リゼロ 有利区間。 【星矢海皇、リゼロ、サラ番2、ガルパンG】久しぶりにリゼロで高設定挙動!?いえ、非有利区間中にレア役引いただけです

【リゼロ設定6確定台実践!!】挙動・データ・グラフ・AT性能・有利区間引き継ぎ考察

リゼロ 有利区間

タイトルの通りでございます。 ちょっとマジメなコラムを書き貯めつつも、鉄は熱いうちに打てということで今回はリゼロのシステム面について書いてみようと思います。 リゼロ、リゼロでございます。 大都技研の6号機第2弾であり、版権的にもそこそこの知名度を誇り、何より純増8枚が休息なしで続くあの超高純増ATが売りの台でございます。 ぼく自身も設定狙い、天井狙い、趣味打ちとすでに何度も触っております。 そんな日々の実践稼働の中で、疑問に思ったこと、気づいたことなどを今回は書いてみたいと思います。 解析や他の方の考察が出てくる前に書いておきたいと思ったので急ぎ筆をとりました。 では早速、項目ごとに順番にやってみたいと思います。 その1:モード移行について リゼロのモードは通常A、通常B、通常C、引き戻し、天国、鬼天国の6種類が存在し、各モードによって白鯨討伐戦の当選ゲーム数が異なることがすでにわかっています。 ではこのモード移行をするタイミングはどこなのか。 これは6号機という性質上確実だと思います。 そしてこのタイミングでのモード移行は「前回モードの影響を受けず」、「設定の影響を受ける」のも確実だと考えられます。 6号機は有利区間が消灯した時点で一度フラットな状態に戻るため、前回のモードを参照しようにも前回のモード自体がなかったことになっているので参照しようがないからです。 5号機のAT、ART機にあったような前回モードを参照した状態でのモード移行は有利区間が消えた時点で不可能なためです。 そしてその場合でも設定の影響は受けるはずです。 では次に、有利区間が消灯しなかった場合=引き継いだ場合について。 これはもちろん前回モードの影響を受けます。 なぜなら有利区間が同じということは、参照すべき前回モードが存在しているためです。 ここで実践の感覚から得たものが1つ。 有利区間を引き継いだ場合のモード移行は、「前回モードと同じか昇格」かつ、「設定の影響を受けない」ものではないかと考えています。 この部分には次の有利区間継続の仕組みの項目で触れます。 その2:有利区間継続の仕組みについて 言わずもがなではありますが、6号機の規則では有利区間が強制的に終了となるのは「有利区間が1500G継続した場合」と「差枚で2400枚の払い出しが行われた場合」のどちらかとなります。 9号機とちがい、6号機は基本的に通常時も常に有利区間に滞在し続ける 通常時の1G目が有利区間の1G目 ので、リゼロの場合はスバルの顔が映し出されて「セット完了」と画面に出たときが1G目になるはずです。 そこから通常時を進み、白鯨討伐戦かAT後のコンビニステージ移行まで同一の有利区間に滞在し続けます。 ここで考察。 有利区間の継続の有無は白鯨討伐戦終了と表示された当該ゲームか、ATのリザルト画面の2G目 液晶上から絶望に抗え演出の煽りが引っ込んだ当該ゲーム に抽選されているものと思いますが、ここでの抽選の順序が考察ポイントです。 この画面で基本的に有利区間は消灯してコンビニステージへと移行します。 このように消灯しなかったら有利区間は継続してひざまくらステージか温泉ステージへと移行します。 たとえば、コンビニステージから「モードB」で「次回白鯨当選は550G」と決定したとします。 ここで通常時を550G、白鯨討伐戦を30G消化してATに非突入だった場合、すでに580Gを消化していますので有利区間の残りは920Gとなります。 ぼくはまず、ここでは前回モードを参照して次回白鯨討伐戦の解除ゲーム数を抽選しているものだと考えます。 