アメリカ 大統領 選挙 2020。 アメリカ合衆国大統領選挙

アメリカ民主党候補者選び トランプ氏と戦う候補は誰になるのか:朝日新聞デジタル

アメリカ 大統領 選挙 2020

アメリカにおける大統領の特徴や役割は以下のものが挙げられます。 任期 4年(3選は禁止) 資格 ・アメリカ生まれ ・14年以上米国に居住 ・満35歳以上 主な特徴 ・議会の解散権がない ・法案の拒否権を持つ ・議員との兼職不可 ・軍の最高司令官 特徴などを見ると日本の政治制度とかなり違うことが分かりますね。 例えば議員との兼職ができません。 日本において、首相は国会議員の中から国会の議決によって指名されると定められています(憲法67条1項) 一方で米大統領は国会議員から選出されることはありません。 国会議員を選出する選挙とは別に大統領選挙を通して選出されます。 よって行政と立法が厳格に分離していると言えます。 (その点日本では行政と立法は密接な関係といえるでしょう) (アメリカの大統領制) その他にも注目すべき特徴がたくさんあるので、まとめて見てみましょう。 議会の解散権がない 日本おいては内閣は衆議院に対して解散権を有します。 一方で、アメリカでは大統領に議会への解散権が付与されていません。 また立法が行政に対して日本でいう内閣不信任決議のような権利を実行することも原則ありません。 法案成立の拒否権 大統領は議会に対して法案を提出する権限はなく、立法を勧告する教書送付権を有するにとどまります。 ただし 議会で可決した法案の成立を認めない拒否権を持っています。 非常に強力な権限ですが、 議会で3分の2以上の賛成で再議決すれば、法案は成立します。 この点は衆議院の再議決権と似ていますね。 大統領令 大統領令とは 議会の承認を得ずに、行政が政策を実行できる権限のことを指します。 例えばアメリカへの入国制限などが挙げられ、近年ではトランプ大統領がイスラム圏を中心とした7か国からの入国を制限する際に、大統領令が執行されました(なお後に当該大統領令の合憲性が問われましたが、米最高裁は大統領権限範囲であり合憲という解釈をしています) 参考 日本経済新聞 米最高裁、イスラム圏の入国制限を支持 歴代アメリカ大統領 以上のように大統領には強力な権力が与えられており、国内外で多大なる影響を及ぼしています。 実際に多くの歴代大統領が近代の歴史を大きく動かしてきました。 そこで本章では中でも世に知れた歴代アメリカ大統領を紹介します! ジョージ・ワシントン ジョージ・ワシントンは アメリカの初代大統領です。 当時イギリスの植民地であったアメリカは1775年から独立戦争に突入し、ワシントンは総司令官に任命されました。 長い戦いの末、アメリカが勝利し独立を果たしました。 その後選挙を通して大統領に選出され、国内政治に従事することに。 このようにワシントンはアメリカの歴史において最も重要な人物のうちの1人であり、その功績から現在の1ドル札のデザインにも抜擢されています。 初代アメリカ大統領• 独立戦争のリーダー• 現在1ドルのデザイン エイブラハム・リンカーン リンカーンは1961年に大統領にしました。 しかし当時は奴隷制度の是非で国内は真っ二つ。 奴隷賛成の南部州と反対の北部州(リンカーン側)に分裂し、 南北戦争が勃発しました(1861-1865年) 死者は60万人以上にのぼり、 米国史上最悪の戦争と言われています。 北部側の勝利が確実視されると、リンカーンは 奴隷解放宣言を行いました。 その際に述べた government of the people, by the people, for the people (人民の、人民による、人民のための政治-ゲティスバーグの演説) は非常に有名ですね。 最終的にそのまま北部のリンカーン側が勝利し、戦争は終結しました。 人民の、人民による、人民のための政治• 南北戦争• 奴隷解放宣言 ジョン・F・ケネディ ケネディは 初のアイルランド系、カトリック教徒としての大統領です。 ケネディ政権時では、ソ連との核戦争勃発寸前の契機となった キューバ危機や ベトナム戦争などがあり、まさに激動の時代でした。 ケネディ氏は貧困や差別問題解決に尽力し、中でも黒人差別問題の解消を目指し公民権運動にも取り組み、社会のありかたを大きく変えるきっかけを作りました。 しかしこのような取り組みによって保守派が警戒感を持ち始め、これが原因かどうかは判明していませんが、任期中に暗殺されてしまいます。 激動の時代であったからこそ、世界的にも衝撃的な事件でした。 同氏の功績は後に称えられ、ニューヨーク州の空港が現在ではジョン・F・ケネディ空港という名前になっています。 アイルランド系カトリック教徒• キューバ危機• 暗殺される バラク・オバマ オバマ氏は 初の黒人大統領として8年の任期を全うしました。 同氏も貧困などの格差社会是正に向け尽力した大統領として知られています。 代表的な例は オバマケア。 これによって国民が医療費を手ごろな価格で済ませることができます。 しかし国民全員が医療保険への加入が義務付けられていることが、個人を尊重するアメリカの文化にそぐわないなど批判も相次ぎ、かえって裏目に出てしまったという側面もあります。 2009年には核なき世界に向けた取り組みが評価され、 ノーベル平和賞を受賞しています。 任期終了間近には、広島の原爆ドームを訪れ、演説を行ったことも記憶新しいでしょう。 初の黒人大統領• オバマケア• ノーベル平和賞受賞 ドナルド・トランプ 当初は無名でしたが、攻撃的な演説を繰り返し知名度を劇的に上げ、結果的にヒラリー・クリントン氏に勝利し、大統領に就任しました。 トランプ氏の発言はご存じの通り、よく話題になりますよね笑 例えば、「メキシコとの国境に壁を建てる」などと発言し、不法移民に対して厳しい態度をとったり、中国との関税をはじめとした貿易問題は今もなお終わりが見えません。 対外政策においては特に強硬な姿勢が目立っています。 一方で 米朝首脳会談を実現させ、金正恩第一書記と会談をするという大きな進歩はトランプ氏によって実現しました。 果たしてトランプ氏はこの4年間の政治活動を評価され、再選を果たすのでしょうか?• 米朝首脳会談実現• 「メキシコとの国境に壁を建てる」発言で波紋• 米中貿易摩擦 おわりに 1年がかりで行われる米大統領選挙に世界中から熱い視線を注がれています。 アメリカと日本は密接な関係にあるので、次期大統領の影響は無視できないでしょう。 今回の大統領選挙は2020年11月3日。 2019. 06 突然ですが、あなたはどんなお仕事をされていますか? 若ければきっと学生、就職していればサラリーマンや公務員になっていることでしょう。 今や人生の進路は[…]• 2019. 19 まず始めに、突然ではありますが下記の動画の曲をお聞きください。 2019. 20 スポーツは世界中でさまざまなものが生まれ、受け継がれ、盛り上がってきました。 とくに野球、サッカー、テニスなどは、テレビ中継を通して全世界を熱狂させます[…].

