ドキドキ 文芸 部 怖い。 Doki Doki Literature Club!

ドキドキ文芸部のサントラ!ED曲「Your Reality」楽譜・コード進行

ドキドキ 文芸 部 怖い

先日の記事で、DDLCこと「Doki Doki Literature Club! (ドキドキ文芸部)」が違う意味でドキドキしすぎることをまとめた。 ウィキペディアなどで結末は何となく把握しているものの、あまりにも中途半端に終わっていたので、個人的には後味の悪い状態だけが残っていた。 しかしこれではいけないということで、意を決して最後までプレーしてみたところ、私の前回の紹介はあまりにも表面だけだったことを反省し、こうして続報の記事を書いている。 これから書くのはエンディングまでを含めた感想や考察なので、キミが未プレイだったり結末を知りたくないのであれば、上記の記事からゲームのダウンロードページに進み、まずはプレーしてみることをオススメする。 ただ、刺激は結構強めなので、ホラーものなどにあまり耐性が無いのであればオススメしない。 そういう場合はこの記事を読んで、「そういうゲームがあるのか」と思ってみるものいいだろう。 今回は「【完全ネタバレ】DDLC(ドキドキ文芸部)を最後までプレーしたら怖いだけのゲームじゃなかった」と題し、前回の記事時点ではわからなかったドキドキ文芸部の本当のことをまとめていこうと思う。 DDLCはリアルとゲームの限界ギリギリの境界線に近づこうとしたゲーム 最後までプレーした感想としては、 「DDLCはリアルとゲームの限界ギリギリの境界線に近づこうとしたゲーム」というのが浮かんだ。 キミがゲームにハマった経験があるなら 「ゲームの世界に入ってみたい」というのは一度は考えたことだろう。 しかし基本的にゲーム側はゲーム側で世界があり、私やキミが歩み寄ろうとしない限り、近づいてくることはない。 厳密に言えばどうやっても近づくことはできないが、それでもそういう願望を持ち、かなわぬ願いというか、想いをぶつけ続けたプレーヤーはいることだろう。 私もギャルゲーでは何度もそんな思いにさせられた。 だが DDLCは、キャラクター側が現実の中にいるキミに必死にコンタクトを取ろうとしてくれる。 一方通行ではなく、それを伝えるためにさまざまなアクションをしてくれるし、そう思えるような状況にまで進んでいく。 DDLCに1周目から4周目という表現がはたして正しいのか プレイしていて思ったのは、1周目から4周目という表現。 たしかにタイトル画面というか、エンディングにいたるまでに、プレーヤーの意思とは関係なくゲームは3回やり直されるし、1周目と2周目はかなり中身が似ている。 しかしプレーしてみるとまったくの別物であり、3週目なんかは極端に違う。 カンタンにまとめると、下記の通り。 1周目:4人がそろった、一番スタンダードな展開 2周目:サヨリが消され、1周目同様の展開にしようとするも、さまざまなひずみがある 3周目:モニカとプレーヤーだけの世界 4周目:モニカ不在で、1周目に近い展開のスタート ただ、何周目という区切りをしないとわかりにくくもあるので、仕方ないかもしれない。 みんな初見でわかるもの?他に類を見ない斬新な進め方 個人的には 3周目の進め方と、エンディングが衝撃だった。 これは1周目の終盤くらいでわかるが、すべての黒幕はモニカ。 3周目はモニカとプレーヤーだけの世界になり、まずはモニカが文芸部についてやゲームについて、自分の存在などを伝えた上で、主人公ではなくプレーヤーへの愛を語る。 そして、1周目から2周目にいたる操作をすべて自分がやっていたことも。 ひととおり話し終えた後には取り留めない雑談が始まり、それが永遠に続く。 よくある「延々」の書き間違いではなく、放置すれば本当にPCが動く限り「 永遠」に。 最初私は進め方がわからずしばらくモニカの雑談に付き合っていたが、次第にモニカが話す内容が同じものになってきて、このままでは先に進まないことに気づいた(というか他の人はすんなり気づくものなんだろうか・・)。 そこでセーブをしたり、一度ゲームを終わらせてから再起動などもしてみたが、状況は変わらない。 というか、セーブをさせてくれないのである。 先に進むための方法は、 モニカのキャラクターファイルを消すこと。 物理的に自分自身でDDLCのゲームフォルダを開き、「characters」フォルダ内のモニカのキャラクターファイルを削除することで、ようやく物語は先に進む。 プレーヤーに削除されてもなお、純粋な愛を語るモニカ ただ、ここでのモニカが何とも健気で切ない気分になる。 ファイルを削除した当初はプレーヤーに罵詈雑言を浴びせ、嫌いになったような発言を繰り返す。 しかし結局それでも嫌いになれない。 愛していると伝えてくる。 いろいろ形が間違ってはいるが、プレーヤーへの愛はホンモノ。 いままで超えることのできなかった境界に、モニカは自分から肉薄してくれている。 私も何とも言えない気分になった。 