星野 源 お げん さん。 星野 源

星野源『おげんさんと(ほぼ)いっしょ』を振り返る

星野 源 お げん さん

略歴 [ ] 実家は で、後に「signal」を経営したが、に閉店している。 中学生の時、ギターと演劇を始める。 高校生の時、劇団の舞台を見て、同劇団のワークショップに参加する。 10月、同じ高校出身の同級生らを誘い、インストゥルメンタルバンドを結成。 の舞台『ニンゲン御破算』への参加をきっかけに、事務所所属となる。 、『』9月1日号から、「と星野源の地平線の相談」を連載開始。 映像制作ユニット「」(星野源、、大原大次郎)を主宰し、制作したSAKEROCKのMV「ホニャララ」が、2009年『』の賞を受賞した。 、細野晴臣の薦めもありソロデビュー。 1stアルバム『』を内の細野晴臣主宰のレーベル「デイジーワールド」から発売。 第3回 入選。 10月、ソロ名義での2ndアルバム『』が、・ウィークリーチャート(2011年10月10日付)で5位を獲得 、第4回CDショップ大賞準大賞を受賞した。 、と診断されたため、活動を休止。 2月28日、『』授賞式にてステージに立ち仕事復帰した。 しかし、同年6月ごろに行った検査でくも膜下出血再発を確認、再び活動休止。 6月29日に行われる予定だった『星野 源 "moment"』は中止、7月19日にで行われる予定だった『星野 源 ワンマンライブ "STRANGER IN BUDOKAN"』は延期が決まった。 星野がパーソナリティを務めていた『』は、6月28日をもって番組を終了することになった。 9月26日、再手術が成功し退院したことを発表。 同年公開の主演映画・『』や『』での演技やアニメ映画の声優、の製作なども評価され、第5回 、、などの新人俳優賞を受賞した。 2013年5月1日、3rdアルバム『』発売。 2014年2月6日、日本武道館で復帰ライブを行った。 2015年3月25日、音楽活動でのマネージメントをからへ移したことを公式HPにて発表した。 同年6月2日、自身がリーダーを務めていたバンド、SAKEROCKが解散。 解散ライブをで開催した。 2015年12月2日、4thアルバム『』発売。 2016年、CDショップ大賞を受賞。 また、ラジオ番組『』のレギュラー放送が開始。 当時は月曜日に放送していたが現在は火曜日に変更して放送している。 2017年には50周年を迎える同番組の記念の制作を担当。 このジングルは1月2日深夜よりオンエアが開始されている。 2017年5月から9月にかけて『』が開催され、全国10箇所・20公演を行った。 2018年、上期放送の連続テレビ小説『半分、青い。 』の主題歌「アイデア」をリリース。 連続テレビ小説は2010年の『ゲゲゲの女房』で俳優として出演しており「朝ドラで俳優出演と主題歌担当で出場」の異例のケースとなった。 2018年12月19日、5thアルバム『』発売。 2019年2月から3月にかけて初の5大ドームツアー 『』が開催され、全国5箇所8公演を行った。 2019年8月30日、全楽曲のストリーミング配信を開始 すると共に、自身のInstagramを開設。 そして自身初となる海外ツアー『星野源 POP VIRUS World Tour』を開催し、世界4箇所・5公演を行った。 01」が()の感染拡大のため、すべての公演 3月4日、5日,3月17日、18日 を中止した。 人物 [ ] にて 2015年• 自身の「J-POP原体験」としての『』を挙げている。 少年期は他に 、 、、 などをよく聴いており 、ユニコーンの『』は聴き倒したという。 サザンオールスターズの「」のミュージック・ビデオにもゲスト出演している。 洋楽では、や、、、などのブラック・ミュージックに影響を受けている。 影響を受けた前述の音楽に加え、、の影響から昇華した自身の音楽活動ジャンルを「 イエローミュージック」と定義付け、同時にその確立を目標としている。 ラジオ好きであり、特にTBSラジオ『』のヘビーリスナーである。 同番組が2011年に番組内で使用するを募集した際には「 スーパー・スケベ・タイム」というラジオネームを名乗って応募し、最優秀賞を受賞。 このジングルは作者が星野源であることを番組スタッフにも気付かれぬまま、その後2年以上に渡って使用されていた。 また子供の頃には同じくTBSラジオ『!』のヘビーリスナーで特におかしな歌やコミックソングを取り上げる、コサキンソングの影響をうけたと自身のオールナイトニッポンで語り、同ラジオ内で「」や「君はトロピカル」を掛けたことがある。 自身の冠番組である『』では過激な発言が多く、好きとして知られている。 好きであることも公言している。 特定の有料動画サイトで「との作品を分けてほしい。 セールがある時は、チャート(売上げ本数順で検索すると)が荒れる!」と発言した。 また発言した後、前述の2DとVR作品は購入した作品は検索ができるように変更された。 これは有料サイトが同ラジオのスポンサーであることも理由に挙げられるとし、サイトでの購入した作品は本人曰く「とんでもない数になっている」。 クロスドミナンスである(箸、ギターは右、ペンは左)。 小学生の頃からの大ファンで、自身のラジオ番組内で何度もクレイジーキャッツ愛を語っており、映画「」の挿入歌『大冒険マーチ』を神曲と呼ぶ程である。 ラジオ番組にゲスト出演した際、7枚目のシングル「Crazy Crazy」は、クレージーキャッツをイメージして作った曲であると語っている。 ゲームも好きで、『』の熱心なファンでもある。 『星野源のオールナイトニッポン』ではトークとして語るだけでなく、アイドルマスターの楽曲を何度もかけている。 他にも機種、インディーズを問わず多くのゲームについて自身のラジオ番組で語っており 、特に『』シリーズには思い入れが強く、に『』への寄稿も行っている ほか、近年もラジオで話題に出している。 社会人として独立してから、子供の時に欲しかったを購入し、所有している。 同機を開発した元のと、『』シリーズ、『』シリーズの生みの親である任天堂の両名のクリエイターからも影響を受けており、両氏の思想や開発スタイルを自身の音楽活動への考え方にも組み込んでいる事を明かしている。 2016年、『 ウルトラFES 2016』に出演した際、司会のから「続いては星野 源太君です」と名前を間違えて紹介された(タモリとはMステ以前にも等で共演している)。 これに対して星野は突っ込みを入れつつも「これから源太くんでも良い気がしますね。 ありがとうございます」とコメント。 さらには自身の出番の際に「こんばんは〜 星野源太で〜〜す、よろしくお願いします!」と自己紹介し、自身の公式Twitterにも「 星野源太の出演終了しました! 御覧頂いた皆様、ありがとうございました!」とツイートするなどネタとして有効活用し、「好対応」と評価された。 