山中 教授 の 発言。 徹底的なPCR検査を強く求める 山中伸弥教授が5つの提言

山中伸弥教授「客観的に考えて、安倍総理は科学的にかなり正しいことをしっかりと発信している」と絶賛!BBC東京特派員や元NYT東京支局長も手のひら返しの絶賛!一方、NewsweekとNHKアナは残念がる不思議!

山中 教授 の 発言

ノーベル賞受賞者で京都大学iPS細胞研究所の山中伸弥教授が、新型コロナウイルスの感染防止対策として、運動中の「ジョギングエチケット」を呼びかけている。 長引く外出自粛生活の中で、運動不足の解消は重要なテーマでもあり、屋外でのジョギングや散歩の際にも、一定の配慮が求められそうだ。 山中教授は、新型コロナウイルスに関する情報発信のホームページを開設、国内外の論文やデータなどさまざまな観点の情報を提供している。 HPで、「新型コロナウイルスへの対策は長いマラソンです。 自分を、周囲の大切な人を、そして社会を守りましょう」と一致団結を訴え、自身の提言もまとめている。 現在、各地の公園などで人々がジョギングやスポーツに取り組む姿が見られる一方で、公園に多くの人が集まることで密集度合いに懸念の声も上がっている。 自身もマラソン愛好家の山中教授は、16日にYouTubeに動画を投稿。 「新型コロナウイルスに感染しても多くの人に症状は出ません。 感染していてもジョギングをするぐらいの方がたくさんいます。 走って大きな息をすると、もしかしたら周りにウイルスをまき散らしているかもしれません」と指摘し、エチケットとして走る時もマスクを着用することを推奨。 「バフ」と呼ばれる布で口元を覆うこともエチケットの一つに挙げた。 山中教授は「みんなで正しい行動を粘り強く続けると、ウイルスもきっと勢いを失うと思います」と呼びかけた。 山中教授はHPで、ベルギー・オランダの研究報告についても紹介。 社会的距離について同じ方向で一列にいるような状況では、ウオーキングでは4メートル、ジョギングでは10メートル、自転車では20メートル以上の距離を空けることを示唆する内容を伝えている。 ENCOUNT編集部.

次の

山中伸弥

山中 教授 の 発言

杉尾議員は問題の出来事について、大坪氏の認識をたしかめた。 「去年の8月9日、京都大学iPS研究所(CiRA)を和泉総理補佐官とともにたずねて所長の山中伸弥教授と面会された。 その時は、あなたと補佐官と山中教授だけでしたか」 和泉総理補佐官とは、「総理は自分の口から言えないから私が代わって言う」と、加計学園の獣医学部新設を早く認めるよう前川喜平・元文科事務次官に圧力をかけた、あの和泉洋人氏のことである。 和泉補佐官は健康医療戦略室の室長も兼ねているのだ。 大坪氏は「3名だけで、意見交換をしました」と言い、その内容を問う杉尾氏に、こう答えた。 「iPS細胞ストック事業の着実な実用化のためにどういった支援の在り方があるかということで、現在取り組んでいる事業の状況、今後の見通しなどについてのご意見をうかがった」 ノーベル賞で騒がれたのはだいぶ前なので軽くおさらいすると、iPS細胞は患者自身の皮膚や血液からつくる万能細胞(多能性幹細胞)のこと。 目や心臓、神経細胞など身体を構成するほぼすべての種類の細胞に分化する能力がある。 しかも、他人の細胞を材料にするわけではないため、拒絶反応が起きにくい。 ということで、夢の再生医療への期待が高まった。 だが、ご多聞に漏れず実用化には困難がつきまとう。 患者自身の皮膚などから細胞をつくって、それをガン化することなく移植できるほどにするには数千万円ものコストと長い時間がかかる。 そこで始めたのが「iPS細胞ストック事業」というもの。 免疫作用も人によって様々なようで、ごくまれに他人に細胞を移植しても拒絶反応が起きにくい免疫タイプの持ち主がいるらしい。 そういう人からiPS細胞をつくって備蓄しておこうというのがこの事業の目的である。 京都の物見遊山はともかく、和泉補佐官と大坪次長が、山中教授を訪ねたのには深いわけがあった。 杉尾議員の質疑を続けよう。 杉尾 「この話し合いの中で、iPSストック事業を法人化するという合意が山中教授との間でできたという認識でいいですか」 大坪 「それ以前に山中教授のほうからストック事業を法人化したいとご提案があったと承知している。 合意というか、提案を了承しています」 杉尾 「法人化に当たっては国費を充当しないと言いましたか」 大坪 「内閣官房からストック事業に対して国費の充当をゼロにするといったことはありません」 iPS細胞ストック事業に対し、国は13億円ほどを助成している。 各府省の概算要求を前に、和泉補佐官と大坪次長はそれをゼロにすると告げる密命を帯びて京に向かい、たしかにその役割を果たした。 昨年11月11日、日本記者クラブの会見における山中教授の次の発言がそれを物語っている。 「一部の官僚の方の考えで国のお金を出さないという意見が入ってきた。 いきなりゼロになるというのが本当だとしたら、相当理不尽だなという思いがあった」.

