バーガンディ チェリー。 REDWING ベックマンの絶対外せない徹底お手入れ〜ブラックチェリー バーガンディー 〜

【中評価】サーティワン シーズンフレーバー バーガンディチェリーの口コミ・評価・商品情報【もぐナビ】

バーガンディ チェリー

普段、サーティーワンのアイスを自分で買って食べることはめったにないのだけど、この時期だけはどうしても食べたいフレーバーがある。 毎年シーズンフレーバーとして期間限定で出てくる 「バーガンディチェリー」。 これだけは絶対に逃してはならないのである。 なぜなら私の中で最高級に美味しいフレーバーとなっているから。 これを食べるともうすぐ春だな、と思うレベルで毎年楽しみにしている。 私にとってはこいつがボジョレー。 今日もついにバーガンディチェリーを食べたので、このnoteを書いている。 あわよくばこれを読んだ人がサーティーワンに走り、バーガンディチェリー祭りを開催してこのフレーバーを定番に押し上げてくれないかとすら思っている。 つまり、同士が欲しい。 みんなぜひサーティーワンでバーガンディチェリー祭りを開催してほしい。 ダブルにして好きなフレーバーと一緒に食べて欲しい。 前置きが長すぎた。 本題に入ろう。 バーガンディチェリーは、その名の通りさくらんぼフレーバーのアイスだ。 濃い目のピンク色で、中に大きめのさくらんぼの果肉が入っている。 結構ゴロゴロ入っている。 甘みは上品な感じ。 華やかでくどくないあっさりとした甘みだ。 このさくらんぼフレーバー独特ともいえる華やかさが大好きなので、このフレーバーの虜になったと言っても過言ではない。 色もかわいい。 ピンク、と単純に表現するには少々強い色味で、でも毒々しさは弱め。 ちょっと背伸びしたいお嬢さんみたいな色をしている。 カワイイ。 キュートすぎて買いにくいよ!という人は爽やかなソルベとかとセットにして買うと買いやすいと思う。 華やかな香りがこのフレーバーの一番推しポイント、いわば私が愛を注ぐ部分なのですが、味もたまらん美味いので味の話もする。 味はサーティーワンのアイスとしては甘さ控えめかもしれない。 ロッキーロードとか、キャラメルリボンとかの定番甘めカワイイフレーバーに比べると甘み弱め。 ポッピングシャワー先輩みたいなパンチもないです。 こうやって書くと奥ゆかしすぎるフレーバーのように思いますが、 そこがいい。 アイスだけだと華やかな香りと甘みがふんわりするだけなんですけど、果肉に行き当たった時の幸福感がやばい。 奥ゆかしい甘さと香りの中に、ゴロゴロ入ったさくらんぼ果肉が結構ガツンと甘い。 でもくどくないから甘いのがちょっと苦手…という人も食べれそうな印象。 例えるならばいつも遠目に見るだけだった可憐なお嬢さんなんだけど、話してみるとふと笑った瞬間がクラスの女子とは比べものにならんレベルでカワイイーー!みたいな。 いやなんの話だ。 とにかく普段サーティーワンにさほど熱心でない私が毎年「今年は出るのかしら…」と2月末あたりからハラハラとサーティーワンのフレーバーをチェックするぐらい好きなフレーバーなのです。 今年はついに無くなったかと思ってハラハラした…出してくれてありがとう… あまりの愛にかなり長々と書きましたが、「私もバーガンディチェリー狂です!」という人や「食べに行ったら沼落ちしました!」みたいな人がいたらコメントいただけると大喜びします。 毎年こんなにバーガンディチェリーに心を乱されているのは私だけなのかと思っているので…みんなぜひ一度食べてみてね… 今回食べたダブルのアイス。 上が「さくら」、下が「バーガンディチェリー」。 さくらも桜餅感がたっぷりで美味しかったです。

次の

『**やってきましたぁ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆バーガンディチェリー**』by **tatata** : サーティワンアイスクリーム 厚木林相鉄ローゼン店

バーガンディ チェリー

レッドウィングredwingベックマンブラックチェリーの補色について ベックマンブラックチェリーの補色についてですが、 純正のワインは薄いと思うのでほかに保革+艶出しでおすすめをおしえて欲しいです。 ブラックチェリーは結構色が濃くて擦り傷の白い色ハゲが目立ちます。 できれば傷がわからないくらいに綺麗に補色したいです。 これとこれを混ぜて使ってます、とかこのメーカーのこれがピッタリですよというのがあれば教えて欲しいです。 普段はコロニルプレミアムディアマント無色を使ってます。 またほかにもシガー、チェスナットなどは補色どうされてるのかも工夫されている方はアドバイスお願いします。 補足ベックマンがフェザーストーンというのも承知です。 スムースレザーかつ綿密なのでオイルは不向きかと。 どのような好み、とかそういうことではなく この色をこれを塗ったらこんなかんじになった。 みたいな経験談とかをいってもらえたらと思ったのですが… 余談ですがレッドウィングのクロムエクセルが今売ってたら喉から手が出るほどほしいですね.