なお、当日はこの後に『星野源のオールナイトニッポン』に出演する予定だったが、Mステ出演時点で体調不良を訴えており、大事を取って欠席することになった。 ちなみに星野本人によると、Mステ放送終了後にタモリ本人から謝罪メールが届いたとのこと。 オールナイトニッポンで故人のアニメーション監督の作品を好いている話を何度もし、『』など何回も見返していると語っている。 また、劇中での音楽の話では「さんが担当されててやはり最高でしたね。 」と語っており、ラジオ中にも何度か劇中曲以外の平沢進のを流すなどしている。 夜更かしが好きである。 パズル研究者のは星野と顔が似ている事から、『 パズル界の星野源』というフレーズを持っており、東田が問題監修を務めるのクイズ番組『』において、問題BGMに星野の楽曲が使用されていた事がある。 4月20日から26日、CDの特典映像などに登場するキャラクター「 ニセ明」を振り返っていくシリーズ『ニセ明ヒストリー』が星野源の公式YouTubeで毎日19時に動画を更新し公開された。 受賞歴 [ ] 2011年• 第3回2011 - 入賞「ばかのうた」 2012年• 第4回2012 - 準大賞「」 2014年• - 新人俳優賞(『』『』)• 第68回 - スポニチグランプリ新人賞(『箱入り息子の恋』)• - 最優秀新人賞(『箱入り息子の恋』、『地獄でなぜ悪い』)• 第5回 - 最優秀新進男優賞(『箱入り息子の恋』、『地獄でなぜ悪い』、『』)• 第23回 - 新人賞・南俊子賞(『箱入り息子の恋』)• 第6回2014 - 入賞「」• 2014• 第7回2015 - ライブ映像賞『』• 2015• Best Male Video -Japan- 「SUN」 2016年• 2016• BEST MALE ARTIST• 第8回2016 - 大賞「」• 第91回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 - 主題曲歌賞「」• 第31回 - ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ダウンロード(邦楽)「」 2017年• 2017• VIDEO OF THE YEAR 「」• 第6回 - 助演男優賞(『』 TBS系)• 第41回 - 新人賞(『』 TBS系、『』 NHK、『逃げるは恥だが役に立つ』TBS系)• 第91回 - 助演男優賞(『』 TBS系)• 第9回• 第54回 - 【ラジオ部門】DJパーソナリティ賞(「星野源の」)• ギャラクシー賞 2017年5月度月間賞 - 『おげんさんといっしょ』(2017年5月4日放送、NHK)に対して• 第5回大賞 - エッセイ・ノンフィクション部門(『いのちの車窓から』)• 2017• Best Video of the Year 「Family Song」• Best Male Video -Japan- 「Family Song」• Best Choreography 「恋」• - 主題歌賞「恋」 2018年• 2018• PEOPLE'S CHOICE• BEST ART DIRECTION VIDEO 「Family Song」• 2018年 -「恋」 金賞受賞• 2018• Best Pop Video 「アイデア」• Best Art Direction Video 「アイデア」• 第98回 - 最優秀ドラマソング賞「アイデア」 2019年• 第33回• ベスト5アルバム 邦楽 「POP VIRUS」• ベスト5ソング・バイ・ダウンロード 「アイデア」• 2019• ARTIST OF THE YEAR• PEOPLE'S CHOICE• ALUBAM OF THE YEAR 「POP VIRUS」• BEST POP ARTIST• 第11回2019• 大賞「POP VIRUS」• 2019• BEST ALUBAM OF THE YEAR 「POP VIRUS」 2020年• - 話題賞 俳優部門• 2020• BEST COLLABORATION 「Same Thing feat. Superorganism 」• BEST INFLUENTIAL ARTIST 出演 [ ] テレビドラマ [ ]• (2003年7月1日 - 9月9日、) - 星山 役• 第6話(2003年11月13日、) - 風丸 役• 第3話(2004年1月29日、TBS)• 女達の罪と罰(2004年4月6日、フジテレビ)• 第2話(2004年4月22日、フジテレビ)• 第1話(2004年8月30日、) - 大久保浩二 役• 第2話(2004年11月18日、)• 第3話(2005年1月27日、フジテレビ) - 天野洋一 役• (2005年2月16日 - 3月9日、フジテレビ) - ヒロミ 役• (2005年1月9日、TBS) - 林屋亭どんつく 役• (2006年6月19日 - 8月7日、TBS) - タイコ 役• 第4話「片思いの彼編」(2006年9月20日、フジテレビ) - 小山成司 役• 第2話 - 第4話(2007年1月15日 - 29日、フジテレビ) - 澤田玉夫 役• (2007年7月3日 - 9月11日、) - 猫田刑事 役• (2007年7月15日 - 9月30日、) - 主演・私 役• (2008年1月11日 - 3月14日、テレビ朝日) - 江口秀夫 役• 「蝶々のままで」(2008年5月28日、テレビ東京) - 井上ヒロシ 役• 第5話(2009年4月30日、NHK) - 信二 役• (2010年3月29日 - 9月25日、NHK) - 及川(飯田)貴司 役• シーズン2(2010年10月28日、NHK) - ゲスト• -怪獣を呼ぶ男-(2010年12月10日、) - 主演・副島広太 役• (2011年10月21日 - 12月16日、テレビ朝日) - 真田ヒロユキ 役• (2015年3月21日、NHK) - ジョージ馬淵 役• (TBS) - 四宮春樹 役• 第1シリーズ(2015年10月16日 - 12月18日)• 第2シリーズ(2017年10月13日 - 12月22日)• 傑作選(2020年4月10日)• (NHK)• (2016年7月 - 2016年12月18日) - 役• (2019年1月6日 - ) - 役• (2016年10月11日 - 12月20日、TBS) - 津崎平匡 役• (2017年8月12日 - 9月9日、WOWOW) - 主演・吉村貴生 役• (2004年7月10日、) - 中村譲 役• (2008年12月20日、ゼアリズエンタープライズ) - マサル 役• (2009年2月14日、東映) - GOA のギターボーカル 役• (2013年6月8日、) - 主演・天雫健太郎 役• (2015年6月27日、) - PC-300 役(声の出演)• (2019年8月30日、) - 主演・片桐春之介 役• (2020年公開予定、東宝) - 主演・曽根俊也 役(とのダブル主演) 劇場アニメ [ ]• (2013年5月10日、東宝映像事業部) - 主演・ブッダ 役• ちえりとチェリー(2016年7月30日、ジャパン・スローシネマ・ネットワーク) - チェリー 役• (2017年4月7日、) - 主演・先輩 役• (2018年7月20日、東宝映像事業部) - おとうさん 役 OVA [ ]• 2008年2月号「俺たちとほしのくんと笑顔」(病人の ほしのくん役として出演)• 2009年1月号「俺たちとSAKEROCKとおもしろい顔」(初めて星野源として、と共に出演)• 2010年3月号「俺たちとほしのくんの笑顔を再び。 