スペースワイファイ 速度制限。 縛りなしWiFiとは?料金・端末・速度・制限・解約から評判まで

制限なしの無制限に使えるポケットWiFiを発見!?通信量を気にしなくて大丈夫!

スペースワイファイ 速度制限

【2019年2月】単身赴任におすすめwifiが変更! 単身赴任におすすめ「縛りなしWiFi」が登場! 下記サイトでおすすめの縛りなしWiFiと比較しています >> *****以下、以前のご紹介文***** 単身赴任の任期が分からない中、ネット環境を整えるのは、ちょっとリスクがあることをご存知ですか? そのリスクは、ネット契約のほとんどに言えるのですが、 契約期間には縛りがあることなんです。 そして単身赴任におすすめなポケットWi-Fiも例外ではなく、ほとんどの契約に、2年間や3年間の年縛りが付いているんです。 また、ポケットWi-Fiを使い始めると、スマホとは比較にならないほど、圏外エリアが広く、ネットに繋がらない等の不満を経験することもあります。 そんなポケットWi-Fiの年縛り契約や、圏外エリアの広さで、うんざりしてしまっている人も多いのではないでしょうか? そんなあなたに、おすすめなのが「 SPACE WiFi」というポケットWi-Fiなんです。 今回は、そんなおすすめのSPACE WiFiの悪い口コミを調べた結果、注意点が分かりましたのでご紹介したいと思います。 SPACE WiFiで悪いところは、インターネットに繋がりにくいところです。 他社のWi-Fiと比較すると、地下や建物の奥の方、例えば、デパートの地下や、入口が1ヵ所の飲食店に入り奥の方の席に座った場合など、 繋がりにくいことがしばしばあります。 また、新幹線などは、ほぼほぼ圏外になってしまいます。 あと、契約期間に制限があり解約の1か月前までに申し出がいることが面倒でした。 実際は通信制限は・・・、• softbankの4G・LTE回線で 1日3Gまで 現状、ネットの広告用語「無制限」の使い方にルールが無いため、このような誤解が生まれてしまいます。 それでは、あなたは1日3Gで充分足りるのか?確認してみましょう。 下記表は、通信容量が多めの利用(動画閲覧やテレビ電話)をした場合の利用時間です。 もちろん、その他、動画や写真の「ダウンロードやアップロード」を大量に行うのであれば別ですが、LINEのテレビ電話も含め、1日の通信容量が3Gもあれば充分ではないでしょうか? また3G超えたら、すぐに制限がかかるのではなく、ちょっと曖昧な感じです。 しかし、一旦通信制限にかかると、Yahoo! のトップページを閲覧することも厳しくなる感じです とは言っても、この通信制限は翌日の1時台に解除されるので、あまり影響は無いと思われます。 softbankの4G・LTEの電波は、softbankのスマホや携帯電話の圏内エリアと同じため、 ほぼほぼ圏外になることはありません。 つまり、4G・LTE専用のルーターになることで、圏外エリアになることは、ほぼ無くなるということです。 私は喫茶店などでパソコンを使うことがあるので、ポケットWi-Fiを利用してインターネットをしています。 沢山あるポケットWi-Fiの中で、 なぜSPACE WiFiを使っているのかと言うと初期費用、解約手数料全てが無料だからです。 一般的に解約月でない時に契約を打ち切る場合は解約手数料が発生し、無駄な費用が発生します。 しかしSPACE WiFiは、解約手数料が0円なので契約期間中に解約しても無駄な出費は防げます。 また通信制限がないので月額しっかり支払いをすれば実質無制限です。 また月額約3500円で使用できる点も、本当にオススメです。 他プロバイダと比較すると月額料金に差があるので安く抑えたいならSPACEWi-Fiがオススメです。 