便秘 サツマイモ。 便秘によく効く♪カボチャとサツマイモのスープ

便秘解消にサツマイモは逆効果?

便秘 サツマイモ

日本にいたときはよく便秘になっていたけれど、こっちに来てからはそのトラブルはほぼありませんでした。 ・・・妊娠するまでは。 以前妊娠したときも、6週目くらいから便秘に悩み始めていたのを記憶しているので、たぶん、そういうものなのかなと思っていましたが・・・。 これが、なかなか手強い。 日本に滞在中、産婦人科を受診したときに、酸化マグネシウム30mgを朝昼晩飲むように処方してもらって、それを一日一回から様子を見ていて大丈夫だったのに、18週くらいからは一日2錠に増えていきました。 そこで、カナダの産婦人科の先生に相談したら、こちらでは繊維のサプリメントを摂るんです。 三種類のサプリメントを勧められて、そのうちに一つがこれ。 (画像を押すと、アマゾンのページに飛び、詳細がわかります。 ) 他のは、同じ繊維のサプリメントだけど、よく読んだら妊婦はNGと書いてあったり、『便秘のひどい人用に』と書かれて勧められてたのはセンナで、これも私の記憶では妊婦はNGだったはず。 残るはこれ一つだけど、本当に大丈夫なのかなぁ・・・と思いつつ、でも腹痛を起こしたり、下痢になるほど強くは無いし、効果は一応優しいながらもあるって感じなので、飲んでいます。 で、繊維のサプリメントを摂るなら、食事で摂ればいいんじゃない?と思って作ってみたのが、カボチャとサツマイモのスープ。 これを飲んだ翌日は、オナラが大変よく出てきて、困りました。。。 玉ねぎ、カボチャとサツマイモを切ります。 順に野菜を炒めていき、軽く火が通ったところで水を加えて茹でます。 柔らかくなったら、ミキサーまたはハンドブレンダーで野菜を細かくします。 さらに水を加え、コンソメも入れて煮込みます。 仕上げに牛乳を入れて、塩コショウをして完成です。 もちろん、牛乳だけでも大丈夫です。 生クリームの代わりに、バターを少し入れても、コクが出ると思います。 野菜の分量のこと: 私は野菜を使いきりたくて、小さいのを選んで丸1個のカボチャを使ったり、大きいのを選んでサツマイモを使ったりしていますが、そこは適当でなんとかなります。 サツマイモがもっと少なくてもOKですが、その時は、繊維パワーと甘みが薄くなった気がしました。 作り方 1. 玉ねぎ(大きめのみじん切り)、カボチャ(1口サイズ)とサツマイモ(1口サイズ)を切ります。 あとでミキサーなどで細かくするの大きさは適当でいいのですが、小さめの方が火の通りが早く、次の段階へ進めやすいです。 まずは、玉ねぎを炒めます。 飴色まで忍耐強く炒め続けられたら最高ですが、そこまでなくても大丈夫です。 せめて、少し茶色くなったくらいまでいけたら、カボチャとサツマイモを加えて、軽く炒めます。 水を野菜スレスレまで入れて、茹でます。 灰汁が出たら、ミキサーをする前に取り除いておきます。 野菜が柔らかくなったのを確認して、ミキサーまたはハンドブレンダーで野菜をピューレ状にします。 さらに水を加え、コンソメも入れて15分ほど煮込みます。 水の量は必要と思われる量まで加えてください。 うちは家族がスープ好きなので、1Lくらい水を入れます。 仕上げに牛乳を入れて、塩コショウをして完成です。 牛乳の量が多いと、トロミの薄いスープになります。 牛乳の量によって、スープの味も変わってきますので、お好みでどうぞ。 イメージとしては、カボチャのタルト見たいな感じ?もともとシナモンが好きなので、このスパイスが自分の中ではいい仕事をしてくれると信じています。 あと、前にトロントのあるカフェで飲んで美味しかったのが、カレーパウダーが入ったカボチャとサツマイモのスープ。 笑いごとでなく、ホントに、ホントにこのスープをボウル一杯飲むと、オナラがたくさん出ちゃうんです。 飲んだ翌日はお通じの悩みは多少解消されるかもしれませんが、人と会う予定があると、ちょっとヒヤヒヤするかもしれません。

