観葉 植物 コバエ 対策。 観葉植物に発生するコバエの駆除退治方法5個と予防対策!種類は多い?

コバエ退治は酢・めんつゆ・お香!観葉植物・ペット・場所別対策も【プロ監修】

観葉 植物 コバエ 対策

この記事の内容• 対策しておかないと観葉植物の植木からコバエが発生? 良い環境を与えてくれる観葉植物ですが、虫が寄ってくるのは嫌ですよね。 虫がどうしても嫌いで苦手な方も多いので、ナメクジやコバエ、アリにカイガラムシ、アブラムシなどを見て気持ちが悪くなる場合もあります。 でも観葉植物に虫が寄ってくるのは管理を疎かにした証拠でもあり、管理者の責任でもあるので頑張って駆除しましょう。 害虫を駆除するにはどうすればいいのでしょうか? 虫の種類によっても駆除の方法が異なるので、対処法は発生している虫をまず確認して駆除しましょう。 コバエはショウジョウバエ・ノミバエ・キノコバエなど小さなハエなどのことを言います。 室内プンプン飛び回るので嫌なものです。 コバエが観葉植物に孵化するのは梅雨の時期。 周りに集まりだし、土の中に卵を産み付けると1週間ほどで孵化してしまうのです。 コバエを対処するには、飛び回るコバエをまず掃除機で吸ってから、土の表面を3㎝ほど取ります。 そして取り除いたところに無機質の赤玉土を足すのです。 またおすすめとしては、観葉植物の鉢が完全に収まるバケツを用意して水を注ぎ、浮いてきた卵や幼虫を網ですくう方法もあります。 こうすることで簡単に駆除することができるのです。 植木周りのコバエを掃除機吸い取り土を入れ替えるか薬剤で対策 家の中に観葉植物があると、コバエが発生してしまうのはよくあることです。 数匹だとまだいいですが、大量発生してしまうと処理をするにも大変です。 コバエを処置する場合、薬剤を使って処理する方法と使わない方法があります。 薬剤を使って処理する場合は、ベニカ(殺虫剤)の粉末やコバエジェットを溶かした水で水yはりをすると、幼虫や卵とも一緒に駆除するこができるでしょう。 しかし薬剤を使用する場合は、その薬品の記載や説明文をよく読んで、正しく使うことが大切です。 注意しましょう。 また薬剤を使わない方法としては、掃除機が活躍します。 飛び回ったている成虫をまず吸い込んでしまいましょう。 コバエは観葉植物の土の中に産卵している可能性もあるので、土を半分程度新しいものに変えておくのも必要です。 よく鉢ごと水につけて浮いた卵や幼虫を取る方法もありますが、用意するのも面倒です。 土ごと入れ替える方がおすすめです。 また、土を入れ替える時に、枯れ葉や根腐れしてしまっている場合は、その際に取り除くことをお忘れなく! コバエ対策の基本は植木の環境。 風通し、土の湿度と衛生管理を コバエ対策で一番重要なのは、ジメジメした環境を避けて、風通しをよくすることです。 湿度が高い室内で観葉植物を育てると、植物が弱まり虫がつきやすくなってしまうものです。 ときどき植物を外に出して日光浴をさせたり、普段から風通しのいいところに置くなど、環境作りをすることもコバエ対策になります。 また水のやりすぎにも注意が必要です。 水やりをしすぎることで株が蒸れる原因になってしまい、害虫や病気の被害を受けやすくなります。 冬は多くの植物が休眠期に入るので、どちらかと言えば乾燥気味に育てるようにしましょう。 枝葉がよく茂る観葉植物の場合は、適度に剪定をすることで虫がつくのを防ぐことも可能です。 