ニキビ に いい 食べ物。 【美肌を叶える食べ物】ランキングは? 毛穴やニキビには? コンビニでは何を選ぶ?

ニキビの原因は一体…|ストレス? それとも食生活? 食べ物を見つめ直すヒントが満載

ニキビ に いい 食べ物

ニキビに効く食べ物ランキングTOP10 では、ニキビに効く食べ物とはどのようのものでしょうか? これからニキビに効く食べ物ランキングTOP 10を紹介します。 10位:ナッツ類 ニキビに効く食べ物、10位はナッツ類です。 ナッツ類は油が多い食べ物なので、ニキビの原因として避けられていることもありますね。 しかし、油分の多い食べ物が直接ニキビの原因となるわけではなく、むしろ質のいい油分を適度に摂取することで、肌が潤いニキビを防げます。 ナッツ類には、質の良い油分が多く含まれていて、ビタミンやミネラルも豊富なので美肌のための食べ物といえるでしょう。 ナッツ類では、特にビタミンEを多く含んだアーモンドがおすすめです。 ビタミンEには、血行を促し肌の生まれ変わるターンオーバーを助ける効果があるため、古い角質を残さずに ニキビ予防、ニキビ跡の改善が期待できます。 9位:肉 ニキビに効く食べ物は9位は、鶏、豚、牛などのお肉です。 あまり肌によさそうなイメージがない肉ですが、食べ過ぎなければ肌のハリを維持し、若々しく保ってくれますよ。 肉には、筋肉を作るたんぱく質が多く含まれています。 筋肉は、体の代謝を良くしてくれるので 肌のターンオーバーも良くなるのです。 肉で問題なのは、コレステロールをあげる脂質なので、ニキビ肌や健康のためにも脂身は削ったり、脂身の少ない部位を選んで食事に取り入れましょう。 8位:きのこ ニキビに効く食べ物8位は、一年中変動が少ない価格で食べられるきのこ類です。 きのこ類には、炭水化物や脂質の代謝を助けるビタミンBが豊富なので、お肉などのたんぱく質が取りたいけど、脂質が気になってしまう食べ物と合わせると高い効果が得られるでしょう。 きのこ類のなかでは、ヒラタケ、エノキタケがトレハロースという保湿成分や、血行促進により美肌効果が高いでしょう。 また、椎茸の干し椎茸は、干したことでビタミンDが増えます。 ビタミンDは、抗炎症作用があるため、ニキビ改善に有効な成分です。 食物繊維も豊富だったりと、 きのこ類はとても優秀な食べ物ですよ。 7位:ヨーグルト ニキビに効く食べ物7位は、美容と健康のために古くから愛されるヨーグルトです。 ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、腸内環境を整えてくれます。 腸内環境はとても重要で、便秘になって腸に便がたまると有害物質が発生し、それを肌から外に排出しようとするので、肌が荒れニキビができやすくなってしまうでしょう。 ヨーグルトで乳酸菌を取り入れることで、 ニキビの根源となる便秘改善が期待できます。 さらに、たんぱく質やビタミンB2といった健康な肌を作る成分もあり、バランスが良い食べ物です。 アレルギー症状を緩和させるといった効果もあり、花粉などの肌荒れ対策にもおすすめですよ。 6位:卵 ニキビに効く食べ物6位は、食卓に欠かせない卵です。 卵には健康な皮膚や粘膜を維持してくれる、ビタミンB2、ビタミンB6が含まれています。 ニキビのない整った肌のために、ビタミンB群は積極的に取り入れたい栄養素です。 ビタミンB群の他にも、たんぱく質、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、葉酸、鉄とカルシウム、カリウムなどがバランスよく含まれている、 万能な栄養食材ですよ。 ただ、コレステロールが上がりやすい人が一日に何個も食べるのは注意が必要。 