ポケモン ホーム グループ 交換。 スマホのみで気軽にポケモン交換可能、ポケモンのみならずトレーナーも集結するサービスに ─ 『Pokémon HOME』メディア試遊会レポート

『ポケモンホーム』バトルデータ機能が実装!

ポケモン ホーム グループ 交換

ポケモンホームの最新情報まとめ メンテナンス開始【6月17日】 ポケモンホームのメンテナンスが開始されました。 終了予定時刻は 2020年6月17日23時を予定しています。 夢特性のガラル御三家が貰える!【6月2日】 夢特性:グラスフィールド 性格:いじっぱり HPと攻撃の個体値が「さいこう」 夢特性:リベロ 性格:ようき 攻撃と素早さの個体値が「さいこう」 夢特性:スナイパー 性格:ひかえめ 特攻と素早さの個体値が「さいこう」 スマートフォン版のポケモンホームのふしぎなおくりものから、夢特性のガラル御三家「サルノリ」「ヒバニー」「メッソン」をもらうことができます。 夢特性の御三家ポケモンはこれが初登場になるため、忘れずにもらっておきましょう。 なお、 受け取るには6月2日 火 22時以降にポケモンホームとポケモン剣盾を連携させる事が必要のため、一度スイッチ版のポケモンホームでポケモン剣盾と連携させてから、スマートフォン版のポケモンホームで、ふしぎなおくりもののプレゼントボックスを確認しましょう。 ポケモンホームの最初の画面で、下部にあるボタンからメニューを開く。 メニューの左側にある「ふしぎなおくりもの」を選ぶ 3. ふしぎなおくりもののメニューの一番したにある「プレゼントボックス」を選ぶ 4. 6月2日22時以降に『ポケモン剣盾』を『ポケモンホーム』と連携していれば、連携記念のプレゼント「サルノリ」「ヒバニー」「メッソン」が受け取れる バトルデータが掲載! 5月22日 金 にアプリのアップデートが行われ、ポケモンホーム内でシーズンごとのポケモンの使用率や、トレーナーランキングを見れるようになりました。 どんなポケモンがよく使われているのか、どんな技や特性を持っているかなどを見て、より高い順位を目指して行きましょう。 未解禁技は使用できないが実装済み 過去作で使用できた技を覚えたポケモンを、ポケモン剣盾に連れてくることができます。 しかし、 それらの技を使用することは出来ないため、技名のみが表示される仕様になっています。 過去作から連れてきたポケモンはランクマッチでは使用できない 過去作から連れてきたポケモンは基本的に対戦では使用することができません。 ランクマッチにポケモンを連れて行くと、上記のようにダメアイコンが表示されます。 上画像にもある通り、伝説のポケモンも使用できます。 今後いつ解禁されるかは公開されていないので、更新情報を待ちましょう。 ポケモンバンクの詳しい機能に関しては下記記事で解説中です。 ポケホームの機能を使うとポケモンが手に入る ポケモン 入手方法 ポケホーム利用開始と同時に手に入る スマホ版ポケホーム起動時に3匹の中から1匹選択して入手。 「プロフィール画面」でバインダーにシールを貼る。 「プレゼントボックス」から入手できる。 GTSで自分の預けたポケモンの交換が成立すると「プレゼントボックス」から入手できる。 ミラクルボックスで交換が成立すると「プレゼントボックス」から入手できる。 ポケモンホームでは、ポケモン剣盾では入手することができない「フシギダネ」や「ゼニガメ」を手に入れることができます。 それぞれ入手方法が異なるため、上の図で確認しましょう。 ポケモンホームの配信日 2月12日 水 にリリースされた ポケモンホームは2月12日 水 にリリースされました。 スイッチ版は「ニンテンドーeショップ」からインストールすることができます。 