以前、私は、パソコンでネットをする時はスマホ(格安SIM)のテザリングを使っていたのですが、格安SIMは速度が遅いし、使える容量も制限があり不満がありました。 そこで、格安SIMより月額料金は高くなるものの通信速度が速く、通信量も多いWiMAXを利用しようかと考えていたのですが、WiMAXは2年や3年契約の年縛りが設定されているところばかりで、契約期間内に解約すると高額な違約金が発生するので利用開始には踏み切れませんでした。 この SPACE Wi-Fiは、1か月単位で解約できるので、安心して契約できました。 良い口コミから分かること SPACE WiFiの最大の特徴は、口コミからも分かるように、 初期費用も無料になるところなんです。 ポケットWiFiレンタルは、解約料金を0円にしていても、初期費用まで無料にしているところは珍しいんです。 初期費用無料!これって意外と結構盲点なんです! しかも、圏外エリアがほぼ無い4G、LTEを提供し、1日3G(実質無制限)も使用可能で格安なんです。 もう一度言いますよ! 圏外の多いWiMAXではなく、圏外がほとんど無い4G LTEの電波を実質無制限で使えて 3,680円なんです! >> SPACE Wi-Fiの3つのメリットのまとめ それでは、SPACE WiFiの口コミから分かった3つのメリットをまとめたいと思います。 (SPACE Wi-Fiの口コミからも、そこが評価高いです) 通常、ポケットWi-Fiレンタルは、解約料金を無料にするメリットとは反対に、初期費用が無料になるケースは稀なんです。 (2019年1月現在、私調べによると、SPACE WiFiだけ!) よって、あなたが支払う料金は、SPACE WiFiの月額料金のみになるんです。 次から次へと、お得なプランやサービスが出てくるポケットWi-Fi市場では、いつでも解約できるポケットWi-Fiレンタルを選ぶのは、既に常識なのかもしれませんね。 【解約料金を、あまり気にして無い方へ】 ポケットWi-Fiレンタルの特徴といっても過言ではない 「解約料金0円」ですが・・・、 このように考えている人はいませんか? 解約の「指定月」に解約すれば、解約料金は無料なんでしょ? 実は、ココに落とし穴があるんです。 確かに、一般的なポケットWi-Fiは、年縛りの2年or3年後に、解約料金が無料になる「指定月」を設定しています。 そして、このタイミング「指定月」で解約すれば、解約料金は発生しないのですが・・・、 しかし・・・、 このタイミングで乗り換えたいポケットWi-Fiがあるのでしょうか? もしくは、指定月をうっかり忘れてしまい、さらに更新(2年or3年)されてしまうなど、ほぼほぼ解約手数料0円で解約できるとは思わない方が良いのです。 よって、SPACE WiFiのような解約料金0円は、ポケットWi-Fiをトータルで格安に済ませるためには必須条件なんです。 ちなみに、私の体感では、街中を移動の際、半分は圏外になっているようなイメージがあります。 よって、4G・LTEを無制限で使えて3,480円は大きなメリットになるんです。 SPACE WiFiはこんな人におすすめ SPACE WiFiの特徴(メリット)を大きく3つにまとめると・・・、• 初期費用・契約手数料が0円• 年縛りが無く、解約金も0円• 4G・LTEの無制限プランが3,680円(最安値) よって、SPACE WiFiがおすすめな人は・・・、• 単身赴任で、任期が不明な方、もしくは短い方• 色々なポケットWi-Fiを試したい方• 4G・LTEを利用できて、 トータル費用で格安のポケットWi-Fiを選びたい方 最後に いかがでしたか? 今回は「SPACE WiFi スペースワイファイ の悪い口コミで分かる無制限の注意点」についてご紹介してまいりました。 あなたの単身赴任先でのポケットWi-Fiレンタル選びに、各種口コミ情報がお役にたてれば幸いです。

