俺ガイル ss 能力者。 佐倉綾音さんお誕生日記念!一番好きなキャラは? 3位「俺ガイル」一色いろは、2位「Charlotte」友利奈緒、1位は…

#やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 #比企谷八幡 やはり俺が超能力者なのは間違っている。

俺ガイル ss 能力者

今は7月。 夏真っ盛りであり俺、比企谷八幡はもちろんのこと日本人はおそらく皆が自宅待機を望む時期であるはずなのだが・・・ 俺は千葉名物のディスティニーランドまではるばる来ていた。 来てしまっていた・・・ 八幡「あ~暑い。 帰りたい。 家でアイスでも食べながらカマクラとじゃれ合いたい。 」などと一人ぼやいていると向こうから一人のピンク髪のいかにもリア充やってますという雰囲気を漂わせている少女がバタバタと元気よく走ってくる。 そう部員が1人、由比ヶ浜由比である。 (何であいつはあんなに元気なの?どこにそんなエネルギーあるんだよ。 )そんなことを思っていると一本の缶ジュースが俺に向けて投げられる。 八幡「おっと。 サンキュー。 」 由比「いいよ、今日は私がそうするって決めたんだし。 っていうかヒッキー、今帰りたいとか考えてたでしょう。 」 八幡「えっ何!?お前超能力者なの?」 由比「やっぱりそうなんだ!ってかそれぐらいいつもヒッキー見てたら分かるよ。 」 八幡「そっ、そうか。 っていうかそんな見んなよ。 」 由比「えっ!?ちっ違うよ、べっ別に見たくて見てたわけじゃないっていうか・・・そのー、成り行きみたいな?」 八幡「俺を見る成り行きってなんだよ!?」 由比「もぅ!何でもいいでしょ!そういえば他の2人は?」 八幡「いや、まだ来てないけど。 」 そう、ディスティニーランドに来ているのは俺と由比ヶ浜二人だけではない。 あと二人来ているのだが。 ???「せ~んぱ~い!」ちょうどそのうちの一人が向こうからこっちに手を振りながらパタパタとかけてくる。 ???「せんぱいっ!ご注文のアイス買ってきましたよ!」少し息を切らしながらも俺にアイスを手渡し・・・てこない!? ???「先輩。 一緒にこのアイスを食べましょ!」 八幡「はっ!?おまっ何言って・・・」よくよく見ると彼女は手に一つしかアイスを持っていない。 八幡「金無いなら自分の分は俺出すよ?」俺は素直に思ったことを言った。 ???「違いますよぉ~。 私はせんぱいと同じのを食べるために一つにしたんですってば!いいじゃないですかぁ~、こんなに可愛い後輩が買ってきたんですよ~?」そう言いながら彼女、あざとい後輩一色いろはは上目づかいで俺を見てくる。 八幡「だから、あざといっての。 」 いろは「あれぇ~?可愛いは否定しないんですね。 」 八幡「うるせぇ」 いろは「あっ、照れてる照れてる~。 」 そんなじゃれあいを俺たちがしていると、 ???「そんなにじゃれ合って楽しいかしら?じゃれ谷君。 」 (えっじゃれ谷ってなに?っていうか俺のあだ名の種類って世界一じゃねぇーの?) 冷淡な口調で突っ込みを入れてきたのは部員が一人雪ノ下雪乃だ。 八幡「雪ノ下か。 お目当てのものはあったか?」 雪乃「ええ、おかげさまで。 」 由比「それじゃ、行こっか!」 いろは「はい!せんぱいも行きましょっ!」そういって俺と半ば強引に腕を一色は組もうとする。 由比「あ~いろはちゃんずるい!私も組む!!」 雪乃「仕方無いわね。 私があなたの片腕をもらいましょう。 」 (なんか、今とても不吉な言葉が聞こえた気が・・・) いろは「せんぱいは、誰と組みたいんです!?」 八幡「いや、俺は・・・・・・」三人の視線が痛い。 (そんなに見られると俺、穴あいちゃうよ?) どうしてこんなことになったんだ・・・。 俺はその視線の中、少し前のことを思い返すのだった。

