中国 ハニー トラップ。 【世界を読む】中国「ハニー・トラップ」はイスラム国より脅威 英MI6が警告、美しすぎるスパイの危険度(1/4ページ)

今日の中国32 中国のハニートラップ恐るべし。河野外相まで罠に?

中国 ハニー トラップ

'You see, long ago when I was a little boy I made a mistake and walked into a honey-trap. ' 'He made an ass of himself with a Polish girl,' said Guillam. 'He sensed her generosity too. ' 'I knew Irina was no honey-trap but how could I expect Mr Guillam to believe me? No way. Tinker Tailor Soldier Spy. Penguin Books Ltd. Kindle. 女性工作員は、対象男性を誘惑し、性的関係を利用して懐柔するか、これを相手の弱みとして脅迫し、機密情報を要求する。 (: Humint、 Human intelligenceの略)の一種である。 また、隙を見せた標的をその場で殺害することもある。 ただし、必ずしも女性スパイが仕掛けるものとは限らず、のロミオ諜報員のように、男性スパイによって対象となる女性を罠にかけることもある。 こういった要素から、色仕掛けによる諜報活動といえる。 なお、ハニートラップは直訳すると「蜜の罠」や「甘い落とし穴」となり、同じような意味合いで使用される セクシャル・エントラップメント(: Sexual Entrapment)は「性的な囮(おとり)」という意味である。 時代、で頻繁に行われた(特に、のであったとされる)。 事例 [ ] この節にはが含まれているおそれがあります。 問題箇所をしして、記事の改善にご協力ください。 議論はを参照してください。 ( 2015年12月) の調査と研究によれば、の蔵書であるにある士の書いた『趨庭(すうてい)雑話』という資料に、が家臣に対し、女性によるハニートラップを仕掛けていた話が記されており 、宗春自身、幕府からハニートラップを仕掛けられたため(の質素倹約令と対立したため)、その女性忍者を刺殺したとあり 、さらに時代が下り、尾張藩士の深田家が書いた随筆『感興漫筆』にも、宗春が女性忍者を手討ちにした話が詳細に記述されており(くノ一が「赤婆々」と呼ばれていたことなど)、これらの内容が深田家では一子相伝されていたこと、時が経ち、秘する必要性がなくなり、手討ちされた(忍者)と女性忍者も幕末になり、深田家当主によって供養が行われ、がつけられたと記されていることから、磯田は、200年以上厳重に秘密にされていた話が作り話とは考えにくいとする。 戦前の日本海軍がに傾斜したことを疑問に思ったは、ある取材で元海軍中佐 に質問したところ、その原因がハニートラップであると答えたとする。 それによると、駐在武官としてに滞在している間にナチスは美人のを派遣して来て、いつの間にかナチスの色仕掛けに篭絡され、気がつけば、ナチスびいきになっていたという。 こうしたことが原因のためか、元海軍の多くが、質問に対して黙ることが多く、聞き出せたのも、うっかり話してしまった感があるとしている。 『』1998年6月号で、はが総理在任中にの女性官僚と関係があったと報じた。 女性は中国側のとみられているが、これについて橋本側は、女性は中国大使館に勤務する通訳であり、職務上接点があっただけと釈明している。 なお、橋本は日中友好団体の会長を務めており、中国へのODA事業などを積極的に進めていた。 21世紀の事案としては、に在日本のがを遺してした事件(詳細は参照)や、 ののが内部情報を持ち出した上、へに許可無く無断渡航していた事件(このも後に自殺する)が代表として挙げられる。 [ ] 彼らは共通して、同一のの日本人向け店に勤める中国人女性と親密な関係にあったとされるが、実は「その中国人女性店員こそがが送り込んだ女性で、日本総領事館員ももハニートラップに嵌められたのではないか? 」という説が、一部等で主張されている [ ](また、2006年放送の『』でもこの旨の内容が報道されている)。 メディア作品等 [ ]• The Guardian. The Guardian 2014年6月17日. 2018年9月27日閲覧。 , p. , p. 110. , pp. 112-113. , p. 114. , p. 127. 115. , pp. 26-43. 参考文献 [ ]• 『日本史の探偵手帳』文藝春秋〈文春文庫 い87-5〉、2019年1月。 加藤昭「橋本首相「中国人女性」とODA26億円の闇 大宅賞作家が北京・長春現地取材」『』第30巻第6号、文藝春秋、1998年6月、 26-43頁。 、、、『昭和史の論点』文藝春秋〈 092〉、2018年(原著2000年)、13刷。 シズマン, アダム『ジョン・ル・カレ伝』下、、鈴木和博訳、、2018年5月25日。 『歴史に「何を」学ぶのか』筑摩書房〈 282〉、2017年8月。 関連項目 [ ].

