コロナ ウイルス 収束 予想。 コロナウイルスワクチンはいつできる?開発期間や収束予測も!

【コロナいつまで自粛?】休業・収束日予想【バフェット・集団免疫】

コロナ ウイルス 収束 予想

新型コロナウイルス「COVID-19」はいつまで続く?収束までの期間 「新型コロナウイルス」は2020年7~8月ごろに収束をむかえるのではないでしょうか? つまり、収束までの期間は7~8ヶ月ほどではないかと予想します(あくまで予想ですが・・・)。 なぜなら、 コロナウイルス「SARS サーズ 」「MERS マーズ 」ともに、収束までの期間は7~8ヶ月だったからです。 新型コロナウイルスが流行し出したのが2019年12月ごろなので、7ヶ月後と考えると2020年7月ごろになります。 「SARS」「MERS」同じように考えると今回の「新型コロナウイルス」も、やはり数ヵ月間は流行してしまうのでは?と思います。 ただ・・・世界中で感染者が増えており、中国以外にも韓国やイタリアなどで感染拡大がみられますね。 その勢いは「SARS」「MERS」よりも激しく、感染者数も多いので・・・この状況を見ていると、全世界での収束は、夏ごろまでには難しいかも?という気もしてきます。 じっさい、どうなるかまだ分かりませんが・・・一刻も早く収束してくれるのを祈るばかりですね。 「SARS」「MERS」と同じように収束まで7~8ヶ月以上かかるとしたら、東京オリンピック延期・中止の可能性もじゅうぶんあり得ますよね・・・。 東京オリンピック中止の可能性があるのか?影響などについては「」にまとめています。 中国で感染した中国人の方が日本に入国したことで、日本国内にも感染が各地に広がったんですよね。 今はできる予防方法を行なうしかありません。 1人1人が自覚をもって予防などをしっかり行なえば、収束も早くなるかもしれません。 毎日の手洗いはしっかりと正しく、そして自分のためにも相手のためにもマスクを着用して、周りへのエチケットも大事にしましょう。 マスクは売り切れの店舗が多いですね。 品薄がいつまで続くのか?については「」にまとめています。 また中国製マスクを使っても大丈夫なのか心配な方は「」を参考にしてください。 2月がピークという話もあったが? 中国の専門家は 「新型コロナウイルスCOVID-19のピークは2月である」と宣言していました。 ですが、2月21日には、党中央政治局(中国共産党の最高意思決定機関)が 「新型コロナウイルスの感染拡大はまだピークに達していない」と表明しています。 中国共産党の最高意思決定機関である党中央政治局は、新型コロナウイルスの感染拡大がまだピークに達していないとの見方を示した。 中国国営テレビが21日に報じた。 yahoo. クルーズ船内で検疫を担当されていた検疫官の男性も感染が確認されたりしているので、新型コロナウイルスは 感染力がかなり高いのではないでしょうか。 日本国内でも、2月の時点ではまだピークには達していないようでした。 日本は封じ込めに成功している? 3月9日に、WHOは 「日本やシンガポールは封じ込めに成功している」と話していました。 「感染者の多い国からは入国できない」措置をとり始めましたし、イベント自粛やテーマパーク休園、手洗いの徹底やマスク着用などが効いているのでしょうか。 インフルエンザの感染者はいつもより少ないとのことなので、ウイルス予防はやはり手洗いなどが大切なのだと思います。 しばらくは感染者が増えたとしても、みんな自粛など頑張っているので、そのまま収束に向かってほしいですね。 WHOは日本やシンガポールなどは封じ込めに成功しているとし、「勇気づけられている」(緊急事態対応を統括するマイク・ライアン氏)と対策の成果を評価した。 nikkei. 感染者がどんどん増えているので「本当に収束するのか・・・?」と不安にもなってしまいますよね。 いつどこで感染してしまうか予測もできませんし・・・。 ですが「新型コロナウイルスが収束する」と思う理由は、下記の3点にあります。 「SARS サーズ 」「MERS マーズ 」は収束した 数年前に猛威を振るった 「SARS」「MERS」も収束したので「新型コロナウイルス」も収束すると思われます。 「SARS」「MERS」にかんしても「収束するのか?」と当時ヒヤヒヤした方が多かったと思いますが、感染のピークを過ぎてからぶじ収束に向かいました。 今回の「新型コロナウイルスCOVID-19」は「SARS」「MERS」とはまた別物ではありますが、同じ「コロナウイルス」です。 