パソコン バージョン 確認。 OSのバージョンを確認する方法

自分が使っている OS ( Windows ) を確認する方法

パソコン バージョン 確認

OSである Windowsは、パソコンの発売された時期によってシリーズが異なってきます。 またそれぞれのシリーズで、HomeやProというエディションがあります。 Windowsには以下のような種類があります。 (上にいくほど新、下が旧)• Windows 10・・・バージョン有り• Windows 8・・・8. 1(8のアップデート版)• Windows 7・・・SP1• Windows Vista・・・SP1、SP2• Windows XP・・・SP1、SP2、SP3 セキュリティ上、バージョンやサービスパックは最新にしておくことが推奨されています。 ソフトウェアのインストール時などは、最新のバージョンやサービスパックか、一つ前のものが適用されていないとインストールができないこともあります。 32bit OSと64bit OSの違いは、最大搭載可能メモリーです。 32bit OSは4GBまで、64bit OSでは4GB以上(8GBや16GBなど)のメモリーを増設・使用することができます。 Windows XP、Windows Vistaはほとんどが32Bitです。 一方 Windows 7、10は32Bitと64Bitが半々です。 メモリー増設を考慮した場合は64bitのほうがメリットは大きいといえます。 CPU CPUには、Intel社製のものとAMD社製のものとがあります。 Intel社製のCPUのほうが割合としては多いです。 CPUにも歴史があり、日々開発・改良が加えられ処理の高速化・機能追加などが行われています。 リリースされた時期によってCPUのブランド名や性能が異なります。 特にCPUの核の部分になるコアが1つか、2つか、あるいは4つかでCPUの性能は大きく違ってきます。 クロック数よりも先ずはCPUブランド名で確認するといいでしょう。 CPUのブランド名は以下のようなものがあります。 (上にいくほど新、下が旧) Intel(デスクトップ)• Core i7・・・コア4~8 (コア6・10有り)• Core i5・・・コア4~6 (コア2有り)• Core i3・・・コア2~4• Pentium・・・コア2、Core iシリーズ廉価版• Celeron ・・・コア1、コア2、Core iシリーズ廉価版• Core 2 Quad・・・コア4• Core 2 Duo・・・コア2• Pentium Dual Core・・・コア2、Core 2 Duo 廉価版• Celeron Dual Core・・・コア2、Core 2 Duo 廉価版• Pentium D・・・コア2• Pentium 4・・・コア1• Celeron D・・・コア1 Intel(ノートパソコン)• Core i7・・コア2~4• Core i5・・コア2~4• Core i3・・コア2• Pentium B、P、U・・・コア2• Pentium 900番台・・・コア2• Pentium 2020M、2117U・・・コア2• Celeron Dual Core、Celeron B・・・コア2(コア1有り)• Pentium M・・・コア1• Pentium 4・・・コア1• Celeron、Celeron M・・・コア1• Core Solo・・・コア1 ノートパソコン用のCPUは末尾にP・U・Y・M・Eなどが付いていることが多くなっています。 IntelのCPUは 現在 Core iシリーズに入っており、性能は Core i7>Core i5>Core i3>Pentium>Celeronとなっています。 (AMDも同様に世代やブランド名によって、コア数が異なります。 情報が多くなるため当ページでは割愛しています。 ) CPUのクロック数 同一世代のCPUは、クロック数が高いほど性能も高くなります。 例えば同じCore 2 Duoシリーズなら、2. 4GhzのCPUより3. 0GhzのCPUの方が上です。 世代が違うCPUの場合は、クロック数だけでは比較できません。 例えばPentium 4の3. 0GhzとCore 2 Duoの2. 4Ghzなら世代の新しいCore 2 Duoの方が性能は上になります。 CPUの性能を決めるのは、コア数、スレッド数、クロック周波数、キャッシュなどがあり、また消費電力も関係してくるので、世代が新しいCPUほど 総合的な性能が高い傾向にあります。 特にコア数とクロック周波数が重要です。 メモリー メモリーの単位は、MBやGBです。 1024MBで1GBになります。 実際に搭載されているメモリーが1GBであっても、マイコンピュータのプロパティでは 0. 99GBや896MBなど少なく表示されることがあります。 これはパソコンの画面描画(グラフィック)にメモリーが少し使われているからです。 メモリーは、Windows 7では4GBは最低搭載されていないと、パソコンの動作が緩慢になりやすいです。 推奨メモリーは、Windows 7以降では4GB以上といわれています。 