次の

やはりレベル5は友達が居ない

俺ガイル ss 能力者

初めまして。 レッドレインです。 完全処女作な上に皆さんの書いてあるような感じになっちゃうと思います…でも書きたい書いてみたい!ので、暖かい目で見守って頂けると嬉しいです。 僕なりに頑張って書いて行きたいと思います!!携帯からの投稿なので更新は不定期ではありますが、頑張りたいと思っています!!よろしくお願いします! 俺ガイルととある魔術の禁書目録のクロスになります。 俺ガイルからは比企谷しか出さないつもりではいますが…まぁもしかしたら他の方々も出すかもしれません!今回レベル5第6位に八幡を置いた話しですので苦手な方はすいません。 八幡の性格めっちゃ変わってると思います。 能力のおかげと脳内変換してください(笑)誤字脱字はご容赦ください… Rタグは一応つけましたが念のためです! 科学の街学園都市。 そこでは人口が8割以上が学生の街。 その学生の中には能力者と呼ばれる能力を持った学生がおり能力開発のカリキュラムを受けている。 しかし能力を持たないレベル0はこの都市でも6割以上を占めており持つ者はたったの4割しかいない。 さらに能力者において最高ランクであるレベル5はたった7人しか存在しない。 その能力者を超能力者と呼ぶ。 この物語はそのレベル5になった男比企谷八幡の話しである。 2016年12月26日 月 17:11 改 2016年12月26日 月 20:08 改 2016年12月26日 月 23:18 改 2016年12月27日 火 13:00 改 2016年12月27日 火 19:17 改 2016年12月27日 火 22:54 改 2016年12月28日 水 23:39 改 2016年12月30日 金 18:18 改 2017年01月02日 月 12:00 改 2017年01月18日 水 18:17 改 2017年01月31日 火 11:10 改 2017年02月02日 木 11:08 改 2017年08月04日 金 22:25 改 2017年08月05日 土 11:40 改 2017年08月06日 日 11:14 改 2018年02月11日 日 00:22 改 2019年05月12日 日 16:01.

