ニッセイ みらい の カタチ 年金 保険。 日本生命「みらいのカタチ」の口コミ・評判は?利率シミュレーション・解約方法まとめ

日本生命「みらいのカタチ」とは?(入っちゃダメな保険)

ニッセイ みらい の カタチ 年金 保険

ニッセイ みらいのカタチ 終身保険は何の特徴もお得さも無い? ニッセイ みらいのカタチ 終身保険は、日本生命が募集・販売するだ。 この保険以外に一時払いの終身保険もあるが、そちらは募集が停止されており新規契約はできない。 以下、日本生命の終身保険の保障・メリット・デメリットを公式HP等を元に解説し、他社の終身保険と保険料・評判等でも比較する。 この保険は契約時に死亡時に受け取る保険金額を決めて、保険料払込期間まで保険料を支払い続けることになる。 保険料の払込期間中に死亡しても、払込が完了後に死亡しても契約時に定めた額の死亡保険金が受け取れる。 その一方で中途解約すると、死亡保障が消滅する代わりに解約返戻金が受け取れる。 2015年頃までは、解約返戻金は保険料の支払いを完了してから5~7年が経過すると、解約返戻金は保険料合計額を上回り得をする状況にあった。 例えば30代で契約して死亡保障を目当てに60歳まで保険料を支払い、65歳で解約して利益が出た解約返戻金を受け取り、それを老後資金に充てるといった利用方法があった。 しかし、日本生命の終身保険の返戻率は2015年頃の110%超から落ち、2019年の今では100%(他社との比較は後述)を下回っている。 死亡保険金を受け取っても支払った保険料の元がとれないわけだ。 そういった運用難の状況では、当然ながら解約返戻金で利益が出ることはない。 そのため少なくとも老後も見据えた終身保険にはならず、使い道の限定されたものになる。 他社には返戻率が100%を超える終身保険があるだけに、日本生命の終身保険を検討している人は、本当に日本生命で良いのか考えた方がいいだろう。 特約にも余命6ヶ月以内の宣告を受けると保険金が受け取れるリビングニーズ特約、三大疾病に罹患すると保険料の支払いが免除される特約があるだけで、特筆すべき特約は存在しない。 苦情率は他社と比較して低めのため評判は悪くないだろうが、苦情の中では保全関係(変更手続き等)は高いため契約後の手続きに手間取る可能性はある。 保険料は30歳契約で60歳払い込み完了の数字しか明らかではないが、他社よりも高いのは確かだ。 3%となり、当然ながら他社よりも大きく劣る数字になっている。 返戻率が比較的高めになる30歳契約で明らかに低いため、40歳・50歳契約でも大した数字は期待できない。 お得さ・利益が出るという観点からは日本生命にメリットは無い。 以上のことから総合評価としては、何の特徴もなくお得さも無いためオススメしない保険といえる。 ニッセイレディが保険料を値下げしてくれたり景品のプレゼントがあるなら状況は変わってくるが、それで他社との差を埋められるとは考えにくい。 特別に有利な条件が引き出せない以上は、他社の終身保険を選択した方が賢明だろう。

