仕事 自由。 社内どこでも仕事をしてOK!? 社員が机から自由になるフリーアドレスオフィスをつくる シフトブレインの試み(株式会社シフトブレイン訪問[1])|最新!オフィスづくり(作り)ラボ アスクル みんなの仕事場

自由を求める人におすすめな、7個の生き方や仕事

仕事 自由

Sponsored Link 今までは自由だったのに、バイトや正社員の仕事を始めた途端規則に縛られてオシャレができなくなってしまった…なんて寂しい思いをしている方も多いと思います。 会社の規則を守るのは社会人としてもちろん当たり前ですが、厳しすぎてオシャレが出来ないなんて、なかなかストレスが溜まるものがあるんじゃないでしょうか。 もちろんスーツやしっかりした格好で働くほうが身が引き締まる、という方もいらっしゃるでしょう。 でもちょっとしたおしゃれも楽しみたいですよね。 服装やネイル、ヘアスタイルが自由のお仕事は意外と沢山あります。 「どんな職種が服装やネイルが自由なんだろう?」「そもそも規則が厳しいところばっかなんじゃない?」なんてお思いの方に! 今回は仕事中もオシャレを楽しめる職種をご紹介していきます。 どんなお仕事があるか、一緒に探っていきましょう。 もくじ• 一般事務• 制服:会社により有り• 髪型:派手過ぎなければ自由• 髪色:派手過ぎなければ自由• アクセサリー:派手過ぎなければ自由• ネイル:派手過ぎなければ自由• 年齢層:20代〜40代 一般事務のチェックポイント! 女性の仕事として人気の事務スタッフ。 OLのイメージが強いですが、 正社員だけでなくバイトや契約社員など働き方が色々選べます。 さらに最近では、 経費節減の為に制服を廃止している会社も増えてきています。 オフィスカジュアルを心がけなければいけないこともありますが、その範疇でファッションを楽しめるのも良いところです。 髪型や髪色も、派手過ぎるものでなければ自由とされているところが多いです。 ネイルに関しても常識ある範囲ならOK。 実際にネイルカタログ等で、「オフィスに合うシンプルネイル」などを特集しているのも見かけます。 営業のサポート等で外に出ることがある方は、特に爪に気を使っているという方も多いんだそうです。 経理の仕事で長く働いている友人に聞いた所、最初はとても厳しかったのですが途中から身だしなみの規則がかなりゆるくなったとか。 転職エージェントを使ったときも、「ネイル禁止にしているオフィスはあまり無い」と聞いたと言っていました。 髪色は13トーンくらいまでなら何も言われないんだそうです。 硬いイメージのある事務職も、意外とオシャレを楽しめる職種に変わっていたんですね! 一般事務の仕事内容 一言で「事務」といっても色々な仕事があります。 データ入力、Excelやパワーポイントでの資料作成、書類整理、電話の取次、経理等…。 基本的には会社のオフィスで、パソコンを使って仕事をします。 ビジネスマナーが身につくこともあり、若い女性にも人気の職種です。 オフィスワークデビューは一般事務の仕事だった、なんてひとも多いようです。 サポート的な仕事が多いため、「自分の仕事が誰かの仕事の成功につながる」という意識を強く持つのが大切です! 求人によって募集されている仕事内容は様々で、それによって オシャレの自由度も変わってくるようです。 お客さんを会議室にご案内したりお茶出しをする可能性がある場合は、デザインに気を使う必要があるかもしれませんね。 【リクナビNEXT】の転職情報 コールセンター• 制服:基本的にはなし• 髪型:自由• 髪色:自由• アクセサリー:自由• ネイル:自由• 年齢層:20代〜50代 コールセンターのチェックポイント! 高時給で服装自由のお仕事といったら、コールセンターを思い浮かべる方も多いんじゃないでしょうか。 実際 インセンティブ制度を設けているところも多く、なんと時給3500円を叩き出す猛者もいると聞きます。 流石にそこまでの高時給は極端な例ですが、 最低でも時給1000円は越えるので稼ぎやすい職種といえそうです。 制服は基本的には内容です。 服装、髪型、髪色、アクセサリー、ネイル等自由の求人を多く見かけます。 以前友人に聞いた話では、ゴスロリの格好をしたりコスプレみたいな格好をしてくる女の子がいたそうです。 ただし大手起業が直営しているコールセンターやサポートセンターでは、身だしなみに厳しいことも。 また金融系や保険関係など、専門知識や資格が必要なジャンルもスーツ着用を義務付けている会社もあります。 いづれにしても求人情報に明記されていますので、見落とさないようチェックしてみてください! コールセンターの仕事内容 コールセンターは大きく分けて2種類のタイプがあります。 お客さまから電話がかかってくる 「インバウンド」、お客さまに電話をかけてご案内をする 「アウトバウンド」です。 