アナと雪の女王 ハンス 歌。 韓国語の「Let it go」は「다 잊어」!?アナと雪の女王(겨울왕국)の主題歌を徹底解説!

Red Notebook 『アナと雪の女王』ハンス王子の解釈

アナと雪の女王 ハンス 歌

作品情報 制作:アメリカ、ウォルト・ディズニー 監督:クリス・バック、ジェニファー・リー 脚本:ジェニファー・リー 3Dコンピュータ・アニメーション、102分。 ミュージカル仕立て エンドクレジットで、ハンス・クリスチャン・アンデルセンの『雪の女王』にインスピレーションを得た、と出てきます。 しかし、話は、『雪の女王』とはまったく違います。 原題の Frozenは、「凍りついた」という意味。 エルサ(雪の女王のキャラ)が魔法で、自分の国、アレンデールを凍らせてしまったこと ほかの人を傷つけないために、1人で閉じこもっていたエルサの気持ち エルサの氷攻撃のせいで、凍りついたアナ こんなものを意味していると思います。 凍りついたものをとかしたのは、愛情であり、エルサが魔法をコントロールできるようになったのも、愛情をもてばいい、と気づいたからです。 -凍りつき(恐怖)VS 愛 -自分らしさを大事にしよう -姉妹愛(自分より相手の幸せを優先する) こんなテーマがわかりやすい形で出てきます。 あらすじ エルサとアナは、アレンデールという国のプリンセス。 長女エルサは、生まれつき、氷や雪を出し、そのへんのものをバリバリ凍らせる不思議なパワーを持っている。 2人で遊んでいるとき、エルサがあやまってアナの頭に、凍らせる攻撃をしてしまい、アナがみるみる冷たくなるアクシデントがあった。 父親の国王と、母の女王は、トロール(石ころみたいなからだで愛嬌のある生き物)のところへアナを連れていき、治療をたのむ。 トロールは、アナからすべての記憶を取り去る治療をし(しかし、楽しい思い出は残す)、エルサに、「おまえの魔法はすばらしいが、使い方を間違えると、とても危険だ」と警告する。 エルサは、緊張したり、恐れを感じると、無意識に魔法を使ってしまうようだ。 父親は、「大丈夫、エルサはちゃんとコントロールできるようになる。 その日まで、魔法のことは秘密にしよう」と言う。 かくして、一緒の部屋に寝ていたエルサとアナは、別々の部屋で暮らすことになり、共に遊ぶこともなくなった。 エルサは終始手袋をし、父親に「魔法のことは秘密だ。 使ってはいけない」と言われつづけ、1人で部屋に閉じこもりそのまま成長する。 2人が18歳ぐらいになったとき、国王と后が船の事故で亡くなり、エルサが王女になる戴冠式が行われる。 このとき、アナが、式で出会ってひとめぼれした、ハンスというよその国の王子と婚約すると言い出し、これがもとでアナとエルサは口論になる。 アナは、はずみでエルサの手袋をひきはがし、恐れが頂点に達したエルサは、あたりのものを次々と凍らせ、そのまま城から逃げる。 エルサのパワーが強力なので、夏だったアレンデールは、いきなり冬になり、雪に閉ざされる。 アナは、エルサを追いかけるが…。 見どころ1:氷の宮殿 一番の見どころはアニメーションです。 いろいろな物が次々と凍ったり、あたりが吹雪になったりする描写は美しくも寒々しく、夏の暑い日に見ると涼めるのではないでしょうか? 寒いところに住んでいる私は、雪や氷の冷たさが身にしみているので、見ながら本当に寒くなりました。 特に、開き直ったエルサが、これまで使うことをがまんしていた魔法を一気に開放して建てた氷の宮殿は見事です。 大きなスクリーンや3Dで見ると迫力があって感動するでしょう。 アナが、肩がむきだしのドレスで(マントはしていますが)、雪山を歩くのは不自然ですが(とっくに凍死するはず)。 見どころ2:音楽と歌 ミュージカルなので、歌がいろいろ出てきます。 どれもキャッチーで覚えやすい歌で、サウンドトラックを聞いているだけでも楽しめます。 歌詞がうまく物語を進めます。 