枯れ葉やほこりはこまめに取り除いていますか? 観葉植物は、枝や葉の育ち具合が気になってしまいますが、元気に育つために一番必要なのは清潔な環境です。 枯れ葉や葉についたほこりをこまめに取り除くなどの環境を整えることで、葉っぱの色ツヤも保てるのです。 そして忘れてはいけないのが土です。 土を清潔に保つことも重要で、買ってきた観葉植物をそのまま育てている方が多いと思いますが、その土にもともと虫が潜んでいる可能性もあるのです。 土に害虫がいると確認できたら、すぐに植え替えをして、土の状態を改善するのも予防する一つです。 コバエが発生する時期は?植木の置き場所にも工夫を コバエの発生時期を確認するのは対策する上でも重要です。 キノコバエが大量発生するのは、梅雨明けをした早朝の7時頃~10時頃の天気が晴れている涼しい時間と言われています。 キノコバエを退治するなら、梅雨に入る少し前から予防対策をするのが理想的と言えます。 具体的にいうと、キノコバエの発生時期は、6月中旬頃~9月下旬頃くらいだとされています。 またクーラーや換気扇の付ける時間帯にも注意が必要です。 キノコバエは、わずか数mのフローリングの隙間からも侵入することが可能と言わているくらいなので、換気扇やクーラーの隙間から侵入することはたやすいことです。 先ほど説明したとおり、キノコバエは朝の朝の7時頃~10時頃くらいに発生するので、この時間帯に換気扇やクーラーを使用するのは避けましょう。 またキノコバエは、明るくて白い場所が好きって知っていましたか? キノコバエは明るく白場所に集まる習性があるので、キノコバエが発生する時間帯はなるべく電気をつけることは避けて、部屋に白いものを置いて明るくしないことも予防の一つです。 白い物は、押し入れに片づけるか処分することも考えましょう。 日差しが入ると部屋も明るくなるので、カーテンを閉めておくことも効果的です。 白い物が多い部屋に住んでいる方は要注意! コバエが発生した鉢には卵があるかも。 土の入れ替えがおススメ! コバエが出てしまったプランターには、土の中にコバエの卵がいることがほとんどです。 そしてその卵が孵化し、幼虫が土の中で育って成虫になり室内を飛び回ります。 また成虫が卵を産み孵化し・・・と負の無限ループを生み出します。 コバエを退治するには、この無限ループを即刻断ち切るしか方法はありません。 コバエが湧いたプランターの土を思い切って入れ替えしてしまいましょう! そして、再びコバエが寄り付かないようにするために必要なポイントとしては、完熟してしない堆肥や腐葉土を使わないことです。 また水やりの水に。 よく米のとぎ汁やお風呂の残り湯を使う方もいますが、これもやめましょう。 肥料の代わりに生ごみを使うなんてもってのほか!正しい水やりと肥料がコバエ対策になります。 プランターに植物を植える際に、よく鉢底に網などを置いた上で混入している方も多いようですが、これだと段々が土は締まってくるので、プランターの土は湿った状態が続いてしまいます。 これを改善するためにも、プランターの底には網を置かずに、ゴロゴロした石を入れてから土を入れましょう。 また水はプランターの土が完全に乾燥してからあげるようにし、受け皿に溜まった水をこまめに排水して湿気を防ぐことも大切です。 プランターが大きすぎて受け皿の水を排水出来ない・・・そんな時もあると思います。 その時はスポンジで吸い取ると排水できるのでおすすめです。 - ,.