次の

「甲子園中止の本当の理由」など紹介…山中伸弥教授、コロナ独自解説の個人HP開設 : 医療・健康 : 読売新聞オンライン

山中 教授 の 発言

先日も紹介したように、トロント大学准教授のフィリップ・リプシー氏のように、安倍政権のコロナ対応に対する海外の評価が好転しつつある。 やっと評価が実績に追いつきつつあるのだ。 日本人としてもコロナの件では耐えに耐え抜いた自負もある中で、こうした状況は嬉しい限りだ。 ここで、安倍総理と率直な議論を交わし、政権から研究予算を削られかけた騒動もあった、iPS細胞で有名な山中伸弥教授が「客観的に考えて、安倍総理は科学的にかなり正しいことをしっかりと発信している」とNHKの番組で大絶賛したのだ。 そして、これまで我国のコロナ対策をボロクソにののしってきた、BBC東京特派員やNewsweekも手のひら返しの絶賛を始めたのだ。 山中伸弥教授「本当に客観的に考えて、今の日本の政治のリーダーは科学的にかなり正しいことをしっかりと発信している」と安倍総理を絶賛!!そして、山中発言に残念そうなNHKアナ 5月17日、iPS細胞で知られ、コロナ対策の情報発信でも大活躍中の京都大学の山中伸弥教授は、NHKの番組に出演し、安倍総理を絶賛した。 山中教授「科学者も一生懸命に発信していますが、政治のリーダーの言葉は国民のほとんどが聞くし、ものすごい影響力がある。 ただ客観的に考えて、今の日本の政治のリーダーは科学的にかなり正しいことをしっかりと発信している。 」 NHKのキャスターの反応が不服そうに見えるのは気のせいかな。。 — 雨雲 xAegvg0JipIY0hD 山中教授は、「科学者も一生懸命に発信していますが、政治のリーダーの言葉は国民のほとんどが聞きますし、ものすごい影響力がありますんで。 ただ、私、本当に客観的に考えて、今の日本の政治のリーダーの方は、科学的にかなり正しいことをしっかりと発信している。 そんな風に評価しています。 」とまさに絶賛である。 しかも、山中教授は、ニコニコ動画の対談では遠慮なく安倍総理に提案すべきことは提案し、批判することは批判したフェアな人物だ。 和泉洋人首相補佐官と厚生労働省の大坪寛子官房審議官のコンビによって、過去に政府に予算を打ち切られそうになったことを告発したこともある。 そのフェアで国際的な権威でもある、山中教授が、手放しで絶賛していることの意味は大きい。 これは安倍総理の慧眼への高い評価が大きいだろう。 そもそも、安倍総理の慧眼は、専門家委員に尾身茂会長と西浦博氏など、国際的に評価されている優秀な人物を選び、西郷隆盛や大山巌元帥のように責任以外の全てを任せたことだ。 そして、彼らと協議した内容を安倍総理は発信している。 山中教授はこれを評価しているのだ。 考えてみるがいい。 もし、いま、あの悪夢の民主党政権ならば、もし枝野政権ならば、実際にアドバイザーにしているように水虫専門の上昌広氏や伊藤隼也氏がエセ専門家委員会に名を連ね、菅直人政権のように愚鈍な首相と政治家が無用の口出しをして、大混乱になっていただろう。 こうして考えれば、安倍総理の慧眼は絶賛されるべきなのだ。 まさに国民を、祖国を救ったと言える。 しかし、である。 上記の動画を最後までご覧いただければ分かるが、最後にNHKアナの表情をご確認いただきたい。 お通夜みたいな表情である。 