あんぱん 作り方 ホームベーカリー。 やさしい甘み♪ホームベーカリーを使ったさつまいもあんぱん

コスパNo.1 ホームベーカリー『siroca SHB

あんぱん 作り方 ホームベーカリー

まだまだたくさんあるので、おくさんと「次は何を焼こうか」と相談。 その「もちもち」な食感の「 あんぱん」を焼いたらさぞかしおいしいだろうということで、今回は「 あんぱん」を焼いてみました。 お菓子のパンや総菜パンは中に何かを包んだり成形したりする必要があるので、すべてをホームベーカリーまかせで焼くことはできません。 しかし、ホームベーカリーには「 パン生地」というコースが用意されているので、生地を作るまではホームベーカリーにお願いして、その後は手作業で成形してオーブンで焼くと、かなり楽にパンを焼くことができて便利です。 今回はその方法で「 あんぱん」を焼いてみました。 また、最初から最後までホームベーカリーでパンを焼く場合には およそ4時間くらいかかりますが、生地をホームベーカリー、それを成形してオーブンで焼き上げると およそ2時間と半分の時間でできあがるのも嬉しいところです。 材料(6個分)• 強力粉 250g• 砂糖 20g• 卵 1個• 水 100cc• 塩 2g• バター 40g• ドライイースト 5g• こしあん 300g• 黒ごま 適量 今回の分量であんぱんを6個作ると、わりと大きめのものになります。 小さいあんぱんがお好みの場合には、8個などにしていただいても良いかと思います。 強力粉 今回も「 春よ恋」を使いました。 こしあん お好みで「 こしあん」「 つぶあん」をご使用ください。 今回はうちに「こしあん」があったのでそちらを使いました。 ドライイースト ルサッフル社の「サフ インスタントドライイースト(赤)」、通称「 赤サフ」を使用しました。 作り方 準備 オーブンの天板に、 クッキングシートを敷いておきます。 卵を溶き卵にします。 生地用に 52gを計り、残りは 塗り用として取っておきます。 生地を作る パンケースにパン用の羽根をセットして、ドライイースト以外の材料を入れます。 粉類、バターを入れたら、溶き卵と水を静かに加えます。 材料を入れたら、パンケースを本体にセットします。 ドライイーストは、本体上部にあるイースト専用の場所「 イースト容器」に入れましょう。 すべてを入れ終わったらフタを閉めて準備完了です。 「 パン生地」コースをセットしてスタート! およそ1時間で、パン生地ができあがります。 成形する ホームベーカリーで パン生地ができあがったら、次は成形していきます。 パンケースからパン生地を取り出したら、生地を 6等分にします。 ひとつずつ手のひらでやさしく押さえてガス抜きをしてから丸めていきます。 丸め方のコツは、外側の生地を表面がピンと張るようにそっと引っ張って丸めます。 また違う方向で、同じように丸めます。 それを数回違う方向で行うと、裏側に少しずつ伸びた生地が集まっていきます。 