めざましテレビ 大塚さん 現在。 大塚範一「音信不通」の現在、ひとりで看病する姪が語った本当の健康状態

【2019最新】めざましテレビ大塚範一さんの今現在と病状は?『目が見えにくくなって来た』と語る姪の証言!

めざましテレビ 大塚さん 現在

「以前より元気な小倉智昭の姿でお会いしたいと思います。 12月14日放送の『とくダネ!』(フジテレビ系)ではコメントが読み上げられ、手術後の回復が順調であることをアピールしていた。 「'11年11月に急性リンパ性白血病のため、『めざまし』を休業し治療に専念。 しかし、本人が不在のまま、翌年3月に降板が発表されました。 '13年2月には461日ぶりに『めざまし』に生出演するなど本格復帰を目指していましたが、 同年3月に白血病が再発。 臍帯血移植手術をし、9月には退院して復帰へのリハビリをしていました」(スポーツ紙記者) '14年には『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に出演するなど、徐々にテレビに復帰。 しかし、'15年5月放送の『世界HOTジャーナル』(フジ系)以降は、テレビに姿を見せていない。 そんな中、フジテレビ局内では、ちょっとした騒動が起きていた。 全く連絡が取れない状態 「 今年は『めざまし』が25周年なので、何らかの形で大塚さんに出演してもらおうと接触を試みたのですが、まったく連絡がつかなくなってしまったんです。 '17年1月のラジオ出演を最後にメディアに出ていないので、スタッフ一同、本当に心配していますよ」(フジテレビ関係者) 現在も高視聴率をキープする『めざまし』を育て上げたのは、第1回放送から約18年もの間メインキャスターを務めた大塚アナの功績であることは誰もが認めるところ。 それだけに、局側としても25周年という節目には、最大の功労者を迎えたいという気持ちが強かったのだろう。 そこで、大塚アナと連絡がとれないことについてフジテレビに問い合わせると、 《番組側と大塚範一氏側は連絡が取れる状況にあり、ご指摘のような事実は一切ございません》 とFAXで回答が寄せられた。 だが、実際に週刊女性が大塚アナの個人事務所に電話をしてみると、引っ越したため不通に。 マネージャーの携帯に電話をしても、すぐに留守電になってしまい期限までに連絡は来なかった。 NHKで大塚アナと同期だった佐塚元章アナも不安の色を隠さない。 「大塚は闘病中でも仲間内の集まりにちょくちょく顔を出していましたし、頻繁に連絡をとり合っていたのですが、 1年くらい前からまったく連絡がつかなくなってしまって……。 メールを送っても返信がないし、電話をしても折り返しが来ない。 私や仲間も、すごく心配しているんです」 そこで、『めざまし』時代に住んでいた渋谷区内の賃貸マンションに行ってみると、すでに部屋は解約ずみ。 個人事務所名義で所有している1億5000万円ともいわれる港区内のマンションで話を聞いてみると、 「ここ1年くらいは大塚さんの姿は見ていないですね。 ときどき、事務所の方と思われる人が出入りしていますが、もうここには住んでいないんじゃないかなあ」(同じマンションの住人) と、最近の目撃談を聞くことはできなかった。 だが、ここにきて大塚アナは、大きな決断をしていた。

