お 小遣い 平均。 子供と旦那のお小遣い平均!中学生、高校生、大学生、サラリーマンは?

子供の小遣いの相場は?小学生や中学生など年齢別の平均は?

お 小遣い 平均

もくじ• そもそもお小遣いとは? 周りの友達がお小遣いを貰っている• 子供がほしいと言い出した• 子供に欲しいものがある• 子供にお小遣い帳をつけさせたい• 子供にお金の大切さを学ばせたい これらのように様々なことがきっかけで、 お小遣いをあげようと思われるママも、 いらっしゃると思います。 お小遣いは渡し方によっては、 「お金の大切さを学べる」 というメリットがありますよね。 ではお小遣いをあげるならば、 いくらくらいが相場なのでしょうか? 続いてご紹介したいと思います。 Sponsored Link 子供の小遣いの相場は? drwallet. では子供の小遣いの相場は、 いくらくらいなのでしょうか? 毎月お小遣いをもらっている 一般的なお小遣いの相場は、 以下のようになります。 子供の小遣いの相場:小学生の場合 子供の小遣いの相場としてまずはじめに、 「 小学生の場合」です。 小学生は基本的に、 紙幣であげるようなお小遣いではなく、 100円単位であげるのが相場です。 ですから小学生の場合は、 1年生は「 100円」からはじまり、 高学年では「 500円」が相場です。 子供の小遣いの相場:中学生の場合 子供の小遣いの相場としてつづいて、 「 中学生の場合」です。 こちらは小学生で 駄菓子などを買うという目的から、• 「ゲーム」• 「アクセサリー」 といったすこし高価なものを、 買いたくなる年齢でもありますよね。 ですから、中学生の場合はおおよそ、 「 1000円~3000円」が 相場になっているようです。 子供の小遣いの相場:高校生の場合 子供の小遣いの相場としてつづいて、 「 高校生の場合」です。 高校生では、 アルバイトをする子供もいますので、 お小遣いをあげる家庭と、 あげない家庭があると言えるでしょう。 しかし、 お小遣いがある高校生の場合は、 一般的な相場は「 5000円」です。 高校生にもなると、 家計のことも考えた上で、 お小遣いをあげる必要がありますね。 Sponsored Link 年齢別の小遣いの平均は? drwallet. おおよそではありますが、 ここでは年齢別の小遣いの平均が いくらぐらいなのか?紹介します。 年齢別の小遣いの平均:小学生低学年の場合 年齢別の小遣いの平均として まずはじめに、 「 小学生低学年の場合」です。 小学生の低学年である 「 1年生~3年生」の お小遣いの平均はおおよそ、 「 100円~300円」です。 この時期は、 駄菓子を買ったりするのに お金を使いますよね。 ですので、 たくさんあげる必要はありません。 またまだお金の価値観が、 分からない子供もいるため、 お小遣いをあげていない家庭もあります。 この時期は無理をして、 お小遣いをあげる必要はないでしょう。 年齢別の小遣いの平均:小学生高学年の場合 年齢別の小遣いの平均としてつづいて、 「 小学生高学年の場合」です。 小学生の高学年である 「4年生~6年生」のお小遣いの平均は、 おおよそ「 400円~800円」です。 なかには1000円くらいというママも、 おられるようですが、 多くても800円 が平均的になっています。 高学年にもなれば、 学校以外でも友達ができますよね。 特に習い事をした帰りに、 お菓子を買う子供もいるでしょう。 そのような付き合いのことも考えつつ、 金額的にはあげすぎないのが良いですね。 年齢別の小遣いの平均:中学生の場合 年齢別の小遣いの平均としてつづいて、 「 中学生の場合」です。 中学生の小遣いの平均として、 おおよそ「 1000円~3000円」です。 中学生にもなれば• 習い事• お昼ご飯 など様々なきっかけで、 お金を使う場面が増えますよね。 子供が小遣いをたくさん、 使いすぎてしまうようであれば、 あげすぎはよくありません。 この時期は反抗期もあるために、 きちんと性格をみて考慮しつつ、 子供と話し合うことをおすすめします。 この記事を読んで頂いた方へ この記事を読まれた方は、 下記の関連記事も参考にされています。 子育てに関する関連記事• drwallet. お金の管理ができる年齢• 計算ができる年齢 になってから、 あげるのが良いかもしれませんね。 また社会性を学ぶためや、• お金の価値• 習慣をつける練習 をすることを考えたり、 勉強をしてもらうために、 お小遣い制度を導入するのも、 良いかもしれません。 しかし家計のことも考えつつ、 お小遣い制度を取り入れるかどうかを、 判断すると良いでしょう。 今回は、 子供の小遣いの相場について、 小学生や中学生など年齢別の平均など、• そもそもお小遣いとは? 子供の小遣いの相場は? 年齢別の小遣いの平均は? 3つに分けて紹介しました。

次の

既婚女性1000人に聞いた「妻のお小遣い」、その平均額は?

