田渡 凌。 【テラハ】田渡凌がモテる理由!思わせぶりでモテ要素いっぱい!ビビとカップルになる?

田渡 凌

田渡 凌

BLACK PG 1 0 13:39 13:39 5 5. 0 2 3 66. 0 3 3. 0 2 0 0 0 2 0 10 B1 横浜 PG 41 23 969:05 23:38 285 7. 0 124 348 35. 2 178 4. 3 75 30 1 20 57 48 6. 7 EC 横浜 PG 2 2 61:19 30:39 21 10. 5 9 28 32. 5 14 7. 0 3 1 0 3 2 1 10. 02 横浜 VS 滋賀 07:27 0 0 1 0. 03 横浜 VS 滋賀 12:44 2 1 2 50. 09 大阪 VS 横浜 15:42 2 1 4 25. 15 横浜 VS A東京 29:37 13 6 12 50. 28 横浜 VS 三河 17:54 0 0 3 0. 18 B. BLACK VS B. WHITE 13:39 5 2 3 66. 22 横浜 VS 川崎 12:20 0 0 4 0. 25 琉球 VS 横浜 07:22 0 0 2 0. 26 琉球 VS 横浜 15:13 2 1 6 16. 29 富山 VS 横浜 11:53 4 1 1 100. 01 横浜 VS 大阪 25:18 2 1 4 25. 02 横浜 VS 大阪 17:17 8 3 6 50. 08 A東京 VS 横浜 16:56 5 2 7 28. 09 A東京 VS 横浜 26:27 6 3 8 37. 12 横浜 VS 秋田 09:23 2 1 3 33. 15 横浜 VS SR渋谷 25:49 10 3 5 60. 16 横浜 VS SR渋谷 20:45 8 4 13 30. 14 三河 VS 横浜 14:30 2 1 4 25. 15 三河 VS 横浜 10:58 9 4 5 80.

次の

田渡 凌

田渡 凌

新型コロナウイルス感染拡大の影響で多くの人が思いどおりに生活を送れない日々を送っている。 中高生にとっては入学や進級などで環境が大きく変わる時期と重なっただけに新たな生活に大きな期待を抱く一方で、同じくらいの不安を抱いただろう。 そこでバスケットボールキングでは、BリーグやWリーグの選手たちに、高校時代を振り返ってもらうインタビュー特集をスタートした。 トップリーグで活躍する選手たちの高校時代の話を、今後の学生生活の参考にしてほしい。 第4回は、のキャプテンが登場。 バスケット一家に生まれた田渡は、指導者である父からどんなことを学んだのか。 前編・後編にわたってお届けする。 インタビュー・文=入江美紀雄、岡本亮 写真=B. 田渡 父(田渡優/東洋大学京北高等学校バスケットボール部監督)がバスケの指導者で、母も経験者だったんです。 2人の兄(長男/敏信、次男/修人、所属)もバスケをやっていたので僕も始めました。 いや、3歳?(笑)。 それぐらいバスケは身近なものでした。 それから東京ではすごく強かったですね。 兄の試合も観に行っていましたし、二ノ宮さん(二ノ宮 康平/)に憧れていましたから。 京北中は僕が小さい頃に全国優勝をしていたので、関東で上手い人たちが集まっていて、自然と京北中に行くのが夢になっていました。 でも、富樫は淡々と点を取り続けて、大事な時間帯にやられてしまいました。 僕はといえばその時ガス欠になってしまっていて。 それはすごく覚えていますね。 「こいつはなんてすごいやつなんだ!俺よりすごいな!」って思いました。 全中が終わった一週間後には京北高校の練習に参加していました。 高校の練習ではどんな部分で苦労しましたか? 田渡 京北中と京北高には明確な違いがあって、高校では水分補給できる回数が少なくなるんですよ。 中学ではいくらでも水分補給していいのですが、高校では1~2回。 でも、走る量自体は中学のほうが多かったから、水分補給さえあれば高校でも練習についていけると思っていましたが、重要な水分補給が少ないからしんどかったですね。 「喉が渇いて動けない」みたいな。 あの時の水の美味しさは一生忘れません(笑)。 ほかにも苦労したことがあって、中3の時に長野カップ(全国の強豪校が一堂に会する大会)で福岡第一高校と試合をした時に衝撃を受けました。 「ヤバい、この人たち上手い」って。 当時は玉井(勇樹)さんや園(幸樹)さんがいたかな。 田渡 そうです。 「このままじゃ高校でやっていけない」と思うほど衝撃的でした。 田渡 そうですね。 どうやってこんな人たちと戦ったらいいんだろう、って。 中学ではヘルプディフェンスをあまりしないけど、高校では留学生もいて、ヘルプもすごいし、衝撃的でした。 でも、1年生のウィンターカップで対戦した時は、応援やユニフォームを見て思わず身震いしたのを覚えています。 昔から高校バスケの試合をよく観ていましたし、能代工業といえば、強豪で有名な選手をたくさん輩出する高校です。 僕が対戦した時は有名な選手がいたわけではないから、名前負けするとは思っていませんでしたが、能代特有の雰囲気は感じました。 ユニフォームの着こなし方や、アップや応援、整列。 「これが能代か」って。 カッコよかったな~。

次の

Bリーグ横浜田渡が契約満了、自由交渉選手リストに

田渡 凌

『Sports Graphic Number』は創刊1000号を迎えました。 それを記念してNumberWebでも執筆ライター陣に「私にとっての1番」を挙げてもらう企画を掲載しています! 今回は長年育成世代のバスケットボールを取材している青木美帆氏が、最も記憶に残る全中(全国中学校バスケットボール大会)の試合を選出。 現在はBリーグで活躍する富樫勇樹(本丸中)と田渡凌(京北中)が激突した、2008年決勝の名勝負を振り返ります。 「私の一番」。 今回、編集部からこのようなテーマで依頼を受け、今まで仕事として立ち会った様々な試合を思い浮かべてみた。 しかし、結局のところ、この試合以上に私を衝き動かした一戦は存在しないと気づくのに、そう時間はかからなかった。 2008年8月25日。 こたつ記事の執筆が収入の大半を占めるバスケットボールライター(自称)から脱却するため、「中学生専門のバスケットボール雑誌」という超ニッチな雑誌の編集者に転じて、数か月。 生まれて初めて見た中学バスケの全国大会で、こんなにとんでもないものを目撃することになるとは思ってもみなかった。 頭が沸騰しそうになる32分間。 とにかく、両チームのエースがとんでもなかった。 本丸中の富樫勇樹と、京北中の田渡凌。 2人が繰り出すプレーの1つひとつに、頭が沸騰しそうになる32分間だった。 これは本当に中学生の試合なのだろうか。 数週間前に取材したばかりのインターハイでも、彼らほどのうまさを持った選手はそれほど多くなかったのではないだろうか。 何度も何度も、そう思った。 言うまでもなく、本丸中の富樫勇樹は、現在の日本代表や千葉ジェッツで活躍するあの富樫であり、京北中の田渡凌は横浜ビー・コルセアーズのキャプテンで、『テラスハウス』への出演でも話題を呼んだ田渡である。 「あの試合を生で見られたことは、すごくラッキーなことだと思うよ」 先輩編集者からそう言われたのは、新潟から東京への帰り道だっただろうか。 あれから10年以上が経った今、改めてその幸運を噛みしめずにはいられない。

次の