次の

大塚範一アナ(めざましテレビ)の経歴|2020年今現在の病状は?復帰時期や番組と姉や妻等の家族も

めざましテレビ 大塚さん 現在

キャリア45年のベテランキャスター・大塚範一 大塚範一さんは1973年にNHKに入局し、1994年4月からはフリーアナウンサーに転向して朝の情報番組『めざましテレビ』のメインキャスターを務め、2011年11月2日に急性リンパ性白血病の治療のために休職するまで約17年間フジテレビの朝の顔を務めてきました。 大塚範一さんについての詳しいプロフィールはこちら。 長年『めざましテレビ』でフジテレビの顔を務めてきた大塚範一さんですが、スタッフや共演者はその難のある性格や物忘れの激しさに悩まされていたとメディアで報じられていました。 「とにかく彼は段取りを覚えてくれず、裏方も出演者も困っていました。 会議や朝の打合せで何度伝えてもダメで、構成会議で自分が提案した内容も忘れてしまう。 ある時など、大塚さんの提案通りに若手が動いてみたところ、その様子を見た大塚さんが『独断専行した』と思い込み、カメラが回っていないところでその若手を怒鳴りつけたそうです。 こういったことは日常茶飯事でしたよ」 引用: しかし、それは昔からではなく60歳を超えて高齢になってきた近年の話でもあるようなので、急性リンパ性白血病を発症する前の前がん状態であり体調が悪く、精神状態も年々悪くなっていっていたのかもしれません。 大塚範一さんのこうした性格的な問題は近年の話のようなので、若い頃に結婚できずに独身になってしまった理由は、やはり単純に婚期を逃してしまったからなのかもしれませんね。 大塚範一さんが急性リンパ性白血病で降板した時は、多くの関係者が「戻ってきて欲しい」と激励のメッセージを送っていることから人望があったことが伺えます。 大塚範一、急性リンパ性白血病の闘病と現在の様子について 2度の急性リンパ性白血病で闘病中の大塚範一 大塚範一さんは2011年に急性リンパ性白血病を発症して『めざましテレビ』を降板しましたが、苦しい闘病の末に2013年にようやく復帰を果たしたかに見えましたが同年に再発してしまいました。 大塚範一さんは『めざましテレビ』のメインキャスターを務めて17年7ヶ月間、一度も欠席することがありませんでしたが、2011年11月2日についに体調不良で休業を発表しました。 大塚範一さんは嫌煙家で健康管理にも努めてきたと言われていますが、血液のがんである急性リンパ性白血病に罹患してしまい闘病生活のため芸能活動を長期休業することになりました。 この風評被害から被災地を守ろうという目的で『めざましテレビ』内で立ち上げたコーナーが「福島県の食物を応援しよう」で、10回以上に渡って福島県産の野菜を始めとした地産品を試食してきました。 そして、大塚範一さんが震災から約8ヶ月後となる2011年11月2日に急性リンパ性白血病のため長期休業を発表したため、ネット上では「福島県産の食品が原因で内部被曝した」と風評被害を囁く声が一部で挙がっていたようです。 また、大塚範一さんは震災直後の3月15日にも現地リポートをしていたことや、放射線量の高いホットスポットとされていた千葉県柏市に住んでいたことも原因だった可能性があると、ネットメディア「アサ芸プラス」でも報じられていたことから、「内部被爆」がまことしやかに囁かれるようになったようです。 食べて応援してた北斗晶 大塚範一 川島なお美が、がんになったのは偶然。 茨城県取手で心臓要精査が3倍になったのも偶然。 首都圏関東のJRで急病人が増えてるのも偶然。 2014. 11青森〜静岡にかけて、アメリカが輸入禁止なのも偶然。 東日本は安全です。 抗がん剤の激しい副作用に苦しんでいるという大塚さんをさらなる苦しみが襲った。 2月初旬、最愛の母(享年94)が亡くなったのだ。 母の死を知ったとき、大塚さんは無菌室のベッドの上にいた。 頭にはビニールの帽子をかぶり、面会も限られた時間しか許されない状況のなかでの訃報に、大塚さんはむせび泣きするしかなかった。 大塚さんのいちばん上の姉が、そのときの様子をこう振り返った。 「母のことを伝えると、声もなく泣いていました。 親ですからね。 自分の病気のこともあるし、情けなかったんでしょう」 引用: 大塚範一さんは白血病の闘病中のため病院を出ることができず、母親の死に目はもちろん通夜や葬儀にも出席できずベッドの上で泣くことしかできなかったようです。 この母親の訃報が大塚範一さんの免疫力を著しく削いでしまったのか、退院予定の1か月前に感染症や合併症を起こしてしまい、それからの2ヶ月間は死と隣り合わせの危険な状態だったそうです。 大塚範一、白血病が寛解するもすぐに再発 大塚範一、白血病再発により復帰叶わず 大塚範一さんは2013年2月4日に放送された『めざましテレビ』に461日ぶりに生出演し、4月からスタートする情報番組『アゲるテレビ』のメインキャスターを務めることが発表されました。 番組で久しぶりに見せた大塚範一さんの姿は抗がん剤の副作用で顔がむくんで「ムーンフェイス」と呼ばれる状態になっており、お腹も膨れてしまい視聴者は白血病の闘病の過酷さに衝撃を受けてしまいました。 大塚範一さんが仕事に復帰するかと思われましたが、完全復帰まであと半月というところで2013年3月16日に白血病が再発してしまいました。 大塚範一さん不在でスタートした『アゲるテレビ』は視聴率1%台という爆死状態が続き、フジテレビとしては異例の半年で番組打ち切りとなってしまいました。 大塚範一さんは同年4月に闘病記『耐えて、咲く』を出版し、臍帯血移植手術を受けて同年9月に退院して同年10月5日に放送された『めざましテレビ』の特別番組で生電話出演をしました。 白血病の治療は5年を目処に行うことから、大塚範一さんは単発番組にゲスト出演しながら現在まで闘病を続けてきました。 大塚範一、白血病の副作用でさらにむくみが酷くなる まるで別人になってしまった大塚範一 大塚範一さんは2013年に『めざましテレビ』に出演した時から1年以上を経て2014年6月18日に放送された『徹子の部屋(テレビ朝日系)』に久しぶりに出演しましたが、さらにむくみが酷くなっており視聴者に衝撃を与えました。 大塚範一さんは入院中は多い時で薬の量は80錠になることもあり、粘膜がやられたことで口の中が血だらけになり満足に食事も取れなかったようですが、『徹子の部屋』に出演した頃は食欲も旺盛で元気はあるようでした。 「徹子の部屋」の大塚範一さん、抗がん剤の影響で顔がムクれてたけど、スゴく元気そうで何より。 独身だから身元引受人がいないと入院できないって話、ほんと困るよな…。 そこまでテレビをチェックしない人にとっては大塚範一さんはテレビから消えたも同然で、死亡説が流れても不思議ではない状態だったでしょう。 しかし、大塚範一さんはキャストとしての出演は無かったものの、2015年12月14日の朝に放送されたニュース番組『めざましアクア(フジテレビ系)』のメインキャスターを務める立本信吾さんの披露宴映像の中に来賓として出席している姿が確認されました。 この時点では大塚範一さんは元気そうな様子が伺えたようですが、この映像以降は2018年10月現在まで大塚範一さんの姿をテレビで確認することはできていないようです。 大塚範一さんほどの大物キャスターならもし亡くなった場合はすぐに訃報が流れると思いますので、現在も闘病のために療養中ということなのでしょう。 年越しでアーリーでカウントダウンになった時、個人的に大塚範一さんの顔が頭に浮かんだ。