今はまだ感染ピークに達しておらず感染者も増えてきていますが、 ピークを過ぎると収束するのではないでしょうか。 「SARS」「MERS」もジワジワと感染者が増えていき、ピークに達し、それから少しづつ感染者が減っていきました。 「新型コロナウイルスCOVID-19」も同じような収束の流れになるのではないでしょうか。 ワクチン開発が進んでいる 世界各国で「新型コロナウイルスCOVID-19」のワクチン開発が進んでいるのも、収束すると思う理由のひとつです。 今はまだ「特効薬」と呼べるほどのワクチンはありません。 しかし研究・実験の結果、既存の薬が「新型コロナウイルス」に効くということが分かってきました。 まだ試験段階ではあるのですが「効果がありそう」とされる薬を投与したところ、 症状が回復した患者さんが数名いらっしゃいます。 今回はワクチン開発に取りかかるのが早かったこともあり、スムーズに研究が進められているようです。 ただ、WHOによるとワクチン完成までの期間はかなり長そうですね・・・。 ワクチン開発状況については「 」にまとめています。 ワクチンが予定よりも早く完成すれば、もし感染してしまっても収束するのが早くなるのではないでしょうか。 退院している人も多い ニュースでは「感染者が何人増えた」という報道が多いですが、治って退院されている方も増えています。 感染者数は上乗せされていくので増えている印象が強いですが・・・ワクチンがなくても治るようです。 新型コロナウイルスに感染したら治るのか?については「」にまとめています。 各国が入国禁止などの措置をとり始めた 各国が感染者の多い国に対して 「入国禁止」「ビザ発給停止」などの措置をとり始めています。 感染の可能性がある人物を国内に入れてしまうよりは、入国制限したり隔離したりといった措置をとるのは良い判断ではないでしょうか。 「遅すぎる」という声もありますが、措置をとることで国民が安心できますし、何もしないより良いですよね。 日本はいまだに「湖北省」「浙江省」からの入国禁止しかしていないのが気になりますよね・・・。 日本も現時点では、中国や韓国からの入国ができないようになっています(2020年3月11日時点)。 中国がもっと早めに出国制限したり、早めに入国禁止を実施していれば、今よりは感染者が少なかったかも?という意見もありますが、大きな事案なのでいろいろと難しい問題があるのかもしれませんね。。。 コロナウイルス「SARS」の流行期間はいつからいつまでだった?収束までの期間 数年前に流行したコロナウイルス「SARS(サーズ)」の流行期間はいつからいつまでだったのか? 収束までの期間はどれくらいだったのかを振り返ってみましょう。 「SARS(サーズ)」は2002年11月16日に発生しました。 発生源は中国南部の広東省です。 やはり中国を中心に感染が拡大し、32の国と地域で感染者が発生。 患者数は8,096人といわれています。 「SARS(サーズ)」の終息宣言が出されたのは2003年7月5日のことです。 つまり 「SARS(サーズ)」の流行期間は2002年11月16日から2003年7月5日ということになります。 8月ごろまでは患者さんもまだいたようですが、それ以降の感染拡大はみられなかったようですね。 「SARS(サーズ)」が大変だったのは、医療関係者1,707人が感染してしまったことです。 感染者の治療にあたった方が次々と感染してしまったのですね。 全体の感染者数は8,096人なので、医療関係者の感染者は全体のおよそ21%にあたります。 人から人へと感染する「ヒトヒト感染」の可能性が高いということで 「患者さんを隔離すること」「検疫をしっかり行なうこと」で収束に向かうことができました。 「SARS(サーズ)」収束までの期間を時系列にまとめると、下記のようになります。 「MERS(マーズ)」が初めて報告されたのは2012年9月、発生国はサウジアラビアです。 このときは流行はしていません。 それから数年後、2015年5月20日に韓国で「MERS(マーズ)」の感染者が発生しています。 感染した男性は「バーレーン」に滞在したときに「MERS(マーズ)」に感染したと思われます。 感染したとは知らずに韓国に帰国したため、そこから感染が広まったようですね。 発熱や咳などの症状は2015年5月11日に出ていたため、もう少し前に感染していたと思われますが、 医療機関で「MERS(マーズ)」と確定されたのは2015年5月20日となります。 