松島 基地 ツイッター。 松島基地でブルーインパルス見学!撮影ポイント紹介!グッズはどこで?

松島基地

松島 基地 ツイッター

左側にはF-2が6機、T-4が1機です。 松島基地の第21飛行隊のようです。 第21飛行隊は、今年3月に松島基地に帰還しました。 更に写真の位置よりも左側に、F-2が1機が見えました。 右側にはF-2が4機です。 三沢基地の第3飛行隊のようです。 三沢基地では滑走路工事が行われているため、松島基地で訓練を行っているようです。 救難ヘリコプターUH-60Jが着陸します。 滑走路南端に着陸しました。 地上滑走して目前を通過しました。 外周フェンスから誘導路までの距離は近いです。 次回、松島基地の外周から見る時には、脚立を持って行くことにします。 基地の北側に姿を消しました。 救難捜索機U-125Aが登場しました。 滑走路北東端から離陸しました。 午前中は、滑走路北西側からの離陸は逆光になります。 午前9時40分頃ですが、この後も自衛隊機の離着陸は続きました。 今回の撮影場所から滑走路を見た様子です。 雲が薄くなってきましたが、陽射しは強く、気温も上昇しています。 F-2の周囲には隊員が集まっており、コクピットにはパイロットが見えます。 飛行訓練が開始されるようです。 軽装甲機動車がパトロールしています。 陸上自衛隊の軽装甲機動車は茶色基調ですが、航空自衛隊仕様は濃緑色で、基地周辺の風景に合っています。 F-2がキャノピーを閉じました。 移動を開始しました。 陽炎が発生しているので見え難いです。 次々と滑走路に向かいます。 撮影場所から約1km離れているので、機影しか確認できません。 消防車が移動しています。 1機目が発進しました。 1機目はF-2Aです。 2機目もF-2Aです。 エンジンノズルが真っ赤に燃焼しています。 アフターバーナーを綺麗に撮影するには、レンズの望遠倍率が足りません。 3機目は複座型のF-2Bで、2名が搭乗していました。 轟音を響かせて離陸します。 速度が速いので、ピントが甘くなってしまいます。 4機目もF-2Bで、1名が搭乗していました。 F-2の飛行訓練は洋上で行われたようです。 航空祭が近付くと、基地上空でF-2の機動飛行訓練が行われることもあるようです。 第21飛行隊の動きは見られません。 暑くて疲れてきたので、午前10時20分を以って、基地周辺の偵察行動に移行しました。 基地周辺で飛行訓練を見るには、根気が必要です。 松島基地の撮影ポイントは、ブログなどで詳しく紹介されています。 今回は、震災後の基地周辺の状況を確認すべく、偵察を行いましたが、防潮堤の建設や復旧工事などが進められているので、年月の経過により、道路規制などの状況が変化すると思います。 左側は基地ですが、雑草が高く茂っているので、高めの脚立が必要です。 防潮堤が農道を遮断しています。 この付近は道路幅員が狭く、相互通行できないので、通行には注意が必要です。 震災後に構築された防潮堤が、多くの場所で道路を遮断しています。 滑走路から離れてしまいますが、離着陸する機体を正面や背面から撮影できそうです。 左側が基地ですが、基地の様子を窺い知ることはできません。 立入禁止になっているので、基地の南側(海岸側)に行くことはできません。 看板には敢えて、「・・・写真家の皆様へ・・・立入禁止にいたします。 ・・・」と注意書きされているので、工事区間に侵入して撮影する人が多いのかもしれません。 基地の東側に行ってみました。 理想は順光で滑走路から近く、基地の様子が見渡せる場所ですが、防潮堤建設工事が行われているため、基地の南側に行くことはできませんでした。 順光の状態で、近い距離から着陸する機体を見ることができました。 着陸の様子が分かり易いように、基地の様子も入れて撮影してみました。 撮影場所からの距離は約300mです。 着陸直前の距離は遠くなります。 タイミング良く、次々と着陸する様子を見ることができました。 低高度で街並みが写ると、迫力が感じられます。 防潮堤があるので、滑走路は見えません。 U-125Aが着陸します。 安価な一眼レフカメラでも十分に撮影することができました。 一昨年3月末に完成したブルーインパルスの格納庫です。 東日本大震災規模の大津波に耐えられるように、約3. 6mの嵩上げ工事が行われました。 機体の一部が見えますが、遮蔽されているので、見通すことはできません。 立入禁止になっているので、海岸側に行くことはできません。 防潮堤建設工事の完了を待つしかありません。 防潮堤が高いので、格納庫前のブルーインパルスは見えません。 長い防潮堤が構築されているので、滑走路は見えません。 基地南側は、順光の環境下で撮影できるものの、基地の様子が見えない場所で待ち続けることになります。 石巻市の海岸沿いの道路です。 防潮堤の建設工事が進められています。 防潮堤の完成には時間が掛かりそうです。 完成すれば、航空祭の通常開催が再開されるのかもしれません。 石巻市内からもF-2が見えました。 午後0時30分頃ですが、この時間は自衛隊員も昼食時間だと思い込んでおり、油断して基地周辺から離れていました。 後ろ向きですが、サイボーグ007が立っています。 石巻マンガロードの街並みの一部ですが、詳しくは他のサイトに委ねることにします。 次のページでは、ブルーインパルスの基地上空の訓練の様子を中心に紹介します。

次の

【宮城】ブルーインパルスが間近で見れる!松島基地の穴場スポット!

