きめつの刃 柱絵。 無料イラスト画像: 新着鬼滅の刃 柱 イラスト ミニキャラ

buildandquote.challenger-ag.com: Nijigen Club タペストリー 鬼滅の刃 きめつのやいば 時透 無一郎(ときとう むいちろう) 霞柱 ポスター 掛ける絵 巻物 軸物 アニメ 漫画 可愛い アニメ おしゃれ 萌え カスタム可能 (90cmX60cm): ホビー

きめつの刃 柱絵

おしながき• 概要 煉獄家の謎。 ずっと私の中で、気になっていた事がいくつかありました。 今回それを、何となく自分の中で納得のいく解釈ができたので、そちらを共有させていただきます。 まだちょっと情報が足りないので、ハッキリとは断言できませんが、色々と考えていきたいと思います。 槇寿郎がどうしてコンプレックスを抱いていたのか。 無惨と対峙した縁壱との会話で、どうして当時の炎柱が自信をなくしてしまったのか。 そして、どうして炎柱だけ、戦国時代から容姿が変わっていないのか。 今回の考察はそのあたりの事に関してです。 まずは、コンプレックスの部分について、考えていきたいと思います。 コンプレックス 煉獄槇寿郎が、日の呼吸に対しコンプレックスを抱いていたこと。 私の中での結論としては、煉獄家は痣が出なかった事と、刀を赤く出来なかった事が、関係しているのではないかと予想しています。 もしかしたら、透き通る世界も関係しているかもしれません。 まずは痣について。 煉獄家は、痣が発現しない家系だったという考察です。 どうして私がこう思ったかというと「炎柱だけ代々容姿が変わらない」という事が関係してきます。 炎柱の血は、容姿を見る限り縁壱のいた戦国時代から、ずっと絶えずに杏寿郎の時代まで続いています。 という事は「戦国時代の炎柱は、痣者になっていなかった」という事が考えられます。 痣者になっていたのであれば若いうちに死亡し、煉獄家の血が絶えていた可能性が高いからです。 ただ、当時の炎柱が痣者になる前に子供を産んでいたのであれば、炎柱の書で炎の呼吸を継承していった可能性はあります。 なので、当時の炎柱に痣が出ていたかどうかについては、ハッキリと言えない部分があります。 でも縁壱が無惨と戦った後も、当時の炎柱は普通に生きており、顔を見る限り痣は出ていません。 体に痣があったとも考えられますが、そこまで生きている時点で、痣は出ていなかった可能性が高めです。 というのも、黒死牟こと厳勝が鬼になったのは、大体このあたりだと推測できるからです。 厳勝が鬼になったのは、痣による死を免れるためでもありました。 厳勝が人間の頃に、痣者がバタバタと倒れていったという事実。 それ以降も、当時の炎柱が生きていたという事を考えると「当時の炎柱には痣が出ていなかった」という可能性が濃厚です。 そして、煉獄家のもう一つのコンプレックスの元。 煉獄家は、刀を赤く出来なかったのではないか。 次はそちらを考えてみましょう。 赫刀 皆さんご存じのとおり、炎柱であった杏寿郎の刀は、赤い刀でした。 赫刀といえば赫刀。 でも、縁壱の赫刀とは性質が違ったと言えるでしょう。 猗窩座との戦いでは、縁壱や無一郎の赫刀のような効果は、見られなかったからです。 