ホクロ が 増える 理由。 ほくろの「毛」を大調査!なぜ生える?抜いたらがんになる?

ほくろが増えると不安な人に知ってもらいたい9つの事

ホクロ が 増える 理由

老化現象の1つでイボだと思います。 早い方では20代から出来始めるそうですが、遺伝性が強く 出来る方と出来ない方と見えるそうです。 私自身も何年か前より胸や首に茶色いホクロだと思っていたのですが、 たくさん出始めて、出始めは痒みがありました。 先月に余りにも数が増えて気になったので、皮膚科を受診したところ、 これからも出来続けるイボだと説明されました。 胸だけでも30~40個もあり気になっていたので、 先生にお願いをして、レーザー治療をして頂きました。 顔のイボは液体窒素を付けるだけで終わることが多く経験済みですが、 首から下の皮膚は分厚いので、液体窒素では取れないので、 レーザーで取るしかないそうです。 塗る麻酔をした後に、レーザーを照射するので痛みは全くありません。 イボは取れてもシミが数か月は残るそうですが、10日くらいでイボが 盛り上がってきて綺麗に取れました。 数によるそうですが、治療費はかなりかかりました… ¥13000 Q 初めて質問を投稿します。 言葉足らずなところがあるかもしれませんが、よろしくお願いします。 43歳の女性です。 身体の前面(胸下~脇腹~おへそのあたり)に急にホクロが増えてビックリしています。 凹凸がないものから少し凹凸があるものまで、40個ぐらいできました。 色は薄い茶色~茶色といった感じです。 場所がら日焼けしたこともありません。 (ビキニ等着用したこともないので。 ) 何か病的な原因が考えられるのでしょうか? ただの老化現象(トホホ…)でしょうか? また、取り除くことができるのであればキレイにしたいのですが、ここでよく目にするレーザー治療とかだと1個何千円とかで、40個以上となると莫大な金額がかかってしまいます…。 東京都内(できれば千代田区、中央区、江東区近辺)で保険適用できる病院をご存じの方いらっしゃいましたら、情報をいただきたく、よろしくお願いいたします。 Q 30代後半の男性です。 もともとホクロやシミは多い方でしたが、今年2月くらいから、顔に急激にホクロとシミが増えました。 特にここ2~3週間は、決して大げさではなく、毎日のように昨日まではなかったシミができています。 ネットで調べても、同じような(毎日のようにシミが増えるという)症例は見当たらず(見つけられず)、とても怖いです。 1年中日焼け止めを塗り、紫外線にもなるべく当たらないよう、常に気を付けていました。 1週間ほど前に地元で評判の良い皮膚科に行きました。 担当の先生は、顔のシミを診察して、「シミ自体には特に問題はない。 シミは加齢とともに増えるものだから特に問題はないでしょう」との診断でした。 特に出せる薬もないとのことでした。 とりあえずそれ以降は、自分でできるケアとして、「ハイチオールC」を服用し、「薬用ケシミンクリーム」を塗布しています。 しかし、その後も顔のシミは毎日のように増え続け、今日も仕事から帰宅後、鏡を見ると新しいシミができていました(朝には気づかなかったものです)。 1年に数個増えるというならばわかりますが、毎日のように増えるというのは、やはり何かの病気のシグナルなのでしょうか? 大きい総合病院などの検査ならば、何か具体的なことはわかるのでしょうか? 精神的にもかなり追い詰められています。 可能性のある病気や、何かご存知の方がいらっしゃいましたら、ぜひアドバイスをいただきたいです。 また、横浜・川崎周辺でお勧めの病院があれば教えていただけると幸いです。 どうかよろしくお願い致します。 30代後半の男性です。 もともとホクロやシミは多い方でしたが、今年2月くらいから、顔に急激にホクロとシミが増えました。 特にここ2~3週間は、決して大げさではなく、毎日のように昨日まではなかったシミができています。 ネットで調べても、同じような(毎日のようにシミが増えるという)症例は見当たらず(見つけられず)、とても怖いです。 1年中日焼け止めを塗り、紫外線にもなるべく当たらないよう、常に気を付けていました。 A ベストアンサー 私の場合は足なのですが茶色い痣や少し盛り上がった茶色い出来物が出来ます。 それも、前の日には無かったのに急に・・・みたいな感じです。 ただ貴方と違って、一ヶ月に一つぐらいの割合です。 背中の首の辺りには、マッチ箱大のシミが出来て、そのうち日焼けし過ぎた皮膚のようにペリペリと剥がれてきました。 そして触らなくても出血するようになったのです。 