お聞かせ願います。。 「お聞かせください」という敬語を使う場合の注意点

今死にたいと思っている人。理由をお聞かせ願いたい。|なんでも雑談@口コミ掲示板・評判

お聞かせ願います。

大人の方の意見をお聞かせ願いたいです。 私は現在大学四年生で就活をしている女です。 そして先日、地元の企業に内定を頂きました。 付き合ってはいないのですが、以前から告白をしてくれている男の子がいて同い年で社会人として働いています。 その男の子からは結婚を考えて真剣に付き合ってほしいということを以前から言ってくれています。 友人として仲良くしていたのですが私が就活がうまくいかない時にも励ましてくれたり一緒になって考えてくれたりして、私自身も彼の人柄などに惹かれていき付き合いたいと思っています。 しかし彼の仕事が特殊な仕事で一度仕事に行くと時期にもよりますが短くても2ヶ月長くて3ヶ月は家には帰ってこれない仕事をしています。 現在は彼は家を私の地元の近くに借りているので帰った時に長期休暇があるのでその時に会っていました。 連絡は今も毎日のように取り合える環境なのでとっているのですが、彼の仕事で帰ってこれず私の事を1人にさせたくないから同じ業界の違う会社に転職すると言ってくれています。 私は毎回2ヶ月待つと言っているのですが、彼は転職するという意思がほぼ固まっているようです。 しかし私自身まだ学生ということもあり、すぐに結婚と中々思うことができず、せっかく彼がこれまで頑張ってきた仕事をそのような形で転職となることに申し訳なく感じています。 またもし新しい会社に転職が出来たとしても、彼は毎日帰って来れる職場になるそうなのですが、私の就職する予定の場所から彼の会社があるところまでが車で3時間ほどかかり、もし将来結婚となっても親がせっかく大学まで行かせてくれてずっと入りたかった会社に内定を頂いたので私的には仕事は辞めずに働いていきたいと考えています。 このような場合、もし今彼と付き合ってもいつかは別れなければならないのか、もし別れるとなった時彼は転職までしてくれたのにという思いでどうしたらいいのか分かりません。 彼の事は好きだけど彼のため将来を思うと付き合わずにこのままの友人関係を継続するべきか迷っています。 アドバイスなどありましたら意見をお聞かせ願いたいです。 よろしくお願いします。

次の

お聞かせくださいの使い方!ご意見をお聞かせ願いますか等敬語・類語も

お聞かせ願います。

「お聞かせください」は、敬語表現としてやや失礼になる場合があります。 「お聞かせください」自体は、間違いではありません。 しかし、「お聞かせください」の「ください」という部分には、やや命令的な印象があります。 このような印象の言葉であるため、使われると失礼に感じる人もいるのです。 そのため、別の言い方をした方が無難でしょう。 目上の人に対しては失礼になる可能性が高い 特に目上の人に関しては、「お聞かせください」という敬語は使わない方が正しいでしょう。 目上の人は、特に敬意を表さないとならない存在になります。 そのため、このような失礼に聞こえる可能性がある言葉を使うのは、やはり良くありません。 きちんと敬意が伝わる敬語で、「お聞かせください」と表現していきましょう。 「お聞かせ願えませんか」の敬語表現が適切 では、「お聞かせください」がやや失礼になってしまうであろう人達への敬語表現としては、どのような形が適切になるのでしょうか。 その正解のひとつが、「お聞かせ願えませんか」になります。 「お聞かせ願えませんか」の敬語表現あれば、「ください」という命令的な表現も入っていないため、目上の人に対しても失礼ではありません。 お願いの印象が強く出るため失礼にならない また、「お聞かせ願えませんか」は、「お聞かせください」と比べると、お願いの形になっています。 言葉の中に「願う」が入っているため、よりお願いの印象が強く出るのです。 このような敬語であれば、まず失礼になることはありません。 そのため、「お聞かせください」と目上の人に述べる際は、「お聞かせ願えませんか」と言い換えるといいでしょう。 「お聞かせいただけませんか」も目上の人にふさわしい敬語 「お聞かせください」を目上の人に使っても失礼のない敬語にするには、「お聞かせいただけませんか」にする方法もあります。 「お聞かせいただけませんか」でも、命令ともとれる失礼に聞こえがちな言葉遣いではなくなります。 そのため、適切な敬語表現と言えるのです。 「いただく」は謙譲語になる さらに、「お聞かせいただけませんか」には、「いただく」という謙譲表現が入っています。 自分を下げて相手を上げるため、失礼な敬語表現にならなくなるのです。 謙譲語の言葉の作りになっているため、何かを聞きたいときには「お聞かせいただけませんか」という表現をしていくのも正解です。 「お聞かせください」は失礼に感じられる場合があるため他の敬語に言い換えるのが適切 「お聞かせください」は、敬語として正しい表現かどうかを見てきました。 結論としては、「お聞かせください」の敬語は、必ずしも失礼になる言葉遣いではありません。 しかし、失礼に感じられる場合もあるため、「お聞かせください」ではなく、「お聞かせ願えませんか」や「お聞かせいただけませんか」に言い換えるのがおすすめです。

