おれいも 声優。 沙織・バジーナとは (サオリバジーナとは) [単語記事]

早見沙織

おれいも 声優

解説 [ ] は特記のない限り版・アニメ版共通。 作中では物語の進行にともない時間が経過しており、小説第5巻以降からは全員が1学年進級しているが、学年などの設定は特に説明がある場合を除いて物語登場時に準拠する。 原作では各キャラクターの身長やプロポーションが設定されているが、アニメ版では登場人物間のバランスを取る都合上、身長の設定が変更されており、厳密な数値は定めない方針となっている。 一方、アニメ版は2010年以降が舞台となっており登場人物の具体的な生年も設定されているが 、原作では具体的に西暦何年の出来事であるのかを曖昧にする方針が取られており 、生年は設定されていない。 本項では、ゲーム版『』を『俺の妹P』と省略する。 高坂家 [ ] 本作の中心人物である兄妹と、その家族たち。 兄妹は容姿や表面的な性格はまるで似ておらず 、物語開始時点では冷え切った関係となっており、その後の展開を経た後も会えば舌打ちを飛ばし合い、口を開けば刺々しい言葉を交わす間柄で、京介の主観では仲の悪い兄妹として認識されている。 ただし第三者である他の登場人物たちからは、しばしば良好な関係のように評されたり、内面的にはよく似た兄妹だと指摘されたりする こともある。 「」も参照。 高坂 京介(こうさか きょうすけ) 声 - 、(幼少期) 身長175cm、体重60kg。 本作のにして、この物語の。 高校2年生。 一人称は「俺」。 取り立てて長所も短所もないが、本人はであることを美徳であるとして肯定的に捉えている。 能動的な性格ではないが、一度決めたことは恥をさらしてでも貫き通す責任感の強い一面や、自棄になると暴走したりするような感情の起伏が激しい一面もある。 周りからの印象は「お節介焼きのお人好しだが少し鈍い」というものでほぼ一貫している。 内面的には年相応の欠点もあり、しばしば心の中で読者に対して悪態をつく一面もあるが、あまりそれを表には出さない。 妹・桐乃からは何が原因かは覚えていないものの一方的に蔑まれるような関係となっており、また京介自身も非凡な才能を持つ妹への嫉妬心を抱いていたが 、玄関で『』のDVDケースを発見したことから妹の誰にも知られたくない秘密を知ってしまう。 当初は系に対して相応の偏見を抱いていたが 、沙織達との交流を経て、それが理解はできなくとも否定されるようなものではないと考えるようになり 、桐乃の趣味を擁護する立場となる。 その後は次第にそうした趣味を平凡な日常の延長として受け入れるようになり 、3年生に進級後は黒猫とともにゲーム研究会の部員となり、夏休みの後半には恋人同士にもなっている。 幼馴染の麻奈実とは気心の知れた間柄で 、友達以上恋愛未満の関係を続けることを望んでいるが、後には黒猫との恋愛関係も物語上の争点となっていく。 好きな女性のタイプはあやせのような黒髪ロングの女性で 、あやせの前では下心を露わにしてしまう一面もある。 また、には並々ならぬこだわりがある。 基本的に自分に関してあまり高い評価を下していないが、実際のところその飾り気の無い優しさやなりふり構わない捨て身の行動が周りに好印象を与えており、求心力は本人が思っている以上に高い。 またの気があり、関わった女性からは大なり小なり好意を持たれてるため、最近は沙織から「女たらし」と糾弾されることもある。 クラス委員だった中学3年生の時は学内で発生する小事件を積極的に解決しており、桐乃からもスーパーヒーローのような扱いを受けていた。 ある時不登校児だった櫻井秋美を登校させるため、さまざまな無理難題を押し付けられたが、それらをすべて実行。 その結果、櫻井は登校するようになった。 しかし、その年の林間学校で櫻井は怪我を負ってしまい、そのまま転校してしまう。 また、同時期に京介の祖母が他界するという不幸が続き、麻奈実から『平凡な男の子』と言われたことによって、必要以上のおせっかいを焼くことは少なくなった。 しかし、それが自分を憧れの目線で見ていた桐乃から幻滅されるきっかけになってしまった。 高校3年の冬には黒猫、あやせ、加奈子、櫻井といった女子に好意を持たれハーレムのような状態であったが、それらをすべて拒否して桐乃に 「俺と、結婚してくれええええええええええええええっ!」と告白。 桐乃はそれを受け入れ自身が決めていた留学も取り消すが、桐乃からの提案を受け容れる形で クリスマスから卒業式まで限定で恋人になる、 卒業したら普通の兄妹に戻るという約束をする。 責任感が強く、父と桐乃のことで喧嘩になった際桐乃のことを庇う一面を見せている。 4月8日生まれ。 本作のヒロイン。 京介の実妹で、物語を引っ張る人物。 中学2年生。 ライトブラウンのロングヘアで、ピンク色のヘアピンをつけている。 ハンドルネームは「 きりりん」。 兄と違って人目を惹き付ける美貌に恵まれ 、の専属モデルとしてかなり高額の報酬を手にしている。 また学力は県内でも指折りの成績を持つ生徒にして 、スポーツでも陸上部のエースと非の打ち所がない。 本人も何が契機かはよく覚えていないながらも萌えアニメや男性向けの美少女ゲーム、特に「妹もの」と呼ばれるゲームを、成人向けか否かを問わず こよなく愛し、ニュースサイトを巡回して気に入った物を見つけてはモデルの報酬を使って衝動買いをしている。 しかし世間の目が気になり趣味を分かち合う相手を得られず悶々としていたところ、兄に秘密を知られてしまい、不本意ながらも兄に相談を持ちかけることになり、その後京介をオタク趣味の世界へと引き込んでいく。 表向きの生活と裏のオタク趣味との間は、どちらも不可分な自分の一部であるとして真剣に思い詰めており、作中では幾度かその板挟みに直面しつつも、決して一方を切り捨てないことを決意し 、京介からその背中を押されることになる。 かつては京介に対してほとんど無視に近い対応をとっており、その後も刺々しい言葉を浴びせ、腹立たしい時にはつい本心とは異なる言動を取ることもあるが 、徐々に心を開いていく。 京介のことを兄と呼ぶことは滅多になく 、基本的には「あんた」だが、改まった時には「兄貴」、また最近では「京介」と呼び捨てながらも心情に変化が見られる。 中学3年次のクリスマスで京介に告白されたが、もし告白されなかった場合は、自分から告白する予定だった。 麻奈実とは小学生低学年の頃は京介を通して付き合いがあったようで櫻井の件があって以降は強く敵視している。 卒業式の日に殴り合いの喧嘩にまで発展し、麻奈実からは「気持ち悪い」と罵倒される。 小学生のころはお兄ちゃん子であり、京介の幼少期の写真を集めて自身の収納スペースのアルバムにすべて保存していた。 また、その時に未来の自分が京介みたいなヒーローになれずに落ち込んでいた時のために、励ましのメッセージをiPodに録音していた。 何事も一生懸命で、一度決めたことには全力で取り組むという努力家でもあり、小学生低学年時代は運動が苦手だったのを奮起して躍進したという経緯がある。 その一方で想定外のトラブルに対しては非常に脆く、しばしば年相応の弱さを露呈してしまうという弱点があり 、窮地に追い込まれてしまうことがある。 また、父親に似ている部分があり口が堅く一度やるといったことはやる。 現実とフィクションはきっちり区別する主義。 食事の際は、話しかけられるとちゃんと答えるがそれ以外では基本黙って食べる。 高坂 大介(こうさか だいすけ) 声 - 高坂家の主で、京介・桐乃兄妹の父。 仕事は警察官。 京介によると「極道面」 で「頑固」。 有言実行を信条としており 、京介や桐乃に対してもそのようであるようにと教育している。 非常に隙がなく、京介にとっては畏怖すべき父親であり、桐乃はもちろん 京介にとっても腕力では太刀打ちできず 、また嘘や誤魔化しも通じない相手として恐れられている。 桐乃の目つきや雰囲気は父に似たといい 、また一度決めたことを貫こうとする兄妹の性格は父親の影響でもある。 桐乃がモデルの仕事をしていることについては、その内容をよく確かめた上で、学業やスポーツと両立させることを条件に認めている。 一方、ゲームやアニメといったオタク趣味に対しては当初「悪影響しかないくだらない趣味」 といった強い偏見を抱いており、桐乃の趣味を知った際にはそれら全てを取り上げて捨てようとした。 しかし体罰を辞さない説得をもってしても、桐乃を庇おうとする京介の決意を挫くことはできず 、その後は関連事項についてチェックしつつも事態を静観している。 普段は厳格な父だが我が子を溺愛しており、特に桐乃に対しては幼少からの写真や嫌っていたモデルの写真までスクラップブックに貼付してある。 原作では名前で呼ばれる場面がなく「親父」「お父さん」と呼ばれているが、アニメ版では名前や読みが明かされている。 原作ではメインキャラの中で唯一素顔が明かされず、12巻のカラー口絵の集合イラストでも彼だけは目から上が描かれていなかった。 彼の性格は隠れた形で京介等に影響を与えており、桐乃の口の堅さや京介の責任感の強さに現れている。 高坂 佳乃(こうさか よしの) 声 - 京介・桐乃兄妹の母で、。 部屋に入るときにノックをする習慣がなく、たびたび京介を困らせている。 京介がを隠していた場所を全て探し当て、隠すのを諦めさせたという経歴がある。 また口が軽く、プライベートな事柄も周囲に言いふらしてしまうため、桐乃からは相談相手として信頼されていない。 京介はどちらかというと母親似である。 夫・大介も時として頭が上がらない時がある。 得意な料理はカレーだが、実際のところは作るのが楽という面倒くさがった理由。 桐乃が兄のことを呼び捨てにし始めたことで兄妹の仲を勘ぐり始め、パソコンサイトでの相談を会し禁断の仲を疑った(ただし、その裏には別の意図があり本気かどうかは不明)。 原作では「お袋」「お母さん」と呼ばれており、名前や読みはアニメ版で明かされた。 アニメ版では原作のイメージよりも若々しい母親として描かれている。 原作では10巻で初めて素顔が明かされている。 田村家 [ ] 高坂家の近所 に住む一家で、高坂兄妹と同じ年齢の姉弟とその両親、祖父母の6人家族。 古めかしい和風建築の佇まいの 「田村屋」という和菓子屋を営んでおり、若い女性客にも好評を博している。 京介は幼い頃からこの一家との親交があり家族同然に迎えられているが、桐乃は彼らと距離を置いている。 ショートヘア。 京介の同級生。 彼のでもあり、その付き合いは十年以上にもなる。 若干気味だが成績は良く、図書館で京介に付き合って勉強しているお陰で京介は成績を落とさずに済んでいる。 かと言って恋愛関係に進展する気配もなく、京介によると「隣にいてくれると、なんとなく心地よい」関係で一番の相談相手でもある。 もっとも浩平を始めとする同級生や京介の母などからは付き合っていると思われており、桐乃からも「デレデレしている」と見えている上、過去に京介が起こした事件の結果を麻奈実のせいであると勘違いしたため、一方的に拒絶されており、また麻奈実の側も京介との関係を進展させようとしている素振りを見せることもある。 だが、たまに自分の孫のように扱っているような場面が多々見られる。 菓子作りを始めとして料理が得意。 眼鏡をかけていて、裸眼では視力0. 1以下になる。 の発音が苦手で棒読みになる。 彼女を敵視している桐乃からは「 地味子(じみこ)」と呼ばれている。 京介に「おまえって、畳のにおいがするよな。 身体がでできてんじゃねーの」と言われたとき、いきなり泣いてしまったことがある。 黒猫に、「」と識別される。 京介にとって、派手で非凡で相手をしていて疲れる桐乃とは正反対の存在として対比される人物。 京介との間でサブカルチャー関係の話題が交わされることはほとんどないが、桐乃に関する相談事が話題になることはある。 後に京介を介してあやせ 、黒猫 と面識を持つようになり、特にあやせとは親密に情報を交換している。 さらにあやせを介して加奈子と知り合い、料理を教えている。 黒猫やあやせや加奈子が京介に対して好意を持つことに対しては好意的にみているが、京介と桐乃が恋愛関係になることに対してだけは否定的な考え方をしている。 京介と桐乃の『約束』が卒業式の日までであることを知っていたのか知らなかったのかは不明だが、あえて本人たちの前でそれを告げている。 麻奈実の弟。 中学2年生で桐乃とは同学年だが、学校が違う。 京介には小学校の頃に大恥をかきそうになったところを助けられた恩もあって懐いており 、調子に乗ってはよくどつかれている。 姉に劣らず天然気味の性格で、流行を追いかけ洋楽に入れ込んではいるが 、に憧れて床屋に行くもののにされてしまったり 、ギターを始めようとするものの金銭的な問題からで妥協したりと 、垢抜けない。 自分の髪型がスキンヘッドではないことに気が付かず格好をつけて「ロック」を名乗るが 、京介に間違いを正された後も自称は渾名となり 、以降も京介から「ロック」と呼ばれ続けている。 のSNSコミュニティに参加しオフ会にも行っており 、そのことが麻奈実と京介を経由して桐乃を「オタクっ娘あつまれー」のコミュニティに参加させる間接的なきっかけとなる。 現在はコンタクトレンズを使用しているが、過去には黒縁の眼鏡をかけていた時期もあり 、久しく顔を合わせていない桐乃からは「怒りっぽいメガネくん」という印象を持たれている。 京介から携帯に電話がかかってきたとき、クセで営業トークになっている。 麻奈実の祖父 声 - 麻奈実・いわお姉弟の祖父。 やや若々しくノリのいい性格。 死ぬ前に麻奈実と京介を結婚させたがっている。 死臭に似た加齢臭の持ち主で、の予行では迫真ので京介と麻奈実を驚かせたことがある。 年を取る毎に抜ける頭髪を大変気にしており、妻の「髪の毛を抜く」というセリフに大変怯え、頭髪を「髪の毛様」と崇めている。 麻奈実の祖母 声 - 麻奈実・いわお姉弟の祖母。 京介が来るたびに麻奈実の婿とはやし立てる。 しばしば老衰を引き合いにして京介を困らせる夫に辛辣なツッコミを入れている。 麻奈実の父 第3巻に登場。 麻奈実・いわお姉弟の父。 夫婦で田村屋の店員をしている。 店の仕事を無条件に京介に手伝ってもらおうとするなど 、京介との面識が深い。 高坂兄妹の「裏」の友人 [ ] 桐乃が入会したSNSのコミュニティ「オタクっ娘あつまれー」の参加者たち。 を通じ、メンバーのうち沙織と黒猫の二人は京介と桐乃にとっての共通の友人となり、その後も同人誌即売会に同行したり、高坂家に招かれたり、何かあった時には親身になって協力してくれたりと、オフでも親しく交流がある。 のちに京介や桐乃の「表」の友人ともかかわりを持つことになる。 15歳。 中学3年生。 「オタクっ娘あつまれー」の管理人で、作中では「沙織・バジーナ」というハンドルネームを名乗っている。 約180cmの長身にジーンズ、ぐるぐるをかけて頭にを巻き、丸めたが挿さったリュックを背負うというステレオタイプなファッションが特徴で、桐乃たちの前ではいかにもオタクっぽい口調の人物として振る舞っている。 自慢はスリーサイズがと同じであるということ。 面倒見は良く、皆のムードメーカー的存在であり 、常に周囲への気配りを怠らない性格。 なかなかに馴染めない様子であった桐乃と黒猫を二次会に誘ったことをきっかけに 、桐乃に同行していた京介とも知り合い交友を深めていく。 姉や両親のつてによる豊富な人脈を持ち、出版業界にもコネを持っている。 実は大富豪の令嬢であり 、オフの場で普段見せているオタクっぽい恰好や振る舞いはキャラ作りの一環。 沙織本人によると、自分を鼓舞してコミュニティを結成するまでは引っ込み思案な性格であったといい、家族の縁故に頼らず独力で結成したコミュニティに対して強い愛着を抱いている。 自宅は高坂家からは離れており、原作では千葉県外にある海沿いの高級住宅街とされ 、アニメ版では在住であると設定されている。 親元を離れ、親の資産であるマンションを一棟丸ごと借り切って住んでおり、部屋中にや、のや、美少女などといったコレクションを陳列している。 アニメ版では執事やメイドを伴っている描写がある。 作中2年目からは高校に進学しており、通学先は名の知れたお嬢様学校であるという。 香織という姉がおり、沙織の趣味や人脈、コミュニティに対する接し方は姉から大きな影響を受けているが、現在は結婚して海外で暮らしている。 生まれ。 中学3年生。 作中では「黒猫」というハンドルネームを名乗っており 、第5巻にて本名 が明らかになった後も、京介からは基本的に黒猫と呼ばれている。 や個人も持っているなど桐乃以上のオタクであり、またの世界大会で上位入賞 するほどの凄腕ゲーマーでもある。 長い黒髪が綺麗な美少女ではあるのだが、やや他人を見下すような発言や、自分をフィクションのの登場人物と同一視するかような痛々しい言動が多く、またする傾向もあり、交友関係は少ない。 左目の下に泣きぼくろがある。 「オタクっ娘あつまれー」のオフ会でファッションに身を包んで参加するが桐乃と同様、場の雰囲気に馴染めず浮いていたところを沙織の仲介で二次会に参加。 その席で毎週楽しみにしているアニメ『』を桐乃に誹謗されたことから激しい口論となるが 、桐乃と同様に趣味について熱く語り合える相手を欲していた感情がこの口論で満たされたためか、その後は互いを「」「」などと貶し合いつつも喧嘩友達としてそれなりにうまく行っている。 好意や感謝を素直に表現できない性格である。 また、幾つかの出来事を通して京介との関係も進展していき、京介に対する恋愛感情 も物語に影響していく。 作中2年目からは京介や麻奈実と同じ高校に進学しゲーム研究会に籍を置くようになる。 物語の開始当時、家は高坂家の近所にあり 、昭和の香り漂う平屋建ての借家であった。 父親の転勤での社宅に引越しし、高校も転校した。 普段は家事をしつつ創作活動をしたりバイトをしたりと、それなりに忙しい模様。 創作活動には特に力を入れているが 、その内容については酷評されており 、自身が描きたいものと売れ筋との乖離を感じている。 作中2年目の夏休みに京介に告白し、恋人同士になったものの、それは桐乃の京介に対する本心を引き出すことが目的であった。 桐乃の気持ちを知ったうえで京介に自分を選んでほしいと思っていたが、黒猫自身が答えを聞くことを拒んだため、その場は結論が出なかった。 クリスマス直前に京介と二人で会話を行い、京介は桐乃に正式に告白することを決意していたため、付き合えないと言われた。 その後自分の理想の世界を描いたとされる運命の記述(デスティニー・レコード)を自ら破り捨てた。 スピンオフの漫画版では小説8巻からの分岐で京介と交際が続いて結婚、悠璃、璃乃という子供をもうけており、第3子を妊娠している。 また、同じ作者による作品『』の主要登場人物である東雲千夜子とは、口調や性格や外見的特徴が一致し 、一時期は同一人物ともによる別人とも解釈できるように描写されたこともあった。 詳細は「」を参照。 桐乃の「表」の友人 [ ] 桐乃が通う中学校の友人たち。 似た者同士でグループを作っている。 桐乃にとって仲の良い友人たちだが、自分のオタク趣味については隠そうとしている。 桐乃の同級生で親友。 桐乃と同じくティーンズ誌のモデルをしている。 桐乃にはモデルの仕事に不慣れだった頃に助けてもらったり、また勉強を教わったりと公私共に世話になっており 、憧憬に近い感情を抱いている。 明るく人当たりのいい性格だが、やや考えすぎる傾向があり思い込みが激しい。 黒髪を長く伸ばしており 、桐乃とは左右を逆にした揃いの髪型にしている。 当初は高坂家に遊びに来た時に京介と知り合い、京介と桐乃の関係を良好なものと思っていい感情を持っていた。 その一方で父が 、母が会長 といった家庭環境や、やや潔癖な性格もあってゲームが犯罪を引き起こすという言説に感銘を受けており 、オタクに対しては「犯罪者予備軍」 「穢らわしくておぞましい趣味」 といった強固な偏見や生理的嫌悪感を抱いている。 そのため桐乃の趣味を知ったときはひどくショックを受け、親友を思う気持ちから悪習から足を洗うよう厳しく迫り 、一時は絶交状態にまで陥ってしまう。 その後京介の説得で和解しその趣味についても黙認するようになるが、一方その説得方法が原因となって今度は京介と微妙な関係になってしまい顔を会わせるたびに辛辣な言葉を投げかけるようになる。 ただし、実際にあやせ本人が京介の真意を理解しているかはぼかされているものの、京介は自分がオタク趣味への嫌悪感を当てる材料として利用されていると解釈しており 、桐乃の事情を知る友人として、彼女が困っている時には渋々ながら京介と協力関係を結ぶこともあるなど、紆余曲折を経ながらも京介との人間関係を維持している。 次第に京介を気にするようになっていく。 京介の一人暮らしの際には率先してごはんを作ったり世話を焼いたりしており、ストーカー騒動の後で京介に告白した。 しかし、京介は桐乃に告白することを決意していたため、あやせの告白を受け入れなかった。 原作では京介との関係が良好だった頃に、彼を介して麻奈実と知り合っており 、その後も連絡を取り合っている。 ifストーリー第1作のメインヒロイン。 京介と結婚後、ちとせという娘を授かる。 桐乃の同級生の友人。 小柄な体格で、髪型は。 初めて会った京介にも怖じず、今時の女子中学生らしく思ったことをすぐ口にする性格。 また唯我独尊としており口調も乱暴で、あやせや京介もその扱いに困惑することも多い。 ただヒネている一方で真面目な芯も持っている。 アイドルを志しているようでダンスレッスンやカラオケで練習などをしており、オーディションなどにも幾度か出ている。 その成果もあって、歌唱力や踊りは一般のそれを凌駕している。 中学生でありながら喫煙の習慣があり、作中で一度補導されているが 、後に禁煙する。 ファンからの愛称は「 かなかな」。 コスプレは仕事と割り切っているが 、元々目立ちたがり屋な性格でもあり、自分を崇拝してくれるファンたちは、たとえ気持ちの悪いオタクであってもかわいく思える存在である。 京介とは幾度か顔を合わせているが、京介はその都度マネージャー見習いを装っていたり 、桐乃の交際相手を装っていたりと 、毎回立場を偽っている。 しかし、ライブ会場で桐乃共々目撃したことや本名をばらしたことなどから「桐乃の兄」であることを認識していた。 交流が深まるにつれ、京介を異性として意識するようになる。 その想いが恋愛感情に発展するに至り、ライブでのMCを利用して告白するも、すでに桐乃と恋人関係になっていたため見事に玉砕した。 あやせを介して麻奈実と知り合い料理を習っており、原作10巻では京介に味見をさせている。 劇中アニメ「マスケラ」の原作者でもある「彼方(かなた)」という姉がいる。 宮本 蘭(みやもと らん) 声 - 桐乃の同級生の友人。 桐乃と同じくモデルをしている。 愛称は「ランちん」。 高校の友人 [ ] 京介、麻奈実が通う高校の友人たち。 後に黒猫も同じ高校に進学する。 原作では学校名は明かされていないが、アニメ版では「千葉県立千葉弁展高等学校」 で、学校長は熊野俊也と設定されている。 赤城 浩平(あかぎ こうへい) 声 - 身長177cm、体重73kg。 京介の同級生で、瀬菜の兄。 サッカー部所属。 栗色の短髪が特徴で 、顔立ちも端整。 京介とは憎まれ口を叩きあうぐらいには仲が良い。 京介と麻奈実が付き合っていると思っている。 の気があり、妹のために深夜にもののゲームを買いに行ったり妹のことを「世界で一番かわいい」と豪語する。 また自分のことを臆面もなく「イケメン」と言うなど、少しナルシストな一面もある。 妹がであることを明かして以降は 、京介とはオタクの妹を持つ兄同士の共感で結ばれるようになる。 