次の

SPACE WiFiの4つのデメリットとは?後悔する前に要確認!

スペースワイファイ 速度制限

民泊Wi-Fiで有名なSPACE WiFiですが、月額料金が3,680円とレンタルWiFiの中では安い料金設定となっており、個人でレンタルする人も増えています。 特に「 初期費用・契約事務手数料・解約手数料が0円」とお金をかけずにはじめる事ができて、簡単に解約できるのは魅力的です。 しかし、結論から申し上げると 「SPACE Wi-Fi」は 個人利用ではおすすめできません。 民泊のサービスの一環としてお客様用にSPACE WiFiを貸し出すのであれば問題ありません。 ココで指摘しているのは個人で使う場合はSPACE WiFiからのレンタルはもったいないということです。 SPACE WiFiとは SPACE Wi-Fiでは、月間無制限のデータ通信が可能なポケットWiFiを月額3,680円にてレンタルする事ができます。 そして 「初期費用・契約事務手数料・解約手数料」全てが0円となっており、 毎月の支払いは月額料金の3,680円だけ考えておけば大丈夫です。 支払い方法は、クレジットカード払いもしくは、口座振替に対応しております。 もちろん民泊にSPACE WiFiを設置するのはOKです。 これだけ見るとメリット尽くしで、「SPACE WiFiってめっちゃおすすめ!」と思う人多いですが、デメリットを必ずご覧ください。 SPACE WiFiのデメリット 1.端末が最新機種ではない!? SPACE WiFiの公式サイトには「 最新機種で無制限の高速通信をご提供します。 」と記載がありますが、 提供される機種はWiMAXの場合は「Speed Wi-Fi NEXT W04」、SoftBankの場合は「Mobile Wi-Fi E5383s」となっております。 2つの発売日を見てみると・・・ Speed Wi-Fi NEXT W04 2017年2月17日 Mobile Wi-Fi E5383s 2015年12月25日 となっており、最新機種ではありません。 Speed Wi-Fi NEXT W04に関しては、現在W06が発売されていますので2世代前の端末となります。 最新機種のW06と比較してしまうと速度は遅いです。 2.あれ制限がある!?無制限に使えない! なお、知っている人も多いと思いますが、 SPACE WiFiは高速データ通信が無制限ではありません。 WiMAXの端末(W04) 3日間で10GBを超えると翌日の18時~2時までが速度制限になります。 直近3日間の通信量が10GB未満になったら解除されます。 SoftBankの端末(E5383s) 1日で3GBを超えた時点で速度制限になり、日付が変わったら解除されます。 このように、速度制限があるにもかかわらず、無制限に使えるという誤解の表記が多いので気をつけてください。 国内のポケットWiFiで無制限に使えるWiFiは存在しません。 無制限と記載があっても短期間に大容量の通信を行うと通信制限にかかります。 3.端末を故障させてしまうと弁償金の請求が! これはSPACE WiFiに限った事ではないのですが、レンタルWi-FiはポケットWiFiをレンタルしているため、 壊してしまったら弁償しないといけません。 SPACE WiFiでは、• 落下・衝撃等による液晶割れや損壊• 紛失してしまった場合• 水没してしまった場合 上記の理由などで端末が壊れてしまった場合は、端末弁償金として4万円を請求しております。 ポケットWiFiはくれぐれも大事に扱ってください。 なお、自然故障の場合は、代替品と交換してもらえます。 端末弁償金が「高いな」と思う人は、安心端末補償に加入しましょう!月々500円を支払いますが、端末が壊れた場合、通常4万円請求されるところが1万円になりますので安心です。 4.発送まで時間がかかる!? ポケットWiFiといえば、工事不要で届いたらスグ使えるため、「明日から!インターネット使いたい!」という人でも、 当日発送の業者を選べば翌日に使うことも可能です。 SPACE WiFiの場合は、元々は最短翌日発送だったのですが、 現在は注文が多くなったため、 発送まで3日~最大7日程かかる場合があります。 スグ使いたいのに、届くのが遅いのは困りますね。 但し、発送状況についてはサポートセンターにて確認を取ることが可能です。 0120-546-573 12時~19時) 5.解約は1ヶ月前に連絡が必要!? SPACE WiFiは解約を申請した翌月末が解約日となります。 当月中の解約ができませんので、余裕をもって解約申請をするようにしましょう。 解約申請のURL: なお、 解約月の翌月5日までに端末を返却しないと追加で1か月分の請求が来ますので、端末の返却はお早めにお願いします。 