エホバ の 証人。 エホバの証人とは?何を信じ、何をしているのか

エホバの証人の芸能人一覧!アノ有名人も信者なの?

エホバ の 証人

同級生の家に勧誘しに行く 「信者の人が宗教勧誘で自宅に訪問に来る」って、みなさんも覚えがあるかと思うんです。 でも、私は「来る」んじゃなくて、「行く」側の人間でした。 それも、自分で「宗教を広めたい」と思っているわけじゃなくて、母親に連れられていくだけでしたから、本当に憂鬱でした。 イヤでイヤで仕方がなかった。 子どもでしたから、本当は休みの日は絵を描いたり、友達と遊んだりしたかったです。 訪問して話を聞いてくれる人なんて、優しいおばあさんくらいで、ほとんどいません。 「お前らは間違っている!」なんて言ってくる挑戦的な人もいるんですけれど、信者の側からすると、「真理がわからないかわいそうな人」なので、何度断られても繰り返し訪問する。 嫌がらせとかじゃなくて、親切心なんです。 拒絶されることがほとんどだったのですが、なかには、小さい私がパンフレットを差し出せば、それだけは受け取ってくれる人もいる。 だから連れて行かれている面もあったと思います。 どうすればパンフレットを受け取ってもらえるかとか、声のかけ方とか、訪問の練習をたくさんしました。 嫌なんですけど、やると大人が褒めてくれるから、子供としては悪い気はしないんです。 漫画にも描きましたけれど、同級生の家に訪問した時は辛かった。 ピンポンしたら同級生がいる……あれはキツいです。 信者ではない父が母にお願いして、同級生のいる地域は避けていたんですけれど、ある日「時間が余ったのでここも回りましょう」と訪問することになってしまって……。 チャイムを押して、扉が開くと、そこに同級生がいる。 なにか言われるわけじゃないんです。 ただ、親御さんの後ろのほうから、「なんだこいつ」という顔で見られる。 学校で何か言われたらイヤだなぁってずっと思っていて、自然と静かになりました。 二世信者だからって、学校で、いじめられるわけじゃないんですよ。 そもそも低学年の頃は普通じゃなくてもよくわからない。 友達もいました。 けれど、自分で自分が「普通でない」と気づいてからは、友達から質問されるのが怖くて、自分から距離を取るようになりました。 いじめられてはいなかったです。 クラスメートは「何かおかしいな」と思うと、いじめるんじゃなくて、距離を取るんですよね。 まさに腫れ物に触る感じです。 たまに仲良くなる子もいましたが、その子も別の宗教の二世で、同じような境遇でした。 競争が禁止されているので、運動会では、騎馬戦や応援合戦に参加できません。 偶像崇拝や誕生を祝うことが禁止されているので、行事も休むことがある。 信者の子供のなかには、「なんでやらないんだよ」といじめられる人もいたみたいです。 私は誰にも、何にも聞かれないように、一人でいるようになりました。 声をかけてくれる優しい子もいましたが、自分で壁を作っていた。 図書室にいりびたっていましたね。