」(ほしのくん役で再び出演)• series-0 2012年9月1日・2012年12月22日、• series-1 2013年6月 - 2014年3月、• series-2 2014年4月 - 2014年9月、NHK総合• series-3 2015年4月 - 2015年9月、NHK総合• series-4 2016年4月 - 2017年3月、NHK総合• series-5 不定期放送 2017年8月14日、NHK総合• (2019年1月1日、/1月2日、NHK BSプレミアム) その他のテレビ番組 [ ]• スペシャボーイズ(2006年4月5日 - 2007年9月19日、) - コーナーVJ• (2009年4月7日 - 9月22日、) - ナレーション• (2011年4月9日、NHK総合) - ナレーション• (NHK総合)• 第1弾(2017年5月4日) - 初の冠番組• 第2弾(2018年8月20日) - 冠番組の第2弾• 第3弾(2019年10月14日、夜10:30~0:00の90分) - 冠番組の第3弾 PV [ ]• 「ドキュメント」(2011年) - 本人のの写真ギャラリーに登場• 「」(2014年) ラジオ [ ]• (2008年8月8日 - 11月21日、) - 原則として第2週目担当。 (2011年1月5日 - 、) - 毎月最終放送日担当(2014年2月27日 - 、2013年6月17日まで月曜日担当、2012年3月28日まで水曜日担当 )• (2013年4月5日 - 6月28日、) - 隔週金曜。 「ラジ音! 」を担当していたの後任を務めたが、再発による療養のため降板。 (2016年3月28日 - 、ニッポン放送) - 2017年3月27日まで月曜日担当、2017年4月5日より毎週火曜日25時 - 27時担当• (TBSラジオ) - 2010年以降、5月14日前後に行われる放送回での誕生日企画に出演。 毎年日村へのバースデーソングを披露している。 CM [ ]• 『朝マック』(2006年)• 「夢の外へ」がCMソングに採用される• 『』「家族のはなし 長男の結婚」篇 (2012年12月 - )• 「SUN」がCMソングに採用される• 「Hello Song」がCMソングに採用される• 「Continues」が放送テーマに採用される• 「ウコンの力 レバープラス プラチナ」(2017年7月)• サッポロ 麦のくつろぎ「麦のくつろぎ ノンアルを変える篇」(2018年4月 - )• 舞台 [ ]• ペンギンプルペイルパイルズ vol. 2「ワークインタイムマシン」(2001年)• シアターコクーン オンレパートリー2003「ニンゲン御破産」(2003年)• ペンギンプルペイルパイルズ vol. 大人計画 ウーマンリブ vol. 8「轟天VS港カヲル〜ドラゴンロック! 女たちよ、俺を愛してきれいになあれ〜」(2004年)• 大人計画 ウーマンリブ Vol. 9「七人の恋人」(2005年)• 大人計画 ウーマンリブ vol. 10「ウーマンリブ先生」(2006年)• 製作 ミュージカル「キャバレー」(2007年)• シアターコクーン「女教師(じょきょうし)は二度抱かれた」(2008年)• 大人計画 ウーマンリブ vol. 11「七人は僕の恋人」(2008年)• 大人計画 「サッちゃんの明日」(2009年)• PARCO製作「テキサス -TEXAS-」(2012年)• シス・カンパニー「宮沢賢治が伝えること」(2012年)• 大人の新感線「ラストフラワーズ」(2014年) Ustream [ ]• りんごの子守唄(白盤)(2007年11月21日、ビデオアーツ・ミュージック)• All Things Must Pass/+星野源• Presented by 細野晴臣(2008年7月9日、コロムビアミュージック)• デイジーお味噌汁/星野源• レイモンド・スコット・ソングブック Raymond Scott Songbook(2013年2月28日、デイジーワールド/リル・デイジー)• DISC-2 07. ラッキー・ストライク Lucky Strike(Raymond Scott)/星野源 参加作品 [ ]• 「宮崎吐夢記念館」(2004年6月23日、)• 「チン斬り寺」を作曲、ギターで参加• 宮崎吐夢「今度も店じまい 今夜で店じまい 2nd SEASON」(2006年4月28日、)• 「TINGUE BOSSA BOSA BOSSA NOVA」を作曲• 「12 Notes」(2006年11月1日、VIDEOARTS)• 「薔薇と野獣」にボーカルで参加• 「御身」(2007年4月4日、ミディ)• 「かくれてないで」にアコースティックギターで参加• 寺尾紗穂「愛の秘密」(2009年4月22日、ミディ)• 「お天気雨」にアコースティックギターで参加• 「影の無いヒト」(2009年6月17日、)• 「ウーハンの女」を作詞• 「HoSoNoVa」(2011年4月20日、ビクターエンタテインメント)• 「バナナ追分」を作詞• 宮内優里「ワーキングホリデー」(2011年7月20日、RALLYE LABEL)• 大人計画、ペンギンプルペイルパイルズ、猫のホテルなど テレビドラマ• (2003年、) - 劇中歌「夏を休んでる場合じゃねぇ」「記号の世界」「モテたくてシンクロナイズド」(作詞・作曲)• (2008年、) - 劇中歌「ぉ前達ァヵデミナール」(作曲)• (2011年、テレビ朝日) - 劇中歌「家族なんです」(作曲・歌) テレビ番組• () - リトミック「なんかいっすー」「すわるぞう」「おっす! イスのおうえんだん」「グローイング アップップ」(作曲) CMソング• - 「ピエトロドレッシング」 その他• (エムオン! )ステーションID - 「季節」• 2006年07月28日 - 2010年• 2010年08月07日 -• 2010年08月14日 -• 2010年09月18日 - カクバリズムのぐうぜん• 2010年10月16日 - 多摩祭 自主法政祭多摩地区 フリーライブ企画『踊り明かそう日の出を見るまで』• 