卵の摂取目安は一日に一個が望ましいと言われているので、適切な量を日常に取り入れましょう。 5位:豆乳・豆腐 ニキビに効く食べ物5位は、豆乳や豆腐などの大豆製品です。 大豆にはイソフラボンという、女性ホルモンに似た働きをする成分が含まれています。 ニキビなどの肌荒れは、ホルモンバランスが崩れたことで発生することも多く、イソフラボンはそんな ホルモンバランスの乱れを改善する効果が期待できるでしょう。 イソフラボンの摂取目安は一日に75mgとされています。 注意すべきは、イソフラボンを取りすぎると逆にホルモンバランスが崩れてしまうこと。 イソフラボン含有率は、豆腐は1丁だと80mgほど、豆乳は1パック200gだと41mgほどなので、これらを参考に適切な量を取っていきたいですね。 4位:納豆・味噌 ニキビに効く食べ物4位は納豆や味噌の発酵食品です。 まず味噌は、発酵する過程でグルコシルセラミドという成分が作られます。 それは肌の細胞を活性化させ、 肌の水分量がアップして肌荒れ知らずな美肌へと導いてくれる、とも優秀な成分です。 そして、納豆はポリグルタミンが含まれ、これはヒアルロン酸の10倍の保水率があるとされるので、保湿により 肌のバリア機能があがります。 納豆と味噌は肌に潤いを与えてくれるだけでなく、大豆から作られているのでイソフラボンも摂取できる、美肌と健康に優れた食べ物ですよ。 3位:柑橘系フルーツ ニキビに効く食べ物3位は、ビタミンたっぷりの柑橘系フルーツです。 柑橘系に含まれている代表的な栄養は、ビタミンC。 ビタミンCは、コラーゲンの生成を促し肌に潤いを与えてニキビ予防となります。 メラニン色素の増殖を抑えるのでシミ、そばかすにも効果ありです。 また、ビタミンPは皮や白い筋に含まれていて、ビタミンCの吸収をサポートし、血流改善にも効果があります。 柑橘系のフルーツを食べるなら、 白い筋は取らずに栄養を余すことなく摂取したいですね。 2位:緑黄色野菜 ニキビに効く食べ物2位は、健康に欠かせない緑黄色野菜です。 野菜は、健康のためだけでなく、ニキビや肌荒れ予防にもなりますよ。 ピーマン、大根、ブロッコリーはビタミンCも豊富です。 他にもたくさんのビタミンやミネラル、食物繊維など 健康な体や肌に必要な栄養が緑黄色野菜で補えますよ。 できるだけ色々な種類の野菜をバランスよく取ることが、ニキビに効くことに繋がります。 1位:魚 ニキビに効く食べ物1位は、和食のメインである魚です。 マグロ、サケ、サバ、カツオには、肌の新陳代謝を促し、ハリと弾力を与えてくれるビタミンBが豊富なので、健康な肌に欠かせない食べ物ですよ。 うなぎやサンマには、血行を良くして肌の新陳代謝を活発にし、できてしまったニキビの回復に役立つビタミンEが含まれています。 他にもたんぱく質や、良質な脂肪が摂取できるので、 肌の潤いを保ちニキビのないキメの整った美肌に近づけますよ。 生魚を日常的に食べるのは、忙しい現代人には難しいですが、鯖缶やイワシ缶などの缶詰でも、栄養はとれるのです。 缶詰ならそのまま食べられるし、骨や皮も全部食べられるのでおススメですよ。 ニキビに効く食べ物は「バランス」が大事! では、ニキビに効く食べ物のバランスとはどのようなものでしょうか? これからニキビに効く食べ物のバランスを紹介します。 主食・主菜・副菜のバランス 主食・主菜・副菜を正しく食べることも需要なポイントでしょう。 まずは主食は、体を動かすエネルギーの炭水化物がメインの食材で、お米や麺やパンです。 主菜は筋肉や骨、血液などの材料となる食材、肉や魚介類、卵、大豆など。 