スクリーン タイム 履歴 削除。 iPhone(Apple ID)で購入履歴の確認方法や削除方法!ゲーム内課金履歴も併せてチェック

【iPhone】スクリーンタイムでSafariの閲覧履歴を削除する方法

スクリーン タイム 履歴 削除

iPhoneやiPadのスクリーンタイムとは、アプリ別の使用時間の通知回数、端末を持ち上げた回数等の使用状況を把握、アプリの使用時間の制限、休止時間の設定等をパスコードありなしにより管理することによって、使い過ぎを防止する機能などが利用できます。 iPhoneやiPadなど複数端末でスクリーンタイムのレポートを共有したり、子供のスクリーンタイムのレポートや設定を管理することもできます。 ファミリー共有で保護者のiPhoneやiPadから子供のiPhoneやiPadのスクリーンタイムのレポートの 制限等の管理もパスコードありなしにより可能です。 また、子供が不適切なサイトへアクセスをしないように制限したり、利用できるアプリの年齢制限、設定変更の許可、アプリの削除や課金の制限などiPhoneやiPadの様々な機能制限を行うことができます。 iPhoneやiPadのスクリーンタイムは iOS12から搭載されました。 iPhoneやiPadの使い過ぎを予防するために自分がどれだけ使っているのかを可視化してくれ、子供のiPhoneやiPadのやり過ぎを制限可能なので親としては嬉しい機能なのです。 しかし搭載されたばっかりのスクリーンタイムは裏技というか、ほぼバグがあり、まだ未完成でした。 これからのiOSアップデートにより改善されるかもしれません。 スクリーンタイムでスクリーンタイムパスコードと休止ブロックをオンに設定したのに、スクリーンタイムパスコードを知らない子供が知恵を絞りスクリーンタイムのスクリーンタイムパスコードを突破しアプリを使用したという報告が出ました。 この記事ではiOS12のスクリーンタイムについて書いていきます。 まずはiPhoneのスクリーンタイムで時間制限になったときの画面を説明します。 スクリーンタイムの休止時間中のiPhoneがロックしている画面には、iPhoneの ロック画面にスクリーンタイムから休止中の通知メッセージが表示されます。 通知メッセージには、使用開始時間が表示されています。 iPhoneの設定アプリの通知設定で、スクリーンタイムからの通知をオフに設定している場合には通知メッセージは表示されません。 iPhoneの設定アプリの通知設定で、スクリーンタイムからの通知をオンに設定している場合に、休止中の通知メッセージがロック画面にスクリーンタイムから表示されます。 iPhoneのロック画面にスクリーンタイムの休止時間の通知メッセージが表示されていても、iPhoneのロック解除する方法に変更はありません。 いつも通りのやり方でiPhoneのロックを解除することができます。 iPhoneではスクリーンタイム機能を 自分で自分用に設定することができます。 自分でも気が付かないうちにどうしてもiPhoneを使いすぎてしまう場合などに、自分で自分へ制限がかけられるのです。 iPhoneのスクリーンタイム設定で休止時間をありに設定したり、時間超過したアプリが制限ありに設定すると、アプリ使用をやめたい時間や、どれだけアプリを使ってしまったかを自分で気がつくことができます。 それによってアプリの使用時間を自分で調節することができます。 iPhoneのスクリーンタイム設定で自分用にスクリーンタイム機能をありにして、パスコードはなしで設定したときの簡単なスクリーンタイム解除方法を説明します。 iPhoneの時間制限画面の制限を無視をタップすると、制限を無視の選択メニュー「15分後に再通知」、「今日は制限を無視」が表示されます。 今日は制限を無視をタップすると、選択したアプリが使用可能になります。 今日は制限を無視をタップしてください。 時間制限画面で、今日は制限を無視をタップすると時間制限の上にある砂時計が回転し、回転した後使用制限がなしになりアプリが使用可能になります。 休止時間設定で休止ブロックがオフになっている場合は、スクリーンタイムパスコードを設定してあっても、使用制限されているアプリを解除、時間延長するときにスクリーンタイムパスコード入力画面は表示されません。 休止時間設定で休止ブロックがオフになっているときは、スクリーンタイムパスコード入力なしで時間制限を解除、時間延長できます。 iPhoneでスクリーンタイム機能を自分で自分用に設定するとき、 スクリーンタイムパスコード設定をありにすることができます。 スクリーンタイムパスコードは、設定アプリからスクリーンタイムをタップしスクリーンタイム画面にいき、スクリーンタイム・パスコードを使用をタップするとスクリーンタイムパスコードを設定することができます。 スクリーンタイムパスコードは4桁です。 スクリーンタイム・パスコードを使用をタップしスクリーンタイムパスコードを好きな数字で4桁入力すると、もう一回スクリーンタイム・パスコードの再入力があります。 もう一度スクリーンタイムパスコードを入力していただくとスクリーンタイムパスコードが設定されます。 スクリーンタイムパスコードは忘れないようにしてください。 スクリーンタイムパスコードを設定して 休止ブロックをオンにすると、スクリーンタイム設定を解除するときにパスコードが必要になります。 スクリーンタイムパスコードを設定し、休止ブロックをなしにしているときは、スクリーンタイムを設定するときだけパスコードの入力が必要になります。 休止ブロックをオンにしていないと時間制限アプリを解除する時パスコード入力画面は現れません。 休止ブロックはスクリーンタイム設定画面でスクリーンタイムパスコードを設定した後、休止時間をタップすると休止時間画面に表示されます。 休止ブロックはここでオンオフの設定ができます。 休止ブロックをオンにしてスクリーンタイムパスコードをありにしているときの解除方法を説明します。 iPhoneのスクリーンタイム設定でパスコードを設定しても、時間制限を解除するためのパスコードを知らなくても 日付と時刻を時間制限外に設定すればスクリーンタイム設定が解除されてしまいます。 iPhoneのスクリーンタイム設定では、iPhoneの設定アプリの使用制限はできないようになっています。 なので、iPhoneの設定アプリから日付と時間を再設定し、時間制限外の時間にiPhone自体を設定してしまうと、スクリーンタイム設定は適用されず、時間制限されていたアプリがパスコード無しで使用可能になってしまいます。 iPhoneの設定アプリはパスコードなしで設定することができます。 iPhoneの日付と時間を再設定する方法を説明します。 iPhoneのスクリーンタイム設定のアプリ制限は、 休止時間を変更するかオフにすることで簡単に解除できます。 iPhoneのスクリーンタイム設定のアプリ制限の休止時間をオフにすると、次にアプリ制限の時間がきてもアプリの使用制限はオフになっているのでアプリ制限されません。 休止時間設定がオンになっていると、休止時間を変更した時間が再びきたら使用制限されます。 しかしスクリーンタイム機能の休止時間設定では、休止時間設定だけされているアプリの使用制限が解除されるだけで、アプリ使用時間の制限がされているアプリは使用可能になりません。 時間で使用制限されているアプリは、アプリの使用時間制限で解除してください。