2010年12月30日 - 2011年• 2011年01月25日 - シンジュクアクション 日本のロック 〜アコースティック編〜• 2011年05月28日 - presents VOICES• 2011年07月17日 -• 2011年07月24日 -• 2011年07月30日 - FUJI ROCK FESTIVAL '11• 2011年08月05日 -• 2011年08月07日 -• 2012年04月29日 -• 2012年05月04日 -• 2012年05月19日 - CIRCLE '12• 2012年05月26日 -• 2012年07月22日 -• 2012年07月28日 - FUJI ROCK FESTIVAL '12• 2012年08月24日 - Slow Music Slow LIVE '12 in• 2012年09月01日 - SPACE SHOWER• 2012年09月02日 - ENDLESS SUMMER BREEZE 2012• 2012年09月08日 -• 2012年10月08日 - テレビ朝日• 2012年11月23日 - MUSIC COMPLEX 2012 2013年• 2013年01月19日 - 20th Anniversary Live 〜LIVE the SPEEDSTAR 20th〜 2014年• 2014年05月05日 -• 2014年05月24日 -• 2014年11月03日 - 仮面チャウダー 〜YAJIO CRAZY〜 チャウ大附属脂身高等学校3• 2014年12月20日 - 仮面チャウダー 〜YAJIO CRAZY〜 チャウ大ユニバーシティインターナショナルコラーゲンハイスクール• 2014年12月27日 - ROCK FESTIVAL• 2015年03月14日 - ロック祭り 2015• 2015年07月25日 - FUJI ROCK FESTIVAL '15• 2015年08月02日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2015• 2015年08月08日 - presents J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2015• 2015年11月22日 - テレビ朝日 2016年• 2016年05月15日・22日 -• 2016年05月29日 -• 2016年07月07日 - 「LIFE! 〜人生に捧げるコント〜」SUMMER FESTA 2016• 2016年08月06日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2016• 2016年08月20日・21日 -• 2016年10月23日 - テレビ朝日• 2016年10月23日 - 岡村隆史のオールナイトニッポン歌謡祭 in 横浜アリーナ 2017年• 2017年02月04日 - オールナイトニッポン50周年 ALL LIVE NIPPON Vol. 2017年09月13日 - Perfume FES!! 2017 2018年• 『そして生活はつづく』(2009年、)• 『働く男』(2013年、マガジンハウス)• 『蘇える変態』(2014年、マガジンハウス)• 『星野源 雑談集1』(2014年、マガジンハウス)• 『地平線の相談』(2015年、)• 『いのちの車窓から』(2017年3月、) 連載 [ ]• シアターガイド「わたしの今月」• 「植物人間でも踊れる音楽」「今日の埼玉」• 少年文芸「くるくるぱー子」• 未来創作vol. 1 短編小説「急須」• com「星野源の唄いだす小説」• H(エイチ)「うめぼしのフィクション大魔王」(写真:、)• 「細野晴臣と星野源の地平線の相談」(細野晴臣との対談連載)• 「ひざの上の映画館」「星野源の12人の恐ろしい日本人」• 「銀座鉄道の夜」• 「星野源のだまって俺について来い」• 「いのちの車窓から」• SMART(アスマート)やライブ会場などで販売。 購入者は「YELLOW PASS」に1年間登録することができる。 YELLOW PASSは、一般的なに相当するWEBサービスで、ライブチケット最速先行受付やTV番組観覧への応募、限定商品の購入が可能。 ただし、「オマケ」なので更新頻度は低め。 01」が2020年3月に2会場4公演予定されていた(感染拡大の影響で中止)。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• rockin'on RO69. rockin'on holdings 2015年11月12日. 2016年12月1日閲覧。 日本タレント名鑑. VIP TIMES. 2016年12月1日閲覧。 東洋経済オンライン 東洋経済新報社. 2018年4月7日閲覧。 modelpress. 2015年10月28日. 2016年12月1日閲覧。 natalie. 2016年3月9日. natalie. 2019年3月18日. 星野源 オフィシャルサイト. HOSHINO GEN. 2016年12月1日閲覧。 WEBダ・ヴィンチ ダ・ヴィンチニュース. KADOKAWA CORPORATION 2015年9月5日. 2016年12月1日閲覧。 SAKEROCKオフィシャルサイト. 2015年12月12日時点のよりアーカイブ。 2016年12月10日閲覧。 星野源オフィシャルサイト. 2015年3月27日時点の [ ]よりアーカイブ。 2016年12月10日閲覧。 ビクターエンタテインメント Victor Entertainment. 2019年11月5日閲覧。 2016年11月30日. 2020年2月16日閲覧。 文春オンライン 2019年1月28日. 2020年2月16日閲覧。 2015年2月17日閲覧。 2015年2月17日閲覧。 2015年2月17日閲覧。 [ ]• Ro69. 2010年12月2日. 2015年2月17日閲覧。 の2015年3月19日時点におけるアーカイブ。 2015年2月17日閲覧。 プレスリリース , 星野源 オフィシャルサイト, 2012年12月22日 , の2012年12月31日時点におけるアーカイブ。 , 2012年12月22日閲覧。 - online 2013年2月28日• 2013年6月24日. 2013年6月27日時点の [ ]よりアーカイブ。 2013年6月24日閲覧。 2013年9月26日. 2015年2月17日閲覧。 2013年10月10日. の2013年12月3日時点におけるアーカイブ。 2013年11月28日閲覧。 2014年2月25日. 2015年2月17日閲覧。 音楽ナタリー. 2017年1月4日閲覧。 音楽ナタリー. 2018年12月26日閲覧。 デイリースポーツ. 2020年3月1日閲覧。 音楽ナタリー. 