ゲーミング ノート pc ドスパラ。 【2020年最新】初心者、中級者、上級者別におすすめのゲーミングノートPCを紹介|パソログ

ゲーミングPC「ガレリア」(デスクトップ・ノートパソコン)2020|パソコン通販のドスパラ【公式】

ゲーミング ノート pc ドスパラ

ハイパワーでゲームや動画・画像編集に高い適性があるぶん、PC全体のバッテリー消費も速くなりがちですが、最近はさまざまな工夫で駆動時間を伸ばしたモデルも増えています。 型番末尾に「H」が付くタイプのCPUを搭載していれば、ひとまずメインの処理能力は問題ないと思っていいでしょう。 また、ごく一部のハイエンドゲーミングノートパソコンではデスクトップ向けのCPUをそのまま搭載しているモデルも存在します。 処理能力自体はきわめて高いのですが、ボディーが冷却のために大きく、重くなりがちなのがネックと言えます。 ゲーミングノートパソコンのGPUは、NVIDIAの「GeForce」が主流です。 基本的に、型番の数字が大きいほど性能が高くなります 近年の一般的なノートパソコンは、グラフィックス処理を担うプロセッサ「GPU」がCPUに内蔵されていますが、ゲーミングパソコンはそれとは別に 独立したGPUを備えていることがほとんど。 CPUと独立した高性能なGPUを搭載することで、コストはかかるものの、グラフィックスの処理能力を大きく高めているわけですね。 ゲーミングノートパソコンに 搭載されるGPUは、NVIDIAの「GeForce」シリーズが主流です。 最新世代のノートPCを選ぶなら、型番に2000番台の数字が使われるミドルハイ〜ハイエンド向けの「RTX 20」シリーズ、もしくは1600番台の数字が使われるエントリー〜ミドル向けの「GTX 16」シリーズが搭載されていることでしょう。 型番の数字が大きいほど性能が高くなりますが、ある程度長く使いたいのであれば、 現行ミドルクラスの「GTX 1660」や「RTX 2060」、あるいはそれ以上のGPUを搭載したノートPCがおすすめです。 ゲーミングノートパソコン選び:ディスプレイのスペックをチェック ゲーミングノートパソコンにおいては、搭載するディスプレイのスペックにもしっかり気を配りたいところです。 画面サイズに関しては、「頻繁に持ち運ぶ」あるいは「必ず外部ディスプレイに接続して使う」というわけでない限り、 なるべく大きめのものを選ぶ方がいいでしょう。 ゲームへの没入感の問題もありますが、ボディーが小さくなることにより、コンパクトなゲーミングパソコンは冷却面でも不利になりがちです。 ミドルクラスの性能であれば15型以上、ハイスペックモデルなら17型以上のモデルが理想的と言えます。 また、高性能なGPUを生かすためには、「1秒間に画面が何回更新されるか」の指標となる リフレッシュレートが高いディスプレイが適しています。 一般的なノートPCのリフレッシュレートは60Hz(1秒間に画面を60回更新する)ですが、ゲーム向けではより滑らかに見えやすい144Hzや300Hzといったスペックのディスプレイが採用される場合があります。 特に、 競技性が高いシューティングゲームをプレイする場合は気にしておきたいところです。 