受信側のインバウンドでは、お客さまからのクレーム対応、お問合わせのご案内、トラブルの解決などが主な仕事。 発信側のアウトバウンドは、お客さまへ営業の電話をかけることが中心のお仕事です。 どちらも ノルマが発生することもあり、厳しいところだと「達成できないとクビ」なんていうブラックとも思えるような会社もあるようです…。 「いくらお給料が高くてもそんなとこで働きたくない!」わかります、ご安心ください!求人情報には「ノルマ無し」と明記されているものもたくさんあります。 また、お客さまに怒られたりクレームを受けたりするのが不安、という方も多いと思います。 そんな時!求人を探すポイントがあります。 それは、 「個人ではなく法人対象のコールセンターをさがす」ことです。 企業や店舗が対象になっている場合は、比較的クレームも受けにくいようです。 【リクナビNEXT】の転職情報 アパレル等ファッション販売• 制服:なし• 髪型:規定内で自由• 髪色:規定内で自由• アクセサリー:規定内で自由• ネイル:不可のところも• 年齢層:10代〜30代 アパレル販売のチェックポイント! おしゃれな女子に人気なのが、アパレルやアクセサリーなどの ファッション関係の販売です。 デザイナーやスタイリストなどを目指す人も多く、刺激を受けながら仕事ができる業界です。 制服はなく、お店で販売しているアイテムを身につける決まりがあります。 社割で好きな服やアクセサリーが手に入るのも嬉しいポイントですね! 髪型や髪色に関して多くのお店で自由ではありますが、そのブランドの雰囲気に合わせなければいけません。 アクセサリーに関しては、「店頭に置いていないものは不可」としていることも。 また指輪などが商品を傷つけてしまう恐れがある場合は、着用は認められません。 ネイルも同様で、シンプルで落ち着いたものにするなど配慮しましょう! ただし大手のファッションブランドなどでは、身だしなみの規則が厳しいこともあります。 求人を良く読んだり店員さんをチェックするなどし、自由にオシャレを楽しめるか確認してみるのも一つの方法ですね。 アパレル販売の仕事内容 お客さまへコーディネート提案、店内のディスプレイ変更、商品整理やレジ打ちなどが主な仕事です。 扱っている商品の性質上ホコリが溜まりやすいため、頻繁に清掃を行うお店もあります。 仕事をする上で大事なのが、 「自分はお店の看板」という意識を持ち続けること。 棚に並んでいるだけでは売れなかった商品も、店員さんが身につけた途端ヒット商品になっちゃうってこともあるんです。 また季節の変わり目には大量の新商品が入荷するため、スタッフ総動員で品出しを行います。 こういうときに いち早く商品を見ることが出来るのも、販売員の良いところです。 トレンドをチェックしたり、今何が流行っているのかアンテナをはることも大切。 「好き」が活かせて成長できる、メリットもたくさんある仕事と言えそうです! 【ファッショーネ】の転職情報 バー店員• 制服:店舗により有り• 髪型:自由• 髪色:自由• アクセサリー:自由• ネイル:自由• 年齢層:20代〜30代 バー店員のチェックポイント! 二軒目には雰囲気のあるところで飲みたい!ってなったら、おしゃれなバーに行く方も多いですよね。 個人経営のこじんまりとしたお店もたくさんあって、雰囲気を作るために 「オシャレ自由」としているところが多いです。 制服に関しては用意されているところがほとんど。 私服勤務だとしても、シャツに黒ズボンのみなど決まりに則った服装をする必要がありそうです。 髪型や髪色はオシャレなら自由。 アクセサリーもお店の雰囲気に合わせて身につけることが出来ます! ネイルに関しては、あまりにも長過ぎるものやデコが多すぎるデザイン以外ならOK! ただし飲食店なので、お客さんから見て 清潔感があるかないかはしっかり気を配ります。 またチェーン店や高級志向などお店によっては規則が厳しいこともあるので、できるだけ個人店などの自由な雰囲気のお店を探すというのも一つの方法としてオススメ。 バー店員の仕事内容 お客さまから注文を取る、お酒を作る、テーブルの片付け、掃除などが主な仕事。 居酒屋と違ってカウンターでお客さまと対面して接客をしますので、 高いコミュニケーション能力も必要です。 またカクテルを提供するお店では、それだけで沢山のレシピを覚えなくてはいけません。 女性のバーテンダーはあまり多くないとは言え、注文さえも聞き取れないなんていう失敗が怖いって方もいるみたいですね…。 そんな時オススメなのは、ビアバーやウイスキーバーなど 各ドリンクに特化したお店を選ぶこと! 他にもダーツバーやジャズバーなど、そのお店のコンセプトに合わせて仕事内容や必要なスキルも変わってきます。 どれも趣味色が強いので、自分の興味のあるジャンルから選ぶというのも良いかもしれません。 