返却方法は、「ゆうパックライト」もしくは「ゆうパック」での郵送で問題ありません。 返却先住所は「〒060-0061 北海道札幌市中央区南1条西5丁目20 郵政福祉札幌第一ビル1F 《札幌南1条郵便局留め》 SPACE Wi-Fi宛 TEL0120-546-573」となっております。 解約申請だけして端末を送るの忘れてた!という人も居ますので、必ず返却するようにしましょう! 返却時は本体をそのままいれずにプチプチ等のクッション材を入れてあげるようにしましょう! ネット上の口コミや評判は? SPACE Wi-Fiは利用者もそこそこいるため、ツイッターやFACE BOOKでも感想を見かけました。 月額料金が安くて便利という評判が多いです。 チラホラ見かけたのが「速度が遅い」という口コミでした。 SPACE WiFiは「WiMAX」「SoftBank」の回線を利用しているため、SPACE WiFi側ではどうしようもありません。 もしくは、速度制限になってしまったと思いますので、解除まで待つしかありませんね! 思ったより速度が遅くて微妙だなと思った場合は、 レンタルのためいつでも解約して大丈夫です。 SPACE WiFiの評判や口コミは全体的に見ると「悪くはない」状況です。 民泊WiFiのレンタルを考え中の人にはおすすめです。 但し、個人利用の場合はもっと安い月額料金のレンタルWiFi業者があります。 無制限WiFiという選択もあり!?「ポケモバCloud」 SPACE WiFiは1日3GBという制限があり、動画視聴をしていたら速度制限にかかってしまったという事も十分あり得ます。 その点「ポケモバCloud」なら1日3GBや3日で10GBといった制限がないので、通信量を気にせず、ギガ使い放題です。 月額料金も3,250円と格安で利用できます。 2年契約という縛りはありますが、途中解約の違約金は、• 0~24ヶ月目:18,000円• 25ヶ月目:0円• 26ヶ月目以降:9,500円 となっており、解約するタイミングによっては、高額の解約金になってしまいます。 しかし、SPACE WiFiと比較してわかる通り、ポケモバクラウドは無制限に使う事ができます。 そのため、通信量が1日3GBじゃ不安という人にポケモバクラウドはおすすめです。 動画視聴をするという人におすすめ! SPACE WiFiよりもおすすめのレンタルWiFiがある!? SPACE WiFiを紹介しているホームページを見ると「スペースWiFi超おすすめ」「SPACE WiFi安いし無制限だし最高」「最新機種が使えるのはSPACE WIFI」とか・・・ ステマに近いのでは?と思われる書き込みが多いので注意してください。 本題ですが、 SPACE WiFiよりもおすすめなレンタルWiFiはあります。 それは「縛りなしWiFi」です。 SPACE WiFiよりもお得!「縛りなしWiFi」 SPACE WiFiの月額料金は3,680円ですが、縛りなしWiFiは3,300円にて利用できます。 もちろん、SPACE WiFiと同じで「初期費用・契約事務手数料・解約金」全て0円となっております。 SPACE WiFiのデメリットとして「発送が遅い」とありましたが、 縛りなしWiFiなら 昼12時までのご注文で翌日発送します。 スグ使いたいという人は助かりますね。 縛りなしWiFiのメリットを見てみると• 月額料金が3,300円と安い• 初期費用・契約解除時の違約金0円• 最短翌日から使える• お問い合わせの電話あり• メールで簡単解約• レンタルのため契約期間の縛りなし となっており、SPACE WiFiと同じ月間無制限のWiMAX or SoftBankなのにSPACE WiFiよりも月額料金が安いです。 また、レンタル端末につきましてもSPACE WiFiより縛りなしWiFiの方が全体的に新しい端末が多くおすすめです。 無制限WiFiで今一番人気のサービスです。 注意点としては、 縛りなしWiFiは1日2GB迄の速度制限です。 SPACE WiFiなら1日3GB迄高速通信が可能です。 1日2GBじゃ足りないという人は、1日3GBのSPACE WiFiの方が良いです。 SPACE WiFiのまとめ SPACE WiFiはレンタル業者の中では月額料金が安い方です。 縛りなしWiFiが2019年9月からの申込は1日2GB制限になったことで、SPACE WiFiの需要が増えました。 料金をとにかく安くしてポケットWiFiを持ちたいという人には「縛りなしWiFi」がおすすめですが、サポート対応が良くて、1日3GB迄高速通信を使いたい場合は「SPACE WiFi」がおすすめとなっております。 縛りなしWiFiの紹介及び評判について「」をご覧ください。 また、レンタルWiFiを比較して検討したい人は「」をご覧ください。