エルサが歌う、Let It Go レット・イット・ゴー が一番有名ですが、私は、エルサを連れ戻しにきたアナが、エルサを説得するときに歌い始め、2人のデュエットになる、For the First Time Forever(生まれてはじめて) という歌が好きです。 この歌は2回出てきますが、reprise のほうね。 3分42秒 見どころ3:真実の愛 上で紹介した動画の最後で、アナが、エルサの攻撃(本人は意図していない)を、胸に受け、倒れます。 心に氷のかけらが入ったアナは、どんどん冷えていきます。 実はアナが好き)が、ハンス(よその国の王子)のもとにアナを運びます。 しかし、ハンスは、アナを本当には愛しておらず、むしろアナを見殺しにしようとします(ハンスの狙いはアナの王国)。 全身が凍って氷の彫像になってしまったアナを。 氷から人間に戻したのは、エルサでした。 その前に、半分氷になりながら、アナが、エルサに向けられた剣を自分で受けようとしており、アナのエルサへの気持ちが、自分自身を溶かしたとも言えます。 通常のディズニーアニメだと、王子様やらが、真実の愛のキスをしますが、この映画では、姉妹の真実の愛が、問題を解決したという設定になっています。 ここはちょっとユニークですね。 見どころ4:魔法を使えるプリンセス 私はディズニーの映画はあまり見ていませんが、プリンセスは、たいてい、魔法をかけられる対象であり、魔法を使うのは、魔法使いとか魔女、その他のちょっと変わった生き物です。 この映画では、プリンセスが魔法を使うところがおもしろいです。 こうしたプリンセス像は昔は考えられなかったでしょう。 アナも、問題解決のために、積極的に動くし、ともに現代的なプリンセスです。 ダブルヒロインというのも、めずらしいです。 それにしても、ものをばりばり凍らしてしまう雪の女王というのは、かなりおもしろいキャラクターですね。 火を吹くドラゴンとは違った怖さがあります。 火あぶりと氷漬け、あなたはどちらがいいですか? 残念な部分 私の好みから言うと、全体的に物語をはしょりすぎている気がします。 戴冠式の場で、はからずも、魔法を披露したエルサは、雪山を歩きながら、Let it go を歌いつつ、「もういい子でいるのは終わりよ、これからは私らしく生きるわ」と宣言します。 なぜ、いきなり、こんな境地になったのでしょうか? 国民の前で、大々的に魔法を使ったから、開き直ったと、一応、私は解釈しています。 あるいは、両親が死んで、自分を止める人がいなくなったからでしょうか? いまは、エルサが女王ですから。 ただ、アレンデールの女王ではなく、自分1人が住む氷の宮殿の女王になるつもりで、let it go と歌っています。 自分らしさを取り戻すまでのプロセスがもっとあったほうが、説得力があると感じます。 プロセスと言えば、アナとエルサが幼いとき、いかに仲のいい姉妹だったか見せる場面も、もっとあったほうがいいかもしれません。 それと、ハンス(よその国の王子)のいきなりの心変わりにも驚きました。 いや、彼は心変わりなどしておらず、最初から、アレンデールを自分のものにするために、アナに近づいたと言っています。 そのわりには、心変わりを見せる場面の前では、まったくそんな素振りがありません。 「え、この人悪者だったの?」という展開です。 ハンスの悪人ぶりも、もう少し匂わせてほしかったですね。 アナとエルサが、離れ離れ(同じ城に住んでいるけど)に成長し、エルサが、自分を殺し、アナが寂しい思いをしたという悲劇が起きたのは、父親の教育方針のせいです。 「魔法をコントロールできるまで、人々に魔法のことを隠そう」と父親は決めました。 そのわりには、コントロールの方法を教えている場面などありません。 ひたすら「魔法を使うな、隠せ」というだけ。 これはまずいでしょう? 魔法はエルサの大きな個性の1つなのですから。 しかし、この父親、この映画では、いい人みたいに描かれています。 続編のFrozen II でも、わりと登場して、「よき父、よき国王」という扱いです。 う~ん、納得いきません。 続編のレビューはこちら。