次の

コバエ退治は酢・めんつゆ・お香!観葉植物・ペット・場所別対策も【プロ監修】

観葉 植物 コバエ 対策

家に置いている観葉植物からコバエが発生すると、とても嫌な気持ちになりますよね。 家の中をブンブン飛び回っている姿を見ると、イライラしてしまう人もいるのではないでしょうか。 観葉植物の虫対策として、使用する土選びに注意をすると良いです。 コバエは観葉植物の土が原因で発生しますので、対策や予防を行ってコバエが発生しない環境を作りましょう。 ここでは観葉植物の虫対策として、発生する理由や駆除方法・発生させない方法についてお伝えします。 家の中を飛び回るコバエを撃退するためにも、是非参考にしてみてくださいね。 観葉植物は癒やしの存在。 そんな観葉植物から発生するコバエを退治して、過ごしやすい家を手に入れましょう。 観葉植物の虫対策・土からコバエが発生する理由 楽しく観葉植物を育てていても、虫が発生すると、悩みになってしまいます。 土から発生しているように思えるけど、何か良い虫対策はないのか?とネットで調べたり、ドラックストアで「何か良い商品はないか?」と探してしまいますよね。 そんなあなたの問題を解決するために、まず、観葉植物の土からどうして虫、コバエが発生してしまうのか、その原因について知っていきましょう。 土の中に卵があった 市販のものであれば、大丈夫っと思っている方もいると思いますが、土の中に卵があった、そんなケースもあります。 肥料の中にあるものが虫の餌になる 虫の中でもコバエですが、有機肥料の中に入っているものが好きです。 その為、観葉植物の為に有機肥料を使用していると、それがコベエの良い餌になってしまいます。 土がジメジメしている 土がジメジメしている、湿っている環境もコバエが発生しやすい環境になってしまいます。 原因として考えられるのは、水やりの頻度が多かったり、風通しが悪いことです。 観葉植物の土から発生したコバエの駆除方法 観葉植物を育てている上で、虫の発生が問題な場合、原因としては、土の中に卵があること、有機肥料の使用、土が湿っていることが原因であることがわかりましたよね。 原因がわかっても、対処方法、虫対策がわからないと、あなたの悩みは解決されていきませんよね。 観葉植物だけではなく、キッチンであったり、お風呂にも発生する確率があるコバエですが、どうやったら効果的に駆除していけるのか、一緒にみていきましょう。 観葉植物の虫対策に薬を使用しない方法 お子さんがいる方、またペットがいる方に最適な方法です。 有機肥料ではなく、無機肥料にする 水に鉢ごと沈めてコバエの卵を鉢から取り出す。 ただ、少し見た目が気持ち悪い方法になります。 受け皿にある水もコバエが発生する原因なので、なるべく清潔にしておく 成長したハエにはハエとり棒を使うのも効果的です。 観葉植物の虫対策に薬を使用する方法 殺虫剤を使う方法があります。 ダントツ水溶剤、コバエジェットを水に薄めて使う方法、土にオルトラン粒剤を使用する方法があります。 観葉植物の土から虫を発生させないための虫対策 観葉植物を育てていると、虫の発生が気になりますよね。 その虫対策として、どんなものが考えられるのでしょうか。 虫を発生させなくするには、使用する土の種類を変えることで対応が可能になってきます。 上記でも、有機肥料は虫の餌が含まさっているので、使用することで、コバエや虫を発生することを説明してきましたよね。 ですので、使用する土、腐葉土や有機肥料を使用しないことで虫の発生率を抑えることができます。 じゃ、どんな土を使えば良いの?という質問が出てくると思いますが、赤玉土や軽石を使用していきましょう。 赤玉土で観葉植物を育てることは十分可能になってきます。 プラス、コバエなどの虫の発生を防ぐことができるので、観葉植物を育てていて、虫の発生が気になる方ですが、使う土を赤玉土や軽石に変えて、コバエの発生率を低くしていきましょう。 でも、土がジメジメしていては、また虫が発生しやすい環境を作ってしまいますから、土を十分に乾燥させてあげることも忘れないで下さいね。 観葉植物に使用する土選びのポイント 日頃から観葉植物のお世話をしている方にとっては、「虫」が発生することがストレスになってきますよね。 でも、上記では、有機肥料ではなく、赤玉土や軽石に変えることでそのストレスから解放されることがわかりました。 けれど、虫対策として、使用する土について、より詳細に知っておきたい!いざという時の為に、どんな土選びをしたら良いのか、ここで幾つかの土の種類を紹介しておきます。 ハイドロコーン この土のメリットですが、虫が寄り付かないこともありますが、水やりが楽であったり、飾り方もガラス瓶など、インテリアとしても使える点が便利になってきます。 安いので経済的になります。 セラミス やはり虫が寄り付かないこと、通気性も良いので、観葉植物が上手に育つこともメリットの一つになります。 クリスタルグレイン 有機物を全く含んでいないので、虫は全くといってよいほど、寄ってきません。 ただ、観葉植物というよりば、ハーブや野菜などを室内で育てたい人向けになってきます。 値段も高くなってきますが、それでもクリスタルグレイン独特の良さが気に入っている人にはオススメになります。 虫対策をするなら、観葉植物の土からコバエが発生する環境を作らないことが大切 楽しく観葉植物を育てていても、虫の発生が気になって、虫対策の知恵が育てる側には必要になってきます。 肥料や土の種類が虫対策になることをみてきましたが、日頃から、コバエなどの虫が発生しない環境を作っていくことも大切な要素になってきます。 薬に頼ったりするのも良いですが、環境によっては、使用できませんよね。 そうすると、コバエや虫を発生させにくい環境を作っていくことも大切になってくると思います。 観葉植物の土の虫対策には実際にどんなことをしていけば良いの? 湿った状態、虫の餌にある状態を作らないこと 観葉植物の土が湿っていたり、ジメジメしていると、虫やコバエが発生しやすい環境を作り出してしまいます。 その為、観葉植物の土がどんな状態にいるのか、なるべく乾燥していて、風通しの良い状況を作ることも虫対策になってきます。 受け皿が湿った状態にないこと、汚れてないこと、観葉植物もおひさまが大好きなので、日光に照らして元気にしてあげることも大切になってきます。 なるべく、虫が発生しにくい環境を作っていきましょう。 観葉植物を育てる上で、虫対策としては、土の状態に気を使う必要があること(ジメジメした状態にはしないこと)、肥料は無機肥料を使い、虫の餌になるようなものは使用しないことが対策として考えられます。 ご理解頂けたでしょうか。 殺虫剤を使って虫対策をすることも効果的ですが、使える環境にない方は、土の状態に気を払うと虫の問題が解決していくと思います。 水分であったり、虫の餌になるようなものは極力、置かないようにしていきましょう。