そんなに自国のリーダーが優秀だと悲しいのか? BBC東京特派員やNewsweekも元NYT東京支局長も手のひら返しの絶賛! お笑いなのは、自国が地獄のあり様のくせに、さんざん我国を侮辱してきた西側メディアが手のひら返しで、安倍政権と我国を称賛しだしていることだ。 例えば、地獄のロンドンが本拠地のBBC特派員のルーパート・ウィングフィールド=ヘイズ氏は、「日本の対応はロックダウンではなく不十分。 検査数も十分ではない。 日本人は、将来大きなツケを払うことになるだろう。 」と4月中旬にどや顔でBBCニュースで説教していた。 今観てたBBCニュース。 世界各地からのコロナ対策と現状リポート。 東京にいる特派員はキッパリと言い切った。 日本は緊急事態を宣言したがそれはイギリスのようなロックダウンではない。 検査数も十分ではない。 将来大きなツケを払うことになるだろう。 日本の酷さに呆れて怒ってるよこの特派員。 — 🌈BASIL🦔学校の号令なくそう basilsauce しかし、この人物は、5月13日に、これまでの批判的な姿勢をかなぐり捨て、以下のようにコメントしている。 — Rupert Wingfield — H wingcommander1 「日本は検査数が少ないが他国に比べ抑え込めている。 本当に素晴らしいニュースだ。 自分の予想とは違ったことは認める。 このまま良い状況が続きますように」と述べている。 それを番組で土下座してやれと言いたくなるが、まあ殊勝な態度だし、事実を見据えて最終的に発言できるのだからジャーナリストとしては及第だ。 また望月記者や南彰氏の大親友で、あのニューヨークタイムズ元東京支局長で、コロナに関して日本が地獄だというデマを飛ばしたマーティン・ファクラー氏ですら手放しで称賛している。 Tokyo has not seen an increase in deaths during the coronavirus outbreak, a sign Japan has been relatively successful in keeping infections under control despite limited testing. — Martin Fackler martfack 「東京では、コロナウイルスの発生中の死亡者数の増加は見られなかった。 限られた検査数にもかかわらず、日本が感染症の管理を維持することに比較的成功している兆候だ。 」と指摘している。 この人も結果フェアだった。 また、5月15日のNewsweekは、「日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいっている不思議」という最低の人種差別記事を出した。 劣等人種の無能なイエローモンキーのジャップは、バカでミスばかりのくせに、どうしてこんな結果を出せるのかという嫉妬丸出しの最低の記事を書いている。 () このように、安倍政権のコロナ対応は、山中教授から絶賛されるものであり、今や欧米メディアも渋々認めるか、成功を認めつつも信じたがらないかのどちらかなのだ。 ビジネスは結果だ。 そうした点が少なくとも外国のジャーナリストには徹底されているようだ。 政治も結果が全て。 感染症の場合は、結果死亡者数は重要なポイントだ。 日本は、誰がどう言おうと世界中で最も人口当たりの死亡者が少なかったのである。 つまり対策は結果成功したのである。 さんざん海外メディアがー!と叫んできた皆さんにはぜひ、総括いただきたい。 そして、こうした優秀で謙虚なリーダーが我国にいることを感謝したい。

次の