次の

アナと雪の女王のハンスについて その他

アナと雪の女王 ハンス 歌

概要 の『』からインスピレーションを得たの長編オリジナルである。 原題は「凍りついた」という意味の『』。 日本での略称は「アナ雪」。 原案となった『雪の女王』は世界各国で何度もアニメ化されている(ソ連版が特に有名)が、本作は『雪の女王』とはストーリーや登場人物が全く異なり、断片的にモチーフを借用している以外の共通点はないと言ってよい。 声の出演はクリスティン・ベル、、ジョナサン・グロフなど。 はアナ(クリスティン・ベル)に、エルサ()にを起用している。 ちなみに本国および各国では概ね11月に公開されたが、のみ3月公開と大幅に遅れることになったため、日本でのブーム到来も遅かった。 このためでも公開当初は、主にによる原題「」のでの投稿が多く残っている。 ストーリー 沿岸部に位置するの王女は、触れたものを凍らせたり雪や氷を操ることができるの力を持って生まれてきた。 そんなエルサだが、両親からは愛されており、3つ年下の妹とも仲が良く、時にはエルサの魔法の力を使って共に遊ぶこともあった。 しかし幼いある日、魔法で遊んでいた最中に怪我をしそうになったアナを救おうとしたエルサの魔法が予期せぬ形でアナに当たり、アナは意識不明の重体に陥ってしまう。 助けを求めるエルサとアナを連れ、王と王妃は山奥のトロール一族の元へアナを救う手立てを求めに向かう。 幸いの力でアナは救われるが、魔法による傷を癒すためには、姉妹の楽しい思い出だけを残して、魔法に関する記憶をアナの頭から消すことが必要だった。 魔法の力に対してトロールから忠告を受けたエルサと両親は、成長と共に増大する魔法の力を制御できるようになるまでエルサが誰とも触れ合わないように城を閉ざし、魔法の記憶を失ったアナとの接触も断つようにした。 以来、エルサは部屋に閉じこもるようになり、理由も分からず突然姉に会えなくなったアナは一人寂しく過ごす始末。 その十年後、両親が嵐の海難事故で亡くなり、姉妹は互いだけが唯一の肉親となってしまう。 それから三年後、姉妹二人は成長し、エルサはアレンデールの年若い女王となる。 戴冠式には特別に一日だけ城が開放されることになり、諸外国から訪れる大勢の人々との触れ合いに喜びを抱くアナは南諸島の王子・と出会い、彼と意気投合。 電撃的に婚約を決めるが、エルサが反対したことで姉妹は喧嘩となり、エルサは大勢の人を前にさらけ出し、魔法を暴走させてしまう。 秘密を知られ、化け物呼ばわりされたエルサは山へ逃げ出すが、魔法は彼女の意識を超えて影響を広げ、夏のアレンデールは雪の降りしきる永遠の冬に閉ざされてしまう。 アナは姉を追いかけて山へ旅立ち、途中で山男のや彼の相棒であるの、夏に憧れを抱く喋る陽気な・と出会い、王国と姉を救うために氷の宮殿へと向かう。 第86回にて主題歌賞 『Let It Go』 と長編アニメーション賞を受賞• 第71回にてアニメーション映画賞を受賞• 第67回英国アカデミー賞にてアニメーション映画賞を受賞• 世界興行収入が10億ドルを突破。 のアニメ映画としては、それまで「3」が保持していた記録を塗り替えた。 (ちなみに「ディズニー映画」全体での記録保持作品は「」の15億ドルとなる)• 日本における興行収入が250億円突破。 16週連続興行収入ランキング第1位を記録。 サウンドトラックCDの販売数がアメリカのアルバムチャートにて、通算11週首位をキープ。 iTunesのランキングのTOP10のほとんどを関連曲で埋め尽くした。 トップは主題歌『Let It Go』。 日本における歴史的ヒット 世界中で人気を博した本作だが、とりわけ日本では社会現象となる大ヒットとなった。 日本における興行収入254億円は、「」「」に次ぐ歴代第3位の記録である。 特に日本ではのキャスティングが高く評価され、これもヒットに繋がった。 BDが1日で66. 1万枚を売り上げ、それまで「」が保持していたBD累積売上記録46. 5万枚を塗り替えた。 MovieNEXは3週間で250万枚を売り上げている。 また主題歌『Let It Go』も大ヒットを記録し「現象」を巻き起こした。 サウンドトラックの売り上げは100万枚を突破、アニメ映画のサントラの歴代セールス記録を塗り替えるなど、音楽面でもブームを巻き起こした。 日本語版ではMay J. がED曲として『Let It Go~ありのままで~(エンドソング)』を歌っていた。 このような経緯から、2014年のトップテンに「ありのままで」が選ばれ、また同年の『ヒット商品番付』でも第1位となった。 地上波放送 2017年の1月12日には初放送が告知され、同年の3月4日に系列でオンエアされた。 大ヒット作であっただけに19. 一応本来のエンディングはスタッフ表示画面の右上のワイプにで流されている)が多くの視聴者を困惑させ、放送終了後にを巻き起こした。 (後日当時の社長が定例会見で謝罪・釈明するというオチがついたほど。 これが原因かは定かではないが、は視聴率の面でもこれほどのヒット作だったにも関わらず 遅れネットしていない。 )この件が映画の地上波放送の一番ダメな例として語り継がれていくことになったのは言うまでもないだろう。 余談だが、数日後でが放送された際、ネット上でエンディングの放送の有無がやたらと注目されるという珍事が起きた。 なおエンディングは加工どころかまるまるカットされていたため、この件の炎上も次第に鎮火していった。 その後、2019年1月3日に系列で、後述の『家族の思い出』も合わせて放送。 なんと放送時間は(18時半~21時)での放送という、地上波では2度目の放送となる映画としては破格の待遇ぶりだった。 またエンドロールも 本来のMay J. が歌唱するエンディングがそのまま放送された。 ただ裏番組がだったゆえか、視聴率は9. 続編 後日談となる短編アニメ 『アナと雪の女王 エルサのサプライズ』が、実写版映画『』にて同時上映。 さらにディズニー社の株主総会において、同じスタッフを起用しての長編第二弾の製作も発表されたのち、「 」として2019年11月22日に 日米同時公開される事が決定し、同日公開された。 詳細はにて。 関連イラスト.