ただ使い方によっては、4GBでも不足することがあります。 基本的にCPUの交換というのは、メーカー製パソコンではサポート外であり容易にできるものではありません。 しかし、メモリーの増設方法はパソコンのマニュアルにも記載されています。 パソコンのスペックをあげて、動作速度を改善することにもつながります。 ハードディスク SSDは、ハードディスクに変わる次世代の記憶デバイスです。 最近のパソコンにはハードディスクの代わりにSSDを搭載しているものが増えています。 SSDは、ハードディスクのように物理的に回転してデータの読み書きを行っているわけではなく半導体の記憶デバイスです。 容量は120GB~512GBぐらいが主流で、データの読み書き速度はハードディスクより かなり高速になることが実証されています。 メーカー製パソコンでも、このようなフラッシュメモリー、SSDを搭載している機種があります。 ハードディスクに比べると、動作速度は速いのですが、容量が少ないため空き領域が不足することがあります。 特に128GB以下のSSDで起こりやすくなります。 SSDにも種類があり、2. 5インチ SATAの他、mSATA、M. 2スロットで用いる NVMeなどがあります。 グラフィック パソコンのビデオ出力を担うのがグラフィックです。 グラフィック機能のことを GPUともいいます。 グラフィック性能によって表示できる解像度、描画力、3D画面への対応などに差が出てきます。 メーカー製パソコンでは、グラフィックボードが付いていることはほとんどありません。 マザーボードのチップセットやCPUがグラフィック機能を担当しています。 近年はほぼ CPU内蔵グラフィックです。 3Dゲームや立体を描画するソフトでは、マザーボードやCPUのグラフィック機能では性能が足りず満足に操作するができないということがあります。 こうした場合にグラフィックボードを増設します。 自作パソコンやBTOパソコンでは、グラフィックボードが付いていることが多い傾向があります。 主要なスペックは 上記のOS~グラフィックまでがよくいわれます。 解像度・液晶ディスプレイ Windowsのスタートメニューの検索ボックスで、msinfo32と入力し msinfo32. exeをクリックすると、システム情報が起動します。 OSによって表示される項目が少し異なりますが、OSの種類、バージョン、CPU、メモリーの情報が表示されます。 CPUのコア数、スレッド数、メモリーの搭載量、利用可能メモリーなども見ることができます。 やや応用的な項目にはなりますが、Winodws 8と10では、BIOSモードを確認できます。 従来のBIOSならレガシー、UEFIならUEFIと表示されます。 前者ならシステムドライブのパーティション形式はMBR、後者ならGPTということになります。 BIOSは、マザーボードに搭載されているファームウェアです。 BIOSと拡張型のUEFIがあります。 スペックに大きく関係するわけではありませんが、いずれかのファームウェアによってパソコンが動作しています。 今後は UEFIが主流となっていきます。 デバイスマネージャー BIOSでは、ハードウェアの基本的な情報を知ることができます。 主にCPU、メモリー、ハードディスクやSSDなどの情報を確認できます。 メーカーや機種により確認できる項目に多少の差異はありますが、CPUの型番やクロック周波数、メモリーの型番と容量、ハードディスクやSSDの型番と容量などが表示されます。 このようなことはあまりないのですが、OSがインストールされていないパソコン、起動しないパソコンなどで、CPUやメモリーを簡単に確認するときにBIOSに入るということがあります。 ある程度慣れていないと、間違った操作を行ってしまうこともあるため、中級者むきです。 Windows エクスペリエンス インデックス パソコンのスペックを上げるとは、性能を良くするということです。 具体的にいうなら、パソコンの起動や動作を早くし、動画再生・動画編集をスムーズにし3D描画ソフトなどにも対応できるようにすることです。 スペックを上げる場合は主に下記の作業があります。 ・・・・・・・・動作速度など• ・・・動作速度・記憶容量の増加など• ・・・・記憶容量の増加など• ・・・・・・・・・・・動作速度など• ・・・・・・・・・・・動作速度・動画再生・動画編集など• ・・・3D描画・動画再生・動画編集など• ・・・解像度、フルHD対応など 他に、も、ディスプレイを増やすことによる解像度の追加と捉えれば、スペックを上げるということができます。 多くのパソコンで行えると考えられる作業は、メモリー増設・ハードディスク交換・SSD交換・マルチディスプレイなどがあげられます。 ノートパソコンでは、グラフィックボードの増設はできませんし、メーカー製パソコンでは CPUの交換は基本的にサポート外となります。 スペックを上げる作業は、ノートパソコンよりデスクトップパソコンのほうが行いやすく、メーカー製パソコンより自作パソコンやのほうが行いやすくなっています。 サイドバー.