作中で京介が偽名を名乗るときには、しばしば彼の姓や名を借りている。 ゲーム研究会 [ ] 作中2年目より京介と黒猫が入部した、高校の。 後に作中2年目の夏コミを通じて、沙織や桐乃とも面識を持つようになる。 三浦 絃之介(みうら げんのすけ) 声 - 身長179cm、体重58kg。 第4巻から登場(アニメでは第4話で初出場)。 ゲーム研究会部長。 2次元美少女を愛しており、部室には多数のフィギュアや18禁ゲームを持ちこんでいる。 路上や教室でアダルトゲームを平然とプレイできる価値観の持ち主で 、後輩の真壁からは「奇天烈な変人」「変態」と評されている。 また製作したゲームはややになる傾向があるが、本人はそれをむしろ肯定している節がある。 何度もしており、少なくとも2年以上部長職に就いている。 年齢不詳だがかなり老け顔。 京介からは単に「 部長」と呼ばれている。 なお、部室にあるゲームの制作に必要な機材やソフト、専門書は絃之介がアルバイトで稼いだ私費によって賄われている。 京介たちがゲーム研究会を訪れるまで彼らとの学内での面識はなかったが、かつて京介が桐乃の頼みで深夜のゲーム販売に参加した際に秋葉原で出会っており 、その際の出来事をきっかけに京介のことを気に入っている。 無職の妹がおり、絃之介によれば「」と形容されるような容姿の女性であるという。 ゲーム研究会の女子部員で、浩平の妹。 高校1年生で、黒猫とは同級生でもあり、クラスでは委員長を務める。 眼鏡で巨乳で、垢抜けた雰囲気を持つ。 「きちんとしていないこと」が我慢できない性格で、ややの気があり、自分が気に入らないことは正さないと気が済まない。 あまりオタクらしくない雰囲気を持つが 、その実、やものの作品をこよなく愛す。 時と場所と場合を弁えてさえいれば、浅いオタク趣味は隠すほどのものではないという考えの持ち主だが 、腐女子趣味は恥じて隠すべきものと考えている。 しかしいざ男性同士のカップリングの話になると我を忘れて暴走し、現実の知人男性同士の受け攻めについて熱弁を振るうなどして周囲を唖然とさせてしまう。 ゲーム研究会に馴染んでくるにつれて、部室では腐な趣味を隠すこともなく全開で暴走するようになった。 ゲーム作家志望で、自作ゲームも制作する技術も持ち合わせており、同時にゲームプレイヤーとしての腕もかなりのもの。 またデジタルデータをしただけで「きちんとしていない」部分をなんとなく見抜けるため、能力に非常に長けている。 本人は兄と仲が悪いと言うが 、京介の主観では仲睦まじい兄妹に見え 、認定されており 、実際、落ち込んだときには兄に慰めてもらっている。 桐乃のケータイ小説『妹空』には批判的な感想を抱いていたが 、後に作中2年目の夏コミで桐乃本人と知り合った際には、シスコンの兄を持つ妹同士の連帯感で意気投合する。 桐乃からは「 せなちー」と呼ばれている。 最終的に真壁と付き合うことになった。 真壁 楓(まかべ かえで) 声 - 身長156cm、体重53kg。 第5巻から登場。 ゲーム研究会の男子部員。 高校2年生。 やや童顔。 メンバーでは一番の常識人で、絃之介に対して辛口なツッコミをよく入れている。 当初は瀬菜に好意を抱いていたが、彼女が腐女子だと知ってからは複雑な思いを抱いている。 しかし、結局意気投合し、瀬菜と付き合うことになった。 また、京介と黒猫が付き合っていると思っている。 京介たちの卒業と同時に2代目ゲーム研究会の部長に就任した。 姉がいるが、絃之介が部屋に置いていったのフィギュアを目撃されたり 、やはり彼から借りた実姉もののエロゲーを発見されたりするなど 、幾度か気まずい関係に陥っているという言及がある。 サブカルチャー業界 [ ] 出版業界 [ ] 原作小説第3巻で描かれた、桐乃が書いたを巡る事件において、沙織のコネクションを通じて京介と黒猫が関わることになった出版業界の人物たち。 アニメ版では同エピソードの内容が変更されている。 熊谷 龍之介(くまがい りゅうのすけ) 第3巻に登場。 メディアスキー・ワークス第二編集部の。 モバイル書籍課と雷撃文庫編集課に所属しており 、伊織の担当でもある。 社内での愛称は「ぷーりん」で、おっぱいのような感触であるプリンにちなんでいる。 見た目が「そっくり」と形容されるような外見の 初老の男性で、仕事については一切妥協せず直言する厳格な性格。 一方で萌え業界に明るく、「萌え萌え」とか「〜たん」などの言葉を平気で使う愛嬌もある。 ケータイ小説や同人作品、その他ネット上などに投稿されているアマチュア作品全般には、時に商業作品にはない魅力があると考えており一目置いている。 初期稿では『俺の妹〜』の編集者のひとりをモデルにした「ライトニング」だったが、ボツとなりほとんど別キャラとなった。 ヘンクツ 第3巻に登場。 メディアスキー・ワークス第二編集部の編集者。 ヘンクツは社内の愛称で、本名は不詳。 モデルは『俺の妹〜』のもうひとりの編集者である。 伊織・F・刹那(いおり・フェイト・せつな) 声 - 第3巻から登場。 20代半ばくらいの年齢の女性。 で、この一風変わった名前は両親によって名づけられた本名である。 周囲からはミドルネームで呼ばれているが、本人は自分の名前を恥ずかしく思っており、本名で呼ばれることを嫌がっている。 中性的な背格好の美人であり、男装をすると一見して女性とは分からない。 昔、だった。 原作とアニメ版では異なる立場や役回りで登場する。 原作版 原作では雷撃文庫の作家志願者。 10年間の下積みを経てようやく担当編集者の熊谷から作品を評価され、「 理乃」のでデビューを予定していたが、実はデビュー作の『妹空』は桐乃が書いたケータイ小説の。 投稿サイトで頭角を現しつつあった桐乃に編集者を装って近づき発表前に盗み出したもので、そのため初登場時には京介や黒猫らと敵対する。 後日盗作を認めて和解し、桐乃の口添えで『妹空』『妹空2』の編集作業に協力するものの 、その後の生活は困窮しており 、一度はメディアスキー・ワークスへの就職を志すものの面接で失敗し、で大損するなど借金を重ねている。 一方で黒猫との出会いを通して初心を取り戻し 、前向きな姿勢を貫こうともしている。 売れ筋を見極め他人に助言をするようなことは得意だが、自身の作家としての才能は評価されていない。 以前は黒猫が書く同人誌と似たような傾向の小説を書いており、性格も似ている部分があり、泣きぼくろの位置まで同じ。 作者によれば、彼女は黒猫の「うまくいかなかった未来像」をイメージした人物であるという。 アニメ版 アニメ版第8話に登場。 アニメ版ではメディアスキー・ワークスに勤務する本物の編集者となっており、「理乃」の筆名で雷撃文庫からライトノベルを出版した桐乃を担当している。 第8話では桐乃が執筆した『妹都市』のアニメ化に関する会議に出席するが、内容の大幅な改編が行われようとしていることについて、それは『妹都市』である意味がないのではないかという苦言を述べた。 原作における京介と黒猫と対立するフェイトの役割は、アニメオリジナルキャラクターである三津野が背負っている。 ゲーム『俺の妹P』 ゲーム『俺の妹P』では、桐乃の小説『妹都市』は盗作騒動を経てアニメ化が行われたとされ、原作の出来事とアニメ版の出来事はどちらも起こったことであるという設定がされている。 アニメ業界 [ ] アニメ版第8話では、桐乃が執筆したライトノベル『妹都市』のアニメ化を巡り、アニメ独自のエピソードが描かれた。 一之瀬 真一(いちのせ しんいち) 声 - アニメ版第8話に登場。 アニメ版『妹都市』の監督を任せられている人物。 自身が意見を出す場面は少なく、三津野などの他のスタッフの意見を聞き入れて調整し、方針を決定しようとしていた。 作中には名前で呼ばれる場面がないが、作中で机の上に置かれた名刺に名前や読みが書かれている。 エンドクレジットでは「 監督」と表記された。 三津野 泰三 声 - アニメ版第8話に登場。 アニメ版『妹都市』のシリーズ構成を担当するの男性。 しかし桐乃が書いた原作ライトノベルの内容には批判的で、一度はこの仕事を断っている。 特に女性である主人公が男勝りの活躍を繰り広げて同性から慕われるという設定に合理性を見いだせず、原作に修正を加えた方が視聴者の需要にも沿っており利益にもなるという考えから、桐乃の意向に反して主人公の性別を変更するという修正案を出し、そのため京介や黒猫と対立する。 かつては自身も小説を何冊か出版したことがあったものの、小説家としては成功できなかったという過去がある。 2回目の会議の際にそれらの提案を次々と投げかけ、「僕は全く面白く感じなかった」という発言までして作品を批判するが、黒猫に「(小説の内容が理解できないから)自分の理解できる領域に持っていこうとしているだけの臆病者」と酷評された。 作中では名前で呼ばれる場面はなく、名刺 や書類 に名前が書かれている。 エンドクレジットでは「 構成」と表記された。 星野姉妹 [ ] 作中でたびたび端役として登場している姉妹たち。 メイド喫茶で給仕をしているきらら、声優をしているくららの他にも、同人作家、のアクセサリーショップの店員をしている姉妹たちが登場している。 ドラマCD付属の短編小説「とあるメイド喫茶にて」においてその家族関係が明かされた。 秋葉原のメイド喫茶「プリティガーデン」でメイドをしている女性で、くららの実姉。 バストサイズは90のFカップを自称している。 ドラマCDで初めて名前が明かされた。 アニメでは香織が主宰していたオタクサークル「小さな楽園(プリティガーデン)」のメンバーだったことが明かされた。 星野 くらら(ほしの くらら) 声 - 田村ゆかり 第4巻に登場。 『メルル』によって人気を獲得し、桐乃もそのファンの一人であり、作中では幾度も名前が登場する。 きららの妹であり、サブカルチャー業界に参画することになった原因は姉の影響が大きい。 なお加奈子によれば、見えない所でタバコを吸っているとのこと。 ファッション業界 [ ] 桐乃やあやせがモデルの仕事関係で関わっている人物たち。 藤真 美咲(ふじま みさき) 声 - 第7巻、第9巻に登場。 化粧品メーカー「エターナル・ブルー」の女社長。 元トップモデルという経歴を持ち、デザイナーとしての実績や強引な性格もあってファッション業界における有力者の地位にある。 海外留学に失敗して間もない桐乃を専属モデルとして欧州本社にスカウトしたがっており 、断られた後も諦めずに画策を行っている。 桐乃を御鏡と引き合わせた人物でもある。 御鏡 光輝(みかがみ こうき) 声 - 身長164cm、体重54kg。 第7巻から登場。 桐乃とはファッション関係の仕事仲間。 高校生で、京介とは同い年。 女性的な容姿の男性で、若くして美咲お抱えのアクセサリーデザイナー兼ファッションモデルでもある著名人。 美咲からは個人ブランド「エターナルブルー・シスター」を任されている。 実は隠れオタクでもあり、ファッション業界を志したのはアニメの影響である。 桐乃とも趣味が近く、作中2年目の夏コミで遭遇した際には互いの趣味をカミングアウトし意気投合する。 京介曰く「男版桐乃」。 周囲には隠してはいるもののオタク文化を肯定的に捉え、アダルトゲームを含むオタク文化をもっと世間に広めたいと考えており、その点では桐乃と意見を異にしている。 京介から見て、あまりに桐乃にとって理想の男性像に合致しているかのように見える人物で、京介や父親を動揺させた。 実際に知り合って早々にひと騒動起こすことになるが 、実際のところ御鏡にとって桐乃は恋愛対象として捉えるには荷が重い存在である。 五更家 [ ] 黒猫(五更瑠璃)の家族たち。 原作では第1巻から幾度か言及があるものの、長らく姿を見せる場面がなく、ファンの間ではその正体について関心が寄せられていたが (詳細は「」を参照)、アニメ版第9話に端役として登場した際には『ねこシス』の東雲姉妹とは異なる容姿の少女として描かれた。 その後『俺の妹P』を経て原作8巻にて登場。 京介や桐乃と面識を持つこととなる。 五更 日向(ごこう ひなた) 声 - 黒猫の上の妹。 小学校5年生。 黒猫に対する呼び名は「ルリ姉」。 京介のことは「高坂くん」、桐乃のことは姉の話から「ビッチさん」と呼んでいたが、実際に会って以降は「桐乃さん」、最近では「キリ姉」と呼んでいる。 非常に活発な性格で、姉妹の中でも人見知りしないほうである。 また原作及び『俺の妹P』では五更家を訪問した京介と姉の仲をはやし立て、根掘り葉掘りの質問を浴びせるなど少しませた一面を見せている。 姉である黒猫に対しては自分達の面倒見てくれていることから慕ってはいるものの、痛々しい言動に関しては本気でやめてほしいと思っている。 京介に対しては会う前から姉に話を聞いており、実際に出会った当初は「話に聞いたほどパッとしない人」という印象を持っていた。 しかし彼と接していくうちにその優しさや包容力を知り、思慕にも似た信頼を寄せるようになる。 桐乃に関しては姉が持っていたティーンズ誌の写真で見知っており、姉と友達になってくれたことに感謝の言葉を伝えている。 実際に会った際には彼女の「妹萌え」の発作に巻き込まれることとなったが、それでも彼女のことを気に入っている。 五更 珠希(ごこう たまき) 声 - 黒猫の下の妹。 小学校1年生。 黒猫に対する呼び名は「姉さま」で、姉に対してもで話す。 京介のことは「おにぃちゃん」と呼ぶ。 黒猫は彼女を風呂に入浴させたり 、ぬいぐるみを作ってあげたり 、小学校のに連れて行ったり して世話を焼いている。 彼女もそんな姉を慕っており、小学校の宿題では姉のことを題材に作文を書いている。 日向によれば年の割に非常に洞察力に優れており、黒猫の難解な打ち明け話から彼女が恋していることを見抜いていた。 姉である黒猫の痛々しい言動がすこしうつりかけていて、教育的に良くないと京介は言っているが、黒猫はやめさせようとはしない。 あやせifストーリー編では、ちとせが通う小学校の担任教師 になっている。 「小さな楽園」の関係者 [ ] 過去に槇島香織が主宰していたオタクサークル「小さな楽園(プリティガーデン)」のメンバーたち。 沙織もその一員で、現在沙織が暮らしているアパートを活動拠点にしていた。 香織の結婚後サークルは霧散しているが、メンバー同士の交流は続いている。 槇島 香織(まきしま かおり) 声 - 沙織の姉で、「小さな楽園」のリーダー的存在。 既婚者。 非常に才能豊かな人物で、「器用富豪」と称されるほど。 現在はプロゲーマー。 自由奔放な性格をしており、沙織を差し置いて遊びまわっていた。 刹那主義的な所があるためか、即断実行な所があり周囲をよく振り回している。 沙織からは尊敬と嫉妬を込められて「宿敵」と称されている。 バイク を移動手段として利用する。 来栖 彼方(くるす かなた) 声 - 「小さな楽園」の主要メンバーの一人。 来栖加奈子の姉。 沙織と最も仲の良かったサークルメンバーであり、「沙織・バジーナ」のキャラクターの大部分が彼女の影響によるもの。 また沙織のぐるぐる眼鏡も元は彼方の私物。 香織のサークル脱退後、プロ漫画家デビューが決まったために同じくサークルを脱退した。 同人時代は「月見里がんま」「春日春香」など7つのペンネームを使い分けており、そのPNに応じて作風・絵柄だけでなく性格まで変えている。 普段は子供っぽく人懐っこい振る舞いだが、PSP版では京介を試すような質問をしたり、また間接的に他キャラに対して手を回していたり、ボケたふりしてことの真意を突く発言をするなど底の見えない部分が多い。 『MASCHERA 〜堕天した獣の慟哭〜』の原作者。 現在はマンションで妹と二人暮らしをしている。 真田 信也(さなだ しんや) 声 - 「小さな楽園」の主要メンバーの一人。 来栖彼方の先輩にあたる。 作品開始時より3年前の時点で高校生。 沙織は彼方との関係を先輩後輩の他に幼馴染、恋人と推理していた。 『MASCHERA 〜堕天した獣の慟哭〜』の主人公「来栖真夜」のモデルとなった人物。 星野 きらら(ほしの きらら) 声 - 田村ゆかり 「小さな楽園」のメンバーの一人。 メンバーからは「ほっしー」と呼ばれる。 現在は「プリティガーデン」のメイドをしている。 紅茶を淹れるのがうまい。 第4巻から登場。 イギリス出身の少女。 10歳。 流暢な日本語を話す。 年相応の純粋な性格をしており、『メルル』のことを悪く言われると機嫌を悪くする。 第2回の「メルル公式コスプレ大会」では第2位に入賞し 、その後は加奈子と共に、あやせと同じモデル事務所に入った。 当初は加奈子に反感を抱いていたものの 、その後は良好な関係を築いている。 加奈子を通して桐乃と面識を持つが、桐乃のことをオタク嫌いであると誤解している。 第6巻に登場。 桐乃の留学先でのルームメイト。 12歳。 の世界的な実力者で、世界で一番速い小学生と言われている。 桐乃がスポーツ留学中に唯一勝った相手。 その後桐乃にリベンジをしに日本にやってくる。 日本語は話せるが、桐乃に教わったためコギャルのような話し方になっている。 来日中は高坂兄妹の妹のように振る舞い、京介に対してはフィクションの妹キャラクターのように懐く一方 、桐乃に対しては生意気で手のかかる現実の妹のように接している。 短距離走においては並外れたスタートダッシュを強みとする。 とにかく走ることさえできれば他の娯楽はなくても困らないという価値観の持ち主で 、スポーツを趣味や学業や仕事と同列に置いている桐乃と対比される人物。 作中では、京介と桐乃の関係を描く上での役割も担った。 筧 沙也佳(かけい さやか) 小学6年生の少女。 身長155cm。 あやせの小学校時代の後輩にあたる。 第10巻に登場。 ブログ内では「さやか」を称している。 もっとも当初、あやせは沙也佳のことを覚えていなかった。 将来の夢はプロカメラマンになって、あやせを撮影すること。 御鏡(兄) 御鏡光輝の兄。 金髪の低いハスキーボイスで話す男性。 光輝を自分のマンションに居候させているが、家賃などは全て光輝の収入から出されている。 また家事をする程度で仕事をせず、女を引っかけて金をもらっているため、京介からは「ヒモ」と呼ばれた。 (クラリス) 実在の女子中学生歌手ユニット。 短編「過ちのダークエンジェル」にゲスト登場した。 二人とも加奈子のファンである。 また、実際はこのアニメの第一期「」のオープニング主題歌『irony』と、第二期「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 」のオープニング主題歌『reunion』を担当している。 櫻井 秋美(さくらい あきみ) 声 - 第11巻の、京介の回想(中学3年生時点)、第12巻で登場。 体重41kg(3年前)。 1学期から1度も出席していない不登校児であるが、毎日ゲームセンターに入り浸っている。 ノースリーブのブラウスにネクタイ、チェックのミニスカートにニーソックスというアイドルっぽいファッションを好み、華奢な身体だが胸が大きい。 しかしただパッドを入れているだけであり、実際は貧乳である。 麻奈実曰く「いいとこのお嬢様」らしいが、そうとは思えぬ言動や派手なリアクションが特徴。 学校に登校するように必死で説得してきた京介を最初は煙たがっていたが、そのひたむきで一生懸命な姿に次第に考えを改め、学校に登校するようになる。 アニメには未登場だが、Web版予告編やDVD特典映像に登場した。 影響を受けた作品や人物 [ ] 勝ち気な妹という桐乃のヒロイン像は、編集者の三木が著者の伏見に提案した「先生が描く漫画に出てくるような」というコンセプトが基になっており、伏見は藤沢の漫画『』を読んでそのイメージを反映させた。 対して、田村麻奈実などのサブキャラクターは、伏見の主導で作られた。 登場人物のモチーフとなっている他作品の登場人物として、高坂兄妹の父親である高坂大介のイメージとしてテレビアニメ『』の登場人物である皇帝を 、桐乃の友人である来栖加奈子のモデルとしての漫画『』の登場人物である松岡美羽を挙げている。 なお加奈子については後に、当初の予定以上に性格が悪くなってしまったとして発言を撤回している。 そしてゲーム研究会部長の三浦絃之介のイメージやエピソードは、作中にも登場する個人ニュースサイトの管理人や 、伏見が取材先で出会った人物 、漫画作品の登場人物 などといったさまざまな人物を合成して形作られている。 また沙織については、伏見が以前執筆した作品に登場するオタクの少女から設定を流用していることが明かされており 、『』に登場した登場人物との類似性も指摘されている。 具体的な関連性は明言されていないものの、沙織と前述の宮田怜奈には、長身のお嬢様でオタクという共通した設定が与えられている。 この他にも作中におけるオタク同士の会話では、登場人物やその他の事物に対する比喩表現として実在の漫画、アニメ、ゲーム作品が引き合いに出されたり、セリフを真似る場面が描かれることがある。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 例えばアニメ版の設定では桐乃は(平成9年)生まれ 、黒猫は(平成8年)4月生まれ と設定されている。 自分を客観的に見ていなかったり、読者に対して本心を誤魔化したりすることもあるなど、言動と地の文の心情のが各所に見られ、あまりでもある。 「」も参照。 以前からを数少ない楽しみにしており 、相応の思い入れを垣間見せる場面もあるものの 、趣味と呼べる程のものではないとしている。 厳格な家庭で育ったために当初はどころかすら所持していなかったが 、桐乃の趣味を知るようになってからは桐乃からノートパソコンを借りており、また第5巻では沙織に古くなったデスクトップパソコンを譲ってもらっている。 当初はオタク趣味に対して抵抗感を持ってはいたものの 、巻を追うごとにセリフや地の文もその影響を受けている。 例えばのや、漫画・ゲームのパロディと思しきセリフが増えているなど。 エロゲーでは真っ先にそのタイプを攻略するようにしている。 ただしやや丸顔であることを気にしている。 丸顔という設定はかんざきひろの挿絵イラストから反映された部分であるとされる。 中学生である桐乃が、18歳以上でなければ購入できないことになっている はずのをどのようにして入手しているのかと問われる場面では、桐乃はその手段を「秘密」であると答えている。 買い込んだグッズはリフォーム前の名残である、本棚の裏の押し入れに隠している。 「」を参照。 ただし京介の主観では、目に見える形では桐乃との関係は変わっていないとされ、桐乃の本心を掴みかねている一面もある。 「」も参照。 作中において、特に桐乃の私物の大半を占めるアダルトゲームの所持を認めるか否かで京介と父親の間では妥協点を見いだせなかったが、原作では殴られてもなお桐乃を庇い続ける京介を見て、漫画版およびアニメ版では桐乃を庇い続ける京介を殴って黙らせた後でと細部の経緯はやや異なるものの、いずれにせよ形式上は京介が桐乃を庇うためについた嘘を鵜呑みにする形で 父親側が矛を収めた。 原作において京介は、筋道立てた論旨こそ皆無ではあっても必死の嘆願によって自分の気持ちが伝わったことや 、有言実行を信念としている父親から勢いであれ「勝手にしろ」という発言を引き出せたことが勝因であると考えている。 現在はベッドの下に隠していることを吹聴しており、桐乃を通して他の登場人物の知るところとなる。 本作においては数少ない誕生日の判明している人物であるが、原作ではによって日付が異なっており、2008年8月10日発行の第2巻初版ではとなっている一方 、後に発行された版では5月4日に修正されている。 