ジェットスター キャンセルできない。 入院でジェットスターのキャンセルを、搭乗日にできなくても後日バウチャーで返金してもらえた話|てむたむ

ジェットスターで支払いできないピンチ!どうすればいい?

ジェットスター キャンセルできない

28日に問い合わせしました。 電話はまず繋がらないのでチャットでしました つかながるまでかなりの時間かかりました。 気長に待っていたらようやく繋がる状態でした。 その時点で払い戻しは一般会員は不可でした。 コロナであっても。 分かっていたのですがショックですよねぇ。 現在コロナ関連での問い合わせが殺到してるとも話されてました。 もし繋がらないなどでキャンセルできなくても払い戻しはないですが、他の追加金などは発生したないのでとのことでしたよ。 ただ他の航空会社でスカイネットアジアなども払い戻し可能と国内線もなったので、私はギリギリまでHPにかじりつく予定です。 かなり痛いですよねぇ。 国内線を含むそれ以外の路線への特別な対応は今のところ発表されていないので、運賃タイプにより払い戻しの可・不可あり。 「Starter」「Starter Plus」「Business」は、払い戻しはできません。 JALやANAは国内線航空券の特別対応として手数料無しの払い戻しが可になりました。 LCCも、ジェットスターやピーチなどは今のところ国内線への特別な対応はありませんが、スカイマークは国内線全路線手数料無し払い戻し可になりました。 ジェットスターも大手やスカイマーク同様の特別な対応になることもあるかもしれないので、HPをこまめチェックすることですね。 ジェットスターへのメールでの問い合わせはできないです。

次の

ジェットスターのキャンセル・払戻方法|格安航空会社LCC研究所

ジェットスター キャンセルできない

Jetstar Airways Pty Ltd, ABN: 33 069 720 243. Jetstar Asia Airways Pte Ltd, BRN: 200403570D. Jetstar Regional Services Pte Ltd, BRN: 201229688K. Singaporean Travel Agent License No. 02495. Jetstar Japan Co. , Ltd. Jetstar Holidays K. Commissioner of Japan Tourism Agency Registered Travel Agency No. 1829. Jetstar Pacific Airlines, BRN: 0301103030.