2019年3月31日閲覧。 音楽ナタリー. 2019年8月30日閲覧。 2014年9月22日閲覧。 ニュースウォーカー 2018年2月11日閲覧• 2018年4月30日閲覧。 M-ON! Entertainment Inc. 2016年9月11日. 2016年12月9日閲覧。 2019年12月1日閲覧。 2018年4月30日閲覧。 2018年4月30日閲覧。 2018年4月30日閲覧。 2018年4月30日閲覧。 「Family Song - Home Video」(VIZL-1214)• 「装苑」 2019年3月号 p. 29(ASIN: B07MTJLX8W)• ミュージックヴォイス 2016年9月20日配信• ミュージックヴォイス 2016年9月27日配信• Corporation , NHK Japan Broadcasting. NHKオンライン Eテレ. 2019年8月28日閲覧。 日本語 , 2019年8月28日閲覧。 星野源 『いのちの車窓から』 KADOKAWA、2017年3月30日。 ビルボードジャパン 2020年4月21日. 2020年5月21日閲覧。 公式サイト. 2014年1月17日閲覧。 シネマトゥデイ 2014年1月21日. 2014年1月21日閲覧。 第35回ヨコハマ映画祭. 2013年1月21日閲覧。 もっとも優れた男性ソロアーティストに授与される賞• 音楽ナタリー 2016年2月29日. 2016年2月29日閲覧。 全日本CDショップ店員組合 2016年3月9日. 2016年8月6日時点の [ ]よりアーカイブ。 2016年3月9日閲覧。 年間で最も優れたミュージックビデオに授与される賞• TOKYO POP LINE 2017年1月20日 , 2017年1月20日閲覧。 伊丹十三記念館. 2017年4月17日閲覧。 デイリースポーツ online 2017年4月17日. 2017年4月17日閲覧。 (2017年4月21日)「受賞の言葉」ほぼ全文を記載。 ニッポン放送 2017年4月28日. 2017年4月28日閲覧。 放送批評懇談会 2017年6月20日. 2017年6月23日閲覧。 SPACE SHOWER TV 2018年3月2日. 2018年3月2日閲覧。 一般投票によって決定し授与される優秀アーティスト賞• 最もアートワークが優れたミュージックビデオに授与される賞• webザテレビジョン 2014年8月14日. 2014年9月21日閲覧。 日本放送協会 2015年1月6日. 2015年2月4日閲覧。 ORICON NEWS. 2015年8月10日. 2017年12月2日閲覧。 コミックナタリー. 2017年6月22日. 2017年6月22日閲覧。 Real Sound映画部. 2020年4月2日. 2020年4月10日閲覧。 ( 2016年12月3日)• NHKオンライン 2018年12月14日. 2018年12月14日閲覧。 音楽ナタリー ナターシャ. 2016年8月17日. 2016年8月17日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2017年3月16日. 2017年3月16日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2020年2月13日. 2020年2月13日閲覧。 Generation Of Animation• 2013年5月21日閲覧。 シネマトゥデイ 株式会社シネマトゥデイ. 2018年4月30日. 2018年4月30日閲覧。 ナターシャ. 2019年4月18日. 2019年4月18日閲覧。 シネマトゥデイ 2015年12月31日. 2016年1月6日閲覧。 映画ナタリー. 2016年5月30日. 2016年5月30日閲覧。 2017年1月26日閲覧。 映画ナタリー ナターシャ. 2018年4月11日. 2018年4月11日閲覧。 feat. と、の間でコーナが行われた• 自身の歌唱前にコーナが行われた• マイナビニュース エンタメ マイナビ. 2018年10月30日. 2019年1月13日閲覧。 Real Sound 2017年5月2日. 2017年5月4日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2018年8月7日. 2018年8月7日閲覧。 音楽ナタリー. 2019年10月7日. 2020年1月13日閲覧。 Ro69. 2010年12月23日. 2016年9月19日の放送は、体調不良のため急遽が代理で出演した。 ORICON STYLE 2015年12月9日. 2015年12月9日閲覧。 音楽ナタリー 2016年1月3日. 2016年1月6日閲覧。 音楽ナタリー. 2016年12月1日. 2016年12月1日閲覧。 サッポロビール「ニュースリリース」. 2018年3月29日. 2018年4月4日閲覧。 ・ポルノ鈴木の結婚式の二次会のために製作した楽曲であり、作詞はが担当、歌は元編集長のルパン小島で、星野本人が歌ったバージョンも存在する。 星野自身がナレーションも担当• Ro69. 2015年4月1日. 星野自身がナレーションも担当• 音楽ナタリー 2015年12月1日. 2015年12月1日閲覧。 星野自身がナレーションも担当• 星野自身がナレーションも担当• ORICON STYLE. 2016年9月30日. 2016年9月30日閲覧。 毎日新聞 2017年1月11日. 2017年1月11日閲覧。 RO69 2017年1月11日. 2017年1月11日閲覧。 Ro69. 2010年7月12日. Ro69. 2010年10月5日. Ro69. 2010年12月5日. Ro69. 2010年9月16日. Ro69. 2010年12月30日. Ro69. 2010年12月17日. Ro69. 2011年2月10日. (ナタリー・2015年11月23日)• P・2018年8月31日)• (billboard-japan・2019年1月23日)• スポーツ報知. 2016年12月20日. 2016年12月20日閲覧。 HOSHINO GEN. 2020年5月22日閲覧。 HOSHINO GEN. 2020年5月22日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• iamgenhoshino -• hoshinogen -• 石田夢実• 稲沢朋子• 植村友結• 浦まゆ• 国本梨紗• 組橋星奈• コルファー・ジュリア• 佐藤愛桜• 佐野杏羽• 芝咲美穂• 白鳥沙南• 李婕(ジェニー・リー)• 瀧七海• 戸高美湖• 根岸姫奈• 野中ここな• 藤本林花美愛• 前田茉耶• 牧野仁菜• 真広佳奈• 森下ひさえ• 八木美樹• ロワ梨里愛 スペシャリスト.