市立病院の皮膚科に行ったところ、湿疹だという診断でしたが、湿疹の薬をつけても治りませんでした。 そこで、形成外科でもシミ・ホクロを扱っていると聞いたので形成外科部長に診てもらいました。 すると、やはり湿疹及び加齢のせいだとのことでしたが、 詳しくはダーモスコピーという器械を使って調べると良いと言われました。 これは正確度90%なので、専門医でも使っているそうですが、市立病院には無いので心配なら専門医に行くように言われました。 でも私は皮膚を切り取って生体検査をしてもらいたいです。 aoyoko-sc. html kensa 顔のシミが毎日のように増えるのではさぞかし心配でしょう。 そのような症例ですと全然知識が無いのですが、ホクロならメラノーマかと思いますが 、シミですと別の別の皮膚がんの可能性も有るのではないかと思います。 私は以下のところで探して行ってみようと思っています まだ行っていませんのでお勧めは出来ませんが。 ganjoho. 皮膚がんは進行が遅いのですが、皮膚がんから他に転移すれば、進行も早くなるでしょう。 皮膚がんに詳しいかどうか分かりませんが、湘南厚木病院の設備は凄いです。 私が脳梗塞で倒れたときに、別の病院でCT検査を受けましたが、全く異常無しでした。 湘南厚木病院に移り、ここでMRI検査を受けましたが、これも全く異常無しでした。 しかしシンチグラフィーで検査を受けたところ、一目瞭然の異常だらけでしたので、設備って重要だなと感じた次第です。 ここは、ヘリカルCTやPETまで持っていますから、設備の良さではピカ一かも知れません。 皮膚がんなら早期発見、早期治療で100%治りますから、早目に専門医に行ったほうが良いかなと思っています。 私の場合は足なのですが茶色い痣や少し盛り上がった茶色い出来物が出来ます。 それも、前の日には無かったのに急に・・・みたいな感じです。 ただ貴方と違って、一ヶ月に一つぐらいの割合です。 背中の首の辺りには、マッチ箱大のシミが出来て、そのうち日焼けし過ぎた皮膚のようにペリペリと剥がれてきました。 そして触らなくても出血するようになったのです。 市立病院の皮膚科に行ったところ、湿疹だという診断でしたが、湿疹の薬をつけても治りませんでした。 そこで、形成外科でもシミ・ホクロを扱っている... Q 30代、主婦です。 最近、歳とともに、首の皮膚に細かなイボが沢山、出来るようになりました。 少し大きくなった時に、皮膚科の先生に診て頂いたら、老人性のイボだと言われてしまいました(泣) 結局、液体窒素(ドライアイスのようなもの)で焼いて頂き、すぐに治ったのですが、次から次へと細かいのが出来てしまって、とても困ってます。 周りの友人などに聞くと、あばさん、あじさんは結構みんな首に出来ているとの事で、確かに、うちに父親は無数に黒っぽいイボが出来ていて よく私が小さな頃、イボの根本を髪の毛で縛ってくれ!と言われたものです。 そうするとイボに血が通わなくなり、いつの間にかポロッと取れるのだそうです。 イボが大きくなれば、そうするのですが、髪の毛で縛れないような小さなイボなので、何か良い方法があれば教えて下さい。 A ベストアンサー できますねぇ、あれ。 わたしは、毛抜きでいじめています。 原理は、「髪の毛で縛る」というのと同じ。 痛くない程度に、毛抜きで、「いぼ」の根元をつまむ。 微細な血管があって、血液がきているので「イボ」が生きている。 ですので、この、根元の血管を遮断してやることで、 何回かすると、「イボ」が枯れてきます。 速攻でやるなら、イボを毛抜きで何回かつまんで、くびれが出来たら、 爪きりで切ると、殆ど痛くないし、出血も少ないです。 よく自分で見えないと、ここまでするのは、危ないですけどね。 気がついたときに、毛抜きでつまむ。 これでokです。 ブラのこすれるあたりや、わきの下など、鎖骨のあたりetc。 こすれる所に出来やすいので、発見したら、取れるまで毎日、毛抜きでぎゅって つまむだけ。 無料で、安全です。 3年位前から気になっていたのですが、体の歪みのせいか、いつもブラジャーがあたっている所に跡形がついていました。 それは、いつも同じところで右の脇側と左胸の内側です。 (右にずれてる?) その箇所が1年位前からシミ(5センチ位の楕円)になりました。 はっきりとしたシミではなく、ぼんやり色素沈着を起こしてる???って感じですかね・・・色は薄い茶色と紫が少し入ってるようなくすんだ色です。 