ゲーミングノートパソコン選び:スペック別おすすめモデル3選 Dell「NEW ALIENWARE AREA-51M スプレマシー VR」 Dell(デル)の「NEW ALIENWARE AREA-51M スプレマシー VR」は、 デスクトップパソコン向けのハイエンドCPU「Core i7-9700K」を搭載したモンスターゲーミングノートPCです。 Dell「NEW ALIENWARE AREA-51M スプレマシー VR」 GPUはNVIDIAの「GeForce RTX 2080」、ディスプレイは17. 3型の144Hz対応で、 最大性能では他のゲーミングノートPCの追随を許さないパフォーマンスを発揮します。 ただし、標準構成ではメモリ容量が4GB、ストレージ容量が256GBと少々心もとないため、追加予算はかかるもののアップグレードを行うほうが無難でしょう。 デュアルファンや合計7本のヒートパイプを採用した大がかりな冷却機構「Alienware Cryo-Tech v2. 0」により、ボディーサイズが大きいぶん冷却にも注力しています。 直販価格は34万5980円(税別、以下同)からとお値段もモンスター級ですが、ノートパソコンタイプでハイスペックなゲーミングPCが欲しいユーザーには魅力的な製品と言えるでしょう。 マウスコンピューター「G-Tune H5」 マウスコンピューターの「G-Tune H5」は、GPUに「GeForce RTX 2070」を搭載し、15. 6型液晶を採用したハイエンドゲーミングノートパソコンです。 マウスコンピューター「G-Tune H5」 最大の特徴は液晶ディスプレイのリフレッシュレートで、ノート型ながら240Hzの超ハイリフレッシュレートを実現しています。 人気の高い「フォートナイト」「レインボーシックス シージ」などのシューター系ゲームをメインでプレイするなら、勝敗を分けかねない画面更新頻度の高さは大きなメリットとなるはずです。 加えて、CPUは第9世代のインテル製「Core i7-9750H」、メモリ容量は16GB、ストレージは高速な512GB NVMe SSDを搭載し、さらに1TBのデータ用HDDを併載するスペックの充実ぶり。 現行のパソコンゲームのほとんどを最高設定で快適にプレイできるため、迷ったらコレを選んでおけばOKと言えます。 直販価格は21万9800円からです。 ドスパラ「GALLERIA GCR1660TGF-QC」 ドスパラの「GALLERIA GCR1660TGF-QC」は、ゲーム・クリエイティブ向けをうたう15. 6型ディスプレイを搭載したミドルスペックのゲーミングノートパソコンです。 CPUに第9世代Coreプロセッサの上位モデル「Core i7-9750H」を採用し、GPUとしてNVIDIAの「GeForce GTX1660 Ti」を採用するなど、 3D描画のパソコンゲーム、高度な画像・動画編集などに対応するポテンシャルを備えています。 メモリ容量は16GB、ストレージは512GB NVMe SSDを採用。 ディスプレイは取り回しのよい144Hzの高速リフレッシュレートに対応しています。 重量は1. 87kgと、他のハイエンドゲーミングノートPCに比べれば軽量なため、性能と可搬性をどちらも取りたいのであれば魅力的な選択肢となりそうです。 直販価格は14万5380円からです。 こちらの記事も要チェック!.