次の

日本生命のみらいのカタチとは?終身保険の評判や解約返戻金、メリット・デメリットを解説

ニッセイ みらい の カタチ 年金 保険

みらいのカタチのメリット・デメリットやシミュレーション、評判を解説 日本生命の「みらいのカタチ」の年金保険は、将来必要な資金を計画的に準備することができる保険です。 現在の日本では円金利が非常に低く、円貨で資産を保有するメリットが見つけずらい状況にあります。 銀行の預金口座等に円を保有しているだけでは、資産はなかなか増えていきません。 しかし みらいのかたちの年金保険は、個人年金としてはとても高い返戻率で安定的に老後の資産を増やしていける大変魅力的な商品であると言えます。 そこでこの記事ではみらいのカタチの年金保険について、• みらいのカタチの基本保障や特約保障の内容• みらいのカタチの返礼率に関するシミュレーション• みらいのカタチのメリット・デメリット• みらいのカタチに対する口コミ・評判• ソニー生命の個人年金保険やiDeCo、確定拠出年金といった商品との比較 以上の通り5点に整理してお話ししていきます。 この記事を読めば、みらいのカタチの基本・特約保障内容や返戻率のシミュレーション、メリット・デメリット、口コミ・評判、他社商品との比較検討結果について知ることができ、保険契約で悩んでいるあなたの力になってくれるでしょう。 ぜひ、最後までご覧ください。 すぐに加入者の 口コミ・ 評判を見たいという方はから飛んでください。 みらいのカタチの保障内容を解説!年金開始時に選択できる受取方式 みらいのかたちは13種類の保障内容から自由に選択できる保険であり、そのうちの一つに 年金保険があります。 基本情報 みらいのカタチ年金保険の基本情報をまとめると、下記の通りです。 保障種類 主契約:年金保障・死亡保障 契約指定通貨 円貨 契約年齢範囲 7歳~65歳 保険金額 払込保険料による 保険料払込期間 明記なし ホームページでは45年まで記載あり 保険料払込方法 月払い・半年払い・前納 金融機関への振込扱い・口座振替扱い・クレジットカード扱い・団体扱い 契約者貸付 あり 告知 健康状態等の告知あり みらいのカタチの年金保険は保険料払込の形で年金原資を積み立てていくだけでなく、比較的高い利率で増やしていくことも期待できる商品です。 以下、解約返戻金の推移イメージ• 保険金や返戻金の受取方式 みらいのカタチの年金保険は 年金保障と 死亡保障を基本保障としています。 年金の受取方式は、まとめると以下の通りです。 確定年金 5・10・15年から選択した期間、毎年同額の年金を受取ることができる 10年保証期間付終身年金 年金開始時に10年保証期間付終身年金特約を付加することで終身年金を受け取ることができる 一括払年金 申し出ることで、年金を一時金で受取ることができる 確定年金を基本として、ご自身の経済状況などに合わせて終身年金や一括払いが選択でき、第1回年金支払基準日を 最長5年間まで繰延べることも可能です。 終身年金として一生涯受取り続けたり、一度にまとまった形で受取りさらに別の方法で運用したりと、 資産保有方法の選択肢が多いことはみらいのカタチ年金保険を利用する大きなメリットと言えますね。 特約 みらいのかたちの年金保険に付加できる主な特約は、以下の通りです。 10年保障期間付き終身年金特約 年金開始時に受取方式を終身年金方式に変えることができる特約 個人年金保険料税制適格特約 払い込む保険料について一般生命保険料控除の別枠で所得控除が受けられる特約 保険料払込免除特約 3大疾病等になった場合に保険料の払い込みが免除される特約 万が一の際には保険料の払い込みが免除されたり税制の優遇を受けられたりと、 消費者にとって切実な日々の負担の軽減に対する特約が充実している点は大きな魅力でしょう。 みらいのカタチ の返戻率、利率をシミュレーション!利回りの良さを評価 ここからは、みらいのカタチの年金保険における返戻率を シミュレーションいたします。 保険料払込方法:月払い・口座振替扱い 年金種類 10年確定年金 10年確定年金 5年確定年金 5年確定年金 性別 男性 女性 男性 女性 月額保険料 19,022円 19,008円 6,242円 6,235円 契約時年齢 30歳 30歳 7歳 7歳 保険料払込期間 30年 60歳受取開始 30年 60歳受取開始 45年 52歳受取開始 45年 52歳受取開始 払込保険料総額 6,847,920円 6,842,880円 3,370,680 3,366,900円 年間受取年金額 720,000円 720,000円 720,000円 720,000円 総受取年金額 7,200,000円 7,200,000円 3,600,000円 3,600,000円 返戻率 105. 2% 106. 