副菜は、主食と主菜の栄養素をうまく働くようサポートし、体調を整えてくれる食材、野菜やきのこ、海藻類をチョイスします。 各食材の中から、自分に必要な食材を選び、 出来るだけ沢山の食材をつかうことでバランスのいい栄養素を摂取することが、健康な肌と体を作るでしょう。 糖質・脂質・タンパク質のバランス 食べ物の三大要素で、エネルギー源となる糖質 炭水化物 、脂質、タンパク質のバランスもニキビを作らないために重要です。 理想的なエネルギー摂取のバランスは、たんぱく質が13~20%、脂質が20~30%、炭水化物が50~65%と言われます。 20代から30代の女性の摂取カロリーの、1750キロカロリーを糖質2割、脂質2割、炭水化物6割でとっていくと、肌や体の健康が保てるでしょう。 難しいと思われがちですが、このエネルギーの割合は主食と主菜と副菜のバランスをとっていれば自然と整います。 色々な食材をバランス良く取ることが全体のバランスも整える事になりますよ。 サバ缶、ブロッコリー、トマトと魚も野菜も取れる、 ニキビに効くアクアパッツァですよ。 材料は、サバの水煮缶、ブロッコリー、ミニトマト、調味料にニンニクチューブ、酒、味噌、オリーブオイル、パセリです。 まず、ブロッコリーはひと口大に切っておきます。 ミニトマトはそのまま、サバ缶も煮るうちに崩れるのでそのままでOK。 次にフライパンにオリーブオイルとニンニクチューブを適量入れ、ブロッコリーを炒めましょう。 ブロッコリーを少し炒めたら、残りの材料と調味料を投入して約10分間煮ます。 最後に皿に盛り、パセリをかけて完成です。 アクアパッツァは白ワインを使うのが本来ですが、酒を使う事ですぐにできそうですね。 味噌を適量加えれば、コクも出せるしさらに美肌効果があります。 短時間でおしゃれなニキビ対策レシピですよ。 材料は、かぼちゃ、にんじん、キャベツ、エリンギ、トマト缶、調味料はニンニク、しょうが、オリーブオイル、麺つゆ、コンソメスープ、カレールウです。 トマト缶以外の材料を、お好みの大きさに切っておきます。 深めのフライパンか鍋に、オリーブオイル、ニンニク、しょうがを入れて温めます。 フライパンが熱くなったら、切った材料を投入し、炒めましょう。 ほんのり色がついてきたら、トマト缶と調味料をお好みに調整し水を加え、10〜15分ほど煮て完成です。 スープカレーはアレンジの効く料理なので、野菜やお好みで鶏肉などを加えても美味しく、さらに美肌効果が上がりますよ。

次の

【食べ物でニキビを治す】ニキビの原因になる食べ物|ニキビニッキ

ニキビ に いい 食べ物

ビタミンAが不足すると、どんな症状がでるの? ビタミンAが足りないと、どんな症状が出るのかというと…皮膚がカサカサしてきて肌が乾燥状態になり、結果としてニキビの原因につながります。 というのもですね、ビタミンAが不足すると、肌の新陳代謝が悪くなり 角化不全を起こします。 ちなみに、角化不全って、皮膚の表面にあたる角質が、うまくはがれ落ちないで角質がどんどん厚くなることをいいます。 で、皮膚は本来もっている柔軟さを失い、潤いがなくなるためにカサカサした状態になってしまいます。 硬くなってしまったお肌には、ニキビの原因となる皮脂が毛穴に閉じこめられることで… 「白ニキビや赤ニキビを発症してしまう…」 こういう流れなんですね。 ってことは、ビタミンA不足は、ニキビの原因と直結するってこと?じゃあ、そうならないためにもビタミンAが多く含まれている食べ物を食生活に取り入れていきましょう。 ビタミンAを多く含んでいる食べ物一覧 肉類 鶏や牛のレバー、フォアグラ、など 魚介類 うなぎ、小魚、ホタルイカ、あんきも、など 野菜類 しその葉、人参、ほうれんそう、カボチャ、ニラ、小松菜、青梗菜、ねぎ、など 海藻類 海苔、わかめ、ひじき、など 乳製品 バター、たまご、ウズラの卵、牛乳など 特に、 レバーには豊富なビタミンAが含まれています。 