お 小遣い 平均

クリックできる目次• 小学生のお小遣い平均 小学生(6歳から12歳)のお小遣いを「低学年」「中学年」「高学年」の3つに分けた表です。 平均 低学年 1,206円 中学年 777円 高学年 1,272円 世帯収入によって金額が異なりますが、意外なことに全体の平均では「中学年」のお小遣い額が777円と一番低い結果でした。 お父さん・お母さんの年収によって金額が違う 当たり前といえば当たり前ですが、世帯の年収に応じて子供のお小遣いの額も違います。 ところで、「年収500万以上750万円未満」の世帯のお小遣いの金額が突出しているのは何故でしょうか? 以下の記事では、2つの仮説をたてていました。 <仮説1> 高収入層では特に、塾などで随時持たされる小遣いはあるものの、月ぎめでは渡していないため。 <仮説2> 高所得層ほど、お金に対する哲学を持っていて、安易にお小遣いをあげない。 引用元: 筆者の個人的な感想では、仮説2が近いのかなと思います。 年収が高くなればなるほど、独自のマネーリテラシー(お金の知識)を持っていて、小学生の頃からお小遣いを使って「お金の教育」をしているのではないかと思います。 具体的に言うと「アメリカ式のお小遣いの渡し方」をしていたり「お手伝いの対価としてお小遣いを渡している」パターンです。 アメリカ式のお小遣いの渡し方 アメリカと日本では、10歳以下の子供に与えるお小遣いの金額が10倍程違うと言われています。 アメリカの10歳以下の子どもにあげるお小遣いが1ヶ月平均約6,000円~10,000円だといわれています。 一方、日本のお小遣いは一般的に、小学生で1ヶ月平均1,000円前後、中学生でも1ヶ月平均2,500円くらいだといわれています。 つまり、アメリカのお小遣いは日本の10倍程になります。 引用元: アメリカと日本でお小遣いの平均金額が違うのは、 ・日本でのお小遣いの目的が「ゲームや漫画、お菓子などの娯楽」に使う為のもの。 ・アメリカでは、「学用品や洋服」も含めた必需品を購入し、残ったお金で娯楽に回す。 といった理由があります。 アメリカでは、小さい頃のお小遣いは「金銭感覚」を身につけることが目的になっています。 日本とは考え方がだいぶ違うので、日本の高収入世帯がアメリカ式のお小遣いの渡し方をしていたら、平均金額が変わる可能性がありますね。 お手伝いの対価としてお小遣いを渡している 小学生の頃から、仕事の対価としてお金を渡す工夫をしてるのではないかと考えます。 お小遣いを立派な労働の対価として扱うことで、正しくお金に向き合う姿勢を身につけさせてあげませんか。 (中略) わが家の冷蔵庫には、「おこづかい表」という紙が貼ってあります。 表には、子どもができるお手伝いと、そのお手伝いを1回こなすことでもらえる単価が書き込まれているのです。 結局、小学生のお小遣いの渡し方は家庭によってそれぞれ 家庭によりお小遣いの渡し方はそれぞれ異なります。 先程の表以外に、小学生のお小遣いについて調べてみると、月に一度お小遣いを渡すという家庭の平均は「500円~1000円の間」という家庭が多いようです。 ポイントは「お金の教育」としてのお小遣い 小学生に「どんな方式で」「いくら」お小遣いを渡すかということが、お金の教育につながりそうですね。 参照元: 中学生のお小遣い平均 小学生の時よりも友人同士で出かけたり、行動範囲も広がるのでお金を使う機会も増えますね。 そんな中学生のお小遣いの平均は下記のとおりです。 平均 2,453円 中学生のお小遣いは1,000~3,000円というのが相場です。 成績によってお小遣いが上がる家庭も 学校のテストや通知表の成績に応じ、お小遣いの金額が上がるという家庭もありました。 お子さんがご褒美で頑張るタイプだと効果がありそうですね! また、ごく少数ではありますが、中学生でお小遣いが500円という家庭や、「お小遣いなし」という家庭もあるようです。 参照元: お小遣いの使い道 中学生のお小遣いの使い道は、マンガや雑誌などの書籍、おやつなどの飲食物、友人との交際費に使われていることが多いようです。 中学生からお金の勉強を始める人の為に、中学生向けのお小遣い帳も出ています。 そんな高校生のお小遣いの平均は下記の通りです。 平均 5,578円 参照元: アルバイトをしていると小遣いなし? アルバイトをしている高校生の家庭の中には、お小遣いはなしという家庭もあるようです。 また、お小遣いの中には携帯代は含まず、別で親が支払っているという家庭も多いようです。 高校生におすすめのバイト3つ 「お小遣いが足りない、もっとお金を稼ぎたい」というあなたの為に、高校生にもおすすめのバイトを3つ挙げました。 