テラハ 事件 ランキング。 テラハのコスチューム事件、花と快どちらが悪いと思いますか?...

『テラハ』出演木村花さんへの誹謗中傷を放置したフジテレビの罪

テラハ 事件 ランキング

女子プロレスラーとしても人気を誇っていた木村花さん 恋愛リアリティー番組『テラスハウス』(フジテレビ系)に出演中の女子プロレスラー・木村花さんが5月23日に亡くなったと発表された。 22歳だった。 所属団体のスターダムは公式サイトで「当社所属選手 木村花選手が本日5月23日逝去いたしました」と報告した上で、死因などについては「いまだ把握出来ていない部分もあり、引き続き関係者間の調査に協力してまいります」と結んでいる。 遺書が見つかったとも一部では報じられた。 異変が起きたのは23日未明。 木村さんが、 《毎日100件近く率直な意見。 傷付いたのは否定できなかったから。 死ね、気持ち悪い、消えろ、今までずっと私が1番私に思ってました。 お母さん産んでくれてありがとう。 愛されたかった人生でした。 側で支えてくれたみんなありがとう。 大好きです。 弱い私でごめんなさい》 とツイート。 ただごとではない様子に気付いた母親やレスラー仲間が連絡を取り合い、慌てて住まいに駆け付けたが、間に合わなかった。 「薬品を使った自殺とみられています。 その手際から、衝動的に自殺を図ったというよりは、準備していたようにも映ります。 彼女の死は海外でも衝撃を持って伝えられ、多くのレスラーが哀悼コメントを寄せています」(スポーツ紙プロレス担当記者) 彼女を苦しめたのはアンチによる誹謗中傷だ。 木村さんはフジテレビとネットフリックスで放送されている『テラスハウス』に19年9月(第20週)から出演。 これはコメディアン志望の男性出演者が、木村さんのプロレス衣装を洗濯に回して、収縮させてしまったことが原因で起きた。 激怒した木村さんは罵声を浴びせ、男性は謝罪の上、数日後にテラスハウスを去った。 この時の彼女のふるまいを不快に感じたアンチがそれから連日、SNSで「死ね」「消えろ」「気持ち悪い」などと執拗に罵詈雑言を浴びせた。 「一部で『彼女は繊細な性格だった』とする報道もありましたが、毎日100件以上『死ね』と言われていたら、誰でも追い込まれます。 彼女の母親で元女子プロレスラーの木村響子さんのSNSにも、アンチから『あなたの娘はモラルの欠片もない』という中傷が殺到。 木村さんを知る関係者が憤る。 「彼女のSNSが荒れていたことは、局側も把握していた。 ファンもしきりに『あまりに酷いので取り締まるべき』と訴えていた。 それなのに、一切の対策を講じてこなかった」 前出スポーツ紙記者も、 「テラハはリアリティー(現実味)であって、リアル(現実)とは違う。 セリフの書かれた台本はなかったが、物語の方向性や出演者のキャラ設定などはあった。 コスチューム事件で炎上する中、5月に番組のユーチューブチャンネルで未公開シーンが公開され、そこでも彼女の感じの悪さをダメ押しする映像が含まれていた。 普通逆でしょ!? これが更なる燃料投下となり、ここ1~2週間の彼女に対する人格攻撃は苛烈さを極めた」 と指摘する。 木村さんの死を受け、番組公式ツイッターは今後の放送予定を休止すると発表。 亡くなった方が出ている以上、番組は打ち切り濃厚だろう。 しかし、これはこれでプレイヤーチェンジしただけで、問題の根本的な解決にはならない。 「この世論の感じだと、国会でネット上の誹謗中傷に関して議論されるでしょう。 政権の支持率が急落していることもあり、急ピッチで法規制が進められるはずです」(全国紙記者) 相手を傷つけるだけの言葉は、もういらない……。 写真:アフロ.

