春巻き アレンジ。 レトルトカレーで アレンジ春巻き 作り方・レシピ

春巻きレシピ人気1位殿堂入りつくれぽ1000以上。皮のアレンジは?

春巻き アレンジ

広末涼子さんレシピ【男子ごはん】 広末家の唐揚げレシピ ポイントは一晩漬け込むこと! 味付けをした鶏肉を一晩漬け込むことで味がよく染み込み、次の日もラクに準備できます。 2.一口大に切った鶏肉は1枚分ずつ密閉袋に入れます。 3.それぞれの密閉袋にめんつゆ・酒(各大さじ1ずつ)・卵黄(1個ずつ)を加え、その後 大人用の唐揚げの密閉袋には《大人用》の調味料を加えます。 5.鶏肉に合わせ調味料をしっかりと揉み込み、冷蔵庫で一晩漬け込みます。 8.器に盛り付け、ルッコラを添えたら完成です。 ワインにピッタリ!さっぱり春巻き2種類レシピ 1つめはエビ&チーズ&長芋の春巻き、2つめは納豆とエリンギの春巻きです。 エビバージョンは巻いて置いておいてOKですが、納豆バージョンは水分があるので揚げる直前に巻いてください。 材料 春巻きの皮・・・10枚 揚げ油・・適量 サラダ菜・しょう油・ポン酢・お好みの塩・・・各適量 《水溶き薄力粉》 薄力粉・水・・・各大さじ2 《エビ春巻き》 エビ(茹でたもの)・・・5尾 長芋・・・300g 大葉・・・5枚 スライスチーズ・・・5枚 《納豆春巻き》 納豆・・・2パック エリンギ・・・1本 大葉・・・5枚 作り方 1.長芋は皮をむいて1cm各の拍子切りにし、大葉は縦半分にカットします。 2.茹でたエビは殻と背わたを取り半分に切ります。 3.エリンギはみじん切りにし、スライスチーズは半分に切ります。 4.納豆は納豆のタレを加えて混ぜ合わせておきます。 5.エビバージョンの春巻きを巻きます。 春巻きの皮に大葉・長芋をのせ、さらにスライスチーズ・エビをのせて皮を巻いていきます。 6.混ぜ合わせた《水溶き薄力粉》を皮のふちにつけ、ピッチリと閉じます。 7.納豆バージョンの春巻きを巻きます。 9.《水溶き薄力粉》を皮のふちにつけ、ピッチリと閉じます。 11.器にサラダ菜とともに春巻きを盛り付けたら完成です。 お好みの塩やポン酢、しょう油で召し上がってください。 2.佃煮バターライスを作ります。 熱したフライパンにバターをひき、温かいご飯を加え、ほぐしながら炒めます。 先に玉ねぎを炒めてから薄力粉を入れて安全に混ざった状態で生クリームを入れると失敗しにくくなります。 11.玉ねぎが半透明になったら薄力粉を加え、炒め合わせます。 12.生クリームを加えて とろみがつくまで煮詰め、塩・黒こしょうで味を調えます。 2.インゲンは5mm厚さの斜め切りに、ニンジンは3cm長さの細切りにします。 3.砂糖(大さじ1)・しょう油(大さじ1. 5)・酒(大さじ2)・みりん(大さじ1)は混ぜ合わせておきます。 4.熱したフライパンにごま油をひき、ニンジン・インゲンを加えて炒めます。

次の

【お弁当おかずレシピ】なんでも巻いて揚げるだけ!「春巻きの皮」アレンジ①

春巻き アレンジ

春巻きは中に入れる具によってレシピの幅が広がる、魅力的な料理。 さらに、断面がきれいなので、見栄えのいいお弁当ができちゃいます。 今回使用した春巻きはコチラ! 春捲皮 じっくり焼いているので、揚げずにそのままでもトルティーヤのようにして食べることができます。 春巻きの皮1枚を半分にカットして、 細切りにした赤・黄パプリカ各 2 切れを一直線にな るようのせて パ ルメザンチーズ、塩 、こしょう各少々を振り、手前から細長く巻いて巻き終わりと両端を 水で溶いた 小麦粉を塗ってとめる。 油大さじ2を熱したフライパンで、両面がきつね色になるまで転がし ながら揚げ焼きにする。 パリパリ、ホクホクで デザート代わりになる一品! スイートポテト春巻き 【つくり方 1人分 】 1. まだ硬いようなら、さつまいもが軟らかくなるまで20秒ずつ加熱する。 なめらかになるまでつぶしたら、 黒ごまを好みの量混ぜる。 春巻きの皮1枚を縦に3等分にし、1を手前に三角形になるようにのせ、皮を折り最終的に三角形になるように包んだら、巻き終わりは 水で溶いた小麦粉を塗ってとめる。 油大さじ2を熱したフライパンで、両面がきつね色になるまで転がしながら 揚げ焼きにする。 春巻きの皮1枚にスティック状にカットしたブ ロックベーコンとプロセスチーズをのせて手前から巻き、巻き終わり手前で 青じそ1枚を縦向きに皮の上にのせて一緒に巻いたら、巻き終わりは 水で溶いた小麦粉を塗ってとめる。 油大さじ2を熱したフライパンで、両面がきつね色になるまで揚げ焼きにする。 撮影/楠 聖子、山下忠之 フードコーディネート/土肥愛子、加藤彩子 取材・文・スタイリング/岡部礼子、湊谷明子 構成/上原奈緒.