次の

ハニートラップ

中国 ハニー トラップ

建国70周年を記念し、グランドライトショーが行われた上海=2019年10月6日 元米陸軍将校(59)が中国人女性(27)と交際 中国軍によるサイバー空間や宇宙開発など先進分野への進出が目立つ一方で、中国軍の活動や戦略を支える伝統的な手法が、スパイ活動だ。 担うのは、総参謀部(現・連合参謀部)第2部(総参2部)。 内外でうごめく数万人と言われる諜報員を束ねている。 多くの日本人が観光で訪れる米ハワイ。 地元の連邦地検は2013年3月、元米陸軍将校の男(59)を国防機密漏洩などの罪で逮捕、刑事訴追したと発表した。 交際していた中国人女性(27)に米軍の戦略核の配備計画や弾道ミサイルの探知能力、太平洋地域の早期警戒レーダーの配備計画などの軍事機密を漏らしたとされる。 この男は軍歴30年に及ぶベテラン。 米太平洋軍司令部に勤務しており、最高機密にも触れることができた人物である。 検察によると、2012年に退役して、米軍が契約する防衛関連企業で働いていた。 彼は11年5月にハワイで開かれた軍事関係の国際会議で、大学院生として参加していたこの中国人女性と知り合って、翌月には交際が始まったという。

次の

ハニートラップ疑惑の有名人をまとめ!美女の誘惑に負けた?