次の

2020年アメリカ合衆国大統領民主党予備選挙

アメリカ 大統領 選挙 2020

今回は、結構当たると評判の予言者ジョセフ・ティテル氏が毎年年頭に行っている予言の今年版を紹介したい。 ジョセフ・ティテル氏については、以前にも紹介したことがあるので参考にして欲しい。 本当はもっと早くに紹介するつもりだったのだが、年明け早々にイラン・アメリカが戦争しそうになるし、それが終わらないうちに中国で新型コロナウイルスによる肺炎が流行り始めるしで、なかなか機会が無かったのだ。 と言うことで、大波乱で始まった2020年の予言を紹介するぞ! なお、本記事の引用部分は全てからの引用だ。 ちなみに、映像を見ると分かるが、本人は見えたビジョンをひたすらしゃべっている感じなので、内容が結構飛んでいたりする。 そのため、同じようなテーマについて語ったと思われるものは、おじさんが順番とか並び替えたのであしからずだ。 原文を見る場合は、上のリンクからブルーオーブさんのブログにアクセスして欲しい。 予言自体はかなり量があって長いので、今回はとりあえずアメリカ大統領選挙に関することについてまとめてみた。 ちなみに、大統領選挙期間肩~選挙後までかなりのカオス状態となり、内戦のニオイまでする予言だ。 ではまず、アメリカ大統領選挙に関するものだ。 今年はカオスで、今回の大統領選も酷いことになる。 大統領選の中盤以降、共和党も民主党もカオスになり、どっちが正しいのかわからないような状況になる。 3つの銃によるテロ事件 1つはヨーロッパ、たぶん、イギリスかフランス。 2つは学校での銃撃事件。 1つは11月の大統領選の前。 アメリカを破壊したい連中が起こす偽旗工作。 オクラホマが何度か浮かんできた。 10月下旬か11月初旬。 10月11日かも。 911タイプの事件。 911タイプの出来事か、ラスベガスの銃撃事件のようなことが、大統領選までに起こる。 トランプを大統領にさせたくない連中がそういった事件を起こすが、トランプが大統領になって、バイデンは負ける。 さて、今年のアメリカ大統領選挙は11月3日(火曜日)だが、予言によれば大統領選挙は混迷を極めるようだ。 そして、トランプ再選を阻むべく「事件」が起こるということだ。 これは、別の文章で「3つの銃によるテロ事件」「ラスベガスの銃撃事件のようなこと」とあるので、大統領選前の10月11日に銃撃事件があるという線が固いかな。 しかし、「911タイプの事件」という表現もある。 これは、巨大ビルを爆破しそれをイランや中国のせいにするといった、敵を作るための自作自演事件なのだろうか? 次の予言も見て欲しい。 3月22日と11日、特に22日が重要な日。 春分の日だから、21日かも。 (AIに訊いて)19日だ。 11日、22日に大きな出来事が起こる。 特に22日。 災害も含まれているが、 銃撃事件などは、偽旗工作をするような狂った連中が事件を起こしている。 どうやら、今年の春分の日(3月20日)辺りに、災害または意図的に起こされる事件があるような表現だ。 続けて銃撃事件の話をしているため、大統領選直前の10月11日以外にも銃撃事件が何件か起こるということか。 また、先ほどの911タイプの自作自演のテロ事件が3月20日辺りに起こりそうな感じだ。 いずれにせよ、混迷する大統領選の最中にトランプ失脚を狙ったテロ事件が起こるが、結局、トランプが再選されるということか。 まあ、今の状況から判断してもトランプの再選は確実そうだけどな。 いずれにしても、トランプ再選阻止は「アメリカを破壊したい連中が起こす」事件ということのようだ。 おそらく、トランプの再選を阻止することで、少しでも長くアメリカ覇権を維持したい国際金融資本勢力が事件を起こすのだろう。 だが、そのせいだろうか。 大統領選後にアメリカ国内で内戦が発生するようだ。 大統領選の後の混乱で、戒厳令を出すほどになって、内乱のような感じになる。 内戦のようなものがこの国に広がる。 