くの間ご迷惑をおかけ致しますが、ご理解賜りますようお願い申し上げます。 敬具 拝啓、佐原様。 平素よりお世話になっているお客様との合同BBQを土曜日に行いました。 天気にも恵まれ、素敵な具材に囲まれ、最高の休日を過ごさせていただきました。 平素より弊社製品をご愛顧頂きまして誠にありがとうございます。 ご注文頂いた商品が本日、発送されました。 2日ほどの到着予定です。 よろしくお願いします。 平素よりIrumiをご愛顧頂きありがとうございます。 この度は店頭STAFFの応対でお客様に不快な思いをさせてしまい誠に申し訳ございません。 時間や日程などの変更を告知する時に 平素より、AWYAレストランをご利用くださいまして誠にありがとうございます。 この度、通常営業の時間を変更させていただくことになりました。 ご理解ご協力を賜りますようお願い申し上げます。 平素より格別のお引き立てを賜りまして、有難う御座います。 この度、スマートフォンからもご覧いただきやすいようホームページをリニューアルしました。 一度ご確認のほどをよろしくお願いします。 平素より当スタジオをご利用頂き有り難う御座います。 7月30日(土)は隅田川花火大会開催の為、交通規制等を鑑み18:00までの営業とさせて頂きます。 ご不便をお掛けしますが何卒ご了承くださいませ。 平素よりSNOWINをご利用いただき、ありがとうございます。 誠に勝手ながら、本日5月31日(火)はスタッフ研修のため18:30までの営業とさせていただきます。 ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、何卒よろしくお願いいたします。 法定点検及び館内メンテナンス作業の為 全館休業とさせていただきます。 お客様には大変ご迷惑をおかけしますが、ご協力とご理解の程よろしくお願い申し上げます。 「平素は」を使う場合 貴社ますますご盛栄のこととお喜び申し上げます。 平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。 平素は三越クライミンググッズ店を、ご愛顧頂きまして誠にありがとうございます。 平素はお引立てを賜りありがとうございます。 先日は、お客様には大変不快な思いをお掛け致しまして、大変申し訳ございませんでした。 心より厚くお詫び申し上げます。 平素は何かとお引き立てを賜り厚くお礼申し上げます。 弊店は皆様のおかげを持ちまして本日二周年を迎える事になりました。 これもひとえにお得意様のごひいきの賜物と深く感謝申し上げます。 平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。 このたびは、告知内容の件でご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございませんでした。 何卒ご容赦のほどお願い申し上げます。 平素は格別のご愛顧を賜わり厚くお礼申しあげます。 誠に勝手ながら下記の2日間を臨時休業とさせていただきます。 ご不便をお掛けいたしますが何卒ご了承くださいませ。