私はここも、槇寿郎や煉獄家が、コンプレックスを抱く元となったのではないかと考えています。 そして、これは痣とセットであると考えています。 というのも、杏寿郎と猗窩座の戦いを振り返った際、気になる場面があったからです。 それは、母の瑠火との回想のあと、杏寿郎が刀を強く握るシーンです。 これは、小芭内が189話で言った「万力の握力」そのものと言えるでしょう。 小芭内は赫刀を顕現させる条件を、死の淵に立たされる事と、万力の握力を刀に加える事と分析していました。 杏寿郎は、猗窩座との戦いで死の淵に立たされ、さらに万力の握力で刀を強く握りしめています。 これは、杏寿郎が赫刀を顕現させてもおかしくはない場面です。 物語的にないと言われればそれまでなのですが、条件としてはこれ以上にない条件です。 杏寿郎の握力は、腕相撲ランキングから察するに、柱の中でも3番目に位置します。 小芭内は8番目。 同じく赫刀にできた無一郎は、7番目です。 そんな握力の小芭内と無一郎ですら、赫刀を顕現できたのです。 2人より遙かに握力の強い杏寿郎が、赫刀を顕現できなかったのには違和感があります。 どうして杏寿郎は、真の赫刀を顕現することが出来なかったのか。 これは私の予想ではありますが、煉獄家は痣が発現しないという事が、関係しているような気がしています。 赫刀にできた小芭内も無一郎も、痣を発現していたからです。 痣が出なければ、真の赫刀も顕現することが出来ず、それが代々煉獄家のコンプレックスに繋がっていった。 そういう事なのではないでしょうか。 あくまでも後付けの予想ではありますが、杏寿郎と猗窩座の戦いの頃から、今の小芭内の赫刀顕現まで繋がっていたとするなら… これはこれで面白いと思います。 そして次は、縁壱と当時の炎柱の会話について、考えてみたいと思います。 自信 当時の炎柱は、縁壱が無惨と対峙したときの話を聞き、自信をなくしてしまったとありました。 ここには、いくつかの予想が立てられています。 まず単純に、縁壱でも倒せなかった相手を、当時の炎柱は絶対に倒せないと確信したという予想。 無惨と対峙したとき縁壱は、赫刀と十三番目の型を使い、無惨をあと一歩のところまで追い詰めています。 そして無惨は、ポップコーンとなり破裂。 その飛び散ったポップコーンの数は、1,800にも上ります。 これを、1,500と少し斬り捨てた縁壱。 それを聞いた当時の炎柱は、とても自分には出来ることではないと、自信をなくしてしまった。 そういった予想です。 ここにもやはり、当時の炎柱に痣が出ていなかった事と、赫刀を顕現できないという事が、関係していたのかもしれません。 そして次の予想は、縁壱が透き通る世界で炎柱の体をのぞき見し、お前では勝てないからやめておいたほうがいいと、忠告したという予想。 縁壱と当時の炎柱は、それなりに仲が良かったと推測できます。 うたが亡くなった時も一緒に弔ったり、他の柱に非難されているところを、仲裁に入ったり。 このことから、縁壱が炎柱に忠告したのは、炎柱の事を考えてのものだったと思います。 炎柱に死んでほしくないため、炎柱の体の仕組みをあえて忠告し、無惨と戦わせないようにした。 そういう事なのかもしれません。 