なお麻奈実は、作中1年目の6月を舞台としている第1巻時点では、高校2年生の17歳とされている。 小説本文ではカタカナ語もで表現することで表現されている。 アニメ版では「180cm近い長身」と設定されている。 黒猫は、沙織のハンドルネームの由来を『』の登場人物にあるのではないかと推測しており 、沙織も後に弦之介からの質問に「キャスバルやアズナブルもある」と返している。 いずれもガンダムシリーズの登場人物シャア・アズナブルの偽名または本名である。 アニメ版では、沙織の住所は「神奈川県横浜市北区海手町」となっている。 実際の横浜市に北区や海手町という地名は存在しないが、山手町は実在する。 アニメ版では原作の設定より低めに描かれている。 ただし第11話OPでは原作通りの身長で表示されたが、ビデオ化の際に155cmに改められた。 アニメ版公式サイトの次回予告 や、『』アニメ版第2期とのコラボレーションCM などではこの肩書きが踏襲されている。 本人によると「人間としての名前」。 アニメ版では、黒猫の住所には「千葉県千葉市東天沼町」という架空の地名が設定されている。 物語1年目の冬(第3巻)時点で、3年前から独学で小説作法を学んでおり漫画もこなし 、毎年3社の新人賞にも応募している。 ゲーム制作の経験は未熟だが、制作に必要な技術は一通りこなすことができる。 具体的には長い黒髪、色白の肌、左目の下の泣きぼくろといった初登場時の外見描写 、年齢・身長・体重・スリーサイズの数値 、言動と内面が一致せず分かりにくいと評される性格 、妹がいること 、アニメ鑑賞やゲーム、同人誌が趣味で 、夕方5時30分から放送されている「ディアブロ能力者」が活躍するアニメの熱心なファンであること などが一致する。 なお千夜子は人化の術を会得した(黒い毛並みの猫という意味で)のであり 、また本作の黒猫は五更瑠璃という名を「人間としての名前」であり真名ではないと言い張っている。 (原作イラストを担当するかんざきひろとは同一人物 )はこれを、桐乃に対する強い好意の現れを意図したデザインであるとしている。 国会議員か地方議員かは不明。 原作では、母親の仕事を手伝った際に講演を聞いた、テレビ番組にも出演している著名なジャーナリストから、こうした内容を聞かされたと説明されている。 アニメ版では両親への言及が避けられており、「著名なジャーナリストがテレビのニュース番組で言っていた」という趣旨の内容に変更されている。 原作第4巻第1章に当たるアニメ版第10話では、原作にあった喫煙の描写 がカットされており、何が理由で補導されたのかは曖昧な描写になっている。 ドラマCDおよびアニメ版では、加奈子とメルル、および作中でメルルを演じる登場人物である星野くららには、いずれも田村ゆかりがキャスティングされている。 具体的には、オタク趣味を悪く言ってしまったせいで気まずくなっていた桐乃へのプレゼントを探すことに必死になっていたあやせにより、京介の協力の元、コスプレコンテストの優勝賞品を獲得する目的で、モデルの仕事に興味を持っていた加奈子を半ば騙す形で出場させたというもの。 ただし後述のように、あやせは実際に加奈子を自分のモデルの事務所に推薦している。 一度のみ桐乃の兄として顔を合わせているが 、京介の主観によれば、顔は忘れられており変装には気づかれていないとしている。 いずれの場合も京介は赤城浩平の性や名を偽名として用いていたが 、加奈子と浩平の間には交流がない• 萌え系のライトノベルも扱う雷撃文庫編集課と、女性向けのケータイ小説を担当するモバイル書籍課は同じ人員で構成されているが、対外的なイメージを考慮して名義を使い分けている。 アニメ版での車両モデルは• 桐乃からは「かなんかの生まれ変わり」とも評されている。 出典 [ ]• 、10頁。 、該当時間18分18秒目。 「あとがき」小説第1巻、270-271頁。 小説第5巻、259頁。 「Character file. 02」小説第1巻、76頁。 小説第3巻、296-297頁。 、62頁。 小説第2巻、235-236頁。 小説第1巻、14頁。 小説第5巻、26頁。 小説第1巻、249-250頁。 小説第1巻、289,291頁。 小説第2巻、16頁。 小説第5巻、276-277頁。 小説第2巻、191-192頁。 小説第4巻、116,136-137,154,268頁。 小説第5巻、162頁。 小説第8巻、23頁• 小説第11巻、第2章。 小説第11巻、第3章。 小説第12巻、203 - 204頁。 小説第12巻、366頁。 「Character file. 01」小説第1巻、75頁。 2016-07-26. 2016年7月26日閲覧。 小説3巻、151頁。 小説第1巻、196-197頁。 2010年10月2日閲覧。 小説第1巻、117頁。 小説第1巻、240頁。 小説第2巻、348-350頁。 小説第1巻、241頁。 小説第7巻、205頁。 小説第6巻、74頁。 小説第1巻、243頁。 小説第1巻、266頁。 小説第2巻、368頁。 小説第4巻、282頁。 小説第5巻、291頁。 小説第12巻、第五章。 小説第3巻、211頁• 小説第1巻、28,32,244,255頁。 小説第1巻、227頁。 小説第1巻、246-247頁。 小説第1巻、237頁。 小説第1巻、224-225頁。 小説第1巻、215,218,220頁。 小説第1巻、199,253頁。 小説第1巻、250頁。 小説第1巻、246-261頁。 小説第2巻、330頁。 小説第1巻、257頁。 小説第2巻、15頁。 小説第2巻、338頁。 小説第1巻、252-253頁。 小説第1巻、22-23頁。 小説第4巻、154頁。 小説第3巻、132頁。 小説第1巻、84頁。 小説第2巻、99頁。 03」小説第1巻、130頁。 小説第2巻、初版、174頁。 小説第2巻、第11版、174頁。 、11頁。 小説第2巻、107頁。 小説第1巻、119頁。 電撃オンライン. 2010年5月10日. 2015年10月14日閲覧。 「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」アニメ公式サイト. 2010年7月23日. 2015年10月14日閲覧。 小説第5巻、第1章。 小説第7巻、96頁。 小説第10巻、193頁。 小説第12巻、367頁• 08」小説第2巻、178頁。 小説第6巻、232-233頁。 小説第3巻、79頁。 小説第1巻、120頁。 きりりん 2010年9月9日. 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 公式Twitter. 2010年11月11日閲覧。 小説第3巻、72頁。 「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」アニメ公式サイト. 2010年8月10日. 2015年10月14日閲覧。 「Character file. 04」小説第1巻、183頁。 小説第6巻、150頁。 小説第7巻、188頁。 小説第1巻、174頁。 小説第5巻、75頁。 小説第1巻、第3章。 小説第6巻、第3章。 小説第1巻、174-175頁。 小説第6巻、197頁。 小説第6巻、133-137頁。 、該当時間7分42秒。 小説第6巻、147-163頁。 、該当時間11分51秒-13分01秒。 小説第6巻、135,146頁。 小説第6巻、196頁。 きりりん 2010年8月11日. 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 公式Twitter. 2010年10月22日閲覧。 黒猫 2010年8月11日. 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 公式Twitter. 2010年10月22日閲覧。 、該当時間1分23秒目• 05」小説第1巻、184頁。 小説第4巻、124頁。 「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」アニメ公式サイト. 2010年10月29日閲覧。 トレーラー. とある魔術の禁書目録II 公式. 2010年10月30日閲覧。 小説第4巻、164頁。 小説第1巻、170頁。 小説第2巻、268頁。 小説第8巻、139,277頁。 小説第3巻、39,293頁。 小説第3巻、248頁。 小説第5巻、91頁。 小説第3巻、46-49,251-252,259頁。 小説第5巻、199頁。 小説第8巻、273頁。 小説第12巻、179頁。 小説第1巻、161頁。 、154頁。 小説第2巻、259頁。 、218頁。 小説第1巻、166頁。 小説第3巻、18,45頁。 、83頁。 小説第3巻、67-68頁。 、241-243頁。 、29頁。 小説第6巻、58頁。 06」小説第2巻、88頁。 小説第2巻、347頁。 小説第2巻、282頁。 ASCII. 2010年7月13日閲覧。 、14頁。 小説第2巻、338頁。 小説第2巻、319頁。 小説第2巻、320頁。 、該当時間12分43秒-13分16秒。 小説第2巻、322,323,326,335,341頁。 小説第2巻、342,347頁。 小説第2巻、323頁。 小説第2巻、364-365頁。 小説第10巻、347頁• 小説第12巻、127頁• 小説第5巻、251頁。 小説第14巻、265頁。 「Character file. 07」小説第2巻、89頁。 小説第4巻、76-80頁。 小説第7巻、48頁。 小説第4巻、74,79頁。 小説第2巻、第1章。 小説第10巻、110-112頁。 、該当時間27分40秒。 「Character file. 09」小説第5巻、60頁。 小説第4巻、221頁。 小説第4巻、229-233頁。 小説4巻、247-248頁。 小説5巻、88頁。 小説第5巻、90-91頁。 小説7巻、202頁。 小説第5巻、95,111頁。 小説第5巻、128頁。 小説第5巻、115-117頁。 小説第5巻、237-238頁。 小説第5巻、162-164頁。 「Character file. 14」小説第8巻、118頁。 小説7巻、127頁。 小説5巻、94頁。 小説第7巻、199-200頁。 小説第3巻、265-266頁。 小説第3巻、244頁。 小説第3巻、305-306頁。 小説第3巻、267-268頁。 小説第3巻、第4章。 小説第5巻、169頁。 小説第5巻、167頁。 小説第7巻、167-169頁。 小説第3巻、290-291頁。 電撃オンライン 週刊 俺の妹P. 2頁 2011年1月7日. 2015年10月14日閲覧。 、該当時間13分53秒目。 小説第4巻、78頁。 小説第7巻、20頁。 小説第7巻、230頁。 「Character file. 14」小説第8巻、118頁。 小説第7巻、226頁。 小説第7巻、231-232頁。 小説第7巻、229頁。 小説第7巻、235-237頁。 シーン: 黒猫編090 束の間の安息. 2011-01-27• 「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」アニメ公式サイト. 2015年10月14日閲覧。 小説第9巻、16頁。 小説第9巻、67-68頁。 竹達彩奈, 花澤香菜 2010年11月26日 SWF. ラジオ番組. 該当時間: 1分6秒-3分08秒. 小説第9巻、73頁。 小説第9巻、13頁。 、該当時間4分13秒目。 小説第7巻、142頁。 小説第9巻、18-19頁。 小説第14巻、264頁。 「Character file. 12」小説第6巻、66頁。 小説第6巻、51頁。 小説第4巻、75頁。 「Character file. 13」小説第6巻、280頁。 小説第6巻、第4章。 小説第6巻、226頁。 小説第6巻、224頁。 小説第6巻、227,270頁。 小説第6巻、264頁。 2015年10月14日閲覧。 「あとがき」小説第4巻、297頁。 、59頁。 、61頁。 参考資料 [ ]• 原作小説• 『』第1巻、〈〉、2008年8月10日。 『』第2巻、〈〉、2008年12月10日。 『』第3巻、〈〉、2009年4月10日。 『』第4巻、〈〉、2009年8月10日。 『』第5巻、〈〉、2010年1月10日。 『』第6巻、〈〉、2010年5月10日。 『』第7巻、〈〉、2010年11月10日。 『』第8巻、〈〉、2011年5月10日。 『』第9巻、〈〉、2011年9月10日。 『』第10巻、〈〉、2012年4月10日。 『』〈〉、2009年10月10日、初版。 16』第3巻第6号、、2010年11月、 4910163991106、16399-11。 『 Vol. 19』第19巻第2号、、2010年12月、 4910164600113、16460-01。 CloseUp NetTube• ; 小原一哲; 2008年10月17日. インタビュアー:かーず. CloseUp NetTube.. の2011年4月26日時点におけるアーカイブ。 2010年7月13日閲覧。 ; 小原一哲; 2008年10月23日. インタビュアー:かーず. CloseUp NetTube.. の2011年4月26日時点におけるアーカイブ。 2010年7月13日閲覧。 ; 小原一哲; 2008年12月5日. インタビュアー:かーず. 2010年7月13日閲覧。 ; 小原一哲; 2008年12月10日. インタビュアー:かーず. 2010年8月31日閲覧。 ; 小原一哲; 2009年4月8日. インタビュアー:かーず. 2010年7月21日閲覧。 ; 小原一哲; 2009年4月10日. インタビュアー:かーず. 2010年7月13日閲覧。 ; 小原一哲; 2009年8月7日. インタビュアー:かーず. 2010年7月13日閲覧。 ; 小原一哲; 2009年8月14日. インタビュアー:かーず. ノトフ、geek. 2010年7月13日閲覧。 ; 小原一哲; 2010年1月7日. インタビュアー:かーず. 2010年8月12日閲覧。 ; 小原一哲; 2010年1月14日. インタビュアー:かーず. 2010年6月2日閲覧。 インタビュアー:かーず. ノトフ. 2010年8月2日閲覧。 ; 小原一哲; 2010年5月7日. インタビュアー:かーず. ノトフ. 2010年9月13日閲覧。 インタビュアー:かーず. 2010年11月6日閲覧。 ; 2010年11月10日. インタビュアー:かーず. 2010年11月11日閲覧。 アニメ配信• インターネット番組. 2010年10月10日閲覧。 インターネット番組. 2015年10月14日閲覧。 インターネット番組. 2010年10月24日閲覧。 インターネット番組. 2010年10月31日閲覧。 インターネット番組. 2010年11月7日閲覧。 インターネット番組. 2010年11月14日閲覧。 インターネット番組. 2010年11月21日閲覧。 インターネット番組. 2010年11月28日閲覧。 インターネット番組. 2010年12月5日閲覧。 インターネット番組. 2010年12月12日閲覧。 インターネット番組. 2010年12月19日閲覧。 インターネット番組. 2010年12月26日閲覧。 インターネット番組. の2011年5月11日時点におけるアーカイブ。 2011年2月22日閲覧。 インターネット番組. の2011年4月14日時点におけるアーカイブ。 2011年3月29日閲覧。 インターネット番組. の2011年5月12日時点におけるアーカイブ。 2011年4月26日閲覧。 関連項目 [ ]•

次の

声優になるには

おれいも 声優

解説 [ ] は特記のない限り版・アニメ版共通。 作中では物語の進行にともない時間が経過しており、小説第5巻以降からは全員が1学年進級しているが、学年などの設定は特に説明がある場合を除いて物語登場時に準拠する。 原作では各キャラクターの身長やプロポーションが設定されているが、アニメ版では登場人物間のバランスを取る都合上、身長の設定が変更されており、厳密な数値は定めない方針となっている。 一方、アニメ版は2010年以降が舞台となっており登場人物の具体的な生年も設定されているが 、原作では具体的に西暦何年の出来事であるのかを曖昧にする方針が取られており 、生年は設定されていない。 本項では、ゲーム版『』を『俺の妹P』と省略する。 高坂家 [ ] 本作の中心人物である兄妹と、その家族たち。 兄妹は容姿や表面的な性格はまるで似ておらず 、物語開始時点では冷え切った関係となっており、その後の展開を経た後も会えば舌打ちを飛ばし合い、口を開けば刺々しい言葉を交わす間柄で、京介の主観では仲の悪い兄妹として認識されている。 ただし第三者である他の登場人物たちからは、しばしば良好な関係のように評されたり、内面的にはよく似た兄妹だと指摘されたりする こともある。 「」も参照。 高坂 京介(こうさか きょうすけ) 声 - 、(幼少期) 身長175cm、体重60kg。 本作のにして、この物語の。 高校2年生。 一人称は「俺」。 取り立てて長所も短所もないが、本人はであることを美徳であるとして肯定的に捉えている。 能動的な性格ではないが、一度決めたことは恥をさらしてでも貫き通す責任感の強い一面や、自棄になると暴走したりするような感情の起伏が激しい一面もある。 周りからの印象は「お節介焼きのお人好しだが少し鈍い」というものでほぼ一貫している。 内面的には年相応の欠点もあり、しばしば心の中で読者に対して悪態をつく一面もあるが、あまりそれを表には出さない。 妹・桐乃からは何が原因かは覚えていないものの一方的に蔑まれるような関係となっており、また京介自身も非凡な才能を持つ妹への嫉妬心を抱いていたが 、玄関で『』のDVDケースを発見したことから妹の誰にも知られたくない秘密を知ってしまう。 当初は系に対して相応の偏見を抱いていたが 、沙織達との交流を経て、それが理解はできなくとも否定されるようなものではないと考えるようになり 、桐乃の趣味を擁護する立場となる。 その後は次第にそうした趣味を平凡な日常の延長として受け入れるようになり 、3年生に進級後は黒猫とともにゲーム研究会の部員となり、夏休みの後半には恋人同士にもなっている。 幼馴染の麻奈実とは気心の知れた間柄で 、友達以上恋愛未満の関係を続けることを望んでいるが、後には黒猫との恋愛関係も物語上の争点となっていく。 好きな女性のタイプはあやせのような黒髪ロングの女性で 、あやせの前では下心を露わにしてしまう一面もある。 また、には並々ならぬこだわりがある。 基本的に自分に関してあまり高い評価を下していないが、実際のところその飾り気の無い優しさやなりふり構わない捨て身の行動が周りに好印象を与えており、求心力は本人が思っている以上に高い。 またの気があり、関わった女性からは大なり小なり好意を持たれてるため、最近は沙織から「女たらし」と糾弾されることもある。 クラス委員だった中学3年生の時は学内で発生する小事件を積極的に解決しており、桐乃からもスーパーヒーローのような扱いを受けていた。 ある時不登校児だった櫻井秋美を登校させるため、さまざまな無理難題を押し付けられたが、それらをすべて実行。 その結果、櫻井は登校するようになった。 しかし、その年の林間学校で櫻井は怪我を負ってしまい、そのまま転校してしまう。 また、同時期に京介の祖母が他界するという不幸が続き、麻奈実から『平凡な男の子』と言われたことによって、必要以上のおせっかいを焼くことは少なくなった。 しかし、それが自分を憧れの目線で見ていた桐乃から幻滅されるきっかけになってしまった。 高校3年の冬には黒猫、あやせ、加奈子、櫻井といった女子に好意を持たれハーレムのような状態であったが、それらをすべて拒否して桐乃に 「俺と、結婚してくれええええええええええええええっ!」と告白。 桐乃はそれを受け入れ自身が決めていた留学も取り消すが、桐乃からの提案を受け容れる形で クリスマスから卒業式まで限定で恋人になる、 卒業したら普通の兄妹に戻るという約束をする。 責任感が強く、父と桐乃のことで喧嘩になった際桐乃のことを庇う一面を見せている。 4月8日生まれ。 本作のヒロイン。 京介の実妹で、物語を引っ張る人物。 中学2年生。 ライトブラウンのロングヘアで、ピンク色のヘアピンをつけている。 ハンドルネームは「 きりりん」。 兄と違って人目を惹き付ける美貌に恵まれ 、の専属モデルとしてかなり高額の報酬を手にしている。 また学力は県内でも指折りの成績を持つ生徒にして 、スポーツでも陸上部のエースと非の打ち所がない。 本人も何が契機かはよく覚えていないながらも萌えアニメや男性向けの美少女ゲーム、特に「妹もの」と呼ばれるゲームを、成人向けか否かを問わず こよなく愛し、ニュースサイトを巡回して気に入った物を見つけてはモデルの報酬を使って衝動買いをしている。 しかし世間の目が気になり趣味を分かち合う相手を得られず悶々としていたところ、兄に秘密を知られてしまい、不本意ながらも兄に相談を持ちかけることになり、その後京介をオタク趣味の世界へと引き込んでいく。 表向きの生活と裏のオタク趣味との間は、どちらも不可分な自分の一部であるとして真剣に思い詰めており、作中では幾度かその板挟みに直面しつつも、決して一方を切り捨てないことを決意し 、京介からその背中を押されることになる。 かつては京介に対してほとんど無視に近い対応をとっており、その後も刺々しい言葉を浴びせ、腹立たしい時にはつい本心とは異なる言動を取ることもあるが 、徐々に心を開いていく。 京介のことを兄と呼ぶことは滅多になく 、基本的には「あんた」だが、改まった時には「兄貴」、また最近では「京介」と呼び捨てながらも心情に変化が見られる。 中学3年次のクリスマスで京介に告白されたが、もし告白されなかった場合は、自分から告白する予定だった。 麻奈実とは小学生低学年の頃は京介を通して付き合いがあったようで櫻井の件があって以降は強く敵視している。 卒業式の日に殴り合いの喧嘩にまで発展し、麻奈実からは「気持ち悪い」と罵倒される。 小学生のころはお兄ちゃん子であり、京介の幼少期の写真を集めて自身の収納スペースのアルバムにすべて保存していた。 また、その時に未来の自分が京介みたいなヒーローになれずに落ち込んでいた時のために、励ましのメッセージをiPodに録音していた。 何事も一生懸命で、一度決めたことには全力で取り組むという努力家でもあり、小学生低学年時代は運動が苦手だったのを奮起して躍進したという経緯がある。 その一方で想定外のトラブルに対しては非常に脆く、しばしば年相応の弱さを露呈してしまうという弱点があり 、窮地に追い込まれてしまうことがある。 また、父親に似ている部分があり口が堅く一度やるといったことはやる。 現実とフィクションはきっちり区別する主義。 食事の際は、話しかけられるとちゃんと答えるがそれ以外では基本黙って食べる。 高坂 大介(こうさか だいすけ) 声 - 高坂家の主で、京介・桐乃兄妹の父。 仕事は警察官。 京介によると「極道面」 で「頑固」。 有言実行を信条としており 、京介や桐乃に対してもそのようであるようにと教育している。 非常に隙がなく、京介にとっては畏怖すべき父親であり、桐乃はもちろん 京介にとっても腕力では太刀打ちできず 、また嘘や誤魔化しも通じない相手として恐れられている。 桐乃の目つきや雰囲気は父に似たといい 、また一度決めたことを貫こうとする兄妹の性格は父親の影響でもある。 