近くで見ると分かりにくいんですが離れて鏡でみるとシミになってるってわかります! で最近ギョッとしたのが、同じようなシミがうっすらお腹やわき腹、腰に8箇所位できてるんです!あざの様にも見えます。 あちこちにできているのは全く気づきませんでした。 ごく最近気付きました。 そのシミは特に服や下着が擦れているという覚えがないので何なんだろう??と気持ち悪いです。 これは、老化現象ですか?それとも体がゆがみ代謝が悪すぎて支障がでてきているのでしょうか。 補足させていただくと・・・ 体の歪みは気になっています。 8年位腰痛、背中、首、肩のコリ(ミシミシと音がする位)があります代謝が悪いのか昔から下半身デブです。 太ももにはセルライトもびっしりついています。 仕事は事務職です。 2年前までジムに通ってましたがそれからは一切運動らしいことはしていません。 帯状疱疹後神経痛を長年(10年位)抱えています。 解決法、まずこれをしなさいというお言葉を頂けたらと思います。 よろしくお願いいたします。 3年位前から気になっていたのですが、体の歪みのせいか、いつもブラジャーがあたっている所に跡形がついていました。 それは、いつも同じところで右の脇側と左胸の内側です。 (右にずれてる?) その箇所が1年位前からシミ(5センチ位の楕円)になりました。 はっきりとしたシミではなく、ぼんやり色素沈着を起こしてる???って感じですかね・・・色は薄い茶色と紫が少し入ってるようなくすんだ色です。 近くで見ると分かりにくいんですが離れて鏡でみるとシミになってるってわかります!... A ベストアンサー 肌を日光に露出したり、紫外線を通過させやすい薄地の衣服を着て日中(午前10時~午後2次)外出する機会が多いことありませんか? 普段露出する皮膚は比較的メラミンが多く紫外線を防いでくれますが、メラミンの少ない普段日光に露出しない肌はシミができやすいかと思います。 紫外線の強い季節や時間帯は、色の濃い厚手の衣服を着たり、つばの大きい帽子をかぶったり、日傘を差したり、あるいは紫外線の強い時間帯の外出を避けるといった普段の生活での注意が必要ですね。 また新陳代謝をよくすることや活性酸素を減らすような食事をする事で、しみとなる前に傷ついて細胞や壊れた細胞を回収して肝臓や腎臓で無害化して体外に排出し、皮膚の再生を促して色素細胞が沈着しないように心がける必要があります。 有酸素運動や水を十分飲んで、体内循環を良くし、新陳代謝を良くし、体内で発生する活性酸素を減らすように努めれば、セルライトのようなものは徐々に減少していくと思います。 食べたらそれのカロリー相当の有酸素運動をして余分なカロリーを消費するようにする習慣にして、体に取り込むカロリーと消費するカロリーのバランスを考えて飲食する量を調整しないといけませんね。 肌を日光に露出したり、紫外線を通過させやすい薄地の衣服を着て日中(午前10時~午後2次)外出する機会が多いことありませんか? 普段露出する皮膚は比較的メラミンが多く紫外線を防いでくれますが、メラミンの少ない普段日光に露出しない肌はシミができやすいかと思います。 紫外線の強い季節や時間帯は、色の濃い厚手の衣服を着たり、つばの大きい帽子をかぶったり、日傘を差したり、あるいは紫外線の強い時間帯の外出を避けるといった普段の生活での注意が必要ですね。 また新陳代謝をよくすることや活性酸... A ベストアンサー 私も産後、ホクロなのかシミなのか出来ました。 ほんと薄~い茶色ですよね。 胸~お腹にかけて、よく見ないと分からないような小さなものまで入れると20個は出来ています。 知り合いのママさんは、私なんって100個くらい増えたわーと言ってますよ。 なんでかって、妊娠するとメラニン色素が急激に蓄積されていくようで 産後はピークに達する。 これはホルモンのバランスが崩れるのが原因のようです。 だから妊娠期間中はホクロが増えると言われているんです。 噂ではなく事実のようです。 元々のホクロが肥大する場合もあるようです。 胸・お腹・背中・腕・お尻・首筋、さまざまですって。 普段見えないところだけに、気づかないだけで、背中やお尻に出来ている方も多いんじゃないでしょうか。 産科でもなく皮膚科でもなく、小児科の先生に言われたことですが。 A ベストアンサー 私も、いびつな形で、盛りあがったもっと大きなホクロがありました。 昔より少しずつ大きくなってきたものでしたが、皮膚科に行ったところ良性と診断されました。 結局取っちゃいましたけど。 私もそうですが、肌が白く刺激に弱い、日焼けしても赤くなるだけの人はホクロが出来やすいそうです。 私も年々増えています・・・。 