ただ、当時の炎柱はそれを誤解し、ひねくれた方向で縁壱の言葉をとらえてしまった。 なので、それが後生の炎柱に伝わっていき、槇寿郎の代ではコンプレックスを持ってしまっていた。 そういう流れになるのかもしれません。 でも、縁壱といた当時の炎柱が、そんなにひねくれていたのかどうか。 そこは少し疑問です。 私の予想では、代々話が受け継がれる中で、段々と話が曲がっていったのではないかと、そう考えています。 容姿 最後に少しだけ、炎柱の容姿について触れておきたいと思います。 戦国時代から少しも変わっていない、煉獄家の容姿。 先程も触れましたが、煉獄家は戦国時代から絶えず、炎柱の家として活躍してきました。 これはこれで凄いことです。 思えば他の柱に関しては、代々同じ家で柱を受け継いできた者はいません。 他の柱はたくさん戦死してきたでしょうし、炎柱だけ生き残ってこれたのも凄いことです。 槇寿郎はコンプレックスを抱いていましたが、炎柱の家系を絶やさなかった事は、煉獄家として十分誇れる事です。 今は槇寿郎と千寿郎だけになってしまいましたが、千寿郎の子供がまた、次の炎柱になればいいことです。 千寿郎の子供に、槇寿郎が剣術を教える。 とてもいい絵ですよね。 そして新しい炎柱に、炭治郎が杏寿郎の鍔を渡すような。 そんな展開素敵です。 まとめ的なもの 今回私の中で、ある程度のまとめが出来ました。 煉獄家は戦国時代に痣を発現することがなく、赫刀も顕現できなかった。 それを知っていた縁壱は、あえて当時の炎柱にそれを忠告。 縁壱は炎柱のためを想って言ったのだけど、当時の炎柱はそれを良く思わなかった。 もしくは、代々話が受け継がれる中で、話が曲がって伝わっていった。 そのことで槇寿郎は、自分の家の事をコンプレックスに感じてしまっていた。 こんな感じです。 炎柱の刀も赤、縁壱の刀も赤。 優れているのは縁壱のほうの赫刀。 そのこともやっぱり、煉獄家のコンプレックスに繋がっていたのかも。 あと、炎柱が火の呼吸と名乗れなかった事も、関係してくるとは思います。 なんかもしかしたら、映画でこの辺りの謎も語られるのかな? アニメ勢の方にばれないように、何かしらの伏線が張られるかも。 そこも要チェックですね。 今回の余談では、ナレーションをコッソリ募集してみたいと思います。 全ての動画というわけではありませんが、やってみたい方を募集します。 できたら自分をアピールする場として、私のチャンネルを利用するような感じで、考えてもらったらなと思います。 声のお仕事をされている方や、スプーンなど声だけの配信をされている方が、私のチャンネルでナレーションを読み上げる。 そして、あなたのプロフィールや活動を、動画内で紹介、説明欄に記載することで、ある程度の流入が見込める。 私の狙いはそこです。 とりあえず私の過去の動画を、サンプルとして読み上げたものをくだされば、そこで判断させていただきます。 ご連絡は、TwitterのDMでお願いします。 今はそこまで再生回数も多くはありませんが、それなりに利用価値はあると思います。 ちなみに、報酬というものを出してまでとは考えていません。 あくまでも、自身のビジネスに私のチャンネルを使って人を流入させる意味で、考えてください。