次の

【無料・簡単アリ】「アナと雪の女王」のピアノ楽譜【Let It Go/雪だるま作ろう/生れてはじめて】初級~上級

アナと雪の女王 ハンス 歌

あらすじ (ネタバレ) ざっくり、あらすじ エルサと アナは アレンデール王国の王女として生まれました。 エルサは物を凍らせ、雪や氷を作る魔法を持っていました。 両親が事故で亡くなり エルサは王位を継ぐ事になります。 アナは戴冠式で知り合った ハンスと婚約しました。 それを聞いて怒った エルサは魔法が暴走してしまい、 アレンデール王国は雪に包まれてしまいます。 エルサは、山に氷の城を作って閉じこもってしまいました。 アナは エルサを追いかけます。 途中で出会った クリストフと共に氷の城に エルサを迎えに行きますが、魔法で アナの心臓に氷が刺さってしまいす。 氷を溶かすには、「 真実の愛」しかありません。 ハンスとキスをすればいいと思い城に戻り、キスをお願いするのですが、 ハンスは王位が欲しくて婚約したのだと拒否しました。 ハンスは女王の エルサを殺そうと考えます。 ハンスが エルサに剣を振り下ろそうとした時、妹の アナが身を持って守るのです。 アナを エルサが抱き締めると アナの氷は溶けました。 これが「 真実の愛」だったのです。 そして、 アレンデール王国の雪が溶け、街に夏が戻りました。 詳しく、あらすじ エルサとアナ ヨーロッパの北にある アレンデール王国が舞台です。 お城では幼い エルサと アナが遊んでいます。 エルサは魔法の力で雪や氷を生み出し、二人は雪山や雪だるまで遊んでいました。 ところが、 エルサは魔法をアナの頭に当ててしまうのです。 引き裂かれる姉妹 両親は エルサと アナを山に連れて行きました。 妖精 トロールに会いに行ったのです。 トロールの長老は、 エルサを治療し アナの魔法の記憶を消しました。 そして、魔法の制御を学ばせるように言いました。 全ての人々から魔力を隠すため、城は閉ざされ エルサは幽閉されました。 魔力を制御出来ない エルサは、 アナと遊ぶ事も会う事も出来ません。 時は経ち、両親は海で嵐に会い遭難しました。 戴冠式 3年後、 エルサが王位を継ぐための戴冠式が行われる事になりました。 沢山の人々が招かれました。 何年かぶりに城の扉が開かれます。 アナは大喜びをしています。 エルサは不安を隠すことが出来ません。 感情をコントロールして魔法を制御出来るか心配だからです。 不安に思いながらも エルサは何とか戴冠式を終えました。 魔法の暴走 アナは、浮かれています。 アナは招待客の一人、南諸島の ハンス王子と気が合い結婚の約束をしてしまいました。 出会ったばかりの人と結婚するなんて エルサは許しません。 二人は喧嘩をしてしまいます。 エルサは感情を押さえきれず魔法を暴走させてしまいます。 城が凍り始め、 エルサは城から飛び出してしまいました。 氷の城 エルサは山に向かいます。 歩く跡は凍り、山には雪が降り積もりました。 アレンデール王国も雪に包まれました。 そして、 エルサは、魔法の力で氷の城を作り閉じこもりました。 ここなら誰にも迷惑は掛けません。 自分の感情を抑える必要もないし、魔法を使っても大丈夫です。 アナ、クリストフとオラフと出会う アナは エルサを追って雪山に馬を走らせました。 途中の店で、トナカイの スヴェンを連れた氷売りのクリストフに会います。 アナは エルサのいる山に連れて行くように頼みました。 二人は、トナカイに乗って北の山に向かいました。 雪だるまの オラフが話しかけて来ました。 