レビトラ 評判。 【販売中止】スーパーゼビトラの効果・副作用や成分・飲み方!口コミ評判も紹介!

レビトラ10mgと20mgの比較、レビトラジェネリックについて

レビトラ 評判

レビトラの費用相場• 10mg1錠…1,300円~1,500円• 20mg1錠…1,800円~2,000円 レビトラの基礎知識まとめ レビトラの特徴 「レビトラ」はバイアグラに次いで登場した、 第二世代のED治療薬です。 ドイツのバイエル社、イギリスのグラクソ・スミスクライン社、アメリカのシェリング・プラウ社の3社により共同開発されました。 日本でも2004年に厚生労働省より承認されたため、医師から処方してもらうことができます。 第二世代というだけあって、バイアグラより 即効性に優れている、食事の影響を受けにくいといったメリットがあります。 ただし、バイアグラに比べて併用禁忌薬が多いというデメリットもあるため、服用する際は注意が必要です。 レビトラの効果 レビトラに含まれている有効成分「パルデナフィル」は、勃起抑制酵素PDE-5の働きを妨げてくれます。 これによりペニス内部の血流が増加するため、力強く勃起できるのです。 そして、日本で処方してもらえるED治療薬の中でも、レビトラは最も即効性に優れています。 服用後、 早ければ15~20分ほどで効果が発現。 3~4時間ほど効果が持続するので、急に性行為の機会が訪れた場合も安心です。 ただし、レビトラもバイアグラと同じく勃起を促進する薬であり、勃起へと至るためには性的興奮や刺激が欠かせません。 精液を増やしたり性欲を高めたりする作用もないため、 精力剤のようには使えない点に注意しましょう。 レビトラの副作用 レビトラを服用すると、血管拡張作用などにより副作用を併発する可能性があります。 国内で実施された臨床試験のデータによれば、総症例913例のうち 257例 28. 主な症状は、顔のほてりが143例 15. 他には消化不良やめまいが発生しているケースもあります。 いずれもレビトラの薬効に伴う一時的な症状なので、あまり心配する必要はありません。 レビトラの持続時間が終わるとともに、副作用の症状もほとんど軽快します。 レビトラが効かない場合に 考えられること レビトラは食後に服用しても構いませんが、食事の内容には注意しなければなりません。 特に 脂っこい食事は、有効成分の吸収を阻害するのでNG。 即効性を高めたいなら空腹時、もしくはカロリーや脂肪分を抑えた食事の後に服用しましょう。 また、以下に該当する方は、レビトラの10mg錠だと効かない可能性があります。 血糖値やコレステロール値が高い• 糖尿病• 身体が大きい、肥満• 高血圧、鬱病などの治療薬によるED このような場合、処方量を20mgに増やすケースが多いようです。 勝手に用量を増やすのは非常に危険なので、必ず医師から指示を受けるようにしましょう。 レビトラに関する口コミ評判• EDになってから10年以上経過していたので、もう半分諦めていたのですが、そんな時にED治療薬の存在を知りました。 特に評判が良かったレビトラを購入して、早速飲んでみたところ、10年振りに男に戻ることができたので、とても感激しています。 (50代)• 糖尿病でEDになってしまいましたが、レビトラなら効果があるという事を聞いて試してみたところ、効果てきめん。 