次の

【Mac/Win】iTunesのバージョンを確認する方法と最新版を入手する方法

パソコン バージョン 確認

Microsoft Officeも長い時間を経て、大きく様変わりしてきました。 トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、自分が使っているOffice(ExcelやWordなど)のバージョンが分からないと対処できない場合があります。 普段はバージョンなど気にしなくても操作できるかもしれませんが、いざというときはバージョンを確認する必要があります。 特に質問するときは、バージョンを明確に伝えたほうが解決は早いです。 なぜなら、バージョンによって、操作方法が大きく異なる場合があるからです。 見た目ですぐにバージョンがわかるものもありますが、しっかり確認しないとわからないものもあります。 また、SP(サービスパック)がインストールされているか、いないかによっても違いますし、最近のバージョンでは、ビルド番号を確認して更新するだけで解決することもあります。 ここでは、その確認方法を解説します。 各Officeのサポート期限については、以下のMicrosoftのページでご確認ください。 参考Windows10のバージョンの確認方法は、以下の記事で解説しています。 Office2010では、よく[バックステージビュー]という言葉を耳にされると思います。 [バックステージビューを開いて・・・]と言われても... [バージョンと著作権の追加情報]をクリックすると、より詳細な情報が表示されます。 SP1かSP2かは、このウィンドウの1行目で確認できます。 Office2013 下の画像は、Word2013です。 バージョンの確認方法 [ファイル]タブをクリックして、Backstageビューを開きます。 メニューから[アカウント]をクリックします。 [〇〇のバージョン情報]ボタンをクリックします。 ここでは、[Wordのバージョン情報]ですね。 ここで詳細なバージョンを確認することができます。 Office2013のアイコンです。 以下の画像は、Windows10のスタートにピン留めしたExcel、Word、Outlook、Access、PowerPointです。 Office2013では、以下の記事でも解説しています。 Office2016では、更新オプションから最新の更新プログラムを確認したりインストールすることができます。 ここでは、Word2016で解... バージョン 1904(ビルド 11601. 20144)です。 バージョン2005からだと思いますが、[月次チャネル]ではなく[最新チャネル]と表示されるようになっています。 ちょっと不思議なのですが、[バージョン情報]をクリックすると、[ Word for Office 365のバージョン情報]となっています。 いつのタイミングで変わったのかは分かりません。 いつのバージョンで変わったかは分かりませんが、現在は、以下のような表記になっています。 以下の画像は、Windows10のスタートにピン留めしたExcel、Word、Outlook、Access、PowerPointです。 Accessは変わっていません。 保存ファイルのアイコンです。 アイコンが変わった時のことは、以下の記事に記しています。 Access2016のアイコンも新しいデザインに変わりました。 (1906(ビルド 11727. 20230)) 参考Office2016でバージョン1706 ビルド 8229. 2073 にすると、[リボンのユーザー設定]の[基本のコマンド]などにコマンドが表示されなくなります。 以下の記事を参照してください。 また、以下のような事例も発生しましたが、これも現在は解決されています。 バージョンアップによって不具合が発生することもありますが、たいていは次のバージョンアップで修正されているようです。 注意2020年1月の更新アップデートが原因?で、Officeを再インストールしなければなりませんでした。 