最後に、裏側の伸びた生地が集まった場所( とじめ)は、親指と人差し指ではさむように丁寧に閉じます。 しっかり閉じたら、 とじめを下にして置きます。 ていねいに丸めることで表面がきれいになり、また生地が膨らみやすくなります。 濡れ布巾や濡らしたキッチンペーパーをかけて、10分くらい生地を休ませます。 (ベンチタイム) 生地を休ませている間に、 あんこを6等分にしておきます。 ベンチタイムが終わったら、パン生地をひとつ取りあんこを包むために平たく伸ばします。 そこにひとつ分のあんこを乗せます。 あんこを包むように閉じます。 とじめは親指と人差し指ではさむように丁寧に閉じましょう。 しっかりと閉じておかないと、発酵のときや焼いているときに、あんこが漏れてくることがあります。 とじめを下にして天板に置きます。 焼くと大きくなるので、それぞれの間は少し空けておきます。 天板に置いたら、手のひらでそっと押して軽く平べったくします。 あんこを包み終わったら、濡れ布巾や濡らしたキッチンペーパーをかけて温かいところで休ませます。 生地が一回り大きくなるまで、20〜30分間 二次発酵させましょう。 その間にオーブンの準備をしておきます。 「 180度で15分」を設定したら余熱スタート。 二次発酵が終わったら、塗り用の溶き卵をパンの上部に塗ります。 そこへ黒ごまをパラッとふります。 パンを焼く オーブンの予熱が終わったら、天板をオーブンに入れてパンを焼きます。 (うちでは中段にセットします) 15分で焼き上がったら取り出して完成です! オーブンの火力などはそれぞれ異なるので、様子を見て時間や温度の調節を行ってください。 いただく 今回はオーブンの焼き時間もちょうど良かったようで、焼き色もきれいに付いていい感じに焼き上がりました。 1つだけ生地の閉じ方がしっかりできていないものがあり、ほんの少しだけですがあんこが漏れているものがありました。 成形の閉じる作業はできるだけしっかりと行いましょう。 早速、熱々をいただくことにしました。 熱くてゆっくりと手に持てないくらいですが半分に割ってみると、湯気が上がり香ばしいよい香りが広がります。 また、半分に割るだけで、生地のもちもち感がよくわかります。 いつも全部食べちゃうんですよね・・・。 違うパンもいろいろ焼いてみたいですが、今回とてもおいしかったので「 あんぱん」もまた焼こうと思いました。 まとめ 今回は、国産の強力粉「 春よ恋」を使って、 あんぱんを焼きました。 生地作りはホームベーカリーにおまかせすると便利です。 あとは成形してオーブンで焼くだけなので、わりと簡単に焼くことができます。 作り始めてから、およそ2時間でできあがりました。 「 春よ恋」の生地の一番の特徴は「 もちもち」の食感。 あんぱんでもその魅力をちゃんと発揮してくれています。 また、小麦の味と風味がしっかりとあるので、あんこに負けずバランスも良いと感じました。 なかなかおいしくできたので、機会を見つけてまた焼いてみたいと思います。