なので、毎日食べたほうがイイ!とまでは言いませんが、食事に取りいれてみてもイイかもしれませんね。 もしビタミンB2が不足した場合、どうなるの…? ビタミンB2が不足した状態になると 「ニキビや肌荒れ、湿疹や皮膚炎」などが起こってしまうんです。 ビタミンB2が 「お肌のビタミン」といわれている意味がよくわかりますね。 また、 「口内炎、口角炎、舌炎といった口内の病気や唇の荒れ」も同様に起こりがちです。 特にお肌に関していえば、ビタミンB2は 「皮脂の分泌を抑制する役割」を果たします。 皮脂の分泌を抑制する…ということは、ニキビの原因を予防できることになりますねぇ。 つまり、ビタミンB2が豊富に含まれる食べ物を食生活にとり入れていくことが、ニキビ予防には重要になってきます。 ビタミンB2を多く含んでいる食べ物一覧 肉類 鶏や牛のレバー、フォアグラ、鴨、鶏もも肉、など 魚介類 うなぎ、キャビア、ドジョウ、いくら、タラコ、ぶり、いわし、あんきも、ズワイガニなど 海藻類 海苔、昆布、ひじき、など 乳製品 パルメザンチーズ、ブルーチーズ、カマンベールチーズ、脱脂粉乳、牛乳、卵など その他 納豆、アーモンド、しその葉、干し椎茸など ビタミンB2もレバーに多く含まれているんですね。 レバーパテとか鮭の南蛮漬けなんかは、ビタミンB2が多く取れるレシピなので覚えておいて欲しいですね。 でも、そんなにしょっちゅう食べられるものでもないので、だったらキノコのバター蒸しとか、ブロッコリーやほうれん草をスープにしてもイイですし、 納豆とかタマゴから摂取してもイイと思います。 これなら毎日の食事に組み込みやすいですしね。 たんぱく質の代謝を促すということは、皮膚や髪の毛などを成長させるということ。 つまり、みずみずしい状態を維持してくれるということですね。 ビタミンB6を多く含んでいる食べ物一覧 肉類 鶏や牛のレバー、豚ヒレ肉、鴨、鶏ささみ、など 魚介類 マグロ、アジ、カツオ、サケ、さんま、カワハギ、ぶり、いわし、など 種実類 ピスタチオ、ひまわりの種、いりごま、くるみ、落花生、など 海藻類 海苔、青のり、など その他 黒砂糖、きなこ、小麦胚芽、にんにく、酒粕、納豆、豆腐、ハチミツ、トマト、バナナ、など ビタミンB6の1日に摂っておきたい摂取量は、 女性で1. 2mg、男性で1. 4mgとなっていて、簡単にビタミンB6を摂るのであればバナナがイイかも。 バナナ1本で1日の必要量である約0. 75mgが摂取できるなら手軽でイイですよね。 あと、ニンニクも野菜類の中ではビタミンB6を多く含んでいますので、夕飯にちょこっとニンニクをいれてもイイですね。 マグロにも多く含まれているので、マグロのたたきにニンニクチップなんてイイかもしれませんね。 ビタミンB6が不足すると…• 肌荒れやニキビ、目や鼻の周りに小さなブツブツができる脂漏性皮膚炎、口内炎など皮膚への影響• 月経前症候群(PMS)などホルモンバランスへの影響• うつ、混乱、けいれんなど神経系の障害への影響 ビタミンB6はたんぱく質の代謝を助けているので、不足してしまうと新陳代謝がうまく進まなくなります。 逆に、過剰症に関しては、ビタミンB6は水溶性のビタミンのため、余分なモノは排泄されてしまうので、そこまで心配する必要はなさそうですね。 ビタミンB6だけを摂取するというよりは、 ビタミンB群をまとめて摂取して、相互に働きかける効果を狙った方がイイと思いますよ。 ビタミンB群をすべて摂取することで、美肌効果はもちろん、ニキビの改善や免疫力のアップ、健康維持にもつながりますからね。 