エイベックス社長逮捕。 エイベックス松浦勝人薬物疑惑は本当?逮捕間近との噂も!退任の真相

エイジアプロモーション村山俊彦社長を脅迫容疑で逮捕。益若つばさや水原希子所属事務所代表が事件で物議

エイベックス社長逮捕

芸能事務所『エイジアプロモーション』の代表取締役社長・村山俊彦容疑者 39 が5日、脅迫容疑で逮捕されていたことが明らかになりました。 さらってやるからな。 来いよ、この野郎。 とことんやってやるからな」などと脅迫した疑いが持たれています。 脅迫容疑で逮捕された村山俊彦容疑者は、取り調べに対して 容疑を認めているといいます。 村山俊彦容疑者は、モデルを中心に様々なタレントが所属する『エイジアプロモーション』、『エイジアクロス』の社長を務めており、2015年10月には『エイベックス・グループ』の持分法適用関連会社となり、『エイベックス』の松浦勝人社長は『エイジアプロモーション』の取締役に就任しています。 『エイジアプロモーション』『エイジアクロス』の所属タレントは、水原希子さん、益若つばささん、近藤千尋さん、佐藤かよさん、高橋メアリージュンさん、高橋ユウさん、平子理沙さん、元AKB48・大和田南那さん、元SKE48・佐藤聖羅さん、小倉優香さん、島袋聖南さん、安西ひろこさん、大倉土門さん、黒田エイミさん、太田莉菜さん、八木莉可子さんなどとなっています。 きな臭い輩たちだ• ゴロツキ半グレの世界だろ• 典型的チンピラ芸能事務所社長• 芸能事務所ってやっぱりやくざ同然だな• 自分の背後に反社会勢力従事者がいる事を宣言しちゃったな• 仕事か薬のトラブルかと思ったら、花火が見えないが原因とはw• 酔ってたとしても、いい大人が花火が見えないとかで揉めるってアホらしい。 芸能事務所なんてこんなもんだよ• まあ金払って示談やろな。 今どき『看板背負ってる』とか。 Vシネマの見過ぎじゃね?• まぁいかにも3流タレント事務所代表って感じやね~• 若い時も人さらって悪い事してたんでしょうね。 でないと、そんな発想や言葉は出ない。 根っからの悪。 一生ムショに居て欲しい。 テレビ屋はスポーツ界のパワハラを報道する暇があるなら、芸能界の犯罪を報道しろよテレビマスゴミワイドショーが などのコメントが寄せられています。 ちょっとした注意を受けただけで、「俺は看板背負っているから。 さらってやるからな。 来いよ、この野郎。 とことんやってやるからな」と言い放ったとのことですが、いくら酒に酔っていたとしてもこうした言葉は普通は出てこないので、これまでにも同様の事があったのではないか、暴力団などとの黒い繋がりもあるんじゃないかなどと疑われても仕方がないような気がしますね。 『エイジアプロモーション』や『エイジアクロス』には現在芸能界で活躍している人気タレントが多く所属し、元AKB48の大和田南那さんにいたっては警視庁牛込署(東京・新宿)の1日警察署長に就任し、9日13時から神楽坂通りでパレードを開催することが決定しており、タレントにも大きな迷惑を掛けてしまっています。 社長がこのような事件を起こしてしまったため、事務所全体のイメージが悪化し、信用回復やイメージ改善には時間がかかるとみられますが、今後の対応に注目していきたいですね。

次の

エイベックス・グループ

エイベックス社長逮捕

エイベックス本社ビル(「Wikipedia」より/Kakidai) 4月18日付「文春オンライン」記事は、 エイベックス代表取締役会長の 松浦勝人氏が常習的に大麻を使用している疑いがあると報じた。 記事内では松浦氏と一緒に薬物を使用したという同社元社員の証言や、証拠とされる音声データ、松浦氏と元社員のLINEのやりとりなどが紹介されている。 記事内で公開された音声で松浦氏は、その有名女性歌手について『ヤンキーだよ。 「松浦氏が常習的に所属タレントたちと薬物を使用していたのかどうかは、わかりませんが、松浦氏は芸能事務所トップのなかでも特に、所属タレントらと個人的にも深い関係を持ちコミットしながら信頼関係を育んでいくタイプ。 ゆえに、そうした噂が出てしまうという面もあるでしょう。 もし歌姫が薬物を使用していたとしても、沢尻とはまったく別のルートや人脈でやっていたと考えられ、警察が沢尻への取り調べなどで歌姫の件について情報を得ている可能性は低いでしょう」 エイベックスは警察と関係の深い企業 ここで気になってくるのが警察の動きだが、警察OBは語る。 「警察が薬物がらみでホシを挙げる際の最大の関心事は、その入手ルートと元締めがどうなっているのかという点。 当然、沢尻への取り調べでも薬物の入手ルートや業界関係者の薬物人脈、さらには薬物の噂が絶えない松浦氏をはじめとするエイベックス幹部のことも聞いているでしょう。 『文春』記事では証言者である元社員が証拠だと主張する、松浦氏の音声やLINEのやりとりなどが出ているわけですが、麻薬取締法違反は原則としては現行犯でしか逮捕することができない。 もし仮に松浦氏と歌姫がクロであったとしても、松浦氏が『文春』の取材を受けた後にブツを処分したり使用をやめていれば、証拠も出てこないし、検査でも陰性になる。

次の

エイベックス・松浦勝人社長に薬物使用疑惑はほんとうでしょう...