次の

テラハ事件「極論ばかりのネット民」と「炎上で儲けるマスコミ」は反省を(山口 真一)

テラハ 事件 ランキング

スキャンダルを起こしたワケでも事件を起こしたワケでもない。 ただテレビに出ただけで、なぜ彼女は死に追い込まれなければならなかったのか……数々の炎上を研究してきたネットニュース編集者の中川淳一郎氏が、すべてのネットユーザーに警鐘を鳴らす。 * * * 「恋愛リアリティーショー」の『テラスハウス』(フジテレビ系)に出演していたプロレスラー・木村花さん(22)が亡くなった。 同番組では男女6人の共同生活を描くが、彼女は気性の激しいキャラとして登場しており、勝手にリングコスチュームを同居人男性に洗濯・乾燥された結果縮んでしまい、彼に激怒する。 これを見た視聴者からは「お前が早くいなくなればみんな幸せなのにな。 まじで早く消えてくれよ」「死ね」などと書かれた。 多い日には100件の誹謗中傷があったという。 役柄上の荒々しさと激しいキャラを許せないと感じた人間がそれだけ存在したということだ。 所属するプロレス団体の代表は、誹謗中傷を書き込み続けた者を特定し、法的措置を取ると宣言している。 これでいい。 目の前にいる人間に対して「死ね」などと言った場合は「なんだオラ!」と抗争になるものだが、ネットであれば何を言ってもいいと安易に考える者が多過ぎる。 この手の人間は、誹謗中傷を受けた者がカネと時間をかけて執念の追い込みをして実際に訴えた場合は、「軽い気持ちだった」とのたまう。 「死ね」と安易に書く背景には、「自分は視聴者様だから文句を言う権利がある」という意識もある。 今回も木村さんを執拗に攻撃していた者は軒並IDを削除して逃亡した。 ネットにはこいつらに対して「震えて待て」の書き込みもあるが、まさにそうだ。 お前がやらかしたことの重大さを今こそかみしめるが良い。

次の

テラハ事件「極論ばかりのネット民」と「炎上で儲けるマスコミ」は反省を(山口 真一)

