あじさい 病気。 このアジサイは何の病気ですか?

質問!ITmedia

あじさい 病気

紫陽花の病気と対策 3月ともなると三寒四温で、温かい日もあれば、まだまだ真冬のような日もありますが、 少しずつ春らしくなり、葉っぱも芽吹き始めましたね。 紫陽花は、まだまだこれからですが、 病気になる前に、ひどくなる前の対策が大切ですので、 病名と対策を、わかりやすくまとめてみました。 紫陽花がきれいに咲くことを願って。 紫陽花の病気になる原因って? 病気に侵されてしまった葉や枝、幹などを土の上に落ちたまま放置しておくと、 病原菌が葉っぱなどに潜んだまま、 枝や土の中で越冬します。 翌年、暖かくなってくると、病変して落ちた葉や枝などにに付いた菌が、 寄生繁殖し、健康な樹木に感染し発病します。 これを防ぐには、 病気にかかった枝、葉などは焼却する、 または、 土の中、1メートル以上深く埋めるなどすることが肝心です。 買ってきたものが病気にかかっている場合もあるので、 購入するときは樹木をよく観察することも大切ですね。 新しく樹木を植えるときは、完熟した堆肥や石灰を十分に施してから、 土壌とよく混ぜてから植え付けましょう。 ウイルスを持ったアブラムシやアザミウマ類の害虫が感染源となる場合もありますので、 害虫が寄ってこないようにする、侵された枝や葉を早く除去するのも大切ですね。 紫陽花の病原菌の種類と対策 植物の病原菌はウイルスが約300種、細菌が約300種前後、 糸状菌が4000種以上と様々な病原菌があります。 植物は人間と違って全ての菌に侵されるわけではなく、 樹木により、特定の菌や害虫にのみ侵されます。 植物は、病原菌に侵されると、細胞、組織内に抵抗する物質ができる、 「抵抗性」という遺伝的な性質を持っているからです。 紫陽花がかかる病気は、ウイルス、細菌、糸状菌 カビ などがあります。 では、詳しく見ていきましょう。 モザイク病 発生部位 葉、花など全体 病原菌 CMVウイルス、球形の30ナノメートルの大きさ。 このウイルスは世界中に分布しており、発病した植物が近くにあると、多発生しやすい。 発病した樹から挿し木をすると例外なく発病するので注意しましょう。 症状 緑色濃淡のモザイクができる。 花の奇形、葉の奇形が見られる。 葉が萎縮し成長不良になる。 伝染方法 アブラムシや線虫などにより媒介。 接触や接触伝染する。 発病を防ぐには• アブラムシを寄せ付けないようにすること。 汁液や接触でも伝染するので、病気の樹を切った刃物で健康な樹を切らないこと。 発病した樹は、根元から抜き取り焼却するのが良い うどんこ病 発生部位 葉、枝、生長点付近 病原菌 糸状菌 症状 感染し始めは、葉にうどん粉のような白いカビが円形に生じる。 さらに進むと、葉裏全体に広がる。 生長点付近に発生すると新芽が奇形になる。 伝染方法 うどん粉病は、侵す植物の種類が多いので、どこかで越冬した植物が生育し、そこに形成された病原菌の分生子が飛散して伝染すると考えられます。 発病した葉に触れると、白い粉が飛び散るのが分生子で、これが健全な植物の葉に付着し、組織内に侵入し発病する。 発病を防ぐには• 周囲に発病した植物は取り除くか焼却する。 もしくは、土の中に1m以上深く埋める• 病状が進むと、病斑上に黒い小粒点ができる。 鮭肉色の塊は病原菌の分生子で風雨によりまわりに飛散し伝染する。 伝染方法 病原菌は植物の葉などの表皮を貫通して組織の中に侵入し、栄養分を吸収し増殖する。 傷がなくても発病する。 発病を防ぐには• 前年に発病した葉、枝は焼却するか土の中に1メートル以上深く埋める• 薬剤散布は病斑が小さい初期のうちに行う• 降雨により伝染しやすいので、雨の前後と、発病が激しい時には、薬剤を1週間〜10日おきに散布する。 萼にも生じてひどくなると枯れる。 伝染方法 病原菌は、発病して落葉した葉、枝などの組織とともに土の中で越冬。 翌春、分生子、菌糸、分生子殻などが空気中に飛散して植物に付着し感染する。 感染すると、植物から栄養分を吸収し、どんどん増殖。 発病を防ぐには• 発病した枝を切除し焼却するか、土の中に1メートル以上深く埋める• 葉や枝が繁り過ぎないようにする• 葉の上から水をかけないようにする• 孔があいたりすることも。 葉脈に沿って水浸状の病斑を生じて葉が垂れ下がる。 伝染方法 病気の葉っぱが土の中に落ち、病原菌が越冬。 翌年、降雨の雨滴によって土の粒とともに跳ね上がり、そこで増殖したのちに気孔や傷口から侵入する。 発病を防ぐには• 病原菌は水を好むので、土の排水をよくし、水のやりすぎに注意する• 最近は気孔、水孔、傷口から侵入するので、傷をつけないようにする• 薬剤は病斑が形成された時に、かけムラのないように散布する• 病状がひどい時は1週間おきに散布する。 500倍以上に薄めた木酢液は根を傷めることなく、 土壌中の有用微生物のえさとなり、その活動を活発にします。 にんにくを木酢液に漬け込んだ 「にんにく木酢エキス」は、 うどん粉病や害虫 アブラムシ の忌避効果があります。 すりおろしたにんにく100gを木酢液1リットルに入れて1〜2ヶ月おくと、 「にんにく木酢エキス」ができます。 300〜500倍に薄めたものをうどん粉病が発生しやすい時に、 3〜4日おきに数回散布すると効果がありますよ。 自然派で環境に優しいのでオススメです。 病気はすぐに対処することが大切 植物が病原菌に侵されるのは、植物の生育環境が、 病原菌が活動しやすい環境になった時なのです。 ということは、活動しにくい環境にするのが大切ですね。 密植した枝葉、繁茂しすぎたら、風通しが良くなるように枝を整えましょう。 春になると、土の中や枯れて落ちた枝や葉で越冬した病原菌が活動し始めます。 発病しないように環境を整えましょう。 ウイルスを媒介する、アブラムシ、アザミウマ類を防除し、伝染しないようにするのも大切ですね。 病気にあった適切な処置で、綺麗な紫陽花を咲かせましょう。 紫陽花の害虫については、こちらでまとめてます。

