炭治郎 痣。 鬼滅考察!炭治郎右目は失明?左腕シワシワ元に戻らない?痣代償は?|WUG Love〜エンタメ話題のわぐらぶ〜

鬼滅の刃|炭治郎の痣はいつから変わった?額の傷ができた理由についても

炭治郎 痣

^^ 亡くなった父親の後を継いで炭焼きを営んでいました。 ある日仕事の都合ですぐに家に帰ることができず、仕方なく外泊することになった炭治郎。 すると、彼に悲劇が訪れました。 翌日、家に帰った炭治郎を待っていたのは・・・。 変わり果てた母親と兄弟たちの姿でした。 それらは全て鬼の仕業だったのです。 奇跡的に生きていた妹も、鬼へと変わり果ててしまっていました。 炭治郎は、 鬼になってしまった妹を人間に戻すこと。 そして 家族のかたきを討つこと。 これらを目的に鬼を狩る組織・鬼殺隊に入隊するのでした。 スポンサーリンク 炭治郎の顔の痣の謎 出典元:ツイッター 恐らく初見で最初に気になるのは、 炭治郎の左の額にある火傷のような痣ではないでしょうか? 普通にかわいらしい顔に、これだけの痣があったら凄く目立ちますよね! では、 この痣は一体なぜできてしまったのか? 何か大きな理由があるのか? 炭治郎の父親にも生まれつき同じ痣があったことも関連があるのか? などなど、考察が好きな方は気になって仕方ないと思いますが。 理由は以外にもシンプルなものでした。 ^^ その理由がこちらの画像で語られています。 出典元:ツイッター 炭治郎は弟を火鉢からかばった際に、額に火傷を負ってしまったんです! どうやら 後天的にできた痣のようです。 その後、炭治郎は鬼殺隊への入隊を希望。 鬼殺隊最終選別の際にも火傷と同じ場所に傷を追ってしまい、さらに痣の色が濃くなってしまいました。 このように炭治郎の痣の経緯を見てみると、 ただの個性付のためのもののようにも感じられますが・・・。 んなわけありません〜! 炭治郎の覚醒はいつ? 原作漫画94話で、 炭治郎は絶体絶命のピンチに陥ってしまいます! そんな中で炭治郎は必死に考え、 つま先から頭の先まで使って限界を超えきっていた体には、ある変化が・・・。 出典元:ツイッター なんと!痣が色濃く大きくなり、限界を超えた力を発揮して勝利する炭治郎! まさに「覚醒」とも言えるこの瞬間ですが、 原作漫画では94話でのでき事となっています。 アニメだと・・・2クール目が無いと見られないかもしれません。 【追記】炭治郎の痣は確かに後からできたものです。 ですが、炭治郎が使う「日の呼吸」の開祖・ 継国縁壱 にも、同じように痣がありました。 出典元:ツイッター 【追記】この痣の出現条件が判明しました。 ただ、 継国縁壱だけは老人になって兄(上弦の壱・黒死牟)と対峙するまで長生きでしたので、 もしかしたら縁壱だけは特別だったのかもしれません。 無残を倒すための、人間として限界以上の力を発揮する痣持ちの剣士たち。 柱たちと炭治郎・善逸・伊之助・カナヲたちで強力タッグを組み鬼を倒していき、 悲しみの連鎖を断ち切って欲しいですね。

次の

【炭治郎の痣の伏線は7話からだった⁈痣の模様の意味とは?】

炭治郎 痣

火鉢を倒した末っ子を庇った時にできた火傷の跡なのです。 しかし、その直後にまた痣の形が変わることに・・・鬼殺隊の最終選別のことです。 最終選別では、それほど強い鬼は出ないかと思いましたが、鱗滝に強い恨みを持ち、兄弟子たちの仇となる鬼に遭遇してしまいます。 その鬼の攻撃により炭治郎は額に怪我を負うこととなりました。 その傷の跡が残り、痣の形が変わることとなったのです。 その後は特に痣の形が変わることなく物語が進んでいくのですが、激しい戦闘が起きるたびに痣が反応すると言うことが後々に判明します。 「遊郭潜入作戦」編で、鬼の最高位である十二鬼月との戦闘をすることとなった竈門炭治郎。 上弦ノ陸である兄妹鬼、堕姫・妓夫太郎に対し、竈門炭治郎は苦戦を強いられます。 この戦闘の終盤で、 炎のような丸みの帯びた痣に変化し、色も濃くなっています。 「遊郭潜入作戦」編の後、竈門炭治郎は刀鍛冶の里に行くこととなりました。 ここでも、竈門炭治郎は上弦の伍・玉壺と上弦の肆・半天狗たちとの戦闘に巻き込まれ、死闘を繰り広げます。 この時も、竈門炭治郎の痣は堕姫・妓夫太郎と戦った時のような痣に変化していきました。 この戦いのどちらも、戦闘が終わった後には元の火傷の跡に戻っていました。 スポンサーリンク 痣 おでこの傷 はなぜできたの? この痣ですが、基本的には死闘を繰り広げた時のみ出現しています。 「遊郭潜入作戦」編では上弦ノ陸・堕姫、妓夫太郎、刀鍛冶の里では上弦の肆・半天狗と、鬼の幹部クラスである強敵と戦い、いずれも死と隣り合わせな接戦になります。 つまり、 痣の発現のキーとなるのは鬼との死闘 なのです。 そしてこの痣については、「柱稽古」編において、産屋敷当主の代理・産屋敷あまねが柱たちに説明しています。 どうやら、戦国時代に鬼舞辻無惨を追い詰めた「始まりの呼吸」を使用する剣士たちは全員、竈門炭治郎と同じような痣が発現していたとのこと。 また、産屋敷あまねは痣を持つ剣士の周りには、まるで共鳴するかのように剣士たちに痣が現れる、とも言います。 実際に、刀鍛冶の里で共闘した恋柱・甘露寺蜜璃と、霞柱・時透無一郎も痣が発現しました。 この痣は、力を増幅させる代わりに、命を前借りしているような状況だそうです。 「始まりな呼吸」を使用している剣士は、目から流血したり、身体に深刻なダメージを受けているような描写が多いため、痛いデメリットがあるのかもしれません。