テラハ 事件 ランキング

テラスハウス(通称テラハ)で快くん(小林快)と花ちゃん(木村花)の伝説の事件といえば「コスチューム事件」ですね。 花ちゃんの10万円以上もするコスチュームを快くんがうっかり乾燥機にかけてしまって縮めてしまって花ちゃんがブチ切れる、という内容でした。 この時の花ちゃんの態度があまりに激しく、花ちゃんへはSNSで誹謗中傷が相次ぎました。 また、この事件が原因で快くんはテラハ卒業することになりました。 卒業するときに10万円返すって言ってた快くんでしたが、その後どうなったのでしょうか? また、5月23日に木村花さんの訃報が入り、誹謗中傷で溢れていたSNSは一転「可哀想」という展開に・・・。 世間の声もまとめました。 卒業インタビューで番組スタッフに対し、「10万は返しますけど…いかついな…」と言いつつも「(10万円は)返しますよ。 」と答えていた快くんでした。 ところが、2020年5月14日に41th WEEKの未公開映像が配信され、その中で衝撃の事実が発覚しました! なんと、快くんは卒業後、花ちゃんからの連絡を無視していたことが分かりました。 電話も出ず、同じ時間帯にインスタをUPしていたりしたそうです。 また、お金がないと言ってたのに、「お金貯めて弁償するって言ったのに、連絡一切よこさずに、社長と裏でって言ったら言い方悪いけど飲みに行く約束している」という驚きのエピソードも飛び出しました。 これにはビビも「1ミリも返すと思えない」とバッサリでした。 結局、その後快くんが「10万円を返した」という確定的な発信は確認されておらず、返さずにバックレたのでは!?という憶測が飛び交っていますが真相はわかりません。 コスチューム事件の全貌 花ちゃんがプロレスのコスチュームを洗濯機に入れっぱなしにしてしまっていたところ、快くんがそれに気づかずに自分の洗濯物を突っ込んで洗濯機を回し、乾燥をかけてしまいました。 このコスチュームは、花ちゃんがデザイナーさんと相談しながらオーダーメイドで作った10万円以上もする「命と同じくらい大事」なものだったのですが、縮んでしまいもう着れない状態になってしまったのでした。 このことをみんなが集まるリビングで花ちゃんが糾弾! 快くんはすぐに「ごめん」と謝りますが、花ちゃんの怒りは収まらず、なんとかなだめようとする社長やビビにも耳を貸さず、黙っている快くんに 「てめーなんか言えよ!」 と怒鳴りつけました。 「ファック」「限界だよもう!」「自分のことしか考えてないじゃん!」「ナメすぎだよ、マジ人のこと」と罵り続けます。 そして去り際に 「ふざけた帽子かぶってんじゃねえよ!」と快くんの帽子を手で払い飛ばしてしまいます。 翌日、快くんは改めて花ちゃんに謝罪し、花ちゃんも一旦は謝罪を受け入れたようでした。 しかし快くんはテラハを卒業する決意をしたのでした。 悪いのは花? このコスチューム事件以前に、快くんにはお金にルーズな点やダメ男を露呈してしまうような京都旅行事件もあり、世間もテラハの女子たちからも残念な目で見られていた快くんでした。 それでもコスチューム事件では一方的に怒られまくって謝罪していた快くんへは同情票が集まり、逆にブチ切れまくっていた花ちゃんに批判が集まりました。 そもそも「命の次に大事」なものを洗濯機に置き忘れて放置とかあり得ないという意見は最もですよね。 そして、快くんを罵倒していた際の花ちゃんの言葉遣いや荒々しい態度には引いてしまった視聴者が多かったようです。 まぁ花ちゃんはプロレスラーですから・・・。 でもダメ男なりに素直にすぐ謝罪の言葉が出た快くんの態度や、これまで花ちゃんが落ち込んだ時には支えてあげてた姿は指示されていましたし、他のメンバーの前で公開処刑されたことや帽子を投げられてしまったことにも世間は同情したのですね。 かくして被害者であるはずの花ちゃんがSNSで袋叩きにあってしまうという事態が起こってしまいました。 まじで早く消えてくれ その他、ここには書けないようなひどい言葉が溢れていました。 こんなひどいバッシングのメッセージが毎日100件も届いていたそうです。 いくらハートが強かったとしても、平気な訳ありませんよね・・・。 そして、2020年5月23日、花ちゃんは「愛されたかった人生でした。 」という言葉を残して自ら命を絶ってしまいました。 まだ22歳という若さでした。 言葉で簡単に人は殺せるんだよ? 彼女に向けて心無い言葉を吐いていた人達へ。 コメントやアカウントは簡単に消せるけど今アナタの心の中に在るその罪悪感は一生涯消える事は無いよ。 木村花さんへ寄せられた誹謗中傷のリプ。 怖くなったのかアカウントごと削除。 アカウント消したって花ちゃんを追い詰めた事実は変わらないけど、もう二度と同じことは繰り返さないでほしいです。 今度は快に批判集中? 快は「弁償したい」と自分から言い出したんだ 花ちゃんは快を男にさせたいと思ってる 10万円の弁償が客観的に妥当かどうかじゃないんだよ 自分から言い出したんだから、快がそれをやり遂げたらいいんだ — ヒュリオン hylion rosigcua 花ちゃんの死で誹謗中傷の発端となったコスチューム事件が話題になり、先日の未公開映像の内容もあって今度は快くんに批判が集中しているようです。 やってる人たちってどうして懲りないのでしょうか? 公の舞台や番組に露出する人はある程度の批判や誹謗中傷は覚悟の上だと思いますし、番組を見て欠点や間違いを指摘したり、自分の意見を発信することは悪くないと思います。 ただ、その人の個人的な部分を攻撃したり、悪口を拡散するのは違いますよね。 花ちゃんに向けられた「消えろ」とか「ブス」とかは行き過ぎだと感じます。 今さら本当に遅いけど、もう誰も指殺人には加担しないでほしいし、「 誹謗中傷」なんてワードがトレンド入りするのを見たくないです。 今快くん叩きをしている人たちが早く過ちに気づきますように。 木村花さんのご冥福を心からお祈りします。 まとめ テラスハウス 「インスタはあげるがラインは無視」で 花が泣きビビが泣きついでに夢も叩かれてえらい事になってるのに 「俺がデザインしたTシャツ2名にプレゼント!ジャジャーン!!笑」って快。。 花の血管切れるぞ。 快くんにも事情はあったのだろうけど、10万円返せずにいたとしたら、今後彼はとても重いものを背負って生きていくことになるのだと思います。 テラスハウス始まって以来の大事件「コスチューム事件」は衝撃的な幕引きとなりましたが、木村花さんの死がSNSの誹謗中傷への抑止になれば少しは花ちゃんも報われるのではないでしょうか。

次の