次の

やはりレベル5は友達が居ない

俺ガイル ss 能力者

ん?小町か. 違う誰だ? ???「起きてください!」 八幡「... ん?」 ???「もう... 寝てたなら良かったです。 あなたが新しい提督ですね!」 八幡 ここどこだよ。 俺はベットで寝てたはずなのになんか知らない偉そうな机のところにいたぞ 八幡は混乱していた。 何故なら自分の部屋のベットで寝ていたはずだったからだ。 しかし目の前には小さくて小町より少し年下くらいの女の子が立っていたのだ。 回りには地図や本棚にキングサイズのベットなどがある。 八幡「すまない、色々聞きたいことはあるがまずはここはどこだ?」 ???「あっ失礼しました。 ここは横須賀鎮守府です!」 八幡「横須賀鎮守府?たしか1945年に廃止になったはず... 」 ???「あと名乗り遅れましたが私は吹雪型 1番艦 駆逐艦の吹雪です!」 八幡「吹雪ってたしか重武装の駆逐艦だよな。 」 たしかWikiで見たな 吹雪「私のことを知っているなんて光栄です!」キラキラ 八幡「おっおう。 で提督ってなんの話だ?」 吹雪「え?比企谷八幡さんに提督のお知らせ出してたはずですが... 」 八幡 多分小町がどっかにやったな... 「まあいい。 でまずなにをすればいい?」 吹雪「はっはい!まず提督はこの溜まった書類を片付けてもらいます!」ドシーン 八幡「ここまで来て社畜か... 」 吹雪「その間また提督に渡すマニュアルを持ってきますね!」 八幡「まだあるのか... 」 ~三十分後~ 八幡... 終わる気配がない。 一日かけてやっと終わるか? ???「失礼するデース!」ハダン 八幡「... 」 ???「あなたが新しい提督デスネ?私は金剛デース!」ギューッ 八幡「うわ,,,やめろ... 金剛「oh失礼しましたデース!それにしてもカッコいい提督デース!」キラキラ 八幡「なんか照れる... 親父が夕張のプラモデル作ってたからわかる。 八幡「わかった行こう」 ~移動中~ 八幡「しかし広いなこの鎮守府は、学校より広いかもな」テクテク 金剛「提督の学校てどんな学校デスカ?」テクテク 八幡「俺の学校か?... たしか天使がいたな、それと天使に天使もいたような... 」テクテク 金剛「学校に天使がいるんデスカ!?」テクテク 八幡「天使を越えて大天使だな、あの可愛さは反則だった。 」テクテク 金剛 提督の言ってる天使ってどんな人でしょう.... テクテク 八幡「で、夕張だったっけ。 そいつはどこにいる?」 金剛「oh!たしかこの部屋デース!」テクテク 八幡「ここか... 」スタリ 金剛「失礼するデース!」ガチャリ ???「金剛さんだ。 提督は連れてきた?」 なにやら怪しい機械をいじっている女の子がいるな... しかも服までメロンっぽいぞ。 メロンちゃんと呼びたくなるな。 しかしなんか回りに飛んでいる小さい人 ? っぽいやつがこっちを見てくるな... 」ジロリンチョ 八幡「.... 」ジロリンチョ 八幡「まあいい.. お前が夕張か?」 夕張「はい夕張です!あなたが新しい提督ですね?」 八幡「ああ比企谷八幡だ。 」 夕張「カッコいい提督ですね!」 目は腐ってるけど... ちょっと?心の声聞こえてますよ。 いやスッ〇リの天の声か? 八幡「そして夕張。 なんで呼んだんだ?」 夕張「あっ提督はもう建造はしたのかと思いまして」 八幡「建造?」 夕張「もちろんしましたよね?」 八幡「いやまだだが」 金剛 夕張「「え.... 」」 金剛「そっそんなわけないデス!提督はジョークがうまいデスネ!」アセアセ 八幡「... 」 夕張「もっもしかして建造も知らないパターンですか!?」 八幡「すまない... 」 なんかこんな感じのアニメであったような... 「ひ…ひと思いに右で…やってくれ」 NO! 「ひ…左?」 NO! 「り…りょうほーですかあああ~」 YES! YES! YES! YES! YES! もしかしてオラオラですかーッ!? こんな感じ 俺は知らないがな。 可愛い 八幡「金剛はどうするんだ?」 金剛「私は少し残るデース!」 八幡「おうじゃあな」バタン そういやなにか忘れているような... ~執務室~ 吹雪「.. 仕事をサボり逃げるとは... 