次の

【鬼滅の刃 考察】意味深柱絵と柱三本の考察|絶妙に相対している問題【きめつのやいば ネタバレ】

きめつの刃 柱絵

おしながき• 意味深柱絵 すごいですね。 これを見つけた人。 すごく面白い考察です。 先に言っておきます。 今回は考察というより感想です。 今回はというより、私の場合いつも感想に近いですが…。 それにしてもこの柱達の絵。 コミックス6巻に掲載されているのですが、実に面白いです。 後ろにいる悲鳴嶼行冥・不死川実弥・宇髄天元は色が違うという事で、この3人は生き残るのではないかと言われています。 そして前のカラーの人達。 この人達は亡くなるのではないかと。 前にいるのは左から、伊黒小芭内・冨岡義勇・胡蝶しのぶ・時透無一郎・煉獄杏寿郎・甘露寺蜜璃の6人です。 このうち179話の時点で亡くなっているのは、胡蝶しのぶ・時透無一郎・煉獄杏寿郎の3人。 生き残っているのは、伊黒小芭内・冨岡義勇・甘露寺蜜璃の3人です。 これから先、本当にこの3人が亡くなってしまうのでしょうか? 考えだけ整理しておきましょう。 生死 現状を整理すると、小芭内と蜜璃は鳴女と戦闘中。 義勇は炭治郎と共に、無惨のいる場所まで向かっています。 この事から、死のリスクは全員にあると言えます。 あのワニ先生ですから、いつ誰を筆一本で殺してしまうか、全く予想がつきません。 特に危ないのは義勇です。 刀は折れていますし、そもそも無惨との戦いは、誰であっても非常に危険です。 炭治郎が死ぬという事はまずないと思うので、義勇が炭治郎をかばって…なんて事も起きてしまうかもしれません。 でも、義勇は刀が折れた状態でどうやって戦うのでしょうか。 無一郎の刀なら余っていますが、誰かが義勇の元に届ける必要がありますよね。 悲鳴嶼さんか実弥が届ける形になるのでしょうか。 一度は赫刀になった刀を義勇が使う。 それも何だか面白そうです。 そして、小芭内と蜜璃に関して。 二人が鳴女に殺されるという事はあるのか。 私は、鳴女にも何かしらの攻撃スキルがあると睨んでいます。 しかし、それは確率が低いと思うので、実際に二人が鳴女に殺されるような事はないような気がします。 とすると、二人が鳴女との戦いで生き残った場合、最後の無惨戦で巻き添えを食らう、もしくは上弦の伍が登場して二人が殺されてしまう。 柱絵通りにいくのなら、そのどちらかになるのではないでしょうか。 どちらにしても、死亡のリスクは十分あると言えます。 そして、ここで気になるのは「もう一つの考察」についてです。 柱三本 私が以前お話した、黒死牟が柱を三本切った絵の考察。 あれがもし実現されるような事があるなら、悲鳴嶼さんと実弥は死んでしまう事になります。 そうすると、その時点で柱絵の噂は無かった事になります。 ただ、柱絵と柱三本のどちらかの考察が当たるとするなら、どちらにしても死人は出てしまいます。 柱絵の考察通りなら後3人。 柱三本の考察通りなら後2人。 正直なところ、どちらも当たってほしくはないですよね。 できれば「どちらもただの噂だった」という事で終わらせたいところです。 人気 今までに、杏寿郎・しのぶ・無一郎と、次々と人気キャラクターが亡くなってきました。 なので「人気があるから生き残る」という部分にはもう期待できません。 むしろ死んでいったのは、人気ランキング上位の人達です。 少し古いですが、鬼滅の刃・第1回キャラクター人気ランキングを振り返ってみましょう。 柱だけピックアップすると、第4位に義勇、第6位にしのぶ、第7位に杏寿郎、第12位に蜜璃、第15位に実弥。 そして第26位に小芭内、第29位に無一郎、第37位に宇髄天元、第62位に悲鳴嶼さんがランクインしています。 これは2017年のランキングなので、やはり古すぎますね。 そろそろ第2回キャラ人気投票を開催してほしいところです。 でも、義勇の人気は安定していると思われるので、そろそろ危ないかも…? 問題は蜜璃ですよね。 推しの方には悪いのですが、小芭内と義勇は、ワニの呼吸の餌食になる可能性は高めだと私は思います。 何となくです。 しかし蜜璃だけは、何とか生き残ってほしい。 これはただの願望です。 蜜璃だけは、ギャグ補正で何とか生き残ってください。 でも他の人が死んでしまって、蜜璃だけ生き残るというのも不自然…かもしれないですね。 まとめ的なもの それにしても、狙ってか偶然か、伏線と思わせるような演出が相対している状態。 素晴らしく面白いですよね。 近々結果が出るかもしれないので、覚悟して待ちましょう。 間違いなく言えるのは、これ以上犠牲を出さずに無惨を倒せるという事は、期待しない方がいいということです。 そんなにあっさりやられる無惨でもないでしょう。 私としては、柱最後の紅一点である蜜璃だけには、生き残ってほしいと願っています。 あと、推しが亡くなるという事は辛い事ですが、それ以上に鬼滅の刃という作品を楽しんでほしいと思います。