次の

紫陽花の葉が黒くなる病気とは!?原因や対策方について

あじさい 病気

雲一つない、すっきりとした天気が続いていますね。 街路樹の新しい黄緑色をした葉が、太陽の光を浴びてキラキラ輝いて見えます。 少しずつ夏が近づいているようにも思えますね。 さて来月、 6月6日は「 いけばなの日」でもあり、「 あじさいの日」でもあることをご存知でしょうか。 そこで今回は、あじさいの日・あじさいについてお伝えします。 鉢植えのあじさいの育て方・お手入れ方法もご紹介しているので、 にあじさいの鉢植えをもらった方は、参考にしてみてくださいね。 なぜ「6歳の6月6日に習い事を始めると上達する」と言われているかは、諸説あります。 その一つの説が、 指を折りながら数を数えていくと、「 6を数える時に小指が立つ」ことから「 子が立つ」と考えられたからなのだそうです。 <あじさいの日の由来> あじさいは、もともと 魔除けの効果があると信じられてきました。 古くからあじさいには、病気を防ぐという言い伝えがあり、 6がつく日に自宅にアジサイを吊る習慣があったのだそうです。 あじさいを軒下に吊るして、「 おまもりあじさい」と呼んでいたようですよ。 「6」が2つ付く6月6日は魔除けの意味と、この時期に「あじさいがきれいだから」という理由もあり、あじさいの日にぴったりだったんですね。 現代であじさいを吊るしている所を見たら、スワッグのように思ってしまうかもしれませんが、「あじさいを吊るすだけ」と、簡単にできるので自宅で試してみるのも良いかもしれませんね。 ここではあじさいが、どんなお花なのかを改めて簡単に紹介します。 小さなお花が、たくさん集まっているように咲く「あじさい」。 花色は、赤・ピンク・オレンジ・グリーン・ブルーと様々な種類があります。 とても可愛らしく、多くの方から人気のお花です。 あじさいの種類は、大きく分けると「 ガクアジサイ」と「 ホンアジサイ」に分かれています。 日本原産の「ガクアジサイ」を品種改良したのが「ホンアジサイ」です。 実は、あじさいと聞いてイメージされる方が多い、ふんわりと丸みを帯びて咲いているあじさいが「ホンアジサイ」です。 品種改良されて後からできた「ホンアジサイ」の方が馴染みがあるのは、なんだか不思議ですね。 あじさいを見かけた際は、どんな咲き方をしているか注目してみてください。 ちなみに、花言葉は「 家族団らん」などがあり、 や のプレゼントとしても人気があります。 なんとなく、あじさいは日陰に咲いているイメージがあるかもしれません。 しかし、実際のあじさいは日の光を好む植物なんです。 ただ、あまりにも強い日差しの時は、日陰に移動させてあげてください。 夏場は、日差しによって移動させてあげるのも良いかもしれませんね。 特に鉢植えは、水が足りなくなってしまうことが多いので、水やりする時は たっぷりあげてください。 鉢の底に開いている 穴から、水が出てくるまであげればいいと思います。 鉢植えの土全体に、水をいきわたらせてあげてくださいね。 <水やりのタイミング> 水をあげるタイミングは、 朝か夕方が良いと思います。 特に夏の昼間など、暑い時間帯に水をあげてしまうと根が茹だってしまいます。 そのため、できるだけ 涼しい時間帯に水やりするのがベストです。 ちなみに1日にあげる回数は決めずに、土の状況を見て判断することがおすすめです。 土が乾いていたら、すでに水をあげていたとしても追加で水をあげてくださいね。 日差しのきつい暑い日は、朝と夕方2回あげても良いかもしれません。 土が乾いてしまっている時の色、十分湿っている時の色など、土の色を日々観察しておくのも良いと思いますよ。 また次の年もきれいな姿を見せてくれるように、お花がない時もしっかりお世話してあげてくださいね。 あじさいは、剪定しなくても来年お花を咲かせてくれることがほとんどですが、あじさいの花芽は枝の先端にできるため、何もしないとお花が枝の端の方ばかりになってしまいます。 また、あじさいは生長するスピードが早く、どんどん大きくなってしまうので 大きくなりすぎないようにするという意味でも、剪定をしてあげることは大切です。 あじさいのお花は咲ききっても勝手に散ることはありません。 鉢植えの場合は、咲き終わったお花をそのままにしておくと株自体が弱ってしまい、次の年に花を咲かさない原因になってしまいます。 <剪定するタイミング> お花が咲き終わったら、剪定していきましょう。 前述したように、花は勝手に散らないので、咲き終わったお花からカットしていきましょう。 <剪定する位置> 来年も花を咲かせたいなら、咲き終わった 花の下に付いている葉2~4枚目でカットします。 剪定が終わり生長すると、 カットした節から新しい芽が出てくるんですよ。 あじさいの花芽は葉の付け根に付いているので、観察してみてくださいね。 来年はお花を我慢して、あじさいの大きさを小さくしたい時は、あじさいの 全体の大きさから3分の1程度を残すように切ってしまいましょう。 葉が白く覆われてしまうので、光合成ができなくなってしまいます。 また、葉から栄養分が吸収されてしまうことも…。 栄養が足りなくなったあじさいは、 花を咲かせることができなくなってしまうこともあるのです。 そして、カビの胞子による病気なので 菌糸剤を付けてあげてください。 スプレータイプが販売されているので、それを使うと良いと思いますよ。 <ハダニ> ハダニは、あたたかい時期に繁殖する虫です。 名前はハダニですが、クモの仲間です。 気づいた時には、 葉の裏側が細い糸のようなものが、たくさん付いて白くなっていることもあります。 ハダニは、どんどん増えてしまう困った虫です。 葉と葉が重なっている所を中心に、卵が産み付けられ、育てていたあじさいで増えていってしまうのです。 ハダニをそのままにしておくと、成長不良がおきて最後には枯れてしまいます。 水圧を強くして、ハダニの付いている葉に水をかけるのもいいかもしれません。 ただ、水で駆除しきれない時は 殺虫剤が販売されているので、そちらを散布してください。 殺虫剤を使う時は、葉の裏を中心的に散布するようにすることがおすすめです。 また、ハダニは他の虫に比べて 薬剤の耐性が付きやすいので、1度で退治できるようにするように頑張ってください。 他のお花に比べて、長くお花を楽しませてくれるあじさい。 しっかりお世話をしていれば、またきれいなお花を咲かせてくれるので様子を見てあげてくださいね。