いつのまにか出来て1年で数ミリになる物もあります。 一般的に30歳くらいまではホクロは増え続けるそうです。 紫外線による刺激もホクロが出来る要因の1つなので、日焼け止めを塗って紫外線を避けるのも、ホクロができるのを防ぐ効果が多少はあるそうです。 顔などに悪性のメラノーマなどが出来ることはかなり稀で、大抵は刺激を受け続けるところ、足の裏などに出来ると言われています。 なので足の裏のホクロは要チェックと言うのが定説です。 また、他の場所でもホクロを弄る癖があったり、男性の場合、ヒゲを剃る際に傷つけるなど刺激を与え続けると、悪性になる?可能性も捨てきれないとも言われています。 刺激を与え続けることによって、良性が悪性に変わることもありうる。 悪性は始めから悪性。 という2つの説があってまだ結論は出ていないみたいです。 勝手な想像ですが、これをはっきりさせるには多くの症例と長期間にわたる経過観察が必要と思われ、そうそう結論は出ない気もしますし、正確に判別する方法はどうなるのか分かりません。 毎回病理検査では治療法も限られますし) 悪性の特徴としては以下のような条件が挙げられる事が多いですが、あくまで参考程度です。 自分で見た限りは、私のホクロもこれに全て当てはまっていました。 」 この条件(計5つ)が当てはまる場合は早急に病院に行ったほうが良いでしょう。 急激に大きくなるようだとかなり怪しいですが、正確に知るためには皮膚科で見てもらう必要があります。 これまで書いたのも私が調べたり、医師に聞いた話を書いただけの一般論です。 心配でしたら、赤いボツボツの件も合わせて(こちらは変な心配は要らないとは思いますが診てもらってはどうでしょう)、1度皮膚科に行って診てもらった方が良いでしょう。 ホクロの治療もメジャーになっていますのでそちらも相談できると思います。 ただ、ホクロの治療を扱っているかどうかは事前に確認して下さい。 以下、もしホクロの治療をしようと思った際に参考になれば。 ちなみにホクロの治療には、大きく分けて、1. メスによる手術(メスで切除・縫合)、2. オープントリートメント(丸くくりぬく)、3. 炭酸 ガスレーザーで焼く、4. ルビー・レーザーなどで色だけ取る の4通りの治療法があります(レーザなどは色々種類がある) どの治療法にも長所・短所があるので、しっかりと説明を聞いて自分(ホクロ)に合ったものを選んで下さい。 (病院、術方によって値段も様々です)部位によって適す適さないもあるので、部位によって治療法を変える事もあります。 レーザー機器は非常に高額なので、病院によっては何かとレーザー治療をすすめ、高額な減価償却費を回収しようとするところもあります。 手術の方が綺麗になる場合も少なくないので、良く話しを聞いて納得してから治療を受けて下さい。 よく美容形成外科で美容目的のホクロの治療を行っていますが、ホクロの治療をする際は、治療と言う意味や費用の点でも皮膚科をお勧めします。 美容形成外科はまずレーザーしかしてくれませんし。 皮膚科は綺麗にならないなんて言う人もいるようですが、形成外科を併設しているところなら、仕上りも悪くないと思います。 行動範囲内で情報収集して下さい。 他の病気でも誤診が問題になっていますが、経験を積んだ医師に見てもらえるかどうかは患者にとって重要なことですから。 私も、いびつな形で、盛りあがったもっと大きなホクロがありました。 昔より少しずつ大きくなってきたものでしたが、皮膚科に行ったところ良性と診断されました。 結局取っちゃいましたけど。 私もそうですが、肌が白く刺激に弱い、日焼けしても赤くなるだけの人はホクロが出来やすいそうです。 私も年々増えています・・・。 いつのまにか出来て1年で数ミリになる物もあります。 一般的に30歳くらいまではホクロは増え続けるそうです。 紫外線による刺激もホクロが出来る要因の1つなので、日焼け止めを塗って紫外... Q 末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 末期癌の母は現在ホスピスケアを受けています。 これから母の面倒を見るのは私の役目なのでこれからどうなるのか不安です。 母がすいぞう癌だと宣告されたのはおよそ1年前です。 肝臓にも転移しており既に手遅れでした。 今年の3月頃までは癌だと思えないほど元気な母でしたが 4月頃から急に階段を転げ落ちる様に容態が悪くなってしまいました。 あらゆる箇所の骨に転移し、強い痛みも出てきました。 肺へも転移し、咳がひどいです。 