ビタミンCの主な働きは?• お肌にハリを与えるのに必要なコラーゲンの生成を促進• シミやそばかす、ニキビ跡のもとになるメラニン色素の抑制• 抗酸化作用(身体の錆を防ぐ作用のこと)による免疫の強化• 血管の柔軟性• 解毒作用• 骨と歯の形成 今あげた効能は主要なモノで、実際にビタミンCが関係している体内代謝は数千あると言われています。 その中でも、特にニキビにとって重要な働きが、 コラーゲンの生成を促進することなんです。 じつは、このコラーゲンの生成を促進することが 「ターンオーバー(皮膚の代謝)を正常化して健康な肌を作り上げる」ことにも。 ターンオーバーって、表皮(皮膚の3層構造の上の層)の一番奥の層で皮膚細胞が生まれることがはじまりです。 そして、その皮膚細胞を作るためには、真皮(皮膚の3層構造の真ん中の層)から栄養をもらって作られます。 なので、ビタミンCの働きによってコラーゲンをじゃんじゃん生成すると、真皮が健康な状態を保つことができるため、皮膚細胞を作る表皮へたくさんの栄養が送られるようになります。 これによって、ターンオーバーが正常化することで角質層も正常化して、ニキビができにくい健康な肌が作り上げられます! ビタミンCを多く含んでいる食べ物一覧 野菜類 緑黄色野菜、カリフラワー、キャベツ、カボチャ、しその葉、さつまいも、もやし、大根、じゃがいも、など 果物類 アセロラ、ゆず、キウイ、パパイア、グレープフルーツ、イチゴ、ミカン、かき、レモン、ミカン、パイナップル、など 海藻類 海苔、青のり、など その他 ロースハム、たらこ、ベーコン、栗、など ビタミンCが多く含まれている食べ物で意外だったのは ピーマンですね。 赤でも緑でも黄でもビタミンCが多いには驚きでした。 あと、焼き海苔なんかも意外と多い食べ物ですね。 でも、その中でも群を抜いているのは アセロラですね。 ピーマンと比べると 「10倍ものビタミンC」が含まれているので、アセロラドリンクでもいいから飲んでほしいぐらいビタミンCが豊富です。 あと、注意しなくちゃいけないことは、 調理方法です。 ビタミンEは若返りの秘訣だった!? お肌というのは、紫外線や日々の汚れなどから攻撃を受け、 「錆びる=老化」につながっています。 ただ、ビタミンEを十分とることで皮膚の細胞膜を守ってくれるので、この「錆びる」状態を防いでくれることになります。 ちなみに、こんな効果があります。 肌荒れやニキビなどを改善• 抗酸化作用で老化を予防• 動脈硬化などの生活習慣病の予防• 血液の循環をスムーズにする効果• 血中コレステロール値を下げる作用 ビタミンEというのは脂溶性のビタミンで、同じく脂からできている細胞膜などに存在していて、 活性酸素の攻撃から細胞膜を守る働きをしています。 活性酸素やカラダの仕組みをもっと説明したいのですが、長くなりそうなので以前書いた記事を参考にしてもらえると嬉しいです。 この仕組みを知っておくと、酸化って?抗酸化作用ってなに?活性酸素って?こんなことがよくわかると思いますよ。 参考記事 この細胞膜には、 不飽和脂肪酸という物質も存在していて、この物質が活性酸素の攻撃で酸化されやすいという弱点を持っています。 酸化されるということは、カラダが錆びつく…つまり… 「老化につながる」(汗) というわけですね。 ということは、ビタミンEを摂取することで細胞膜に十分なビタミンEがあると、活性酸素の攻撃から細胞膜を守り健康な細胞を保つことができる…若い肌を維持できるということで、 「若返りのビタミン」なんて呼ばれているわけです。 