スマホ版はApp StoreとGoogle Playからインストール可能です。 ポケモンホームとは スイッチとスマホで使えるクラウドサービス ポケモンホームとは、スイッチとスマホで使えるクラウドサービスです。 スマホを使ってポケモンを交換したり、ゲームの対戦データを確認出来たりなど、ポケモンに関する便利な機能を詰め合わせたサービスとなっています。 サービスはスイッチ版とスマホ版の2種類がある ポケモンホームを購入する上で注意するべきポイントとしては、Nintendo Switch版とスマートフォン版が存在する点です。 どちらもプランを1つ購入することで利用することができますが、使用可能な機能が異なるので注意が必要です。 プランによって出来ること、出来ないことがあるので確認しておきましょう。 ポケモンホームの有料プランの料金とサービス 有料プランの料金 期間 1ヶ月 3ヶ月 12ヶ月 値段 370円 610円 1,960円 有料プランを利用する場合、期間は1ヶ月・3ヶ月・12ヶ月から選択できます。 長期的に利用するのであれば、12ヶ月のプランがお得です。 12ヶ月のプランの場合、1ヶ月を更新し続けるよりも 1年間で2480円もお得です。 引き出し機能もついており、ポケモンボックス内が混雑してしまう方には特におすすめの機能です。 ピカブイとポケモン剣盾を繋ぐ架け橋として、ポケモンホームが仕事をしてくれるのです。 ただし、 一度剣盾に送ったポケモンはピカブイには戻せないため、ポケモンを送る際には注意しましょう。 ポケバンクから一度連れてきたポケモンは二度と元に戻せないので注意が必要です。 この方法でポケモンを送る場合は、ボックス内の全てのポケモンがポケモンホームに送られます。 この方法の場合、送りたいボックスを自分で選ぶことができるので、送りたいポケモンだけ転送することが可能です。 4種類のポケモン交換を楽しめる ポケモンホームを使えば 最大4種類のポケモン交換機能を使用できます。 ポケモン剣盾では実現できなかった、変わった機能も搭載されているので見所満載です。 「ミラクルボックス」交換を使えば、 海外産のポケモンを簡単に手に入れることが可能です。 全国図鑑に登録されていないポケモンを設定できるようになったので、 図鑑埋めに役立つ機能と言えます。 プレゼント交換のように、 誰がどのポケモンを貰えるかはわからないので、少し変わった視点から交換を楽しめます。 作品を跨いだ交換を可能にするので、過去作からの移動をする必要がない点が魅力と言えます。 「全国図鑑」にポケモンを登録する ポケモン剣盾とは別に、ポケモンホーム内に全国図鑑が実装されます。 過去作品に登場した 「メガシンカ」するポケモンや、剣盾で登場する「キョダイマックス」するポケモンまで記録されるので、全て埋めるのに一苦労しそうです。 全国図鑑をスマホで持ち歩けるので、友達と図鑑の進捗をオフラインで共有できるのも魅力の1つと言えます。 限定のふしぎなおくりものを受け取れる ポケモン剣盾でゲリラ的にプレゼントされてきた「ふしぎなおくりもの」ですが、今後はポケモンホームでしか手に入らない贈り物が実装されます。 ポケモンホーム専用のシリアルコードや2次元コードを読み取ることで、「ふしぎなおくりもの」を受け取れるようです。 プレミアムプランに加入することで使用可能となる機能であり、通常版では「特性」と「覚えている技」のみ確認できます。 「マイルーム」で情報を一気に確認できる 「マイルーム機能」を使用することで、ポケモン剣盾などのコンシューマーゲームだけでなく、 スマホ版アプリ「ポケモンGO」の更新情報も確認できます。 情報が集まるハブとして便利な機能なので、ポケモン関連の最新情報は「マイルーム」で確認しましょう。 