【リクナビNEXT】の転職情報 屋内軽作業• 制服:なし• 髪型:自由• 髪色:自由• アクセサリー:不可• ネイル:不可• 年齢層:10代〜50代 倉庫内軽作業のチェックポイント! コミュニケーションを取るのが苦手、短期でサクッと稼ぎたい、と言った方に人気の仕事です。 制服は基本的には無く、作業に適した服装でお仕事をします。 汚れても良いようなTシャツにジーパン、動きやすいスニーカーがオススメ! 冬は寒いこともあるので、作業用の上着もあると快適にお仕事が出来ます。 中には長期勤務の人のみ、会社から支給される作業服を着ているところもあります。 接客がありませんので、 髪型や髪色は自由なところがほとんどです。 ただし作業の邪魔になるような髪型は避けたほうがよいでしょう。 アクセサリーやネイルは仕事をするとき怪我につながることもあるため、不可とされているところが多いです。 特に倉庫作業の場合結構な運動量になりますので、日頃の運動不足が気になる方にもオススメです。 軽作業の仕事内容 軽作業の仕事は多岐にわたるため、私と友人が経験した3つの軽作業をご紹介します。 一つ目が倉庫内での仕分けや梱包。 小売店などから発注された商品を広い倉庫の中から探し出し、ダンボールに仕分けしていく仕事です。 発注書には品番が書かれていて、その順番通りに商品が並んでいます。 宝探しゲームみたいで楽しいですよ! 二つ目が商品の検品などのチェック作業。 ベルトコンベアに流れてくる商品に破損がないかひたすらチェックしたり、箱詰めされた中身が間違っていないかなどを確認する仕事です。 友人が工場で検品をしていたそうですが、同じものが流れ続けてくるためだんだんゲシュタルト崩壊し始める…なんて言ってました。 三つ目はオマケや化粧品の組み立て作業。 これは座り仕事なので、体力的には 軽作業の中でも最も楽と言えるかもしれません。 ただしひたすらシールを貼ったりひたすらパーツをはめ込むだけの仕事なので、「アクティブに仕事がしたい」「単純作業が苦手」という人にはおすすめできません。 軽作業の特徴としては、お昼休みだけでなく 間に頻繁に休憩があること。 カラダに無理なくしごとができるのも良いところです! 【リクナビNEXT】の転職情報 デザイナー• 制服:なし• 髪型:自由• 髪色:自由• アクセサリー:自由• ネイル:自由• 年齢層:20代〜40代 デザイナーのチェックポイント! 専門知識が必要ですが、PCが触れればOK!など 未経験者でも意外と募集があるのがデザイナーの仕事。 「外見も自己表現」と言われる業界でもあるため、服装は個人のセンスに任されています。 髪型や髪色、アクセサリーやネイルも自由!デザイナーは オシャレを楽しみたい人の天職かもしれません。 普通の仕事ではNGとされるようなピンクの髪色とか、ハットをかぶって仕事をするなんてことも可能。 ただし打ち合わせでクライアントに会うときは、身だしなみをきちんと整えることも大切です。 TPOをしっかりわきまえることが大事なんですね! デザイナーの仕事内容 広告などのデザインをするグラフィックデザイナー、インターネットのサイトを作成するウェブデザイナー、ゲームをデザインするゲームデザイナーなど様々な仕事があります。 やっていることはバラバラに見えますが、意外と仕事の内容は共通しています。 クライアント仕事の場合はお客さんと、社内サービスの場合はチームと打ち合わせをして、デザインの方向性を決めていきます。 その要望や課題を噛み砕いて理解し、 形を作り上げていく仕事です。 何度も修正が発生したり、理想と違うとイチから作り直しをさせられたりと厳しい反面、商品が出来上がったときの達成感は何にも替えがたいものがありますよ! スキルが必要なためなかなか挑戦しづらい…と思う方も多いかもしれませんね。 正社員で未経験の転職はやや難しいですが、アルバイトだとアシスタントとして求人を出しているところもあります。 働きながら手に職がつけられるので、ちょっと頑張ってみるのもありなんじゃないでしょうか! 【リクナビNEXT】の転職情報 在宅ワーク• 制服:なし• 髪型:自由• 髪色:自由• アクセサリー:自由• ネイル:自由• 仕事がキチンと出来ていれば、どんな格好をしようがどんな態度でいようが誰も怒る人はいません。 会社や企業から受ける仕事の場合は中間報告を出さなければならなかったり、打ち合わせに頻繁に参加しなければいけなかったりということも。 でも自宅やカフェなど、好きなところで好きなように仕事ができます。 究極パジャマで仕事してても良いんです! 面倒くさい上司からの小言やお局からのイジメに耐える…なんて会社ではよくあることですよね。 在宅ワークならそれがありません。 これは… 究極の仕事ですね。 在宅ワークの仕事内容 モノを売らない販売サイト!? WEBサービスを利用して出来る仕事は様々ありますが、中には 「こんなのまで売ってるの!?」