次の

中古パソコン(PC)通販のドスパラ

ゲーミング ノート pc ドスパラ

パソコン(PC)通販のドスパラ【公式】 「デスクトップパソコン」、「ノートタブレット」、「ゲーミングPC」、「ゲーミングノートPC」 とパソコン販売メーカーとしては、基本を抑えてます。 続いて 「クリエイターパソコン」、「法人のお客様」 といった少し特殊用途についても販売しています。 法人向けもありますね。 あと、 「PCパーツ周辺機器」 となります。 ドスパラといえば、 GeForce系のグラフィックカード/グラフィックボードで安価な「Palit製品」を販売しているの特徴的です。 ドスパラはCPUやグラフィックカード/ボードの性能について独自で調査しているので、今利用しているものとの比較や気になるモデルとの比較ができます。 ただ、どうやってTOPから辿っていいかわからないにで、未だに検索エンジンからアクセスしていますが、調べるときには重宝するので、トップにリンクがあると便利なのですが。 BTOによる購入画面 ドスパラ カスタマイズした内容が下側に表示されて分かりやすいですね。 あと、「標準に戻す」というカスタマイズが初期化されるショートカットがあるのもいいです。 だめなところは、 合計と送料が別表示。 私的には 合計=支払い合計 って思ってますが、ここでの表示は別々。 送料は2,160円 パーツは5000円以上で送料無料ということで、ディスプレイを同時購入しても送料はかかりません。 そして、分割支払いは24回まで手数料無料。 時期により最大48回まで手数料無料となったりします。 何月何日で場所いう形で表示されています。 また、支払い方法についてですが、 サイト用のアカウントを作成しておくとポイントがたまります。 また、Amazon Payに対応しており、Amazonのアカウントがあると発送先の入力が短縮できて便利です。 ゲーミングPC ドスパラ ドスパラのゲーミングPCとしては、ガレリアというブランドで販売されており、 ゲーミングデスクトップ ゲーミングノート 日本eスポーツ連合公認 ゲーム推奨モデル の4つがメニューから確認できます。 なお、 日本eスポーツ連合公認モデルは は、今話題のeスポーツの公式モデルに採用され、大会で利用されるものと同じものを販売しています。 BTOパソコン・PC通販ショップのマウス【公式】 最近マウスコンピューターから名称をmouseに変更してます。 変更前から私自身「マウスコンピューター」とは呼ばずに「マウス」とよく呼んでいましたね。 メニューに 一番左に 「初めての方へ」 というのが印象的です。 その次からは、 「デスクトップPC」、「ノートPC」、「ゲームPC(G-Tune)」 となっており、ドスパラはデスクトップとのノートが分けられていましたが、マウスコンピューターは1つ。 ブランド名が入っているのも、ブランドの認知されていると、ブランド名で探している人もいるでしょうし、 これは良いでしょう。 「クリエーターPC(DAIV)」 画像処理、CGクリエーターといた方向け Adobe CC推奨モデルやCLIP STUDIO PAINT動作検証済み推奨パソコンなどですね。 推奨モデルや動作確認モデルは探している人はちょうど良さそうです。 「法人用PC」 ビジネス用パソコンですね。 ワークステーションやサーバーもあります。 「タブレットPC」、「スマートフォン」 「Windows 10 Mobile」スマートフォンを売っているBTOパソコンメーカーは ここぐらいかも。 メニューに 「訳あり特価即納モデル」 あるのもいいです。 BTOによる購入画面 カスタマイズした内容がしたに表示されるのはドスパラと同じでわかりやすいです。 こちらはカスタマイズの初期化はありませんね。 送料は、3,000円(税別) ディスプレイを追加で申し込むと送料がもう3,000円かかります。 分割支払いについては、マウスコンピューターは24回まで。 こちらも、時期によって36回払いまで手数料無料になる場合があります。 悩ましいところですね。 到着日がわかると良いのですが。 支払い方法では、 ユーザーアカウントを登録しておけば、発送先の入力を短縮できますが Amazon Payといった支払い方法は現在利用できません。 ゲーミングPC マウスコンピューターでは、ゲーミングPC用でも、 「デスクトップPC」「ノートPC」「ゲーム推奨モデル」 と一般的なメニューに加え、 「プロゲーマーモデル」 「コンセプトモデル」 があります。 プロゲーマーモデルからみてみると、 パソコン PC 通販のパソコン工房【公式】 「デスクトップパソコン」、「ノートパソコン」、「即納パソコン」 メニューとして、「デスクトップ」、「ノート」ときて、即納が来ています。 パソコン工房は即納モデルが結構売れているか売りたいのではないかと、推測されます。 続いて、 「ゲームパソコン」、「クリエイターパソコン」、「ビジネスパソコン」、「ディープラーニング」、「トレーディングパソコン」 ゲーム、クリエイター、ビジネスとここまでは、ドスパラ、マウスと大体同じですので、そこまで気になりません。 面白いのが 「ディープラーニング」 です。 