次の

【鬼滅の刃】炎柱・煉獄家の謎を私なりに考えてみた【きめつのやいば】

きめつの刃 柱絵

概要 漫画・アニメ『』における、古よりから人を守ってきた鬼狩りの組織、『』の最高位に立つ剣士達の総称。 「柱」という漢字の画数が九画である為、 定員は九名。 一般隊士とは隔絶した強さを持っており、文字通り鬼殺隊を支える柱となっている。 彼ら・彼女らのには、刃元に『 悪鬼滅殺』の四文字が刻まれた特別な意匠が施されているため、一目でその席位を周囲に知らしめる事ができる。 柱合会議でのお館様への挨拶は早い者勝ちらしく、会議の前はソワソワしているらしい(アニメ第22話次回予告、大正コソコソ噂話より)。 最上級隊士の特権として、給料は 無限に欲しいだけ貰うことができる。 また、独自の屋敷を都合されている者もいる。 戦死や引退等の理由で空席となった場合、階級が甲で、実力を持つ者の中から選ばれる。 なお、その実力の選定基準については『 を倒す』、もしくは『 鬼を五十体倒す』、この二つが存在する。 現風柱の不死川実弥の回想から推察するに、この内の十二鬼月を倒すという基準については、必ずしも一人で達成する必要はないようであるが、実際のところは不明。 一面では十二鬼月と対となる剣士たちであり、この百余年間、柱がの六鬼を狩っては、の六鬼が柱を敗死させている。 アニメ第23話において、当代の柱達は産屋敷耀哉から 「始まりの呼吸の剣士達」に匹敵する精鋭が揃っていると評されており、実際に多数の犠牲者を出しながらも、百年来一鬼も倒す事が出来ていなかった 上弦の六鬼全てを殲滅する成果を挙げた。 彼と弟の千寿郎を跡継ぎとして育てていたが、ある出来事がきっかけでやる気を無くし、やさぐれてしまう。 (つぐこ) 柱にその才覚を見込まれ、次期柱として期待をかけられた若輩の剣士。 柱と行動を共にし、直々に修練が行われる。 基本的には柱と同じ呼吸を扱うことが望ましいが、違う呼吸の使い手であっても認められれば継子になることは可能。 恋柱である甘露寺蜜璃は継子から柱になっており、胡蝶しのぶの継子であるは柱に近い高い戦闘力を有している。 痣(あざ) 遊郭での戦でが最初に発現させ、続いて刀鍛冶の里での戦いでとが発現させたのを契機に、柱合会議にて達の知る所となった。 『心拍数が二百を超える』『体温が三十九度以上になる』という一定の条件を満たすと身体に鬼の紋様に似た『痣』が発現する。 痣が発現した者は身体能力が飛躍的に上がり、鬼から受けたダメージが通常では考えられない速さで回復する。 これにより、上弦の鬼のような強力な鬼とも戦えるようになる。 『階級が甲である』と『鬼を五十体倒す』という目標こそ達成していないため厳密には柱という階級にはあてはまらない。 しかし、三人は宇髄と共に百年以上鬼殺隊が滅することができなかった上弦の鬼、を倒し、生還している。 その時の死闘で炭治郎は痣を発現させ、その後の刀鍛冶の里での戦いでは蜜璃、無一郎と共に上弦の鬼たちを討ち果たした。 更に無限城でのとの交戦時、共闘していた冨岡義勇が心中で炭治郎の実力を認めていることから、非公式ながらも事実上、炭治郎は柱と同格の戦力であると思われる。 同様に善逸、伊之助も上弦の鬼とそれぞれ交戦して辛くも勝利しており、痣は発現していないものの、その実力は柱の戦闘力に近しいものと考えられる。 関連イラスト 関連動画 アニメ アニプレックスがYouTubeにアップしてくれた鬼滅の刃関連動画の中で柱揃い踏みのものを掲載。 柱解禁PV 二十二話次回予告 関連タグ () 関連・類似する組織とキャラクター• …鬼滅の刃のファンであり、TV番組で 「酒柱」を自称している。 …似たような立ち位置の最上位陣(特に勢。 もっとも数的に見るならば、に近いとも言える)。 …作中の最高位の剣士達が組織する最高機関。 こちらも定員は12名と人数的には十二鬼月に近い。 結果、開始時点では2人を残して 崩壊している。 …名前や強さは似ているが、役割はむしろ 鬼や鬼舞辻無惨に近い。 主人公と戦った数は4体と十二鬼月よりも少数。 …似たような立ち位置で必須条件が何個かあったり、がいたりと、色々と共通部分がある。 関連記事 親記事.

次の