8% 106. 9% 参考: 上記のシミュレーションではいずれも 105%を超える高い返戻率を確認することができ、個人年金保険としては非常に優秀な結果であると言えます。 さらに健康状態が良好であれば終身保険を選択することで長生きする程に受取年金額を増やしていくことも可能です。 年金受取開始時に受取方式の選択ができるため、その時の状況に合わせた方法がとれるのは非常に便利ですね。 みらいのカタチメリット・デメリット をわかりやすく解説 ここまで、みらいのカタチの年金保険における保障内容や特約内容、返戻金のシミュレーションについてお伝えしてきました。 ここからはより具体的に、みらいのカタチの年金保険におけるメリットやデメリットを、• メリット 確定申告や年末調整時の申告による節税効果• メリット 生存給付が充実しているトンチン年金である点• メリット 万が一の時でも安心な保険料払込免除特約の存在• デメリット 保険制度の複雑さによる選択の難しさ• デメリット 早期解約時における解約返戻金の元本割れリスク• デメリット 定期更新時の保障内容見直しによる保険料増加の危険性 以上の通り3点ずつに整理して説明いたします。 単年ではあまり大したことではないと思うかもしれませんが、 保険料払込期間30年であれば合計324,000円、保険料払込期間40年であれば合計432,000円もの非常に大きな節税になります。 保険料払込期間が長期間になることも多い個人年金保険において、上記のような 節税効果は保障の一部と考えても良いのではないでしょうか。 税制適格特約を付加いただくことと、確定申告や年末調整時に申告することを忘れないことをおすすめいたします。 その点、10年保障期間付き終身年金特約を付けることで終身保険への変更も可能な みらいのかたち年金保険は、トンチン年金としての性質も備えている大変優秀な商品だと言えます。 トンチン性が高い保険は、もし早くに亡くなってしまった場合に損するのではないかと思う人もいるかもしれません。 しかしみらいのカタチ年金保険には 10保証期間がついていますから、受け取り開始後に契約者が死亡してしまっても 年金受け取り開始から10年間は年金の受け取りが可能 です。 想定外の損失を被ることがないため、安心して終身保険に切り替えることができますね。 保険料払込免除となる要件を簡単にまとめると、下記の通りです。 所定の3大疾病 ・責任開始前を含めてがん 悪性新生物 と診断された場合 ・責任開始以後に急性心筋梗塞を発病し、60日以上労働制限を必要とする状態が継続した場合や手術を受けた場合 ・責任開始以後に脳卒中を発病し、60日以上の他覚的神経学的後遺症が継続した場合や手術を受けた場合 所定の身体障がい状態 責任開始以後の傷病を原因として1級・2級・3級障害に該当した場合 上記の障がいに対する身体障害者手帳の交付があった場合 所定の要介護状態 責任開始以後の傷病を原因として要介護2以上の状態に該当すると診断された場合 所定の要介護状態に該当した場合から180日以上要介護状態が継続したと診断確定された場合 同特約が付加できず、万一の場合でも保険料負担がなくならない個人年金保険は一定数あり、それらと比較すると非常に大きなメリットであるといえます。 みらいのカタチ全体では13種類の保険があり、それらを組み合わせて保障を受取る商品となっています。 保障種類が充実している反面、確かに様々な保険がありすぎて選択が困難になっていることは否定できません。 また、保障が複雑であるということはそれだけ保険の提案や運営により多くの労力が割かれてしまう事にもつながるため、その分保険料が割高になっているとの指摘もあります。 ただし、 年金保険のみの契約に限って言えばむしろ内容はシンプルです。 月々の保険料も先ほどのシミュレーションの通り6,000円程度で最終的には 105%以上の返戻率が達成できています。 保険内容の複雑さは、年金保険単体で見た時はそれほど大きなデメリットではないと言えるでしょう。 そのため、解約返戻金にはそれほどの期待はできず、特に契約後数年で解約をしてしまうと元本割れが発生してしまうリスクが高まりますので、ご注意ください。 それまでは普通に払えていたはずの保険料も、突然生活環境が変化したり、保険料払込免除特約に該当しない事情で体調を大きく崩したりした場合には払いきれなくなってしまうこともあります。 だからといって早期に解約してしまうと元本割れをして大きな損害を被ることも考えられますので、 契約の際には保険料負担の見通しをある程度立てておくことが大切と言えるでしょう。 契約当初想定していた保険料があったとしても、年 齢を経るたびに必要な保障が多々出てきて、気づいたら保険料が大きく増えているなどということも考えられるのです。 