そう オラフは幼い頃 エルサと一緒に作った雪だるまだったのです。 氷の心臓 三人は氷の城を見つけました。 エルサがいるはずです。 アナが城に入って行くと エルサがいました。 アナは自分が悪いと謝りました。 オラフは「僕を作ったのを覚えているでしょ」と話し掛けますが、 エルサは アナを傷つけたことを思い出し、拒否します。 「冬を溶かして欲しい」と頼みますが、また エルサは魔法を アナに当ててしまうのです。 氷の怪物が現れ、襲って来ます。 クリストフは アナを連れて氷の城を出ました。 心臓を溶かせるのは クリストフは、「友達に会う。 彼らが何とかしてくれる」と歩き出しました。 彼らは、幼い頃から家族のように クリストフとトナカイの スヴェンの面倒をみていたそうです。 誰なんでしょうか? 森の中に広場がありました。 岩が沢山転がっています。 クリストフは、岩に話し掛けています。 するとどうでしょう。 岩が動き出しました。 ハリネズミのような姿をしています。 そう、あの妖精 トロールだったのです。 トロール達は クリストフと会って大喜び。 更に アナを見て彼女を連れて来たと大喜び。 クリストフは、 トロールの長老に事情を説明した。 長老が見た所、 アナは大変危険な状態でした。 魔力で アナの心臓は氷が刺さっていて、このままでは永遠に凍ってしまうのです。 長老は、「ワシには出来んのだ。 すまない。 そして、 ハンスいる城に向かいました。 エルサの戦い ハンスは、 アナを追って、 エルサのいる氷の城に向かっていました。 兵士の二人が氷の城に入りました。 兵士は エルサを襲います。 その兵士は エルサを化物と考えていたのです。 エルサは魔法で戦いました。 その時、 ハンスが「化物になってはいけない」と止めました。 ハンスは城に エルサを連れて帰りました。 城に連れ戻された エルサは、両手を鎖で拘束されていました。 魔法を封じ込めるためです。 ハンスは エルサに「冬を終わらせて、夏を取り戻して欲しい」と頼みますが、 エルサには出来ません。 アナ、ハンス王子の元へ アナと クリストフがトナカイに乗って城に戻って来ました。 「暖かくして、至急 ハンス王子の元へ王女を頼むよ」と アナを預けて、 クリストフは山に帰って行きました。 トナカイの スヴェンは寂しそうです。 偽りの愛 アナは、 ハンスに「キスして欲しい。 心臓が凍っているの。 ところが、 ハンスの顔つきが変わりました。 ハンスは「哀れな アナ」と言います。 ハンスは、自分が王位継承の望みが薄いため アナと結婚し王位を狙おうと思っていたのです。 アナと結婚した後 エルサを殺すつもりでした。 ハンスは アナを部屋に閉じ込めてしまいます。 アナは凍り始め、もうダメかも知れません。 ハンスは エルサを殺しに行きました。 どうなるのでしょうか。 部屋の扉を開けると、 エルサが逃げた後でした。 戻れ、クリストフ 雪山を クリストフとトナカイの スヴェンが歩いています。 スヴェンが クリストフの前に立ちはだかり、何か言いたげです。 振り向くと城は冷気に包まれていました。 クリストフは「 アナー!」と城に向かいます。 愛というのは・・・ アナが閉じ込められている部屋の扉が開きました。 雪だるまの オラフが助けに来たのです。 オラフは暖炉に火をつけて部屋を暖めました。 オラフが言います。 「愛というのは、自分よりその人の為を思うこと。 クリストフが君を ハンスの元に残したように」 窓から クリストフが トナカイに乗って走ってくるのが見えます。 王のように優しく、フィヨルドを駆ける」 二人は、駆け出して行きました。 