なんて思うようなサービスもたくさんあります。 例えば「夕飯のレシピを500円で考えます!」「デートプランに使えるお店を500円で教えます」など…嘘みたいですが、コレが本当に売られていて実際に買っている人がいるんです。 どうでしょう、何となくすぐに出来ちゃいそうな感じじゃないでしょうか。 しかも 自分の知識や得意なことで誰かに喜んでもらえるってうれしいですね! 最近はSNSのアイコン用イラストや似顔絵が人気みたいです。 イラストがかける方は強いかもしれません。 このサービスは、テレビやネットメディアなどでも時々話題になる 「ココナラ」というサイトが運営しています。 「なかなかまとまった時間が取れない」という方には、ココナラのサービスはとってもオススメ! 何と言っても気軽に始められますし、自分の都合に合わせて依頼を進めていけばOKです。 【ココナラ】でスキルを売ってみる 誰でもショップの店長になれる! 趣味でアクセサリーを作っている、絵を描くのが好き…なんていう方。 それを是非商品化してみませんか? なんと無料でECサイトが作れて、オリジナルのTシャツやスマホケースまで作れちゃうサービスがあるんです! アプリも人気があるので聞いたことがある方も多いかもしれませんが、その名も 「BASE」というサービス。 サイトのデザインは おしゃれなテンプレートが沢山用意されていて、ブランディングもしっかりできちゃいます。 ユーザーもアーティストを目指す美大生や陶芸家の卵など、クリエイティブセンスを刺激されるようなお店が沢山!! 情報をアップロードするだけで簡単にサイトが作れますので、ひとまずショップを作っておくっていうのもアリですよ。 【BASE】を利用する 自分の時間でしっかり稼ぐなら! 「スキルはあるけどコネも無いし、結局は会社で仕事しないとダメそう」…たしかに一昔前まではそうでした。 でも今は 誰でも気軽に在宅ワークが始められちゃいます。 どうするかというと…ズバリ 「WEBで仕事をさがす」のです! 今回ご紹介する 「クラウドワークス」は、日本最大級のお仕事マッチングサイト。 いわゆるクラウドソーシングといわれるサービスです。 会員数や仕事の依頼数は日本最大級、 誰もが知っている大手起業から成長株のベンチャーまで様々なクライアントがお仕事を募集しています。 WEBやその他デザイン、システムの知識がある人や写真の撮影・加工技術がある方は、 フリーランスとしてしっかり稼ぐことも可能です。 「そんなこと言ったってまとまった金額を稼ぐには手に職が無いとだめでしょ?」いえいえそんなことはありません! クラウドワークスでのお仕事には、 経験不問のお仕事も沢山掲載されているんです。 未経験でもできる仕事は何かというと、ブログや口コミサイトなどの文章作成、いわゆる 「ライティング」のお仕事です。 ライターって専門の学校や大学を卒業して経験を積んだ人がなるってイメージをお持ちの方もいるかもしれませんね。 もちろんプロのライターは文章力などの知識をもっている方が中心です。 ブログや口コミ・体験談サイトなどはリアリティが求められるため、むしろ 一般の人が書いた文章のほうが求められるということもあります。 例えば以下のようなテーマがありました。 ダイエットに関する体験談の記事作成・1500文字• Amazonで商品購入についての記事・2000文字〜• ブログ記事作成代行・5000文字〜• ネットオークションなどのリサーチ・フォーム入力• 育児・保育のアドバイス記事・2000文字 身近な題材のものが多いため、 自分が書けそうなテーマの案件を選んで挑戦することができちゃいます。 文字数はだいたい1500字以上のものが平均的。 そんなにかけないよーと思われるかもしれませんが、書いてみたら1000文字なんてあっという間だったりします。 ちなみに今ご覧頂いているこの記事で大体8000文字くらい。 意外と行けそうじゃないですか? 慣れてしまえば一日に数件こなすこともできるようになるため、スキルに自信がない人も 在宅でしっかり稼げるようになるというわけです。 最初は少し大変かもしれませんが、チャレンジしがいはあるんじゃないでしょうか。 クラウドワークスでライティングのお仕事を探す際、気をつけなければいけない点もあります。 それは、 「リライトやコピペをきちんと禁止しているお仕事を選ぶ」ということです。 大手キュレーションサイトの事件でも話題になりましたが、中には「検索順位でトップにいるサイトの記事をリライトする」なんていう悪質なお仕事もあります。 リライトするよう渡されたテキストデータが、実は他サイトを丸々コピーしたものだったなんてこともあるそうなんです。 最悪 著作権違反で訴えられる可能性もありますので、仕事の内容はしっかりチェックすることをおすすめします!.