コンビニ店員• スーパー・ディスカウントストア• 飲食店店員(ファミレス、カフェ、ファストフード) 上記3つのお仕事は、大手のチェーン店などで分かりやすいマニュアルが用意されていて、高校生でも仕事を覚えやすい環境が整っています。 また店舗数の多いチェーン店であれば、自宅近くにあることも多いため、ご家族の方も心配することはないでしょう。 飲食店であれば、割引価格で食事ができるといったメリットもあります。 バイト禁止でもポイントサイトなら稼げる インターネットでポイントサイトを利用すれば、高校生でも現金を稼ぐことができます。 やり方は簡単で、パソコンやスマホからポイントサイトに登録し、アンケートに答えたり、ゲームをすることでポイントが貯まります。 「」や「」といったポイントサイトが人気ですが、貯まったポイントは現金に換えることもできます。 大学生のお小遣い平均 次に大学生。 大学生になると一人暮らしの子もいますし、千差万別です。 平均は以下のようになっています。 一人暮らし &バイトなし 一人暮らし &バイトあり 実家暮らし &バイトなし 実家暮らし &バイトあり 大学1年生 21300円 大学1年生 42600円 大学1年生 32600円 大学1年生 40400円 大学2年生 23000円 大学2年生 43900円 大学2年生 33500円 大学2年生 45100円 大学3年生 24700円 大学3年生 45200円 大学3年生 34500円 大学3年生 49700円 大学4年生 26300円 大学4年生 46400円 大学4年生 35400円 大学4年生 54300円 大学院生 27900円 大学院生 47700円 大学院生 36300円 大学院生 58800円 お金を増やす&稼ぐガイドより バイトをしている子もしていない子も、やはり実家ぐらしの子のほうが、少し余裕がありますね。 一人暮らしの場合は、仕送りから必要な生活費を抜いた分がお小遣いになるようです。 参照元: 年代別の違い 年代別のお小遣い 昼食代を含む 平均額は以下のようになります。 年代 平均 20代 37,548円 30代 37,436円 40代 33,938円 50代 38,051円 2018年では20代・50代は4万を超えていましたが、2019年は全ての世代が3万円台となっています。 昼食代の平均 お小遣いの金額に大きく関わってくる1日の昼食代は、全体の平均が555円です。 2019年のお小遣い平均は過去2番目に低い 2019年のお小遣い平均は10月に引き上げられた消費税などの影響もあり、前年比3,089 円減少となりました。 また働き方改革により賃金は増えていないのに、支出が増えたという人が多いようです。 年収を上げる方法は以下のページで紹介しています。 給料が減った• 生活費が増えた• 子供の教育費が増えたから お小遣いの減少に準じて、サラリーマンの昼食事情や飲み事情も年々変化しているようです。 年収別の小遣い平均 2018年の調査では年収別の小遣い平均調査が行われました。 つまり、お小遣いの平均は年収の差ほどの開きはないということになります。 結果は各メデイアの独自調査 年収別の小遣い平均の結果は、各メディアの独自調査やアンケートによるものです。 国税庁などの公式な調査結果があるわけではありません。 地域や調査対象となった人により結果も変わると考えられます。 子の成長で出費も増える 年収別の小遣い平均に大きな差がない理由に、年齢と年収が上がっても、結婚して子供が生まれたり、子供の成長により養育費が高くなるということがあれば、出ていくお金も増えていくことがあります。 年収が上がったところで、自由に使えるお金が増えるわけでもなく、事情は家庭により様々です。 お小遣い帳は必要? お小遣い帳をつけるメリット 金銭感覚が身につく 高校生を対象にお金に対する意識の研究が行われ、以下のような結果がでました。 「現在性効果」に関しては、1 年後を選んだ生徒は、お小遣い帳をつけている、買いたいものがある時は、我慢したり、貯金してから買う人が多いことが分かり、「現在性効果」と我慢や堅実さには関係があると言える。 引用元: この研究であがっている現在性効果とは 「今10万もらうのと、1年後11万もらうの、どちらを選びますか?」 という質問にどう答えるかというものです。 お小遣い帳をつける習慣があると、お金を計画的に管理する能力が身につくため、1年後を選ぶことができると考えられます。 使いすぎ防止 またお小遣い帳をつけることで使いすぎの予防ができます。 もし使いすぎてしまった場合でも、親子でお金の使い方について話し合うよい機会となります。 お小遣い帳アプリ 今はスマホで何でもできてしまう時代です。 スマホのアプリで小遣いを管理するという方法もあります。