次の

1枚〜2枚「余り春巻きの皮」で作る!絶品リメイクレシピ5選

春巻き アレンジ

春巻きの基礎知識 春巻きは、薄く伸ばした小麦粉の生地に餡を入れて長方形に包み、油で揚げた点心。 元々は中国の福建省で生まれた料理で、当時はおかずではなく、食事の代わりに食べられていました。 「春巻き」という名前は、唐の時代(西暦618年~907年)、立春になると、無病息災を願って、小麦粉で作った皮の上に様々な春の生野菜を乗せて食べたことに由来しています。 当時、この料理は春餅(チュンビン)や春盤(チュンバン)と呼ばれ、皮は大皿のようなサイズでした。 それが徐々に食べやすい今の大きさや形へと変化をし、名前も春巻きと呼ばれるようになっていったのです。 その後、清の時代(1644年~1911年)には宮廷料理として味や種類などの研究が進み、少しずつ中国全土へと広まっていきました。 今では中国の代表的な家庭料理の一つとなっています。 春巻きの上手な包み方 春巻きは、上手に包まないと油の中で皮が破れて具材が飛び散ったり、パリッと仕上がらなかったりしますよね。 そこで、美味しい春巻きを作るために大切な、包み方のポイントをご紹介します。 まずは、中に入れる餡。 しっかり「水分を飛ばす」ことが大切です。 片栗粉でとろみをつけるだけでなく、余分な水分を吸ってくれる春雨を加えるのもおすすめ。 また、餡はしっかり「冷ましてから」包んでいきます。 次に、春巻きの皮。 使う前に冷蔵庫から出して「常温に戻してから」丁寧にはがしていきます。 皮には表と裏があるので、滑らかな面を外側にしましょう。 餡を中央より少し下に乗せ、できるだけ「空気が入らないようギュッと」巻いていきます。 巻き終わりに「濃い目の水溶き小麦粉」で糊づけして、時間を置かずに揚げてください。 パリッと揚がった定番の春巻きです。 細切りにした豚肉、長ネギ、しいたけと、細かく切ったむきえびを炒め、調味料を加えて味付けしていきます。 そこに春雨を加えて水分を吸わせれば餡は完成。 こんがりと色付いてきたら、最後は火を強めて油を高温にするのが、パリッと仕上げるコツ。 ご本人のレシピだけを集めたクックパッド本が出版される程の人気作者さんのレシピ。 人参、干ししいたけ、たけのこ、ニラと豚ひき肉を炒めたら、調味料としいたけの戻し汁、春雨を加えて水分を飛ばしていきます。 野菜がたっぷりなので栄養バランスもバッチリですよ。 チーズと大葉の相性がバツグンのヘルシーな春巻き。 茹でた鶏胸肉をフォークでほぐして塩コショウで下味をつけたら、とろけるチーズ、大葉と一緒に包んでいきます。 大葉を少しずらして巻くことで、できあがった時の見ためが良くなります。 あとは、フライパンでこんがり焼いたら完成。 おかずにも合いますが、簡単にパパッと作れるので、おつまみとしても人気。 いろんな種類がある揚げ物ですが、天ぷらとフライ、から揚げ等の違い、ご存知ですか? 天ぷらは、衣が小麦粉や片栗粉等の粉類を卵や水で溶いたもの。 フライは、衣が小麦粉・卵・パン粉を使ったものです。 なお、衣を使わずに油で揚げたものを「素揚げ」、粉類を使って揚げたものを「から揚げ」といいます。 今回は、大人から子供まで大好きな揚げ物の中でも、人気の高い天ぷらの作り方をまとめました。 この記事では、天ぷらの基礎知識に加え、野菜の天ぷら、山菜の天ぷら、魚介類の天ぷら、変わった具材の天ぷらにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 サクサクの食感と、ジュージーな肉汁がたまらないとんかつ。 ここ一番のイベントがあるとき、ゲンを担いでとんかつを食べられる機会が多いのではないでしょうか。 揚げ物なので、体によくないイメージが強いかもしれませんが、実は脳にとってもいいんですよ。 豚肉に含まれるビタミンB1は、脳の働きによいのですが、水溶性なのでなかなか効率よく摂るのが難しい栄養素。 しかし「揚げる」のは一番効率よくビタミンB1をとれる調理法なのです。 受験生や資格試験の近い人には特におすすめしたい料理。 ゲン担ぎとしても、栄養的にもぴったりですね。 この記事では、とんかつの基礎知識に加え、基本のとんかつレシピ、ミルフィーユカツ・ロールカツ、ソースカツ、味噌カツ、とんかつのアレンジレシピにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるものを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の