次の

自由に働ける仕事がいい!出勤・休み・働き方が自由で稼げる仕事3選

仕事 自由

自分の生き方を考える 『自由な生き方』とはなんでしょうか? 自由な生き方と言えば、「フリーランス」「起業」「脱サラ」「セミリタイア」「好きな仕事」等々のキーワードが思い浮かべますが、自由な生き方は、人それぞれ形は違うと思います。 最初に、自分にとっての『自由』とは何かを少し考えてみましょう。 今現在、職場を不自由と考えているのならば、その理由を少し突き詰めてみましょう。 家族と過ごすことが煩わしく、ストレスフリーな環境を見つけられないのならば、その原因を。 恋人や友人関係が窮屈で楽しくないのならば、何にそう感じているのか思い返してみてください。 どういう状況に於いて「自由に生きられない」「不自由だ」と思うのか、それは人によって違います。 ですから、一般的な常識や何かは置いておいて、自分の中の感覚を研ぎ澄ましてその瞬間を明確にしておいてください。 決して、その理由や原因を覆そうというのではありません。 まずは、自分がそうしたことに『不自由』を感じるのだな、と自覚することが第一歩なのです。 そうすれば、あなたが何を『自由』と捉えているのか、『自由な生き方』とはどんなものと考えているのか、気付く一端とすることができるでしょう。 自由な生き方のための仕事 仕事、働くことは、生きていく上では必ずしなければならないことでしょう。 生活するためお金を稼ぐために必要なことです。 仕事には、簡単に換算すれば1日の3分の1ほどの時間を使わなければなりません。 となると、働かなくてよくなるまでの間は、人生の3分の1ほどを、時間的にハードな仕事ならばひょっとするとさらに多くの時間を仕事に注ぎ込まなければならないでしょう。 自分の人生の中でそれだけの比重をがあるものですから、人生そのものに大きな影響を与えると考えて間違いありません。 ですから『自由な生き方』を考える上で、仕事の選択が重要になってくるのです。 あなたに合った仕事とは あなたはどんな基準で仕事を選んでいますか?「それしかできないから仕方なく」ではなく「ここでしか働けないから辞められない」ではなく、自分の意志を基準に、また、自分の都合のために、仕事を選ぶことができているでしょうか? 仕事の内容は問いませんし、貴賤もありません。 自分が自由に生きるためにやりたいと思うこと、やるべきだと思うこと、そのために選んでおいたほうがいい選択肢、を心の中に思い描いてから、世間に多くある仕事を評価してみましょう。 「趣味に時間を割きたいからなるべく稼働時間の少ない仕事を」• 「仕事を生き甲斐としたいから、やりたいことができる仕事を」• 「人間関係が煩わしいから、関わる人間が少ない仕事を選びたい」 時間的に楽な仕事、やり甲斐のある仕事、人間関係のよい職場…なにを最も大事に考えて選ぶかは、生き方と同じで『人それぞれ』です。 必ず人生の中で大きな比重を占めてくる『仕事』です。 面白くなくても楽しくなくてもやらなければならないのですが、どうせだったら、自分の生き方に合わせて選ぶことです。 そして、総合的に見て「自分に合っている」「自分の生き方にちょうどいい」ものを選んでみてください。 具体的なチェック項目を念頭に置いておくこと 仕事を選ぶときに、まずあなたの心の中に基準を決めてください。 前述した「やりたい」「やるべき」な選択肢を、しっかりと据えておくのです。 その上で、その基準を忘れずに以下の5つの点を考えてみましょう。 どこで働きたいか• どれくらいの時間働きたいか• 目標のために合った仕事なのか• 職場で何をしたいのか• どんな人々と働きたいのか あなたにとってはどの項目が一番重要なのか、など、順番を決めておくのもいいでしょう。 この5項目を常に頭の中に据え、今現在どういう状況か、満たされるためにはどうしたら良いのか、いつも考えてみてください。 仕事を探すときに、また、自分の現在の状況を良いものにしていくために、この5点のチェックは必ず怠らないようにしていきましょう。 賢い仕事の選び方 「好きな環境で、自分が昔からやりたかった仕事を生き甲斐としたい」のでも「遊べる場所が多いところで、短く働きストレスフリーな生活をしたい」のでも「仕事自体は苦しくてもイイ人が多い職場がいいな」というのでも構いません。 あなたがあなたに合うと思う仕事を、あなたなりの視点で探しましょう。 『自分がこの生き方をしたいから、この仕事を選んだ』という意識で、やらなければならない仕事を選択すれば、その仕事は『自由な生き方』を構成するひとつの要件となってくるのです。 