次の

中学生のお小遣いの平均金額<<使い方の決め方やルール>>

お 小遣い 平均

中1、中2、中3別!お小遣いの金額の平均はいくら? そもそもお小遣いの平均額ってどれくらいなのでしょうか?これは、 住んでいる場所や学年によって異なります。 以下、地域と学年別で平均をまとめました。 都市部 地方 中1 毎月500円~1000円 毎月0円~500円 中2 毎月1000円~2000円 毎月500円~1000円 中3 毎月2000円~3000円 毎月1000円~2000円 これはあくまでも平均で、 多い子だと中学生で毎月5000円ほどもらっている子もいます。 また毎月もらえる金額に加えて、• 服を買うとき• 友達と遠出をするとき• 部活の道具が壊れてしまったとき• 誕生日やクリスマスなどのイベント時 にもお小遣いをもらえる子もいます。 実際は、それらの金額も上乗せされる形になります。 「意外と多い」というのが私の印象です。 携帯代を含めるかどうかで金額は変わる 上記の金額は、携帯代金を含めない金額となります。 ほとんどの子は、中学生になると携帯(スマホ)を買ってもらいます。 この 通信料が毎月5000円~1万円ほどかかります。 当たり前ですが、この金額をお小遣いで支払うのは無理です。 家庭によっては、お小遣いを15000円あげて、そこから携帯代金を引いているところもあります。 もし 携帯代金もお小遣いに含めるなら、上記の金額に+7000円ほど足した金額が、お小遣いの金額の平均となります。 あげすぎは危険!周りの子どもとの相場で決めよう では、中学生の子どもにお小遣いをあげる場合、どれくらいの金額を渡すのが無難でしょうか?一番のポイントは 「周りの子どもとの相場できめる」ことです。 例えば、東京都内に住んでいる子で、普段遊ぶときは毎回電車で渋谷に行っているとします。 この場合、遊ぶたびに電車賃がかかります。 1回遊びに行くのに、電車賃往復1000円、食べ物代1000円の合計2000円かかるとして、 月に2回渋谷で遊んでいるとします。 この場合、最低でも毎月4000円のお小遣いをあげないと、友達と遊べなくなってしまいます。 一方、地方に住んでいる子で、普段遊ぶときは友達の家でゲームをしているとします。 使うお小遣いも、コンビニで買うお菓子くらいだとします。 仮に週に2回友達の家で遊んでいて、1回200円お菓子で使うとしたら、毎月1600円あれば十分足ります。 このように、• 住んでいる地域• 遊んでいる友達• 何をして遊ぶか によって、必要なお小遣いの金額は変わってきます。 それを考えると、 周りの友達の相場に合わせるのが一番ベストと言えます。 現在の中学生に最も多い使い方ランキングTOP3 現在の子どもたちは、どういったものにお小遣いを使っているのでしょうか?以前、大手教育会社が調べたデータによると、以下の3つがお小遣いの使い道として人気がありました。 第3位 お菓子やジュース代 友達の家で遊んだりするときに、お菓子やジュースがあると楽しくなりますよね?お小遣いを、こういった お菓子やジュースに使うという子どもたちが第3位です。 第2位 ゲームやアプリの課金代 少し前であれば、ゲームソフトを買っていた子たちも多かったです。 ただ最近は、アプリ内で課金をする形に変わりつつあります。 子どもたちにとって、ゲームやアプリは一番の娯楽なので、ここにお小遣いを使っている子も非常に多いです。 なお、最近だとiTunesで音楽を購入したり、ラインのスタンプを購入する子も増えています。 これらも併せて第2位となります。 第1位 漫画代やキャラクターグッズ代 不動の人気はマンガです。 少年ジャンプなどの週刊誌や単行本などを買うのにお小遣いを使っている子が多いです。 