次の

星野源『おげんさんと(ほぼ)いっしょ』を振り返る

星野 源 お げん さん

松重豊さんがに出演。 星野源さんと『おげんさんといっしょ』の豊豊さんについて話していました。 今夜の星野源のオールナイトニッポンは、ゲストに松重豊さんが登場! 交互に好きな音楽を流しながら、時間が足りなくなってしまうほど濃密な音楽談義をお送りしました。 今週、『いだてん』が最終回ということで。 これが放送された週の日曜日……だからあと数日後に『いだてん』最終回ですよ。 (松重豊)誰の不祥事もなければね。 (星野源)フフフ(笑)。 (松重豊)もう、不祥事怖いね。 ない、そういうの? (星野源)本当に怖いですね。 僕はないです。 ご安心ください。 松重さん、大丈夫ですか? (松重豊)いや、俺は自信ない。 (星野源)フハハハハハハハハッ! (松重豊)自分に自信がない。 何やらかすかも。 恐ろしいです。 だから無事に、私が不祥事なくここから自宅に帰っておとなしくしていれば、『いだてん』がそのまま、なんと放送できるという。 (星野源)素晴らしいですね! 僕も楽しみにしてるんです。 僕、最終回は出てないので。 だから見るの、楽しみなんです。 どんな感じの画になっているのか。 (松重豊)そうだ。 最終回は出てないけども、最終日は一緒だったよね。 (星野源)最終日は一緒でした。 松重さんの撮影の最終日が一緒で。 だから見送らせていただきました。 僕のシーンがちょっと後だったので。 1シーン後だったので。 あれはよかったですね。 (松重豊)本当にやってる時はね、もう本当に一緒に作ってる感じなんですけども。 こうやって放送がだらだらだらだら続くけども、もう終わっちゃってるからね。 (星野源)そうですね、 (松重豊)もう不祥事がなければいいなって思っていて。 (星野源)そんな何回も言わないでも……(笑)。 (松重豊)いやいや、怖いからね。 がんばれ、『いだてん』ね。 (星野源)『いだてん』がんばれということで。 みなさんも放送をお楽しみ。 さあ、僕と松重さんはさっきも言いましたけど。 8月に『引っ越し大名!』で共演させていただきました。 そしてNHK大河ドラマ『いだてん』でも共演。 10月14日NHK『おげんさんといっしょ』。 こちらにもね、「豊豊(ほうほう)さん」という名前で……。 (松重豊)本当に適当に名前付けて……それ以降、「豊豊、豊豊」言われるから。 (星野源)ああ、言われます? (松重豊)言われるからさ。 俺もなにも考えずに適当に付けちゃったから。 もう、自信ないんだよね。 豊豊ってさ。 (星野源)僕のところにもラジオにメールが来て。 松重さんのことを豊豊さんっていう呼び名で来てますから。 (松重豊)そうですか。 じゃあもう豊豊名義でやるしかないね。 (星野源)だって、あれですよ。 『おげんさんといっしょ』、世界1位ですから。 トレンドで。 あの日、世界一のトレンドになったわけですから。 豊豊さんが世界でいちばんだったから。 \「おげんさんといっしょ」第3弾終了!/ 見てくれた大きいお友達、 本当にありがとう〜!! すっごく楽しい90分間だったね! 第3弾まで来たんだもん。 俺、おとなしく地味に暮らしてるさ、お年寄りなんだからさ。 (星野源)もうストップ、ストップ。 そんなことない。 だって、おとなしく生きていきたい人は豊豊さんみたいなキャラクターを自ら希望しないですよ(笑)。 あれ、衣装も僕らが無理やり着せたと思っているけども。 あの格好。 かつらを選んだのも、コンセプトを選んだのも松重さんですからね。 (松重豊)そう。 チャイナ服発注もしたし……。 (星野源)そうですよ! たくさんのチャイナ服がね。 かわいいのが。 かつらもチャイナ服も松重豊さんチョイス (松重豊)発注したらNHKの美術さんはそこで気合を入れてくるから。 七色ぐらいのさ、俺のサイズを合わせるのもそれだけでも大変なのに。 もう全部持ってきたから、豊豊もそこで責任を取るしかないじゃん? (星野源)フハハハハハハハハッ! 「結果を残さないと……」みたいな(笑)。 (松重豊)そう。 結果を残して、印象で「うわあ、豊豊すごかった!」って言われないとほら、みんなに申し訳ないと思うから。 そこで俺はちょっとスイッチ入るわけですよ。 (星野源)さすがですね。 責任感がありますね。 (松重豊)責任です。 いや、その責任……巻き込むからだよ。 ねえ、星野くんが。 (星野源)フフフ、いや、巻き込ませていただきますよ。 本当に素晴らしい。 僕は『おげんさん』の放送の後にもこのラジオでも言ったんですけど。 やっぱりなんかいま、「好きな音楽を語る」っていうのが特にテレビはないじゃないですか。 ラジオでもちょっと少ない気がするんですけども。 松重さんの番組と僕の番組はがっつり好きな音楽の話を語ったり。 僕の番組よりも松重さんの番組の方が語っていると思うんですけども。 (松重豊)いやいや、本当に……火曜の夜はもう音楽漬けにしちゃうぞ!っていう。 (星野源)そうですよ。 音楽の要素が濃いですからね。 でもやっぱりテレビは全然……僕がちっちゃい頃の深夜放送とかはいいっぱいあった気がするんですけど。 タモリさんとか大橋巨泉さんとか。 (松重豊)とにかくラジオからしか……レコードなんてそんな買えないからエアチェックでとにかく自分の好きな曲を好きな番組から引っ張ってきてカセットに入れるっていうことで過ごしてたんでね。 (星野源)そうですよね。 かつ、あのテレビの放送では10時以降ぐらいの番組では結構お酒とかを飲みながら。 しかもタバコを吸ったりしながら音楽をかけて。 それでライブ映像を流して。 「いいねえ!」なんて言っているような番組が僕、ちっちゃい頃にはあったんですよ。 タモリさんのジャズの番組とかもそうでしたし。 なんかそういう音楽を語るみたいなのをもっとやりたいなと思って。 (松重豊)そういうことをね、もう星野くんがやってくれると助かるね。 やっぱりおじさん1人の力じゃあどうしようもないから。 