次の

紫陽花のこの病気は何?葉や茎に被害のある病名と対策まとめ

あじさい 病気

紫陽花の葉が黒くなる病気の原因は? 葉が黒くなる原因の一つは急激な環境変化によるものです。 屋内で育てていたあじさいを外に植え直したりすると、突然直射日光に当たることになるため葉が日焼けし黒くなってしまいます。 黒くなってしまった葉は光合成ができなくなってしまうので、取り除きましょう。 またしばらくして日光に慣れれば問題ありません。 もう一つの原因が先ほどもあげた、 「斑点病」です。 葉に黒い斑点ができてしまいます。 これは葉についた水の跳ね返りによって葉にカビが生えることでおきます。 適切な対処ができないと、どんどん広がってしまいます。 「斑点病」は梅雨の時期に多く発生し、胞子によって増殖します。 一回発生すると、菌が土壌に残り毎年発生してしまいます。 初期の段階では病気の拡大を抑える事もできます。 スポンサードリンク 病気の予防方と治し方は? まず、発症してしまった葉は取り除いてしまいましょう。 初期の状態はお酢を薄めて散布しても効果が得られます。 症状の進んだものは、薬剤を塗布して消毒を行い、原因菌を残さないためにも土壌にも薬剤を散布して殺菌をして来年の梅雨に備えましょう。 また、斑点病になる原因の水の跳ね返りを防ぐために株元を敷き藁などで覆い、水はねを予防しましょう。 剪定の時に株の風通しを良くしておくと予防に繋がります。 斑点病を発見したら早めの対処を行いましょう。 まとめ 植物も日に当たると黒くなるんですね。 直射日光によってできる黒い葉は、紫陽花が日光に慣れて環境に適応できればウロ苦なくなりますが、一度黒くなってしまったところは光合成もできないそうなので、残念ですが取り除くしかありません。 斑点病の葉をよくみると黒いカビが生えているのがわかりますので観察もして見てください。 綺麗な紫陽花に黒い葉は似合わないので、早く立派な花を咲かせてほしいですね!この原因菌には休眠期があるので発症して一通り対象できたら、土壌も殺菌して原因菌から紫陽花を守りましょう!.

次の