今ではほんの少し動いただけでも息切れがひどく、時々咳き込んで嘔吐してしまいます。 急に食欲もなくなりました。 一日、一日ごとにどんどん体力がなくなり弱くなっていきます。 母はこれからどうなっていくのでしょうか。 苦しみが増しますか? 意識は最後まであるものですか? 自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか? この状態で、あとどのくらいと考えていればいいでしょうか。。。 文章がうまくまとまっていなくてすみません。 少しでも心の準備ができればと思います。 宜しくお願いします。 A ベストアンサー 「人はがんでは死なない」という言葉があります。 がんが特別な毒素を出すわけではありません。 では、なぜ、人はがんで死ぬのか? それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、 その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。 様々な症状の一つには、疼痛もあります。 これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。 気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。 肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化学作用 が止ることになり、肝性昏睡などの様々な症状を起こします。 大きな血管にがんができて、血管が破れるということも起きます。 腎臓の機能が低下すれば…… 脳の機能が低下すれば…… つまり、がんがどこにあり、その臓器は、どんな仕事をしているのか、 ということです。 何が起きても不思議ではない、ということです。 「苦しみが増しますか?」 軽くなるということはないでしょう。 出てきた苦しみを押さえるということになります。 「意識は最後まであるものですか?」 わかりません。 先に昏睡状態になる場合もありますし、最後まで、意識がはっきりしている 場合もあります。 「自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?」 状況によりますが、オムツということも考えてください。 尿はカテーテルを留置することになります。 残酷な言い方ですが、何らかの理由で昏睡状態になった場合、 「それを治療して、昏睡から醒めさせて、延命をする」ということを しないという選択肢もあります。 末期症状は、医師や看護師がよく知っています。 まずは、医師や看護師と相談してください。 「人はがんでは死なない」という言葉があります。 がんが特別な毒素を出すわけではありません。 では、なぜ、人はがんで死ぬのか? それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、 その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。 様々な症状の一つには、疼痛もあります。 これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。 気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。 肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化... Q ほくろが増えたり大きくなるのが最近になって気になりました。 昔はなりたてのシミくらいに小さく細かい点々だったのですが、気がついたら一回りくらい大きくなってます。 目立つ手足にも1~2ミリ程度の形の良い丸いほくろは多いのですが、紫外線の影響もあるのだろうと気にしないようにしていました。 今気にしているのは胴部分(特に横腹、胸~脇にかけて)に年々増えて大きくなるほくろです。 数は天体の星のように密集していて、数年前までは全てよく見たらわかる程度の小さなものだったのが、今では全て1~2ミリのほくろになっています。 普段露出する部分ではないところのほくろなので、急激に増えたり大きくなったりするのが不安です。 これは悪いものなのでしょうか。 おわかりになる方、教えてください。 また、医者に相談するとなると、どこにかかったら良いでしょうか。 アドバイスお願いします。 A ベストアンサー ホクロには放置して良いホクロと、 放置してはいけない 除去しなければいけない ホクロが有ります。 