提督には説教が必用ですね」ゴゴゴゴゴ ~八幡サイド~ 八幡「まあいっか。 少し鎮守府を見て回るか」テクテク ~食堂~ 八幡「ここが食堂か... 雰囲気は俺好みだな。 雪ノ下も好きそうだな」 ???「あら朝食の時間は終わってるわよ」 八幡「ん?誰かいるのか?」 ???「あっ失礼しました提督!私は間宮と言います。 」 八幡「間宮か、俺は比企谷八幡だ。 」 間宮「そういえば提督はご飯はまだではないですか?」 八幡「いや俺は大丈夫... 」グゥゥゥゥゥ 間宮「あらあら。 まあなにか食べます。 」ゴソゴソ 八幡「?」 ???「あの人かな新しい提督は」ヒソヒソ ???「そうっぽい... カッコいい提督っぽい」ヒソヒソ 八幡 ここは必殺寝たふり... zzz ???「ちょっと近づいてみよっぽい」ヒソヒソ ???「うん」ヒソヒソ きたな... というか寝たふりとかポケ〇ンにありそうな技だな 八幡「誰だ?」シャキーン ???「「!?ごっごめんなさい! っぽい! 」」ビクゥゥゥゥ 見ると二人の女の子が立っていた。 一人はハーフのような金髪の女の子 もう一人は黒い髪の清純派の女の子 ???「私は夕立っぽい!よろしくっぽい!」 ???「僕は時雨です。 よろしくお願いします!」 八幡「ああよろしくな」 間宮「提督さん。 MAXコーヒーはいるかしら?」 八幡「是非お願いします。 むしろ貰えますか?」 間宮「あらMAXコーヒー好きなのね。 旨い」ゴクゴク 夕立「間宮さん!私も欲しいっぽい!」 間宮「これで最後なの。 」シュン 八幡「... あとで俺のやるから落ち込むな」ハァーッ 夕立「本当!?ありがとうっぽい!」ニコリ 時雨「僕も欲しいなー... 」ジーッ 八幡「分かったからジロジロ見るな。 ~執務室~ 吹雪「提督帰ってこないな... どこだろう」 金剛「失礼するデース!」ガチャリ 吹雪「あれ金剛さん?どうかしましたか?」 金剛「提督に会いに来たデース!」 吹雪「... 提督はいま逃走中です」ゴゴゴゴゴ 金剛「!?」 吹雪「どこに行ったかわかりますか?」ニコリ 金剛「もしかしたら食堂かもしれないデース!」 吹雪「ありがとうございます!」テクテク 金剛 提督の無事を祈るデース ~食堂~ 八幡「ご馳走様でした」 間宮「はーい。 食器はそこに出しといてねー」 時雨「提督って行儀が良いんだね。 僕尊敬するよ」 八幡「そうか?これが普通だと思うが」 時雨「前の提督だとひどいからね... 」ハァーッ というか時雨がめぐり先輩に似ているような... 気のせいか? 八幡「そういや夕立と時雨ってなんで俺のことを見てたんだ?」 時雨 「あーあれはね... 」 【回想】 時雨「メロン食べたいなー」テクテク 夕立「え!?夕張ちゃんは食べられないっぽい!」テクテク 時雨「いや夕張さんじゃなくて... 普通のメロンだよ」ハァーッ 夕立「なんだ!安心したっぽい!」ホッ 時雨「この前知り合いからメロンが届いたんだけどすごく美味しいからまた食べたくて.... 」 夕立「そうなんだっぽい... あっ隠れて!」サッ 時雨「うわなんだよ!」サッ 八幡「... 」テクテク 時雨「あれって新しい提督?」ヒソヒソ 夕立「ついてってみるっぽい」ヒソヒソ 【回想終了】 時雨「で今に至ります」 八幡「つまりついてきたのか」 なんかストーカーされるのも悪くないな... 吹雪「今変なこと考えましたね~?」 八幡「かっ考えてねぇよ... って吹雪!?」ガタリ 吹雪「仕事をサボって今までなにやってたんですか?」ゴゴゴゴゴ ヤバいぞ八幡 絶体絶命だぞ八幡 逃げる?いや逃げたらリスクが増える どっかの時を止められるスタンドでもいればいいが、無理だな... 」 八幡は仕事からは逃げられない事を学んだ! 八幡は社畜を学んだ! 八幡は吹雪の怖さを知った!.... アホが ~三時間後~ 八幡「終わった... 社畜すぎて雪ノ下を思い出したよ... 」ハァーッ 吹雪「雪ノ下?」 八幡「ああ気にしないでくれ... 今まで何時だ?」 吹雪「今は2時30分ですね」 八幡「じゃあ建造の部屋に行くか」 吹雪「私もついていっていいですか?」ウワメツカイ 八幡「あっああいいぞ」 可愛いな ~移動略~ 夕張「じゃあみんなでてきていいよー!」 島風「駆逐艦島風です。 スピードなら誰にも負けません。 