中国 ハニー トラップ

世界中の国々では、表面の外交以外の裏工作があります。 はっきりと諜報に使われている手法が「ハニートラップ」です。 海外で働く、外交関係者、報道関係者、ビジネスマンなどを狙って罠をかけます。 長期間、単身で他国に赴任している人は、そのほとんどが男性です。 妻や恋人から離れて、何年も外国で生活している彼らは、女性に対してほとんど無防備になります。 表面的には理性で抑えていても、下半身の衝動には抗えません。 そんな状態の時、突然目の前に、自分の好みの女性が現れる。 しかも優しく、外国人であるのに話が合う。 肉体的に深い関係になっても彼女の性格は変わらず優しく好ましいまま。 運命的な出会いと思い込んだ男は、すっかり心を許してしまい仕事に関する話をしてしまう。 これが「ハニートラップ」なのです。 自分の好みの女性が目の前に現れたのは、その男の好みを知り尽くした女性を当局が作り上げて、登場させた結果です。 そして、彼女が男と話が合うのは、あらかじめ詳しい情報を持っているから当然です。 中国は、ハニートラップが得意な国と言ってもいいでしょう。 総理大臣まで罠にかけてしまったのですから。 橋本元首相、新聞記者ら 中国ハニートラップにハマった人々 2014. 26 07:00 ハニートラップは古来、中国の情報工作の一つ。 女性工作員が男性を籠絡して機密情報を得る、または弱みを握って揺さぶる策謀だ。 対象は政治家、官僚など多岐に渡る。 有名なのは、橋本龍太郎元首相を籠絡した中国人女性通訳のケースだ。 1996年、橋本氏に、中国政府関係者を夫に持ち駐日中国大使館への勤務経験もある中国人女性との親密な関係が発覚した。 後に、この女性は北京市公安局の情報工作員だったことが判明。 橋本氏と交流を持ちながら、中国へのODA増額などの働きかけを行なっていた疑いがある。 2人の出会いは1970年代末、ホテルニューオータニのロビー。 女性は橋本氏の前で、白いハンドバッグを落とし、それを拾ってもらう。 橋本氏は、突如現われた女性の美貌に心を躍らせるが、あらかじめ仕組まれた工作の可能性が高い。 2004年、上海総領事館員も巧妙な罠に嵌まってしまった。 上海のナイトクラブで働くホステスと交際していた領事館員は、このホステスとの交際などをネタに中国公安の「協力者」になることを迫られる。 中国公安は、領事館員が暗号電文を送受信する立場であることを既に知っていた。 思い悩んだ領事館員は、領事館内の宿直室で自ら首を吊る。 遺書にはこう綴られる。 <日本を売らない限り私は出国できそうにありませんので、この道を選びました> 日頃、中国共産党を取材する立場のジャーナリストにもハニートラップの毒牙が及ぶ。 昨年7月、大手全国紙で数多のスクープを飛ばしていたエース特派員とテレビ局の中国人スタッフの「禁断不倫」が週刊誌によって報じられた。 記者は中国人女性と仕事で知り合う。 記者は、中国人女性を支局内に連れ込み、取材情報が集積されたパソコン端末を使用させていたと記事には綴られている。 昨今、その大手紙は中国共産党の暗部を執拗に報じている。 それらの情報源を割り出したい当局にとっては、新聞社の内部情報は何としてでも手に入れたいものだ。 ちなみに、この女性は中国軍幹部の娘だという。 狙われるのは民間のビジネスマンも同様だ。 例えば国家間のプロジェクトに関わる財界人などは、ハニートラップの格好の対象になろう。 「中国進出メーカーの駐在員もハニートラップの被害者となることがある。 この中国人女性に関係を家族や会社にばらすと脅迫され、多額の金銭を支払ったと聞きました」(大手メーカー・中国駐在員) 心を許したが最後。 中国人の策謀はしたたかで恐ろしい。 2人とも満面の笑みです。 相手は中国外務省の華春瑩副報道局長です。 こんなに堂々とハニートラップかと驚きました。 しかし、単なるサービスショットのようです。 だって、どう見てもおっさん2人の2ショットです。 けれども、人の好みはわかりませんから、何とも言いようがありません。 中国騒然。 河野太郎外相、中国外務省の「あの人」とあま? い2ショット 現地メディアも「素敵な笑顔!」と好意的 ハフポスト日本版編集部 河野太郎外相が1月29日、Twitter上で中国外務省の華春瑩(かしゅんえい)副報道局長とのツーショット写真を公開し、話題になっている。 河野外相は27日、28日まで中国・北京を訪問。 李克強首相や王毅外相との会談に臨み、日中間の関係改善や北朝鮮情勢などで意見を交わした。 公開されたツーショット写真は、この日程のどこかで撮影されたものと思われる。 華氏といえば、記者会見ではいつも厳しい表情で中国政府の見解を伝えることで知られている。 ところが、今回公開された河野外相とのツーショットでは、普段の硬い表情とはうって変わって、チャーミングな笑顔だ。 尖閣諸島など東シナ海情勢をめぐり対立が続く中で、今後の日中間の「雪解け」を感じさせるような一枚だ。 河野外相は「With a famous Chinese lady! (中国の有名な女性と)」と、写真を紹介。 現地メディアは「日本の外相、華春瑩氏と微笑みの自撮りを公開」「素敵な笑顔!」などと、好意的に報じている。 華氏をめぐっては、2017年12月の記者会見で上野動物園のパンダ「香香」(シャンシャン)と日本の外務省の杉山(ShanShan)事務次官を勘違いした際、珍しく笑顔を見せたことで話題に。 この時は中国でも「笑顔が温かい」「かわいい」など、好意的な意見があがった。 華氏は29日、記者会見で河野外相の訪中について言及した。 「人民網」によると、華氏は「現在中日関係は正念場にあり、積極的な進展があると同時に、少なからぬ妨害や阻害にも直面している」「日本側が中国側と共に努力し、同じ方向に向かい、両国関係を早期に正常で健全な発展の道に戻す後押しをすることを希望する」と述べた。 ha-kurehanosatosi.

次の