非SLIで専用グラフィックスが2基、4基搭載したモデルがあるのも特徴的です。 と、ここまでメニューから各BTOメーカーを見てきました。 これだけでも、メーカーの色が出ていますね。 BTOによる購入画面 カスタマイズした内容ですが、選択したモデルのすべてが表示されるため わかりずらいです。 あと、送料。 こちらは、本体カスタマイズ金額と送料と表示がわかりやすくなってます。 あまり急いでない人向けかもしれません。 ゲーミングPC パソコン工房のメニューのゲームパソコンでは、 シリーズで探す 搭載GPUで探す ゲーム推奨パソコン eスポーツ向けパソコン ゲーミングデバイス ゲームパソコンおすすめ特集 となっており、 さらに、細かくメニューから移動できます。 たとえば、AMD Radeon RX VEGA を搭載したパソコンが欲しければ、 メニューからすぐに選べます。 このあたりは、ある程度知識のある方向けですね。 他のメーカーと違い、• といった、ラインアップがあるのも良いですね。 Dell デル) メニューカテゴリ Dellではまず、 「製品」「ソリューション」「サービス」「サポート」「今週のお買い得」 となっており、 製品の中に、 「ノートパソコン」「デスクトップおよびAll-in-Oneパソコン」「タブレットおよび2-in-1ノートパソコン」 とあり、 「ゲーミング」 の中にはさらに 「ALIANEWARE」「デル・ゲーミング」 と分かれています。 「デル・ゲーミング」では、ゲーミングPCだけでなく ゲーミングモニターやキーボード、マウス、さらにヘッドセットまであります。 BTOによる購入画面 比較したいように複数台並べて比較できるようになっています。 以前はなかったと思うのですが、ALIENWAREなどではゲームタイトルのFPS数が確認できるのも良いですね。 カスタマイズした内容は、すぐにわからずカートに入れるを行った後、カスタマイズ部分のみ確認として表示されます。 これは良いかと。 次に進むとアクセサリーの確認がありました。 ちょっとしつこいと感じるか新設と感じるか人によると思いますが、私は苦手です。 あと、商品のお届け日についてですが、 商品単位では確認できず、 即納モデルなら地域により大体何日 即納モデル以外は、2週間(営業日)となっており、国内メーカーより少し時間がかかりますね。 ゲーミングPC ゲーミングPCは、ケースのデザインが特徴的なモデルが多く、 エイリアン をイメージしたモデルといえば良いのでしょうか。 FF14 漆黒のヴィランズ推奨モデルなどもあるのですが、 メニューからたどり着きにくいのが難点です。 日本HP メニューカテゴリ メニューは 「ノートパソコン&2-in-1タブレット」「デスクトップ」「プリンター」「3Dプリンター」「サプライ&オプション」「モニター&アクセサリ」「ビジネスソリューション」「サポート」 となっています。 各メニューの中に、 「個人のお客様」「法人のお客様」「ゲーミング」「Zワークステーション」「シンクライアント」など と分かれています。 BTOによる購入画面 カスタマイズ画面からは、カスタマイズ内容が一覧でわかります。 金額についても送料込みで表示されるのでよいですね。 複数台購入可能なよう、台数が入力できるのもすごいです。 しかし、注文画面ではいつ届くのかがわかりません。 配送日は、カートに入れるをクリックした後というのは不安になりますね。 なお、基本的な配送日については、 に記載のあるとおり、 PCの場合で最短5営業日となっています。 ゲーミングPC ノートとデスクトップ両方からゲーミングへアクセスできますが、 アクセスするページは一緒。 日本HPには、ゲーミングPCのブランドが2つあり 「PAVILION GAMING」 「OMEN」 です。 また、ゲーム推奨モデルもありますが、 4タイトル DARK SOULS REMASTERED ファイナルファンタジーXV WINDOWS EDITION Over watch(オーバーウォッチ) World of Tanks と少ないですね。 最後に ここまで見てきましたが、 納期ならドスパラ、マウスコンピューター、パソコン工房 性能重視ならドスパラ 目的重視ならマウスコンピューター スペック重視ならパソコン工房 見た目重視なら、Dellや日本HP といっても、そこまで大きな差があるわけではありません。 ただ、女性がみて買いやすいのはマウスコンピューターでないかなぁ。 ドスパラは性能が重視されるゲーム用モデルが前面に出ているのに対し、 マウスは、通常モデルや売れ筋が前面に出ています。 多くのユーザーに向けて販売したいというのはマウスの考え方なのでしょうね。 ドスパラはパーツや中古など販売しているので、どうしてもトップページで迷ってしまいがちなので。 買いたいスペックが決まっていれば、ドスパラがわかりやすいです。 ただ、購入するときは、2社を比較して気に入った方を購入すると良いかと。 その時々によって、同じ性能でも価格に違いが出ている場合がありますし。 パソコン工房は、CPUの性能やメモリの容量を抑えたりしたモデルがあるので 価格をどうしても抑えたい場合に利用するとよいですね。 ではでは。