速きこと、島風の如し、です!」 初雪「特型駆逐艦…3番艦…初雪…です。 緒戦の作戦に…いっぱい参加しました…。 輸送任務とかも…ん…がんばる……。 」 天龍「天龍型1番艦、天龍だ。 駆逐艦を束ねて、殴り込みの水雷戦隊を率いるぜ!」 球磨「球磨型軽巡洋艦の1番艦、球磨だクマ。 佐世保生まれだクマ。 ちょっと古いところもあるけど、頑張るクマー。 」 八幡「俺は比企谷八幡だ。 よろしく頼む」 吹雪「あっ初雪ちゃん!」ギューッ 初雪「吹雪さん!おひさしぶりです!」ギューッ 八幡「知り合いか?」 夕張「初雪は吹雪型の三番艦ですよー」 八幡「つまり姉妹ってわけか」 小町元気かな... 吹雪「なんか提督たそがれてる... 」 初雪「あれが提督?カッコいい... 」 島風「提督って目が腐ってるのね」 八幡「ああ、よく言われる。 だか普通に言われると八幡傷つくな... 」 島風 「まあそんな提督も好きだよ!」 八幡「そしてお前が天龍か」スルー 島風「華麗にスルー!?」ガーン 天龍「そうだ。 よろしくな提督!」バシバシ 八幡「... 痛いからやめてくれないか? 」 平塚先生もこんな感じだよな 天龍「はは!すまない!」 八幡「どこのネズミだよ... 」 球磨「私も忘れないでクマー」 八幡「ああすまない。 たしか球磨だったよな」 球磨「そうクマ!よろしくクマー!」 八幡 語尾のクマが可愛いな 八幡「さて人数も多くなったから、歓迎会でもやるか。 」 球磨「わーいクマー!」パチパチ 天龍「酒飲み放題だぜー!」パチパチ 島風「わーい!」パチパチ 夕張「久々で楽しみだわ!」パチパチ 吹雪「さすがです!」パチパチ 初雪「楽そうです!」パチパチ 八幡「それじゃあ残っている人たちも集めて準備するか。 食堂でいいかな?」 夕張「多分間宮さんならすぐにOKとれます!」 八幡「じゃあ準備するか」 珍しく俺が前向き。 病気かな?病気じゃないよ 病気だよ 病気 病気かもな... ~一時間後~ 八幡「えー初めての艦娘もいるが、今日新しく提督となった比企谷八幡だ。 まだ分からないことが大飯がよろしく頼む。 」 パチパチカッコイイー! パチパチメガクサッテルー! パチパチ なんか野次があちこち飛んでくるがスルーで 比企谷八幡はクールにスルーするぜ 八幡「まあ今日は楽しもう。 乾杯」 艦娘たち「「「「カンパーイ!」」」」 八幡「マッカン旨いな」ゴクゴク ???「隣いいですか?」 八幡「あれお前は... 」 五月雨「五月雨っていいます!よろしくです!」 八幡「おお」 可愛いな 五月雨「にしてもにぎやかですよね~」 八幡「ああ... 大人数は苦手なんだがなぜか今は平気だな... 」 五月雨「提督ってコミュ障ですか?」 八幡「やめろ... 言わないでくれ... 」 金剛「提督ー!ゲームをするデース!」ギューッ 八幡「やめろ... ガール〇レンド(仮 にいるク〇エみたいな 八幡「でなにをするんだ?」 金剛「人狼ゲームデース!」 五月雨「人狼ゲームやってみたいです!」 八幡「人狼ゲームか... まあやるか」 金剛「じゃあ準備するデース!」 ~しばらくして~ 金剛「今から人狼ゲームを始めるデース!」 パチパチドンドンパフパフー! 金剛「勝ったチームは今日提督と一緒に寝れる権限を与えるデース!」 ウォォォォォォ! パチパチドンドンパフパフー! 八幡 俺の意見はないのね... 金剛「じゃあ今から役を決めるデース!このくじを引くデース!」 役は市民四人 占い師一人 騎手一人 狂人一人人狼二人にします。 霊媒師はいません ~引き終わった後~ 八幡 占い師か... まあいいや 八幡「そういやゲームマスターは誰なんだ?」 間宮「私がやりますよー」 八幡「間宮さんありがとうございます」 金剛「では一日目を始めるデース!」 【一日目 昼】 間宮「それでは一日目に殺された人は... 」 全員「... 」ゴクリ 間宮「提督です」 五月雨「提督が死んじゃったよ!?」アセアセ 八幡「社会と同じで邪魔な奴から手を打つんだな。 妥当な判断だな」 間宮「というわけで提督はここでリタイアですー」 八幡 死亡 間宮「じゃあ会議をはじめてくださーい。 時間は三分でーす」 金剛「じゃあまずは一番怪しい人を指差すデース!せーの!」 