Word2016の[並べて表示]のコマンドは無効になっています。 Office2019 Office2019は、Windows 10のみにインストールできます。 Windows 7 または Windows 8. 1 ではサポートされていません。 アイコンもOffice2016と同じです。 スタートにピン留めしたExcel、Word、Outlook、Access、PowerPointです。 Office2019のアイコンが新しいデザインに変わったのもバージョン1904からだと思います。 以下の画像は、Word2019(永続ライセンス)です。 Access2019のアイコンも新しいデザインに変わりました。 (1906(ビルド 11727. 20230)) [挿入]タブの違い Office2016とOffice2019は、ちょっと見ただけでは区別が付かないと思いますが、[挿入]タブを見ると違いが分かります。 以下は、上からExcel019、Word2019、PowerPoint2019です。 [挿入]タブに[]と[]があります。 [アイコン]については、以下の記事で解説しています。 PowerPoint2019(永続ライセンス)では、3Dモデルを挿入して、アニメーションを設定することができます。 [3Dモデル]は、Wor... 以下は、Word2016の[挿入]タブです。 [挿入]タブに[アイコン]と[3Dモデル]がありません。 PowerPoint2016(永続ライセンス)の新規スライドには、[アイコンの挿入]のアイコンが表示されますが使用はできません。 参考Office2016でもOffice365のサブスクリプションを契約している場合は、アイコンや3Dモデルが使用できるようです。 バージョンの確認方法 バージョンの確認方法です。 Office2016と同じです。 [ファイル]タブをクリックして、Backstageビューを開きます。 メニューから[アカウント]をクリックします。 ここで確認することもできます。 [〇〇のバージョン情報]ボタンをクリックします。 ここでは、[Wordのバージョン情報]ですね。 以下の詳細なウィンドウが表示されます。 クイックアクセスツールバーに[バージョン情報]を登録 バージョン情報をすぐに確認したいという場合は、クイックアクセスツールバーに登録しておくと簡単に確認することができます。 ここでは例として、Word2016で解説します。 アプリケーションごとの設定になります。 [クイックアクセスツールバーのユーザー設定]から[その他のコマンド]をクリックします。 [Wordのオプション]の[クイックアクセスツールバー]が表示されます。 [コマンドの選択]で[リボンにないコマンド]か[すべてのコマンド]のどちらかを選択して、[バージョン情報]を探します。 中央の[追加]ボタンをクリックします。 右側のウィンドウに[バージョン情報]が表示されたことを確認して、[OK]ボタンをクリックします。 参考コマンドボタンは特定のファイルのみに追加することもできます。 以下の記事で解説しています。 クイックアクセスツールバーに下のように[バージョン]情報のコマンドが追加されます。 クリックすると、バージョン情報が表示されます。 クイックアクセスツールバーからコマンドボタンを削除する場合は、コマンドボタンで右クリックして[クイックアクセスツールバーから削除]をクリックします。 参考クイックアクセスツールバーの[バージョン情報]のアイコンは、Office2013も同じですが、Office2010とOffice2007は、下のような丸いアイコンになります。 (環境はWindows7にOffice2010、VistaにOffice2007) Office2013とOffice2016では、[バージョン情報]と[ヘルプ]は同じアイコンになりますので気をつけてください。 ポイントすると名前が表示されます。 Office2016のヘルプについては、以下の記事で解説しています。