そして、自分の意識をしっかりと持って選んだ仕事なら、就職してから「こんなはずじゃなかった」ような状況になってしまった場合の対処も早めにできるのではないでしょうか。 状況に流されることなく、常に自分の生き方を考え、自分に合った仕事を模索していれば、就活のときも就職したあとも、あなたに合った判断をきちんと下せることでしょう。 いつも、しっかりとアンテナを張り、考えることをやめずに『自由な生き方』と『自由な生き方のできる仕事』を考え検討することを忘れず、しっかり見つめていきましょう。 不自由でない人生はない ここまで『自由な生き方』のために、仕事を賢く選ぶ方法を述べてきました。 ですが、人間というものは、必ず何かに縛られて生きているものだということは忘れずにいてください。 人は必ず何かに縛られて生きていくものですよね。 それが家族であったり仕事であったり人間関係のしがらみであったり、人によってさまざまなのでしょう。 それらを、すっぱりと切り捨てるなどできることではありません。 ですが、不自由さを少しでも減らす努力をしたり、精神的な窮屈さを緩和するためにストレス発散したり、といったことはできるでしょう。 根本的に少しでも楽な職場を探すとか、仕事を早く済ませられるように自分のスキルアップをしておくとか、ストレス解消のための時間が避ける仕事を探すとか。 そうした自分なりの解決法に合わせて、襲い掛かる不自由さと戦っていきましょう。 不自由だからこそ『自由な生き方』を求めるし、それにちょっとでも近づけたら素晴らしいことだ、と考えておくといいでしょう。 本当は不自由なのですから、不自由なままでいたって特別不幸なわけではないのです。 そう考えて、少しでも不自由さを減らしたりして『自由な生き方』を求めて生きていく、健全な精神を心の内に保っていくことが、何より幸せな生き方なのかもしれません。 大事なのはあなたが自由だと思うこと 『自由な生き方』はどうやったらできるのでしょう。 前述のように「人は誰しも縛られて生きている」というのなら、そこから自由になるためにはどうしたらいいのでしょうか。 それは人によって違い、正解はないのです。 例えば極端に言えば「横断歩道を渡りましょう」と言われて「好きなところで道路を横切れないなんて不自由だ」と思う人がいれば「私の安全のためにわざわざ注意を促してくれて嬉しい」と感じる人もいるのだ、ということです。 人それぞれ違っているし、考え方ひとつなのだとも言えるかもしれません。 あなたが自由を感じるために、大仰に言えば幸せに向かうために、ストレスを溜めない考え方に心を向けてみませんか。 そうして、あなたに一番しっくりくるあなたなりの『自由』への道を探してみてください。 自由な生き方をするための仕事 さてその『自由な生き方』をするための仕事を、改めて考えてみましょう。 浮かぶイメージはどんなものでしょうか。 単純に考えれば「とても楽しくて時間を忘れるほど夢中でできる仕事」。 これが自由な生き方のできる仕事、のイメージではないでしょうか。 そうした仕事を見つけられなくて、不安に思っているのではないでしょうか。 ですが、前述してきたように、仕事の内容自体はどんなものでもいいのです。 あなたのライフスタイルに合っていて、あなたが納得して満足できていれば、気にするところはそこばかりじゃない、ということがもうわかってきているではないでしょうか。 楽しくないから自由でないとか、拘束されることが多いから自由でないとか、仕事に自分の『自由な生き方』が侵されてしまう、とは考えないでください。 仕事はあなたの人生のすべてを決定づけるものではなく、構成する一部なのだということを忘れないようにしましょう。 自由な生き方をするために必要なこと、仕事をするために必要なこと、それぞれのバランスをうまくとることが大切です。 仕事が絶対的なのではなく、自由が最も重要なのではなく、うまいバランスを考えて、あなたのとってのベストを『自由な生き方』と位置付けてみましょう。 お金(経済的な不安を解消するもの)• 時間(プライベートな時間を増やすもの)• 精神(人間関係が良くてストレスが少ないもの) 要素は大きく分けて上の3つです。 どこにどれだけの比重を置くのか、自分の中で決めて、それに合わせた仕事を選ぶことが、最も賢い選択でしょう。 100%ベストだとは思わないけれど、あなたがそれなりに満足していて充実できていれば、それが自由なライフスタイルを支える(もしくは自由なライフスタイルを壊さない)仕事なのです。 