クロック ムッシュ マダム。 気分はパリジェンヌ! クロック・ムッシュ&マダム専門店「サンフェリーチェ ビストロ&カフェ」

「クロックムッシュ」と「クロックマダム」の違いは?

クロック ムッシュ マダム

街でもよく見かけるホットサンド 今回はクロックムッシュとクロックマダムのお話をさせてください。 クロックムッシュとクロックマダム。 最近ではパン屋さんに並んでいることも増えてきました。 クロックムッシュは老舗喫茶店から有名コーヒーショップなどにもメニューがあり、そこで初めて出会った方も多いのではないかと思います。 はい!私もその1人です。 クロックムッシュは、サンドイッチの一種でカリカリに焼いたフランスパンにハムとベシャメルソース、チーズを挟んだもの。 そこからさらに目玉焼きを乗せたものがクロックマダム。 とろけるチーズとベシャメルソースがなんとも美味しい、フランスのお惣菜的サンドイッチ。 こんな美味しいもの、日本に取り込まれない訳ないですよねぇ。 名前の由来は? クロック=カリカリとした。 ムッシュ=紳士 マダム=夫人 カリカリとした紳士、全く理解不可能です。 頼みの綱のグーグル先生に尋ねてみたところ、私なりの解釈はこうまとまりました。 フランスの紳士・夫人のマナーから生まれた カリカリと音を出してものを食べられるのは、男性の特権。 そこで、紳士の名の付いた男性専用のサンドイッチがクロックムッシュです。 そこで、サンドイッチには卵を乗せることで、夫人は上品にナイフとフォークでホットサンドを食べることが出来ます!こうして生まれたのが、クロックマダム。 どこの国も女性にはお上品さが求められているものだと、こんなところでも感じてしまいました。 本来は2枚のパンに具材をサンドするのですが、今回はオープンサンド的に作ってみました。 食パン…1枚• ベシャメルソース…適量• ハム…1枚• チーズ…適量• 卵 クロックマダムのみ使用 …1個 まずは下準備で、ベシャメルソースを作っておく。 ベシャメルソース材料 作りやすい分量• 牛乳…200g• バター…15g• 小麦粉…25g ベシャメルソース作り方• 全ての材料を鍋に入れて火にかけ、混ぜながら炊いていく。 トロミがついたら塩胡椒で味を調えて出来上がり。 作り方• 食パンにバターを塗りハム、ベシャメル、チーズの順に乗せる。 トースターに入れて焼く。 チーズが溶けてパンの端が焦げてきたら、クロックムッシュの出来上がり。 マダムの場合は目玉焼きを作っておいて、出来上がったクロックムッシュの上に卵を乗せて完成。 卵の焼き加減はもちろん半熟で!黄身を潰して食べてください。 流行のクロックケーキ このクロックムッシュとマダムのアレンジで、クロックケーキがSNSで流行ってきているのを最近知った私。 これは作らない訳にはいきません! 材料は上記のレシピをベースに、ちょっとアレンジしてみました。 材料 18cmパウンド型1台分• 食パン…2枚~3枚• ベシャメルソース…適量 上記のレシピの作り方の1. 5倍量使用• ハム…8枚前後• チーズ…適量• ジャガイモ…2個• 卵1つ…1個• 牛乳…50g• エダムチーズ…適量 作り方• 食パンの耳を切り、パウンド型の底辺の大きさに3枚分カットする。 卵と牛乳を合わせて軽く塩胡椒(分量外)を振り、その卵液に食パンを浸ける。 卵液が染み込んだ食パンをパウンド型に敷きこむ。 その上にエダムチーズチーズを万遍なくかけて、ハム、スライスしたジャガイモを並べる。 卵液の染み込んだ2枚目のパンを3の上に乗せる。 エダムチーズ、ハム、ジャガイモを順に重ね、3枚目のパンをの乗せる。 まとめ とろけるチーズとベシャメルソースが重なり合う、最高のお惣菜パン! ボリュームもあり、ランチにも最適です。 具材のアレンジは無限にありそうです。 秋にはキノコ類などをサンドしても絶対美味しいですよねぇ。 残ってしまったパンのアレンジとしても最適な、フランスのお惣菜サンドイッチ! ムッシュはもちろん、マダムもナイフとフォークを投げ出して、カリカリ音を出してかぶりつきたくなる魅力的なサンドイッチです。