桐乃がモデルの仕事をしていることについては、その内容をよく確かめた上で、学業やスポーツと両立させることを条件に認めている。 一方、ゲームやアニメといったオタク趣味に対しては当初「悪影響しかないくだらない趣味」 といった強い偏見を抱いており、桐乃の趣味を知った際にはそれら全てを取り上げて捨てようとした。 しかし体罰を辞さない説得をもってしても、桐乃を庇おうとする京介の決意を挫くことはできず 、その後は関連事項についてチェックしつつも事態を静観している。 普段は厳格な父だが我が子を溺愛しており、特に桐乃に対しては幼少からの写真や嫌っていたモデルの写真までスクラップブックに貼付してある。 原作では名前で呼ばれる場面がなく「親父」「お父さん」と呼ばれているが、アニメ版では名前や読みが明かされている。 原作ではメインキャラの中で唯一素顔が明かされず、12巻のカラー口絵の集合イラストでも彼だけは目から上が描かれていなかった。 彼の性格は隠れた形で京介等に影響を与えており、桐乃の口の堅さや京介の責任感の強さに現れている。 高坂 佳乃(こうさか よしの) 声 - 京介・桐乃兄妹の母で、。 部屋に入るときにノックをする習慣がなく、たびたび京介を困らせている。 京介がを隠していた場所を全て探し当て、隠すのを諦めさせたという経歴がある。 また口が軽く、プライベートな事柄も周囲に言いふらしてしまうため、桐乃からは相談相手として信頼されていない。 京介はどちらかというと母親似である。 夫・大介も時として頭が上がらない時がある。 得意な料理はカレーだが、実際のところは作るのが楽という面倒くさがった理由。 桐乃が兄のことを呼び捨てにし始めたことで兄妹の仲を勘ぐり始め、パソコンサイトでの相談を会し禁断の仲を疑った(ただし、その裏には別の意図があり本気かどうかは不明)。 原作では「お袋」「お母さん」と呼ばれており、名前や読みはアニメ版で明かされた。 アニメ版では原作のイメージよりも若々しい母親として描かれている。 原作では10巻で初めて素顔が明かされている。 田村家 [ ] 高坂家の近所 に住む一家で、高坂兄妹と同じ年齢の姉弟とその両親、祖父母の6人家族。 古めかしい和風建築の佇まいの 「田村屋」という和菓子屋を営んでおり、若い女性客にも好評を博している。 京介は幼い頃からこの一家との親交があり家族同然に迎えられているが、桐乃は彼らと距離を置いている。 ショートヘア。 京介の同級生。 彼のでもあり、その付き合いは十年以上にもなる。 若干気味だが成績は良く、図書館で京介に付き合って勉強しているお陰で京介は成績を落とさずに済んでいる。 かと言って恋愛関係に進展する気配もなく、京介によると「隣にいてくれると、なんとなく心地よい」関係で一番の相談相手でもある。 もっとも浩平を始めとする同級生や京介の母などからは付き合っていると思われており、桐乃からも「デレデレしている」と見えている上、過去に京介が起こした事件の結果を麻奈実のせいであると勘違いしたため、一方的に拒絶されており、また麻奈実の側も京介との関係を進展させようとしている素振りを見せることもある。 だが、たまに自分の孫のように扱っているような場面が多々見られる。 菓子作りを始めとして料理が得意。 眼鏡をかけていて、裸眼では視力0. 1以下になる。 の発音が苦手で棒読みになる。 彼女を敵視している桐乃からは「 地味子(じみこ)」と呼ばれている。 京介に「おまえって、畳のにおいがするよな。 身体がでできてんじゃねーの」と言われたとき、いきなり泣いてしまったことがある。 黒猫に、「」と識別される。 京介にとって、派手で非凡で相手をしていて疲れる桐乃とは正反対の存在として対比される人物。 京介との間でサブカルチャー関係の話題が交わされることはほとんどないが、桐乃に関する相談事が話題になることはある。 後に京介を介してあやせ 、黒猫 と面識を持つようになり、特にあやせとは親密に情報を交換している。 さらにあやせを介して加奈子と知り合い、料理を教えている。 黒猫やあやせや加奈子が京介に対して好意を持つことに対しては好意的にみているが、京介と桐乃が恋愛関係になることに対してだけは否定的な考え方をしている。 京介と桐乃の『約束』が卒業式の日までであることを知っていたのか知らなかったのかは不明だが、あえて本人たちの前でそれを告げている。 麻奈実の弟。 中学2年生で桐乃とは同学年だが、学校が違う。 京介には小学校の頃に大恥をかきそうになったところを助けられた恩もあって懐いており 、調子に乗ってはよくどつかれている。 姉に劣らず天然気味の性格で、流行を追いかけ洋楽に入れ込んではいるが 、に憧れて床屋に行くもののにされてしまったり 、ギターを始めようとするものの金銭的な問題からで妥協したりと 、垢抜けない。 自分の髪型がスキンヘッドではないことに気が付かず格好をつけて「ロック」を名乗るが 、京介に間違いを正された後も自称は渾名となり 、以降も京介から「ロック」と呼ばれ続けている。 のSNSコミュニティに参加しオフ会にも行っており 、そのことが麻奈実と京介を経由して桐乃を「オタクっ娘あつまれー」のコミュニティに参加させる間接的なきっかけとなる。 現在はコンタクトレンズを使用しているが、過去には黒縁の眼鏡をかけていた時期もあり 、久しく顔を合わせていない桐乃からは「怒りっぽいメガネくん」という印象を持たれている。 京介から携帯に電話がかかってきたとき、クセで営業トークになっている。 麻奈実の祖父 声 - 麻奈実・いわお姉弟の祖父。 やや若々しくノリのいい性格。 死ぬ前に麻奈実と京介を結婚させたがっている。 死臭に似た加齢臭の持ち主で、の予行では迫真ので京介と麻奈実を驚かせたことがある。 年を取る毎に抜ける頭髪を大変気にしており、妻の「髪の毛を抜く」というセリフに大変怯え、頭髪を「髪の毛様」と崇めている。 麻奈実の祖母 声 - 麻奈実・いわお姉弟の祖母。 京介が来るたびに麻奈実の婿とはやし立てる。 しばしば老衰を引き合いにして京介を困らせる夫に辛辣なツッコミを入れている。 麻奈実の父 第3巻に登場。 麻奈実・いわお姉弟の父。 夫婦で田村屋の店員をしている。 店の仕事を無条件に京介に手伝ってもらおうとするなど 、京介との面識が深い。 高坂兄妹の「裏」の友人 [ ] 桐乃が入会したSNSのコミュニティ「オタクっ娘あつまれー」の参加者たち。 を通じ、メンバーのうち沙織と黒猫の二人は京介と桐乃にとっての共通の友人となり、その後も同人誌即売会に同行したり、高坂家に招かれたり、何かあった時には親身になって協力してくれたりと、オフでも親しく交流がある。 のちに京介や桐乃の「表」の友人ともかかわりを持つことになる。 15歳。 中学3年生。 「オタクっ娘あつまれー」の管理人で、作中では「沙織・バジーナ」というハンドルネームを名乗っている。 約180cmの長身にジーンズ、ぐるぐるをかけて頭にを巻き、丸めたが挿さったリュックを背負うというステレオタイプなファッションが特徴で、桐乃たちの前ではいかにもオタクっぽい口調の人物として振る舞っている。 自慢はスリーサイズがと同じであるということ。 面倒見は良く、皆のムードメーカー的存在であり 、常に周囲への気配りを怠らない性格。 なかなかに馴染めない様子であった桐乃と黒猫を二次会に誘ったことをきっかけに 、桐乃に同行していた京介とも知り合い交友を深めていく。 姉や両親のつてによる豊富な人脈を持ち、出版業界にもコネを持っている。 実は大富豪の令嬢であり 、オフの場で普段見せているオタクっぽい恰好や振る舞いはキャラ作りの一環。 沙織本人によると、自分を鼓舞してコミュニティを結成するまでは引っ込み思案な性格であったといい、家族の縁故に頼らず独力で結成したコミュニティに対して強い愛着を抱いている。 自宅は高坂家からは離れており、原作では千葉県外にある海沿いの高級住宅街とされ 、アニメ版では在住であると設定されている。 親元を離れ、親の資産であるマンションを一棟丸ごと借り切って住んでおり、部屋中にや、のや、美少女などといったコレクションを陳列している。 アニメ版では執事やメイドを伴っている描写がある。 作中2年目からは高校に進学しており、通学先は名の知れたお嬢様学校であるという。 香織という姉がおり、沙織の趣味や人脈、コミュニティに対する接し方は姉から大きな影響を受けているが、現在は結婚して海外で暮らしている。 生まれ。 中学3年生。 作中では「黒猫」というハンドルネームを名乗っており 、第5巻にて本名 が明らかになった後も、京介からは基本的に黒猫と呼ばれている。 や個人も持っているなど桐乃以上のオタクであり、またの世界大会で上位入賞 するほどの凄腕ゲーマーでもある。 長い黒髪が綺麗な美少女ではあるのだが、やや他人を見下すような発言や、自分をフィクションのの登場人物と同一視するかような痛々しい言動が多く、またする傾向もあり、交友関係は少ない。 左目の下に泣きぼくろがある。 「オタクっ娘あつまれー」のオフ会でファッションに身を包んで参加するが桐乃と同様、場の雰囲気に馴染めず浮いていたところを沙織の仲介で二次会に参加。 その席で毎週楽しみにしているアニメ『』を桐乃に誹謗されたことから激しい口論となるが 、桐乃と同様に趣味について熱く語り合える相手を欲していた感情がこの口論で満たされたためか、その後は互いを「」「」などと貶し合いつつも喧嘩友達としてそれなりにうまく行っている。 好意や感謝を素直に表現できない性格である。 また、幾つかの出来事を通して京介との関係も進展していき、京介に対する恋愛感情 も物語に影響していく。 作中2年目からは京介や麻奈実と同じ高校に進学しゲーム研究会に籍を置くようになる。 物語の開始当時、家は高坂家の近所にあり 、昭和の香り漂う平屋建ての借家であった。 父親の転勤での社宅に引越しし、高校も転校した。 普段は家事をしつつ創作活動をしたりバイトをしたりと、それなりに忙しい模様。 創作活動には特に力を入れているが 、その内容については酷評されており 、自身が描きたいものと売れ筋との乖離を感じている。 作中2年目の夏休みに京介に告白し、恋人同士になったものの、それは桐乃の京介に対する本心を引き出すことが目的であった。 桐乃の気持ちを知ったうえで京介に自分を選んでほしいと思っていたが、黒猫自身が答えを聞くことを拒んだため、その場は結論が出なかった。 クリスマス直前に京介と二人で会話を行い、京介は桐乃に正式に告白することを決意していたため、付き合えないと言われた。 その後自分の理想の世界を描いたとされる運命の記述(デスティニー・レコード)を自ら破り捨てた。 スピンオフの漫画版では小説8巻からの分岐で京介と交際が続いて結婚、悠璃、璃乃という子供をもうけており、第3子を妊娠している。 また、同じ作者による作品『』の主要登場人物である東雲千夜子とは、口調や性格や外見的特徴が一致し 、一時期は同一人物ともによる別人とも解釈できるように描写されたこともあった。 詳細は「」を参照。 桐乃の「表」の友人 [ ] 桐乃が通う中学校の友人たち。 似た者同士でグループを作っている。 桐乃にとって仲の良い友人たちだが、自分のオタク趣味については隠そうとしている。 桐乃の同級生で親友。 桐乃と同じくティーンズ誌のモデルをしている。 桐乃にはモデルの仕事に不慣れだった頃に助けてもらったり、また勉強を教わったりと公私共に世話になっており 、憧憬に近い感情を抱いている。 明るく人当たりのいい性格だが、やや考えすぎる傾向があり思い込みが激しい。 黒髪を長く伸ばしており 、桐乃とは左右を逆にした揃いの髪型にしている。 当初は高坂家に遊びに来た時に京介と知り合い、京介と桐乃の関係を良好なものと思っていい感情を持っていた。 その一方で父が 、母が会長 といった家庭環境や、やや潔癖な性格もあってゲームが犯罪を引き起こすという言説に感銘を受けており 、オタクに対しては「犯罪者予備軍」 「穢らわしくておぞましい趣味」 といった強固な偏見や生理的嫌悪感を抱いている。 そのため桐乃の趣味を知ったときはひどくショックを受け、親友を思う気持ちから悪習から足を洗うよう厳しく迫り 、一時は絶交状態にまで陥ってしまう。 その後京介の説得で和解しその趣味についても黙認するようになるが、一方その説得方法が原因となって今度は京介と微妙な関係になってしまい顔を会わせるたびに辛辣な言葉を投げかけるようになる。 ただし、実際にあやせ本人が京介の真意を理解しているかはぼかされているものの、京介は自分がオタク趣味への嫌悪感を当てる材料として利用されていると解釈しており 、桐乃の事情を知る友人として、彼女が困っている時には渋々ながら京介と協力関係を結ぶこともあるなど、紆余曲折を経ながらも京介との人間関係を維持している。 次第に京介を気にするようになっていく。 京介の一人暮らしの際には率先してごはんを作ったり世話を焼いたりしており、ストーカー騒動の後で京介に告白した。 しかし、京介は桐乃に告白することを決意していたため、あやせの告白を受け入れなかった。 原作では京介との関係が良好だった頃に、彼を介して麻奈実と知り合っており 、その後も連絡を取り合っている。 ifストーリー第1作のメインヒロイン。 京介と結婚後、ちとせという娘を授かる。 桐乃の同級生の友人。 小柄な体格で、髪型は。 初めて会った京介にも怖じず、今時の女子中学生らしく思ったことをすぐ口にする性格。 また唯我独尊としており口調も乱暴で、あやせや京介もその扱いに困惑することも多い。 ただヒネている一方で真面目な芯も持っている。 アイドルを志しているようでダンスレッスンやカラオケで練習などをしており、オーディションなどにも幾度か出ている。 その成果もあって、歌唱力や踊りは一般のそれを凌駕している。 中学生でありながら喫煙の習慣があり、作中で一度補導されているが 、後に禁煙する。 ファンからの愛称は「 かなかな」。 コスプレは仕事と割り切っているが 、元々目立ちたがり屋な性格でもあり、自分を崇拝してくれるファンたちは、たとえ気持ちの悪いオタクであってもかわいく思える存在である。 京介とは幾度か顔を合わせているが、京介はその都度マネージャー見習いを装っていたり 、桐乃の交際相手を装っていたりと 、毎回立場を偽っている。 しかし、ライブ会場で桐乃共々目撃したことや本名をばらしたことなどから「桐乃の兄」であることを認識していた。 交流が深まるにつれ、京介を異性として意識するようになる。 その想いが恋愛感情に発展するに至り、ライブでのMCを利用して告白するも、すでに桐乃と恋人関係になっていたため見事に玉砕した。 あやせを介して麻奈実と知り合い料理を習っており、原作10巻では京介に味見をさせている。 劇中アニメ「マスケラ」の原作者でもある「彼方(かなた)」という姉がいる。 宮本 蘭(みやもと らん) 声 - 桐乃の同級生の友人。 桐乃と同じくモデルをしている。 愛称は「ランちん」。 高校の友人 [ ] 京介、麻奈実が通う高校の友人たち。 後に黒猫も同じ高校に進学する。 原作では学校名は明かされていないが、アニメ版では「千葉県立千葉弁展高等学校」 で、学校長は熊野俊也と設定されている。 赤城 浩平(あかぎ こうへい) 声 - 身長177cm、体重73kg。 京介の同級生で、瀬菜の兄。 サッカー部所属。 栗色の短髪が特徴で 、顔立ちも端整。 京介とは憎まれ口を叩きあうぐらいには仲が良い。 京介と麻奈実が付き合っていると思っている。 の気があり、妹のために深夜にもののゲームを買いに行ったり妹のことを「世界で一番かわいい」と豪語する。 また自分のことを臆面もなく「イケメン」と言うなど、少しナルシストな一面もある。 妹がであることを明かして以降は 、京介とはオタクの妹を持つ兄同士の共感で結ばれるようになる。 作中で京介が偽名を名乗るときには、しばしば彼の姓や名を借りている。 ゲーム研究会 [ ] 作中2年目より京介と黒猫が入部した、高校の。 後に作中2年目の夏コミを通じて、沙織や桐乃とも面識を持つようになる。 三浦 絃之介(みうら げんのすけ) 声 - 身長179cm、体重58kg。 第4巻から登場(アニメでは第4話で初出場)。 ゲーム研究会部長。 2次元美少女を愛しており、部室には多数のフィギュアや18禁ゲームを持ちこんでいる。 路上や教室でアダルトゲームを平然とプレイできる価値観の持ち主で 、後輩の真壁からは「奇天烈な変人」「変態」と評されている。 また製作したゲームはややになる傾向があるが、本人はそれをむしろ肯定している節がある。 何度もしており、少なくとも2年以上部長職に就いている。 年齢不詳だがかなり老け顔。 京介からは単に「 部長」と呼ばれている。 なお、部室にあるゲームの制作に必要な機材やソフト、専門書は絃之介がアルバイトで稼いだ私費によって賄われている。 京介たちがゲーム研究会を訪れるまで彼らとの学内での面識はなかったが、かつて京介が桐乃の頼みで深夜のゲーム販売に参加した際に秋葉原で出会っており 、その際の出来事をきっかけに京介のことを気に入っている。 無職の妹がおり、絃之介によれば「」と形容されるような容姿の女性であるという。 ゲーム研究会の女子部員で、浩平の妹。 高校1年生で、黒猫とは同級生でもあり、クラスでは委員長を務める。 眼鏡で巨乳で、垢抜けた雰囲気を持つ。 「きちんとしていないこと」が我慢できない性格で、ややの気があり、自分が気に入らないことは正さないと気が済まない。 あまりオタクらしくない雰囲気を持つが 、その実、やものの作品をこよなく愛す。 時と場所と場合を弁えてさえいれば、浅いオタク趣味は隠すほどのものではないという考えの持ち主だが 、腐女子趣味は恥じて隠すべきものと考えている。 しかしいざ男性同士のカップリングの話になると我を忘れて暴走し、現実の知人男性同士の受け攻めについて熱弁を振るうなどして周囲を唖然とさせてしまう。 ゲーム研究会に馴染んでくるにつれて、部室では腐な趣味を隠すこともなく全開で暴走するようになった。 ゲーム作家志望で、自作ゲームも制作する技術も持ち合わせており、同時にゲームプレイヤーとしての腕もかなりのもの。 またデジタルデータをしただけで「きちんとしていない」部分をなんとなく見抜けるため、能力に非常に長けている。 本人は兄と仲が悪いと言うが 、京介の主観では仲睦まじい兄妹に見え 、認定されており 、実際、落ち込んだときには兄に慰めてもらっている。 桐乃のケータイ小説『妹空』には批判的な感想を抱いていたが 、後に作中2年目の夏コミで桐乃本人と知り合った際には、シスコンの兄を持つ妹同士の連帯感で意気投合する。 桐乃からは「 せなちー」と呼ばれている。 最終的に真壁と付き合うことになった。 真壁 楓(まかべ かえで) 声 - 身長156cm、体重53kg。 第5巻から登場。 ゲーム研究会の男子部員。 高校2年生。 やや童顔。 メンバーでは一番の常識人で、絃之介に対して辛口なツッコミをよく入れている。 当初は瀬菜に好意を抱いていたが、彼女が腐女子だと知ってからは複雑な思いを抱いている。 しかし、結局意気投合し、瀬菜と付き合うことになった。 また、京介と黒猫が付き合っていると思っている。 京介たちの卒業と同時に2代目ゲーム研究会の部長に就任した。 姉がいるが、絃之介が部屋に置いていったのフィギュアを目撃されたり 、やはり彼から借りた実姉もののエロゲーを発見されたりするなど 、幾度か気まずい関係に陥っているという言及がある。 サブカルチャー業界 [ ] 出版業界 [ ] 原作小説第3巻で描かれた、桐乃が書いたを巡る事件において、沙織のコネクションを通じて京介と黒猫が関わることになった出版業界の人物たち。 アニメ版では同エピソードの内容が変更されている。 熊谷 龍之介(くまがい りゅうのすけ) 第3巻に登場。 メディアスキー・ワークス第二編集部の。 モバイル書籍課と雷撃文庫編集課に所属しており 、伊織の担当でもある。 社内での愛称は「ぷーりん」で、おっぱいのような感触であるプリンにちなんでいる。 見た目が「そっくり」と形容されるような外見の 初老の男性で、仕事については一切妥協せず直言する厳格な性格。 一方で萌え業界に明るく、「萌え萌え」とか「〜たん」などの言葉を平気で使う愛嬌もある。 ケータイ小説や同人作品、その他ネット上などに投稿されているアマチュア作品全般には、時に商業作品にはない魅力があると考えており一目置いている。 初期稿では『俺の妹〜』の編集者のひとりをモデルにした「ライトニング」だったが、ボツとなりほとんど別キャラとなった。 ヘンクツ 第3巻に登場。 メディアスキー・ワークス第二編集部の編集者。 ヘンクツは社内の愛称で、本名は不詳。 モデルは『俺の妹〜』のもうひとりの編集者である。 伊織・F・刹那(いおり・フェイト・せつな) 声 - 第3巻から登場。 20代半ばくらいの年齢の女性。 で、この一風変わった名前は両親によって名づけられた本名である。 周囲からはミドルネームで呼ばれているが、本人は自分の名前を恥ずかしく思っており、本名で呼ばれることを嫌がっている。 中性的な背格好の美人であり、男装をすると一見して女性とは分からない。 昔、だった。 原作とアニメ版では異なる立場や役回りで登場する。 原作版 原作では雷撃文庫の作家志願者。 10年間の下積みを経てようやく担当編集者の熊谷から作品を評価され、「 理乃」のでデビューを予定していたが、実はデビュー作の『妹空』は桐乃が書いたケータイ小説の。 投稿サイトで頭角を現しつつあった桐乃に編集者を装って近づき発表前に盗み出したもので、そのため初登場時には京介や黒猫らと敵対する。 後日盗作を認めて和解し、桐乃の口添えで『妹空』『妹空2』の編集作業に協力するものの 、その後の生活は困窮しており 、一度はメディアスキー・ワークスへの就職を志すものの面接で失敗し、で大損するなど借金を重ねている。 一方で黒猫との出会いを通して初心を取り戻し 、前向きな姿勢を貫こうともしている。 売れ筋を見極め他人に助言をするようなことは得意だが、自身の作家としての才能は評価されていない。 以前は黒猫が書く同人誌と似たような傾向の小説を書いており、性格も似ている部分があり、泣きぼくろの位置まで同じ。 作者によれば、彼女は黒猫の「うまくいかなかった未来像」をイメージした人物であるという。 アニメ版 アニメ版第8話に登場。 アニメ版ではメディアスキー・ワークスに勤務する本物の編集者となっており、「理乃」の筆名で雷撃文庫からライトノベルを出版した桐乃を担当している。 第8話では桐乃が執筆した『妹都市』のアニメ化に関する会議に出席するが、内容の大幅な改編が行われようとしていることについて、それは『妹都市』である意味がないのではないかという苦言を述べた。 原作における京介と黒猫と対立するフェイトの役割は、アニメオリジナルキャラクターである三津野が背負っている。 ゲーム『俺の妹P』 ゲーム『俺の妹P』では、桐乃の小説『妹都市』は盗作騒動を経てアニメ化が行われたとされ、原作の出来事とアニメ版の出来事はどちらも起こったことであるという設定がされている。 アニメ業界 [ ] アニメ版第8話では、桐乃が執筆したライトノベル『妹都市』のアニメ化を巡り、アニメ独自のエピソードが描かれた。 一之瀬 真一(いちのせ しんいち) 声 - アニメ版第8話に登場。 アニメ版『妹都市』の監督を任せられている人物。 自身が意見を出す場面は少なく、三津野などの他のスタッフの意見を聞き入れて調整し、方針を決定しようとしていた。 作中には名前で呼ばれる場面がないが、作中で机の上に置かれた名刺に名前や読みが書かれている。 エンドクレジットでは「 監督」と表記された。 三津野 泰三 声 - アニメ版第8話に登場。 