次の

中古パソコン(PC)通販のドスパラ

ゲーミング ノート pc ドスパラ

ゲーミングノートPCはうるさい? 最初に結論を書きます。 ゲーミングノートPCはうるさい?の答えは「高負荷をかけるとうるさい」です。 高負荷をかけない状態でモバイル利用であればファンはあまり鳴らない印象です。 実際に実機で確認しているので参考にしてみて下さい。 ゲーミングノートPCには静音設定やパフォーマンス設定が存在する ゲーミングノートPCには静音性やパフォーマンス設定を行ってくれるプリインストールソフトが基本的に同梱されています。 ドスパラやマウスコンピューターなら「Gaming Center」か「Control Center」と左下の検索窓に入力すると出てくると思います。 ベンチマークモード(ファン全開で冷却)• ゲームモード(高冷却モード)• 標準(普通)• バッテリーセーバーモード(やや静音) 各項目別の効果としては以上になります。 ベンチマークモードはベンチマークという高負荷をかける計測目的での使用時に使う用途になるのでファンは全開で回ります。 基本的にゲーム中はゲームモードに設定する事でパフォーマンスや冷却効果が強くなり安定したパフォーマンスが出るのでおすすめです。 逆に動作音を出したくない環境で作業をする場合には「標準」「バッテリーセーバーモード」で使用すれば低負荷な作業ならあまり音は出ません。 設定別に静音性の検証 実際に実機で確認していきたいと思います。 実機は私物の「」になります。 計測方法としては直でファンにかなり近づけて計測を行っています。 また、計測後に毎回ベンチマークモード(ファン全開で冷却)にして本体の温度が下がった状態で同様の環境になるように計測をしています。 計測ソフトは中量級ベンチマークテストの「Sky Diver」でテストしています。 NVIDIAのコントロールパネルは「自動選択」にしています。 音の目安 一眼カメラのシャッター音 72. 6 db キーボードの打鍵音 66. 8 db 電子レンジ 65. 5 db マウスのクリック音 64. 8 db 空気清浄機(強) 60. 1 db 空気清浄機(中) 55. 1 db 冷凍庫の音 46. 3 db 空気清浄機(静) 43. 1 db 自宅内で一番静かな場所 41. 3 db 同じ計測機器で音を調査してみた所以上のような結果になりました。 1cm~2cm程度の距離で計測しています。 目安として以下のサウンドレベルをチェックする際に確認してみて下さい。 ゲームモード ゲームモードだと59. 1dbという事で静かな部屋だと気になる騒音性です。 標準 標準だと52. 1dbなので体感としてはゲームモードより静かな印象です。 オフィスモード オフィスモードだと44. 8 dbなのでほとんど気になりません。 電源非接続時の静音性の検証 続いて、電源を接続していない状態で静音性の検証を行っていきます。 ゲームモード 44. 0 dbなのでほとんど気になりません。 標準 44. 1 dbなのでほとんど気になりません。 オフィスモード 計測環境では静かにしても42~43db程度だったので、41. 9 dbなのでファンが鳴っていなかったです。 室温やハードウェアの内部の温度の状況にも起因するので目安程度・参考程度に見てみて下さい。 ゲーミングノートPCの静音性の検証のまとめ ここまでについてまとめます。 電源接続時にはイヤホンやヘッドホンを接続してプレイしないと気になる程度にファンは鳴ります。 