メンマ 割り箸。 たけのこで作る「自家製メンマ」レシピ。ビールが止まらなくなるおいしさ! 即席たけのこご飯にも!

割り箸でメンマを作る|ほしあさひ|note

メンマ 割り箸

タケノコを乳酸発酵させる• 発酵させたタケノコを塩漬け、乾燥させる• 水で戻し塩抜きする• 場合によってはさらに味付けをする 塩漬けや乾燥をしているので、元は保存食として食べられていたのかもしれませんね。 メンマの発祥国は台湾 中国 メンマは、もともとは日本食ではなく、台湾が発祥と言われています。 ただ、台湾に関しては大人の事情もあるので、中国発祥という人もいますが… ラーメンのトッピングでお馴染みのメンマ。 ですが、台湾や中国には日本のようにラーメンのような汁麺の上に乗せる文化はありません。 ラーメンのトッピングにメンマを使うのは 日本独自の文化です。 まだラーメンが、中華そばと呼ばれていた時代にトッピングで使われたことが始まりのようです。 スポンサーリンク メンマという名称の由来 メンマという名称は、実は日本独自の名称です。 メンマが日本に伝わった当初はメンマではなかったのです。 「中国の竹」ということで、「支那竹 シナチク 」と呼ばれていました。 しかし何故、「シナチク」ではなく「メンマ」と呼ぶようなったかと言うと、国際上の問題が大きく関係しています。 台湾政府による抗議 現丸松物産の前身の会社が使用していた商標が『SHINACHIKU』でした。 台湾から輸入していたものです。 これに対し、台湾政府が 『台湾の商品なのに、商品名に「SHINA 中国の意 」を付けるとは何事だ!』と抗議があったそうです。 そのため、当時の丸松物産会長は、「ラーメンに乗せるマチク」と言う言葉を短縮し、メンマと名付けたのが名称の由来となります。