アニメ版『妹都市』のシリーズ構成を担当するの男性。 しかし桐乃が書いた原作ライトノベルの内容には批判的で、一度はこの仕事を断っている。 特に女性である主人公が男勝りの活躍を繰り広げて同性から慕われるという設定に合理性を見いだせず、原作に修正を加えた方が視聴者の需要にも沿っており利益にもなるという考えから、桐乃の意向に反して主人公の性別を変更するという修正案を出し、そのため京介や黒猫と対立する。 かつては自身も小説を何冊か出版したことがあったものの、小説家としては成功できなかったという過去がある。 2回目の会議の際にそれらの提案を次々と投げかけ、「僕は全く面白く感じなかった」という発言までして作品を批判するが、黒猫に「(小説の内容が理解できないから)自分の理解できる領域に持っていこうとしているだけの臆病者」と酷評された。 作中では名前で呼ばれる場面はなく、名刺 や書類 に名前が書かれている。 エンドクレジットでは「 構成」と表記された。 星野姉妹 [ ] 作中でたびたび端役として登場している姉妹たち。 メイド喫茶で給仕をしているきらら、声優をしているくららの他にも、同人作家、のアクセサリーショップの店員をしている姉妹たちが登場している。 ドラマCD付属の短編小説「とあるメイド喫茶にて」においてその家族関係が明かされた。 秋葉原のメイド喫茶「プリティガーデン」でメイドをしている女性で、くららの実姉。 バストサイズは90のFカップを自称している。 ドラマCDで初めて名前が明かされた。 アニメでは香織が主宰していたオタクサークル「小さな楽園(プリティガーデン)」のメンバーだったことが明かされた。 星野 くらら(ほしの くらら) 声 - 田村ゆかり 第4巻に登場。 『メルル』によって人気を獲得し、桐乃もそのファンの一人であり、作中では幾度も名前が登場する。 きららの妹であり、サブカルチャー業界に参画することになった原因は姉の影響が大きい。 なお加奈子によれば、見えない所でタバコを吸っているとのこと。 ファッション業界 [ ] 桐乃やあやせがモデルの仕事関係で関わっている人物たち。 藤真 美咲(ふじま みさき) 声 - 第7巻、第9巻に登場。 化粧品メーカー「エターナル・ブルー」の女社長。 元トップモデルという経歴を持ち、デザイナーとしての実績や強引な性格もあってファッション業界における有力者の地位にある。 海外留学に失敗して間もない桐乃を専属モデルとして欧州本社にスカウトしたがっており 、断られた後も諦めずに画策を行っている。 桐乃を御鏡と引き合わせた人物でもある。 御鏡 光輝(みかがみ こうき) 声 - 身長164cm、体重54kg。 第7巻から登場。 桐乃とはファッション関係の仕事仲間。 高校生で、京介とは同い年。 女性的な容姿の男性で、若くして美咲お抱えのアクセサリーデザイナー兼ファッションモデルでもある著名人。 美咲からは個人ブランド「エターナルブルー・シスター」を任されている。 実は隠れオタクでもあり、ファッション業界を志したのはアニメの影響である。 桐乃とも趣味が近く、作中2年目の夏コミで遭遇した際には互いの趣味をカミングアウトし意気投合する。 京介曰く「男版桐乃」。 周囲には隠してはいるもののオタク文化を肯定的に捉え、アダルトゲームを含むオタク文化をもっと世間に広めたいと考えており、その点では桐乃と意見を異にしている。 京介から見て、あまりに桐乃にとって理想の男性像に合致しているかのように見える人物で、京介や父親を動揺させた。 実際に知り合って早々にひと騒動起こすことになるが 、実際のところ御鏡にとって桐乃は恋愛対象として捉えるには荷が重い存在である。 五更家 [ ] 黒猫(五更瑠璃)の家族たち。 原作では第1巻から幾度か言及があるものの、長らく姿を見せる場面がなく、ファンの間ではその正体について関心が寄せられていたが (詳細は「」を参照)、アニメ版第9話に端役として登場した際には『ねこシス』の東雲姉妹とは異なる容姿の少女として描かれた。 その後『俺の妹P』を経て原作8巻にて登場。 京介や桐乃と面識を持つこととなる。 五更 日向(ごこう ひなた) 声 - 黒猫の上の妹。 小学校5年生。 黒猫に対する呼び名は「ルリ姉」。 京介のことは「高坂くん」、桐乃のことは姉の話から「ビッチさん」と呼んでいたが、実際に会って以降は「桐乃さん」、最近では「キリ姉」と呼んでいる。 非常に活発な性格で、姉妹の中でも人見知りしないほうである。 また原作及び『俺の妹P』では五更家を訪問した京介と姉の仲をはやし立て、根掘り葉掘りの質問を浴びせるなど少しませた一面を見せている。 姉である黒猫に対しては自分達の面倒見てくれていることから慕ってはいるものの、痛々しい言動に関しては本気でやめてほしいと思っている。 京介に対しては会う前から姉に話を聞いており、実際に出会った当初は「話に聞いたほどパッとしない人」という印象を持っていた。 しかし彼と接していくうちにその優しさや包容力を知り、思慕にも似た信頼を寄せるようになる。 桐乃に関しては姉が持っていたティーンズ誌の写真で見知っており、姉と友達になってくれたことに感謝の言葉を伝えている。 実際に会った際には彼女の「妹萌え」の発作に巻き込まれることとなったが、それでも彼女のことを気に入っている。 五更 珠希(ごこう たまき) 声 - 黒猫の下の妹。 小学校1年生。 黒猫に対する呼び名は「姉さま」で、姉に対してもで話す。 京介のことは「おにぃちゃん」と呼ぶ。 黒猫は彼女を風呂に入浴させたり 、ぬいぐるみを作ってあげたり 、小学校のに連れて行ったり して世話を焼いている。 彼女もそんな姉を慕っており、小学校の宿題では姉のことを題材に作文を書いている。 日向によれば年の割に非常に洞察力に優れており、黒猫の難解な打ち明け話から彼女が恋していることを見抜いていた。 姉である黒猫の痛々しい言動がすこしうつりかけていて、教育的に良くないと京介は言っているが、黒猫はやめさせようとはしない。 あやせifストーリー編では、ちとせが通う小学校の担任教師 になっている。 「小さな楽園」の関係者 [ ] 過去に槇島香織が主宰していたオタクサークル「小さな楽園(プリティガーデン)」のメンバーたち。 沙織もその一員で、現在沙織が暮らしているアパートを活動拠点にしていた。 香織の結婚後サークルは霧散しているが、メンバー同士の交流は続いている。 槇島 香織(まきしま かおり) 声 - 沙織の姉で、「小さな楽園」のリーダー的存在。 既婚者。 非常に才能豊かな人物で、「器用富豪」と称されるほど。 現在はプロゲーマー。 自由奔放な性格をしており、沙織を差し置いて遊びまわっていた。 刹那主義的な所があるためか、即断実行な所があり周囲をよく振り回している。 沙織からは尊敬と嫉妬を込められて「宿敵」と称されている。 バイク を移動手段として利用する。 来栖 彼方(くるす かなた) 声 - 「小さな楽園」の主要メンバーの一人。 来栖加奈子の姉。 沙織と最も仲の良かったサークルメンバーであり、「沙織・バジーナ」のキャラクターの大部分が彼女の影響によるもの。 また沙織のぐるぐる眼鏡も元は彼方の私物。 香織のサークル脱退後、プロ漫画家デビューが決まったために同じくサークルを脱退した。 同人時代は「月見里がんま」「春日春香」など7つのペンネームを使い分けており、そのPNに応じて作風・絵柄だけでなく性格まで変えている。 普段は子供っぽく人懐っこい振る舞いだが、PSP版では京介を試すような質問をしたり、また間接的に他キャラに対して手を回していたり、ボケたふりしてことの真意を突く発言をするなど底の見えない部分が多い。 『MASCHERA 〜堕天した獣の慟哭〜』の原作者。 現在はマンションで妹と二人暮らしをしている。 真田 信也(さなだ しんや) 声 - 「小さな楽園」の主要メンバーの一人。 来栖彼方の先輩にあたる。 作品開始時より3年前の時点で高校生。 沙織は彼方との関係を先輩後輩の他に幼馴染、恋人と推理していた。 『MASCHERA 〜堕天した獣の慟哭〜』の主人公「来栖真夜」のモデルとなった人物。 星野 きらら(ほしの きらら) 声 - 田村ゆかり 「小さな楽園」のメンバーの一人。 メンバーからは「ほっしー」と呼ばれる。 現在は「プリティガーデン」のメイドをしている。 紅茶を淹れるのがうまい。 第4巻から登場。 イギリス出身の少女。 10歳。 流暢な日本語を話す。 年相応の純粋な性格をしており、『メルル』のことを悪く言われると機嫌を悪くする。 第2回の「メルル公式コスプレ大会」では第2位に入賞し 、その後は加奈子と共に、あやせと同じモデル事務所に入った。 当初は加奈子に反感を抱いていたものの 、その後は良好な関係を築いている。 加奈子を通して桐乃と面識を持つが、桐乃のことをオタク嫌いであると誤解している。 第6巻に登場。 桐乃の留学先でのルームメイト。 12歳。 の世界的な実力者で、世界で一番速い小学生と言われている。 桐乃がスポーツ留学中に唯一勝った相手。 その後桐乃にリベンジをしに日本にやってくる。 日本語は話せるが、桐乃に教わったためコギャルのような話し方になっている。 来日中は高坂兄妹の妹のように振る舞い、京介に対してはフィクションの妹キャラクターのように懐く一方 、桐乃に対しては生意気で手のかかる現実の妹のように接している。 短距離走においては並外れたスタートダッシュを強みとする。 とにかく走ることさえできれば他の娯楽はなくても困らないという価値観の持ち主で 、スポーツを趣味や学業や仕事と同列に置いている桐乃と対比される人物。 作中では、京介と桐乃の関係を描く上での役割も担った。 筧 沙也佳(かけい さやか) 小学6年生の少女。 身長155cm。 あやせの小学校時代の後輩にあたる。 第10巻に登場。 ブログ内では「さやか」を称している。 もっとも当初、あやせは沙也佳のことを覚えていなかった。 将来の夢はプロカメラマンになって、あやせを撮影すること。 御鏡(兄) 御鏡光輝の兄。 金髪の低いハスキーボイスで話す男性。 光輝を自分のマンションに居候させているが、家賃などは全て光輝の収入から出されている。 また家事をする程度で仕事をせず、女を引っかけて金をもらっているため、京介からは「ヒモ」と呼ばれた。 (クラリス) 実在の女子中学生歌手ユニット。 短編「過ちのダークエンジェル」にゲスト登場した。 二人とも加奈子のファンである。 また、実際はこのアニメの第一期「」のオープニング主題歌『irony』と、第二期「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 」のオープニング主題歌『reunion』を担当している。 櫻井 秋美(さくらい あきみ) 声 - 第11巻の、京介の回想(中学3年生時点)、第12巻で登場。 体重41kg(3年前)。 1学期から1度も出席していない不登校児であるが、毎日ゲームセンターに入り浸っている。 ノースリーブのブラウスにネクタイ、チェックのミニスカートにニーソックスというアイドルっぽいファッションを好み、華奢な身体だが胸が大きい。 しかしただパッドを入れているだけであり、実際は貧乳である。 麻奈実曰く「いいとこのお嬢様」らしいが、そうとは思えぬ言動や派手なリアクションが特徴。 学校に登校するように必死で説得してきた京介を最初は煙たがっていたが、そのひたむきで一生懸命な姿に次第に考えを改め、学校に登校するようになる。 アニメには未登場だが、Web版予告編やDVD特典映像に登場した。 影響を受けた作品や人物 [ ] 勝ち気な妹という桐乃のヒロイン像は、編集者の三木が著者の伏見に提案した「先生が描く漫画に出てくるような」というコンセプトが基になっており、伏見は藤沢の漫画『』を読んでそのイメージを反映させた。 対して、田村麻奈実などのサブキャラクターは、伏見の主導で作られた。 登場人物のモチーフとなっている他作品の登場人物として、高坂兄妹の父親である高坂大介のイメージとしてテレビアニメ『』の登場人物である皇帝を 、桐乃の友人である来栖加奈子のモデルとしての漫画『』の登場人物である松岡美羽を挙げている。 なお加奈子については後に、当初の予定以上に性格が悪くなってしまったとして発言を撤回している。 そしてゲーム研究会部長の三浦絃之介のイメージやエピソードは、作中にも登場する個人ニュースサイトの管理人や 、伏見が取材先で出会った人物 、漫画作品の登場人物 などといったさまざまな人物を合成して形作られている。 また沙織については、伏見が以前執筆した作品に登場するオタクの少女から設定を流用していることが明かされており 、『』に登場した登場人物との類似性も指摘されている。 具体的な関連性は明言されていないものの、沙織と前述の宮田怜奈には、長身のお嬢様でオタクという共通した設定が与えられている。 この他にも作中におけるオタク同士の会話では、登場人物やその他の事物に対する比喩表現として実在の漫画、アニメ、ゲーム作品が引き合いに出されたり、セリフを真似る場面が描かれることがある。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 例えばアニメ版の設定では桐乃は(平成9年)生まれ 、黒猫は(平成8年)4月生まれ と設定されている。 自分を客観的に見ていなかったり、読者に対して本心を誤魔化したりすることもあるなど、言動と地の文の心情のが各所に見られ、あまりでもある。 「」も参照。 以前からを数少ない楽しみにしており 、相応の思い入れを垣間見せる場面もあるものの 、趣味と呼べる程のものではないとしている。 厳格な家庭で育ったために当初はどころかすら所持していなかったが 、桐乃の趣味を知るようになってからは桐乃からノートパソコンを借りており、また第5巻では沙織に古くなったデスクトップパソコンを譲ってもらっている。 当初はオタク趣味に対して抵抗感を持ってはいたものの 、巻を追うごとにセリフや地の文もその影響を受けている。 例えばのや、漫画・ゲームのパロディと思しきセリフが増えているなど。 エロゲーでは真っ先にそのタイプを攻略するようにしている。 ただしやや丸顔であることを気にしている。 丸顔という設定はかんざきひろの挿絵イラストから反映された部分であるとされる。 中学生である桐乃が、18歳以上でなければ購入できないことになっている はずのをどのようにして入手しているのかと問われる場面では、桐乃はその手段を「秘密」であると答えている。 買い込んだグッズはリフォーム前の名残である、本棚の裏の押し入れに隠している。 「」を参照。 ただし京介の主観では、目に見える形では桐乃との関係は変わっていないとされ、桐乃の本心を掴みかねている一面もある。 「」も参照。 作中において、特に桐乃の私物の大半を占めるアダルトゲームの所持を認めるか否かで京介と父親の間では妥協点を見いだせなかったが、原作では殴られてもなお桐乃を庇い続ける京介を見て、漫画版およびアニメ版では桐乃を庇い続ける京介を殴って黙らせた後でと細部の経緯はやや異なるものの、いずれにせよ形式上は京介が桐乃を庇うためについた嘘を鵜呑みにする形で 父親側が矛を収めた。 原作において京介は、筋道立てた論旨こそ皆無ではあっても必死の嘆願によって自分の気持ちが伝わったことや 、有言実行を信念としている父親から勢いであれ「勝手にしろ」という発言を引き出せたことが勝因であると考えている。 現在はベッドの下に隠していることを吹聴しており、桐乃を通して他の登場人物の知るところとなる。 本作においては数少ない誕生日の判明している人物であるが、原作ではによって日付が異なっており、2008年8月10日発行の第2巻初版ではとなっている一方 、後に発行された版では5月4日に修正されている。 なお麻奈実は、作中1年目の6月を舞台としている第1巻時点では、高校2年生の17歳とされている。 小説本文ではカタカナ語もで表現することで表現されている。 アニメ版では「180cm近い長身」と設定されている。 黒猫は、沙織のハンドルネームの由来を『』の登場人物にあるのではないかと推測しており 、沙織も後に弦之介からの質問に「キャスバルやアズナブルもある」と返している。 いずれもガンダムシリーズの登場人物シャア・アズナブルの偽名または本名である。 アニメ版では、沙織の住所は「神奈川県横浜市北区海手町」となっている。 実際の横浜市に北区や海手町という地名は存在しないが、山手町は実在する。 アニメ版では原作の設定より低めに描かれている。 ただし第11話OPでは原作通りの身長で表示されたが、ビデオ化の際に155cmに改められた。 アニメ版公式サイトの次回予告 や、『』アニメ版第2期とのコラボレーションCM などではこの肩書きが踏襲されている。 本人によると「人間としての名前」。 アニメ版では、黒猫の住所には「千葉県千葉市東天沼町」という架空の地名が設定されている。 物語1年目の冬(第3巻)時点で、3年前から独学で小説作法を学んでおり漫画もこなし 、毎年3社の新人賞にも応募している。 ゲーム制作の経験は未熟だが、制作に必要な技術は一通りこなすことができる。 具体的には長い黒髪、色白の肌、左目の下の泣きぼくろといった初登場時の外見描写 、年齢・身長・体重・スリーサイズの数値 、言動と内面が一致せず分かりにくいと評される性格 、妹がいること 、アニメ鑑賞やゲーム、同人誌が趣味で 、夕方5時30分から放送されている「ディアブロ能力者」が活躍するアニメの熱心なファンであること などが一致する。 なお千夜子は人化の術を会得した(黒い毛並みの猫という意味で)のであり 、また本作の黒猫は五更瑠璃という名を「人間としての名前」であり真名ではないと言い張っている。 (原作イラストを担当するかんざきひろとは同一人物 )はこれを、桐乃に対する強い好意の現れを意図したデザインであるとしている。 国会議員か地方議員かは不明。 原作では、母親の仕事を手伝った際に講演を聞いた、テレビ番組にも出演している著名なジャーナリストから、こうした内容を聞かされたと説明されている。 アニメ版では両親への言及が避けられており、「著名なジャーナリストがテレビのニュース番組で言っていた」という趣旨の内容に変更されている。 原作第4巻第1章に当たるアニメ版第10話では、原作にあった喫煙の描写 がカットされており、何が理由で補導されたのかは曖昧な描写になっている。 ドラマCDおよびアニメ版では、加奈子とメルル、および作中でメルルを演じる登場人物である星野くららには、いずれも田村ゆかりがキャスティングされている。 具体的には、オタク趣味を悪く言ってしまったせいで気まずくなっていた桐乃へのプレゼントを探すことに必死になっていたあやせにより、京介の協力の元、コスプレコンテストの優勝賞品を獲得する目的で、モデルの仕事に興味を持っていた加奈子を半ば騙す形で出場させたというもの。 ただし後述のように、あやせは実際に加奈子を自分のモデルの事務所に推薦している。 一度のみ桐乃の兄として顔を合わせているが 、京介の主観によれば、顔は忘れられており変装には気づかれていないとしている。 いずれの場合も京介は赤城浩平の性や名を偽名として用いていたが 、加奈子と浩平の間には交流がない• 萌え系のライトノベルも扱う雷撃文庫編集課と、女性向けのケータイ小説を担当するモバイル書籍課は同じ人員で構成されているが、対外的なイメージを考慮して名義を使い分けている。 アニメ版での車両モデルは• 桐乃からは「かなんかの生まれ変わり」とも評されている。 出典 [ ]• 、10頁。 、該当時間18分18秒目。 「あとがき」小説第1巻、270-271頁。 小説第5巻、259頁。 「Character file. 02」小説第1巻、76頁。 小説第3巻、296-297頁。 、62頁。 小説第2巻、235-236頁。 小説第1巻、14頁。 小説第5巻、26頁。 小説第1巻、249-250頁。 小説第1巻、289,291頁。 小説第2巻、16頁。 小説第5巻、276-277頁。 小説第2巻、191-192頁。 小説第4巻、116,136-137,154,268頁。 小説第5巻、162頁。 小説第8巻、23頁• 小説第11巻、第2章。 小説第11巻、第3章。 小説第12巻、203 - 204頁。 小説第12巻、366頁。 「Character file. 01」小説第1巻、75頁。 2016-07-26. 2016年7月26日閲覧。 小説3巻、151頁。 小説第1巻、196-197頁。 2010年10月2日閲覧。 小説第1巻、117頁。 小説第1巻、240頁。 小説第2巻、348-350頁。 小説第1巻、241頁。 小説第7巻、205頁。 小説第6巻、74頁。 小説第1巻、243頁。 小説第1巻、266頁。 小説第2巻、368頁。 小説第4巻、282頁。 小説第5巻、291頁。 小説第12巻、第五章。 小説第3巻、211頁• 小説第1巻、28,32,244,255頁。 小説第1巻、227頁。 小説第1巻、246-247頁。 小説第1巻、237頁。 小説第1巻、224-225頁。 小説第1巻、215,218,220頁。 小説第1巻、199,253頁。 小説第1巻、250頁。 小説第1巻、246-261頁。 小説第2巻、330頁。 小説第1巻、257頁。 小説第2巻、15頁。 小説第2巻、338頁。 小説第1巻、252-253頁。 小説第1巻、22-23頁。 小説第4巻、154頁。 小説第3巻、132頁。 小説第1巻、84頁。 小説第2巻、99頁。 03」小説第1巻、130頁。 小説第2巻、初版、174頁。 小説第2巻、第11版、174頁。 、11頁。 小説第2巻、107頁。 小説第1巻、119頁。 電撃オンライン. 2010年5月10日. 2015年10月14日閲覧。 「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」アニメ公式サイト. 2010年7月23日. 2015年10月14日閲覧。 小説第5巻、第1章。 小説第7巻、96頁。 小説第10巻、193頁。 小説第12巻、367頁• 08」小説第2巻、178頁。 小説第6巻、232-233頁。 小説第3巻、79頁。 小説第1巻、120頁。 きりりん 2010年9月9日. 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 公式Twitter. 2010年11月11日閲覧。 小説第3巻、72頁。 「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」アニメ公式サイト. 2010年8月10日. 2015年10月14日閲覧。 「Character file. 04」小説第1巻、183頁。 小説第6巻、150頁。 小説第7巻、188頁。 小説第1巻、174頁。 小説第5巻、75頁。 小説第1巻、第3章。 小説第6巻、第3章。 小説第1巻、174-175頁。 小説第6巻、197頁。 小説第6巻、133-137頁。 、該当時間7分42秒。 小説第6巻、147-163頁。 、該当時間11分51秒-13分01秒。 小説第6巻、135,146頁。 小説第6巻、196頁。 きりりん 2010年8月11日. 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 公式Twitter. 2010年10月22日閲覧。 黒猫 2010年8月11日. 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 公式Twitter. 2010年10月22日閲覧。 、該当時間1分23秒目• 05」小説第1巻、184頁。 