あなたの理想のライフスタイルとは 自由な生き方をするための仕事の選び方を述べてきましたが、いかがでしたでしょうか。 生きる上で一番大切なのは、自由さ、不自由さ、仕事、家族、友人関係など、人生を構成するものについて、100%あるか0%ない、などと極端に走るのではなく、それぞれ良いバランスを保っていく努力をするということです。 そうした感覚を、仕事を選ぶときにも活かしていくのが賢い選択の仕方です。 一番大切に思うことを一番の条件として、あなたが何を重要視しているのか心の中に順位付けをしておき、どれくらいなら納得できるか満足できるのかを常に考えて選ぶことです。 100%を求めずバランスをとるということは、一部妥協をするということですが、それも自分の中で納得できる妥協の仕方を選びましょう。 折らされるのではなく、自ら折れるようにすること、そのためには、いい加減な考え方をせずいつもきちんと考えを深めておくことです。 そうした努力を怠らなければ、自然とあなたの『理想のライフスタイル』は見つかることでしょう。 理想とするものにあなたが少しでも早く近づけるよう、心から願っています。

次の

時間が自由な職業とは?

仕事 自由

あなたは今、自分の仕事にわくわくしながら取り組んでいますか? もし「何か物足りない…」「ほんとうは別の仕事がしたかった」と思っているなら、に出かけてみてはいかがでしょうか。 仕事旅行とは、憧れの職業を体験できるサービスです。 たとえばを選んで日程を決めたら、実際に雑貨屋を訪問。 オープン準備の手伝いから仕入れ雑貨の値付け・ディスプレイ、お店に来るお客さんとのやりとりまで、雑貨屋店主の一日を体感することができるのです。 店主から直々に仕事の醍醐味や経営ノウハウを聞けるので、「将来雑貨屋を開きたい」と思っている人にとっては大きな学びになることでしょう。 価格は1万円程度、日帰り旅行気分で楽しめるのがポイントです。 など、2013年4月現在、サイト上には63の多彩な旅が掲載されていて、眺めているだけで「どんな仕事なんだろう」と想像が広がります。 冗談が飛び交い、突然合唱が始まるオフィス このサービスは、仕事旅行社の代表を務める田中翼さんの「仕事はもっと自由でいいんじゃないか」という疑問から始まったといいます。 新卒で金融業界に入ったのですが、4〜5年経った頃から、「ずっとこの仕事でいいのかな」と思うようになりました。 異業種交流会や勉強会に出席して他の選択肢を探っているうちにという会社に出会ったんです。 オフィスを訪問して、衝撃を受けました。 ソウ・エクスペリエンスはモノではなく体験を贈るカタログギフトを販売している企業です。 オフィスでは、カジュアルな服装のスタッフが笑いながら冗談を交わし合い、誰かが歌い始めるとみんなも加わり大合唱になるなど、自由極まりない雰囲気。 しかし、雑談の中からもしっかりとアイデアを出し、仕事に取り入れていたと言います。 本を読んでそういう社風の企業があることは知っていたんですが、実際に目の当たりにして、「こんなに楽しく仕事できるんだ」と世界が広がった気がしました。 現実のものとして噛み砕けたというか…。 実際にその場に行く、体験することってすごく重要なんだと思いました。 海外にはお金を払って1〜3日間別の仕事を体験できるサービスが普通にあると知り、現在の仕事旅行社の構想が出来上がってきました。 でも、普通の会社員だったのでなかなか起業に向けて踏ん切りがつかず、2年くらいうだうだと妄想していました。 その間にいま一緒に共同代表をしている内田と出会って、「面白そうですね。 やってみましょうよ」と言ってもらえたんです。 内田は行動派なのでどんどん形になっていって、知り合いベースで3つ体験先を集めてスタートしました。 最初の3か月は申込みが0で不安な日々が続いたと言いますが、メディアに取り上げられるようになって認知度が上がり、サービス開始から2年が経った今では、月に200人が仕事旅行に旅立っているそうです。 旅行のような気楽さ、なのに学びがある 女の子の憧れ、「花屋になる旅」 「人生を変える旅になりました。 こんな素敵な仕事があるんですね」「もう絶対にこの仕事をやる!って決めました」仕事旅行社には、参加者からのこんな嬉しい声が日々届いているそうです。 反対に、「なんとなく自分のお店をやりたいと思っていたけど、こんなに大変だったとは」と思って諦めるケースも。 それも決してネガティブなことではないと田中さんは考えています。 