次の

観葉植物の土【7選】管理しだいで虫が激減

観葉 植物 コバエ 対策

コバエ対策に効果的なおすすめ商品 現在コバエ対策に効果的な商品はいくつも販売されています。 スプレータイプで即効性のあるものや、部屋の中に置いておくだけでをコバエ捕獲できるものもあります。 コバエ対策に効果のあるおすすめ商品をいくつか見つけたので、口コミを交えながらご紹介していきます。 コバエ殺虫剤スプレーや発生を抑えるスプレー 飛び回るコバエを退治するスプレータイプには、殺虫成分配合のものと自然由来成分でコバエを退治するのものがあります。 色々なメーカーから発売されており、用途や成分が違いますので対策を考えながら、使った人の口コミもあわせて見ていきましょう。 アース製薬 コバエがコロリ コバエがいなくなるスプレー おすすめの理由• 小さすぎて見つけにくい害虫たちを、一帯噴射で攻撃して退治できるのでとても便利。 コストパフォーマンスもいい。 ゴミの放置でコバエが頻繁に出ており、アースジェットでシューしたところ皆、お陀仏でした。 生ゴミやプランターから湧くコバエに頭を悩ませていたがプシューと吹きかければポトリとやっつけられる。 どこからともなく現れるコバエ駆除用に夏は手放せない。 強力なのでジェット噴射一発で殺虫でき、無臭ということもあり室内で振りまいてもあまり気にならない。 コバエに悩まされ台所で毎日格闘していたが、ワンプッシュで即効性が高く強力なのであっという間に数十匹を退治できた。 おすだけベープ ワンプッシュ式 おすすめの口コミ• コバエが大嫌いで、毎年夏前から出勤前にワンプッシュ。 それ以来、部屋でコバエを見たことがない。 「何か飛んでるなぁ? 」と思ったらシュッとしておくと、不思議といつの間にか虫が消える。 残量も見えて便利。 これは凄い。 小さなヒラヒラしたコバエが職場で大発生。 シュッシュッしたらバラバラ落ちてきて、ヨロヨロ飛んでいたものも落下して退治できた。 ユスリカ・チョウバエ用と記載されているが、蚊はもちろんハエや蛾も落ちてくる。 殺虫効果が高くてある程度の空間でも効果があるので大満足。 ワンプッシュしただけで飛んでいた蚊やコバエが、グルグルしながら落ちて一網打尽。 1本で長期間効き目が続くのでコスパの面からも非常にいい。 KINCHO コバエコナーズ スプレー おすすめの理由を口コミ• 成分は害がなさそうなので、ある程度安心して台所で使える。 ゴミ箱の中と三角コーナーに吹きかけておけば、コバエの発生がある程度抑えられる。 突如発生してしまいとりあえず試してみたら、即死はしないけど動かなくなるので、流し台ならそのまま流すだけなのでお手軽。 柑橘系の香りは強いのですが、コバエがいなくなるのでキッチン、三角コーナー、ゴミ箱に愛用している。 毎年コバエに悩んでいたが、今年はコバエコナーズスプレーをこまめにゴミ箱に撒きまくったら、コバエが一度も発生せずホイホイが必要なかった。 殺虫成分不使用でアロマ系の香りなので使いやすい。 フマキラー 殺虫スプレー コバエバリア 使っている人のおすすめの理由• 生ゴミを放置したためコバエが大量発生。 キッチンの流し台やいたるところにスプレーしたらいなくなった。 殺虫剤と違って人体無害なのでどこでも使用できて便利。 1週間使い続けたらまったくコバエを見なくなった。 コバエを寄せ付けないというのが商品の特長だか、コバエに直接スプレーしても殺虫できる。 忌避効果はかなり高く、この商品をキッチンに噴霧するとコバエが消えた。 1度コバエが増えてしまい使ってみたところ、かなり効くので助かった。 シナモンの香りは強いが、キッチンのシンクやごみ箱なら直接掛けられるし問題ない。 コバエとり!置くトラップでコバエをホイホイ コバエを直接退治するのではなく置いておくだけで捕獲してくれる、トラップタイプのコバエホイホイもあります。 仕掛けておけば勝手にコバエが捕まり、気がつくとあれだけ気になったコバエを見かけなくなるというすぐれものです。 ホイホイタイプで思ったほど成果を得られない場合、場所を変えたり工夫が必要な場合があります。 