貧血 レシピ。 貧血に効く食べ物を使った、貧血予防の美味しい7つのレシピ

貧血改善レシピ(豚肉と生揚げの炒め物)

貧血 レシピ

貧血とは、血液中の赤血球またはヘモグロビンの量が正常より少なくなることを言います。 ヘモグロビンは、全身へ酸素を送り届ける役割があるため、不足すると「酸欠状態」となります。 酸素は赤血球の主成分であるヘモグロビンによって全身に運ばれていきますが、鉄が不足するとヘモグロビンの数が減少し、カラダの隅々まで酸素を運ぶことができなくなります。 カラダに酸素が不足すると、ふらつきや息切れ、疲労感などのさまざまな症状が起こります。 貧血には、溶血性貧血、悪性貧血などいくつかの種類がありますが約90%は鉄欠乏性貧血で、成長期の子供や女性の他にもスポーツをする方にも多い貧血です。 鉄欠乏性貧血は、鉄摂取量の不足、鉄必要量の増加、出血による鉄不足など大きく分けて3つの原因があります。 また、成長期の骨格筋や発達に伴い、鉄の需要が増加します。 また、成長期の骨格筋や発達に伴い、鉄の需要が増加します。 そのため、鉄の多い食材を摂取する際は、吸収率の高いヘム鉄を積極的に摂取しましょう。 食事の際はほうじ茶や麦茶などタンニンの少ない飲み物を摂取しましょう。 その他の貧血対策におすすめの栄養素.

次の

鉄分たっぷりレシピ49選♪貧血を予防する絶品料理を一挙大公開!

貧血 レシピ

貧血対策のおすすめ食材:牛肉 牛肉には、豚肉や鶏肉に比べて鉄分を多く含んでいます。 また、牛肉に含まれる鉄分は「ヘム鉄」と言って、野菜などに含まれる「非ヘム鉄」よりも体に吸収されやすいため、効率よく鉄分をとることができます。 鉄分は赤身の部分に多く含まれているので、脂身の少ないものを選びましょう。 牛肉の赤身には、余分な脂肪を分解してエネルギーに変える働きをする「カルニチン」が豊富です。 体重管理のことも考えても、脂質も少ない赤身が妊婦さんにはおすすめです。 貧血対策のカテゴリー別レシピ 貧血対策の主食レシピ レバー入りドライカレー:465kcal 塩分1. でも、市販の焼き鳥を使えば、手軽にいつでも食べられますよ。 あさりの炊き込みご飯:202kcal 塩分0. 砂抜きする必要がないため手軽に使えるので、常備しておくと便利ですよ。 炒り大豆ごはん:205kcal 塩分0. 【ポイント!】 乾燥した生の大豆は栄養価が高く、鉄分も豊富です。 一晩水に浸す手間をかけずに、熱湯でふやかすだけで、あとは炊飯器にお任せ。 炊き上がった大豆は噛みごたえがあり、満腹感を得やすいので、体重増加がきになる妊婦さんにもオススメです。 ボンゴレ・ビアンコ:424kcal 塩分1. 貧血対策の主菜レシピ 牛肉とひじきのピーナッツ炒め:300kcal 塩分1. 衣づけは、ポリ袋に片栗粉とカツオを入れ、口を閉じて袋を振ると簡単にできますよ。 野菜たっぷりプルコギ:241kcal 塩分1. マグロのごま漬け:192kcal 塩分1. マグロとごまには鉄分が豊富に含まれていますが、ビタミンCの豊富なベビーリーフと合わせることで吸収率がアップします。 貧血対策の副菜レシピ ほうれん草のなめたけ和え:17kcal 塩分0. 鉄分が豊富なほうれん草は、まとめて茹でて密閉容器で冷蔵保存ができるので、いろいろなメニューにアレンジできます。 あさりとひじきの煮もの:96kcal 塩分1. あさりには疲労回復に役立つ成分のタウリンが豊富なため、貧血予防も兼ねて、ぜひメニューに取り入れてみましょう。 モロヘイヤのスープ:47kcal 塩分1. 鉄分の量も多く、ビタミンCも豊富なので、夏のスープにオススメです。 切り干し大根のソース炒め:92kcal 塩分1. ソース味やケチャップ味など、味付けにバリエーションを増やすと食べやすくなりますよ。 まとめ 実は、妊婦さんの約7割が悩まされている貧血。 鉄剤などの薬やサプリメントで鉄分を補うことできますが、おなかの赤ちゃんのことを考えたらちょっと心配と思う妊婦さんもいるかと思います。 ベストは食事で鉄分を摂ること! 食生活は量より質を重視しましょう。 毎食栄養バランスを考え、いろいろな食材を選んで、今回のレシピを参考にしながら調理してみましょう。 妊娠中のサプリメントのことについてはを参考にしてください。 ですが、毎日しっかりと考えた料理をするのは大変…と感じてしまうことも。 そのときは、お湯を入れて簡単に飲めるマタニティスープも1日に必要な鉄分の約半分が摂れるので、上手に取り入れてみましょう。 マタニティスープのことはの記事をご覧ください。 温かいスープでカラダの中から温めて冷え対策をしましょう。 朝に温かいスープを飲むことでお腹(とくに腸)を温めることでリンパ球の働きが高められ、免疫力がアップすると考えられます。 マタニティスープお試しセット実施中!! 送料無料のを公式WEBサイトで発売中です。