次の

【iPhone】スクリーンタイムの使い方まとめ 使用時間の確認や使用時間の制限など

スクリーン タイム 履歴 削除

スクリーンタイムとは スクリーンタイムは、iOS12で追加された新機能です。 iPhoneやiPadのアプリ別の使用時間や通知回数、端末を持ち上げた回数などの使用状況を把握できるほか、アプリの使用時間の制限、休止時間の設定など使い過ぎを防止する機能などが利用できます。 複数端末でスクリーンタイムのレポートを共有したり、子供のスクリーンタイムのレポートや設定を管理することもできます。 ファミリー共有で保護者の端末から子供の端末のスクリーンタイムのレポートの確認や設定・制限などの管理も可能。 そのほか、子供が不適切なサイトへのアクセスしないように制限したり、利用できるアプリの年齢制限、設定変更の許可、アプリの削除や課金の制限などiPhoneやiPadのさまざまな機能制限を行うことができます。 スクリーンタイムの使い方・設定方法 最初にスクリーンタイムの設定をオンにしてみてみましょう。 設定アプリの中にある【スクリーンタイム】を開いて【スクリーンタイムをオンにする】をタップすると、スクリーンタイムに関する簡単な説明が表示します。 読み終えたら【続ける】をタップしてください。 続いて、利用者の設定です。 自分用か子供用か聞かれます。 自分が使う場合は、【これは自分用のiPhoneです】をタップすればスクリーンタイムはオンになります。 子供用として使う場合は、【これは子供用のiPhoneです】をタップして、休止時間の設定、App使用時間の制限の設定を行い「親のパスコード(スクリーンタイムパスコード)」を決めたら完了です。 自分用ではじめたとしても、スクリーンタイムパスコードは後から設定できます。 使用状況を確認する スクリーンタイムを開くと、一番上の欄には、iPhoneを使用した時間とカテゴリ毎に使用時間が分けられた横棒グラフが表示しています。 詳細を確認するには、【端末名(iPhone)】をタップします。 詳細な画面では、「今日」と「過去7日」のレポートを確認することができます。 まず一番上のスクリーンタイムの項目では、縦棒グラフでのレポートの確認。 その下の「よく使われたもの」の項目では、アプリ毎やカテゴリ毎の使用時間と使用時間の長い順に確認することができます。 アプリとカテゴリの切り替えは、右上の【カテゴリを表示】【AppとWebサイトを表示】をタップして切り替えることができます。 下の方がスクロールしていくと、端末の持ち上げ回数と通知の回数を確認できます。 通知回数の多いアプリがわかるので、今まで気づかなかった意外と通知の多いアプリに気づくかもしれません。 通知の欄に表示しているアプリ名をタップすると、通知設定の画面を表示できます。 通知が不要なアプリは、通知をオフにするなどの設定をしておきましょう。 通知だけでもデータ容量やバッテリーを消費するので必要最低限にしておくことをおすすめします。 アプリ毎・カテゴリ毎の使用時間を制限する 1日に使用できる時間や曜日を決めてアプリの使用時間を制限できます。 SafariやYouTubeなどアプリ毎、あるいはカテゴリ毎の制限ができます。 制限は毎日午前0時にリセットされます。 制限の設定は、使用状況を確認した「スクリーンタイムレポート画面」か「App使用時間の制限」から設定することができます。 それぞれ解説していきます。 スクリーンタイムレポート画面から制限する まずは、スクリーンタイムのレポートの詳細画面を表示させてください。 「よく使われたもの」に表示しているアプリの中から制限したいアプリをタップしてください。 右側の【カテゴリ表示】または【AppとWebサイトを表示】をタップして切替できます。 カテゴリ表示にすればカテゴリ毎の制限、AppとWebサイト表示にすればアプリ毎の個別制限が可能です。 ここでは試しにSafariを制限してみます。 下にある【制限を追加】をタップし、時間と曜日を設定して【追加】してください。 【Appを編集】から他にも制限をしたいアプリを追加することができます。 この画面でアプリを追加した場合の制限はSafariの制限時間は同じになるので、別条件で追加したい場合は、「よく使われたもの」から制限したいアプリを選んで新しい制限で設定してください。 こちらからはカテゴリ毎の制限などができます。 