次の

クロックムッシュとクロックマダム

クロック ムッシュ マダム

簡単に言えば、温かいハムチーズサンド。 とってもシンプルな食べ物です。 それゆえ、カフェにわざわざ「クロック・ムッシュを食べに出かける」という人はあまりいないと思いますが、しっかりランチをする時間はないけれどちょっと小腹が空いた……という時、クロック・ムッシュの出番はやってきます。 そして、Monsieur(ムッシュ)はご存知の通り、男性を呼ぶときの敬称です。 それでは、どうして「カリカリムッシュ」という不思議な名前がついたのでしょうか……。 由来は? どうやら、どの説も「これ!」という確証はないようですが、一つ有力な説がありましたのでご紹介しましょう。 1910年、パリ、オペラ座近くのキャプシーヌ大通りにあったカフェ「Le Bel Age」でのこと。 オーナーであるミッシェルさんは、ある日、サンドイッチ用のバゲットを切らしてしまい、パン・ド・ミ(食パン)で代用することに。 その時、バゲットのカリカリ感を再現させるため、表面をさっと焼きサンドイッチを出したのだそうです。 すると、いつもと違うサンドイッチを出された常連客が「ミッシェル、この変わったサンドイッチ、入ってるハムはいったい何の肉なんだい?」と、からかい始め、ミッシェルは「ムッシュの肉だよ!」と皮肉たっぷりに返したのだという。 その掛け合いがカフェ内の笑いを誘い、そのサンドイッチを注文する客が殺到したのだとか。 ミッシェルは翌日からメニューに「Croque-Monsieur(クロック・ムッシュ)」という名のサンドイッチを追加、100年以上受け継がれる「クロック・ムッシュ」の誕生となりました。 その数年後、フランスの作家マルセル・プルーストが著書の中で「オペラ座へ行った帰りに立ち寄ったホテルのバーでクロック・ムッシュを頼む……」という一節を書いたことがきっかけとなり、「クロック・ムッシュ」という名の軽食がパリからフランス全土に広まることになったとも言われています。 ちなみに、クロック・ムッシュに目玉焼きを乗せると「クロック・マダム」に変身します。 半熟の目玉焼きが乗ったクロック・マダムはちょっぴり贅沢な一品。 「クロック・ムッシュ」がパリ生まれだったこと、そして、ユニークかつ文学的な歴史を持っていたことには驚きでした。 とはいえ、今ではあまりにも庶民的な一品であるため、特に「どこのカフェのクロック・ムッシュが美味しい」と人々の話題に上ることなどなかったのですが……。 お料理の場合、「昔からある定番を新しいスタイルで提案する」という意味でよく使われます。 それでは、今、パリのカフェで食べられる正統派からルヴィジテされた話題のクロック・ムッシュ、クロック・マダム3つをご紹介いたしましょう。 ・ 残念ながら、発祥地であるとされるキャプシーヌ大通りのカフェ「Le Bel Age」は現存しませんので、まずはオペラ界隈で一番有名な老舗カフェ、Cafe Le Nemoursのクロックから。 パレロワイヤルの入り口にあり、観光客と地元の人でいつも溢れるこちらのカフェは、2年前に改装されモダンな雰囲気に生まれ変わりました。 メニューも一新されましたが、定番のクロック・ムッシュ(10ユーロ)とクロック・マダム(11ユーロ)は健在! ザ・王道の出で立ち、しっかり中までアツアツ、香ばしくグリルされたたっぷりのチーズ……正統派の美味さです。 ボリュームたっぷり、付け合わせのサラダも美味しく、軽食というより立派な食事。 お値段も手頃で、申し分ありません。 ほとんどのカフェにはクロック・ムッシュとクロック・マダムがセットでメニューに載っているのですが、こちらにはクロック・マダムしかない……。 珍しいなと思いながら注文し、待つこと数分__ なんと、目の前にロシア正教寺院のフォルムをした優雅なクロック・マダムが登場しました。 屋根部分はメレンゲ、そして、土台部分はチーズとハムが薄いパン・ド・ミでロールされているという仕組み。 黄身はどこにも見当たりませんでした(笑)。 一口の価値ありです! ・ 最後は、パティスリーで有名なSebastien Gaudardにてパリ一番と噂のクロック・ムッシュ(14. 5ユーロ)を。 期待が高まります。

次の

desigen stories パリの味!? カフェの定番「クロック・ムッシュ」に迫る。

クロック ムッシュ マダム

クロックムッシュ,クロックマダム 毎週決まったパン屋さんで、一斤のパンを買っています。 軽い甘みのする美味しいパンです。 ところが先日、焼きたてを買ってきて、トーストするとカミさんから「塩辛い」とクレームがきてしまいました。 「バターの塗りすぎではないの?」と聞いてみたところ、そうではなく、パン自体が塩辛いということでした。 まさか。 トーストを取り上げ、かぶりついてみるとなんと!本当に塩辛かったのでした。 とはいっても、食べきれない程の辛みではなく、いつもの甘さを期待していた分塩味が目立つ、という程度なので、 そこまで気にする必要はないと思ったのですが、カミさんはどうしても納得できない様子でした。 じゃあこの一斤のパン、に加工してしまおうかなあと考えていました。 ところが深夜、バンクーバーオリンピックを観戦している最中なんとなくザッピングしていたところ、面白いレシピに出会ってしまったのです。 それが今回作る、クロックムッシュなのでした。 少々塩辛いパンでも気にさせない美味しさです。 クロックムッシュ まずはクロックムッシュからどうぞ。 なるべく薄切りの パンを2枚用意してください。 両面に バターを薄く塗り、表面が少しパリッとするまで軽く焼いてください。 ハムをのせる 焼いたパンの上に ハムを並べます。 ハムが大好きならば、何層にも重ねてください。 そのほうが見た目にも美味しいものです。 チーズをのせる ハムの上から 溶けるチーズを盛り、もう一枚のパンで挟み込みます。 あとはオーブンで表面がキツネ色になるまで焼けば、クロックムッシュのできあがりです。 チーズはか!というぐらい大量にぶちまけるとウケがよいものです。

次の