次の

大塚範一の現在!白血病の病状~独身で結婚しない理由も総まとめ

めざましテレビ 大塚さん 現在

「以前より元気な小倉智昭の姿でお会いしたいと思います。 12月14日放送の『とくダネ!』(フジテレビ系)ではコメントが読み上げられ、手術後の回復が順調であることをアピールしていた。 「'11年11月に急性リンパ性白血病のため、『めざまし』を休業し治療に専念。 しかし、本人が不在のまま、翌年3月に降板が発表されました。 '13年2月には461日ぶりに『めざまし』に生出演するなど本格復帰を目指していましたが、 同年3月に白血病が再発。 臍帯血移植手術をし、9月には退院して復帰へのリハビリをしていました」(スポーツ紙記者) '14年には『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に出演するなど、徐々にテレビに復帰。 しかし、'15年5月放送の『世界HOTジャーナル』(フジ系)以降は、テレビに姿を見せていない。 そんな中、フジテレビ局内では、ちょっとした騒動が起きていた。 全く連絡が取れない状態 「 今年は『めざまし』が25周年なので、何らかの形で大塚さんに出演してもらおうと接触を試みたのですが、まったく連絡がつかなくなってしまったんです。 '17年1月のラジオ出演を最後にメディアに出ていないので、スタッフ一同、本当に心配していますよ」(フジテレビ関係者) 現在も高視聴率をキープする『めざまし』を育て上げたのは、第1回放送から約18年もの間メインキャスターを務めた大塚アナの功績であることは誰もが認めるところ。 それだけに、局側としても25周年という節目には、最大の功労者を迎えたいという気持ちが強かったのだろう。 そこで、大塚アナと連絡がとれないことについてフジテレビに問い合わせると、 《番組側と大塚範一氏側は連絡が取れる状況にあり、ご指摘のような事実は一切ございません》 とFAXで回答が寄せられた。 だが、実際に週刊女性が大塚アナの個人事務所に電話をしてみると、引っ越したため不通に。 マネージャーの携帯に電話をしても、すぐに留守電になってしまい期限までに連絡は来なかった。 NHKで大塚アナと同期だった佐塚元章アナも不安の色を隠さない。 「大塚は闘病中でも仲間内の集まりにちょくちょく顔を出していましたし、頻繁に連絡をとり合っていたのですが、 1年くらい前からまったく連絡がつかなくなってしまって……。 メールを送っても返信がないし、電話をしても折り返しが来ない。 私や仲間も、すごく心配しているんです」 そこで、『めざまし』時代に住んでいた渋谷区内の賃貸マンションに行ってみると、すでに部屋は解約ずみ。 個人事務所名義で所有している1億5000万円ともいわれる港区内のマンションで話を聞いてみると、 「ここ1年くらいは大塚さんの姿は見ていないですね。 ときどき、事務所の方と思われる人が出入りしていますが、もうここには住んでいないんじゃないかなあ」(同じマンションの住人) と、最近の目撃談を聞くことはできなかった。 だが、ここにきて大塚アナは、大きな決断をしていた。

次の