次の

【ホームベーカリー】板チョコ入れるだけ!かんたんマーブル食パン作ったよ

あんぱん 作り方 ホームベーカリー

日本に住んでいたら、その当たり前に気がつかないけど、海外ではなかなか手に入らないもの。 日本にいたらあまり選ぶことはなかったのに、つい海外に住んでいたら食べたくなるもの。 そのうちの1つが、 「あんぱん」です。 日本だと、コンビニとかスーパーとか行けば、菓子パン・弁当・お惣菜が簡単に手に入ります。 我が家が住んでいるカナダでは、どれも簡単に手に入りません。 菓子パン?は、スポンジケーキとかチーズクロワッサンとかあるけど、どれもありきたりだし、特別美味しいわけでもない。 ドーナツやマフィンは美味しいけど、とても甘いからしょっちゅう食べるものではない。 お惣菜も、まあ美味しくない。 チーズとハムは美味しいけど、コロッケや唐揚げなどの揚げ物、野菜炒めや煮物などないから、結局自宅で何か作るのが一番美味しい。 スーパーのお惣菜コーナーがどれだけ恋しいことか。。 そんなわけ、今回の記事では、 4歳の娘とあんぱんを作ったときのことをご紹介します。 ここでもやっぱり大活躍のホームベーカリーさん。 本当に買って良かった。 買ってカナダに持ってきて正解だった。 ドライイースト 2. 8g 成型時に12~16等分にすると、ちょうど良いです。 小さめおやつサイズにしたいなら、16等分がお勧めです。 中につめるあんこは、今回市販のものを書いました。 注*我が家はトロント在住です。 個人的に、こしあんよりもつぶあん派です。 あんこって作るのに時間がかかるし、硬さや甘さを調整するのもけっこう面倒です。 何より、作っても美味しく作れるかどうかわからない・・・ なので市販をチョイス。 このあんこで十分美味しくいただけましたよ。 こんな感じ。 普通のつぶあん。 いつも行く中華系スーパーで、180円程度で手に入りました。 チャイニーズスイーツもあんこを使うものがあり、ニーズもなかなかあるようです。 和スイーツを食べたいときに、助かります。 半分使って、残りを冷凍保存させておくこともできるので、便利です。 こうやって作りました 一次発酵までは、ホームベーカリーさんにお任せ! 私のホームベーカリーだと、1時間でパン生地が出来ちゃいます。 完了したら、打ち粉 小麦粉 を撒き、その上にパン生地を置きます。 こねこねして、空気抜き。 4歳児は粘土遊びの要領で、とても楽しそうに手伝ってくれます。 きっと手伝いと思っておらず、純粋に遊んでいるのでしょう・・・ 適当に空気抜きをしたら、12または16等分にし、15分くらいベンチタイム。 いよいよあんこを詰めていきます! パン生地を手でぺたんこにして、スプーン1杯程度のあんこを入れます。 もれないように、しっかりと両指で押さえて継ぎ目を無くすように、包み込みます。 できたら天板に乗せていきます。 継ぎ目を下にして置くと、ツヤのあるキレイな面が上に来るのでオススメです。 天板には、薄くサラダ油を塗っておきましょう。 焼き上げた後の、張り付き防止です。 実は今回、張り付くと知らずにサラダ油を塗りませんでした。 結果びっちり張り付いて、取るのに苦労しました。 パン生地で使った溶き卵の余りを、ハケでパンに塗ってから、焼き上げます。 オーブンで400F 200度弱 、14分程度焼くと、焼き色がついてきて完成です。 ツヤツヤのあんぱんが出来上がりました!! 出来立てはもちろん、翌日も トースターで焼くと、パンの外がパリッとして絶品です。 あんこの量が自分でコントロールできるのも嬉しいところ。 今回は、買ってきた市販400g、贅沢に全部使い切りました。 16等分でパンは小さめですが、あんこがボリューミーなので食べ応え満点! 朝ごはんに、コーヒーといただくのも最高でした。 焼き上げ当日と翌日分を残し、あとは全部冷凍庫へ! 食べたいときに食べたいだけ、チンしてトースターで焼いていただけるので、まとめて作っても安心です。 朝ごはんや子供のおやつに重宝しました。 最後に 今回の記事では、 「4歳児とお菓子作り~冷凍保存可!HBであんぱんを作りました」と題し、家であんぱんを作ったときのことをご紹介しました。 ホームベーカリーがあれば、子供との菓子パン作りも怖くない! 簡単に楽しく作れます。 何より、出来立てホクホクのパンが食べられる幸せったらありません。 もちろんあんぱんはリピ決定。 これからも色々作るぞー!.

次の

コスパNo.1 ホームベーカリー『siroca SHB

あんぱん 作り方 ホームベーカリー

見た目もカボチャっぽくなるようにかたちにも工夫して焼いてみました。 手作りカボチャあんのレシピと保存方法もご紹介しています。。 3.上から手で押さえてガスを抜き8等分にします。 4.8個それぞれ丸めて、固くしぼったぬれ布巾をかぶせ、約15分休ませます。 5.ひとつずつ丸くのばし、真ん中にカボチャあんを入れ包み、丸めなおします。 6.上から押さえて少しつぶし、周囲に6カ所切り込みを入れます。 生地が2倍に膨らんだら発酵完了。 2.皮を切り落とし、中身だけをマッシャーなどでつぶします。 3.砂糖とシナモンを混ぜ合わせます。 生クリームや卵黄を入れると本格的なカボチャあんが作れますが、今回は簡単に作ってみました。 あんが固い場合は牛乳でのばせばOK。 あんがゆるい場合は、ラップをせずに電子レンジで加熱し水分を飛ばします。 余ったあんは冷凍しておけます。 冷凍後は別の容器に移し替えれば、場所を取りません。 スポンサーリンク.

次の