小説第4巻、124頁。 「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」アニメ公式サイト. 2010年10月29日閲覧。 トレーラー. とある魔術の禁書目録II 公式. 2010年10月30日閲覧。 小説第4巻、164頁。 小説第1巻、170頁。 小説第2巻、268頁。 小説第8巻、139,277頁。 小説第3巻、39,293頁。 小説第3巻、248頁。 小説第5巻、91頁。 小説第3巻、46-49,251-252,259頁。 小説第5巻、199頁。 小説第8巻、273頁。 小説第12巻、179頁。 小説第1巻、161頁。 、154頁。 小説第2巻、259頁。 、218頁。 小説第1巻、166頁。 小説第3巻、18,45頁。 、83頁。 小説第3巻、67-68頁。 、241-243頁。 、29頁。 小説第6巻、58頁。 06」小説第2巻、88頁。 小説第2巻、347頁。 小説第2巻、282頁。 ASCII. 2010年7月13日閲覧。 、14頁。 小説第2巻、338頁。 小説第2巻、319頁。 小説第2巻、320頁。 、該当時間12分43秒-13分16秒。 小説第2巻、322,323,326,335,341頁。 小説第2巻、342,347頁。 小説第2巻、323頁。 小説第2巻、364-365頁。 小説第10巻、347頁• 小説第12巻、127頁• 小説第5巻、251頁。 小説第14巻、265頁。 「Character file. 07」小説第2巻、89頁。 小説第4巻、76-80頁。 小説第7巻、48頁。 小説第4巻、74,79頁。 小説第2巻、第1章。 小説第10巻、110-112頁。 、該当時間27分40秒。 「Character file. 09」小説第5巻、60頁。 小説第4巻、221頁。 小説第4巻、229-233頁。 小説4巻、247-248頁。 小説5巻、88頁。 小説第5巻、90-91頁。 小説7巻、202頁。 小説第5巻、95,111頁。 小説第5巻、128頁。 小説第5巻、115-117頁。 小説第5巻、237-238頁。 小説第5巻、162-164頁。 「Character file. 14」小説第8巻、118頁。 小説7巻、127頁。 小説5巻、94頁。 小説第7巻、199-200頁。 小説第3巻、265-266頁。 小説第3巻、244頁。 小説第3巻、305-306頁。 小説第3巻、267-268頁。 小説第3巻、第4章。 小説第5巻、169頁。 小説第5巻、167頁。 小説第7巻、167-169頁。 小説第3巻、290-291頁。 電撃オンライン 週刊 俺の妹P. 2頁 2011年1月7日. 2015年10月14日閲覧。 、該当時間13分53秒目。 小説第4巻、78頁。 小説第7巻、20頁。 小説第7巻、230頁。 「Character file. 14」小説第8巻、118頁。 小説第7巻、226頁。 小説第7巻、231-232頁。 小説第7巻、229頁。 小説第7巻、235-237頁。 シーン: 黒猫編090 束の間の安息. 2011-01-27• 「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」アニメ公式サイト. 2015年10月14日閲覧。 小説第9巻、16頁。 小説第9巻、67-68頁。 竹達彩奈, 花澤香菜 2010年11月26日 SWF. ラジオ番組. 該当時間: 1分6秒-3分08秒. 小説第9巻、73頁。 小説第9巻、13頁。 、該当時間4分13秒目。 小説第7巻、142頁。 小説第9巻、18-19頁。 小説第14巻、264頁。 「Character file. 12」小説第6巻、66頁。 小説第6巻、51頁。 小説第4巻、75頁。 「Character file. 13」小説第6巻、280頁。 小説第6巻、第4章。 小説第6巻、226頁。 小説第6巻、224頁。 小説第6巻、227,270頁。 小説第6巻、264頁。 2015年10月14日閲覧。 「あとがき」小説第4巻、297頁。 、59頁。 、61頁。 参考資料 [ ]• 原作小説• 『』第1巻、〈〉、2008年8月10日。 『』第2巻、〈〉、2008年12月10日。 『』第3巻、〈〉、2009年4月10日。 『』第4巻、〈〉、2009年8月10日。 『』第5巻、〈〉、2010年1月10日。 『』第6巻、〈〉、2010年5月10日。 『』第7巻、〈〉、2010年11月10日。 『』第8巻、〈〉、2011年5月10日。 『』第9巻、〈〉、2011年9月10日。 『』第10巻、〈〉、2012年4月10日。 『』〈〉、2009年10月10日、初版。 16』第3巻第6号、、2010年11月、 4910163991106、16399-11。 『 Vol. 19』第19巻第2号、、2010年12月、 4910164600113、16460-01。 CloseUp NetTube• ; 小原一哲; 2008年10月17日. インタビュアー:かーず. CloseUp NetTube.. の2011年4月26日時点におけるアーカイブ。 2010年7月13日閲覧。 ; 小原一哲; 2008年10月23日. インタビュアー:かーず. CloseUp NetTube.. の2011年4月26日時点におけるアーカイブ。 2010年7月13日閲覧。 ; 小原一哲; 2008年12月5日. インタビュアー:かーず. 2010年7月13日閲覧。 ; 小原一哲; 2008年12月10日. インタビュアー:かーず. 2010年8月31日閲覧。 ; 小原一哲; 2009年4月8日. インタビュアー:かーず. 2010年7月21日閲覧。 ; 小原一哲; 2009年4月10日. インタビュアー:かーず. 2010年7月13日閲覧。 ; 小原一哲; 2009年8月7日. インタビュアー:かーず. 2010年7月13日閲覧。 ; 小原一哲; 2009年8月14日. インタビュアー:かーず. ノトフ、geek. 2010年7月13日閲覧。 ; 小原一哲; 2010年1月7日. インタビュアー:かーず. 2010年8月12日閲覧。 ; 小原一哲; 2010年1月14日. インタビュアー:かーず. 2010年6月2日閲覧。 インタビュアー:かーず. ノトフ. 2010年8月2日閲覧。 ; 小原一哲; 2010年5月7日. インタビュアー:かーず. ノトフ. 2010年9月13日閲覧。 インタビュアー:かーず. 2010年11月6日閲覧。 ; 2010年11月10日. インタビュアー:かーず. 2010年11月11日閲覧。 アニメ配信• インターネット番組. 2010年10月10日閲覧。 インターネット番組. 2015年10月14日閲覧。 インターネット番組. 2010年10月24日閲覧。 インターネット番組. 2010年10月31日閲覧。 インターネット番組. 2010年11月7日閲覧。 インターネット番組. 2010年11月14日閲覧。 インターネット番組. 2010年11月21日閲覧。 インターネット番組. 2010年11月28日閲覧。 インターネット番組. 2010年12月5日閲覧。 インターネット番組. 2010年12月12日閲覧。 インターネット番組. 2010年12月19日閲覧。 インターネット番組. 2010年12月26日閲覧。 インターネット番組. の2011年5月11日時点におけるアーカイブ。 2011年2月22日閲覧。 インターネット番組. の2011年4月14日時点におけるアーカイブ。 2011年3月29日閲覧。 インターネット番組. の2011年5月12日時点におけるアーカイブ。 2011年4月26日閲覧。 関連項目 [ ]•

次の

TVアニメ「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完」公式ホームページ|TBSテレビ

おれいも 声優

解説 [ ] は特記のない限り版・アニメ版共通。 作中では物語の進行にともない時間が経過しており、小説第5巻以降からは全員が1学年進級しているが、学年などの設定は特に説明がある場合を除いて物語登場時に準拠する。 原作では各キャラクターの身長やプロポーションが設定されているが、アニメ版では登場人物間のバランスを取る都合上、身長の設定が変更されており、厳密な数値は定めない方針となっている。 一方、アニメ版は2010年以降が舞台となっており登場人物の具体的な生年も設定されているが 、原作では具体的に西暦何年の出来事であるのかを曖昧にする方針が取られており 、生年は設定されていない。 本項では、ゲーム版『』を『俺の妹P』と省略する。 高坂家 [ ] 本作の中心人物である兄妹と、その家族たち。 兄妹は容姿や表面的な性格はまるで似ておらず 、物語開始時点では冷え切った関係となっており、その後の展開を経た後も会えば舌打ちを飛ばし合い、口を開けば刺々しい言葉を交わす間柄で、京介の主観では仲の悪い兄妹として認識されている。 ただし第三者である他の登場人物たちからは、しばしば良好な関係のように評されたり、内面的にはよく似た兄妹だと指摘されたりする こともある。 「」も参照。 高坂 京介(こうさか きょうすけ) 声 - 、(幼少期) 身長175cm、体重60kg。 本作のにして、この物語の。 高校2年生。 一人称は「俺」。 取り立てて長所も短所もないが、本人はであることを美徳であるとして肯定的に捉えている。 能動的な性格ではないが、一度決めたことは恥をさらしてでも貫き通す責任感の強い一面や、自棄になると暴走したりするような感情の起伏が激しい一面もある。 周りからの印象は「お節介焼きのお人好しだが少し鈍い」というものでほぼ一貫している。 内面的には年相応の欠点もあり、しばしば心の中で読者に対して悪態をつく一面もあるが、あまりそれを表には出さない。 妹・桐乃からは何が原因かは覚えていないものの一方的に蔑まれるような関係となっており、また京介自身も非凡な才能を持つ妹への嫉妬心を抱いていたが 、玄関で『』のDVDケースを発見したことから妹の誰にも知られたくない秘密を知ってしまう。 当初は系に対して相応の偏見を抱いていたが 、沙織達との交流を経て、それが理解はできなくとも否定されるようなものではないと考えるようになり 、桐乃の趣味を擁護する立場となる。 その後は次第にそうした趣味を平凡な日常の延長として受け入れるようになり 、3年生に進級後は黒猫とともにゲーム研究会の部員となり、夏休みの後半には恋人同士にもなっている。 幼馴染の麻奈実とは気心の知れた間柄で 、友達以上恋愛未満の関係を続けることを望んでいるが、後には黒猫との恋愛関係も物語上の争点となっていく。 好きな女性のタイプはあやせのような黒髪ロングの女性で 、あやせの前では下心を露わにしてしまう一面もある。 また、には並々ならぬこだわりがある。 基本的に自分に関してあまり高い評価を下していないが、実際のところその飾り気の無い優しさやなりふり構わない捨て身の行動が周りに好印象を与えており、求心力は本人が思っている以上に高い。 またの気があり、関わった女性からは大なり小なり好意を持たれてるため、最近は沙織から「女たらし」と糾弾されることもある。 クラス委員だった中学3年生の時は学内で発生する小事件を積極的に解決しており、桐乃からもスーパーヒーローのような扱いを受けていた。 ある時不登校児だった櫻井秋美を登校させるため、さまざまな無理難題を押し付けられたが、それらをすべて実行。 その結果、櫻井は登校するようになった。 しかし、その年の林間学校で櫻井は怪我を負ってしまい、そのまま転校してしまう。 また、同時期に京介の祖母が他界するという不幸が続き、麻奈実から『平凡な男の子』と言われたことによって、必要以上のおせっかいを焼くことは少なくなった。 しかし、それが自分を憧れの目線で見ていた桐乃から幻滅されるきっかけになってしまった。 高校3年の冬には黒猫、あやせ、加奈子、櫻井といった女子に好意を持たれハーレムのような状態であったが、それらをすべて拒否して桐乃に 「俺と、結婚してくれええええええええええええええっ!」と告白。 桐乃はそれを受け入れ自身が決めていた留学も取り消すが、桐乃からの提案を受け容れる形で クリスマスから卒業式まで限定で恋人になる、 卒業したら普通の兄妹に戻るという約束をする。 責任感が強く、父と桐乃のことで喧嘩になった際桐乃のことを庇う一面を見せている。 4月8日生まれ。 本作のヒロイン。 京介の実妹で、物語を引っ張る人物。 中学2年生。 ライトブラウンのロングヘアで、ピンク色のヘアピンをつけている。 ハンドルネームは「 きりりん」。 兄と違って人目を惹き付ける美貌に恵まれ 、の専属モデルとしてかなり高額の報酬を手にしている。 また学力は県内でも指折りの成績を持つ生徒にして 、スポーツでも陸上部のエースと非の打ち所がない。 本人も何が契機かはよく覚えていないながらも萌えアニメや男性向けの美少女ゲーム、特に「妹もの」と呼ばれるゲームを、成人向けか否かを問わず こよなく愛し、ニュースサイトを巡回して気に入った物を見つけてはモデルの報酬を使って衝動買いをしている。 しかし世間の目が気になり趣味を分かち合う相手を得られず悶々としていたところ、兄に秘密を知られてしまい、不本意ながらも兄に相談を持ちかけることになり、その後京介をオタク趣味の世界へと引き込んでいく。 表向きの生活と裏のオタク趣味との間は、どちらも不可分な自分の一部であるとして真剣に思い詰めており、作中では幾度かその板挟みに直面しつつも、決して一方を切り捨てないことを決意し 、京介からその背中を押されることになる。 かつては京介に対してほとんど無視に近い対応をとっており、その後も刺々しい言葉を浴びせ、腹立たしい時にはつい本心とは異なる言動を取ることもあるが 、徐々に心を開いていく。 京介のことを兄と呼ぶことは滅多になく 、基本的には「あんた」だが、改まった時には「兄貴」、また最近では「京介」と呼び捨てながらも心情に変化が見られる。 中学3年次のクリスマスで京介に告白されたが、もし告白されなかった場合は、自分から告白する予定だった。 麻奈実とは小学生低学年の頃は京介を通して付き合いがあったようで櫻井の件があって以降は強く敵視している。 卒業式の日に殴り合いの喧嘩にまで発展し、麻奈実からは「気持ち悪い」と罵倒される。 小学生のころはお兄ちゃん子であり、京介の幼少期の写真を集めて自身の収納スペースのアルバムにすべて保存していた。 また、その時に未来の自分が京介みたいなヒーローになれずに落ち込んでいた時のために、励ましのメッセージをiPodに録音していた。 何事も一生懸命で、一度決めたことには全力で取り組むという努力家でもあり、小学生低学年時代は運動が苦手だったのを奮起して躍進したという経緯がある。 その一方で想定外のトラブルに対しては非常に脆く、しばしば年相応の弱さを露呈してしまうという弱点があり 、窮地に追い込まれてしまうことがある。 また、父親に似ている部分があり口が堅く一度やるといったことはやる。 現実とフィクションはきっちり区別する主義。 食事の際は、話しかけられるとちゃんと答えるがそれ以外では基本黙って食べる。 高坂 大介(こうさか だいすけ) 声 - 高坂家の主で、京介・桐乃兄妹の父。 仕事は警察官。 京介によると「極道面」 で「頑固」。 有言実行を信条としており 、京介や桐乃に対してもそのようであるようにと教育している。 非常に隙がなく、京介にとっては畏怖すべき父親であり、桐乃はもちろん 京介にとっても腕力では太刀打ちできず 、また嘘や誤魔化しも通じない相手として恐れられている。 桐乃の目つきや雰囲気は父に似たといい 、また一度決めたことを貫こうとする兄妹の性格は父親の影響でもある。 桐乃がモデルの仕事をしていることについては、その内容をよく確かめた上で、学業やスポーツと両立させることを条件に認めている。 一方、ゲームやアニメといったオタク趣味に対しては当初「悪影響しかないくだらない趣味」 といった強い偏見を抱いており、桐乃の趣味を知った際にはそれら全てを取り上げて捨てようとした。 しかし体罰を辞さない説得をもってしても、桐乃を庇おうとする京介の決意を挫くことはできず 、その後は関連事項についてチェックしつつも事態を静観している。 普段は厳格な父だが我が子を溺愛しており、特に桐乃に対しては幼少からの写真や嫌っていたモデルの写真までスクラップブックに貼付してある。 原作では名前で呼ばれる場面がなく「親父」「お父さん」と呼ばれているが、アニメ版では名前や読みが明かされている。 原作ではメインキャラの中で唯一素顔が明かされず、12巻のカラー口絵の集合イラストでも彼だけは目から上が描かれていなかった。 彼の性格は隠れた形で京介等に影響を与えており、桐乃の口の堅さや京介の責任感の強さに現れている。 高坂 佳乃(こうさか よしの) 声 - 京介・桐乃兄妹の母で、。 部屋に入るときにノックをする習慣がなく、たびたび京介を困らせている。 京介がを隠していた場所を全て探し当て、隠すのを諦めさせたという経歴がある。 また口が軽く、プライベートな事柄も周囲に言いふらしてしまうため、桐乃からは相談相手として信頼されていない。 京介はどちらかというと母親似である。 夫・大介も時として頭が上がらない時がある。 得意な料理はカレーだが、実際のところは作るのが楽という面倒くさがった理由。 桐乃が兄のことを呼び捨てにし始めたことで兄妹の仲を勘ぐり始め、パソコンサイトでの相談を会し禁断の仲を疑った(ただし、その裏には別の意図があり本気かどうかは不明)。 原作では「お袋」「お母さん」と呼ばれており、名前や読みはアニメ版で明かされた。 アニメ版では原作のイメージよりも若々しい母親として描かれている。 原作では10巻で初めて素顔が明かされている。 田村家 [ ] 高坂家の近所 に住む一家で、高坂兄妹と同じ年齢の姉弟とその両親、祖父母の6人家族。 古めかしい和風建築の佇まいの 「田村屋」という和菓子屋を営んでおり、若い女性客にも好評を博している。 京介は幼い頃からこの一家との親交があり家族同然に迎えられているが、桐乃は彼らと距離を置いている。 ショートヘア。 京介の同級生。 彼のでもあり、その付き合いは十年以上にもなる。 若干気味だが成績は良く、図書館で京介に付き合って勉強しているお陰で京介は成績を落とさずに済んでいる。 かと言って恋愛関係に進展する気配もなく、京介によると「隣にいてくれると、なんとなく心地よい」関係で一番の相談相手でもある。 もっとも浩平を始めとする同級生や京介の母などからは付き合っていると思われており、桐乃からも「デレデレしている」と見えている上、過去に京介が起こした事件の結果を麻奈実のせいであると勘違いしたため、一方的に拒絶されており、また麻奈実の側も京介との関係を進展させようとしている素振りを見せることもある。 だが、たまに自分の孫のように扱っているような場面が多々見られる。 菓子作りを始めとして料理が得意。 眼鏡をかけていて、裸眼では視力0. 1以下になる。 の発音が苦手で棒読みになる。 彼女を敵視している桐乃からは「 地味子(じみこ)」と呼ばれている。 京介に「おまえって、畳のにおいがするよな。 身体がでできてんじゃねーの」と言われたとき、いきなり泣いてしまったことがある。 黒猫に、「」と識別される。 京介にとって、派手で非凡で相手をしていて疲れる桐乃とは正反対の存在として対比される人物。 京介との間でサブカルチャー関係の話題が交わされることはほとんどないが、桐乃に関する相談事が話題になることはある。 後に京介を介してあやせ 、黒猫 と面識を持つようになり、特にあやせとは親密に情報を交換している。 さらにあやせを介して加奈子と知り合い、料理を教えている。 黒猫やあやせや加奈子が京介に対して好意を持つことに対しては好意的にみているが、京介と桐乃が恋愛関係になることに対してだけは否定的な考え方をしている。 京介と桐乃の『約束』が卒業式の日までであることを知っていたのか知らなかったのかは不明だが、あえて本人たちの前でそれを告げている。 麻奈実の弟。 中学2年生で桐乃とは同学年だが、学校が違う。 京介には小学校の頃に大恥をかきそうになったところを助けられた恩もあって懐いており 、調子に乗ってはよくどつかれている。 姉に劣らず天然気味の性格で、流行を追いかけ洋楽に入れ込んではいるが 、に憧れて床屋に行くもののにされてしまったり 、ギターを始めようとするものの金銭的な問題からで妥協したりと 、垢抜けない。 自分の髪型がスキンヘッドではないことに気が付かず格好をつけて「ロック」を名乗るが 、京介に間違いを正された後も自称は渾名となり 、以降も京介から「ロック」と呼ばれ続けている。 のSNSコミュニティに参加しオフ会にも行っており 、そのことが麻奈実と京介を経由して桐乃を「オタクっ娘あつまれー」のコミュニティに参加させる間接的なきっかけとなる。 現在はコンタクトレンズを使用しているが、過去には黒縁の眼鏡をかけていた時期もあり 、久しく顔を合わせていない桐乃からは「怒りっぽいメガネくん」という印象を持たれている。 京介から携帯に電話がかかってきたとき、クセで営業トークになっている。 麻奈実の祖父 声 - 麻奈実・いわお姉弟の祖父。 やや若々しくノリのいい性格。 死ぬ前に麻奈実と京介を結婚させたがっている。 死臭に似た加齢臭の持ち主で、の予行では迫真ので京介と麻奈実を驚かせたことがある。 年を取る毎に抜ける頭髪を大変気にしており、妻の「髪の毛を抜く」というセリフに大変怯え、頭髪を「髪の毛様」と崇めている。 麻奈実の祖母 声 - 麻奈実・いわお姉弟の祖母。 京介が来るたびに麻奈実の婿とはやし立てる。 しばしば老衰を引き合いにして京介を困らせる夫に辛辣なツッコミを入れている。 麻奈実の父 第3巻に登場。 麻奈実・いわお姉弟の父。 夫婦で田村屋の店員をしている。 店の仕事を無条件に京介に手伝ってもらおうとするなど 、京介との面識が深い。 高坂兄妹の「裏」の友人 [ ] 桐乃が入会したSNSのコミュニティ「オタクっ娘あつまれー」の参加者たち。 を通じ、メンバーのうち沙織と黒猫の二人は京介と桐乃にとっての共通の友人となり、その後も同人誌即売会に同行したり、高坂家に招かれたり、何かあった時には親身になって協力してくれたりと、オフでも親しく交流がある。 のちに京介や桐乃の「表」の友人ともかかわりを持つことになる。 15歳。 中学3年生。 「オタクっ娘あつまれー」の管理人で、作中では「沙織・バジーナ」というハンドルネームを名乗っている。 約180cmの長身にジーンズ、ぐるぐるをかけて頭にを巻き、丸めたが挿さったリュックを背負うというステレオタイプなファッションが特徴で、桐乃たちの前ではいかにもオタクっぽい口調の人物として振る舞っている。 自慢はスリーサイズがと同じであるということ。 面倒見は良く、皆のムードメーカー的存在であり 、常に周囲への気配りを怠らない性格。 なかなかに馴染めない様子であった桐乃と黒猫を二次会に誘ったことをきっかけに 、桐乃に同行していた京介とも知り合い交友を深めていく。 姉や両親のつてによる豊富な人脈を持ち、出版業界にもコネを持っている。 実は大富豪の令嬢であり 、オフの場で普段見せているオタクっぽい恰好や振る舞いはキャラ作りの一環。 沙織本人によると、自分を鼓舞してコミュニティを結成するまでは引っ込み思案な性格であったといい、家族の縁故に頼らず独力で結成したコミュニティに対して強い愛着を抱いている。 