それはホクロの専門医の皮膚科で受診してもらわなければ判断できません。 多くのホクロは放置してもいいのですが、 極たまに、癌化するホクロができます。 簡単な判別方法ですが、 黒く丸いもの 大きさが変わらないもの 大きさ 直径 が5mm以下のもの 最初は点状で徐々に大きくなり、直径5mm以下で成長が止まるもの は、たぶん普通のホクロです。 注意しなければいけないのは、 こげ茶色、または茶色のもの 黒色のものも有ります 大きさや形が変化しているもの 形がいびつで丸くないもの アメーバーのような形のもの 今まで有ったのに、突然消えたもの 大きさ 直径 が1cm程度を超えるもの これらは癌化したホクロの可能性が有ります。 これらは皮膚ガンの一種で、「メラノーマ」と呼ばれています。 dermatol. search. yahoo. 小さいホクロが多いのは多分大丈夫ですが、 大きいホクロは注意が必要です。 あなたの兄弟や両親、恋人に体中の 背中などの見えない部分の ホクロを点検してもらい、 定期的に観察するのが良いでしょう。 メラノーマは早期に除去すれば完治します。 心配な場合は、迷わず皮膚科で診察を受けてください。 皮膚ガンは転移するので、迷っていては大切な時期を逃してしまいます。 ホクロには放置して良いホクロと、 放置してはいけない 除去しなければいけない ホクロが有ります。 それはホクロの専門医の皮膚科で受診してもらわなければ判断できません。 多くのホクロは放置してもいいのですが、 極たまに、癌化するホクロができます。 簡単な判別方法ですが、 黒く丸いもの 大きさが変わらないもの 大きさ 直径 が5mm以下のもの 最初は点状で徐々に大きくなり、直径5mm以下で成長が止まるもの は、たぶん普通のホクロです。 注意しなければいけないのは、 こげ茶色、または茶色の... Q どこにもぶつけたり当たったりしていないのに、青あざ(正確には青紫)が出来ます。 2週間前にも膝や手首にあったのですが、数日すると消えてしまい また今回手首に一つ出来ています。 これは十年程前に初めて出ました。 (ぶつけてないのに青あざ) 当時肝臓の数値が急上昇したり 結局は薬を服用していた為)、ストレスで毎夕方になると 熱が出たり、最終的には慢性扁桃腺手術しました。 その間にあざが出来たので(肩とかにも数個)かかりつけ医に診てもらったところ よく分からないけどアレルギー性の皮下出血ではないかという事でした。 おじいちゃん先生だったので正確な診断だったかは分かりませんが、 あざが出ても押して痛い訳でなく、色だけの症状だったので今まで特に気にしていませんでした。 ただ現在私には家庭もあり、変な病気になっても困るので今さら心配しています。 ちなみに私は基本的には抵抗力が弱く、数年前までは毎年絶対声が出ないほどの風邪を引いてました。 現在は過敏性腸症候群で、ストレスや睡眠不足が続くと慢性的な胃や腸の 痛みに襲われます。 (下痢タイプではないです) また、今年の5月から爪の甘皮がなくなり爪がでこぼこするという症状が出ています。 (これは5月の診察では貧血気味じゃないかと医師に言われました。 血液検査はしていません。 先日は甘皮が無いため細菌感染し膿が溜まったので、別の医師に診てもらったところ 乾燥が原因だと言われました) 青あざは一年に数回出ることもあれば一回しか出ないこともあります。 昨年10月に出産したのですが、妊娠中から先日までも出たことは無かったはずだと思います。 あ、それと先日献血に行ったのですが、後日検査表みたいなのが送られてきましたが 特に数値が異常な項目はありませんでした。 どんな事でもいいので何か教えてください。 どこにもぶつけたり当たったりしていないのに、青あざ(正確には青紫)が出来ます。 2週間前にも膝や手首にあったのですが、数日すると消えてしまい また今回手首に一つ出来ています。 これは十年程前に初めて出ました。 (ぶつけてないのに青あざ) 当時肝臓の数値が急上昇したり 結局は薬を服用していた為)、ストレスで毎夕方になると 熱が出たり、最終的には慢性扁桃腺手術しました。 その間にあざが出来たので(肩とかにも数個)かかりつけ医に診てもらったところ よく分からないけどアレルギー性の... A ベストアンサー 医師です。 青あざは皮下出血です。 通常はいわゆる打撲によるものがほとんどですが、血液凝固能(血を固まらせる機能)が低下すると、皮下出血などしやすい状況になります。 いわゆる紫斑病といわれる疾患群などがその代表ですが、紫斑病の特徴は全身性であることが多いので、ある部分だけできやすい、ということはあまり考えられません。 また、他にも歯肉出血(歯茎から血が出やすくなる)なども合併します。 検査所見上は、血液凝固時間の亢進がみられたり、血小板の減少がみられたりします。 血液凝固能についてはPTなどの検査値を見ますが、これが正常であればまず紫斑病は否定されます。 全身に複数の青あざができるようでしたら、内科の受診をお勧めしますが、症状を拝見する限りは、まず経過観察でよろしいかと存じます。 貧血が強く出たりするようであれば、すぐに内科を受診してくださいね。