「バトルデータ」でポケモン使用率を確認 「バトルデータ」には、ランクバトルを中心にプレイしているユーザーには嬉しい、 バトルに使用されているポケモンのランキングを確認できる機能が付いています。 使用率のランキングでは、特性や技、持ち物も同時に確認できるので、環境を把握するのに役立ちます。 集まったポイントは、 30ポイントごとに1BP送ることができるので、ミント系アイテムを含む便利な道具と交換するのに役立ちます。 ニンテンドーアカウントの連携方法 スイッチ版とスマホ版の連携方法 スイッチ版の「ポケモンホーム」とスマホ版の「ポケモンホーム」を連携させる場合、ゲーム開始時に 同じニンテンドーアカウントでログインすることで連携されます。 異なるアカウントでログインしてしまうと連携することができないため注意が必要です。 ニンテンドーアカウントとニンテンドーネットワークIDの連携方法 手順 やり方 1 3DSまたはWiiUからニンテンドーネットワークIDの「パソコンなどからの利用設定」を「利用する」に変更する(初期設定は「利用しない」) 3DSは「本体設定」から、WiiUは「ユーザー設定」から変更可能 2 パソコンまたはスマホからニンテンドーアカウントにログインする アカウントを作っていない場合、作成時に「ニンテンドーネットワークID」を使って作成することで連携できる 3 ユーザー情報の編集から「他のアカウントと連携」を選び、ニンテンドーネットワークIDと連携する ログイン処理を行うため ニンテンドーネットワークIDとパスワードが必要 「ポケモンバンク」がインストールされている3DSのニンテンドーネットワークIDと、「ポケモンホーム」が入っているスイッチのユーザーのニンテンドーアカウントが連携されていると、 ポケモンバンクからポケモンホームへ一気にポケモンを送る事ができます。 「パソコンなどからの利用設定」を「利用する」にする ニンテンドーネットワークIDをニンテンドーアカウントと連携するには、 3DSやWiiUから「パソコンなどからの利用設定」を「利用する」に変更する必要があります。 3DSはメニュー内にある「本体設定」から「ニンテンドーネットワークID設定」に進むことで、WiiUはメニュー左上にあるMiiアイコンから「ユーザー設定」を開き、「個人情報やメールなどの設定を変更する」を選ぶことで変更画面に進むことができます。 パソコンまたはスマホからニンテンドーアカウントにログインする ニンテンドーアカウントの連携は、パソコンまたはスマホからニンテンドーアカウントのマイページに進むことで行なえます。 スイッチからは行えないため注意が必要です。 ユーザー情報の編集画面から連携する ログイン後にユーザー情報の編集のページに進むことで、現在のユーザー情報が表示されます。 その画面下部にある他のアカウントとの連携欄から、「変更する」を選び次の画面で「ニンテンドーネットワークID」を選ぶことで、連携することができます。 この時 ニンテンドーネットワークIDとパスワードの入力が求められるため、事前に確認しておきましょう。 関連記事 鎧の孤島からの新要素 剣盾からの新要素 ポケモンHOME• 鎧の孤島攻略ガイド 注目記事• データベース• お役立ち• 人気記事• ポケモン図鑑 分類別• 世代別ポケモン一覧• ワイルドエリア 攻略情報• ストーリー攻略 攻略チャート• トレーナーバトル• お役立ち• 育成論• 新着育成論• 人気の育成論• パーティ レンタルパーティ• パーティの対策• 掲示板• お役立ち 初心者におすすめ• やり方・方法まとめ• 新要素 鎧の孤島からの新要素• 剣盾からの新要素• English Walkthrough Wiki 英語版)•