次の

入院でジェットスターのキャンセルを、搭乗日にできなくても後日バウチャーで返金してもらえた話|てむたむ

ジェットスター キャンセルできない

記事の目次• まずは支払い方法を知ろう ジェットスターは、格安空港券を気軽に購入可能で、国内線片道が2,990円からとお安い料金を誇っています。 そんなジェットスターの支払い方法には、いくつかの種類があります。 数ある支払い方法の中から、ここでは利用しやすいとされている「クレジットカードで支払い」「バウチャーで支払い」「キャリア決済で支払い」「ウェルネット決済で支払い」の4パターンを解説します。 クレジットカードで支払い ジェットスターの支払いをクレジットカードで行うには、対応可能なブランドを知っておく必要があります。 支払いが可能なのは、VISA、マスターカード、アメックス、ダイナーズクラブ、JCB、UATPです。 ジェットスターマスターカードや、ジェットスタープラチナマスターカードの場合は手数料不要ですが、それ以外の場合には手数料が必要なので気を付けましょう。 バウチャーで支払い ジェットスターが発行するバウチャーを利用する場合は、手数料をかけずに支払いが可能です。 バウチャーとは、運賃や手荷物預かり、座席指定の料金を支払うことが可能な仕組みで、WEBやコールセンター、空港で、バウチャー番号を伝えることで決済が可能です。 ただし、有効期限が設定されていますので、気を付けなければなりません。 キャリア決済で支払い キャリア決済とは、スマホや携帯などの通信料と一緒に航空料金を決済する方法で、NTTドコモとKDDIの場合に対応可能です。 利用金額に範囲が設定されており、1,500円以上10万円以下となっています。 スマホやジェットスターアプリからの購入に限定されていますので、利用したい場合には知っておく必要があります。 ウェルネット決済で支払い ウェルネット決済での支払いも可能です。 ウェルネット決済とは、銀行ATMやコンビニATMのほか、ネットバンクを利用した決済方法です。 航空券の予約から出発日までの間に、3日以上のゆとりがある時や、購入金額が30万円以下の場合に活用することができます。 支払いできないピンチの対処法 飛行機で遠出する予定があるにも関わらず、ジェットスターの支払いができないというピンチの時には、一体どうすれば良いのでしょうか? ジェットスターの支払いができないピンチの対処法として「少しでも安い利用を心がける」「身内からお金を借りる」「カードローンを利用する」「不用品販売などで金策する」の方法を解説します。 少しでも安い利用を心がける まずは、少しでも安い利用を心がけることが大切です。 航空チケットは、時期によって料金が異なりますので、予定を調整できる場合には、安い時期に購入すると良いでしょう。 また、空港までの交通費も、乗り合いタクシーなどを利用して安く抑えると節約できます。 電車やバスで行って宿泊するのか、日帰りで飛行機を利用するのかなど、総合的な旅のプランも節約のカギとなるでしょう。 関連記事をチェック! 身内からお金を借りる どうしてもお金が足りなければ、身内などからお金を借りるのことも検討しましょう。 必要に迫られている場合には、正直に事情を説明すれば、貸してくれるかも知れません。 お金を借りる場合には、いつ返すのか、分割か一括で返すのかなど、具体的な約束をした上で借りると、相手も安心して貸してくれるかと思います。 カードローンを利用する 身内から借りるとトラブルが怖いという人や、身内でも借金のお願いはしにくいという人は、カードローンを利用すると手軽です。 カードローンはまとまったお金がすぐに入手できる上、毎月少しずつ返済していきますので、生活に負担なくピンチを切り抜けられます。 銀行や消費者金融などで、気軽に利用可能ですので、一度相談すると良いでしょう。 不用品販売などで金策する 交通費くらいなら、自宅に眠っている不用品を処分するだけでも対応できるかも知れません。 フリマアプリやオークションサイトは、とても簡単に出品できるため、活用して現金を準備しましょう。 予約変更やキャンセルの方法 ジェットスターを利用しようとして、どうしてもお金に困ってしまう場合には、予約の変更や、キャンセルが必要となる可能性もあるでしょう。 そこで、ジェットスターの予約変更やキャンセルの方法を紹介します。 場合によってはキャンセル料がかかることもありますので、あらかじめ知っておくことをおすすめします。 ジェットスターの予約変更 ジェットスターで予約変更する場合、WEBとアプリから予約をした場合には、PCやスマホで予約変更ができますが、電話やコンビニから予約した場合には、コールセンターに連絡しなければなりません。 また、チケットの種類によって、飛行機の出発日であればいつでも良い場合と、チェックイン開始時刻までの場合など、期限が異なりますので注意が必要です。 キャンセルの方法 ジェットスターの予約をキャンセルする場合には、払い戻しを受けることができます。 キャンセルの方法は、予約変更と同様に、WEBやアプリから予約した場合には、PCやスマホなどからキャンセルすることが可能で、電話やコンビニから予約した場合は、コールセンターに連絡する必要があります。 また、ジェットスター利用者のうち、1部の人だけがキャンセルしたい場合にも、コールセンターに連絡しましょう。 キャンセル料がかかる場合あり ジェットスター予約キャンセルの払い戻しは、必ずできるわけではありません。 航空券の種類によって払い戻しができない場合がありますので、コールセンターで聞いてみましょう。 ちなみに、払い戻しが行われたとしても、国内線1予約(1人)ごとに、3,090円のキャンセル料がかかります。 チケット自体が安い場合、キャンセル料が占める割合が大きくなるので、一層の注意が必要となります。 支払いが厳しい時の注意点 ジェットスター利用時に、支払いが厳しい場合には、ロスが内容に気を付けなければなりません。 せっかくお金を工面したり、節約しながら利用しても、余分な出費が出てしまってはもったいないですよね? ここでは、支払いが厳しい時の注意点として「最初の表示価格をアテにし過ぎない」「機内持ち込み手数料に注意」「座席指定手数料に注意」ということについて解説します。 最初の表示価格をアテにし過ぎない ジェットスターの最初の表示額をアテにし過ぎてはいけません。 ジェットスターの公式サイトに掲載されている金額は、航空チケットのみの金額であり、実際には燃油サーチャージや、税金、施設利用料、サービス料などがかかる可能性があります。 最初の価格だけみて安いと思っていると、実は案外高かったということもあるため、一定の想定は必要です。 機内持ち込み手数料に注意 機内持ち込みの手荷物は、エコノミーの場合7kgまで、ビジネスクラスで14kgまでが無料です。 この重さを超えると、搭乗ゲートで預けなければなりません。 搭乗ゲートで預ける場合には、料金が3,000円必要となり、カウンターで預けた2,600円よりも割高となりますので、重量オーバーにならないように気を付けましょう。 座席指定手数料に注意 ジェットスターで、座席を指定しない場合、家族などのグループだとしても席が離れてしまう可能性があります。 しかし、座席指定をすると、運賃タイプによっては追加料金がかかる可能性があります。 もちろん、1人で利用していて、座席がどこでも良いという場合には、わざわざ指定する必要はありません。 また、ビジネスクラスを利用する場合には、座席は無料で選ぶことが可能です。 まとめ ジェットスターで支払いできない場合には、借金をするか、手軽な方法で収入を得て、航空機代に充てると良いでしょう。 ただし、航空機代は、公式サイト掲載のもの以外に、追加料金が発生する可能性があるため、あらかじめの想定と、事前確認をおすすめします。

次の