アプリ毎に制限したい場合は、レポートから制限してください(上述)。 曜日別に時間指定もできます。 「使用時間終了時にブロック」をオンにすると、制限を解除するにはスクリーンパスコードの入力が必須になります。 こちらから確認と時間・曜日・アプリなどの編集・削除といったことができます。 休止時間を設定する 休止時間に設定した時間中は、許可したアプリ以外は使えなくなります。 アプリの許可は、常に許可の項目で設定できます。 開始と終了の時間を決めて、制限する時間を設定してください。 「休止時間中にブロック」を有効にすると、制限時間中に利用したい場合は、スクリーンタイム・パスコードが入力が必要になります。 コンテンツとプライバシーの制限 iOS11以前のバージョンにあった「機能制限」の設定を、iOS12では「コンテンツとプライバシーの制限」で行えるようになっています。 主にiPhoneを利用するうえでの機能を制限するためのもの。 設定が多すぎるのでここでは一部のみの紹介になります。 例えば、お子様などが利用者の場合に、年齢に相応しくないコンテンツを保護者の方が設定し、各機能を制限することができます。 そして、詳細な設定を行います。 これで誤操作による切り替えを防止できます。 また、スクリーンタイムにより制限された場合に解除したい場合、スクリーンタイムパスコードの入力しないと解除できなくてきます。 ここで決めた4桁の数字が自分のスクリーンタイムパスコードになります。 以上で、スクリーンタイムの設定を変更する際にパスコードの入力が必要になります。 制限を解除する際にスクリーンタイムパスコードの入力を必須にする場合は、制限を設定する画面に「使用時間終了時にブロック」または「休止時間中にブロック」の項目が表示しているので、スイッチをオンにすることでスクリーンタイムパスコードの入力が必要になります。 詳しくは上記のカテゴリ・アプリ制限の設定や休止時間の設定の項目をご覧ください。 制限されるとどうなる?解除するには? 休止時間やApp使用時間で制限されたアプリは、暗くなってアプリ名の横に砂時計のマークが付いて使えなくなります。 試しにLINEアプリを開いてみると、「時間制限 LINEの制限時間を超えました。 」と表示し使えません。 どうしても使いたい場合は、【制限を無視】をタップして「15分後に再通知」または「今日は制限を無視」にして利用することができます。 スクリーンタイムパスコードの設定をし、「使用時間終了時にブロック」や「休止時間中にブロック」の設定などを有効にしている場合は、スクリーンタイムパスコードを入力しないと解除できません。 手順は次の通り。 制限中のアプリは通知も届きません。 例えば、友だちからLINEトークが送られてきたとしても通知の表示もなければ通知音も鳴りません。 デバイス間で共有 デバイス間で共有を有効にすると、同じにApple IDでサインしている全てのデバイスの合計の使用時間のレポートを確認できるようになります。 同一Apple IDでのスクリーンタイムの制限などに関する設定も連動します。 デバイス共有をオンにすると、スクリーンタイム画面上に表示していたデバイスの名前が「すべてのデバイス」になり、詳細画面の右上の【デバイス】をタップして端末の切り替えをできます。 ファミリーのスクリーンタイムを設定 ファミリー用のスクリーンタイムを設定すると、子供のスクリーンタイムのレポートの確認や設定などを自分(保護者)の端末からすべて行うことができます。 【ファミリーのスクリーンタイムを設定】が表示していた場所に、サインインした子供の名前が表示しているので、名前をタップして子供のスクリーンタイムのレポート確認や制限の設定などを行うことができます。 スクリーンタイムをオフにする、データを消したい スクリーンタイムは、いつでも設定をオフにすることができますが、オフにするとスクリーンタイムの設定や使用時間などのレポート全てが削除されます。 データを消したい場合はオフにすると良いですが、オフにするとデータが消える事にも注意してください。 スクリーンタイムの端末名を変更できない? 設定アプリからスクリーンタイムを開いたところに、「iPhoneに設定している名前」が表示します。 ウィジェットをタップすれば、すぐにスクリーンタイムの詳細画面を開くことができます。 ウィジェットの削除や追加は、【編集】からできます。