次の

『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

ポケモン ホーム グループ 交換

ポイントの貯め方 ポケモンを預けるとポイントがたまる ポケモンホームポイントとは、ポケモンホームにポケモンを預けることで貯まるポイントのこと。 集めたポイントはBPと交換でき、交換したBPは選択した任意のポケモンソフトへ送ることが可能となっているぞ。 効率的なポイントの貯め方 引っ越し特典で3000ポイント ポケモンバンクからポケモンホームへ引っ越しを行った際に、 最初に1回だけ3000ポケモンホームポイントを入手できる。 引っ越しを行うだけでポイントを獲得できるため、ポケモンホームをプレイしたら忘れずに受け取っておこう。 3000ポイントはBP換算だと100BPとなっているため、バトルタワーが苦手な人でもBPショップ交換を活用できるぞ。 ボックスにポケモンを預けよう 預けた数 ポイント 30匹 9~10ポイント 約3000匹 80~90ポイント 6000匹 120ポイント ポケモンホームに預けているポケモンの数に応じ、ポケモンホームポイントは溜まっていく。 ポイントは預けた瞬間に入手できるわけではなく、預けてから一定期間経過することで入手できる。 まずは手持ちのポケモンをポケモンホームに預けておこう。 プレミアムプランがおすすめ 預けたポケモンに応じてポイントがたまる仕様のため、最大6000匹預けられるプレミアムプランではより多くのポイントを集められる。 交換できるアイテム 30ポイントにつき1BP ポケモンホーム ポイント バトル ポイント 30ポイント 1BP BPと交換 集めたポイントは、バトルタワーなどで仕様できるBP バトルポイント と交換することが可能だ。 バトルタワーは難易度が高めなため、欲しいアイテムをBPショップで交換するには時間と根気が必要な要素となっている。 バトルタワーに挑まずBPを手に入れられるため、BP目的だけでもポケモンホームを利用するのがおすすめだ。 関連スレッド.