次の

顔や体のほくろが増える原因は病気?ほくろが増える原因と予防法 | 女性の美学

ホクロ が 増える 理由

ほくろが増える原因 ほくろには先天性のものと後天性ものがあり、私たちが増えたと感じるほくろは通常後天性で二十代以降にできるものです。 原因としては大きく二つありますので詳しく見ていきましょう。 紫外線 大量の紫外線を浴びると肌のメラノサイトがメラニンを作って肌を守るため紫外線を吸収します。 もし新陳代謝が活発で肌サイクルが正常に働いていれば肌は元の状態に戻りますが、メラノサイトが過剰に活性化したりメラニンが生成されすぎると、体外への排除がうまく行われなくなってほくろの原因になります。 物理的な外部刺激 キツイ下着や靴などで皮膚が頻繁にこすれたり、仕事などで体の同じ部分に常に熱や重量がかかっていたりなど、その こすれや圧迫で細胞が傷ついてしまうことが原因となりえます。 女性の場合はこんな原因も… 女性の場合は他にも要因があるのでこちらも解説していきます。 ホルモンの量にも影響を受け、例えば妊娠中はほくろが増えたり濃くなることがあります。 また ストレスによるホルモンバランスの乱れなどもほくろが増える原因になります。 その他にも 化粧品、化学薬品、怪我など。 増えたほくろの中には メラノーマと呼ばれる死亡率の高い悪性腫瘍になるものもあり、これに関しては注意が必要です。 足の裏や手のひら、手足の爪などに多く現れ、一見普通のほくろに見えて気づきにくいのですが、放っておくと悪性腫瘍ガンとして進行する場合があります。 急に大きくなったほくろに不安を感じたら、すぐに皮膚科を受診しましょう。 メラノーマの見分け方 危険性があるほくろ(メラノーマ)• 大きさ(直径)が1cmより大きい• 大きさや形が短期間で変化している• 色が均一でなく濃淡がある、周りがギザギザしている• 形がいびつで丸くない(左右対称でなく、アメーバーのような形のもの) 危険性がないほくろ• 黒く丸いもの• 大きさが変わらないもの• 大きさ(直径)が5㎜以下のもの• 最初は点状で徐々に大きくはなるが、直径5㎜以下で成長が止まるもの メラノーマの症例に少しでも近い場合は、念のために皮膚科に行って診察してもらうことをお勧めします。 できたほくろを除去する方法 ほくろの除去方法としては、医療機関で取る方法と、生活の中でセルフでもできる方法がありますのでわけて紹介しますので、参考にしてください。 医療機関で行う方法 炭酸ガスレーザー除去法・切除縫合法・くり抜き法 ほくろ除去というと、まずは美容外科でのレーザー治療が浮かぶかもしれません。 美容外科ですから仕上がりの綺麗さにこだわってもらえる反面、健康保険がきかないのでコストは上がるかもしれません。 もしも保険適用できる可能性と、メラノーマかどうかの医学的判断などを専門的に行える事にも重点を置くならば、皮膚科、形成外科がオススメです。 自分で除去する方法 ほくろ除去専用もぐさ・ほくろ除去クリーム 最近話題の「もぐさ」での除去方法とは、よもぎを乾燥させたお灸によってほくろをかさぶたにして落とす方法です。 その他の、主に輸入品となるほくろ除去クリームは成分がはっきりしないこともあり、何れにしてもほくろ部分の皮膚を溶かしたりダメージを与えることでかさぶたにして落とす方法なので、跡が残ったり、うまくいかない場合もあります。 実際に行う際は目立たない部位でまず試した方が良さそうですね! ほくろを予防するには? 紫外線を防ぐ:日焼け対策=ほくろ対策です! 予防というとやはり紫外線のことが大きく関係していますが、他にも普段の生活の中で予防できることを以下に紹介していきます。 十分な睡眠を取り、ストレスを避ける• 窮屈な衣類、靴などを避け、肌を擦らない様に気をつける• 適度な運動、適切な食生活で肌の新陳代謝を促し、ビタミンやミネラルをとる まとめ ほくろができる理由は、紫外線、物理的な刺激、ホルモンの影響、化粧品やストレス、悪性腫瘍メラノーマなどがあります。 