この問題は保障の範囲が非常に広いことから起きるデメリットと言えますが、逆に考えれば、あ る程度保障を絞って割り切って契約するのであれば、大きな問題にはならないということでもあります。 たとえばこの記事で紹介している年金保険のみの契約をみらいのカタチで行い、他の細かな保障は別の商品で検討するなど、 工夫次第で充分解消できるデメリットと言えるでしょう。 みらいのカタチの口コミや評判は?みんなの意見をご紹介 みらいのカタチのメリットは理解できても、本当にいい保険なのかまだ疑問が残る方は多いことでしょう。 そこで、ご検討中の方が一番気になる、実際の加入者の口コミ・評判をいくつかまとめてみました。 みらいのカタチの運用例、具体例に触れることで今後の資産運用のイメージを固めていきましょう。 実際の口コミや評判を紹介していきます。 「手厚い保障を確保しつつ、高い返戻率がある個人年金保険を求めていたのでちょうどよかったです。 」 低いリスクで実現する高い返戻率と保障性を両立させた個人年金保険といえるでしょう。 また、保険料払込免除がついているため、子供が独立していない方などにも人気となっています。 口コミ提供ありがとうございました。 「10年保障期間付き終身年金特約をつけたので、死亡時のリスクだけでなく長生きした時にも備えられるようにしました。 また、生命保険料控除を利用するために税制適格特約を付けたので、助かっています。 1年間に1万円前後浮くのでこの特約は付けて良かったなと思っています。 」 1年に1万円だと少ないと思う方もいるかもしれませんが、保険料の払い込みは数十年に渡る方がほとんどです。 そのため、1年に1万円でも積み重なれば大きな節税効果となりますし、返戻率も上がってきます。 口コミ提供ありがとうございました。 「何よりも返戻率の高さが加入の決め手でした。 低金利でリスクを抑えるとなかなか資産が増えないことに悩んでいたので、加入時に提示された返戻率には驚きました。 実際に加入して、その運用実績の良さを実感しています。 」 資産を低リスクで増やそうと思っても低金利でなかなか増やせないという方も多いです。 ただ、リスクの低減と運用実績を両方取ることができるのもこの商品の強みでしょう。 口コミ提供ありがとうございました。 みらいのカタチとソニー生命個人年金保険のシミュレーションを 比較 ここでは、日本生命「みらいのカタチ」の年金保険をソニー生命「個人年金保険」やiDeCo、確定拠出年金や外貨建て保険と比較検討していきます。 まずは日本生命「みらいのカタチ」の年金保険とよく似た商品であるソニー生命「個人年金保険」とを比較してみましょう。 日本生命「みらいのカタチ」 年金保険 ソニー生命「個人年金保険」 保険種類 生存保障を重視した個人年金保険 5年ごと利差配当付個人年金保険 契約 指定通貨 円貨 円貨 契約年齢 範囲 7歳~65歳 20歳〜60 歳 保険料払込形式が一時払の場合20歳〜70歳 保険料 受取方法 ・死亡保障 ・年金保障 5・10・15年確定年金、10年保証期間付終身年金から選択 ・死亡保障 ・年金保障 確定年金、保証期間付終身年金から選択 保険料 払込方法 月払・半年払・前納 月払・半年払・年払 特徴 その他 返戻率が個人年金保険としては高い 保険料払込免除特約がある 年金の一括受取も選択できる 返戻率が個人年金保険としては高い 保険料払込免除規定がある 両者ともに生存保障に重点を置いた個人年金保険であり、返戻率が比較的高く、万が一の際の保険料払込免除制度がある点など、非常に類似点の多い商品です。 相違点としては、 みらいのカタチは年金を一括で受け取ることも可能であり、より資産運用の自由度が高い点が挙げられます。 また、みらいのカタチは7歳から契約でき、保険料払込期間をより長期に設定することが可能ですので、その分より大きなリターンも期待できるのではないでしょうか。 参考:iDeCoや確定拠出年金の違いとは? みらいのカタチ にメリットはある? ここからは、個人年金保険と類似した制度であるiDeCoや確定拠出年金との比較を行います。 まず 確定拠出年金とは、共に公的年金に上乗せして老後資金の積み立てを行う制度のことです。 確定拠出年金には企業型と個人型があり、 個人型の確定拠出年金のことを特に iDeCo イデコ と呼びます。 それぞれの特徴を下記の通り簡単にまとめました。 