感染のピークは2015年6月1日で、以降は感染者数が減少しています。 そして韓国政府は 2015年7月28日に「事実上のMERS終息宣言」を出しました。 しかしその後、2015年10月12日に完治した患者さんに再び「感染」の陽性反応が出たため、終息宣言は延期となりました。 感染のピークを過ぎたころは2015年6月16日時点で感染者数1,293人でしたが、2019年11月末までの感染者数は2,494人となっています。 つまり 「MERS(マーズ)」の流行期間は2015年5月20日から2015年12月23日ということになるでしょうか。 ですが「MERS(マーズ)」は今でも感染報告があるようですね・・・。 「MERS(マーズ)」収束までの期間を時系列にまとめると、下記のようになります。 正式名称がなかったときは世界保健機関(WHO)から「2019-nCoV」と呼ばれていました。 発生源が中国の武漢市の海鮮市場であることから、名前が決まる前は「武漢コロナウイルス」「武漢海鮮市場肺炎ウイルス」「武漢肺炎ウイルス」のように呼ばれることもありました。 結局は、武漢という言葉は入らずに「COVID-19(コビッド・ナインティーン)」と命名されましたが・・・。 ちょっと覚えにくいですね。 「COVID-19(コビッド・ナインティーン)」という名前の由来については『』にまとめています。 現時点では、 世界各国で10万人以上の感染者が発生しています(2020年3月11日時点)。 中国で初めて感染が確認されたのは 2019年12月ですが、世界各国でジワジワと感染者が増えている状況ですね。 「新型コロナウイルス」がいつ発生・発見されたのかは「 」にまとめています。 「新型コロナウイルス」は潜伏期間が 最短で1日、最長で14日といわれています。 潜伏期間には症状が出ないので、自分が感染しているか気づかない方も多いのだと思います。 武漢市周辺に住んでいる方が感染している割合が多いようですが、春節で日本に多くの中国人観光客が来日していました。 すると、下記のようなことが起きるのですね。 日本国内で確認された感染者は1月31日時点で14人、そのうち4人が日本人です。 日本国内で確認された感染者も500人を超えています(2020年3 月11 日時点)。 ニュースでは「日本国内の感染者数1,000人超え」などという話も出ていますが、それはクルーズ船の感染者をふくめた数ですね。 クルーズ船内での感染者は700人以上と多いですが、日本国内で感染したわけではないので、感染者数に入れないという方針になっています(厚生労働省・WHOともに)。 日本国内で最初に感染した日本人男性は、少なくとも過去14日間に「武漢市への渡航歴なし」でした。 つまり、 日本国内にいる中国人感染者から「ヒトヒト感染した」ということになります。 もちろん中国人がすべて感染していたわけではありませんが、日本国内での感染者をみてみると、最初の方は武漢市からの観光客が多かったんですよね(2020年2月22時点で9人ほど)。 感染者が人の多い空間にいておしゃべりしたり、せまい密閉空間のタクシーなどを利用していたら、感染が広がってしまうのも無理ありません。 最初の方は予防対策がそれほど重要視されていなかったのもあると思います。 とにかく、一刻もはやく収束してほしいですね・・・。 新型コロナウイルスに感染しやすい場所については「 」にまとめています。 まとめ 今回は「新型コロナウイルスはいつまで続くの?SARSやMERSと比較」と題しまして、新型コロナウイルスがいつまで続くのか?本当に収束するのか?収束までの期間はどれくらいなのか?などについて「SARS(サーズ)」「MERS(マーズ)」と比較しつつまとめてみました。 まずは感染しないように、予防方法をしっかりと実践して気をつけていくことが大事ですよね。 とくに「手洗い」をこまめに行なうことを習慣にしていきたいですね。 「正しい手洗い方法」については「」にまとめていますので、参考にしてください。 いつどこで感染するか分からないので、せっかくの国内旅行もキャンセルしようか迷っている方もいらっしゃるようです・・・。 国内旅行をキャンセルしようか悩んでいらっしゃる方は「」を参考にしてください。 公園遊びは大丈夫なのか?については「」にまとめています。 ウイルスは免疫力が低下したところを狙ってきます。 しっかり睡眠と栄養をとって、規則正しい生活をおくるように心がけましょう。