ジュニアという言葉。 南の方、バイブルベルト。 始まりがこの辺りなのかも。 銃を集めるようになり、病気のように広がっていく。 アラバマ… 暴力を拡大させるようなテレビのスポーツ番組… 2020年は銃規制も問題になる。 トランプが大統領にもう一度なった後に、アレックス・ジョーンズが殺されたりするかもしれない。 だが、そんなことをすれば、世界中の人々がヒステリックな反応をすることになるだろう。 最後に出てくるアレックス・ジョーンズは、アメリカのラジオの司会者で、陰謀論大好き人間だ。 彼が殺されるということは、陰謀論が一定の真実を語っていたということになるのだろう。 信じるか信じないか…以下略。 予言に出てくる「バイブルベルト」とは、アメリカの中西部から南東部の地域だ。 この地域では、様々な宗派のキリスト教が非常に熱心に信仰されている。 そのため、保守的であり、さらには進化論の講義が禁じられていたこともある。 ここで出てくる「アラバマ」も冒頭に紹介した予言の「オクラホマ」もこのバイブルベルトの地域だ。 銃の話が出てきているが、冒頭の予言の銃撃事件との関連も気になるところだ。 同じ地域で発生するとしたら納得だが。 また、内戦の原因については語られてはいないが、別に「水資源」に関して語られており、それが内戦の原因なのかもしれない。 以下を見てくれ。 ノースダコタの黒い蛇(パイプライン)のように、パイプラインからの石油の漏出やフラッキングなどで 地下水が汚染されてしまう。 ホピの予言、ダコタの黒い蛇の予言 7つの族が集まって、黒い蛇と戦って…大地を取り戻す… ここで出てくる「黒い蛇(パイプライン)」とは、おそらくシェール採掘に伴うパイプラインだろう。 ノースダコタ、そして冒頭予言の「オクラホマ」もバイブルベルトにあり、そしてシェールオイルの産地でもある。 シェールの採掘に当たっては、高圧の水で掘る「水圧破砕」でシェールオイルを含む頁岩の層を掘っている。 この水には、オイルを取るために化学物質が添加されており、当然ながら採掘地点の周辺地下水には化学物質が混じる。 もともと、安全性に疑問があった採掘方法なのだが、どうやらシェール採掘による地下水汚染が明らかとなり、住民と「アメリカを破壊したい連中」との間で内戦に発展するようだ。 ように、シェールの油井は石油の油井と異なり、産油量の減少スピードが早く頻繁な採掘が必要だ。 そのため、シェール業界は設備投資の負担から常時赤字だ。 だが、超低金利のおかげで社債発行など資金調達コストが安く、それで事業が継続出来ている。 ここで、採掘停止となるとシェール業界が倒産するだけでなく、大量に発行されているシェール関連債券が無価値となり、シェール発の金融危機も起こりかねない。 アメリカの一地域における内戦では済まなくなる可能性が高い。 もしかして、冒頭予言の「911タイプの事件」というのは、シェールを維持するために起こされるのかもしれない。 そして、その事件はイランがやったことにされる展開か。 中東の政情不安から、石油供給が滞れば、地下水汚染があってもシェールが必要理論が展開されると見るぞ。 いずれにせよ、オクラホマやノースダコタの状況については要注意だな。 また、2期目に突入したトランプが任期途中で死亡するという予言もある。 2016年の動画で言ったように、トランプは2期目の3年目に亡くなるだろう。 2期目のトランプが暗殺? ある朝早く、大統領はベッドで亡くなる。 心臓発作か何か…もしくは何者かが殺したのか… トランプは2時期目の3年目に亡くなるとのことなので、2022~23年辺りだろうか。 自然死か暗殺かはまだ分からないようだ。 暗殺の可能性は否定できないが、トランプはアメリカ覇権を終わらせるべく、ドル崩壊や中国・ロシア・イランなどへのアシストパスを繰り返している。 このため、国際金融資本勢力から暗殺されても不思議ではない。 アメリカに関する予言は他にもあるのだが、長くなるので続きはまた!.