久しぶりに勃起できた上、硬さもしっかり維持できました。 糖尿病とEDでうつ病の一歩手前でしたが、レビトラのおかげで前向きになれそうです。 (50代)• 不規則な生活、喫煙、飲酒により、EDになってしまいました。 レビトラを服用してからは、以前より中折れしなくなり、勃起している時間も長くなったように感じます。 副作用もなかったので、引き続き使っていこうと思います。 (40代)• 30歳という若さで勃起障害に悩まされていました。 最初は勃起していても、性行為が進むにつれて勃起力が弱まり、最終的に射精までたどり着けないという状態でした。 レビトラを試してみたところ、10代の頃のように元気になり、彼女との関係も元通り修復されたので、満足できる生活を送れています。 (30代) レビトラ購入時のリスク 安全に服用したいなら医師の処方が一番 レビトラもバイアグラと同じく日本で承認されたED治療薬なので、医師の診断を受けてから、適切な用量を処方してもらうことができます。 特に レビトラは併用禁忌薬が多いため、飲み合わせには十分注意しなければなりません。 それも踏まえて安全に服用したいなら、やはり医師に処方してもらうのが一番です。 通販・個人輸入はすべて自己責任 レビトラは医師の処方に加えて、通販・個人輸入でも入手可能です。 特に正規品より安いレビトラジェネリックは高い人気を誇りますが、 現状レビトラのジェネリック医薬品は日本で承認されていません。 つまり、レビトラジェネリックは非正規品なので、偽物や粗悪品が混じっている恐れもあるのです。 もちろん、しっかり効果を発揮するレビトラジェネリックや、信頼できる販売業者も存在していますが、通販・個人輸入の場合、 何が起こってもすべて自己責任となります。 偽物や粗悪品により健康被害を受けても、救済制度は適用されないので、そのリスクを念頭に置いておきましょう。 レビトラの供給停止問題 2019年3月、レビトラの製造販売元であるバイエル薬品から 「レビトラ供給停止」のアナウンスがありました。 実は2018年1月にも一度供給が停止され、同年12月には再開されたのですが、半年も経たずに2回目の供給停止となっています。 再生産・再供給がいつ始まるかについて、今のところ発表がなくわかっていません。 2018年の供給停止時は「3~4ヶ月で再開するだろう」と予想されていましたが、蓋を開けてみれば10ヶ月以上待たされる結果になったのです。 そのため、各クリニックにあるレビトラの在庫分がなくなると、深刻なレビトラ不足に陥る可能性があります。 レビトラでED治療をおこなっているなら、事前にストックしておくなど対策が必要です。 レビトラに代わるED治療法はある? レビトラはドイツのバイエル社から発売されたED治療薬で、バイアグラよりも即効性があると言われています。 しかし、副作用という懸念もあります。 また、疾患のある方は、服用できないことも。 レビトラに代わる新しい治療法としていま話題を集めているのが、幹細胞注射です。 幹細胞注射とは、 身体に良い成長因子を局部に直接注射するというもの。 注射と聞くとこわい・痛いといった印象もあるかもしれませんが、 針は極細で、痛みはほぼ感じないそうです。 東京で幹細胞注射をおこなっているクリニックを調査しているので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

