のどちんこ 晴れる。 私は喉ちんこが2つあります。普通の人と何が違うのでしょうか

声がでないほど喉がいたい…それは「のどちんこ」の腫れだった!

のどちんこ 晴れる

主人のことです。 朝起きると口蓋垂(いわゆるのどちんこ)が異常に伸びて気道をふさぎそうなくらいの長さになって、呼吸困難、えづきなどで救急車をよび、総合病院の耳鼻咽喉科へ行きました。 一般的な抗生剤を点滴投与してもらい、すぐに回復したのですが、最初が7年前、2回目が7ヶ月前、前回が1ケ月前のことです。 いずれも出張が続いたあとや、かなり疲れているときに起こりました。 主人の口蓋垂は、もともと少し長めのような気がします。 今回、口蓋垂を切除するいう話が出たのですが、それが根本的な解決ではないようです。 切ってみますか?といった感じです。 なかなかこういった症例がないようで、救急へ行っても、前回のカルテが出てくるまで先生も???といった感じで、カルテを見ながら点滴を投与してくださっているという感じです。 こういった症例に詳しい方がいらっしゃいましたら教えていただけませんでしょうか?イビキなどで口蓋垂を切ることはあるようですが、他の菌が入りやすくなるなど、他に弊害はないのでしょうか?よろしくお願いします。 いびきや睡眠時無呼吸に対しては口蓋垂とそのまわりの粘膜および扁桃腺を一緒に切除する口蓋垂-口蓋形成術(UPPP という手術がよく行われます(口蓋垂だけを切除する簡易型もあります)。 ご主人のケースではそれがいつもではなくて時々起こるというのが珍しいだけで、救急車で運ばれるほどの呼吸困難を起こすのであれば、たとえ時々でも立派な手術の適応になると思います。 まれに術後に予想以上に粘膜が収縮してしまって、鼻へ抜ける感じの締まらない声になったり、食べたものが鼻から出てきてしまう、といった鼻咽腔閉鎖不全と呼ばれる症状になる場合がありますが、大抵は一時的なもので回復することが多いです。 まず耳鼻科の中で「睡眠時無呼吸外来」を設けている病院を選び、必要な検査を受けたうえで最終的に手術をするかどうか決めてください。 下記に参考URLをあげておきますが、これ以外にも「睡眠時無呼吸」「いびき」「UPPP」などをキーワードに検索すればいろいろ出てくると思います。 早速ご回答いただきありがとうございます。 確かに主人はイビキもすごいのですが、口蓋垂が伸びる(舌の上にぴとーっとのっかるほど伸びるのです)のとは別の問題かと思ってました。 でもイビキを聞いているとふっと止まって、あれ?と思うときもあり、先日の新幹線の運転士さんのニュースで睡眠時無呼吸の特集を見たときも少し心配になったので、それもあわせて相談してみようと思います。 関連性があったとしたら、同時に解決できますよね。 口蓋垂が伸びるだけではどういった窓口に行けばよいのかわからず困っていたのですが、アドバイスの通り、耳鼻科で睡眠時無呼吸外来のあるところを探してみます。 のどちんこという呼び名がいまいち緊迫感がなくてこちらの切羽詰った感じがなかなか伝わらないのか、病院でもなんとなく軽く扱われた感じがして心細かったのでとても嬉しかったです。 ありがとうございました。 Q のどちんこが当たって違和感があります もう10日ほどになるのですが、ずっと喉になにかひっかかっているような違和感があり、耳鼻咽喉科へいき、カメラでみてもらいましたがなにもなく、異常なしで帰らされてましたが、本日、いろいろみていて気がついたのですが、どうものどちんこが、横や舌にさわっているようなのです。 痛みはなく、前よりも腫れているようにもあまり感じません。 色もいつもと同じです。 小さいころに口蓋列手術をしているため、のどちんこは左寄りについたいるのですが、そののどちんこの先が、右側の壁や舌にあたったり、息をするたびに少しゆれて違和感があります。 すでに10日たってますが、違和感はおさまってくるものなのでしょうか? A ベストアンサー 以前、歯の治療時に水を吸い取る道具で誤ってのどちんこを吸われ、 血マメのようなものが出来たことがあります。 普段から観察してるわけでないので正確な所はわかりませんが、 膨れ方からして普段より長さ方向に増えているようす。 実は血マメのようになってると気付いたのはずっと後で、 初めはモノを飲み込もうとした時の違和感なんです。 ちゃんと飲み込めないような、何かが触れてるような。 嗚咽感はあるし。 初めは何か張り付いてるのかと思って、その時はまだ治療中なので お医者に覗いてもらったんですが特に何ともないというし... (誤って吸ったのは知ってたはずで、その時既に赤かったのにとぼけてた可能性もありますが) 少し長くなっただけなのに結構違和感があり気持ち悪いものだ、 という事を実感しました。 私の場合は色と形で変化に気付きましたが、 そうでもなければ普段から見てないし、わからなかったでしょう。 私の場合は、いつしか血溜まりが破れ、しばらくは皮が余ってましたが いつの間にか治りました。 原因はわかりませんが、質問者さんの場合も、見た目では気付かない位の 小さな変化なのかも知れません... 以前、歯の治療時に水を吸い取る道具で誤ってのどちんこを吸われ、 血マメのようなものが出来たことがあります。 