ディス コード 声 が 入ら ない。 相手の声は聞こえるが、自分の声が相手に聞こえない(スカイプ / マイ

録画したファイルに音声が入らない問題の解決法

ディス コード 声 が 入ら ない

皆さんの中で普段ゲームをする際にボイスチャットツール(Discord, Skype, TeamSpeak, 等々)を使用して、友人と話しながらプレイする方は多くいるかと思います。 そんな時に「良いプレイができた!」とか「ここ動画のネタになりそう!」といった瞬間に、ShadowPlayのインスタントリプレイなどで録画をしても自分や相手の声がバリバリ入ってしまい、「Youtubeやニコニコ動画にアップできないじゃん」と没になった動画は少なくないと思います。 これを回避するためには、今までは や くらいしか情報がありませんでした。 しかしこれらには、前者は強制的に7. 1chへと変更される/会員登録が必須、後者は設定がとても複雑である/そもそもできない(?)、といった問題がありました。 これらの問題を一気に解決し、かつ手軽に設定できるツールとして というものを見つけたので、自分用メモついでに設定方法を共有しておきたいと思います。 公式HPからダウンロードしてインストールする の真ん中あたりにある、 INSTALL VB-CABLE Virtual Audio Device. という項目からDOWNLOADボタンを押すとダウンロードできます。 PCのサウンド設定を変更する サウンド設定の再生タブを開くと、 CABLE Input というデバイスが新しく追加されています。 このデバイスを 既定のデバイスとして設定 してください。 また普段使用しているデバイスの名前を覚えておいてください。 次に録音タブを開くと、こちらにも CABLE Output というデバイスが新しく追加されています。 普段使用しているマイクなどに設定を戻しても構いません。 ShadowPlayの録音設定を変更する ShadowPlayの設定画面からオーディオタブを開き、マイクの ソースをCABLE Output に、 ボリュームを0パーセント に設定します。 ボイスチャットツールの設定を変更する 私はDiscordをメインで使用しているので、以下の例はDiscordのみになります。 他のツールでも同じことができると思いますので、参考程度に見てください。 この時 Default を選択してしまうと、 相手に自分の声が聞こえない/相手の声が聞こえない等の問題が起こる ため、必ず 普段使用しているデバイスを指定 してください。 実際に録画する これで設定は終了です。 実際に通話しながらゲームを録画してみましょう。 ひとつ注意が必要なのが、 通知音や音声出力先を変更できないソフトの音はそのまま録音されてしまう ことです。 「音楽をかけながら録画したい、でも音楽を録音はしたくない!」という方は、素直に音声出力先を設定できるプレイヤーを使用してください。 この手順通りに設定してもうまく録画できない、ここがわかりにくい等の問題・質問などがありましたら、遠慮なくコメント又はの方まで連絡ください。 可能な範囲でお答えします。 上記のVB-CABLEは寄付(最低5ドルから)をすることでさらに2つの仮想デバイスを追加できるのですが、貧乏性な私は無料でできないかと他ツールを探していました。 そんな時に見つけたのが です。 一見シェアウェアっぽく見えるのですが、トライアル版が機能制限されている だけで普通に使えます。 一定間隔で「トライアル」と言う音声が流れます。 正式版はサポートレベルによって値段が変わるらしく、25~50ドルで買えるようです。 VB-CABLEとの大きな違いは、無料で 仮想デバイスの数を増やすことが可能 なことです。 初期の状態だと再生デバイスが1個、録音デバイスが3個追加されますが、一緒にインストールされた VAC Control panel から変更することが可能です。 上図の赤枠のところを任意の数にすれば、その数だけ仮想デバイスが追加されます。 ただしトライアル版だと3個までしか追加できず、それ以上追加するにはお金を払うしかないようです。 (ここは完全に憶測で書いてます。 ) 青枠のところのチェックを入れたり外したりすると、録音デバイスが接続されたかされてないかを設定することができます。 仮想デバイスが3個まで無料で増やせるので、VB-CABLEからVACに乗り換え てもいいかもしれませんね。 たいですが、「トライアル」と言われ続けるのはちょっと・・・。 これならVB-CABLEにお金出したほうがいいかも。