また、マンガと並行して、中に出てくるキャラクターのグッズを買うときにお小遣いを使っている子も多いです。 ただ、最近ではネットでマンガが見られるようになってきているので、 この割合は徐々に減っていく可能性が高いです。 なお、上記は少し前のデータになるので、最近は順位が変わってきている可能性があります。 今後上記のデータは随時更新をしていこうと思います。 もしよかったら、あなた自身やあなたのお子さんのお小遣いに関するアンケートにご協力いただけると嬉しく思います。 【親向け】最低限守らせる3つのルール ここからは、少し保護者向けの話をしていきます。 お子さんにお小遣いを渡す時、 最低限決めておかなければならないルールがあります。 以下の3つのルールだけは、先に伝えておくと良いです。 お金の貸し借りは禁止 小学生や中学生の段階で、 お金の貸し借りをするのは絶対にいけません。 必ずトラブルの原因になるからです。 また、この時期から人にお金を借りる習慣がついてしまうと、将来、借金地獄に陥る可能性があります。 貸し借りだけは、絶対にやめるように伝えましょう。 お金を貸すことを断って怒る友達とは、関わらない方が良いです。 無駄使いをせず、計画的に使う そもそも、なぜ子どもにお小遣いを渡すのかというと、 毎月計画的にお金を使う練習をするためです。 3000円のお小遣いをもらって、それを1日で使ってしまったら、残りの29日お金を使うことができません。 子どもの段階では、「友達と遊ぶときに困る」くらいで済みますが、 これが大人だと「食べていけない」状況になります。 そうなってからでは困るので、子どもの内から無駄遣いをせず、計画的に使っていく練習をさせましょう。 本当に困った時は親に相談する そうは言っても、最初の内はなかなか上手くいきません。 時にはお小遣いを使いすぎてしまって、足りなくなることもあると思います。 この場合、「無理せず親に相談する」ように伝えてください。 親に相談ができないと、子どもは友達からたかるか、万引きをするかしかなくなります。 これが一番良くないです。 どうしても困ったときは親に相談するように伝えておくことが大事です。 ルールを守るかどうかは親子関係次第!良好な関係を作る方法 上記のことを伝えたからと言って、子どもが100%親に相談するわけではありません。 例えば親のことが信頼できないと、「 お父さんに相談しても、絶対に怒られる。 そうなるなら、隠しておいた方がまし」と思うからです。 そこで、子どもがお金に困ったとき、気軽に相談できる親子関係を日頃から作っておくことが大事です。 ではどうしたら、良好な親子関係を作ることができるのでしょうか? ポイントは3つあります。 子どもの話をしっかり聞く(聞き方がポイント)• 子どものお願い事をできる限り聞く(聞いてはいけないこともある)• 子どもの興味があることに対して親も興味を持つ の3つです。 この3つができると、子どもは親のことを信頼します。 その結果、 困ったときに何でも話し合える最高の親子関係になるのです。 そこで、現在私は、上記の3つに加えて、さらに親子関係を良好にする子育てテクニックを一つずつ解説する「思春期の子育て講座」を無料で配信しています。 こちらの講座でお伝えしていることをしっかりと実践していただければ、 1か月後には子どもの方から話しかけてくる回数が2倍以上増えるはずです。 今なら過去に3900円で販売していた「中学生の問題行動解決マニュアル」もプレゼントしていますので、よかったら下のリンクをクリックして、詳細をチェックしていただければと思います。 本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。 思春期の子育てアドバイザー道山ケイ 動画で解説!中学生のお小遣いの金額と決め方.

次の