次の

レビトラ10mgと20mgの比較、レビトラジェネリックについて

レビトラ 評判

レビトラのジェネリック医薬品について【浜松町第一クリニック】• 当院でも以下の処方価格にて全医院にて処方開始しています。 バルデナフィル錠10mg「サワイ」1錠:1,400円 税込 バルデナフィル錠20mg「サワイ」1錠:1,600円 税込 バルデナフィル錠10mg「トーワ」1錠:1,400円 税込 バルデナフィル錠20mg「トーワ」1錠:1,600円 税込 バルデナフィル錠「サワイ」とバルデナフィル錠「トーワ」の画像は以下の通り、「サワイ」は1シート5錠のPTP包装、「トーワ」は1シート10錠包装です。 どちらもシートの裏側の色が先発品のレビトラと同じ色合いであることから取り扱いはし易い印象です。 また、どちらも 10mgと20mgともに割線入りなので、とても割り易い剤形です。 割るのが面倒でなければ20mgを割って10mgにして服用れば経済的なので割って使用しても良さそうです。 ここ最近、 全国の主要駅近くに複数院展開している男性専門のED薬処方クリニックが、偽物混入の危険性がある個人輸入で仕入れた海外製のレビトラジェネリックを「正規流通経路でのレビトラジェネリック」と記して処方しているので注意して下さい。 以下に正規品と非正規品の画像を掲載しておきます。 後にリスクについてもご説明させていただきますが、既に当院にはその悪質なクリニックで処方された 非正規品のレビトラジェネリックを服用して強い吐き気を感じたりお腹を下したりといった健康被害にあった患者様からの問い合わせも来ているくらいですので、以下のような非正規品のレビトラジェネリックは服用しないのが賢明です。 独立行政法人 工業所有権情報・研修館」の運営する研究開発者向けに「重複する研究開発の防止」「既存の技術を利用した研究開発の推進」「意図しない権利侵害の防止」等を目的としたにて入念に調べてみました。 その結果、ある程度の情報を得ることができましたので以下にご紹介させていただきます。 【出願人】バイエル アクチェンゲゼルシャフト(ドイツ語で[aktien]は株式、[Gesellschaft]は会社、つまりバイエル株式会社の意) 【発明の名称】ホスホジエステラーゼ阻害剤としての2-フェニル置換イミダゾトリアジノン類 【特許番号】特許第3356428号(P3356428) 【出願日】平成10年10月31日(1998年10月31日) 『特許情報プラットフォーム|J-PlatPat』にて調べてみました。 にある「特許3356428」をクリックしてみて下さい。 【請求項1】にある構造式はレビトラの有効成分であるバルデナフィル塩酸塩水和物であり、【請求項7】には「請求項1に記載の化合物を有効成分として含有することを特徴とする勃起機能障害の処置剤」とあることから、これがレビトラに関する物質・用途の特許である可能性が高そうです。 また、にある「特願2004-700045」を見てみると上記の特許番号3356428の延長出願登録が閲覧ができ、そこには以下のように処分の対象物として「塩酸バルデナフィル水和物」、特定された用途として「勃起不全」と明記されていることからも明らかです。 特許権の存続期間の延長登録の理由となる処分 薬事法第23条において準用する同法第14条第1項に規定する医薬品に係る同項の承認• 処分を特定する番号 承認番号21600AMY00075000• 処分の対象となった物 塩酸バルデナフィル水和物• 処分の対象となった物について特定された用途 勃起不全(満足な性行為を行うに十分な勃起とその維持が出来ない患者) レビトラの特許満了日について 添付画像の経過情報照会は上記の特許のものです。 特許出願日が「1998年10月31日」特許期間は20年なので本来、満了日は「2018年10月31」だったのですが延長出願し「1年6ヶ月」の延長が認められたことにより満了日が上記の期日となっていることがわかります。 