次の

Windowsやブラウザなどのバージョン確認

パソコン バージョン 確認

Microsoft Officeも長い時間を経て、大きく様変わりしてきました。 トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、自分が使っているOffice(ExcelやWordなど)のバージョンが分からないと対処できない場合があります。 普段はバージョンなど気にしなくても操作できるかもしれませんが、いざというときはバージョンを確認する必要があります。 特に質問するときは、バージョンを明確に伝えたほうが解決は早いです。 なぜなら、バージョンによって、操作方法が大きく異なる場合があるからです。 見た目ですぐにバージョンがわかるものもありますが、しっかり確認しないとわからないものもあります。 また、SP(サービスパック)がインストールされているか、いないかによっても違いますし、最近のバージョンでは、ビルド番号を確認して更新するだけで解決することもあります。 ここでは、その確認方法を解説します。 各Officeのサポート期限については、以下のMicrosoftのページでご確認ください。 参考Windows10のバージョンの確認方法は、以下の記事で解説しています。 Office2010では、よく[バックステージビュー]という言葉を耳にされると思います。 [バックステージビューを開いて・・・]と言われても... [バージョンと著作権の追加情報]をクリックすると、より詳細な情報が表示されます。 SP1かSP2かは、このウィンドウの1行目で確認できます。 Office2013 下の画像は、Word2013です。 バージョンの確認方法 [ファイル]タブをクリックして、Backstageビューを開きます。 メニューから[アカウント]をクリックします。 [〇〇のバージョン情報]ボタンをクリックします。 ここでは、[Wordのバージョン情報]ですね。 ここで詳細なバージョンを確認することができます。 Office2013のアイコンです。 以下の画像は、Windows10のスタートにピン留めしたExcel、Word、Outlook、Access、PowerPointです。 Office2013では、以下の記事でも解説しています。 Office2016では、更新オプションから最新の更新プログラムを確認したりインストールすることができます。 ここでは、Word2016で解... バージョン 1904(ビルド 11601. 20144)です。 バージョン2005からだと思いますが、[月次チャネル]ではなく[最新チャネル]と表示されるようになっています。 ちょっと不思議なのですが、[バージョン情報]をクリックすると、[ Word for Office 365のバージョン情報]となっています。 いつのタイミングで変わったのかは分かりません。 いつのバージョンで変わったかは分かりませんが、現在は、以下のような表記になっています。 以下の画像は、Windows10のスタートにピン留めしたExcel、Word、Outlook、Access、PowerPointです。 Accessは変わっていません。 保存ファイルのアイコンです。 アイコンが変わった時のことは、以下の記事に記しています。 Access2016のアイコンも新しいデザインに変わりました。 (1906(ビルド 11727. 20230)) 参考Office2016でバージョン1706 ビルド 8229. 2073 にすると、[リボンのユーザー設定]の[基本のコマンド]などにコマンドが表示されなくなります。 以下の記事を参照してください。 また、以下のような事例も発生しましたが、これも現在は解決されています。 バージョンアップによって不具合が発生することもありますが、たいていは次のバージョンアップで修正されているようです。 注意2020年1月の更新アップデートが原因?で、Officeを再インストールしなければなりませんでした。 Word2016の[並べて表示]のコマンドは無効になっています。 Office2019 Office2019は、Windows 10のみにインストールできます。 Windows 7 または Windows 8. 1 ではサポートされていません。 アイコンもOffice2016と同じです。 スタートにピン留めしたExcel、Word、Outlook、Access、PowerPointです。 Office2019のアイコンが新しいデザインに変わったのもバージョン1904からだと思います。 以下の画像は、Word2019(永続ライセンス)です。 Access2019のアイコンも新しいデザインに変わりました。 (1906(ビルド 11727. 20230)) [挿入]タブの違い Office2016とOffice2019は、ちょっと見ただけでは区別が付かないと思いますが、[挿入]タブを見ると違いが分かります。 以下は、上からExcel019、Word2019、PowerPoint2019です。 [挿入]タブに[]と[]があります。 [アイコン]については、以下の記事で解説しています。 PowerPoint2019(永続ライセンス)では、3Dモデルを挿入して、アニメーションを設定することができます。 [3Dモデル]は、Wor... 以下は、Word2016の[挿入]タブです。 [挿入]タブに[アイコン]と[3Dモデル]がありません。 PowerPoint2016(永続ライセンス)の新規スライドには、[アイコンの挿入]のアイコンが表示されますが使用はできません。 参考Office2016でもOffice365のサブスクリプションを契約している場合は、アイコンや3Dモデルが使用できるようです。 バージョンの確認方法 バージョンの確認方法です。 Office2016と同じです。 [ファイル]タブをクリックして、Backstageビューを開きます。 メニューから[アカウント]をクリックします。 ここで確認することもできます。 [〇〇のバージョン情報]ボタンをクリックします。 ここでは、[Wordのバージョン情報]ですね。 以下の詳細なウィンドウが表示されます。 クイックアクセスツールバーに[バージョン情報]を登録 バージョン情報をすぐに確認したいという場合は、クイックアクセスツールバーに登録しておくと簡単に確認することができます。 ここでは例として、Word2016で解説します。 アプリケーションごとの設定になります。 [クイックアクセスツールバーのユーザー設定]から[その他のコマンド]をクリックします。 [Wordのオプション]の[クイックアクセスツールバー]が表示されます。 [コマンドの選択]で[リボンにないコマンド]か[すべてのコマンド]のどちらかを選択して、[バージョン情報]を探します。 中央の[追加]ボタンをクリックします。 右側のウィンドウに[バージョン情報]が表示されたことを確認して、[OK]ボタンをクリックします。 参考コマンドボタンは特定のファイルのみに追加することもできます。 以下の記事で解説しています。 クイックアクセスツールバーに下のように[バージョン]情報のコマンドが追加されます。 クリックすると、バージョン情報が表示されます。 クイックアクセスツールバーからコマンドボタンを削除する場合は、コマンドボタンで右クリックして[クイックアクセスツールバーから削除]をクリックします。 参考クイックアクセスツールバーの[バージョン情報]のアイコンは、Office2013も同じですが、Office2010とOffice2007は、下のような丸いアイコンになります。 (環境はWindows7にOffice2010、VistaにOffice2007) Office2013とOffice2016では、[バージョン情報]と[ヘルプ]は同じアイコンになりますので気をつけてください。 ポイントすると名前が表示されます。 Office2016のヘルプについては、以下の記事で解説しています。

次の