次の

エホバの証人とは

エホバ の 証人

エホバの証人のお葬式をまとめると• 葬儀は故人や遺族の意思で行う場合もある• 出席する服は一般的な喪服で問題なし• 香典は基本的に必要ない• 信者以外でも参列可能 こんにちは、葬儀屋2年目葬太郎です。 突然ですが、もしあなたの親族や友人が、あまり馴染みのない宗教を信仰していると、どのように出席したらよいかわからない事ってありますよね。 今回は 「エホバの証人」のお葬式のリアルについてお話します。 ネット上にはいろんな価値観の方がいるので、 私が検索した限りでは間違っていると思われる情報や意見も散見さ れていました。 そこで私は本当に友人、知人などがエホバの証人の方でお葬式に出席したいと思っているが情報がなくて悩んでいるという方のために、出来るだけ正確な情報を提供したいと思い今回まとめてみることにしました。 私のお話しする内容は、エホバの証人の公式サイト「」で調べた情報と、直接エホバの証人の方とお話させてもらった情報と、私の勤めるお葬式屋さんで実際に執り行った例からになります。 公式サイト・エホバの証人・勤務先の葬儀屋という3種類の視点からの情報ですので確度は高いと思います。 ただ、もしかしたらここでも地域性や葬儀屋ごとの多少の違いはあるかもしれませんのでご了承をお願いしますね。 では、エホバの証人はどんな宗教?という点はwikipediaや他のサイトにお任せするとして、私は、 お葬式の部分が実際はこうですよ。 という部分だけお話していきますね。 エホバの証人のお葬式はどこでするの? まず、お葬式の場所ですが、公式サイトを調べてみると 場所: 葬式を行なうことに決めたなら,王国会館,葬儀場,個人の家,火葬場,墓地など,どこでも遺族が選ぶ場所で行なうことができます。 となっています。 実際に 私の勤める葬儀屋でも極々稀にですが、エホバの証人の方が葬儀を行うことがあります。 ただ、年間で行う葬儀の内、0. 1%程度しかありません 公式サイトを見ても、いわゆる お葬式 エホバの証人的には「追悼式」と呼ばれる、遺族を慰めるための式 は行っても行わなくても良さそうですので、葬儀屋で葬儀を行うのは稀なのだと思います。 基本的にエホバの証人のお葬式は集会所 王国会館 で行う エホバの証人の方にお話を聞いた限りでは、エホバの証人の集会所 王国会館 で行うことが多いですよ。 と言っていました。 ですので、どちらかというと、追悼式は エホバの証人の集会所 王国会館 で行われるのが一般的なようです。 こちらは信者以外の方でも出席可能なようです。 集会所 王国会館 、葬儀屋以外の場所では ちなみに、先ほどの引用で「個人の家、火葬場、墓地など」と記載されていました。 個人の家でお葬式をするというのは、あなたも「うん、まぁやる人もいるよね。 」と理解できると思うのですが、火葬場や墓地というのは聞きなれないですよね。 実は一部の火葬場でも行うことは出来ます たぶん、簡単なお別れのようなものになるとは思います 実際に、私の先輩は火葬場で無宗教式でしたがやったことがあるという事でした。 墓地でというのは埋葬時に行うお別れに近いものだと思います。 エホバの証人のお葬式は、どんな服で出席すればいいの? 一般的な喪服で大丈夫 「エホバの証人のお葬式に出席することになったら、どんな服を着ていけばいいの?」 ちなみにエホバの証人の方は喪服を着用しません。 ですので、「エホバの証人の人は喪服を着ないけど私はどうすればいいんだろう…」と、あまり情報がない故に悩んでしまう所ですよね。 私の勤めるお葬式屋さんで、信者の方以外で実際に来た方は、ごく 普通の喪服でした。 それで特に問題がある雰囲気でもありませんでしたし、その後のクレームや、喪家様のご要望も特に無かったので、常識的な喪服なら問題ないと思います。 装飾や持ち物に関して アクセサリー類も常識的な範囲内でなら問題ないと思います。 ちなみにアクセサリー類はお葬式の時は• 2連になっているネックレス等は着けない• ネックレスは真珠、もしくは一部宝石 オニキスなど• 和服の時は結婚指輪のみ• ピアスは揺れる大振りなものは避ける• 結婚指輪に光る宝石が付いている場合、宝石面を下にする。 これらに気をつけていれば大丈夫です。 数珠やロザリオなどは必要がないので持っていかなくても大丈夫です。 エホバの証人のお葬式に香典って必要? エホバの証人は分類上キリスト教になりますが、 基本的にお花料 仏式の香典にあたる物 は受け取らないようです。 ただ、親族や故人と近しい仲だった方などでどうしてもお渡ししたい場合は、一般的なキリスト教で用いる香典袋 十字架が印刷されているもの ではなく、 無地の白封筒で名前だけ記載してお渡しすると良いようでした。 また、基本的に受け取らないことが前提なので所謂 香典返しもありません。 お渡しする際は注意してくださいね。 エホバの証人のお葬式に出席したらどうすればいい? エホバの証人のお葬式は、基本的に火葬が済んでいる状態でのお葬式になります。 仏式のお葬式でも先火葬で骨葬というのがあります。 ですがエホバの証人の場合は、お骨も遺影も御棺も基本的にありません。 少なくとも私が知っているお葬式ではありませんでした その代わりに、生前の写真をいくつか飾るようです。 お焼香もありませんし、特に何かをするということもありません。 基本的には、一般的にキリスト教で神父、牧師にあたる方が聖書からいくつかお話をされ、所謂賛美歌のような歌を歌って終了という場合が多いようです。 エホバの証人は、お葬式は 故人の為というより遺された方たちの悲しみを癒すために行うものというスタンスのようです。 私の勤める葬儀屋でも、先に火葬を済ませ、遺影、お骨もなしの状態で生前のスナップ写真を飾った上での式でした。 また、通夜振る舞いのようなお酒、料理を出して近しい人たちで飲み食いするということも無いようです。 馴染みのないお葬式に出席するときは エホバの証人のお葬式に出席する際は、上に書いたような事を注意すれば大丈夫です。 一部ではいろいろ記載されているようですが、実際は一般的なお葬式と比べると、異なることが多いですが特に問題になるようなこともありませんでした。 基本的に「葬式に関する自分たちの信条を他の人に押しつけない。 」という事ですので他のお葬式に出席する際の一般的な常識を守っていれば問題ないと思います。 注意すべき点は、 香典に関してと焼香が無い事くらいで、後は一般的な常識を持って参列すれば問題ありません。 馴染みのない宗教のお葬式に参列する際は、出席する側も構えてしまいますが、これだけ知っていれば大丈夫だと思います。 他にもあまり馴染みのない宗教のお葬式について知りたいあなたはも合わせて読んでみて下さい。 また、わからない事があれば、葬儀屋に聞いていただければ、喪家様のご要望を予め伺っているのでお答えできると思います。 追記 実際にエホバの証人の方のお葬式が入ったので、第二弾を書きました。 あなたが参列する際の参考になれば幸いです。

次の

危険なの!?エホバの証人の有名人・芸能人一覧!ヤバい噂も!