次の

サツマイモでお腹が張る 正しい食べ方は?便秘解消レシピ付き

便秘 サツマイモ

【サイト内 特設ページ】 がんに関する情報は、世の中に溢れています。 「何を信じていいのか分からない」と不安なら。 こちらのページに解決策があります。 主成分は炭水化物で、果糖、ブドウ糖などを含んでエネルギーを生み出します。 サツマイモは食物繊維が多く、便秘の予防や解消にも有効です。 さつまいもを切ったときに出てくる白い液体=「ヤラビン」が食物繊維との相乗効果でお通じを促してくれるようです。 栄養成分として、ビタミンCはいも類でトップクラスの含有量で、そのほかに炭水化物、ビタミンE、カリウム、食物繊維などです。 便秘の改善、胃腸の状態の向上、解消美肌効果、動脈硬化予防、疲労回復などの働きがあります。 【がん(癌)に作用されると言われている成分】 尚絅学院大学の研究で、人間の子宮頸部がん細胞と皮層がん細胞を培養したものに、サツマイモのしぼり汁を加えると、がんの増殖が5分の1以下に抑えられた、という報告があります。 サツマイモのしぼり汁に含まれているガングリオシドという物質に、がん細胞の増殖を抑える作用があるのではないかといわれています。 【調理方法のコツ】 でんぷんに守られているためビタミンCが加熱しても壊れにくいのが特徴です。 時間をかけて加熱する方が酵素が働き甘みが増します。 【良いサツマイモを選ぶポイント】 色が均一でムラがなく、ツヤがあるものがよいです。 ヒゲ根がのびているものは避けましょう。 ・保存法 寒さが苦手なので冷蔵庫での保存は避けましょう。 水がつくと腐りやすいので密閉しないよう新聞紙などで包み常温で保存します。 【主な栄養成分】(100gあたり) エネルギー 132kcal たんぱく質 1. 2g 脂質 0. 2g 炭水化物 31. 5g ナトリウム 4㎎ カリウム 470㎎ カルシウム 40㎎ マグネシウム 25mg リン 46mg 鉄 0. 7㎎ 亜鉛 0. 2mg 銅 0. 18mg マンガン 0. 6mg ビタミンB1 0. 11mg ビタミンB2 0. 03mg ナイアシン 0. 8mg ビタミンB6 0. 28mg 葉酸 49マイクログラム パントテン酸 0. 96mg ビタミンC 29mg 飽和脂肪酸 0. 03g 不飽和脂肪酸 0. 06g 水溶性食物繊維 0. 5g 不溶性食物繊維 1. 8g 以上、がん(癌)とサツマイモについての解説でした。 「食事でがんが治る」という人もいれば「治るはずがない」という人もいます。 これはYesかNoかで単純に答えられるものではないのです。 がんとの闘いについて、納得できる判断をするためには正しい知識が必要です。 がん治療専門のアドバイザー・本村です。 私の仕事は【がん患者さんに正しい選択を伝えること】です。 「本村さん、おかげで元気になりました」 そんな報告が届くのが嬉しくて、もう10年以上も患者さんをサポートしています。 しかし毎日届く相談メールは、 「医師に提案された抗がん剤が怖くて、手の震えが止まらない」 「腰がすこし痛むだけで、再発か?転移か?と不安で一睡もできなくなる」 「職場の人も家族さえも、ちゃんと理解してくれない。 しょせんは他人事なのかと孤独を感じる」 こんな苦しみに溢れています。 年齢を重ねると、たとえ健康であっても、つらいことはたくさんありますよね。 それに加えて「がん」は私たちから、家族との時間や、積み重ねたキャリア、将来の夢や希望を奪おうとするのです。 なんと理不尽で、容赦のないことでしょうか。 しかしあなたは、がんに勝たねばなりません。 共存(引き分け)を望んでも、相手はそれに応じてくれないからです。 幸せな日々、夢、希望、大切な人を守るには勝つしかないのです。 では、がんに勝つにはどうすればいいのか? 最初の一歩は『治すためのたった1つの条件』を知ることからです。 こんにちは。 本村ユウジです。 「がん患者さんに正しい選択を伝えること」をミッションに活動している、がん治療専門アドバイザーです。 誰とも利害関係なく、中立的な立場で、これまで4,300名の患者さんをサポートしてきました。 プロとして10年の経験があります。 医者同士が「がんは放置しろ」「いや、病院で治療すべきだ」と批判しあう異常な時代。 玉石混合の情報が飛び交っています。 誰が味方で、誰が敵なのか分からないので、私はたったひとりで「どうすればがんに勝てるのか」を突き詰めてきました。 私の武器は【事実と正しい知識】だけです。 それだけを軸に、がん患者さんやそのご家族を支援しています。 がんと闘う人が、できるだけ心身にキズを負わず、命を縮めることなく。 選択を誤らず、無駄なことは一切せず、無駄なお金も使わず、最短距離でがんを克服する道を歩む。 そして正しい知識を持つことが不可欠です。 私は多くの身内をがんで亡くした経験を経て、2008年から「素人の支援ではなく、仕事として」がん患者さんのサポートをしてきました。 ありがたいことに、たくさんの喜びや感謝の言葉を頂いてきましたので、その一部をこちらに掲載しています。