次の

サーティーワンの「バーガンディチェリー」への愛を語る|よるのとばり|note

バーガンディ チェリー

バーガンディ(burgundy)とは バーガンディ burgundy はフランス語ではブルゴーニュ Bourgogne に相当するカラーで、フランスのブルゴーニュ地方特産のブルゴーニュワインに由来するカラーのアパレル用語です。 同じくワインに由来するアパレル用語に ボルドー マルーン があります。 このワインレッド・バーガンディ・ボルドーは日本工業規格 JIS の慣用色名では別々の色名で設定されているために、店員さんはワインレッドとは別の色として「バーガンディ」と表現したわけなんです。 この3色の違いは、ワインレッドが紫色の強い明るめの赤なのに対して、続くバーガンディがワインレッドよりも色調が暗く茶色味が増した色になり、ボルドーが最も茶色味の強い赤となります。 バーガンディは割と個性の強い色なので、最初から広い範囲で取り入れるのは難しいかもしれません。 まずは差し色やファッションの引き締めカラーとして小物から取り入れてみてはどうでしょう? バーガンディはワインレッドよりもビビッドさが抑えられた渋めの色なので、ブーツやサングラス、ツヤのあるバーガンディカラーの皮財布など、秋冬のリッチ感や大人のエレガントな落ち着きを演出するアイテムがオシャレなファッションに一役買ってくれます。 あなたもバーガンディファッションで大人の洗練されたエレガントを演出してみませんか? スポンサーリンク ワイドパンツとガウチョパンツってどう違うの? ワイドパンツとは、普通のくるぶしまでのパンツ丈でゆったりと幅広のゆとりのあるシルエットをしたズボンのことを言います。 その中でもガウチョパンツとは、ワイドパンツのひざ下の七分丈 クロップド丈 のものを指すアパレル用語です。 ここ2年くらいの間、あらゆる丈のスカートがボトムスの主役だったのですが、去年の秋冬にはやったミモレ丈スカートの長さのパンツが今年の春夏ファッションのトレンドの主流になりそうなんです。 ガウチョパンツは裾の広がりがゆったりしているのでスカートのように軽快に着られる上に、カジュアル・エレガントのシーンを選ばないのが人気の秘密です。 トップスを選ばずコーディネイトが簡単な上に、ゆったりしたシルエットが体型をさりげなくカバーしてくれるところも支持率の高いトコロ。 合わせるトップスによってスカートのようにもパンツのようにも着こなせるガウチョパンツは、あなたのワードローブにもぜひ加えたいファッションアイテムですね。 テラコッタという色も・・ スポンサーリンク そこで、これを機会にファッションシーンに合わせた賢いスカート選びのために、スカート丈のアパレル用語の整理をしてみませんか? まずは・・・ ミニ ひざ上10cmよりも上の位置にスカート丈がくるものがミニスカートになります。 ショート丈 ひざ上からひざ上10cmの間がショート丈 ひざ上丈(ハーフ) ひざ全体が見えたらひざ上丈(ハーフ) ひざ丈 ひざが半分見えたらひざ丈 レギュラー丈 ひざ全体が隠れる長さがレギュラーでスカートの標準の丈になります ミモレ丈 ひざからふくらはぎの真ん中くらいの丈がミモレ丈 ロング丈 足首までの長さがロング丈 マキシ丈 くるぶしが隠れる長さがマキシ丈です こうしてみてみるとひざをどの程度出すかの辺りがファッションではすごく重要視されているのがわかりますよね。 女性のファッションにとってスカート丈ってとても印象を左右するポイントなので、お店でスカート選びをする時にはこの基準を覚えておいて店員さんとの作戦会議に備えておきましょう! スポンサーリンク スリムジーンズとスキニージーンズの違いって何? すっかりデニム選びのアパレル用語として定着してきたスリムジーンズとスキニージーンズ。 どちらもストレートサイズよりも細身なのはわかるけれど、「違いって何?」って人から聞かれた日には、「うっ・・・」と答えられなくなってしまいませんか? 何となくテキトーにこの2つのアパレル用語って使っちゃってますよね。 スリムもスキニーも英語ですが、スリムは「細身の」スキニーは「骨と皮」という意味です。 普通のストレートデニムを少しシェイプして細いラインで作ったのがスリムデニムです。 ストレートデニムに比べて体にフィットしたタイト感が出るものの、脚のラインをそっくりそのまま出すほどには脚に密着していません。 一方、スキニーは「骨と皮」という意味から察しがつくように、思い切りピッチリと脚に密着して体のラインを出すようになっています。 スリムと違ってスキマ無く足首までピッチリとラップするように覆って、体のラインやくびれを忠実に再現するボトムです。 スリムなのかスキニーなのかは一見しただけではわかりにくいのですが、お店で商品についているタグをまず見て表示を確かめてみるのも一つの方法です。 アパレル用語でスリムとスキニーが明確に区別されているのはデザインが異なるためなので、着た時のボトムスのイメージも異なったものになるからです。 モデルサイズと着る人の体形で着こなしのイメージは変わってくるので、実際の着用感は試着して確かめてみないといけませんけど、スリムとスキニーの違いって結構大きいんですよ。 デニム選びの時は、着て表現したいボトムのラインのイメージがデザインによって異なるので、このようなアパレル用語の違いも意識してボトムス選びの参考にしてみてくださいね。 今日のまとめ バーガンディとワインレッドは違う色?知っておきたいアパレル用語4つ アパレル用語、ちゃんと覚えておかなくてもファッションは楽しめます。 けど、「こんなテイストの自分を演出したいんですけど~」とか、「このデザインやカラーに合うコーディネイトってどんなものがありますか?」など・・・トレンドを押さえたやり取りを店員さんとするためにもやはり最新アパレル用語をマスターしておきましょう。 アパレル用語の基本を押さえて、早速洋服選びに出かけてみましょう。 ・ バーガンディってワインレッドとは違う色なの? ・ ワイドパンツとガウチョパンツってどう違うの? ・ 整理しておきたいスカート丈のアパレル用語 ・ スリムジーンズとスキニージーンズの違いって何?.

次の