次の

貧血改善レシピ

貧血 レシピ

妊娠中の貧血になると、どんな症状が? 心臓から送り出された血液は、酸素や栄養分だけでなく、ホルモンや熱などを運搬する重要な役割を担っています。 しかし、貧血の場合は、酸素を運ぶ血色素が不足するため、全身に酸素がうまく行き渡らなくなります。 これを補うために心臓がいっそう動くことで、動悸やめまい、息切れなどの症状が見られるようになります。 身体もなんとなくだるくなったり、疲れやすくなったりします。 お腹の赤ちゃんに影響がある? 貧血の程度にもよりますが、妊婦自身だけでなくお腹の赤ちゃんへも影響が出てくるケースがあります。 赤ちゃんは、母親の血液が運ぶ酸素を胎盤やへその緒を通して吸収・呼吸をしています。 そのため、妊婦が強い貧血になれば、赤ちゃんが酸素不足に陥るリスクがあります。 貧血によって胎児の発育に影響がでる可能性もあります。 ただし、妊娠中期以降の軽度な貧血では、低出生体重児となる可能性はそれほど高くありません。 妊娠中に貧血の原因とは!? 貧血とは、血液の中にある赤血球や血色素が正常より少なくなっている状態を指します。 中でも妊婦さんによく見られるのは、鉄欠乏性貧血です。 妊娠中の女性が鉄欠乏性貧血を起こす理由として、お腹にいる赤ちゃんを育てるために、鉄需要が増加することが挙げられます。 これは赤ちゃんや胎盤などに供給するための血液が必要になる上に、分娩や授乳に向けて備えるためです。 年子を出産する場合は、より鉄欠乏性貧血になりやすいといわれているため、注意しましょう。 妊婦健診では妊娠初期、中期、後期に血液検査を行いますが、妊娠中に循環血液量は徐々に増加し中期に最低値となります。 妊娠初期で7. 0mg、妊娠中期・後期では17. 5mgの鉄を、日々摂取することが望ましいですが、その摂取量をなかなか達成できない妊婦さんも少なくありません。 妊娠後期や臨月の貧血に注意! 妊娠後期には、出産に備えて体液量が増加します。 初期の頃より約2. 5キロ分増えるといわれていますが、これは純粋に水分のみが増えるだけで、血液に含まれる白血球や赤血球などが増えるわけではありません。 ですから、血液が薄まった状態となって相対的に貧血になりやすくなります。 また、妊娠後期にはお腹の赤ちゃんは急速な成長を遂げます。 赤ちゃんの成長には鉄分が必須であり、より多くの鉄分が赤ちゃんに渡されることでお母さんの鉄分不足が加速して貧血になりやすい状態となるのです。 食事を見直して、貧血を改善しよう! 妊娠期は、母体の健康と赤ちゃんの発育のために、特に食生活には気をつけて栄養素をしっかり摂ることが大切です。 赤身の肉や魚などの鉄を含む動物性食品を、積極的に取り入れましょう。 日本人が食事で摂取できる鉄のおよそ85%以上が、吸収率の低い非ヘム鉄であるといわれています。 非ヘム鉄の吸収率は、たんぱく質やビタミンCの摂取量が増えると高まることがわかっているため、食品の組み合わせ方にも気をつけることをおすすめします。 妊婦さんの貧血改善のおすすめレシピ 妊婦さんが貧血になると、病院で鉄剤が処方されることが多いです。 しかし、鉄剤は吐き気や便秘などの副作用もあるため、なるべくなら飲みたくないという妊婦さんも多いですよね。 鉄分は多くの食材に含まれていますから、日ごろからそれらを意識的に摂るようにすれば貧血対策につながります。 そこで、貧血予防や改善に役立つおススメレシピをご紹介します。 低カロリーなのでおかずの追加の一品に加えても安心です。 新人や油揚げ、ひじきなどの具材を油で炒め、酒や醤油、みりん、砂糖などでお好みの味付けをし、煮汁がなくなるまで煮詰めたら完成です。 お浸しにすると低カロリーで、さっぱり味。 つわりがひどい時にも食べやすいおススメの一品です。 ほうれん草はしっかりとあく抜きをします。 あくがある状態だと尿管結石などを生じやすくなりますから注意しましょう。 あく抜きをしたほうれん草を適当な大きさにカットして、めんつゆや醤油でお好みの味付けにすれば完成です。 鰹節をかけると、カルシウムも摂ることができますね。 牛肉にもピーマンにも鉄分が豊富に含まれていますから、貧血の強い味方です。 メインの一品で貧血対策を行うことができます。 牛肉を醤油、お酒で味付けして片栗粉をまぶしたものをピーマンと一緒に炒めるだけで完成です。 ピーマンの量を増やすとカロリーダウンになります。 おわりに:ちょっとした工夫で貧血対策は可能 妊娠中の貧血は、少しの工夫をするだけで対策が可能です。 日頃の食生活に気を配りながら、赤ちゃんに必要な酸素や栄養素を与えてあげられるようにしましょう。

次の