ここではコバエのホイホイをご紹介しますので、おすすめの理由や工夫を見ていきましょう。 お菓子やティッシュなどを捨てる部屋のゴミ箱や観葉植物の土、チョウバエというコバエが繁殖するお風呂場や排水溝には適したコバエ対策が必要です。 それぞれの場所にあった対策用グッズをご紹介していきますので、自分に当てはまる状況と照らし合わせながら確認していきましょう。 ゴミ箱用 ゴミ箱用のコバエ対策には、スプレーで寄せ付けなくするグッズやゴミ箱の匂いを消して寄り付かなくするものがあります。 スプレータイプのものならどのお部屋のゴミ箱にも使用でき、消臭、殺菌タイプのものは蓋が付いたキッチンのゴミ箱対策用です。 ゴミ箱用のコバエ対策を見てみましょう。 KINCHO コバエがいなくなるスプレー おすすめの理由• 独特な臭いがするが、コバエがまったく来なくなった。 コバエを寄せ付けないので繁殖もしていないようだし、ゴミ箱の臭いも軽減された。 生ゴミにストレスを抱えている人におすすめ。 密封されたゴミ箱に設置するなら、コバエを寄せ付けないので発生源になりにくい。 生ゴミの腐敗臭がグッと減るので、夏場に使ったらコバエを見かけなくなった。 観葉植物用 観葉植物の土の中にコバエの卵があると、孵化することで繁殖してしまい部屋の中にコバエが飛び回るようになってしまうことがあります。 土に卵を産むのはキノコバエという種類のコバエです。 プランターの周りをビニール袋で覆い密閉した中に、これまでに紹介した「アース製薬 コバエがコロリ コバエがいなくなるスプレー」「KINCHO コバエがいなくなるスプレー」を吹きかけてしばらくすると効果があるそうです。 それ以外にも観葉植物に群がるコバエ対策アイテムがあるので見ていきましょう。 コバエキャッチ棒 園芸・観葉植物用 使用した人のおすすめの理由• 夜、翌日、翌夜の3回薄めた液をまいたところ、コバエが発生しなくなった。 買ってきた土をプランターに入れたら大量発生。 使い始めた翌日ハエがいなくなり、3日目にはコバエもいなくなった。 植物自体には害がなく、コバエを退治できる。 水溶液にして余った分を半年間保存して使ってみたが、効果は持続していた。 顆粒を溶かして薄めて使うので懐疑的だったが、一発でコバエが消えたので、卵や幼虫も駆除できた。 一度使えばコバエも卵も幼虫も駆除できるし、その後も薬が効いているのかコバエ発生しなくなった。 排水口・排水管用 トイレやお風呂場にコバエが大量発生することがありますよね? このコバエはチョウバエという種類で、風呂場の浴槽の下や、排水溝に卵を産み付けて増殖します。 チョウバエ対策としていくつかの商品を選びましたので、おすすめ理由を見ながらどの対策が自分に合うか確認していきましょう。 KINCHO チョウバエコナーズ チョウバエ殺虫剤 泡スプレー おすすめの口コミ• チョウバエバスターを使ったらコバエの問題が一発解決した。 約4ヶ月効果が続いた。 排水溝回りだけでなく風呂場の隅やカバーされている場所にも撒いておくと効果アップ。 風呂場にしつこく発生していたコバエが1度使っただけでいなくなった。 10袋入りなので5袋使って風呂場を徹底的に掃除したところ一番難題の幼虫たちの駆除に成功。 3週間以上コバエを見ていない。 洗濯機、洗面所、風呂場の排水溝に撒くと効果てきめん。 実感できているので定期的に使い予防する。 今回はコバエ対策に関するグッズのご紹介をしてきました。 キッチンや台所に来るコバエ(ショウジョウバエ、ノミバエ)や、植物の土で発生するキノコバエ、水回りで発生するチョウバエはそれぞれ特徴が違います。 それぞれのコバエに合った商品を選んで対策しないと効果が得られなくなってしまいます。 使用する場所、使い方、対象のコバエの種類を理解して対策をしなければ「せっかく買ったのに全然捕獲できない」「まったく効果がない」となりかねません。 当サイトのコバエについてのページに詳しく書いてありますので、あなたが困っているコバエの症状に当てはまるものを確認して対策商品を購入されるのがおすすめです。 厄介なコバエ対策をして退治して、快適な生活空間を取り戻しましょう。

次の