松島 基地 ツイッター

松島基地外周の管制塔下 視界が開けているので撮影しやすいです。 また、フェンスがあるのですが、飛んでしまえば脚立等は必要ありません。 電車では、東矢本駅ではなく、矢本駅で降りましょう。 基地の中で見るよりかなり近いところから見ることができます。 周辺の田んぼは、私有地ですのでくれぐれも立ち入らないように注意してください。 滑走路の海岸側 防潮堤があるため滑走路自体は見えませんが、飛んでからは撮影可能です。 ただ、矢本駅からだと徒歩で1時間近くかかってしまいます。 冬場は非常に寒く、トイレも近くにないので注意してください。 松島基地 ブルーインパルスグッズはどこで買うの? ブルーインパルスグッズは、航空祭に行くとお店が出店されているので、そこで実際に見てから買いたいです。 しかし、人が多すぎて・・・、時間がなくて・・・、欲しいものが売り切れていた、なんて時は通信販売でグッズを入手しましょう。 ネット通販で有名なお店をご紹介!• KAZARI隊 支払いは、クロネコヤマトの代引きのみ。 送料は、地域によって異なります。 例)北海道:1,500円 関東~関西:750円 九州:1,200円など• のりもの倶楽部 支払いは、クレジットカードか代引きのみ。 送料:一律800円(北海道・沖縄は1,000円)• 支払いは、銀行振込(前払い)、代引き、クレジットカードに対応。 送料は、地域により異なります。 (お買い上げ金額1万円以上で送料無料) 例)北海道:1,512円 関東:648円 関西:648円 九州:648円など• 支払いは、クレジットカード、代金引換、郵便振替に対応。 送料は、地域により異なります。 例)北海道:1,000円 関東:600円 関西:600円 九州:800円など• 支払いは、代金引換 銀行振込 郵便振替 クレジットカ-ド 楽天銀行決済Mobile Edyに対応。 送料は、500円~。 例)北海道:900円 関東:600円 関西:600円 四国、中国地方:700円 九州:900円 沖縄、離島:1,000円 まとめ 航空祭で初めて見たブルーインパルスに一目惚れ! 地上展示で見たら、あまりのカッコ良さに鳥肌もんです。 ファンの方たちが、ブルーインパルスを望遠カメラで撮った写真を見て、自分も撮りたい!!と思って航空祭に行き始めたものの、スケジュールが合わなくて行けなかったりすることもしばしば。 どうにかブルーインパルスを見れないものかと調べてみると、松島基地での訓練を見学できるー!ってことでご紹介しました。 是非、参考にしてみてくださいね。

次の

航空自衛隊 松島基地撮影記録 ②

松島 基地 ツイッター

イベント時じゃなくても、ブルーインパルスを見たい! どうせ見るなら穴場スポットで見たい! そんな方にこっそり、間近で見れる松島基地のブルーインパルス鑑賞穴場スポットをご紹介します。 と、その前に! 「ブルーインパルスってそもそもなんなの??」 っていう人のためにブルーインパルスについて少し。 実はこのブルーインパルスは、正式名称ではなく愛称なんですよね。 正式名称は 「第11飛行隊」 航空自衛隊の宮城県 松島基地の第4航空団に所属。 わっ、わかりづらい…。 だからブルーインパルスなんて名前がついたんでしょうね(自己解決) 1960年にブルーインパルスなるアクロバットチームが立ち上げられ、全国のファンに愛され続けています。 出発前に、その日ブルーインパルスが飛んでいるかどうか、しっかり訓練スケジュールをチェックしましょう。 基本的には平日のみの訓練となります。 飛行訓練の日程を確認したい方はから。 1.柵外西側 矢本駅から歩くと30分ほどかかりますが、、、歩けない距離ではないですね(笑) 車を止めて撮影していた方もちらほらいます。 実際の穴場スポットはこんな感じです。 柵が障害物となってしまって、撮影しづらいので、小さめの脚立などを用意している人が多数いました。 中には車の上に乗っかってる人もいて、気合の差を感じました。 というかそもそもカメラのレベルがぜんぜん違うんですけどね… 俗に「大砲」と呼ばれる望遠レンズを構えている人が多いこと多いこと。 車買えちゃうくらいの値段だったりするんだろうなー! さすが、ブルーインパルス!ファンもすごいです! 私も大したことないカメラ(汗)で、離陸シーンを収めました! 2・外柵東側 続きまして、松島基地入口近くの東側の外柵付近です。 松島基地入口の方に入らず、少し行ったところを田んぼの方に入っていくと、こちらも素敵なスポットとなっております。 小高い土手になっており、ここからブルーインパルスを撮影している方がたくさん来ていました。 土手の上からはブルーインパルスが並んでいる姿も。 そしてさらに土手を超えていくと、着陸する機体を間近で見ることができます。 田んぼ道を進んでいくと(左図)、フェンスそば(右図)にでることができます。 ヘリの写真も収めることができました。 並んでいるプルーインパルスについては… 曇り空の中を飛行する、この写真しか撮れませんでした… ブルーインパルスの撮影は天気とタイミングが重要ですね! またリベンジを果たしたいなと思います。 以上、基地の外から見ることができる、穴場スポットの紹介でした。 でも、せっかく鑑賞しに行くなら、キレイな写真も撮りたいですよね。 そんな方のために、遠くの動く被写体を撮るためのカメラの選び方、写真の撮り方のまとめてみましたので、ぜひこちらも合わせてご覧ください。

次の