そういう流れに巻き込まれるであれば私、豊豊もやぶさかではないっていう。 (星野源)フフフ、ありがとうございます。 でもその素晴らしいコーナーでしたから。 豊豊さんは。 見直したけどもやっぱり相当面白かったですもん。 (松重豊)「誰がわかってくれるんだろうな?」って思いながらもね。 (星野源)あれは教養番組でしたから。 それの、よりまた濃いものを今日、ラジオでできればと思っておりますので。 松重さんと2人でゆっくり音楽をかけながら、お話をしていこうと思います。 じゃあ、まずどっちの選曲から行きましょうか? 1曲目。 (松重豊)1曲目……ジャンケンポンみたいな? (星野源)じゃあ、ジャンケンをしましょう。 勝った方が流すっていう。 (松重豊)「最初はグー」って言う? (星野源)割と言いますね。 あれ、なんでなんですかね? 「最初はグー」問題 (松重豊)なんでなのか……俺、本当に嫌なんだよね。 「最初はグー」ってさ。 あれ、「最初はグー」って言うことによって世の中の人がどれだけの時間をムダに使っているのか……。 言わなくていいじゃん。 俺、子供の頃には言ってなかったのよ。 東京に来たらみんな「最初はグー」って言うからさ。 (星野源)たしかに……なんかいままでの、その地球が生まれてからの「最初はグー」の時間を全部なくすと、もっと豊かな日本になっているかもしれないですね。 時間がね。 (松重豊)俺、「最初はグー」って言わないよ。 (星野源)わかりました。 じゃあ、「最初はグー」はなしにします? じゃあ、僕は言います。 (松重豊)言った方がいいの? なんだろう、ワクワク感が盛り上がらないのかな? 「ジャンケンシッ!」ってやると。 (星野源)一瞬で勝負がついちゃう感じがあるんですかね? あとはリズムで「最初はグー、ジャンケンポン」って。 (松重豊)イントロ? (星野源)イントロの役割を果たしてるかもしれない。 (松重豊)いきなりギターから入るみたいな、「ジャンケンシッ!」っていう。 なんか、そういうノリなのかな、福岡は。 (星野源)フフフ、でも僕らはちょっと……じゃあ福岡バージョンで。 (松重豊)いや、いい。 「最初はグー」で。 (星野源)いや、「最初はグー」、いま僕もちょっと自分がいかにボーッと生きていたか、わかりましたよ。 たしかに「最初はグー」に関して僕は思考停止してたと思って。 よくないですよね。 (松重豊)思考停止しちゃうんだよ。 「最初はグー」って。 「最初はグー」信仰みたいな感じでさ。 そこから始めちゃうみたいな。 (星野源)ありますよね。 「ジャンケンポン!」でパンと決まるみたいな。 (松重豊)そうなんだよ。 イントロなしで行きます。 MCなしで行きます。 じゃあ、行きます。 (星野源)はい。 (星野・松重)ジャンケンポン! (松重豊)勝った! (星野源)負けた! やっぱり強いな。 慣れているから。 「最初はグー」なしに。 (松重豊)ラジオをお聞きのみなさん、僕は「ジャンケンシッ!」でいきなりパーを出しました。 (星野源)僕は「最初はグー」の名残でグーを出しちゃいました(笑)。 じゃあ、ちょっと1曲目。 松重さんの1曲目を聞かせてください。 (松重豊)これはね、変わった3人組なんですよ。 ロサンゼルスと東京のね……ほら、Superorganismもさ、あの女の子。 オロノさん、日本人で。 最近、そういうコラボが結構あるんですよ。 (星野源)ああ、もうバンド内で。 (松重豊)バンド内でね。 だからこれもロスの人と日本の人の3人組のヒップホップグループで。 サークル(CIRRRCLE)っていうんですけども。 普通に「Circle」って書くんじゃなくて「R」が多いんだよね。 The Flavr Blue』っていう曲を聞いていただきたいと思います。 The Flavr Blue』でした。 めちゃくちゃいいっすね! 知らなかった! (松重豊)いいですね。 これ、若い子なんだけども。 こうやってさ、ロスの人と東京の人がこうやって同じ楽曲を作るみたいなのは、もうどんどんやってほしいですね! (星野源)いま、なんか僕も調べて。 ジャケを見ましたけど下にカタカナでタイトルが書いてありましたね。 【NEWS】CIRRRCLE が海外アーティストコラボシングル「Like I'm Home」をリリースしました。 今回はUS・シアトルを拠点に活動するThe Flavr Blueとのコラボ。 (松重豊)カタカナが? (星野源)カタカナが。 その海外のいわゆるジャケットにカタカナがめっちゃ多いんですよ。 日本人じゃなくて。 普通にカタカナでタイトルを書く人がすごい増えていて。 (松重豊)カタカナがポップな感じがする? (星野源)たぶんするんだと思うんですよね。 エキゾ+ポップみたいな感じで。 たぶんするんだと思うんですよね。 なんかたまに海外の人で漢字のTシャツを着てる人とかもいるんですけど。 (松重豊)昔からそういうの、いるよね。 (星野源)最近はなんか、カタカナっすね。 (松重豊)ひらがなじゃなくてカタカナなんだ。 (星野源)カタカナっていうのが……でも、本当にそのカタカナって面白いなっていうのは最近は思います。 なんか……こんなにやっぱり文字の表現の種類がある国ってなかなかないじゃないですか。 ひらがなkカタカナ、漢字、アルファベット……。 (松重豊)それに書き方、全部違ってくるからね。 習字もあるしさ。 (星野源)そうなんですよ。 で、特にまあひらがな、カタカナって日本だけだしとかって思うと、日本って面白い国だなってすごい思うんですよね。 (松重豊)そういう風にだから外国の人がいま日本に何となく興味を……また昔のジャポニズムとかそういうものじゃなくてさ。 やっぱり日本のそういうポップなものとかに興味をギュインと向けてる最中なんじゃないかな、みたいな気がしますね。 (星野源)うんうん。 いや、素晴らしい1曲目をありがとうございました。 <書き起こしおわり>.

次の

星野源の性格は良い?悪い?友達や交友関係が気になる!