4人の中で一番まともなのはモニカ? いや、でも違うな。 というか、4人ともおかしい。 これまた斬新すぎるエンディングとその先にあるもの 自分のファイルを消されてしまったモニカだが、実は他の3人のファイルは消していなかったことを告白し、モニカ以外の3人がいる状態で再度物語がスタートする。 しかしここでは早々にサヨリが暴走。 挙句にモニカを消してくれてありがとうと言ってくる。 1周目では完全なる悲劇のヒロインだが、何ともどんでん返しだった。 そして主人公を独り占めしようとしたところにモニカが待ったをかけ、物語はエンディングを迎える。 ただこれは普通のエンディング。 一定の条件を満たすとサヨリは暴走せず、主人公への感謝を述べてスペシャルエンディングを迎える。 エンディングは何が斬新なのかと言うと、モニカのピアノと歌声に合わせてスタッフロールやイベントシーンが流れるが、イベントシーンの画像が次々に削除されていくこと。 そして最後にはモニカからの手紙が表示される。 さらに驚きなのはこの後再度ゲームをプレイしようとしても、モニカからの手紙が表示されるだけでやり直しはできないこと。 やり直すためには再度ゲームをダウンロードし直すか、マニュアルの手順に従ってファイルを復元するしかない。 スペシャルエンディングではモニカではなく、ゲームの制作者であるダン・サルバト氏からの感謝の手紙になるが、ゲームをやり直せない点は同じである。 物理的にファイルを消したり、勝手に消されたり、やり直しができなかったりなど、今までに経験したことのない展開が個人的には非常にショッキングだった。 スペシャルエンディングの一部と出し方 そういえば記事作成後にさらに頑張って、私もスペシャルエンディングを出してみた。 本当はダン・サルバト氏の手紙も含めて公開したいところだが、スペシャルエンディングのワンシーンだけにしておく。 もったいぶっている感を出しているが、DDLCはゲームとしてはそこまで難しいものではない。 ただ、やる気力というか、モチベーションがあるかどうかが問題かと。 私も流れはすべてわかってるはずなのに、1周目の最後は嫌だし、2周目はゾクゾクしてしまった。 そういう意味で、本当に良くできたゲームだと思う。 ちなみにスペシャルエンディングの出し方は、すべてのイベントシーンの画像を見ること。 そして、これをセーブしておくことが重要になる。 サヨリが自殺してしまうとこれができないので、一通りのイベントを1周目で実施する必要がある。 キミも勇気と気力があるなら挑戦してみてほしい。 ナツキの本性はどこにあるのか? 個人的に気になったのは、物語において唯一死ぬことのなかったナツキ。 厳密に言えば、モニカもゲーム内の描写として死ぬところは無かったが。 2周目で色々おかしくなることもあるが、それは基本的にはモニカの仕業であり、ナツキ本人のアクションではない。 会話の中で父親との問題を抱えているであろうこと、文芸部が非常に居心地の良い場所であったことなどはわかるが、彼女のことを深く知るすべはない。 というかこの物語にあっては、一番彼女がまともだったんじゃないかと。 でもそれも、 「そもそもが主人公を好きになるだけのプログラム」と断じられると、何とも諸行無常ではあるが。 スペシャルエンディングも決してベストじゃない。 どうあがいても、絶望 ここからはプログラム云々の話は度外視するが、DDLCの辛いところは、どうやっても同じ結末にしかたどり着けないこと。 終盤のサヨリの発言や手紙の違いはあるが、結局はモニカが強制的にゲームを終わらせる結末に落ち着く。 なので、どうやってもサヨリは1周目で首をつるし、2周目でユリはナイフで自分をメッタ刺しにする。 ここが、何とも辛い。 「そもそもが主人公を好きになるだけのプログラム」なのかもしれないが、モニカがいじった時点で本来のプログラムに異常は出ているんじゃないかと。 サヨリにもユリにも主人公を好きになるプログラムが組み込まれているなら、ああいう結末を望んではいなかったはず。 モニカが干渉することによって、彼女たちのプログラムも本来の動作をできなかったんじゃないかと。 そして、モニカ自身もそう。 別のカタチの救い方があったんじゃないかと思えてならない。 もっと円満な、平和的な。 個人的には、4人それぞれともっと深い関係になれるシナリオが欲しかった。 でもどうやってもモニカが邪魔をするので、サヨリ、ユリ、ナツキと深い恋愛は難しいのかもしれない。 仮に最初からプレーヤーがモニカ単推しだったらどうなったんだろう。 それでもサヨリもユリも、自ら命を絶ってしまうんだろうか。 じゃあ、モニカが最初からいなければいいんじゃないのか? キミがそう思うなら、初期状態でモニカのファイルを消してプレイしてみてほしい。 おもしろいというか、刺激的なものが見られる。 結局はあの結末しかありえないんだろうという考えに落ち着いてしまう。 まとめ いかがだっただろうか。 DDLCの完全ネタバレ記事として、下記のことをまとめてきた。 ・DDLCはリアルとゲームの限界ギリギリの境界線に近づこうとしたゲーム ・DDLCに1周目から4周目という表現がはたして正しいのか ・みんな初見でわかるもの?他に類を見ない斬新な進め方 ・プレーヤーに削除されてもなお、純粋な愛を語るモニカ ・これまた斬新すぎるエンディングとその先にあるもの ・ナツキの本性はどこにあるのか? ・スペシャルエンディングも決してベストじゃない。 どうあがいても、絶望 内容から考えると積極的にオススメしていいものかどうか迷うところだが、個人的にはやはり一度やってみてほしいと思う。 刺激がきつ過ぎるなら、YouTubeなどで実況動画もたくさんアップされているので、そちらを見てもいいかもしれない。 散々ネタバレしておいて何だが、念のためにゲームへのリンクを張っておく。 普通の恋愛がしたいと思うキミにはこちら。 公式ショップにある4人のホラーチックな絵を見る限りユリが黒幕でしょうかね。 サヨリは支配を脱しようとしたのか制服の赤いリボンは解けていますが、赤い糸が首に絡みついてます。 ナツキに関しては赤い糸にがんじがらめ。 モニカはぱっと見だと赤い糸から解放されているようですが制服のリボンにつながっているため完全には支配を脱していなさそうです。 ユリの赤い花から延びる赤い糸が他の3人を支配しているのでしょうか。 あるいはユリが感染源となっている? それを踏まえてタイトル画面を見ると、赤いハートと青いハート、赤いリボンを付けたサヨリとナツキに青系統のヘアピン付けたユリに白いリボンのモニカ。 サヨリとナツキは支配され、モニカは脱している?ユリは支配者か。 モニカはペンを持ち 部長=管理者権限? 、ユリは本 第三の目? を持っている。 また、サヨリは作中ボタンを留めたがらずに主人公がボタンを留めても拒否して外します。 サヨリの頭についているのは何か?赤いリボンですよね。 モニカがゲームプレイヤーと会話するシーンで、モニカ以外の登場人物には意思がないといった会話をします。 サヨリはモニカ =あの子? にバレなかったため意思がないと勘違いされているのでしょうか。 それもともユリ または真の黒幕 にバレたくなかったのでしょうか。 この詩のタイトルは「%」ですが、doki doki literature clubのタイトルロゴの「8」部分を分割したのでしょうか。 という公式の画像について、ユリだけが誰とも手をつながず一人で立っています。 隣のナツキは不自然に腕を後ろに回していて、腰に手を当てているとも取れますがユリを拒絶しているようにも取れます。 さらに赤い文字で数字が書かれていますが、ユリが赤いペンキのついた筆を持っています。 上記の赤&支配の因果関係を鑑みるにこのイラストもその辺を暗示しているのでしょう。 モニカは白い布地を持っていることからも上記のような部分を連想させますね。 ちなみにユリが黒幕 あるいは真の黒幕に操られている と思われる理由は実はそこかしこにあります。 ユリが妹か姉なのかは現段階では不明 また、この物語(人体実験とか脱出の話)自体はこのドキドキ文芸部を作ったメーカーの次の作品の可能性がある。 というのも、ユリ 達 がそのゲーム世界の住人であると示唆する部分が多々あるから。 サヨリは自室での会話で世界が許してくれないとか罰が下ったなどと語ります。 モニカは管理者権限 部長 としてこちらの世界に干渉します。 第4の壁を超えることができず、しかし彼女たちの存在がゲームの枠にとらわれないことを示唆します。 つまり他の世界 ゲーム から来たという可能性もあるのです。 さらにいうならば、部長という役割すらも誰か ユリ? に与えられたという可能性も。 ユリの発言に、世界は醜い人たちがあふれていて私たちには価値がない、とある。 ユリの持つ本「マルコフの肖像」を主人公も読むと発言すると、ユリの立ち絵が一瞬バグって目玉がグロくなる。 第三の目? 読み進めると ドキドキ文芸部の 主人公が、この作品 マルコフの肖像 の主人公がユリに似ていると発言、ユリはこれを不自然に強く否定し自分とは似ていないという。 自分自身を否定したいのか、あるいは真の黒幕 第三の目 が彼女の姉妹ということか。 ナツキちゃんは詩みせの時に、手紙で主人公に本心を伝えた直後にモニカに改変されてしまってます。 ユリちゃんの様子が最近おかしいこと、けど、それを自分ではどうにもできないこと、それでも放っておく事はできず、仲良くしていたいという事。 モニカは何もしてくれなかったこと、むしろナツキが何もしないように誘導してくること。 だからもう、頼れるのは主人公しか頼らない。 主人公の言うことならユリは聞くかもしれないから。 と言った内容。 この手紙を読んだら、バレないように、悟られないように良い詩を読んだかのように振る舞ってほしいと書かれていました。 ですが、その直後、モニカによって操作され今のことは忘れて。 モニカとだけ仲良くしてと発言するようになります。 これがナツキの本心だと思います。