次の

礼拝説教 マタイによる福音書20章 「聞かれる願い」

お聞かせ願います。

お聞かせくださいのくださいという言葉には命令口調が含まれています。 という事は目上の方に使ってしまうと大変失礼な言葉になってしまうのです。 お分かりの様に何かを聞く時と言うのは下手に出て聞く物です。 なぜなら相手に何かを聞いて教わるわけですから上下関係ができます。 聞いている側は下で教えている側は上になるわけです。 そのためこうした場面では下手にいる物を聞いている人ですから命令口調では聞くのは失礼ですよね。 つまりお聞かせくださいという言葉を目上の方にそのままの言葉で使ってしまうと大変失礼な印象を与えてしまうでしょう。 下手をすると相手を怒らせてしまう可能性もあるため、お聞かせくださいという言葉は他の言葉に言い換えるなどの対応をして慎重に言葉を選んで使う必要があるのです。 お聞かせくださいはくださいという言葉の部分が命令口調であるため目上の方に使う場合は注意が必要なのは何度もご説明しているのでお分かりですよね。 このお聞かせくださいのくださいという言葉を謙譲語で言い換えて表現すれば命令口調ではなくなります。 例えばお聞かせくださいをお聞かせいただけませんかとした場合はどうでしょうか。 くださいとはいただけませんかでは印象も変わりますよね。 先ほどのお聞かせくださいでは聞かせてもらうという命令の意味になっていました。 お聞かせくださいからお聞かせいただけませんか?に言い換える事で受ける印象や言葉の伝わり方も変わりますよね。 くださいよりもお願いする言い方なので少し柔らかい印象を受けますし、いただけませんかの「いただく」と言う言葉は謙譲語のため目上の方に使っても失礼ではありませんよね。 このようにお聞かせくださいのくださいの部分をいただけませんか等の謙譲語で言い換える事で目上の方にも悪い印象を与える事なく質問を聞く事ができますね。 そのため目上の方にそのままお聞かせくださいと言ってしまうと大変失礼な印象を与えてしまいます。 そのため正しい敬語の使い方をまずは覚える必要があります。 お聞かせくださいを正しい敬語に言い換えるためにはくださいの部分が命令口調である事が問題なのでそのくださいという言葉を謙譲語である頂くという言葉に言い換えたり、尊敬語であるくださいませなどを使う事で相手への敬意を示す事ができます。 目上の方にお聞かせくださいと言う場合は、そのまま使うのではなくお聞かせ願えませんかやお聞かせくださいませやお聞かせ頂けますかなどの謙譲語や尊敬語で言い換える事で相手への印象を良くする事ができますので上手く活用していきましょう。

次の