エホバ の 証人

エホバの証人とは? 「エホバの証人」とはチャールズ・ラッセル(1852~1916)によって始められたアメリカ生まれのキリスト教系の新興宗教です。 エホバの証人が用いている法的組織が「ものみの塔聖書冊子協会」です。 法人が各国にあり、ほぼ全世界で活動しています。 エホバとは聖書の神のことです。 エホバの証人と伝統的なキリスト教会は聖書を読むのも聖書の神を信仰するのも同じですが、両者の違いは伝統的な普通のキリスト教は父なる神とともにイエス・キリストを神として信仰しています。 一方、エホバの証人はエホバだけが神であり、キリストは神ではなく、神のような存在だとしています。 エホバの証人の伝道活動とは? 各家庭を訪問している姿が有名です。 日本中の多くの人が訪問を受けたことでしょう。 彼らは、この活動をとても大切にしています。 訪問すると不在でも「ものみの塔」などの冊子を無料で置いていきます。 他にも数多くの出版物があります。 日本で、このように活動しているエホバの証人は約40万人といわれています。 信者が約20万人で信者になるために勉強中の人が約20万人いるといわれています。 勉強中の人も伝道活動をします。 訪問時に関心を示せば、一緒に聖書を勉強しましょうとか、「王国会館」(集会場)へ行きましょうと誘われます。 エホバの証人の特徴ある戒律とは? エホバの証人には特徴ある戒律があり、中には一般の人には受け入れ難いものもあります。 たとえば「輸血の禁止」があります。 彼らは、輸血を受けません。 そのために死亡した事件などが、ときどきマスコミに出ます。 その中にはエホバの証人の両親が子どもへの輸血を拒み、死亡するという事件がありました。 もう一つは「格闘技の禁止」です。 学校の体育で柔道や剣道を拒否して単位が認められず、裁判になっている例が過去にありました。 他にも「他宗教の冠婚葬祭への参加禁止」、「クリスマスや自分自身の誕生日を祝うことの禁止」、「国旗敬礼・国歌斉唱禁止」など、なぜ禁止されるのか疑問に思う内容が多くあります。 勧誘の断り方 エホバの証人の勧誘を受けた時の断り方ですが、はっきりと興味がないことを伝えることに限ります。 女性二人組で訪問することが多いため、はっきりと断りにくい雰囲気になり、相手のことを思い、少しでも曖昧な答えであったり、興味がありそうなそぶりと見せるようになりそうですが、ここは心を鬼にして、はっきりと断りましょう。 エホバの証人が訪問して来ても特に恐れる必要はありません。 暴力・暴言を浴びせられることがないのはもちろん、強引な勧誘や物を売りつけてくることもありません。 強めに断ることで、その後、しつこく勧誘されることありません。 ただし、エホバの証人が無害なのはあくまでもここまでの段階であって、もし自分の家族や親族がエホバに入信してしまった場合、かなり厄介なことになります。 さまざまな世俗の事柄が「サタンの誘惑」とされて、いろんなことを禁じられる恐れがあるので、そのようなことにならないよう、絶対に家族や親族がエホバの証人に引き込まれないように注意しましょう。 お得な情報をおひとつ! 銀行に現金を預けても利息がほとんどつかない世の中で、お得に買い物をすることが家計にとって何より大切になってきます。 特にやらないと絶対に「損」をするのが、ポイント制度の活用です。 インターネットでショッピングをするとき、ショッピングサイトのポイントだけでなく、ポイントサイトを経由してショッピングサイトで購入することでポイントサイトのポイントも貯められることを知っていますか。 しかも、その支払いをクレジットカードでチャージした電子マネーで行うことで、クレジットカードのポイントと電子マネーのポイントも貯めることができます。 いわゆるポイントの4重取りが可能になります。 今後、モノやサービスの決済の電子化(キャッシュレス化)が普及していくことが予想されます。 電子決済に慣れておくと、今後、よりお得な決済手段を選ぶことができるようになるでしょう。 なお、ポイントの4重取りの詳しい内容については、別の記事で紹介していますので、興味のある人はをご覧ください。

次の