次の

Doki Doki Literature Club!(ドキドキ文芸部)

ドキドキ 文芸 部 怖い

「Doki Doki Literature Club(ドキドキ!文芸部)」をプレイしました。 文芸部に所属して可愛い女の子たちとキャッキャうふふする普通のノベルゲーム。 かと思いきや… プレイヤーの想像に反してとんでもなく鬱でホラーな結末へと連れていかれるPCゲーム。 めっちゃ怖かったです。 未プレイの人は無料で遊べるので是非ダウンロードしてプレイしてみて下さい。 プレイを終えてしばらく経ってもMonikaや文芸部のメンバーが頭から離れない人も多いはず。 そんなコアなファンの皆様は「ドキドキ文芸部オリジナルサウンドトラック」を聴いてどっぷり余韻に浸りましょう。 エンディングのスタッフロールで流れるピアノ弾き語り「Your Reality」などを含む全15曲。 音楽:ダン・サルバト(Dan Salvato) 曲目 1. Doki Doki Literature Club! Ohayou Sayori! Dreams of Love and Literature 4. Okay, Everyone! Play with Me 6. Poem Panic! Daijoubu! My Feelings. My Confession 10. Sayo-Nara 11. Just Monika. I Still Love You 13. Your Reality 14. Poems Are Forever feat. Shoji 15. Doki Doki feat. Nick Kaelar.

次の

Doki Doki Literature Club!