個人年金保険 確定拠出年金 企業型 個人型 iDeCo 運営窓口 各金融機関 各企業 各金融機関 加入可能者 条件を満たせば誰でも可 条件を満たした会社員のみ 条件を満たせば誰でも可 掛金 契約時確定 原則変更不可 原則変更可能 年金額 契約時確定 運用結果により変動 中途解約 可能 原則不可 運用方針 保険会社が運用 基本利率は契約時に確定 企業が選んだ金融機関の運用商品から自ら選択し運用 自分で選んだ金融機関の運用商品から自ら選択し運用 税制 積立時 下記の生命保険料控除あり 所得税:最大40,000円 住民税:最大28,000円 小規模企業共済等掛金控除にて、 全額控除 税制 運用時 なし 現状では非課税 特別法人税が2020年3月末まで凍結されているため 税制 受取時 一時金:一時所得 年金 :雑所得 一時金:退職所得控除 年金 :雑所得として公的年金控除• 運用面 個人年金保険もiDeCoを含む確定拠出年金も老後資金の準備という点では共通しているものの、運用方針やスタンスに違いがあります。 個人年金保険は年金額が確定していて安心感がある一方、確定拠出年金は年金額をより増やせる可能性はありますが年金額の保証がされていない点は注意が必要です。 税制面 税制面では、確定拠出年金やiDeCoは非常に優遇されており、掛け金払込時には全額控除され、年金受取時には一時金は退職所得控除、年金は雑所得として公的年金控除されます。 また、運用時には本来特別法人税が課されることとなっているのですが、バブル崩壊をきっかけとして企業年金の運用状況が悪くなったために、 平成11年度から凍結されて課税が停止されています。 凍結は毎回延長され続け、現在では少なくとも2020年3月末までの凍結が確定しています。 元々企業の運用実績が芳しくないがために凍結されたわけですから、 史上まれにみる低金利と言われている今のタイミングで凍結が解除されるとは考えにくく、今後も非課税が続くと考えるのが自然ではないでしょうか。 また、確定拠出年金 iDeCoを含む には掛け金の上限が存在することも認識しておく必要があります。 より大きな額を積み立てたいと考えるのであれば確定拠出年金に加えて個人年金保険も併用するなど、 両者の特徴を踏まえた使い分けや組み合わせを行うようにしましょう。 外貨建て保険ならコスパの良い資産形成が可能!?外貨建て保険のメリットとは? みらいのカタチの年金保険は、円建ての個人年金保険としては返戻率が高く、とても優秀と言えます。 しかし、拠出した 積立金を運用し、老後の生活をより豊かにするべく年金額を増やそうと考えるのであれば、円建てだけでなく高利率な外貨建て保険の活用も視野に入れるべきです。 円は現在、非常に金利が低い状況が続いており、 円建て商品の利率ではどうしても大きなリターンは望みにくいと言わざるを得ません。 一方、 外貨建て保険は外貨の高利率で運用することができる商品であり、保険金に関しては元本保証がされているものも多くあります。 また、保険金を外貨で受け取れる場合は一度受取っておいて為替状況を見て円換金するなど、 資産運用方針により一層の幅も生まれてくるのです。 外貨で運用するうえでの注意点は当然あるものの、 自身の資産を増やして老後をより安心して過ごしたいと考えるのであれば、外貨建て保険は必ず検討すべき選択肢であると言えるでしょう。 まとめ:みらいのカタチでライフステージごとに最適な保険設計をしよう! この記事では、日本生命「みらいのカタチ」の年金保険について• 「みらいのカタチ」年金保険における基本保障や特約での保障内容• 「みらいのカタチ」年金保険の返戻金のシミュレーション• 「みらいのカタチ」年金保険のメリットにデメリット• 「みらいのカタチ」の年金保険の口コミや評判• 「みらいのカタチ」年金保険と類似金融商品との比較検討結果 以上に整理してお話ししてまいりました。 「みらいのカタチ」の年金保険におけるポイントとしては、• 比較的高い返戻率で老後の備えができる点• 死亡保障や保険料払込免除で万が一の場合にも対応できる点 以上のように整理できるのではないでしょうか。 長期間の契約や保険料払込を前提とした商品が個人年金保険であり、その間には突然の事態も数多く発生してご自身の状態や環境の変化を予測するのは難しいものです。 その点、「みらいのカタチ」の年金保険は高利率での積立金運用だけでなく死亡保障や保険料払込免除など、万が一の場合も想定しつつ安心して契約できる個人年金保険であると言えるのではないでしょうか。 もし、「みらいのカタチ」の年金保険についてより詳細な話が聞きたい、他の個人年金保険と比較してみたいなどのご要望がございましたら、無料の「保険相談サービス」を利用することをおすすめします。 個人年金保険は長期間の負担を強いられる分心配も多々あるでしょうし、インターネットの情報だけでは物足りないということもあります。 そんな場合は、 ほけんROOMという保険のプロ FP に無料相談できるサービスがございますので、こちらでライフプランの相談も含めた保険の相談をすることをおすすめします。 保険相談の担当者は全てベテランのスタッフですので、 難しい個人年金保険でもわかりやすく説明してもらえ、自分に合った保険を納得して選べるでしょう。