次の

鬼滅の刃|炭治郎の痣はいつから変わった?額の傷ができた理由についても

炭治郎 痣

時透無一郎の考察によると、2つの条件を満たすことで痣が発現します。 鬼に対する怒りがトリガーとなり、2つの条件を満たす場合が多いです。 ただし、条件を2つとも満たすには、命に関わるほどの負荷が体にかかります。 痣持ちの剣士の数が少ないのは、条件を満たすことが困難なためだと考えられます。 痣持ちが1人現れると伝搬する 痣持ちの剣士が1人現れると、周りの剣士にも伝搬するように痣が発現します。 現在の世代では、炭治郎がその最初の1人にあたります。 実際に炭治郎の痣発現後 上弦の陸との戦闘後 には、炭治郎と共に戦った無一郎と密璃に痣が浮かび上がりました。 赫刀の発動条件になっているかも? これまで赫刀を発動した人物は、発動する前に痣が発現しています。 「万力の握力」を出すために身体能力を爆発的に向上させる必要があるため、痣が発現していることが赫刀の発動条件の1つになっている可能性が高いです。 赫刀の発現条件はこちら 痣のデメリット|25歳で死ぬ? 基本的には25歳で死ぬ 上弦の壱「黒死牟」の発言から、痣の発現した剣士は、基本的に25歳で死ぬことが判明しています。 25歳で死亡する理由は、体に大きな負荷がかかる 痣の発現が命の前借りにあたるためだと、黒死牟の発言から推測できます。 例外的に25歳を越えても生きた縁壱 しかし、例外的に25歳を越えても生きた人物がいます。 継国縁壱です。 生まれて時から痣を持つ縁壱は、 80歳を越えても生き続けました。 25歳を越えても生き続け、老衰で生涯を終えた縁壱。 長生きできた理由は、189話時点では判明していません。 しかし今後、炭治郎の過去回想から、長生きする方法が判明する可能性があります。 方法によっては、痣を発現した今の世代の剣士達も生き残るかもしれません。 痣を発現したキャラ一覧 痣を発現した鬼殺隊のキャラ キャラ 年齢 痣の発現状況 竈門炭治郎 15歳 幼少期に火鉢で火傷し、痣 傷跡 ができる。 その後、最終選別、上弦の陸「堕姫・妓夫太郎」戦・柱稽古にて痣が変化。 21歳 上弦の参「猗窩座」戦にて、背中の痛みに対する怒りから痣が発現。 14歳 (死亡) 上弦の伍「玉壺」戦で、過去の記憶を取り戻し、鬼に対する怒りから額と頬に痣が発現。 黒死牟との戦いでも痣を発現させる。 19歳 上弦の肆「半天狗」戦にて、柱として隊員を守る覚悟から、胸元に痣が発現。 21歳 鬼舞辻無惨との戦いで、体温を意図的に上昇させ、体に痣を発現させる。 不死川実弥 21歳 上弦の壱「黒死牟」戦で、体の傷を縫った後に痣が発現。 悲鳴嶼行冥 27歳 上弦の壱「黒死牟」戦で、時透の発動条件を参考に、腕に痣を発現。 25歳を越えており、その日の内に死ぬと黒死牟から告げられる。 30日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、U-NEXTで配信しているアニメも見放題なので、気軽に体験して無料で漫画を読んじゃいましょう。 週刊少年ジャンプ連載「鬼滅の刃」の概要 時は大正。 竈門炭治郎は、家族とともに山でつつましくも幸せな日々をおくっていた。 ある日、町で炭を売りに出かけた炭治郎が山に戻ると、家族は鬼に襲われ血だまりの中で絶命していた。 唯一、一命をとりとめていた妹・ 禰豆子を救うべく、降りしきる雪の中背中に背負い必死に雪山を下りる炭治郎。 その途中、 禰豆子は突然唸り声を上げ、炭治郎に襲いかかる。 鬼と人との切ない物語__。

次の