エイベックス社長逮捕

略歴 [ ]• 1988年4月 エイベックス・ディー・ディー株式会社 現:エイベックス株式会社 設立、取締役に就任• 1991年3月 専務取締役に就任• 2004年8月 専務取締役および取締役を辞任。 直後に復帰し、執行役員に就任• 2004年9月 代表取締役社長に就任• 2005年10月 エイベックスネットワーク 株 (現:エイベックス・エンタテインメント 株 )代表取締役会長• 2007年6月 コンプライアンス委員長• 2009年1月 エイベックス・マネジメント 株 代表取締役社長• 2009年4月 エイベックス通信放送 株 代表取締役会長• 2010年4月 代表取締役社長CEO(現任)、社長室管掌(現任)• 2012年10月 株 UULA 代表取締役会長• 2013年7月 Avex International Holdings Singapore Pte. Ltd. 現:Avex Asia Pte. Ltd. 取締役 現任• 2013年10月 エイベックス・マネジメント 株 代表取締役会長• 2014年12月 AWA 株 代表取締役会長 現任• 2016年6月 エイベックス通信放送 株 取締役 現任 、当社グローバル・アーティスト戦略室管掌• 2016年12月 エイベックス・ベンチャーズ 株 代表取締役社長 現任 来歴 [ ] 伝記の記載を年譜形式のみとすることは。 人物の伝記は流れのあるまとまった文章で記述し、年譜は補助的な使用にとどめてください。 ( 2013年4月)• 、を経て、卒業。 実家は中古車販売業を営んでいた。 この時、一緒にアルバイトをしていたのが、現・エイベックス株式会社COOの林真司、元・取締役の小林敏雄であった。 林、小林は共に松浦と同じ横浜市立金沢高等学校の同級生である。 また、当時高校生だった後ののと出会っている。 奇遇にも彼も高校の後輩であり、以後、高校の学園祭にDJ役で顔を出したりして、親交を続けた。 代表取締役に就任。 後にでデビューするもアルバイトとして勤務しており、後に店長となる。 1988年4月11日、(現・エイベックス株式会社)を設立。 同社、取締役就任。 やの輸入卸売業を始めた。 1990年、レコードレーベル・を設立。 1991年にとなった。 1995年、モデルの原口香と結婚。 5(1996年1月発売)に収録された。 その後、離婚している。 1996年、後に歌手としてデビューをするとクラブで出会う。 その後、ニューヨークへ飛び、2年間にも及ぶレッスンやトレーニングを経て、1998年のデビューまでの準備に入る。 1998年4月3日から、プロデューサーズナイトで、3年半の間、月1回パーソナリティを務めた。 1998年12月、エイベックスのアーティストオーディションを行う為、テレビ東京のオーディション番組に出演した。 2001年2月、元会長のの助言により、松浦真在人に改名(後に2002年10月4日より、本名に戻す)。 2001年9月、アメリカのニューヨークで起きたをきっかけにと共に特別ユニットを作る。 2003年11月、モデルのと再婚(2004年3月31日に第1子となる女児が誕生。 2006年5月30日に第2子となる男児が誕生。 2007年10月24日に第3子となる女児が誕生)。 2004年9月28日、のエイベックス・グループ・ホールディングス(現:エイベックス株式会社)の代表取締役社長に就任。 2009年 第四回渡辺晋賞受賞。 2010年4月、エイベックス代表取締役社長CEOに就任。 2018年6月、エイベックス代表取締役会長CEOに就任。 2019年夏、浜崎あゆみの自伝「」で、浜崎と1996年〜1999年まで恋仲だった事が公表される。 2020年1月、畑田と2016年に離婚していた事が判明した。 2013年頃より別居していた。 2020年4月〜前年話題となった「M 愛すべき人がいて」がテレビドラマ化。 2020年6月、エイベックスCEOを退任(代表取締役会長には留任)。 人物 [ ]• (を中心メンバーとしたエイベックス所属の女性アイドルによって構成されるチーム)の初代監督を務めた。 とは、エイベックスが本格的に音楽制作に参画した当初から公私に渡るパートナーであったものの、意見の食い違いにより、1990年代半ば頃から険悪化し、1997年から長期間絶縁状態にあった。 2008年に小室が逮捕された際、被害弁済から約6億5000万円を個人的に融資した。 やや等、エイベックスの礎は小室哲哉によって生み出されたものであり、小室哲哉無くしてやや等は誕生しえなかったと述べており、恩師としての小室を思い出し、今後の音楽活動に賭けてみようと決心したという。 また、弁済融資の他、社内に小室専用の部屋・制作スタジオも用意した。 小室は「レコード会社から驚異的な資産を生み出した、の2人に似ている」と称している。 2013年8月2日、で、日本の税制が富裕層の所得税や相続税が高過ぎて、「富裕層は日本にいなくなっても仕方ない」という記事を投稿した。 ・主催のに2014年春、2015年秋の二度に渡り、招待を受け出席した。 手掛けたアーティスト [ ] プロデュースやエグゼクティブプロデュース、スペシャリーコーディネイト等• 脚注 [ ]• 渡辺音楽文化フォーラム 2020年2月11日閲覧• ORICON NEWS oricon ME. 2018年5月11日. 2020年5月15日閲覧。 スポニチ 2020年1月2日. 2020年1月2日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2020年5月15日. 2020年5月15日閲覧。 2009年3月15日, at the. 関連項目 [ ]• 出典 [ ]• 外部リンク [ ]• maxmatsuuratwit -•

次の