できた ほくろの除去方法としては、医療機関でもできますが家庭の中でやれることもあるようですね。 ほくろを予防するには、紫外線を防ぐ、生活習慣の健全化、体を締め付けない、肌をこすらないなどがあることを紹介してきました。 新陳代謝を高めて肌のターンオーバーを促し、メラノサイトが体外に排出される様にすることが大切だということです。 入浴で血行促進することも代謝を高める効果があるそうです。 こうして見ていくと、ほくろ予防の為に気をつけるべきことは、全て美肌の為にする事と同じですね! 私も、新陳代謝を意識した食事や運動習慣で、お肌の再生を促していきたいと思います。

次の

専門医に聞いた「ホクロ」の真実! 知らないと恐い、ホクロを生む“生活習慣” (2018年5月10日)

ホクロ が 増える 理由

Sponsored Link 生まれたときから顔や身体にある ほくろは、目にしても違和感はありませんよね。 私はもともとほくろが多いほうなので、いちいち気にせず生活しています。 それでも新しいほくろがあるのに気付いたら、一瞬「 おや、こんなところに?」と気になります。 いちど気になり始めたら、気になって仕方なく、何か悪い病気なんじゃないか?というところまで妄想がふくらんだこともありました。 ほくろが増える原因はなんなのでしょうか。 そして 病気の可能性はあるのでしょうか。 下記のテーマ順にまとめていきます。 ・急にほくろが増える原因は? ・10代20代で急にほくろが増える理由。 病気の可能性は? ・ほくろを除去したくなったら Sponsored Link 急にほくろが増える原因は? ほくろができる原因は、 メラニン色素のかたまりであるメラノサイトが、皮膚の一部に集中して、それが凝縮するからです。 シミと似ていますが、 シミはメラニン色素が肌にたまってできたもので、ほくろはそれが集まったものなので盛り上がっています。 メラニン色素は、紫外線を肌が吸収することで自然に増えるものです。 日焼けすることが多くなったり、ケアを怠って放置していれば、知らず知らずのうちにほくろが増える原因になります。 とくに女性は、ホルモンバランスやストレスが原因でメラニン色素が大幅に増えることがあります。 また、 ほくろができやすい体質は遺伝するものなので、両親に聞いてどちらかができやすいと言っていたら、「そうか、それが原因なんだ・・・」と納得できますよね。 ただし、いつもできるほくろとは違う真っ黒な色をしていたり、出血していたり、どんどん大きくなっていったら皮膚がんの可能性もありますので、直ちに病院に行きましょう。 10代20代で急にほくろが増える理由。 病気の可能性は? もしあなたが10代や20代という若さで、急にほくろが増えるとしたら、いくつが原因が考えられます。 まず、 紫外線を浴びすぎていないかということです。 若いころは日焼けしてもシミになることは少ないのですが、それでも紫外線から顔や身体を守る対策をしていないとシミはできますし、それが原因でほくろができてしまうこともあります。 それから、 市販のサプリメントやインスタント食品、ファストフード、甘いものをとりすぎていませんか? サプリメントやインスタント食品に含まれる食品添加物、ファストフードに多いトランス脂肪酸、甘い物に含まれる白砂糖・・・すべてお肌の大敵です。 つぎに気をつけたいのが、ほくろの中でもできる箇所によって悪性のものがあり、とくに 足の裏にできるほくろはメラノーマという悪性のがんであることが多いのです。 じつは足の裏にはメラニン色素がないので、ほくろができるのはおかしいですし、歩くことによって刺激を受け、どんどん悪化してしまいます。 若いときは、がんの進行が早いのでなおさら注意が必要です。 ほくろが足の裏にできていたら、皮膚科を受診しましょうね。 Sponsored Link ほくろを除去したくなったら 顔にできたほくろは、鏡を見るたびに気になって、気に入らない場合取りたくなるのは当然です。 最近では様々な民間療法もあるようですが、 お医者様にとってもらうのオススメします。 なぜなら、ほくろの大きさや形、できた場所によって、レーザー除去や切開など、お医者様が最適な方法を選んで除去してくれるので安全だから。 切開というとギョッとしますが、局所麻酔を使うようなので手術中は痛くはないようです。 レーザー除去でほくろをとる女性の動画をこちらで見ることができますよ。 驚くほど早くて簡単でまるでマジックのようです。 こんなに簡単に除去できるんですね。

次の