次の

新型コロナウイルスが収束する時期は意外と早いと思う理由│50歳でアーリーリタイアした男のブログ

コロナ ウイルス 収束 予想

私が思うには、4月10日 昨日 東京都が自主規制を促しましたが、結果的には無意味になると思います。 既に手遅れた感が否めないし、東京単独で行っても、東京への人の流入は阻止できないので、このままではコロナ免疫集団が出来るか、相当数の感染者が出て、ようやく危機感を持った者が慌てだし本当の自粛を始めるまでは収まらないと思います。 中国やヨーロッパではピークを過ぎたと言っていますが、一時的なものだと思っています。 ピークが過ぎたと思い、自粛を止めると、再び感染者が増大すると思います。 徐々に、一日の感染者は減っていき集団免疫によっていずれは終息宣言が出るとは思いますが、経済的にもガタガタとなると思います。 しかも、南米、アフリカ程ではないにしても先進国の中では日本が一番長く、しかもダメージをうけることになるでしょう。 今、世界は第三次世界大戦の最中だと思います。 その最中に、満員電車で通勤したり学生が平然と動き回っていて終息する理由がないと思っています。 現在の政府の危機意識の乏しさを鑑みると、このままだと集団免疫を形成しない限り終息はないと思っています。 勿論、国民の行動の自粛の欠如も含めてですが。 ちなみに、集団免疫を形成するためには集団において60~70%と言われているようですから日本に置き換えると7800万人ということになり、現在の日本の致死率からすると156万人以上ということになるかもしれません。 しかしながら、そうなるまでに、流石に平和ボケした日本人でも危機感が生まれるでしょうし、政府だってマスクを配るより人の動きを止めるようになると思いたいです。 中国が終息を数ヶ月で出来たのは、ある意味「赤」の国で共産党一党で独裁国家だからだったと思います。 ヨーロッパでも強制的に人の動きを止めていて、その結果が終息に繋がっていますが、日本の政府には今のところその権限がありません。 人々は「自粛」と言いながら自由に行動しています。