次の

スクリーンタイムパスコードがわからない・忘れた時の解除・リセット方法

スクリーン タイム 履歴 削除

強制初期化する もし別機能のパスコードを試しても失敗する場合、iPhoneを強制初期化するしかありません。 注意:iPhone個別データをバックアップする 初期化をすると、本体に保存された写真や電話帳などあらゆるデータが消えてしまうため、可能な限りデータのバックアップをしましょう。 スクリーンタイム・パスコードが分からなくても、iCloudやiTunesでバックアップは可能です。 ただこの方法だと、分からなくなったスクリーンタイム・パスコードまで一緒にバックアップが実施され、スクリーンタイム・パスコードが設定された状態で復元されるため、問題を解決できません。 そこでバックアップをする場合は、写真やムービー、LINEデータなど、個別コンテンツごとにバックアップ作業を行う必要があります。 iPhoneを強制的に初期化する iPhoneを強制的に初期化する方法として、下記3種類があります。 一般的なiOSの初期化手順として「設定」から実行する方法があります。 ただ作業の途中でスクリーンタイム・パスコードを要求されるので、パスコードが分からないと初期化できず、結果的に強制的な初期化が必要となります。 iOSの一般的な初期化方法は関連記事【】で解説しています。 初期化ができたら、いつも通りアクティベーション(=初期設定)を実施します。 初期設定では「新しいiPhoneとして設定」を選択しましょう。 iCloudやiTunesから復元すると、スクリーンタイム・パスコードまで一緒に復元される可能性があります。 最後にスクリーンタイムの設定がオフになっているか確認し、 バックアップしたコンテンツを個別に復元し完了です。

次の