普段から観察してるわけでないので正確な所はわかりませんが、 膨れ方からして普段より長さ方向に増えているようす。 実は血マメのようになってると気付いたのはずっと後で、 初めはモノを飲み込もうとした時の違和感なんです。 ちゃんと飲み込めないような、何かが触れてるような。 嗚咽感はあるし。 初めは何か張り付いてるのかと思って、その時はまだ治療中なので お医者に覗いてもらったんです... A ベストアンサー 父が喘息もちで、知人から教わった方法をご紹介します。 粘性のある痰の場合は、コップ一杯のぬるま湯(ごく薄めの食塩水)で水分補給すると、数分後には粘性が緩和されて痰も切れやすくなります。 これでかなり取れます。 しつこい場合は、肺の輪郭を円を書くようにゴリラがゴッホゴッホと胸を打つ要領でこぶしで叩きます。 上から下に向いて、外側から内側に叩きます(左手は、時計回り、右手は半時計回りにです。 )胸の周りが暖かくなってきたところで、お尻を高くして(土下座する感じで、お尻をもっと高くします)いつも痰を切る要領の呼吸をします。 (深く息を吸って、はッ!と吐く感じです) 仰られる通り、耳鼻咽喉科で、とってもらえますが、痰を切ることより、痰が出来る原因を調べてもらったほうがいいようにおもいます。 単なる気管の問題ではなくて、内臓から来る場合もあります。 お大事にされてくださいね。 Q ちょっと質問させて頂きます。 喉の奥、扁桃腺に出来た腫瘍?みたいなものが気になっています。 最近、喉のイガイガ感が酷く、イガイガというかヒリヒリというか…アズノールでうがいをすると、2~30分は喉が楽になります。 それ以外は、一日中、喉に違和感があります。 特に「飲み込めない・難い」「ゼエゼエする」「声のかすれ」などの症状はありませんが、イガイガするのは、舌の付け根や喉の奥、喉ちんこです。 この扁桃腺に特別痛みがあったりすることはないのですが…。 もちろん風邪の症状はなく、軽いランニングもしてます。 食事も食べれます。 アレルギーはありません。 現在服用お薬は、慢性胃炎があるので「パリエット20」です。 あと「ツムラ・半夏厚朴湯 毎食前 」です。 最近酷いイガイガ以外は、通常通り快調です。 この腫瘍みたいなものは、鏡で見るとはっきり見えます。 しかも片側だけにあります。 無い方は綺麗なのですが、片側だけボコっと存在します。 しかも、この存在を数日前に気づきました。 丁度、喉のイガイガが激しくなってきたので、気になって喉を見たときに気づきました。 以前は口蓋垂炎 喉ちんこ になったことがあり、その時に喉を見たときは、こんな「片側だけ何かある」と言ったこともなく、喉ちんこの血管膨張したのを静まる過程を観察してたので、扁桃腺に腫瘍のようなものがボコっと出来てることはありませんでした。 これは一体なんでしょうか?癌?ポリープ?腫瘍?ただの腫れ? 大きさは…喉ちんこと同じくらいで、枝豆くらいのサイズでしょうか。 ボコっと扁桃に出来ました。 ちょっと質問させて頂きます。 喉の奥、扁桃腺に出来た腫瘍?みたいなものが気になっています。 最近、喉のイガイガ感が酷く、イガイガというかヒリヒリというか…アズノールでうがいをすると、2~30分は喉が楽になります。 それ以外は、一日中、喉に違和感があります。 特に「飲み込めない・難い」「ゼエゼエする」「声のかすれ」などの症状はありませんが、イガイガするのは、舌の付け根や喉の奥、喉ちんこです。 この扁桃腺に特別痛みがあったりすることはないのですが…。 もちろん風邪の症状はなく... A ベストアンサー 昔は、盲腸は何の役目を果たしていないからといって手術で取っちゃいましたが、さいきんはあれもなにか役割があるとかいう話ですね。 軟口蓋は物を飲み込むときの蓋になるということです。 食べ物を飲み込もうとすると口蓋垂が持ち上がり、鼻腔をふさいで食道に流れるようにコントロールしているといわれてます。 また、尺八の奏法で口蓋垂をふるわせて空気に振動を与えることによりフルフルといった音を出すやり方がありということです。 htm それとフランス語のRなど一部の子音を発音するときにも使われるそうです。 odn. htm ユーミンさんは口蓋垂がないそうですが、それが独特の声質の元になってるのかもしれません。 swallow-web. htm A ベストアンサー 参考になるかわかりませんが. 私ものどちんこ内出血の経験があります. 歯の治療を終えて診察台から起きた頃から喉に異物感があり, 嗚咽感もありました. お医者に「何かくっついてませんか?」と尋ねても 「別に何もない」とのお答え. 後で鏡を見るとのどちんこの中に血溜まりができ,その分大きく 長く なって いました. ゴクンとする際に,長い分が喉の奥の方に触れ, それで嗚咽感があったようです. 歯の治療の際に看護士さんが,口中の水分を吸取るパイプで 誤ってのどちんこを吸った時にこうなったようです. かなり不愉快なので破って血を出そうと思ってましたが, 何度かゴクンとやっているうちに破れてしまいました. 口の中に外傷があるようなものなので衛生上問題があるのかも 知れませんが,私の場合は特になにも不都合はなかったです.