星野 源 お げん さん

スポンサーリンク 新曲が出れば必ずiTunesランキングで常に上位にランクインする星野源さん。 当然業界内でもファンは多く下世話な話ですがさぞかしモテるでしょうね。 それが証拠にこれまでに熱愛情報があがった元カノたちは美人揃いの様です。 aikoさんとの復縁の噂が上がっていますがその真相に迫る前にまずは星野源さんと噂になった彼女たちを順番に見ていきましょう! 星野源の歴代彼女は美人ぞろい! 星野源さんの熱愛の第一方が入ってきたのが女優の夏帆さん。 しかしながら、二人の熱愛デート現場などがスクープされたわけではなく、2013年6月8日公開の映画「箱入り息子の恋」で共演したことで噂になったようですね。 記者会見で星野源さんが 「とりあえず今日、夏帆さんと結婚します。 僕の嫁です。 」 とリップサービスしたのが歪曲して熱愛の噂になってしまった様子。 人気芸能人となると、その発言の一言一句気をつけないととんでもないことになりますね…。 星野源さんが2人目に噂になった方が、NHKチーフアナウンサーの有働由美子さんです。 こちらもNHKで星野源さんが出演しているバラエティー番組LIFEの番組内で、 「有働由美子さんとデートをしたい」 との発言から噂になりました。 有働由美子さん自身もブログで、星野源さんの発言に対して好意的な返答をしており今後の展開を期待させる雰囲気があったのが熱愛の噂に発展した様子。 こちらも密会していたなどの情報はあがってきていませんので、噂止まりと言ったところでしょう。 星野源さんが3人目に噂になったのが二階堂ふみさんです。 星野源さんと二階堂ふみさんは夏帆さんのときと同様に2013年9月28日公開の映画「地獄でなぜ悪い」で共演したころから噂になっていました。 しかし実際の交際のスタートは2015年7月に公開された「資生堂 マキアージュ Snow Beauty」のネットムービーで共演したことで交際がスタートしたとされています。 二階堂ふみさんの所属事務所からは「仲の良い友達だと聞いています」とのコメントを発表しているところからしても二人が交際していた可能性は充分に考えられますね。 ただ、二階堂ふみさんも色々と恋多き女性なので、誰が本命なのかはちょっと分かりませんが… そして、星野源さんが4人目に噂になったのがaikoさん。 二人の熱愛情報については、これまでに上がった人たちとは違ってデート現場を週刊誌がバッチリスクープされています。 こちらは疑い様がないですね! 星野源さんとaikoさんは2011年に交際がスタート。 二人のなれ初めは星野源さんが出演したイベントで知人にaikoさんを紹介されたのがきっかけで親密になっていたとの事です。 ただ報道や噂が錯綜しており、実は2009年にaikoさんが熱愛報道された一般人が星野源さんで交際期間は4年なのではないか?という話もあります。 星野源さんは、2012年に大病を患い芸能活動を休止しており、その間もaikoさんは星野源さんのサポートをし続けたといいます。 その関係からなのか、aikoさんはデビュー以来年に1曲以上はシングル曲をリリースしているのですが、2012年だけは唯一、一曲もシングルを発表していないんですよね。 そんな状況からも二人の交際は事実だと考えられますね。 しかし二人は破局してしまいます。 というのも、先ほどご紹介した二階堂ふみさんとの熱愛報道が2015年10月27日の日刊スポーツでされているんですよね。 しかしながら、星野源さんと二階堂ふみさんの熱愛情報は疑問が残る点が多々あるんです。 これについてはこの記事の最後の部分でお伝えするとして、現在も星野源さんとaikoさんの交際は続いているという噂が上がっています。 その理由は、二人のとある番組での共通すぎる行動が原因のようですね。 いったいどんな行動だったのでしょうか?二人の熱愛状況に迫ります! 星野源の現在の彼女はaiko?Mステでの疑惑画像 2015年12月25日に2人が出演した「ミュージックステーション スーパーライブ」で2人が同じポーズをする場面があり、世間から「破局してないのでは?」と話題になりました。 1つ目の共通点は片足を上げてのダブルピースです! ここ二人のポーズ、間違いなく合わせてますね。 特に演出上必要のないポーズですし、お2人は芸人さんではないので決めポーズも決まっていないはず。 ここまで酷似していると言い逃れできませんよね。 2つ目の共通点は歌っている時に両手をパーにするポーズ。 これはもう、2人の合図としか言いようがありませんね! 番組を使って二人の交際がバレるかバレないかのスレスレのラインで遊んでいるのでしょうね。 二階堂ふみさんとの熱愛報道後の2人のアクションですから、もしかすると星野源さんがaikoさんに対して浮気を謝罪?もしくは身の潔白を証明するために取った行動なのかもしれませんね。 友人同士で意味深な行動をするにはデカ過ぎる番組ですから、間違いなく交際は続いていると考えるのが妥当ではないでしょうか? そもそもお2人は何かとお揃いにするのが好きなようで、ライブグッズやSNSに投稿する画像などをお揃いにして楽しんでいます。 ここまで来ると、番組内の行動もラブラブの証であり交際してることは疑い様がないですね。 2016年は週刊誌などでの報道はありませんが、2015年の年末にラブラブな姿が確認されていますので交際は順調の可能性が高いです。 これだけ二人共通のことができるなんてきっと性格もピッタリ合っているんでしょうねっ! さて、星野源さんはaikoさんとの交際中に二階堂ふみさんと熱愛報道が出ました。 これについては星野源さんのいっときの心の緩みなのかはたまた噂止まりなのか?真相を追求していきます。 後半に続きます! スポンサーリンク 星野源と二階堂ふみは破局したの? 星野源さんと二階堂ふみさんは2015年10月28日に熱愛報道がありましたが、実際に証拠となる写真などはなく紙面での報道のみでした。 二人は2013年に映画で共演し、2015年7月に「スノービューティー」と言うショートムービーで再共演した後の熱愛報道だった為、おそらくただの番宣として熱愛を利用したのではないかと思われます。 ドラマの放映中に共演者同士が、フライデーなどで熱愛報道されて実際は何もないケースって多々ありますからね。 あくまで自身が望んでいるわけではなく、大きな力がそうさせる事もあるわけですから星野源さんも巻き込まれたのではないでしょうか? ということで、星野源さんと二階堂ふみさんは破局したのではなく、元々二人の交際は単なる噂止まりだったのではないかと考えられます。 最近は信憑性のない報道も売上の為に報道してしまったり、ネットニュースもステマなどがあり、世間の人々をメディア経由で事実とは反する方向に誘導できたりしますから怖いですよね。 星野源さんとaikoさんは普通にお似合いのカップルと思います。 お互い忙しく中々会えないかもしれませんが、お2人の関係の発展を期待しています。

次の