ドキドキ 文芸 部 怖い

Twitterだとネタバレで迷惑かけるかもしれないからこっちに書くね、故に粗雑で複数のツイートをバラバラに置いてる感じになります ガッツリネタバレあるのでご注意ください このゲームに対して言いたいことは山程あるんですがとりあえず2つ 神ゲーでしたありがとうございます、確実に死ぬまで記憶に残ります もう1つは、欲を言うとハッピーエンドが欲しかった です このゲームのハッピーエンドの定義は人によりけりだと思いますし、彼女たちにとってのハッピーエンドもまた人それぞれだと思います。 「我々人間が現実を真っ当に生きること、それがモニカを始めとする文芸部への救いになる」など機知に富んだ解釈などがありますが、僕にとっての最高の結末は"全ての人物が平和で楽しく暮らしていくこと"です。 子どもっぽくて、思慮深く見えない、自己中心的かつ非現実的な考えかもしれませんが、それがゲームにおいても現実においても共通の最高の結末だと僕は信じています。 だからそんな現実的じゃないエンディングが見てみたかった。 でもこのゲームは限りなく現実に近かった。 最後のモニカの詩を読んで、ブラウザが閉じて、「素晴らしいゲームだった」とは思いませんでした。 その気持ちよりも先に"悔しさ"と"無力"を感じずにはいられませんでした。 自分がいくら「この文芸部のためになんでもする」「命を賭けてこの世界をハッピーエンドにする」と誓ったとしてもこれは最初から最後まで道筋がプログラムされた"ゲーム"です。 プログラムされたこと以上のことは出来ません。 現実にアニメのような特別な力など無く、自分の気持ちに呼応してゲームがバグを起こし、感動的なラストを迎える。 なんてことはありえない、ただ最後まで決められた道筋・分岐点を進むことしかプレイヤーに選択肢はなく、それ以上のことはできない。 このゲームを始めてしまった時点でハッピーエンドなんてないのかなと思います。 でもやっぱり登場人物全員が平和で楽しく日常アニメみたいなことしてるところもすごく見たいですし、そんな様子を見たら普通に号泣する 話が微妙に逸れますけど、例えばDDLCの公式から4人が楽しく遊んでるイラストとか投稿されても逆につらいんですよね、「でもゲームの中の世界は救えなかった」ってなって。 まどマギとかでも同じことがよくあります、かわいい平和なイラスト公式から出されても「アニメでは救われてないんやぞ」って、主要の舞台を彼女達にとっての現実だと考えてしまう。 話を戻します。 このゲームすごく乱数イベントが多いんですね、僕は一度Vtuberさんの配信を最後まで見て興味を持って始めました。 なのである程度精神的余裕を持ってプレイできると踏んでいたのですが、見たことないイベントが発生したりしてまあビビりました。 ここで初めて乱数要素に気付き「知らない知らない」と連呼しだす ホラーゲームを自分でしっかりプレイしたことがないので本当に折れそうになりましたが、やっぱりこのゲームそのものが面白いので [面白さ] > [怖さ] って感じで面白さのほうが上回っていきました、そのおかげで最後までプレイできた節があります。 ただのホラーゲームだったら怖くて止めてたかもしれない。 このゲームエンディングは2つしかなくて、どちらも大きな展開の違いは無くオマケ程度のものだそうです。 ですがそのエンディングに至るまでの過程で小ネタがあることあること、乱数イベンツもそうなんですがこのゲームのフォルダ内のファイルに関する小ネタがいくつもあります。 どういうことかというと、ゲームを進めていくにつれてフォルダ内に勝手にファイルが作られたり、逆に消去されたり、ファイルをいじると隠し要素が見れたりなどなど、こういうのは男の子ならほんとワクワクすると思います。 あと最後にサヨリが力を手に入れて大暴れしかけますけどあれは後々考えるとすごい悲しいですよね、"モニカのやったことを全部知っている"ならモニカがゲーム中どんな心中だったのか分かっているということですし、サヨリが文芸部のメンバーのことを深く考えている子であるということもこれまでのプレイでよくわかっています。 それなのに「モニカちゃんを消してくれてありがとう」と言って暴走する。 彼女らしさが完全に消え失せている。 人は何らかの強大な力を手に入れると暴走してしまう、というリアリティの表現なのか、それとも強大な力によって無意識にサヨリが操られているのか。 できれば後者であって欲しい。 かなり文章ぐちゃぐちゃですがほぼ一筆書きで勢いのまま書いてるので許してください さて配信見てた方ならわかると思うんですが 僕クライマックスでモニカの拡張子をmp4にしたんですね、ビットマップにするか悩んだんですけど。 Just Monika. 自分で考えて自分でこういった結論に辿り着けたのは良かったです。 ユリすき.

次の