次の

【ポケモン剣盾】ポケモンホームの機能と使い方|プランごとの値段【ソードシールド】|ゲームエイト

ポケモン ホーム グループ 交換

200倍もの差があるぞ。 有料プランはポケモンの保管場所、無料プランは交換するための一時的な預け場所として使おう。 バンクから引っ越すには有料プラン必須 3DSのポケモンバンクからポケモンホームにポケモンを送るには、有料プランの加入が必須。 ソードシールドで過去作のポケモンを使いたい場合は有料プランに加入しよう。 料金プラン一覧とおすすめプラン 有効期間 料金 1ヶ月 30日 370円 3ヶ月 90日 610円 12ヶ月 365日 1960円 ボックスが不足している人は12ヶ月 ソードシールドでボックスが不足し、やりくりに苦労している場合は12ヶ月プランに入り、ポケモンを保管する場所として使おう。 ポケモンを移動させたいだけなら1ヶ月 ポケモンを過去作からソードシールドに引っ越したいだけの場合は、1ヶ月プランを利用しよう。 ボックス機能の詳細 6000匹のポケモンを預けられる ポケモンホームには、最大6000匹のポケモンを預けることができる。 預けているポケモンは特性や覚えている技などのステータスが確認できる。 検索機能も完備 膨大なポケモンから目的のポケモンを探すため、検索機能も備わっている。 ポケモン名やタイプ、出身ソフトなどに加えて覚えている技でも検索が可能だ。 有料プランでジャッジ機能も搭載 有料プランに加入することで、個体値を確認できるジャッジ機能が使えるようになる。 孵化余りの同じ種類のポケモンを大量に預けた場合に、個体の判別がしやすくなるぞ。 同じポケモンが並んでいる場合でもひと目で色違いポケモンが判別できる。 スマホ版ではボックスの確認や、ポケモンの検索が行える。 連れていけるポケモンは一部のみ ポケモンホームからソードシールドに連れていけるのは、 ポケモン図鑑に登録されるポケモンを始めとした一部のポケモンのみ。 DLCの追加ポケモンにも対応 ソードシールドは6月と秋頃に、登場ポケモンの追加含むDLCが登場予定。 各DLCが追加されたたタイミングで、 ポケモンホームから移動できるポケモンもアップデートされる。 預けているとBPが貰える ポケモンを預けていると、預けた数に応じて「ポケモンホームポイント」が貯まっていく。 貯まったポイントは、各ゲーム用のBPに引き換えることができる。 初回ひっこし特典で3000ホームポイントを貰える ポケモンバンクからポケモンホームへのひっこしを初めて行った際に、3000ポケモンホームポイントが貰える。 ソードシールドのBPに変換でき、3000ホームポイントは100BPに相当する。 ポケモンを他作品から移動する方法 ポケモンバンクからの移動方法 ボックス単位か一括で移動が可能 ポケモンバンクに預けているポケモンは、バンク内のボックス単位、または丸ごと全てのポケモンを選択してポケモンホームに移動できる。 ホームからバンクには戻せない ポケモンホームからポケモンバンクへの移動は行えない。 元はバンクに居たポケモンでも戻せないので、バンクから移動させる際は慎重に行おう。 バンクとホームの有料プランが必要 バンクからホームへの移動には、ポケモンホームで有料プランに加入している必要がある。 また、バンクにポケモンを預けるためには、ポケモンバンクの有料プランに加入する必要がある。 バンクの1ヶ月無料キャンペーンが実施 ポケモンホームの配信記念で、ホーム配信から1ヶ月の間ポケモンバンクを無料で利用できるようになる。 この期間を使ってホームにポケモンを移動させてしまえば、ポケモンバンクの有料プラン加入は必要ない。 ピカブイにない特性などのステータスは、ホームに移動した際に自動で決定されると予想される。 一度他のソフトに預けると戻せない ソードシールドなど、ピカブイとホーム以外のソフトに預けたことのあるポケモンは、ピカブイに移動することができない。 最終的にピカブイに戻したい場合は気をつけよう。 ポケモンGOからの移動方法 直接の連携はまだ未対応 ポケモンGOとの連携に関しては、ポケモンホームリリース当初は非対応。 今後何らかの形で連携が予定されている。 移動させたポケモンのステータス ステータスのほとんどは、ピカブイに送った際に決定される。 ピカブイの機能を使って性格の指定も可能だ。 特性はピカブイに無い要素のため、剣盾に送ったタイミングで通常特性からランダムに決定される。 アプリを閉じている状態でも自動で交換が行われる。 一度に預けられるポケモンは、有料プランに加入すると3匹から10匹に増える。 GTSで欲しいポケモンを交換 交換に出すポケモンを預け、欲しいポケモンの種類やレベルを設定しておくと、条件に合う相手とポケモン交換できる機能。 欲しいポケモンには、自分の全国図鑑に登録されていないポケモンも選べる。 グループ交換でランダムに交換 最大20人までのグループを作り、それぞれ1体ずつポケモンを出し合って交換できる機能。 誰のポケモンが貰えるかは完全にランダムだ。 グループ作成には有料プランが必要 グループに入る方法は作成者と参加者の2種類があり、作成者になれるのは有料プラン加入者のみ。 参加は有料プランに加入していなくても可能だ。 ランダムマッチング機能もある グループIDやQRコードを使った友達との交換だけでなく、ランダムでグループに参加する機能もある。 近くのフレンドと自由に交換 ポケモンホーム内でフレンドになっているユーザーと交換できる機能。 最もシンプルな交換方法だが、 近くにいないと交換できない制限がある。 また、シールを使ってプロフィールをオリジナルのものにカスタマイズできるぞ。 シールは条件達成で入手 カスタマイズ用のシールは、ポケモンホーム内で様々な条件を満たすと入手できる。 ポケモンホームとは すべてのポケモンが集まるクラウドサービス ポケモンホームとは、すべてのポケモンを1つの場所に集めることができる新しいクラウドサービス。 歴代シリーズはもちろん、Switch作品やPokemon GOのポケモンも1箇所に集めたり、交換できる。 Switchとスマホアプリで展開 サービスはSwitchとスマートフォンアプリで展開される。 ポケモンの移動にはSwitchを利用し、交換などはスマートフォンで行える仕組みだ。 ポケモン剣盾の攻略関連記事 DLCの攻略情報.

次の