次の

さつまいもで便秘解消!その効果とおすすめレシピは?

便秘 サツマイモ

多くの女性が悩んでいる便秘。 日々、スッキリしないってツラいですよね。 肌荒れの原因になるし、メンタルにも良くないし…。 だから、できるだけ便秘解消に効果的なものを食べよう!と工夫している人も多いことでしょう。 でも、実はあなたが良かれと思っている食べものこそ、便秘の元になっているかもしれません。 さつまいもは便秘の味方じゃない? 便秘には食物繊維が良いというのは有名な話ですね。 食物繊維には2種類あって、これらの野菜に含まれているのは「不溶性食物繊維」と呼ばれるもの。 文字通り水に溶けず、水分を吸収して膨れ、便のカサを増やして便通を改善する、と言われています。 ここで問題が一つ。 それは摂り方を間違えると、さらに便秘が悪化するということ。 「不溶性食物繊維」が腸内で働くためには、適度な水分が必要なのです。 水分をあまり摂らずに大量の食物繊維を摂取すると、便の中で固まってしまいます。 特に便秘がちな人は、腸の働きが弱っている場合が多いので、消化されにくい「不溶性食物繊維」が詰まってオソロシイことに。 せっかく体に良いと思って食べていたのに、状態が悪化するなんて悲しすぎますよね…。 便秘を改善する上手な食べ方 ではどうすればいいの? と思ったあなた! ご安心ください。 「不溶性食物繊維」の逆で、水に溶ける「水溶性食物繊維」もあるのです。 意外と知られていませんが、「水溶性食物繊維」は水分に溶け、ゲル化する特徴を持っています。 つまり腸内で便を柔らかくする働きがあるのです。 そして、腸の働きを改善するためには「不溶性食物繊維」と「水溶性食物繊維」をバランス良く摂ることが大事です。 みなさん、「不溶性食物繊維」を多く摂りがちなので、意識して「水溶性食物繊維」を摂るようにしましょう。 「不溶性食物繊維」と「水溶性食物繊維」、それぞれの食物繊維を多く含む食材をご紹介します。 【不溶性食物繊維が多い食材】.

次の