次の

日本生命の「年金保険(みらいのカタチ)」のメリットとデメリット、申込み前の注意点など

ニッセイ みらい の カタチ 年金 保険

日本生命の個人年金「みらいのカタチ 年金保険」とは 「年金保険」は個人年金保険の商品 日本生命が販売する「みらいのカタチ 年金保険」は個人が任意で加入できる保険であり、保障面では公的年金とは異なる部分もあります。 そのため、老後の保障を充実させたいと考える人に適した保険と言えます。 平成29年4月には保険料率の改訂が行われ、「みらいのカタチ 年金保険」では払込期間が20年以下の場合・20年超の場合いずれについても0. 保険料率については今後も変動する可能性があるため、最新の情報を確認するようにしてください。 3大疾病に備える「保険料払込免除特約」をつけられる 「みらいのカタチ 年金保険」には、3大疾病と呼ばれるがん・急性心筋梗塞・脳梗塞にかかった際に保険料の払込みが免除される「保険料払込み免除特約」をつけられます。 3大疾病を患うと、入院中だけでなく後遺症によって働けなくなるケースもあります。 そのような際、保険料払込免除特約をつけていると金銭的な負担を軽減することができると言えます。 日本生命の「年金保険」の保障内容 年金がもらえる条件は、「年金支払基準日に被保険者が生きていること」 「みらいのカタチ 年金保険」に加入した場合、年金をもらうためには「年金支払基準日に被保険者が生存していること」という条件を満たさなくてはなりません。 年金支払基準日の第1回目は年金開始日、第2回目以降は第1回年金支払基準日の毎年の応当日(同じ日付)となります。 年金開始日の前日には年金の支払期間・年金の種類・第1回年金支払基準日を変更することもできます。 年金支給日前に被保険者が死亡した場合には死亡保険金受取人に死亡保険金が支払われ、年金開始日以後に死亡した場合には年金受取人に死亡一時金が支払われます。 年金の支払い期間は、「5年」「10年」「15年」のいずれかを選択 支払期間は「5年」「10年」「15年」の中から選択でき、選択した期間に応じて毎年同額の年金額が支払われます。 例えば支払期間を5年に設定した場合、5年間に渡って保険料支払いに応じた額の年金が支払われます。 年金受取開始後には、一括受け取りにも変更可能 年金の受け取り方は、毎年定額を受け取る方法から一括受け取りに変更することができます。 ただし変更できるのは年金受取開始後で、一括受取後は年金の受給権が失われることとなります。 日本生命の「年金保険」に加入するメリット・デメリット 個人年金保険料控除が受けられる 「年金保険」には「個人年金保険料税制適格特約」をつけられます。 この特約をつけることで、払い込む年金保険の保険料について一般生命保険保険料控除とは別枠で所得控除が適用されます。 ただし、以下の税制適格要件を満たす必要があります。 年金受取人は契約者またはその配偶者のいずれかであること。 年金受取人は被保険者と同一人であること 3. 保険料払込期間が10年以上であること 4. 年金開始日における被保険者の年齢が60歳以上で、かつ年金支払期間が10年以上であること 配当金は「年金開始前」「年金開始後」で取扱いが異なる 日本生命の決算の際に剰余金が生じた場合、保険契約者に配当金が支払われることとなります。 配当金は、契約者からの請求があった時、もしくは保険契約が消滅した時のいずれかに支払われます。 複数の保険契約を組み合わせている場合には、全ての保険契約が消滅したタイミングで支払いが行われます。 途中解約は損をする可能性がある 保険契約を解約もしくは消滅させた場合には支払った保険料のすべてが契約者に払い戻されるとは限らないため、損をしてしまう可能性があります。 また、一度保険契約を解除すると元に戻すことができないケースも考えられます。 個人年金に加入するかどうかは、利回りや条件などを考慮して判断しましょう。 日本生命の「年金保険」の加入シミュレーション 5年確定年金(年金額72万円)に加入する場合 契約時の年齢が7歳で払込満了および年金開始年齢を52歳に設定し、月払・口座振替扱にて保険料を支払う場合、 男性の保険料は月額6,242円、 女性の保険料は月額6,235円となります。 なお、死亡保険金額の算定はその時点における日本生命所定の利率によって計算されることとなります。 10年確定年金(年金額72万円)に加入する場合 契約時の年齢が30歳で払込満了および年金開始年齢を60歳に設定し、月払・口座振替扱にて保険料を支払う場合、 男性の保険料は月額19,022円、女性の保険料は月額19,008円です。 死亡保険金額の算定に使用される利率については、5年確定年金の場合と同様です。 まとめ 個人年金保険へ加入することは老後の生活へ備える手段の一つと言えます。 他の保険についても言えることですが、不明点があれば窓口などへ問い合わせを行い、メリットだけではなくデメリットも考慮した上で契約を検討しましょう。 【保険ONLINE】の無料相談サービスです。 ご自宅でオンラインでお金・家計・生命保険などの相談が無料でできます。 対象は、20~59歳の方です。

次の