次の

メンマの原料は割り箸!?エイプリルフールネタが真実のように広まってしまう理由

メンマ 割り箸

メンマの原料って、何かご存知でしょうか? メンマは、「麻竹 まちく 」という種類のたけのこからできています。 この麻竹という種類の竹は日本ではなじみが薄く、生産地も限られているのですが、国内で多く流通する「孟宗竹」や「真竹」といった種類のたけのこからでも、メンマを作ることができます。 本格的に作りたい場合は、たけのこの季節の終盤に出回る、ちょっと育ち過ぎたくらいの大きめのたけのこから、市販品と同じように発酵・乾燥の過程を経て作ってみましょう。 お手軽に、というのであれば、市販のたけのこの水煮からでも、十分においしいメンマを作ることができますよ。 スポンサーリンク 自家製メンマの簡単でおいしいレシピ• 産直市場などでたけのこの旬を過ぎた頃に売っている、ちょっと育ち過ぎたたけのこを購入します。 先端の皮が密集した部分は切り落とし、皮をむき、節ごとにカットします。 節の部分は固いので、そこは切り落として廃棄します。 冷めたら、水を切ってたけのこを計量し、メンマの大きさにカットしてから、発酵させる過程に入ります。 たけのこ1kgあたり250gの塩と一緒にビニールに入れ、塩が全体にいきわたるように揉み込みます。 これを冷蔵庫の野菜室にいれ、1ヶ月ほど発酵させます。 竹が本来もっている乳酸菌の力で発酵が進み、たけのこのエグミが抜け、また塩の力で大量の水分が出た状態になります。• 1ヶ月経ったら袋から取り出し、カゴなど通気性のいいものの上に並べて天日で3〜4日ほど乾燥させます。 これが乾燥メンマと呼ばれる状態で、業務用スーパーなどではこの状態で売っているものもあります。 塩抜き 次は塩抜きです。 鍋に乾燥メンマと5倍程度の重量の水を入れ、火にかけて沸騰させます。 沸騰したら火を止めてそのまま冷まし、完全に冷めたら水を捨ててメンマを絞ります。 これを3回繰り返し、メンマから塩が抜けたら、長い長い下準備は完了です。 この後、水煮のたけのことと同様に、炒めて含め煮にし、味付けをします。 本格メンマを作る場合は、発酵の工程を経るので完成までには時間がかかりますが、発酵させることで香りと旨味がどんどん深くなり、発酵食品としての栄養価も加わります。 いったん乾燥させたものを戻すことで、あのメンマ特有の筋っぽい食感も生まれます。 季節や手間を考えて、レシピを選択してみてください。 スポンサーリンク 手作りメンマの保存の期間と方法は? 水煮からつくったメンマは、タッパーなどに入れて冷蔵保存し、1週間程度で食べ切りましょう。 長期保存したい場合は、1回使用分ごとにラップで包んでフリーザーバックに入れ、冷凍保存すると、1ヶ月ほど保存することができます。 たけのこから本格的につくったメンマは、発酵を経ているので、タッパーに入れて冷蔵庫で2週間程度は保存することができますが、やはり長期保存の場合は、同様にして冷凍庫で保管しましょう。 塩漬けにしてカラカラになるまで乾燥させた状態のものは、ジッパー付の袋に入れて脱気し、湿気の少ない冷暗所に保管すれば、半年程度は保存することができます。 たけのこの季節に大量にメンマを仕込む場合は、この状態にして保存しておけば、1年中手作りのメンマを楽しむことができますね。 スポンサーリンク まとめ 実はメンマが発酵食品だということを知らなかった方も、多いのではないでしょうか? 本格的に作ろうと思うと時間はかかりますが、作業自体は単純なことばかりですので、一度挑戦してみると、手作りメンマの奥深さにはまってしまうかもしれません。 水煮たけのこでつくったメンマは、乾燥させていないので筋っぽいメンマ特有の食感は劣りますが、手作りすれば自分好みの味付けができるのがうれしいところ。 コチュジャンや豆板醤などの辛味調味料を加えたり、出来上がってからラー油をたらして、その時食べる分だけアレンジすることもできます。 ラーメンにのせるだけでなく、おつまみとしても最適なメンマ。 ぜひ一度、自宅で手作りしてみてはいかがでしょうか?! こちらの記事も合わせておすすめです。

次の

メンマの原料になる竹・たけのこ・原料が割り箸という元ネタ

メンマ 割り箸

タケノコを乳酸発酵させる• 発酵させたタケノコを塩漬け、乾燥させる• 水で戻し塩抜きする• 場合によってはさらに味付けをする 塩漬けや乾燥をしているので、元は保存食として食べられていたのかもしれませんね。 メンマの発祥国は台湾 中国 メンマは、もともとは日本食ではなく、台湾が発祥と言われています。 ただ、台湾に関しては大人の事情もあるので、中国発祥という人もいますが… ラーメンのトッピングでお馴染みのメンマ。 ですが、台湾や中国には日本のようにラーメンのような汁麺の上に乗せる文化はありません。 ラーメンのトッピングにメンマを使うのは 日本独自の文化です。 まだラーメンが、中華そばと呼ばれていた時代にトッピングで使われたことが始まりのようです。 スポンサーリンク メンマという名称の由来 メンマという名称は、実は日本独自の名称です。 メンマが日本に伝わった当初はメンマではなかったのです。 「中国の竹」ということで、「支那竹 シナチク 」と呼ばれていました。 しかし何故、「シナチク」ではなく「メンマ」と呼ぶようなったかと言うと、国際上の問題が大きく関係しています。 台湾政府による抗議 現丸松物産の前身の会社が使用していた商標が『SHINACHIKU』でした。 台湾から輸入していたものです。 これに対し、台湾政府が 『台湾の商品なのに、商品名に「SHINA 中国の意 」を付けるとは何事だ!』と抗議があったそうです。 そのため、当時の丸松物産会長は、「ラーメンに乗せるマチク」と言う言葉を短縮し、メンマと名付けたのが名称の由来となります。

次の