次の

喉の奥に違和感があって痛い!原因や病気について!

のどちんこ 晴れる

のどちんこって何のためにあるのだろう 「のどちんこ」は正式名称「 口蓋垂(こうがいすい)」と言います。 ご存じでしょうが、口の奥にある垂れ下がった部分のことで、役割としては食事したとき食べものや飲みものが鼻腔に行かないようにしてくれています。 逆に息を吐くときなども今度は口の方を閉じてスムーズに呼吸ができるようにもしてくれています。 そして発声にも影響しているのだそうです。 のどちんこが助けてくれるために、「カ行」「マ行」がうまく発音できるといいます。 目立たないけれど、のどちんこは大きな役割を担っているのですね。 こどものころは短めだといいますし、大人でも長めの人、短めの人、のどちんこの先が二つに分かれている人もいるようですね。 のどちんこって、伸びるもの? 違和感があるので鏡を覗いたらのどちんこが伸びていた・・・というのは、咽頭炎あるいは扁桃炎を起こしているのかもしれません。 のどちんこの付け根部分を「 軟口蓋(なんこうがい)」といいますが、その部分が腫れてしまったことにより結果的にのどちんこの位置が下がってしまったことが考えられます。 一応耳鼻咽喉科を受診したほうがいいでしょう。 細菌が原因の場合は抗生物質でないとなかなか治らないそうです。 また、心因性による違和感なども考えられます。 ストレスや気分の落ち込みから、のどの奥に違和感を覚えることもあるようです。 こちらの場合は漢方薬を処方されることが多いそうです。 医師の診察を受け、適切な薬を処方してもらい、生活するうえで気を付けることなどをきちんと聞いてきた方がいいでしょう。 細菌性であれば処方された薬をしっかり飲むこと。 それからどちらの症状であったにしても休息は必要です。 体を休め、リラックスする時間を持つことが大事なのです。 風邪をひき、咳が多い場合、のどちんこが長くなってしまうこともあるようです。 スポンサーリンク のどちんこが長い人のデメリット 違和感さえなければ、特に健康において心配しなくても大丈夫かと思いますが、実はのどちんこが長いと、 いびきをかく方が多いということです。 いびきのメカニズムは、睡眠中に気道が狭くなって呼吸すると気道の粘膜が震え、そのことで音が鳴るというしくみ。 他に、のどちんこと軟口蓋が振動すること、肥満で喉が狭い人、お酒の飲みすぎでのどの筋肉が弛緩して喉全体が振動することも原因にあげられます。 とにかく寝ている間に気道が狭い状態になることがいびきに繋がるので、いびきが気になる方は一度のどちんこを見てみるといいかもしれません。 睡眠時無呼吸症候群の恐れがある場合は手術でのどちんこを切除する方法もあります。 時間も費用も驚くほどではないし、手術後は声もさほど変わらず、息ができないというわけでもない。 生活に支障はでないようです。 自分ののどちんこがどうも極端に長いと思ったら医師に相談してみましょう。 あまり体の中でも存在感のないのどちんこ。 今まで「何のためにあるのだろう」と思っていた人も多いかと思いますし、存在すら忘れていたという方もいるかと思います。 実は意外な役割を持ち、意外なデメリットもあるので、のどがおかしいなと思った時には自分の口の奥も覗いてみたほうがいいと思います。 舌の奥を刺激すると気持ち悪くなりますが、のどちんこが刺激する分にはそういったことはないようです。 しかし極端に長い場合などは気になるようですので、医師と相談し生活に支障のない一番いい解決方法を見つけてください。 もちろん、赤く腫れていた、出血していた場合は念のため医師に診てもらうようにしましょう。