結果 天龍 3 金剛 2 五月雨 3 天龍「なんでだよ!?」アセアセ 金剛「わっ私は市民デース!」アセアセ 五月雨「へ!?ちっ違いますよ!」アセアセ 島風「私は金剛だと思うわ、五月雨は顔に出るし天龍さんは演技が上手いから人狼ならバレない演技をするはずよ」 五月雨「島風さんの言う通りです!金剛さんが怪しいです!」 金剛「なっなぜデース?」 五月雨「さっきから目が泳いでいるんですもん!」 金剛「めっ目なんて泳いでないデース!」ギクッ ガヤガヤワイワイ ~八幡サイド~ 間宮「楽しそうですね」 八幡「で人狼って誰なんだ?」ボソッ 間宮「実は..... 」ゴニョゴニョ 八幡「え、嘘だろ」 間宮「さて市民たちは気づくかな~」 ~艦娘サイド~ 夕張「じゃあ終了でいいですよー」 間宮「それでは投票をはじめます。 一人を選んでくださーい」 結果 金剛 7 天龍 1 金剛「アンギャァァァァァァァ」 金剛 死刑 残り7人 間宮「では夜に入りまーす。 人狼さんや騎士さんなどは選択をしてくださーい」 ~八幡サイド~ 八幡「金剛お疲れ」 金剛「うう... 人狼じゃないのに殺されたデース... 」シクシク 八幡「そもそもなんで目が泳いでたんだよ」 金剛「あれはデスネ... 」 【金剛回想】 金剛 フフフ... このゲームに勝って提督と一緒に寝て襲って結婚するデース! 五月雨「島風さんの言う通りです!金剛さんが怪しいです!」 金剛「なっなぜデース?」 【回想終了】 金剛「というわけデース... 」 八幡「襲ってくるな。 そして結婚はしない、働きたくない。 」 金剛「提督とはやく結婚したいデース!」ムカーッ 八幡「はいはい... んで金剛って騎士なんだよな?」 金剛「はい... ってつまり次で終了じゃないデスカ!?」 八幡「人狼側の勝ちだな」 ~艦娘サイド~ 【二日目 昼】 間宮「では今日の犠牲者を発表しまーす」 全員「「」」ゴクリ 間宮「五月雨さんでーす」 五月雨「え!?」 五月雨 死亡 間宮「これにより、市民側と人狼側の数が同じとなったため、人狼側の勝ちでーす」 ちなみに全員の振り分けはこう 球磨 市民 島風 市民 天龍 人狼 夕張 市民 金剛 騎士 八幡 占い師 吹雪 人狼 初雪 市民 夕立 狂人 島風「天龍って人狼だったの!?」 天龍「はっはっはっ!悪いな!」 吹雪「私も人狼ですよ」 初雪「意外です... 」 間宮「というわけで吹雪さんと天龍さんと夕立さんは提督一日自由の権限を与えます!」 パチパチイェーイ!パチパチ 間宮「というわけで人狼ゲームを終わりまーす」 夕立「提督!今日一緒にお風呂入るっぽい!」 八幡「はぁ... わかったよ」 邪念をはらうんだ........... 今晩一緒に飲んでくれないか?奢るぞ」 八幡「わかったわかった。 飲むよ」 天龍「よし!じゃあ行くか!」 他の艦娘「「「いいなー... というか未成年の俺が酒飲んでいいのかよ... 」 ~三十分後~ 天龍「... zzz」 八幡「弱すぎだろ.... ビール3杯だけで酔うって... 連れてくか... 」 ~天龍の部屋~ 天龍「... zzz」 八幡「まったく... 胸が大きい分重かったな.. 」 由比ヶ浜も重いのかな... まあいいや 八幡「さて風呂に入るか... 」 八幡「... 」 夕立「... 」 会話が生まれないっぽい... 八幡「... 」 夕立「てっ提督って何歳っぽい?」 八幡「俺か?17だが」 夕立「若いっぽい!大人っぽいから20代くらいと思ってたっぽい!」 八幡「おっおう」 見た目より若いって老けてるって意味だからな... 俺ってどんな能力者だよ。 ミエミエの実でも食べたっけ? それかスケスケの実かな? 八幡「目は腐ってるのはしょうがない。 目が腐ってる以外はいいんだ。 つまり俺は勝ち組だ。 」 夕立「面白いっぽい!そんな提督も好きっぽい!」アハハ! 八幡「あっああ。 そろそろ出るか」 夕立「私も!」 ~着替え中~ 八幡「じゃあな夕立」 夕立「おやすみっぽい!」ガチャン 八幡「さて俺も寝るか... 」 ~執務室~ 八幡「さて寝よ... まあ吹雪が一緒に寝たいって言ってたから一緒に寝るか 八幡「そっと入って... 」 吹雪「... zzz」 八幡「じゃあおやすみ... zzz」 翌朝.

次の