あと、ビタミンEの効果には、同じような抗酸化作用によって、血の流れを良くして毛細血管を強くする働きもあります。 この働きによって、血液の循環がスムーズになって肌の隅々にまで栄養素を届けてくれます。 そして、結果としてニキビの改善や肌荒れを助けてくれるんですね。 ビタミンEには美肌にとってイイだけではなくて、健康なお肌を維持してくれる大事な栄養素なんですね。 ビタミンEを多く含んでいる食べ物一覧 油脂類 ひまわり油、トウモロコシ油、菜種油、大豆油、サンフラワー油、アボカドオイル、など 種実類 アーモンド、ヘーゼルナッツ、ひまわりの種、落花生、など 茶類 煎茶、抹茶、玉露、など 魚介類 すじこ、キャビア、たらこ、いくら、うなぎ、かつお、など その他 玄米、小麦胚芽、牛のレバー、など ビタミンEだけではないんですけど、 うなぎっていろんなビタミンを含んだ食べ物なんですね(笑)で、ニキビができている状態でビタミンEを摂るのって結構大変なんです…だって、ナッツ系もオイル系もできれば避けたいですからね。 ビタミンEを摂る際に忘れちゃいけないこと…? ビタミンEを摂る際に忘れちゃいけないのが 「ビタミンCの存在」なんですね。 ビタミンEが活性酸素から細胞膜を守ってくれるという話は先ほどしましたよね。 じつは、活性酸素と戦って細胞膜を守ったらビタミンEは力を失ってしまいます…だけど、ビタミンCには、この ビタミンEを復活させる力を持ち合わせているんですね。 復活したビタミンEは、また活性酸素と戦って細胞膜を守ってくれるんです。 ということは、サプリでビタミンEをとるならビタミンCも同時に摂った方が効果は倍増することになりますよね。 なので、両方のサプリを飲むか、マルチビタミンのサプリでもイイかもしれませんね。 重要なのは、 ビタミンEとビタミンCを同時に摂取するということです。 ただ、ビタミンEのサプリメントは、摂りすぎても過剰症にはならないといわれていますけど、 1日300mgを上限にしておくべきだと思いますよ。 購入するときには、ちゃんと1錠にどれくらいビタミンEが含まれているのか、ちゃんとチェックしてから購入して下さいね。 ミネラルってそもそもなに? ミネラルとは、 たんぱく質、脂質、炭水化物、ビタミンと並び、5大栄養素のひとつであると同時に、身体の一部そのものでもあります。 というのも、人間の体を元素にまで分解してみると、炭素・水素・酸素・窒素の4つでカラダの約96%を作っています。 そして、その残りの4%にあたる元素はミネラルなんです。 代表的なものに、 カルシウム、鉄、亜鉛、マグネシウム、ナトリウムなどがあります。 つまり、ミネラルは人の体にとって重要な構成成分のひとつなんですね。 ミネラルを多く含んでいる食べ物一覧 肉類 鶏ささみ、牛と豚のレバー、など 魚介類 にぼし、干しえび、あさり、イカ、さば、など 野菜類 大根、キュウリ、カボチャ、レタス、ほうれん草、サツマイモ、トマト、とうもろこし、など 海藻類 海苔、わかめ、ひじき、昆布、など 乳製品 牛乳、ヨーグルト、チーズ、卵、など その他 食パン、ピーナッツ、納豆、切り干し大根、など このような食材にミネラルは多く含まれています。 カルシウムが慢性的に不足しているのは、あなたもよく知っていることだと思いますが、最近では、 鉄、銅、亜鉛、マグネシウムさえも不足しているそうです。 こんなに豊かな国で、いい食生活を送っているようでも、今や日本人は深刻なミネラル不足…だから、毎日の食生活にミネラルを多く含む食べ物を取り入れるよう心がけてください。 お肌やニキビにとって重要なミネラルは、 「亜鉛、マンガン、マグネシウム、銅、イオウ、ヨウ素、セレン」こんな感じになっています。 