冒頭で紹介した通り 2020年6月3日に沢井製薬株式会社がレビトラ錠のジェネリック医薬品としてバルデフィル錠「サワイ」の製造承認を取得し6月13日現在、発売準備中となっていることから予想通り「満了日は2020年5月18日」だった裏付けでもあります。 この特許の要約に「本発明は、バルデナフィル塩酸塩を本質的に固体の三水和物の形で含む薬剤の製造法、および、この方法によって得ることができる薬剤に関する」とあること。 またレビトラが厚労省より製造販売承認を取得したのが2004年4月、上記の通り出願日は2003年10月であり承認の半年前、時系列で考えても承認の目途がたってから製法特許の出願をしたと考えることで説明が付きます。 これはレビトラの製法特許である可能性が高いとみてよいでしょう。 基本的に先に「物質・用途特許」が満了を迎えれば、この製法特許にある製造方法以外であればバイエル薬品以外の製薬メーカーもレビトラのジェネリックを製造販売できるようになります。 特許満了日は出願日の20年後、2023年7月3日です。 また新たな情報が入り次第、こちらで情報提供させていただきますので、気になる方はお手数ではございますが定期的にご訪問下さい。 国内ではレビトラは特許満了日のかなり前からインターネットで「レビトラジェネリック個人輸入」で検索すると多くの個人輸入代行業者の運営する通販サイトが表示され、サイトの中を覗いてみると、本来、存在しないはずのレビトラのジェネリックが全てインド製ですが数種類販売されていました。 レビトラは2020年まで国際的にも特許が満了を迎えていなかったので本来は存在しないはずなのですが、どうしてインドだけでは存在しているのか?それはインドでは「2005年まで物質特許が認められていなかったこと」「発展途上国を支援する国境なき医師団の慈善事業の絡み」「地元の製薬会社からの反発」等が原因で、未だに先発品メーカーも諦めざるを得ない状況だからです。 代表的なインド製のレビトラジェネリックには以下のようなものがあります。 ・・Ajanta Pharma社製(アジャンタファーマ社)• ・・Centurion Laboratories社製(センチュリオンラボラトリーズ社)• ・・Sunrise Remedies社製(サンライズレメディ社)• ・・Sava Medica社製(サバ・メディカ社)• 未承認薬シルビトラ(SILVITRA)・・MACLEODS社製(マクレオーズ社) 以下で日本国内でインド製ジェネリックを入手して服用するリスクも説明いたしますが、たとえクリニックからの処方であっても服用は止めておくのが賢明です。 日本国内で海外製のレビトラのジェネリックを入手するには、たとえ医療機関であっても個人輸入に頼るしか方法がありません。 上記で紹介したインド製レビトラジェネリックは個人輸入代行業者の運営する通販サイトで非常に需要があるため、悪徳業者がそこに目を付けて個人輸入代行業者にもわからないように偽造品・模造品とすり替えて流通させて利益を得ている場合も決して少なくないのが実状です。 しかも日本の個人輸入の医薬品に対する法整備がゆるいので世界的に見ても特に日本は狙われやすい国となっています。 公共の安全を守る世界規模の活動をしている米国の 「不正医薬品販売業者にとって日本はアメリカに続き世界第2位の標的になっている」ということをご存じでしょうか? 日本は世界的にみても安全な暮らしができる環境であるがために、悪徳業者にターゲットにされていることを決して忘れてはいけません。 個人輸入で国内に入ってくる多くの医薬品の中でもずば抜けて偽物の混入率が高いのがED治療薬です。 それを承知で個人輸入で仕入れ、それをあろうことか患者さんに処方する悪質なクリニックがあるので注意して下さい。 そのようなクリニックに行かないために、安全に処方を受けられる病院の選び方を以下のページで詳しく説明しているのでご覧下さい。