自宅は高坂家からは離れており、原作では千葉県外にある海沿いの高級住宅街とされ 、アニメ版では在住であると設定されている。 親元を離れ、親の資産であるマンションを一棟丸ごと借り切って住んでおり、部屋中にや、のや、美少女などといったコレクションを陳列している。 アニメ版では執事やメイドを伴っている描写がある。 作中2年目からは高校に進学しており、通学先は名の知れたお嬢様学校であるという。 香織という姉がおり、沙織の趣味や人脈、コミュニティに対する接し方は姉から大きな影響を受けているが、現在は結婚して海外で暮らしている。 生まれ。 中学3年生。 作中では「黒猫」というハンドルネームを名乗っており 、第5巻にて本名 が明らかになった後も、京介からは基本的に黒猫と呼ばれている。 や個人も持っているなど桐乃以上のオタクであり、またの世界大会で上位入賞 するほどの凄腕ゲーマーでもある。 長い黒髪が綺麗な美少女ではあるのだが、やや他人を見下すような発言や、自分をフィクションのの登場人物と同一視するかような痛々しい言動が多く、またする傾向もあり、交友関係は少ない。 左目の下に泣きぼくろがある。 「オタクっ娘あつまれー」のオフ会でファッションに身を包んで参加するが桐乃と同様、場の雰囲気に馴染めず浮いていたところを沙織の仲介で二次会に参加。 その席で毎週楽しみにしているアニメ『』を桐乃に誹謗されたことから激しい口論となるが 、桐乃と同様に趣味について熱く語り合える相手を欲していた感情がこの口論で満たされたためか、その後は互いを「」「」などと貶し合いつつも喧嘩友達としてそれなりにうまく行っている。 好意や感謝を素直に表現できない性格である。 また、幾つかの出来事を通して京介との関係も進展していき、京介に対する恋愛感情 も物語に影響していく。 作中2年目からは京介や麻奈実と同じ高校に進学しゲーム研究会に籍を置くようになる。 物語の開始当時、家は高坂家の近所にあり 、昭和の香り漂う平屋建ての借家であった。 父親の転勤での社宅に引越しし、高校も転校した。 普段は家事をしつつ創作活動をしたりバイトをしたりと、それなりに忙しい模様。 創作活動には特に力を入れているが 、その内容については酷評されており 、自身が描きたいものと売れ筋との乖離を感じている。 作中2年目の夏休みに京介に告白し、恋人同士になったものの、それは桐乃の京介に対する本心を引き出すことが目的であった。 桐乃の気持ちを知ったうえで京介に自分を選んでほしいと思っていたが、黒猫自身が答えを聞くことを拒んだため、その場は結論が出なかった。 クリスマス直前に京介と二人で会話を行い、京介は桐乃に正式に告白することを決意していたため、付き合えないと言われた。 その後自分の理想の世界を描いたとされる運命の記述(デスティニー・レコード)を自ら破り捨てた。 スピンオフの漫画版では小説8巻からの分岐で京介と交際が続いて結婚、悠璃、璃乃という子供をもうけており、第3子を妊娠している。 また、同じ作者による作品『』の主要登場人物である東雲千夜子とは、口調や性格や外見的特徴が一致し 、一時期は同一人物ともによる別人とも解釈できるように描写されたこともあった。 詳細は「」を参照。 桐乃の「表」の友人 [ ] 桐乃が通う中学校の友人たち。 似た者同士でグループを作っている。 桐乃にとって仲の良い友人たちだが、自分のオタク趣味については隠そうとしている。 桐乃の同級生で親友。 桐乃と同じくティーンズ誌のモデルをしている。 桐乃にはモデルの仕事に不慣れだった頃に助けてもらったり、また勉強を教わったりと公私共に世話になっており 、憧憬に近い感情を抱いている。 明るく人当たりのいい性格だが、やや考えすぎる傾向があり思い込みが激しい。 黒髪を長く伸ばしており 、桐乃とは左右を逆にした揃いの髪型にしている。 当初は高坂家に遊びに来た時に京介と知り合い、京介と桐乃の関係を良好なものと思っていい感情を持っていた。 その一方で父が 、母が会長 といった家庭環境や、やや潔癖な性格もあってゲームが犯罪を引き起こすという言説に感銘を受けており 、オタクに対しては「犯罪者予備軍」 「穢らわしくておぞましい趣味」 といった強固な偏見や生理的嫌悪感を抱いている。 そのため桐乃の趣味を知ったときはひどくショックを受け、親友を思う気持ちから悪習から足を洗うよう厳しく迫り 、一時は絶交状態にまで陥ってしまう。 その後京介の説得で和解しその趣味についても黙認するようになるが、一方その説得方法が原因となって今度は京介と微妙な関係になってしまい顔を会わせるたびに辛辣な言葉を投げかけるようになる。 ただし、実際にあやせ本人が京介の真意を理解しているかはぼかされているものの、京介は自分がオタク趣味への嫌悪感を当てる材料として利用されていると解釈しており 、桐乃の事情を知る友人として、彼女が困っている時には渋々ながら京介と協力関係を結ぶこともあるなど、紆余曲折を経ながらも京介との人間関係を維持している。 次第に京介を気にするようになっていく。 京介の一人暮らしの際には率先してごはんを作ったり世話を焼いたりしており、ストーカー騒動の後で京介に告白した。 しかし、京介は桐乃に告白することを決意していたため、あやせの告白を受け入れなかった。 原作では京介との関係が良好だった頃に、彼を介して麻奈実と知り合っており 、その後も連絡を取り合っている。 ifストーリー第1作のメインヒロイン。 京介と結婚後、ちとせという娘を授かる。 桐乃の同級生の友人。 小柄な体格で、髪型は。 初めて会った京介にも怖じず、今時の女子中学生らしく思ったことをすぐ口にする性格。 また唯我独尊としており口調も乱暴で、あやせや京介もその扱いに困惑することも多い。 ただヒネている一方で真面目な芯も持っている。 アイドルを志しているようでダンスレッスンやカラオケで練習などをしており、オーディションなどにも幾度か出ている。 その成果もあって、歌唱力や踊りは一般のそれを凌駕している。 中学生でありながら喫煙の習慣があり、作中で一度補導されているが 、後に禁煙する。 ファンからの愛称は「 かなかな」。 コスプレは仕事と割り切っているが 、元々目立ちたがり屋な性格でもあり、自分を崇拝してくれるファンたちは、たとえ気持ちの悪いオタクであってもかわいく思える存在である。 京介とは幾度か顔を合わせているが、京介はその都度マネージャー見習いを装っていたり 、桐乃の交際相手を装っていたりと 、毎回立場を偽っている。 しかし、ライブ会場で桐乃共々目撃したことや本名をばらしたことなどから「桐乃の兄」であることを認識していた。 交流が深まるにつれ、京介を異性として意識するようになる。 その想いが恋愛感情に発展するに至り、ライブでのMCを利用して告白するも、すでに桐乃と恋人関係になっていたため見事に玉砕した。 あやせを介して麻奈実と知り合い料理を習っており、原作10巻では京介に味見をさせている。 劇中アニメ「マスケラ」の原作者でもある「彼方(かなた)」という姉がいる。 宮本 蘭(みやもと らん) 声 - 桐乃の同級生の友人。 桐乃と同じくモデルをしている。 愛称は「ランちん」。 高校の友人 [ ] 京介、麻奈実が通う高校の友人たち。 後に黒猫も同じ高校に進学する。 原作では学校名は明かされていないが、アニメ版では「千葉県立千葉弁展高等学校」 で、学校長は熊野俊也と設定されている。 赤城 浩平(あかぎ こうへい) 声 - 身長177cm、体重73kg。 京介の同級生で、瀬菜の兄。 サッカー部所属。 栗色の短髪が特徴で 、顔立ちも端整。 京介とは憎まれ口を叩きあうぐらいには仲が良い。 京介と麻奈実が付き合っていると思っている。 の気があり、妹のために深夜にもののゲームを買いに行ったり妹のことを「世界で一番かわいい」と豪語する。 また自分のことを臆面もなく「イケメン」と言うなど、少しナルシストな一面もある。 妹がであることを明かして以降は 、京介とはオタクの妹を持つ兄同士の共感で結ばれるようになる。 作中で京介が偽名を名乗るときには、しばしば彼の姓や名を借りている。 ゲーム研究会 [ ] 作中2年目より京介と黒猫が入部した、高校の。 後に作中2年目の夏コミを通じて、沙織や桐乃とも面識を持つようになる。 三浦 絃之介(みうら げんのすけ) 声 - 身長179cm、体重58kg。 第4巻から登場(アニメでは第4話で初出場)。 ゲーム研究会部長。 2次元美少女を愛しており、部室には多数のフィギュアや18禁ゲームを持ちこんでいる。 路上や教室でアダルトゲームを平然とプレイできる価値観の持ち主で 、後輩の真壁からは「奇天烈な変人」「変態」と評されている。 また製作したゲームはややになる傾向があるが、本人はそれをむしろ肯定している節がある。 何度もしており、少なくとも2年以上部長職に就いている。 年齢不詳だがかなり老け顔。 京介からは単に「 部長」と呼ばれている。 なお、部室にあるゲームの制作に必要な機材やソフト、専門書は絃之介がアルバイトで稼いだ私費によって賄われている。 京介たちがゲーム研究会を訪れるまで彼らとの学内での面識はなかったが、かつて京介が桐乃の頼みで深夜のゲーム販売に参加した際に秋葉原で出会っており 、その際の出来事をきっかけに京介のことを気に入っている。 無職の妹がおり、絃之介によれば「」と形容されるような容姿の女性であるという。 ゲーム研究会の女子部員で、浩平の妹。 高校1年生で、黒猫とは同級生でもあり、クラスでは委員長を務める。 眼鏡で巨乳で、垢抜けた雰囲気を持つ。 「きちんとしていないこと」が我慢できない性格で、ややの気があり、自分が気に入らないことは正さないと気が済まない。 あまりオタクらしくない雰囲気を持つが 、その実、やものの作品をこよなく愛す。 時と場所と場合を弁えてさえいれば、浅いオタク趣味は隠すほどのものではないという考えの持ち主だが 、腐女子趣味は恥じて隠すべきものと考えている。 しかしいざ男性同士のカップリングの話になると我を忘れて暴走し、現実の知人男性同士の受け攻めについて熱弁を振るうなどして周囲を唖然とさせてしまう。 ゲーム研究会に馴染んでくるにつれて、部室では腐な趣味を隠すこともなく全開で暴走するようになった。 ゲーム作家志望で、自作ゲームも制作する技術も持ち合わせており、同時にゲームプレイヤーとしての腕もかなりのもの。 またデジタルデータをしただけで「きちんとしていない」部分をなんとなく見抜けるため、能力に非常に長けている。 本人は兄と仲が悪いと言うが 、京介の主観では仲睦まじい兄妹に見え 、認定されており 、実際、落ち込んだときには兄に慰めてもらっている。 桐乃のケータイ小説『妹空』には批判的な感想を抱いていたが 、後に作中2年目の夏コミで桐乃本人と知り合った際には、シスコンの兄を持つ妹同士の連帯感で意気投合する。 桐乃からは「 せなちー」と呼ばれている。 最終的に真壁と付き合うことになった。 真壁 楓(まかべ かえで) 声 - 身長156cm、体重53kg。 第5巻から登場。 ゲーム研究会の男子部員。 高校2年生。 やや童顔。 メンバーでは一番の常識人で、絃之介に対して辛口なツッコミをよく入れている。 当初は瀬菜に好意を抱いていたが、彼女が腐女子だと知ってからは複雑な思いを抱いている。 しかし、結局意気投合し、瀬菜と付き合うことになった。 また、京介と黒猫が付き合っていると思っている。 京介たちの卒業と同時に2代目ゲーム研究会の部長に就任した。 姉がいるが、絃之介が部屋に置いていったのフィギュアを目撃されたり 、やはり彼から借りた実姉もののエロゲーを発見されたりするなど 、幾度か気まずい関係に陥っているという言及がある。 サブカルチャー業界 [ ] 出版業界 [ ] 原作小説第3巻で描かれた、桐乃が書いたを巡る事件において、沙織のコネクションを通じて京介と黒猫が関わることになった出版業界の人物たち。 アニメ版では同エピソードの内容が変更されている。 熊谷 龍之介(くまがい りゅうのすけ) 第3巻に登場。 メディアスキー・ワークス第二編集部の。 モバイル書籍課と雷撃文庫編集課に所属しており 、伊織の担当でもある。 社内での愛称は「ぷーりん」で、おっぱいのような感触であるプリンにちなんでいる。 見た目が「そっくり」と形容されるような外見の 初老の男性で、仕事については一切妥協せず直言する厳格な性格。 一方で萌え業界に明るく、「萌え萌え」とか「〜たん」などの言葉を平気で使う愛嬌もある。 ケータイ小説や同人作品、その他ネット上などに投稿されているアマチュア作品全般には、時に商業作品にはない魅力があると考えており一目置いている。 初期稿では『俺の妹〜』の編集者のひとりをモデルにした「ライトニング」だったが、ボツとなりほとんど別キャラとなった。 ヘンクツ 第3巻に登場。 メディアスキー・ワークス第二編集部の編集者。 ヘンクツは社内の愛称で、本名は不詳。 モデルは『俺の妹〜』のもうひとりの編集者である。 伊織・F・刹那(いおり・フェイト・せつな) 声 - 第3巻から登場。 20代半ばくらいの年齢の女性。 で、この一風変わった名前は両親によって名づけられた本名である。 周囲からはミドルネームで呼ばれているが、本人は自分の名前を恥ずかしく思っており、本名で呼ばれることを嫌がっている。 中性的な背格好の美人であり、男装をすると一見して女性とは分からない。 昔、だった。 原作とアニメ版では異なる立場や役回りで登場する。 原作版 原作では雷撃文庫の作家志願者。 10年間の下積みを経てようやく担当編集者の熊谷から作品を評価され、「 理乃」のでデビューを予定していたが、実はデビュー作の『妹空』は桐乃が書いたケータイ小説の。 投稿サイトで頭角を現しつつあった桐乃に編集者を装って近づき発表前に盗み出したもので、そのため初登場時には京介や黒猫らと敵対する。 後日盗作を認めて和解し、桐乃の口添えで『妹空』『妹空2』の編集作業に協力するものの 、その後の生活は困窮しており 、一度はメディアスキー・ワークスへの就職を志すものの面接で失敗し、で大損するなど借金を重ねている。 一方で黒猫との出会いを通して初心を取り戻し 、前向きな姿勢を貫こうともしている。 売れ筋を見極め他人に助言をするようなことは得意だが、自身の作家としての才能は評価されていない。 以前は黒猫が書く同人誌と似たような傾向の小説を書いており、性格も似ている部分があり、泣きぼくろの位置まで同じ。 作者によれば、彼女は黒猫の「うまくいかなかった未来像」をイメージした人物であるという。 アニメ版 アニメ版第8話に登場。 アニメ版ではメディアスキー・ワークスに勤務する本物の編集者となっており、「理乃」の筆名で雷撃文庫からライトノベルを出版した桐乃を担当している。 第8話では桐乃が執筆した『妹都市』のアニメ化に関する会議に出席するが、内容の大幅な改編が行われようとしていることについて、それは『妹都市』である意味がないのではないかという苦言を述べた。 原作における京介と黒猫と対立するフェイトの役割は、アニメオリジナルキャラクターである三津野が背負っている。 ゲーム『俺の妹P』 ゲーム『俺の妹P』では、桐乃の小説『妹都市』は盗作騒動を経てアニメ化が行われたとされ、原作の出来事とアニメ版の出来事はどちらも起こったことであるという設定がされている。 アニメ業界 [ ] アニメ版第8話では、桐乃が執筆したライトノベル『妹都市』のアニメ化を巡り、アニメ独自のエピソードが描かれた。 一之瀬 真一(いちのせ しんいち) 声 - アニメ版第8話に登場。 アニメ版『妹都市』の監督を任せられている人物。 自身が意見を出す場面は少なく、三津野などの他のスタッフの意見を聞き入れて調整し、方針を決定しようとしていた。 作中には名前で呼ばれる場面がないが、作中で机の上に置かれた名刺に名前や読みが書かれている。 エンドクレジットでは「 監督」と表記された。 三津野 泰三 声 - アニメ版第8話に登場。 アニメ版『妹都市』のシリーズ構成を担当するの男性。 しかし桐乃が書いた原作ライトノベルの内容には批判的で、一度はこの仕事を断っている。 特に女性である主人公が男勝りの活躍を繰り広げて同性から慕われるという設定に合理性を見いだせず、原作に修正を加えた方が視聴者の需要にも沿っており利益にもなるという考えから、桐乃の意向に反して主人公の性別を変更するという修正案を出し、そのため京介や黒猫と対立する。 かつては自身も小説を何冊か出版したことがあったものの、小説家としては成功できなかったという過去がある。 2回目の会議の際にそれらの提案を次々と投げかけ、「僕は全く面白く感じなかった」という発言までして作品を批判するが、黒猫に「(小説の内容が理解できないから)自分の理解できる領域に持っていこうとしているだけの臆病者」と酷評された。 作中では名前で呼ばれる場面はなく、名刺 や書類 に名前が書かれている。 エンドクレジットでは「 構成」と表記された。 星野姉妹 [ ] 作中でたびたび端役として登場している姉妹たち。 メイド喫茶で給仕をしているきらら、声優をしているくららの他にも、同人作家、のアクセサリーショップの店員をしている姉妹たちが登場している。 ドラマCD付属の短編小説「とあるメイド喫茶にて」においてその家族関係が明かされた。 秋葉原のメイド喫茶「プリティガーデン」でメイドをしている女性で、くららの実姉。 バストサイズは90のFカップを自称している。 ドラマCDで初めて名前が明かされた。 アニメでは香織が主宰していたオタクサークル「小さな楽園(プリティガーデン)」のメンバーだったことが明かされた。 星野 くらら(ほしの くらら) 声 - 田村ゆかり 第4巻に登場。 『メルル』によって人気を獲得し、桐乃もそのファンの一人であり、作中では幾度も名前が登場する。 きららの妹であり、サブカルチャー業界に参画することになった原因は姉の影響が大きい。 なお加奈子によれば、見えない所でタバコを吸っているとのこと。 ファッション業界 [ ] 桐乃やあやせがモデルの仕事関係で関わっている人物たち。 藤真 美咲(ふじま みさき) 声 - 第7巻、第9巻に登場。 化粧品メーカー「エターナル・ブルー」の女社長。 元トップモデルという経歴を持ち、デザイナーとしての実績や強引な性格もあってファッション業界における有力者の地位にある。 海外留学に失敗して間もない桐乃を専属モデルとして欧州本社にスカウトしたがっており 、断られた後も諦めずに画策を行っている。 桐乃を御鏡と引き合わせた人物でもある。 御鏡 光輝(みかがみ こうき) 声 - 身長164cm、体重54kg。 第7巻から登場。 桐乃とはファッション関係の仕事仲間。 高校生で、京介とは同い年。 女性的な容姿の男性で、若くして美咲お抱えのアクセサリーデザイナー兼ファッションモデルでもある著名人。 美咲からは個人ブランド「エターナルブルー・シスター」を任されている。 実は隠れオタクでもあり、ファッション業界を志したのはアニメの影響である。 桐乃とも趣味が近く、作中2年目の夏コミで遭遇した際には互いの趣味をカミングアウトし意気投合する。 京介曰く「男版桐乃」。 周囲には隠してはいるもののオタク文化を肯定的に捉え、アダルトゲームを含むオタク文化をもっと世間に広めたいと考えており、その点では桐乃と意見を異にしている。 京介から見て、あまりに桐乃にとって理想の男性像に合致しているかのように見える人物で、京介や父親を動揺させた。 実際に知り合って早々にひと騒動起こすことになるが 、実際のところ御鏡にとって桐乃は恋愛対象として捉えるには荷が重い存在である。 五更家 [ ] 黒猫(五更瑠璃)の家族たち。 原作では第1巻から幾度か言及があるものの、長らく姿を見せる場面がなく、ファンの間ではその正体について関心が寄せられていたが (詳細は「」を参照)、アニメ版第9話に端役として登場した際には『ねこシス』の東雲姉妹とは異なる容姿の少女として描かれた。 その後『俺の妹P』を経て原作8巻にて登場。 京介や桐乃と面識を持つこととなる。 五更 日向(ごこう ひなた) 声 - 黒猫の上の妹。 小学校5年生。 黒猫に対する呼び名は「ルリ姉」。 京介のことは「高坂くん」、桐乃のことは姉の話から「ビッチさん」と呼んでいたが、実際に会って以降は「桐乃さん」、最近では「キリ姉」と呼んでいる。 非常に活発な性格で、姉妹の中でも人見知りしないほうである。 また原作及び『俺の妹P』では五更家を訪問した京介と姉の仲をはやし立て、根掘り葉掘りの質問を浴びせるなど少しませた一面を見せている。 姉である黒猫に対しては自分達の面倒見てくれていることから慕ってはいるものの、痛々しい言動に関しては本気でやめてほしいと思っている。 京介に対しては会う前から姉に話を聞いており、実際に出会った当初は「話に聞いたほどパッとしない人」という印象を持っていた。 しかし彼と接していくうちにその優しさや包容力を知り、思慕にも似た信頼を寄せるようになる。 桐乃に関しては姉が持っていたティーンズ誌の写真で見知っており、姉と友達になってくれたことに感謝の言葉を伝えている。 実際に会った際には彼女の「妹萌え」の発作に巻き込まれることとなったが、それでも彼女のことを気に入っている。 五更 珠希(ごこう たまき) 声 - 黒猫の下の妹。 小学校1年生。 黒猫に対する呼び名は「姉さま」で、姉に対してもで話す。 京介のことは「おにぃちゃん」と呼ぶ。 黒猫は彼女を風呂に入浴させたり 、ぬいぐるみを作ってあげたり 、小学校のに連れて行ったり して世話を焼いている。 彼女もそんな姉を慕っており、小学校の宿題では姉のことを題材に作文を書いている。 日向によれば年の割に非常に洞察力に優れており、黒猫の難解な打ち明け話から彼女が恋していることを見抜いていた。 姉である黒猫の痛々しい言動がすこしうつりかけていて、教育的に良くないと京介は言っているが、黒猫はやめさせようとはしない。 あやせifストーリー編では、ちとせが通う小学校の担任教師 になっている。 「小さな楽園」の関係者 [ ] 過去に槇島香織が主宰していたオタクサークル「小さな楽園(プリティガーデン)」のメンバーたち。 沙織もその一員で、現在沙織が暮らしているアパートを活動拠点にしていた。 香織の結婚後サークルは霧散しているが、メンバー同士の交流は続いている。 槇島 香織(まきしま かおり) 声 - 沙織の姉で、「小さな楽園」のリーダー的存在。 既婚者。 非常に才能豊かな人物で、「器用富豪」と称されるほど。 現在はプロゲーマー。 自由奔放な性格をしており、沙織を差し置いて遊びまわっていた。 刹那主義的な所があるためか、即断実行な所があり周囲をよく振り回している。 沙織からは尊敬と嫉妬を込められて「宿敵」と称されている。 バイク を移動手段として利用する。 来栖 彼方(くるす かなた) 声 - 「小さな楽園」の主要メンバーの一人。 来栖加奈子の姉。 沙織と最も仲の良かったサークルメンバーであり、「沙織・バジーナ」のキャラクターの大部分が彼女の影響によるもの。 また沙織のぐるぐる眼鏡も元は彼方の私物。 香織のサークル脱退後、プロ漫画家デビューが決まったために同じくサークルを脱退した。 同人時代は「月見里がんま」「春日春香」など7つのペンネームを使い分けており、そのPNに応じて作風・絵柄だけでなく性格まで変えている。 普段は子供っぽく人懐っこい振る舞いだが、PSP版では京介を試すような質問をしたり、また間接的に他キャラに対して手を回していたり、ボケたふりしてことの真意を突く発言をするなど底の見えない部分が多い。 『MASCHERA 〜堕天した獣の慟哭〜』の原作者。 現在はマンションで妹と二人暮らしをしている。 真田 信也(さなだ しんや) 声 - 「小さな楽園」の主要メンバーの一人。 