で、ミネラルは人間の体内で作り出すことができないので、 ひじきやカボチャなどは、毎日の食事に取り入れやすいと思いますよ。 ミネラルのニキビやお肌への効果は…? ミネラルはモルモンバランスの調整、体液量や酸・アルカリ度の調整、筋肉や神経の働きの調節にも欠かせない栄養素です。 さらに、ビタミンの働きと同じように、たんぱく質、脂質や炭水化物などの代謝にも深く関わっています。 なので、ミネラルが不足すると新陳代謝が悪くなり、健康なキレイな肌にはなれないですよね。 お肌やニキビに取って特に重要なミネラルは、 亜鉛、マンガン、マグネシウム、銅、イオウ、ヨウ素、セレンなどで亜鉛なんかは、お肌の健康維持には欠かせないミネラルで、ニキビの原因ともいわれている 活性酸素の発生を抑制してくれる大切な栄養素なので、しっかり食生活に取り入れて欲しいですね。

次の

ニキビにいい?悪い?食べ物&飲み物でニキビ対策する方法

ニキビ に いい 食べ物

大人のニキビを防ぐには?スキンケアや生活習慣のポイント 10代の肌は皮脂分泌が活発なことからニキビができやすくなりますが、成長とともに落ち着いていきます。 しかし、大人になってからもニキビの症状が続く場合は、ストレスや睡眠不足、生活リズムの乱れ、間違ったスキンケアなど、さまざまな要因が重なり合っている可能性があるのです。 繰り返す大人のニキビを防ぐ方法として、ここでは主に毎日のスキンケアや、生活習慣のポイントについてご紹介していきます。 洗顔では摩擦せず、やさしく洗う 余分な皮脂や肌についた汚れを落とすためにも、洗顔は大切です。 しかし、皮脂が気になるからと1日に朝晩の2回以上洗顔をしたり、スクラブ剤入りの洗顔料を使ったりと、肌をゴシゴシ摩擦しながら洗うのは控えましょう。 洗顔は刺激の少ない洗顔料をたっぷりと泡立て、泡をクッションにしてやさしく洗います。 すすぎはぬるめのお湯で、髪の生え際まできちんと洗い流し、清潔なタオルで水気を拭き取りましょう。 メイクをした日は、まずクレンジング剤でメイクの汚れをきちんと落とし、それから洗顔料で肌に残ったクレンジング剤を落とすようにしましょう。 スキンケアでは保湿を重視 皮脂分泌の盛んな思春期のニキビとは異なり、大人のニキビは乾燥によって、肌のバリア機能が低下することでも起こりやすくなります。 洗顔後は、スキンケア化粧品ですみやかに保湿ケアを行いましょう。 ニキビ肌のスキンケア化粧品は、低刺激で油分が少ないものを選ぶようにしましょう。 「ノンコメドジェニックテスト済み」と表記された化粧品は、ニキビのもとになりにくい処方設計です。 化粧品は清潔な手のひらに広げ、上からやさしくプッシュするようになじませます。 このとき、肌をこすったり、ニキビになりやすい肌を刺激したりしないよう注意しましょう。 メイクや紫外線対策 紫外線を浴びると、肌の乾燥が進んで角層が厚くなったり、紫外線で皮脂が酸化し、ニキビを悪化させたりすることがあります。 帽子や日傘、UVカット加工のストールなどとともに、日焼け止めを上手に活用しましょう。 ただし、紫外線対策に塗る日焼け止めのなかには、ニキビや肌荒れなどトラブルが起きやすい肌には刺激が強すぎるものも。 日焼け止めを選ぶときは、「紫外線吸収剤フリー」、「ノンケミカル」設計で肌になめらかにのびるもの、落とすときも普通の洗顔料や石けんで、刺激なく落とせるものを選ぶのがよいでしょう。 メイクでは、油分の多いクリームタイプのファンデーションを塗り重ねると、毛穴をふさいでニキビができやすい肌には気になることがあります。 落とすときもクレンジング剤で肌を刺激することになるため、パウダータイプのファンデーションを薄くつける程度にとどめましょう。 