次の

スペースワイファイ(space wifi)の口コミ/評判(速度制限やデメリットはあるの?)

スペースワイファイ 速度制限

初期費用(手数料)が必要ない、月額料金が安い• 端末機種が比較的新しい• 支払い方法に銀行の「口座振替」が利用できる 初期費用(手数料)が0円、月額3,680円と分かりやすい 「SPACE Wi-Fi」は初期費用が必要がありません。 また 初月からずっと月額3,680円と、料金体系も分かりやすいです。 縛りがないポケットWiFiの中で最安値 「縛りがないポケットWiFi」の中で比べた時、 WiMAX回線だと「SPACE Wi-Fi」が最安値になります。 「縛りがないポケットWiFi」の他社との料金比較の詳細は、以下の記事をご覧ください。 回線をWiMAX、ソフトバンクを選べる 他社の「ポケットWiFi」だと、一方の回線しかなかったり、どちらと契約できるか分からない場合があります。 「SPACE Wi-Fi」なら、電波状況によりWiMAX、ソフトバンク回線、どちらかを自分で選ぶことができます。 端末機種が比較的新しい 「SPACE Wi-Fi」が提供している端末機種は比較的新しい端末を提供してくれます。 WiMAX回線の端末「Speed Wi-Fi NEXT05」2018年1月19日発売• ソフトバンク回線の端末「Pocket WiFi 801ZT」2019年4月8日発売 月額料金が安い他社のポケットWiFiサービスだと、どの端末が送られてくるかわからないため、古い端末が送られてくる可能性もあります。 「SPACE Wi-Fi」は端末機種が決まっているので安心です。 クレジットカードがなくても契約できる【口座振替可能】 他社のポケットWiFiサービスの支払い方法は、クレジットカード払いしか選べないことが多いです。 「SPACE Wi-Fi」は、銀行の「口座振替」が利用できます。 クレジットカードを持っていな学生の方などでも「SPACE Wi-Fi」なら申込みむことができます。 端末機器が壊れた場合に追加請求される• キャッシュバックがない 端末機器が壊れた場合に追加請求される 端末機器はレンタルになります。 解約時は端末の返却が必要です。 本体の故障や画面割れ、水没で故障、端末を紛失した場合は40,000円 税抜 が必要になるので注意してください。 端末代金の負担をサポートしてくれる「あんしん端末補償」月額500円(税抜)のオプションがあります。 不安な方は加入した方が良いでしょう。 キャッシュバックがない 「SPACE Wi-Fi」は高額なキャッシュバックなどのキャンペーンはありません。 「SPACE Wi-Fi」のサービス解説 ここからは「SPACE Wi-Fi」の特徴、サービスの詳細を解説していきます。 「SPACE Wi-Fi」を提供している会社は「株式会社スペースエージェント」です。 端末が故障・紛失・水没時した場合、「あんしん端末補償(月額500円)」に加入している場合は10,000円(税抜)、 加入していない場合は40,000円が必要になります。 回線速度は最大558Mbps、端末機種は2種類 「SPACE Wi-Fi」が提供している端末機種は2種類あります。 回線速度は「WiMAX」「ソフトバンク」によって異なります。 回線速度はベストエフォート(規格上の最大速度)であり、実測値は異なります。 5Mbps 回線 WiMAX ソフトバンク サイズ(mm) 高さ55・幅130・厚さ12. 6 高さ71・幅71・厚さ14. 2 重さ 131g 93g 最大接続可能台数 10台 10台 「SPACE Wi-Fi」は希望があれば申込後にWiMAX、ソフトバンク、どちらかの回線を選ぶことが可能です。 端末はレンタルになります。 機器が故障・紛失・水没時は別途費用が発生するので注意してください。 心配な方は「あんしん端末補償(月額500円)」のオプションサービスもあります。 ただし、WiMAX回線は3日間10GB以上の利用で、翌日18時頃~翌2時頃の通信制限、ソフトバンク回線は1日2GB以上の利用で、当日の通信速度制限がかかります。 他社の契約に縛りがない「ポケットWiFi」も、基本的には同様の制限があります。 民泊WiFiだけど、個人利用可能 「SPACE Wi-Fi」は民泊物件に設置するホスト用の民泊WiFiとなっていますが、 個人・ビジネス・自宅でも利用可能です。 違約金・縛りのないポケットWiFi 他社の「ポケットWiFi」は2年・3年縛りがあり、更新月以外に解約すると高額な契約解除料が必要です。 「SPACE Wi-Fi」は契約の縛りがありません。 そのため解約を検討した時に、契約期間・更新月を気にする必要がありません。 「SPACE Wi-Fi」の最安値保証とは? 「SPACE Wi-Fi」の公式サイトには最安値保証と書かれています。 出典:「SPACE Wi-Fi」公式サイト 民泊に特化したポケットWiFiとして【最安値保証】を掲げて、安さを売りにしているのが「SPACE Wi-Fi」です。 民泊のホストとしてWiFiを提供する場合は、【最安値保証】は大きなメリットです。 ただ、個人利用の場合は、あまり関係ないかもしれません。 最低利用期間は?初期契約解除制度はない 「SPACE Wi-Fi」には違約金や縛りはありませんが、1ヶ月間の最低利用期間があります。 また他社WiFiサービスにある初期契約解除制度(契約から8日以内であれば解約できる制度)がありません。 「SPACE Wi-Fi」口コミ・評判 ツイッター上の「SPACE Wi-Fi」の口コミ・評判をピックアップしました。 良いサービス。 私意外と使ってるのね… — limonium limonium20 space wifiを新たに契約。 実測で30~40Mppsくらい。 ブロードWiMAXのW04が今まで夜に速度制限になっていたので、一緒に使っていきます。 期間の縛りが無いのは良い。 ポケットWiFiは使用する場所、WiMAX・ソフトバンク回線などで、実際に利用開始しないと分からない場合が多いです。 「SPACE Wi-Fi」申込・解約時の注意点 「SPACE Wi-Fi」を申し込んだ時、もし解約することになったときの注意点を解説します。 また「SPACE Wi-Fi」の端末は申込みから3日以内程度の発送となっています。 「WiMAX」「ソフトバンク」回線、どちらかを自分で選びたい場合は、 申込完了後にサポートセンターに連絡(メール、電話)で連絡する必要があります。

次の