小説 家 に な ろう ログイン。 魔界帰りの劣等能力者(たすろう)

魔界帰りの劣等能力者(たすろう)

小説 家 に な ろう ログイン

リピーターがつくかどうかがポイントだと思います。 スタート時が同じなら、条件は同じというわけです。 問題は、一度来てくれた人がまた来てくれるかどうか。 初日が100人だとします。 そうやって、減らさない努力をすることで、読者数は増えていきます。 しかし、初日の方がまた来てくれなかったらどうなるでしょう? あれはおもしろくなかった、と思われてしまったら、初日の100人を失うわけで、翌日以降も常に初読の方しかいなくなってしまいます。 当然、アクセス数も伸びません。 私は100万突破したことがあります。 最盛期は一日に1000超えてました。 小説家になろう、ではなく、個人で作ったサイトでしたが、特に宣伝もしてませんでしたね。 多少の小説系サーチに登録しただけです。 もちろん最初はわずかでしたが、徐々に増えました。 やはりリピーターを逃さないことがコツです。 口コミなどもあって、少しずつ広まっていきました。 おもしろかったら頼まなくても自然と広がっていくのですよ。 読者の方が広めてくださるんです。 ちなみに私は最初は一ヶ月に5000もいきませんでしたよ。 一ヶ月で5000って結構すごいと思います。 初日数人とかから初めて、コツコツのばしていきました。 あとブログですね。 ブログって結構キーワードが検索系にひっかかったりするので、その流れで訪れてくれた方がいらっしゃいました。 (私がブログの記事にしたわけではなく、読者さんが感想を書いてくださったりした) 参考になれば幸いです。

次の

ハーメルン

小説 家 に な ろう ログイン

人気漫画の実写化ですが、漫画版のほうは未読です。 アニメ版も観ていません。 WOWOWで映画を観ました。 不死身の人間が、テロリストと死闘を繰り広げる! あおり文句は「絶体絶命を生きろ」おもしろそうですよね。 原作ありの場合、原作のファンを喜ばせるファングッズになって、原作未読の読者にはさっぱりわからないお話になる場合もありますが、これはお話わかりました。 派手なバトルもので、たたみかけるようなアクションで、ひたすら単純におもしろかったです。 テロリストがまあゾクゾクするような狂気っぷり。 私はテロリスト役の佐藤は壊れてしまった狂気の人で、永井は人間の心を残したまともな人だと思って観ていたのですが、最後のシーンは釈然としませんでした。 永井は、自分を犠牲にしてテロリストを止めたのではなく、逃げるために全部仕組んだのかな。 そうなると永井は悪いやつに見えてくる。 うーん。 わかんない。 どっちなんだろろう。 でも、おもしろい映画でした。

次の

やさしいズ・タイ、たつろうが作家デビュー! チャット小説『peep』での連載開始

小説 家 に な ろう ログイン

人気漫画の実写化ですが、漫画版のほうは未読です。 アニメ版も観ていません。 WOWOWで映画を観ました。 不死身の人間が、テロリストと死闘を繰り広げる! あおり文句は「絶体絶命を生きろ」おもしろそうですよね。 原作ありの場合、原作のファンを喜ばせるファングッズになって、原作未読の読者にはさっぱりわからないお話になる場合もありますが、これはお話わかりました。 派手なバトルもので、たたみかけるようなアクションで、ひたすら単純におもしろかったです。 テロリストがまあゾクゾクするような狂気っぷり。 私はテロリスト役の佐藤は壊れてしまった狂気の人で、永井は人間の心を残したまともな人だと思って観ていたのですが、最後のシーンは釈然としませんでした。 永井は、自分を犠牲にしてテロリストを止めたのではなく、逃げるために全部仕組んだのかな。 そうなると永井は悪いやつに見えてくる。 うーん。 わかんない。 どっちなんだろろう。 でも、おもしろい映画でした。

次の