次の

【初心者向け】3分でわかるアメリカ大統領選挙の仕組み

アメリカ 大統領 選挙 2020

メルマガ読者限定で配布した2020年の相場展望レポートの一部を公開します。 チャート分析 まずは日経平均の年足チャートです。 1989 年に高値38957 円を付けたあとに、2008 年には安値6994 円まで下落しました。 この大きな下げはバブルの崩壊やリーマンショックなど、様々な要因がありますが暴落が起きた事は紛れもない事実です。 現在の日経平均株価は24000 円付近に位置しています。 移動平均線は上向きで順調に上昇しているのがわかります。 暴落分を取り戻しにきている動きとも見ることができます。 2018 年の陰線を2019 年は包み足の陽線で否定しています。 こうなると2020 年はもう少し上を試す場面が想定されます。 続いて日経平均の月足チャートです。 月足チャートも同じく強い形で、安値を切り上げながら上昇しているのがわかります。 2018 年12 月安値18948 円を下回らなければ、長期的な上昇トレンドは維持されると考えてよいでしょう。 その手前には20000 円という強いサポートラインがあり、2019 年の危ない場面を何度も跳ね返してきました。 チャートだけを見れば「買い有利」なのは明らかです。 2020 年は 東京オリンピック特需にも期待できますので、買いを支える要因として機能するのではないかと考えられます。 重要イベント「アメリカ大統領選挙」 2020 年には大きな重要イベントがあります。 11 月に行われるアメリカ大統領選挙です。 「トランプが再当選するかどうか?」 夏の東京オリンピックが終わった頃からは、マーケットはこの話題で持ちきりになると思われます。 トランプさんには賛否両論がありますが、アメリカの株価を大きく上げたのは紛れもない事実です。 トランプ就任前のNYダウの株価は20000 ドルを割っていました。 それが現在は28000 ドルという歴代最高値を付けています。 強引なやり方はともかく、成果は確実に数字へと表れています。 マーケットとしては トランプ続投がベストシナリオです。 ところがそのトランプさんは素行が思わしくありません。 ついには野党からは弾劾訴追まで起こされる始末です。 もしもトランプが負けるようなことになれば、マーケット的には大きな波乱要因になります。 NYダウの上昇を牽引してきたリーダーがいなくなれば、リスク回避の売りが出て暴落につながる事は十分に考えられます。 トランプ続投ならば一安心。 トランプ交代ならば大波乱。 戦況は拮抗しており、決して楽観できる状況ではありません。 少しでも間違えれば、 落選の可能性は大いにあると考えておくべきでしょう。 どうにか勝てるかもしれませんが、僅差の勝負が予想されます。 選挙が近づくにつれて株価の値動きが激しくなりそうです。 さらに詳しい内容についてはメルマガ限定で公開しています。 ぜひご登録ください。

次の