ニキビ跡をメイクでカバーしたいときは、その部分だけコンシーラーを使うのもよいでしょう。 赤みを目立たなくするイエロー系のコンシーラーを選んで、清潔な指先やブラシでやさしく塗り、周囲をパウダーファンデーションでなじませます。 ニキビができやすい肌におすすめの食事・栄養 毎日の食事は、内側からのニキビケアにつながります。 欠食や暴飲暴食、間食をできるだけ控え、1日3回の食事からさまざまな栄養を摂取しましょう。 肌の材料となるタンパク質、肌の新陳代謝を促したり皮脂量をコントロールしたりするビタミンB2・ビタミンB6、血行を促進して肌荒れの解消を助けるビタミンE、便秘の改善に役立つ食物繊維などを積極的に摂りましょう。 タンパク質…肉や魚、卵、大豆・大豆製品、牛乳・乳製品• ビタミンB2…卵、納豆、レバー、焼き海苔• ビタミンB6…マグロやカツオ、サケ、肉、バナナ、にんにく• 食物繊維…穀物、イモ類、豆類、野菜・果物、海藻類、きのこ類 さらに大人のニキビには、肌のターンオーバーを整えるビタミンA、ストレスによる肌のバリア機能の低下を防ぐビタミンB1やビタミンCもおすすめです。 ビタミンA…ニンジンやかぼちゃなどの緑黄色野菜、チーズ、卵• ビタミンB1…胚芽米や玄米、豚肉、うなぎ、豆類、青海苔、焼き海苔• ビタミンC…赤ピーマン、芽キャベツ、ブロッコリー、レモン かつてはチョコレートやケーキ、ピーナッツ、揚げ物など、甘い食べ物や脂っこい食べ物を摂るとニキビができやすいと言われてきましたが、現在ではこれらの食べ物が、必ずしもニキビに悪影響を与えるとは言えないことが、分かってきました。 ただし、糖分の多い食べ物や動物性脂肪の多い食べ物は、皮脂の成分であるTG(トリグリセリド)を増やす可能性があります。 皮脂の過剰分泌に悩んでいる方は、控えめにしたほうがよいかもしれません。 睡眠不足を解消する 肌は、睡眠中に活発に細胞分裂を行います。 ニキビをはじめ、荒れてしまった肌をすこやかに生まれ変わらせるには、十分な睡眠が欠かせません。 睡眠で特に大切なのは、眠りに落ちて最初の3時間の間に訪れる「ノンレム睡眠(深い眠り)」です。 このときに成長ホルモンが十分に分泌されることで、肌の再生活動が盛んになります。 深くぐっすりと眠るためにも、毎日決まった時間に自然と入眠できるようなライフスタイルを心がけましょう。 ベッドに入る1~2時間前に入浴して体温を上げておく、寝る直前の飲食や、テレビ・スマホなど光を発する機器は使用しない…などの工夫をとり入れましょう。 ストレス対策などその他のポイント ストレスは大人のニキビの大敵です。 適度に体を動かしたり、入浴や香りでリラックスしたり、歌や音楽を楽しんだり、親しい知人とおしゃべりするなど、自分に合った方法でストレスを解消しましょう。 また、ニキビを潰したり、触ったりするのはNGです。 髪の毛先が触れるとニキビを刺激することになるので、髪型を短めにする、まとめるなど工夫しましょう。 顔に触れる機会の多い枕カバーやメイク用のブラシやパフなども、常に清潔にしておきましょう。 繰り返す大人のニキビにはノンステロイド処方の治療薬! 睡眠不足やストレス、偏った食生活・・・など、さまざまなことが原因で引き起こされる大人のニキビ。 原因も気になるけれど、とにかくニキビの炎症や進行を止めたい!というときは、治療薬に頼る方法もあります。 IHADA(イハダ)のアクネキュアクリームは、ニキビ・吹き出物を治療する抗炎症成分(イブプロフェンピコノール)と、殺菌成分(イソプロピルメチルフェノール)のW効果処方。 油分少なめ、なめらかにのびて肌に負担をかけないジェルクリームタイプで、上からメイクをしてもよれにくいのも特徴です。

次の