来栖彼方の先輩にあたる。 作品開始時より3年前の時点で高校生。 沙織は彼方との関係を先輩後輩の他に幼馴染、恋人と推理していた。 『MASCHERA 〜堕天した獣の慟哭〜』の主人公「来栖真夜」のモデルとなった人物。 星野 きらら(ほしの きらら) 声 - 田村ゆかり 「小さな楽園」のメンバーの一人。 メンバーからは「ほっしー」と呼ばれる。 現在は「プリティガーデン」のメイドをしている。 紅茶を淹れるのがうまい。 第4巻から登場。 イギリス出身の少女。 10歳。 流暢な日本語を話す。 年相応の純粋な性格をしており、『メルル』のことを悪く言われると機嫌を悪くする。 第2回の「メルル公式コスプレ大会」では第2位に入賞し 、その後は加奈子と共に、あやせと同じモデル事務所に入った。 当初は加奈子に反感を抱いていたものの 、その後は良好な関係を築いている。 加奈子を通して桐乃と面識を持つが、桐乃のことをオタク嫌いであると誤解している。 第6巻に登場。 桐乃の留学先でのルームメイト。 12歳。 の世界的な実力者で、世界で一番速い小学生と言われている。 桐乃がスポーツ留学中に唯一勝った相手。 その後桐乃にリベンジをしに日本にやってくる。 日本語は話せるが、桐乃に教わったためコギャルのような話し方になっている。 来日中は高坂兄妹の妹のように振る舞い、京介に対してはフィクションの妹キャラクターのように懐く一方 、桐乃に対しては生意気で手のかかる現実の妹のように接している。 短距離走においては並外れたスタートダッシュを強みとする。 とにかく走ることさえできれば他の娯楽はなくても困らないという価値観の持ち主で 、スポーツを趣味や学業や仕事と同列に置いている桐乃と対比される人物。 作中では、京介と桐乃の関係を描く上での役割も担った。 筧 沙也佳(かけい さやか) 小学6年生の少女。 身長155cm。 あやせの小学校時代の後輩にあたる。 第10巻に登場。 ブログ内では「さやか」を称している。 もっとも当初、あやせは沙也佳のことを覚えていなかった。 将来の夢はプロカメラマンになって、あやせを撮影すること。 御鏡(兄) 御鏡光輝の兄。 金髪の低いハスキーボイスで話す男性。 光輝を自分のマンションに居候させているが、家賃などは全て光輝の収入から出されている。 また家事をする程度で仕事をせず、女を引っかけて金をもらっているため、京介からは「ヒモ」と呼ばれた。 (クラリス) 実在の女子中学生歌手ユニット。 短編「過ちのダークエンジェル」にゲスト登場した。 二人とも加奈子のファンである。 また、実際はこのアニメの第一期「」のオープニング主題歌『irony』と、第二期「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 」のオープニング主題歌『reunion』を担当している。 櫻井 秋美(さくらい あきみ) 声 - 第11巻の、京介の回想(中学3年生時点)、第12巻で登場。 体重41kg(3年前)。 1学期から1度も出席していない不登校児であるが、毎日ゲームセンターに入り浸っている。 ノースリーブのブラウスにネクタイ、チェックのミニスカートにニーソックスというアイドルっぽいファッションを好み、華奢な身体だが胸が大きい。 しかしただパッドを入れているだけであり、実際は貧乳である。 麻奈実曰く「いいとこのお嬢様」らしいが、そうとは思えぬ言動や派手なリアクションが特徴。 学校に登校するように必死で説得してきた京介を最初は煙たがっていたが、そのひたむきで一生懸命な姿に次第に考えを改め、学校に登校するようになる。 アニメには未登場だが、Web版予告編やDVD特典映像に登場した。 影響を受けた作品や人物 [ ] 勝ち気な妹という桐乃のヒロイン像は、編集者の三木が著者の伏見に提案した「先生が描く漫画に出てくるような」というコンセプトが基になっており、伏見は藤沢の漫画『』を読んでそのイメージを反映させた。 対して、田村麻奈実などのサブキャラクターは、伏見の主導で作られた。 登場人物のモチーフとなっている他作品の登場人物として、高坂兄妹の父親である高坂大介のイメージとしてテレビアニメ『』の登場人物である皇帝を 、桐乃の友人である来栖加奈子のモデルとしての漫画『』の登場人物である松岡美羽を挙げている。 なお加奈子については後に、当初の予定以上に性格が悪くなってしまったとして発言を撤回している。 そしてゲーム研究会部長の三浦絃之介のイメージやエピソードは、作中にも登場する個人ニュースサイトの管理人や 、伏見が取材先で出会った人物 、漫画作品の登場人物 などといったさまざまな人物を合成して形作られている。 また沙織については、伏見が以前執筆した作品に登場するオタクの少女から設定を流用していることが明かされており 、『』に登場した登場人物との類似性も指摘されている。 具体的な関連性は明言されていないものの、沙織と前述の宮田怜奈には、長身のお嬢様でオタクという共通した設定が与えられている。 この他にも作中におけるオタク同士の会話では、登場人物やその他の事物に対する比喩表現として実在の漫画、アニメ、ゲーム作品が引き合いに出されたり、セリフを真似る場面が描かれることがある。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 例えばアニメ版の設定では桐乃は(平成9年)生まれ 、黒猫は(平成8年)4月生まれ と設定されている。 自分を客観的に見ていなかったり、読者に対して本心を誤魔化したりすることもあるなど、言動と地の文の心情のが各所に見られ、あまりでもある。 「」も参照。 以前からを数少ない楽しみにしており 、相応の思い入れを垣間見せる場面もあるものの 、趣味と呼べる程のものではないとしている。 厳格な家庭で育ったために当初はどころかすら所持していなかったが 、桐乃の趣味を知るようになってからは桐乃からノートパソコンを借りており、また第5巻では沙織に古くなったデスクトップパソコンを譲ってもらっている。 当初はオタク趣味に対して抵抗感を持ってはいたものの 、巻を追うごとにセリフや地の文もその影響を受けている。 例えばのや、漫画・ゲームのパロディと思しきセリフが増えているなど。 エロゲーでは真っ先にそのタイプを攻略するようにしている。 ただしやや丸顔であることを気にしている。 丸顔という設定はかんざきひろの挿絵イラストから反映された部分であるとされる。 中学生である桐乃が、18歳以上でなければ購入できないことになっている はずのをどのようにして入手しているのかと問われる場面では、桐乃はその手段を「秘密」であると答えている。 買い込んだグッズはリフォーム前の名残である、本棚の裏の押し入れに隠している。 「」を参照。 ただし京介の主観では、目に見える形では桐乃との関係は変わっていないとされ、桐乃の本心を掴みかねている一面もある。 「」も参照。 作中において、特に桐乃の私物の大半を占めるアダルトゲームの所持を認めるか否かで京介と父親の間では妥協点を見いだせなかったが、原作では殴られてもなお桐乃を庇い続ける京介を見て、漫画版およびアニメ版では桐乃を庇い続ける京介を殴って黙らせた後でと細部の経緯はやや異なるものの、いずれにせよ形式上は京介が桐乃を庇うためについた嘘を鵜呑みにする形で 父親側が矛を収めた。 原作において京介は、筋道立てた論旨こそ皆無ではあっても必死の嘆願によって自分の気持ちが伝わったことや 、有言実行を信念としている父親から勢いであれ「勝手にしろ」という発言を引き出せたことが勝因であると考えている。 現在はベッドの下に隠していることを吹聴しており、桐乃を通して他の登場人物の知るところとなる。 本作においては数少ない誕生日の判明している人物であるが、原作ではによって日付が異なっており、2008年8月10日発行の第2巻初版ではとなっている一方 、後に発行された版では5月4日に修正されている。 なお麻奈実は、作中1年目の6月を舞台としている第1巻時点では、高校2年生の17歳とされている。 小説本文ではカタカナ語もで表現することで表現されている。 アニメ版では「180cm近い長身」と設定されている。 黒猫は、沙織のハンドルネームの由来を『』の登場人物にあるのではないかと推測しており 、沙織も後に弦之介からの質問に「キャスバルやアズナブルもある」と返している。 いずれもガンダムシリーズの登場人物シャア・アズナブルの偽名または本名である。 アニメ版では、沙織の住所は「神奈川県横浜市北区海手町」となっている。 実際の横浜市に北区や海手町という地名は存在しないが、山手町は実在する。 アニメ版では原作の設定より低めに描かれている。 ただし第11話OPでは原作通りの身長で表示されたが、ビデオ化の際に155cmに改められた。 アニメ版公式サイトの次回予告 や、『』アニメ版第2期とのコラボレーションCM などではこの肩書きが踏襲されている。 本人によると「人間としての名前」。 アニメ版では、黒猫の住所には「千葉県千葉市東天沼町」という架空の地名が設定されている。 物語1年目の冬(第3巻)時点で、3年前から独学で小説作法を学んでおり漫画もこなし 、毎年3社の新人賞にも応募している。 ゲーム制作の経験は未熟だが、制作に必要な技術は一通りこなすことができる。 具体的には長い黒髪、色白の肌、左目の下の泣きぼくろといった初登場時の外見描写 、年齢・身長・体重・スリーサイズの数値 、言動と内面が一致せず分かりにくいと評される性格 、妹がいること 、アニメ鑑賞やゲーム、同人誌が趣味で 、夕方5時30分から放送されている「ディアブロ能力者」が活躍するアニメの熱心なファンであること などが一致する。 なお千夜子は人化の術を会得した(黒い毛並みの猫という意味で)のであり 、また本作の黒猫は五更瑠璃という名を「人間としての名前」であり真名ではないと言い張っている。 (原作イラストを担当するかんざきひろとは同一人物 )はこれを、桐乃に対する強い好意の現れを意図したデザインであるとしている。 国会議員か地方議員かは不明。 原作では、母親の仕事を手伝った際に講演を聞いた、テレビ番組にも出演している著名なジャーナリストから、こうした内容を聞かされたと説明されている。 アニメ版では両親への言及が避けられており、「著名なジャーナリストがテレビのニュース番組で言っていた」という趣旨の内容に変更されている。 原作第4巻第1章に当たるアニメ版第10話では、原作にあった喫煙の描写 がカットされており、何が理由で補導されたのかは曖昧な描写になっている。 ドラマCDおよびアニメ版では、加奈子とメルル、および作中でメルルを演じる登場人物である星野くららには、いずれも田村ゆかりがキャスティングされている。 具体的には、オタク趣味を悪く言ってしまったせいで気まずくなっていた桐乃へのプレゼントを探すことに必死になっていたあやせにより、京介の協力の元、コスプレコンテストの優勝賞品を獲得する目的で、モデルの仕事に興味を持っていた加奈子を半ば騙す形で出場させたというもの。 ただし後述のように、あやせは実際に加奈子を自分のモデルの事務所に推薦している。 一度のみ桐乃の兄として顔を合わせているが 、京介の主観によれば、顔は忘れられており変装には気づかれていないとしている。 いずれの場合も京介は赤城浩平の性や名を偽名として用いていたが 、加奈子と浩平の間には交流がない• 萌え系のライトノベルも扱う雷撃文庫編集課と、女性向けのケータイ小説を担当するモバイル書籍課は同じ人員で構成されているが、対外的なイメージを考慮して名義を使い分けている。 アニメ版での車両モデルは• 桐乃からは「かなんかの生まれ変わり」とも評されている。 出典 [ ]• 、10頁。 、該当時間18分18秒目。 「あとがき」小説第1巻、270-271頁。 小説第5巻、259頁。 「Character file. 02」小説第1巻、76頁。 小説第3巻、296-297頁。 、62頁。 小説第2巻、235-236頁。 小説第1巻、14頁。 小説第5巻、26頁。 小説第1巻、249-250頁。 小説第1巻、289,291頁。 小説第2巻、16頁。 小説第5巻、276-277頁。 小説第2巻、191-192頁。 小説第4巻、116,136-137,154,268頁。 小説第5巻、162頁。 小説第8巻、23頁• 小説第11巻、第2章。 小説第11巻、第3章。 小説第12巻、203 - 204頁。 小説第12巻、366頁。 「Character file. 01」小説第1巻、75頁。 2016-07-26. 2016年7月26日閲覧。 小説3巻、151頁。 小説第1巻、196-197頁。 2010年10月2日閲覧。 小説第1巻、117頁。 小説第1巻、240頁。 小説第2巻、348-350頁。 小説第1巻、241頁。 小説第7巻、205頁。 小説第6巻、74頁。 小説第1巻、243頁。 小説第1巻、266頁。 小説第2巻、368頁。 小説第4巻、282頁。 小説第5巻、291頁。 小説第12巻、第五章。 小説第3巻、211頁• 小説第1巻、28,32,244,255頁。 小説第1巻、227頁。 小説第1巻、246-247頁。 小説第1巻、237頁。 小説第1巻、224-225頁。 小説第1巻、215,218,220頁。 小説第1巻、199,253頁。 小説第1巻、250頁。 小説第1巻、246-261頁。 小説第2巻、330頁。 小説第1巻、257頁。 小説第2巻、15頁。 小説第2巻、338頁。 小説第1巻、252-253頁。 小説第1巻、22-23頁。 小説第4巻、154頁。 小説第3巻、132頁。 小説第1巻、84頁。 小説第2巻、99頁。 03」小説第1巻、130頁。 小説第2巻、初版、174頁。 小説第2巻、第11版、174頁。 、11頁。 小説第2巻、107頁。 小説第1巻、119頁。 電撃オンライン. 2010年5月10日. 2015年10月14日閲覧。 「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」アニメ公式サイト. 2010年7月23日. 2015年10月14日閲覧。 小説第5巻、第1章。 小説第7巻、96頁。 小説第10巻、193頁。 小説第12巻、367頁• 08」小説第2巻、178頁。 小説第6巻、232-233頁。 小説第3巻、79頁。 小説第1巻、120頁。 きりりん 2010年9月9日. 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 公式Twitter. 2010年11月11日閲覧。 小説第3巻、72頁。 「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」アニメ公式サイト. 2010年8月10日. 2015年10月14日閲覧。 「Character file. 04」小説第1巻、183頁。 小説第6巻、150頁。 小説第7巻、188頁。 小説第1巻、174頁。 小説第5巻、75頁。 小説第1巻、第3章。 小説第6巻、第3章。 小説第1巻、174-175頁。 小説第6巻、197頁。 小説第6巻、133-137頁。 、該当時間7分42秒。 小説第6巻、147-163頁。 、該当時間11分51秒-13分01秒。 小説第6巻、135,146頁。 小説第6巻、196頁。 きりりん 2010年8月11日. 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 公式Twitter. 2010年10月22日閲覧。 黒猫 2010年8月11日. 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 公式Twitter. 2010年10月22日閲覧。 、該当時間1分23秒目• 05」小説第1巻、184頁。 小説第4巻、124頁。 「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」アニメ公式サイト. 2010年10月29日閲覧。 トレーラー. とある魔術の禁書目録II 公式. 2010年10月30日閲覧。 小説第4巻、164頁。 小説第1巻、170頁。 小説第2巻、268頁。 小説第8巻、139,277頁。 小説第3巻、39,293頁。 小説第3巻、248頁。 小説第5巻、91頁。 小説第3巻、46-49,251-252,259頁。 小説第5巻、199頁。 小説第8巻、273頁。 小説第12巻、179頁。 小説第1巻、161頁。 、154頁。 小説第2巻、259頁。 、218頁。 小説第1巻、166頁。 小説第3巻、18,45頁。 、83頁。 小説第3巻、67-68頁。 、241-243頁。 、29頁。 小説第6巻、58頁。 06」小説第2巻、88頁。 小説第2巻、347頁。 小説第2巻、282頁。 ASCII. 2010年7月13日閲覧。 、14頁。 小説第2巻、338頁。 小説第2巻、319頁。 小説第2巻、320頁。 、該当時間12分43秒-13分16秒。 小説第2巻、322,323,326,335,341頁。 小説第2巻、342,347頁。 小説第2巻、323頁。 小説第2巻、364-365頁。 小説第10巻、347頁• 小説第12巻、127頁• 小説第5巻、251頁。 小説第14巻、265頁。 「Character file. 07」小説第2巻、89頁。 小説第4巻、76-80頁。 小説第7巻、48頁。 小説第4巻、74,79頁。 小説第2巻、第1章。 小説第10巻、110-112頁。 、該当時間27分40秒。 「Character file. 09」小説第5巻、60頁。 小説第4巻、221頁。 小説第4巻、229-233頁。 小説4巻、247-248頁。 小説5巻、88頁。 小説第5巻、90-91頁。 小説7巻、202頁。 小説第5巻、95,111頁。 小説第5巻、128頁。 小説第5巻、115-117頁。 小説第5巻、237-238頁。 小説第5巻、162-164頁。 「Character file. 14」小説第8巻、118頁。 小説7巻、127頁。 小説5巻、94頁。 小説第7巻、199-200頁。 小説第3巻、265-266頁。 小説第3巻、244頁。 小説第3巻、305-306頁。 小説第3巻、267-268頁。 小説第3巻、第4章。 小説第5巻、169頁。 小説第5巻、167頁。 小説第7巻、167-169頁。 小説第3巻、290-291頁。 電撃オンライン 週刊 俺の妹P. 2頁 2011年1月7日. 2015年10月14日閲覧。 、該当時間13分53秒目。 小説第4巻、78頁。 小説第7巻、20頁。 小説第7巻、230頁。 「Character file. 14」小説第8巻、118頁。 小説第7巻、226頁。 小説第7巻、231-232頁。 小説第7巻、229頁。 小説第7巻、235-237頁。 シーン: 黒猫編090 束の間の安息. 2011-01-27• 「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」アニメ公式サイト. 2015年10月14日閲覧。 小説第9巻、16頁。 小説第9巻、67-68頁。 竹達彩奈, 花澤香菜 2010年11月26日 SWF. ラジオ番組. 該当時間: 1分6秒-3分08秒. 小説第9巻、73頁。 小説第9巻、13頁。 、該当時間4分13秒目。 小説第7巻、142頁。 小説第9巻、18-19頁。 小説第14巻、264頁。 「Character file. 12」小説第6巻、66頁。 小説第6巻、51頁。 小説第4巻、75頁。 「Character file. 13」小説第6巻、280頁。 小説第6巻、第4章。 小説第6巻、226頁。 小説第6巻、224頁。 小説第6巻、227,270頁。 小説第6巻、264頁。 2015年10月14日閲覧。 「あとがき」小説第4巻、297頁。 、59頁。 、61頁。 参考資料 [ ]• 原作小説• 『』第1巻、〈〉、2008年8月10日。 『』第2巻、〈〉、2008年12月10日。 『』第3巻、〈〉、2009年4月10日。 『』第4巻、〈〉、2009年8月10日。 『』第5巻、〈〉、2010年1月10日。 『』第6巻、〈〉、2010年5月10日。 『』第7巻、〈〉、2010年11月10日。 『』第8巻、〈〉、2011年5月10日。 『』第9巻、〈〉、2011年9月10日。 『』第10巻、〈〉、2012年4月10日。 『』〈〉、2009年10月10日、初版。 16』第3巻第6号、、2010年11月、 4910163991106、16399-11。 『 Vol. 19』第19巻第2号、、2010年12月、 4910164600113、16460-01。 CloseUp NetTube• ; 小原一哲; 2008年10月17日. インタビュアー:かーず. CloseUp NetTube.. の2011年4月26日時点におけるアーカイブ。 2010年7月13日閲覧。 ; 小原一哲; 2008年10月23日. インタビュアー:かーず. CloseUp NetTube.. の2011年4月26日時点におけるアーカイブ。 2010年7月13日閲覧。 ; 小原一哲; 2008年12月5日. インタビュアー:かーず. 2010年7月13日閲覧。 ; 小原一哲; 2008年12月10日. インタビュアー:かーず. 2010年8月31日閲覧。 ; 小原一哲; 2009年4月8日. インタビュアー:かーず. 2010年7月21日閲覧。 ; 小原一哲; 2009年4月10日. インタビュアー:かーず. 2010年7月13日閲覧。 ; 小原一哲; 2009年8月7日. インタビュアー:かーず. 2010年7月13日閲覧。 ; 小原一哲; 2009年8月14日. インタビュアー:かーず. ノトフ、geek. 2010年7月13日閲覧。 ; 小原一哲; 2010年1月7日. インタビュアー:かーず. 2010年8月12日閲覧。 ; 小原一哲; 2010年1月14日. インタビュアー:かーず. 2010年6月2日閲覧。 インタビュアー:かーず. ノトフ. 2010年8月2日閲覧。 ; 小原一哲; 2010年5月7日. インタビュアー:かーず. ノトフ. 2010年9月13日閲覧。 インタビュアー:かーず. 2010年11月6日閲覧。 ; 2010年11月10日. インタビュアー:かーず. 2010年11月11日閲覧。 アニメ配信• インターネット番組. 2010年10月10日閲覧。 インターネット番組. 2015年10月14日閲覧。 インターネット番組. 2010年10月24日閲覧。 インターネット番組. 2010年10月31日閲覧。 インターネット番組. 2010年11月7日閲覧。 インターネット番組. 2010年11月14日閲覧。 インターネット番組. 2010年11月21日閲覧。 インターネット番組. 2010年11月28日閲覧。 インターネット番組. 2010年12月5日閲覧。 インターネット番組. 2010年12月12日閲覧。 インターネット番組. 2010年12月19日閲覧。 インターネット番組. 2010年12月26日閲覧。 インターネット番組. の2011年5月11日時点におけるアーカイブ。 2011年2月22日閲覧。 インターネット番組. の2011年4月14日時点におけるアーカイブ。 2011年3月29日閲覧。 インターネット番組. の2011年5月12日時点におけるアーカイブ。 2011年4月26日閲覧。 関連項目 [ ]•

次の