次の

レビトラ10mgと20mgの比較、レビトラジェネリックについて

レビトラ 評判

レビトラの費用相場• 10mg1錠…1,300円~1,500円• 20mg1錠…1,800円~2,000円 レビトラの基礎知識まとめ レビトラの特徴 「レビトラ」はバイアグラに次いで登場した、 第二世代のED治療薬です。 ドイツのバイエル社、イギリスのグラクソ・スミスクライン社、アメリカのシェリング・プラウ社の3社により共同開発されました。 日本でも2004年に厚生労働省より承認されたため、医師から処方してもらうことができます。 第二世代というだけあって、バイアグラより 即効性に優れている、食事の影響を受けにくいといったメリットがあります。 ただし、バイアグラに比べて併用禁忌薬が多いというデメリットもあるため、服用する際は注意が必要です。 レビトラの効果 レビトラに含まれている有効成分「パルデナフィル」は、勃起抑制酵素PDE-5の働きを妨げてくれます。 これによりペニス内部の血流が増加するため、力強く勃起できるのです。 そして、日本で処方してもらえるED治療薬の中でも、レビトラは最も即効性に優れています。 服用後、 早ければ15~20分ほどで効果が発現。 3~4時間ほど効果が持続するので、急に性行為の機会が訪れた場合も安心です。 ただし、レビトラもバイアグラと同じく勃起を促進する薬であり、勃起へと至るためには性的興奮や刺激が欠かせません。 精液を増やしたり性欲を高めたりする作用もないため、 精力剤のようには使えない点に注意しましょう。 レビトラの副作用 レビトラを服用すると、血管拡張作用などにより副作用を併発する可能性があります。 国内で実施された臨床試験のデータによれば、総症例913例のうち 257例 28. 主な症状は、顔のほてりが143例 15. 他には消化不良やめまいが発生しているケースもあります。 いずれもレビトラの薬効に伴う一時的な症状なので、あまり心配する必要はありません。 レビトラの持続時間が終わるとともに、副作用の症状もほとんど軽快します。 レビトラが効かない場合に 考えられること レビトラは食後に服用しても構いませんが、食事の内容には注意しなければなりません。 特に 脂っこい食事は、有効成分の吸収を阻害するのでNG。 即効性を高めたいなら空腹時、もしくはカロリーや脂肪分を抑えた食事の後に服用しましょう。 また、以下に該当する方は、レビトラの10mg錠だと効かない可能性があります。 血糖値やコレステロール値が高い• 糖尿病• 身体が大きい、肥満• 高血圧、鬱病などの治療薬によるED このような場合、処方量を20mgに増やすケースが多いようです。 勝手に用量を増やすのは非常に危険なので、必ず医師から指示を受けるようにしましょう。 レビトラに関する口コミ評判• EDになってから10年以上経過していたので、もう半分諦めていたのですが、そんな時にED治療薬の存在を知りました。 特に評判が良かったレビトラを購入して、早速飲んでみたところ、10年振りに男に戻ることができたので、とても感激しています。 (50代)• 糖尿病でEDになってしまいましたが、レビトラなら効果があるという事を聞いて試してみたところ、効果てきめん。 久しぶりに勃起できた上、硬さもしっかり維持できました。 糖尿病とEDでうつ病の一歩手前でしたが、レビトラのおかげで前向きになれそうです。 (50代)• 不規則な生活、喫煙、飲酒により、EDになってしまいました。 レビトラを服用してからは、以前より中折れしなくなり、勃起している時間も長くなったように感じます。 副作用もなかったので、引き続き使っていこうと思います。 (40代)• 30歳という若さで勃起障害に悩まされていました。 最初は勃起していても、性行為が進むにつれて勃起力が弱まり、最終的に射精までたどり着けないという状態でした。 レビトラを試してみたところ、10代の頃のように元気になり、彼女との関係も元通り修復されたので、満足できる生活を送れています。 (30代) レビトラ購入時のリスク 安全に服用したいなら医師の処方が一番 レビトラもバイアグラと同じく日本で承認されたED治療薬なので、医師の診断を受けてから、適切な用量を処方してもらうことができます。 特に レビトラは併用禁忌薬が多いため、飲み合わせには十分注意しなければなりません。 それも踏まえて安全に服用したいなら、やはり医師に処方してもらうのが一番です。 通販・個人輸入はすべて自己責任 レビトラは医師の処方に加えて、通販・個人輸入でも入手可能です。 特に正規品より安いレビトラジェネリックは高い人気を誇りますが、 現状レビトラのジェネリック医薬品は日本で承認されていません。 つまり、レビトラジェネリックは非正規品なので、偽物や粗悪品が混じっている恐れもあるのです。 もちろん、しっかり効果を発揮するレビトラジェネリックや、信頼できる販売業者も存在していますが、通販・個人輸入の場合、 何が起こってもすべて自己責任となります。 偽物や粗悪品により健康被害を受けても、救済制度は適用されないので、そのリスクを念頭に置いておきましょう。 レビトラの供給停止問題 2019年3月、レビトラの製造販売元であるバイエル薬品から 「レビトラ供給停止」のアナウンスがありました。 実は2018年1月にも一度供給が停止され、同年12月には再開されたのですが、半年も経たずに2回目の供給停止となっています。 再生産・再供給がいつ始まるかについて、今のところ発表がなくわかっていません。 2018年の供給停止時は「3~4ヶ月で再開するだろう」と予想されていましたが、蓋を開けてみれば10ヶ月以上待たされる結果になったのです。 そのため、各クリニックにあるレビトラの在庫分がなくなると、深刻なレビトラ不足に陥る可能性があります。 レビトラでED治療をおこなっているなら、事前にストックしておくなど対策が必要です。 レビトラに代わるED治療法はある? レビトラはドイツのバイエル社から発売されたED治療薬で、バイアグラよりも即効性があると言われています。 しかし、副作用という懸念もあります。 また、疾患のある方は、服用できないことも。 レビトラに代わる新しい治療法としていま話題を集めているのが、幹細胞注射です。 幹細胞注射とは、 身体に良い成長因子を局部に直接注射するというもの。 注射と聞くとこわい・痛いといった印象もあるかもしれませんが、 針は極細で、痛みはほぼ感じないそうです。 東京で幹細胞注射をおこなっているクリニックを調査しているので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

次の