次の

DISCORDでマイクが認識しない、相手の声が聞こえない時の対処方法

ディス コード 声 が 入ら ない

【Discordを終了する手順】• 以上でDiscordを再起動することができます。 それでも解決しない場合はスマホ本体の電源を切り、端末を再起動してみてください。 Discordアプリとシステムのアップデートを行う Discordアプリ、スマホOSのバージョンが古いまま使用していると不具合の原因になることがあります。 そのため、DiscordのアプリとiOS、もしくはAndroidのアップデートを確認しましょう。 Discordアプリを開きます。 ボイスチャンネルのあるサーバーを開きます。 画面右端をスライドし、メンバー一覧を引き出します。 通話相手のアイコンをタップします。 「音量」のスライダーが十分に上がっていること、「ローカルミュート」がオフになっていることを確認します。 また、相手の通話設定に問題がないことも確認します。 他の人に協力を仰ぐなどし、原因が自分の設定にあるのか、通話相手の設定にあるのかを特定できるとすばやく問題を解決できます。 通話設定を確認する Discordのマイクとスピーカーの設定を変更することで通話ができるようになるケースがあります。 以下の手順でマイクとスピーカーの設定を確認し、必要に応じて調整を行ってみましょう。 画面左上にあるメニューアイコン(3本ラインアイコン)をタップします。 サーバー情報やチャンネル情報が表示されます。 左下にある歯車アイコンをタップします。 ユーザー設定画面が表示されます。 「音声・ビデオ」をタップします。 以下の項目の設定を変更してみます。 入力モードを「プッシュトゥトーク」に変更する。 「自動検出」をオフにし、感度を調節する。 「音量」スライダーを変更する。 「音量調節の自動化」をオフにする。 また、スマホの本体側のスピーカーの音量が小さすぎないか確認して下さい。 マイクの機能許可設定を確認する スマホの設定でDiscordがマイクを使用する権限を許可していないと、Discrodでマイク機能を使うことができません。 以下の手順でDiscordアプリにマイク機能の使用権限が与えられているかどうか確認します。 iPhoneの操作.

次の

OBSでDiscordの通話音声を入れる方法。ほぼ設定不要です

ディス コード 声 が 入ら ない

まずはDiscordの再起動から アプリの不具合なんてだいたい再起動すれば直ります! これは盛りでもなんでもなく、 事実再起動はかなり有効な手段なのでまずは Discordアプリを再起動してみましょ。 パソコン版であればDiscord上で 「Ctrl+r」キーがアプリ再起動のショートカットに設定されていますので、いちいちアプリを終了させる必要はありません。 スマホアプリ版の場合は、 タスクマネージャーなどのアプリ管理機能から一旦Discordを停止してから再度アプリを起動してみてください。 もし念入りにやっておきたいってことなら、 パソコンやスマホごと再起動するのもいいリフレッシュになるので状況改善にはかなり有効ですよ。 (特に長時間端末を起動しっぱなしって方) 接続ポートを変更する 関心の無い人にはかなり厄介そうな話題になってしまいますが、 Discordのボイスチャット使用時には「ポート」と呼ばれるデータ送受信を行うための出入り口に関する設定がかなり重要になってきます。 Discordの仕様上、 サーバー内のボイスチャンネルに参加する度に接続設定(接続ポートなど)が毎回切り替わるようになっています。 そしてその 接続ポートの設定値次第では正常にお互いの音声データが通信できないケースがあるんです。 ネットワーク関連の知識に詳しい方であれば、接続に使用しているルーターやパソコン側での設定などによって、この 「ポート設定」を安定化させることもできるみたいですが、面倒だし専門的な知識も必要になってきます。 ってことでとりあえずの 一時しのぎの対策にはなりますがオススメの方法があります。 前述の通り 「ボイスチャンネルに参加する度接続ポートが切り替わる」わけなので… 要は 何回かチャンネルに接続し直してみればいいわけです。 何度か繰り返してみて、うまくお互いの音声が送受信できるようになれば、 ポート設定がうまくハマったってことなので、そのチャンネルを次に抜けるか、何らかのきっかけでポート設定が切り替わってしまうまでは問題なく通信可能でしょう。 毎回面倒かなと思いますけど、正直 ポート関連の設定や調整は自分であれこれいじれないって方も多いので、現状はこの方法が最も手軽で現実的かなと思います。 音声設定を初期化する 再起動も、接続し直しも何回も試したけど無理って場合は、 Discordの音声設定がおかしくなってるのかもしれません。 一旦Discord内の音声設定をリセットしてみるのもいいかと思います。 手順は以下の通りですので参考に。 「ユーザー設定」を開く。 「音声・ビデオ」を選択する。 最下部の 「音声設定のリセット」をクリックする。 これで音声に関する設定が初期の状態に戻りましたので、再度自分の環境に合わせた設定に変更していってみてください。 それでもだめなら… ここまでの対処法を一通り試したけど全然ムリって方。 一旦 Discordアプリ自体をインストールし直してみるのもいいかもしれません。 接続しているサーバー情報などはアカウントに紐づいているので、 ログインIDとパスワードさえ覚えていれば元の状態に戻すのもさほど大変ではないですし一度やってみる価値はあるかと思います。 ただし、アンインストールの際に設定ファイルやバグ付きのファイルがPC内に残留してしまう場合があるみたいなので、 アプリのアンインストールとは別に手動で対象のフォルダを削除してやる必要があります。 手順など詳しくは以下のページに詳しく記載してあるので、そちらを参考にしてください。 実際自分でも知り合い10人ほどと使用していますが、 ほとんどの場合「Discordの再起動」もしくは「チャンネルへの接続し直し」で改善することが多いです。 原因として 「ポート設定」が怪しいって方の場合は、本格的に改善しようと思うとかなり骨の折れる作業になるかと思います。 Discord側でのアップデートによる改善も期待できなくはないですし、 とりあえずの対応として今回ご紹介した対処法でやり過ごしてもらうのがベストじゃないかなと思います。

次の