電源非接続時には音はあまり気にならない= 外に持っていって電源を繋がないであまり高負荷な作業をバンバンしないなら使えそうという事が分かりました。 電源接続時・非接続時のパフォーマンスの性能差の検証 以上の結果を踏まえて、「ゲーム中に電源を接続してゲームをプレイしなければ音があまり気にならない」なら電源に接続しないでゲームをプレイすれば良いのではないかと思われる方もいるかもしれないので「電源接続時・非接続時のパフォーマンスの性能差の検証」も行っていきます。 実際にどの程度の性能差があるのかという点を明確にする為にベンチマークを取得したので比較してみましょう。 電源非接続 スコアはゲームモードで実行しています。 電源に接続しないと劇的にパフォーマンスが低下します。 軽めな作業なら快適ですが、重い作業や重いゲームをプレイする場合には電源接続がマストになります。 ちなみに電源接続時のオフィスモードだと「13864」でした。 ファンの音を極力抑えてゲームをプレイしたい場合にはオフィスモードで電源を接続してゲームをプレイするというのも一つの選択肢です。 静音と温度の関係 ゲーミングノートPCのファンがなぜ鳴るのかというと冷却を強めてパーツを故障から守る為や寿命を長く保つため、またはパフォーマンスを安定化させる為ですね。 なのでパフォーマンスを出す為に冷却が必要で、故障しない為にも冷却は必要という事になります。 静音と温度の検証も行ってほしいと思われる方もいるかもしれませんが、これは検証してもあまり意味が無い項目です。 実際の利用シーンで考えてみる 以上をまるっと踏まえてみると• 高負荷ではゲーム中にファンは鳴る• 電源を接続して標準モードならファンは多少鳴る• バッテリー駆動で低負荷な作業メインなら音は気にならない 高負荷をかけるとファンは鳴ります。 基本的には標準モードで使い、 ゲームのパフォーマンスを求める場合にはゲームモードを使うのが良い です。 バッテリーセーバーモード(オフィスモード)だと性能が低下してしまうので、個人的にはバッテリーセーバーモードで使用する事はほとんど無いです。 バッテリーの時間延命的な部分で持ち出した時に「バッテリーセーバーモード」を使用するという感じでしょうか。 今回の検証ではバッテリー駆動で「バッテリーセーバーモード」だとファンの音があまり鳴らなかったですが、動画見たりしていると不意にファンは鳴る事はあるので ファンが絶対に鳴らないという事ではないという点はご注意下さい。 使っていないアプリケーションを落とすと静かになる事もあるのでSteamなどのソフトが起動しているなら常に消すように心がけると良いかもです。 まとめ スマホやタブレット、そしてファンレスのPCと比較するとファンがあるのでゲーミングノートPCのファンの音は高負荷をかけるとうるさいのは確実です。 しかし、モードの選択によっては日常生活でも実用的な範囲で使えるのでTPOに合わせてモードを切り替えたりして上手くゲーミングノートPCと付き合っていくのが良いでしょう。 一般的なホーム・ビジネス用途では高い処理性能が必要無いので一般的なPCをおすすめしますが、画像編集、動画編集、ゲームなど高性能なスペックが必要な方にはゲーミングノートPCはおすすめです。 ファンレスのノートPCも所有していますが、性能面ではゲーミングノートPCと比較すると低いので個人的にはサクサク動く、ゲームがプレイできる性能の高いゲーミングノートPCの方が利用頻度は多いです。 おすすめのゲーミングノートPC.

次の