次の

新型コロナウイルスが収束する時期は意外と早いと思う理由│50歳でアーリーリタイアした男のブログ

コロナ ウイルス 収束 予想

「コロナウイルスはいつ収束するのかな…」 と考えている方。 結論からお伝えすると、コロナウイルスの収束時期を予測することはまだまだ難しいのが現状です。 ただし各国の保健省や専門家によると 「2020年の9〜10月頃には収束する可能性もある」ともいわれています。 そのためにも人との接触や3密といわれる場所を避けるなど、多くの人の心がけが欠かせません。 収束する時期はまだ不明ですが、1人1人の行動によって感染拡大を防ぐことは可能です。 とはいえ、実際にどのようなことに注意すれば良いのかは、なかなかわかりにくいですよね。 そこで今回は、• コロナウイルスの収束時期を完全に予測するのは難しい。 その理由を解説• 【各国の予測】コロナウイルスの収束時期はいつ?• 【各専門家の予測】コロナウイルスの収束時期はいつ? を紹介します。 「いきなり行動を変えるのは難しい」と感じるかもしれませんが、概要をつかむだけならハードルは高くありません。 コロナウイルスの収束時期を完全に予測するのは難しい。 その理由を解説 4月現在、コロナウイルスの感染者は世界で184万4,863人、死者は11万7,021人まで増加しました。 who. 【世界の感染者数】• アメリカ:57万5,950人• スペイン:16万9,496人• イタリア:15万9,516人• ドイツ:12万3,016人• フランス:9万8,076人• イギリス:8万8,621人• anzen. mofa. html 【日本の感染者数とその状況】 日本ではコロナウイルス関連の感染症患者が7,645人と報告されています。 内訳は以下の通り。 コロナウイルス患者 有症状 :4,749人• 死亡者:109人• mhlw. html 現在の状況から「コロナウイルスがいつまでに収束する」と断言するのは難しいです。 その理由を次で解説します。 収束を予測することが難しい理由 コロナウイルスの収束を予測するのが難しい理由は、主に以下の3つです。 初めての流行なので収束を予測するための判断材料が少ないから• インフルエンザのような「季節性のウイルス」と断言することができないから• ワクチンの開発には1年以上の時間が必要だから 一時期、「コロナウイルスもインフルエンザと同じ季節性のものではないか」と予測されていました。 しかし東南アジアなど、気温や湿度の高い地域でも感染が確認されていることから、確信はできない状態です。 ワクチンも研究が進められていますが、開発には数年以上の時間を必要とすることが少なくありません。 コロナウイルスの流行によって急速に開発が進められていますが、それでも1年以上は必要といわれています。 まだまだウイルスをおさえ込める根拠がないため、収束時期を断言することは難しいのです。 ここまでコロナウイルスの現状についてお伝えしました。 収束する時期はまだ断言できませんが、専門家によってある程度の予測はされています。 確定ではありませんが、参考にすることは可能です。 そこで次は、各国の保健省や専門家による予測をお伝えしますね。 【各国の予測】コロナウイルスの収束時期はいつ? ここからは、各国の代表や保健省による予測として、• アメリカ• イギリス• ブラジル の3つを紹介します。 各国の予測1:アメリカ アメリカのワシントン大学は、コロナウイルスの感染者数が統計上では6月にかけて減少し、20日には0になるとの見通しを発表しました。 というのも、アメリカは1日あたりの死者数が減少傾向にあります。 実際に増え続けていたニューヨークの1日あたりの死者数が、先日初めて700人を下回りました。 クオモ知事も「最悪の状況を脱した」と述べていることから、外出禁止などの効果はあらわれているといえます。 tv-asahi. html 各国の予測2:イギリス イギリスの保健当局は、定例会見でコロナウイルスの収束には6ヶ月ほどの時間が必要だと述べました。 ただしロックダウンなどの措置は3週間ごとに見直す予定であり、徐々に緩和していくことも不可能ではないとの見解を示しています。 bbc. もともとブラジルは検査の遅延で感染と確認のタイミングに乖離があり、感染ピークの予測が困難だといわれていました。 そのため現在取り組んでいる自宅隔離の措置だけだと、これから数ヶ月は感染が増加すると予測しています。 その一方で、このまま自宅隔離の措置で感染拡大がストップできれば、経済的影響は軽減されるとも報告しています。 jetro. html 【各専門家の予測】コロナウイルスの収束時期はいつ? 続いては日本の専門家による予測として、• 西浦博教授• 新型コロナウイルス感染症に関する専門家有志の会• ニッセイ基礎研究所 の3つを紹介しますね。 専門家の予測1:西浦博教授 西浦博教授とは北海道大学社会医学分野の教授であり、厚生労働省のクラスター対策班にも所属している方です。 西浦教授は「8割の接触を断つことで感染の流行は止められる可能性がある」と主張しています。 その理由は「日本の外出自粛などの対策は強制ではなく、要請だから」。 というのもウイルスは人との接触によって二次感染が拡大し、その範囲は1人あたり2〜3人といわれています。 しかし要請では、すべての人の外出や他人との接触を止めることがなかなかできません。 また外出自粛とはいえ「家で友達と集まって飲み会などを開催するのは避けてほしい」とも。 反対に「屋外のオープンエアのところを歩くのは問題ない」とも伝え、「友達とジョギングだけして、食事はしないで解散」などを提案しています。 複数人での外出を避けるのはもちろん、「屋内で複数人が集まるような接触」も避けましょう。 buzzfeed. 「note」というウェブサイトを活用して、さまざまな世代に向けて情報を発信しています。 専門家有志の会で、明確な収束時期については述べられていません。 ただし感染拡大を防ぐために必要なこととして、以下の3つをお願いしています。 密集・密閉・密接の重なるところを避ける• 人との接触を8割減らす• stopcovid19. ただし専門家有志の会でも西浦教授と同じように、1人でのジョギングや散歩は問題ないと伝えています。 複数の人との接触や3密を避けながら生活できるように心がけましょう。 気になる方は、noteのを確認してみてください。 専門家の予測3:ニッセイ基礎研究所 最後は経済面での予測を紹介します。 ニッセイ基礎研究所が経済についての予測を発表しました。 【GDP成長率】• 2021年度:+1. nli-research. 収束時期はまだ不明ですが、「4〜6月にかけて最悪の時期を脱し、7〜9月にはほとんど収束するのではないか」とも考えているようです。 収束を早めるためにも、人との接触を減らすことがポイントとなりそうです。 コロナウイルスは人との接触を減らすことで、収束に近付く可能性はある 今回はコロナウイルスの収束時期について解説しました。 おさらいすると、コロナウイルスが収束する時期を完全に予測することはできません。 現在も感染者の数は増え続けているうえに、ワクチンが開発されたとしても1年以上の時間が必要だからです。 しかし各国や専門家の予測を見ると、多くの国で「9〜10月頃」には収束するかもしれないと考えていることが明らかになりました。 感染拡大を防ぐためにも、専門家は以下のことをお願いしています。 密集・密閉・密接の重なるところを避ける• 人との接触を8割減らす• 外出は1日に1回程度にする 収束時期を予測することは難しいですが、今は上記の対策で少しでも感染者数を減らすことに努めましょう。 またコロナウイルスの対策は自治体にも求められており、今から収束後のことを考えておくことも必要です。 詳しくはをご一読ください。

次の