次の

ご高配の意味と読み方とは

平素 より 格別 の ご 高配 を 賜り 厚く お礼 申し上げ ます

「ご高配を賜り」の意味は「お心配りをもらい」 「賜る(たまわる)」は「もらう」の謙譲語であり、かしこまったビジネス文書やメールなどでよく使われる敬語です。 たとえば、• 「ご愛顧を賜り、お礼申し上げます」 意味「お世話になりありがとう」• 「お力添え賜り、厚くお礼申し上げます」 意味「手助けしてもらいありがとう」• 「ご指導を賜りますようお願い申し上げます」 意味「指導してもらうようお願い!」 のようにして使いますね。 「ご高配を賜り厚くお礼申し上げます」の意味は「お心配りをしてもらい、本当にありがとう」 「ご高配=お心配り」「賜る=もらう」のふたつを合体させて意味を考えます。 すると「ご高配を賜り厚くお礼申し上げます」の意味は… 「お心配りをしてもらい、本当にありがとう」 「お心遣いをしてもらい、本当にありがとう」 のように解釈できます。 「ご高配を賜り厚くお礼申し上げます」の使い方 つづいて「ご高配を賜り厚くお礼申し上げます」の使い方について。 といってもほとんど決まりきった使い方しかしません。 例文「平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます」 のようにしてビジネス文書やビジネスメールで冒頭の挨拶文として使われます。 おなじような表現としては「お世話になっております」もあります。 何が違うのかというと… ビジネスメールでは「お世話になっております」を使うのが一般的であり、ビジネス文書など公式なシーンでは必ず上記のように「ご高配」や「ご厚情」「お引き立て」をつかって挨拶文をつくりますね。 見積書をつくるとき、ビジネス送付状をつくるとき、報告書をつくるとき…社外むけの文書ではかならずといっていいほど使います。 例文「このたびは私の就任に際し、ご高配を賜り厚くお礼申し上げます」• 例文「先般はご高配を賜り誠にありがとうございました」 などのように使ってもよいでしょう。 これって何が違うのでしょうか? 「ご高配にあずかる」の意味は、 主に目上から好意の表れとして「ご高配=お心配り」を受けること。 となり、どれもまったくおなじ意味です。 敬語としてみると「あずかる」は「(目上から)受ける・もらう」の意味の丁寧な表現。 「賜る(たまわる)」と「頂く(いただく)」はどちらも「もらう」の謙譲語。 ということでどれも大差ありません。 かしこまったフレーズは「賜る・あずかる」 上記はいずれを用いても丁寧な敬語フレーズですが強いていうのであれば、どれくらい「かしこまったフレーズであるか」という点でビミョーに違います。 「いただく」よりも「賜る・あずかる」のほうが、よりかしこまった印象となりますね。 まぁどれを使っても丁寧ではありますが… ということなので、かしこまったビジネス文書でよく目にするのは「賜る・あずかる」のほうです。 「ご高配を賜り厚くお礼申し上げます」類語と言い換え 「ご高配を賜り厚くお礼申し上げます」の類語と言い換えについて。 ビジネスシーンでも使える言い換え表現をざっくりまとめておきます。 すると以下のようなフレーズも同じように使えますね。 例文「平素は格別のご高配にあずかり、厚くお礼申し上げます」• 例文「平素は格別のご高配を頂き、厚くお礼申し上げます」• 「ご厚情」の意味は「厚いなさけ。 心からの深い思いやりの気持ち」であり、「ご高配」と似たようなシーンで使われます。 すると以下のようなフレーズも同じように使えますね。 例文「平素は格別のご厚情にあずかり、厚くお礼申し上げます」• 例文「平素は格別のご厚情を賜り、厚くお礼申し上げます」• すると以下のようなフレーズも同じように使えますね。 例文「平素は格別のお引き立てにあずかり、厚くお礼申し上げます」• 例文「平素は格別のお引き立てを賜り、厚くお礼申し上げます」• 例文「平素は格別のお引き立てを頂き、厚くお礼申し上げます」 その他 ビジネスシーンで使える「ご高配を賜り厚くお礼申し上げます」の言い換え・類語 あとは場合によっては使えるであろう言い換え・類語を紹介します。 ご配意いただき、ありがとうございます 意味は「配慮」であり、とくにお礼のビジネスシーンで「ご配慮を頂き誠にありがとうございました」のようにして使われます。 【注意点】ご高配はこう使う! つづいて「ご高配」を使うときの注意点を解説します。 敬語を正しく使うことはもちろん、ふさわしいビジネスシーンを考えて使いましょう。 ビジネス文書で使うときは時候の挨拶も入れる! 「ご高配」をつかうときの、一連の流れとして覚えていただきたいこと。 ビジネス文書で使うとき「平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます」の前に時候の挨拶を入れましょう。 そして「拝啓~敬具」もあわせて使います。 すると以下のような感じ。 企業向け「拝啓 時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。 平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます (本文) 敬具」• 平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます (本文) 敬具」• 個人向け「拝啓 時下ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。 平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます (本文 敬具)」• 平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます (本文) 敬具」 かみくだくと「最近どうよ?世話になっててありがとう!」というような意味となります。 これは受け手の感情次第であり、そんなことは考えずに使っているヒトがほとんどだと思いますが… とくに目上のヒトに何かをお願いするときには「お取り計らい」をつかい、「お取り計らいのほど、何卒よろしくお願いいたします」などのようにするのが無難です。 「高配=配慮」として考えるのであれば「配慮してもらえるようお願い!」という意味になってOKですが… 「ご高配」はどちらかというと「お心配り」の意味であり、意識的じゃない相手の厚意という意味だと私は思います。 まぁ、そんなことは誰も気にしないとは思いますけどね… ただしメール結びや締めくくりとして「今後ともご高配を賜りますようお願い申し上げます」はよく使われます。 「ご愛顧のほどお願い申し上げます」とおなじようなニュアンスであり、まぁOKでしょう。 【参考】 【シーン別】違いと使い分け 「ご高配」のビジネスシーン(メール・手紙・社内上司・社外・目上・就活・転職)にふさわしい使い方と、敬語フレーズを使った例文をみてきましたが… こんなときにはどれを使う? というビジネスシーンごとの使い分けを整理しておきます。 ビジネス会話なら…• 例文「お心遣いありがとうございます」• 例文「ご配慮いただきありがとうございます」 会話で「ご高配」という表現はなかなか使いません。 「お心遣い」あるいは「ご配慮」で十分です。 ビジネスメールなら…• 例文「いつもお世話になっております」• 例文「いつもお世話になり、誠にありがとうございます」• 例文「お心遣いをいただき大変恐縮に存じます」 ビジネスメールの場合、シンプルなフレーズではなくよりかしこまった表現を使うと好感度UP。 ただしビジネスメールの挨拶文は「お世話」を使うのが一般的です。 たしかにたま~に「ご高配」をつかった挨拶を見かけますが、あまり一般的ではありません。 ビジネス文書や手紙なら…• 「拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。 (本文) 敬具」• 平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。 (本文) 敬具」 ビジネス文書や手紙ではほんとうに「ご高配」をよく使います。 送り状・添え状から見積もり書にいたるまで、ほとんどすべてのビジネス文書(社外むけのみ)に使われます。 また「ご高配」の代わりに「お引き立て」をもちいてもよいでしょう。 平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。 さて、表題の件につき下記のとおり送付いたします。 ご査収のほど宜しくお願い申し上げます。

次の