次の

私は喉ちんこが2つあります。普通の人と何が違うのでしょうか

のどちんこ 晴れる

そのかわりに、のどちんこがいつもより大きくなっていることがあります。 のどちんこは、何のためにあるの? のどちんことは、軟口蓋(なんこうがい)の最後方部分にあるパンチバッグのようなもの。 「食べ物をのみ込む時や、言葉を話す時に、のどちんこは喉の上部と下部を閉じる役割をしています」とニューヨーク医科大学臨床耳鼻咽喉科の准教授であるクレイグ・ザルバン医師。 「この小さな構造が腫れてしまうのは、それほどそんなに珍しいことではありませんが、特定の状況下で起こる可能性があります」 ほとんどの場合、 のどちんこが腫れるのは、喉や扁桃腺の腫れと併発して起こります。 「外傷など、分かりやすい原因で少し腫れて、特に症状に進行が見られなければ、様子見します」とザルバン医師。 もし痛みがあり症状が悪化していれば、かかりつけ医か、必要であれば救急外来の受診を考えて。 特に食べ物が飲み込みづらかったり、呼吸が難しかったりすれば、もしかするとアレルギー反応のサインかもしれません。 また、もし のどちんこが徐々に腫れ、喉にしこりがある場合は、医師に診断してもらいます。 では、のどちんこはなぜ腫れるのでしょうか?今回、4つの理由を医師が解説します。 他にも厄介な症状として、 声が変わったり、喉にしこりを感じたりすることが。 胃酸は、食事やライフスタイルの改善で、正常に保つことができます。 「酸っぱい食べ物や飲み物(炭酸系も含む)をレパートリーから外し、スパイシーな食べ物も控えます」とモリッソン医師。 「必要であれば、オメプラゾールやランソプラゾールといった胃酸を抑える薬もいいでしょう」 2. しかし、例えば鼻詰まりや薬の副作用などから、どんなに水をがぶ飲みしても、口の中が慢性的に乾燥していれば、 喉やのどちんこで炎症が起こり、赤く腫れて痛みが出ます。 水をこまめに飲んだり、マウススプレーを使用したりすると、口や喉の乾燥を防ぐことができます。 「もし鼻の詰まりが原因であれば、ユーカリの精油を加えた蒸気吸入、メンソール入りの飴、点鼻薬、そしてよく鼻をかむなどで、鼻のとおりがよくなります」とモリッソン医師。 一般的に、 寝ている間の口の乾燥は、鼻閉鎖のサインです。 「いびきをかくと、のどちんこが常に振動状態にあり、そのせいで腫れてしまいます」とプロビデンス・セント・ジョンズ・ヘルスセンター(カリフォルニア州サンタモニカ)で耳鼻咽喉科・喉頭病学を専門とするオミッド・メーディザディー医師。 「薬や手術で鼻閉鎖を治療したり、あるいは顎の矯正用バンドを使用したりしても、口の乾燥を予防する効果があります」 3. また、麻酔中にチューブを喉に入れるなどの挿管の際や、扁桃摘出術の際に傷付けられる場合も。 通常そのような傷は特に治療しなくても治ります。 氷をなめたり、局部麻酔用スプレーを使用したりすると、痛みを和らげることができます。 「飲酒と喫煙が組み合わされると、問題はさらに悪化します。 タバコの煙はアルコールに溶け、さらに喉に広がりやすくなるのです」(モリッソン医師) これを防ぐには、 節度ある適度な飲酒(一日あたり、女性は1杯、男性は2杯まで)と禁煙です。 痛みを和らげる方法として、メーディザディー医師は 食塩水でのうがいや咳止めドロップなどをすすめます。 続きます。 (翻訳).

次の