エルサの危機 雪の中、 エルサは歩いていました。 後ろに誰かがいます。 現れたのは、 ハンスでした。 どうなるのでしょう。 「 エルサ!もう逃げられないぞ。 アナは死んだ。 あなたのせいで」 エルサはショックでうずくまります。 ハンスは剣を構え、 エルサに振り下ろしました。 「やめて」 と アナは剣の前に身を投げ出しました。 アナの体は見る見るうちに凍ってしまいました。 ハンスの剣は、凍った体に当たって砕けました。 真実の愛 エルサは、 アナを抱きしめました。 エルサは涙を流しています。 するとどうでしょう。 アナの氷は溶け出しました。 二人の周りから氷が溶け始めました。 フィヨルド、城、山が元の姿を取り戻して行きます。 まるで夏の妖精が現れたようでした。 甘いキス 街に活気が取り戻って行きます アナと クリストフが二人で話しています。 クリストフ「キスしてもいい?許される?ダメかな・・・」 アナは、ほっぺにキスをしました。 そして、二人は甘いキスをしました。 感想・考察 (ネタバレ) さすが、ディズニー 映像と音楽の美しさそして感動のストーリー。 さすがディズニーと言う作品です。 前に字幕版、吹き替え版を観て、『アナと雪の女王2』が公開されるのに合わせて観たのですが、改めて良かったです。 「あらすじ」はもっと簡単に書こうと思っていたのですが、映画の感動が蘇って出来るだけ皆さんに伝えたくなり、沢山キーボードを叩いていました。 読んで映画の感動が伝われば嬉しいです。 歌詞をじっと聞いていると力強いですね。 過去の扉を閉じて前に進もうと言う気持ちが伝わって来ます。 今までは自分の感情を抑えてきたけれども、もう思いのまま生きていいと前向きに、状況を捉えています。 嫌なことがある時、僕達は耐えるのがいいと思ったりします。 でも、逃げても良いんですね。 逃げても良い、新天地で生きれば良い。 自分の道を歩めば良い。 そんな事を思いました。 良い歌詞です。 世界中で流行ったのも分かります。 一つはアナとエルサです。 アナがエリザを守る為に身を投げ出した。 エリザとアナの姉妹は幼い頃から仲良しでいました。 兄弟姉妹でも、助け合わないどころか嫉妬し憎しみ、足の引っ張り合いをしているのも多いです。 情けない話ですね。 皆さんはエルサとアナのようであって下さい。 もう一つクリストフとアナです。 クリストフは好きだったアナを救う為に婚約者ハンスの元に残しました。 アナの事が好きなのに、彼女を救う為他の男の元に残すのです。 辛い選択だと思います。 彼女を愛するが故に彼女から離れる。 僕もそうありたいです。 努力します。 辛いですが。 クリストフとアナの甘いキス クリストフとアナが結ばれて本当に良かったです。 映画を観ながら、二人の関係がずっと気になっていました。 二人は良い雰囲気なのに、結ばれないのだろうか、と気になっていました。 アナはハンスとキスをする気満々でした。 その様子を観た時、身分に差があると無理だよなと思ってしまいました。 ラストで二人が甘いキスをした時が、この映画で一番良かったですね。 ホッとしました。 それで「あらすじ」も二人のキスで終わらせました。 愛は身分を超えるんですよ。 きっと。。。 「レット・イット・ゴー~ありのままで~(エンドソング)」 配給 ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ 公開 アメリカ合衆国 2013年 11月 27日 日本 2014 年3 月14 日 上映時間 102 分 製作国 アメリカ合衆国 言語 英語 関連 公式サイト.

次の