自分で何かを始めるとお客さんが来なければその日の収入は0だけど、会社にいればお給料はちゃんともらえる。 当たり前だと思っていた環境が、実はとても恵まれていることに気づいた。 それだけでも、大きな収穫じゃないかなと。 その後の仕事に対する意識が大きく変わりますよね。 仕事旅行に参加する動機やきっかけは人によってさまざま。 3割が「単純に楽しそうだから参加する人」、3割が「仕事に対してモヤモヤを抱えている人」、3割が「真剣にその仕事に就くことを考えている人」だそうです。 でも、「楽しそうだから」というだけで参加してもいいのでしょうか。 もちろんです。 むしろ、それくらい気軽に体験してほしいんです。 だって、旅行だから。 旅行って、明確な目的がなくて行ったとしても、必ず何か発見や刺激があるじゃないですか。 なんとなく楽しそうだから行ったら、結果的に学びになった。 それでいいと思っています。 実際、田中さん自身もさまざまな職場を訪問し、その度に新たな学びを得ているそう。 たとえばで知ったのは、僕たちが普段話している言葉と手話の文法が違うこと。 同じ日本語なのに、不思議ですよね。 だから手話で話していることを口で説明しようとすると、頭の中で同時通訳をしているような感じで凄く疲れるそうです。 今まで知らなかった世界で、「そうなんだ!」って驚きました。 研修をきっかけに「上の世代」の意識が変わる 「乗馬クラブで働く旅」で馬の移動の仕方を教わっているところ 最近では、企業が社員研修の一環として仕事旅行のサービスを使うケースも増えているそうです。 福利厚生の一環として取り入れることもあれば、自社商品やサービスに関連する分野への理解を深める目的で活用することも。 体験後に社員同士で振り返りをされるケースが多いのですが、自分の仕事に真剣に取り組んでいる人は、異分野の仕事を体験しても何かしら今の仕事につながるヒントを得るものだと思います。 また、に団体で参加した企業の皆さんが、お互いにゾンビのメイクを施してそのまま飲みに行っちゃうなんてことも。 親睦が深まるし、あとあとまで話題になりますよね。 それによって社内の雰囲気が前より少しでも楽しくなったら嬉しいです。 一つの業界、一つの企業に長くいると、専門知識は深くなるものの、どうしても外部の動きには疎くなりがち。 若手社員の中には、時代の流れを反映した新しい企画を立てても中堅どころの上司に意図をわかってもらえず、歯がゆい想いをしている方もいるのではないでしょうか。 普段の仕事旅行社の客層は20〜30代で情報感度が高い人たちがメインですが、「研修」という括りだとより広い層に体験してもらえるのがありがたいところ。 若手社員から見ると少し頭の固そうなイメージの部長さんが意外と一番楽しんじゃう、ということもあるんですよ。 50〜60代の豊かな知識と経験に、新たな視点と若い発想力が加わったら怖いものナシですよね。 そういう風に、仕事旅行を上手に活用してもらえたら嬉しいです。 組織全体の考え方が柔軟になり、イノベーションが生まれやすくなる。 「仕事旅行」でそうした効果が生まれたら、わくわくしますね。 「仕事とはこうあるべき」という枠を取り除きたい 「ネイチャーガイドになる旅」のテスト体験をする田中さん 2年前まで普通の会社員だった田中さん。 仕事旅行社の経営を通してたくさんの職場や人生を知り、仕事に対する考え方はどう変わったのでしょうか。 仕事って、ほんとうに自由だなと思いました。 ある人は社会をよくするためというモチベーションで頑張っている。 ある人は自分の好きなことをやり続けるために仕事をしている。 ある人は大好きな自然に囲まれてのんびり働くことを生きがいにしている。 ある人はお金を稼ぐことに夢中になっている。 ある人は一緒に働く仲間と協力して会社を大きくしていくことにやりがいを感じている。 みんなそれぞれのモチベーションで働いているけれど、そこに共通することは仕事自体を楽しんでいるということ。 社会起業もいいし、お金を儲けることを第一義にしてもいい。 「今の時代はコレが正解」とか「こんな会社はブラック」とか、世間は色々な常識やフィルターで覆われているけど、そういう枠を取り除きたい。 仕事ってもっと楽しいし、もっと自由なものだよねって言いたいです。 いつもと違う仕事を体験することで、視野が広がり見える景色が変わる。 もしあなたが何か悩みを抱えているなら、一歩枠の外へ踏み出してみてはいかがでしょうか。 もしかすると、「仕事が楽しくてしかたない」未来が待っているかもしれませんよ。

次の