この次回白鯨討伐戦の解除ゲーム数が残り有利区間の規定内に収まっていた場合のみ、有利区間の引き継ぎが行われるのではないかと考えます。 リゼロのATは純増8. そのセーフティを50Gと仮定した場合、トータル350GのAT消化ゲーム数を保証しておく必要があるのではないかと考えるわけです。 さらに言えば、白鯨の消化ゲーム数も必要になってくるので、それを最大50G ベルナビ5回を引く準備状態と実際に白鯨との戦いを行う状態含む 確保しておくとこれも仮定します。 つまり上記の例で言えば、すでに消化した580Gに、AT完走に必要な消化ゲーム数350Gと白鯨の保証ゲーム数を有利区間上限の1500Gから引いた 1500-580-350-50 =520G以内に次回白鯨討伐戦が規定された場合のみ、有利区間が引き継がれるのではないかと考えるわけです。 次回白鯨が520G以内に振り分けられた場合には有利区間ゲーム数に余裕があるので引継ぎ有効となる。 と、ここまではあくまでATの性能が一律の場合と仮定した上での考察です。 実際にはリゼロには性能の異なるATが存在しています。 そしてそこには設定とモードが深く影響してきます。 その3:AT性能について 多少リゼロを打った人ならわかると思いますが、ザックリとリゼロには「高モードAT」と「低モードAT」の2種類が存在しています。 これはAT突入時の初期特化ゾーンでの上乗せでなんとなく把握することができます。 高モードATなら初期ゲーム数が100Gを超えることもありますが、低モードATなら5、60Gが平均ではないでしょうか。 このAT性能はどこで決定されているのか。 ぼくは「モード移行時」だと考えています。 それは解析サイトなどでも、555GのB天井を越えたあと モードが通常A確定 で突入したATの性能が高いことが証明されているからです。 そしてここには設定の差はなく、どの設定でも通常Aのときは突破すれば高モードATとなるはずです。 では通常A以外のモードの場合はどうなるのか。 ここが厄介なところです。 白鯨の強制勝利=「デキレ白鯨」が関係してくるのではないかと考えます。 まず現在言われていることとして、高設定になればなるほど、特に設定6に関しては白鯨討伐戦の突破確率が異常に高いということです。 これを今回はデキレ白鯨と呼びます。 つまり白鯨討伐戦には、完全に自力抽選の「ガチ白鯨」とすでに内部的に勝利が決まっている「デキレ白鯨」の2種類が存在しているのではないかということです。 ぼくはここの決定にモードと設定が絡み、結果としてAT性能にも影響してくると思っています。 例として、前のモード移行や有利区間継続の項目で触れたように、有利区間リセット時に設定を参照してモードと白鯨の規定ゲーム数を決定します。 ではそれ以外のモードの場合。 まずは白鯨の規定ゲーム数に到達するまではどの設定でも同じです。 いざ白鯨の規定ゲーム数、その本前兆開始ゲームを踏んだ時にこの白鯨勝利モードの有無を抽選すると考えます。 その根拠として、白鯨に当選するまでの前兆の演出が極端に強かった場合、その後白鯨に勝利する場合が自他ともにいくつか見られたことを挙げておきます。 たとえば剣聖演出 若き日のヴィルヘルムさんとその奥さんで剣聖テレシアの場面 などが発生した場合はそのまま白鯨に勝利してATに突入するケースが複数見られました。 つまりは本前兆開始時にすでにガチ白鯨かデキレ白鯨かが決まっているのではないかということ それを演出で明示している です。 そしてここに設定差が存在するのではないかということです。 設定1のモードBの場合はガチ白鯨とデキレ白鯨の割合が95:5に対して、設定6なら40:60ではないか、というようなイメージです。 そしてこのデキレが増える割合が高設定の方が増え、さらにモードによってもA<B<C<引き戻し<天国<鬼天国 鬼天国はAT確定 と大きくなっていくのではないか、と推察します。 この抽選の仕組みが6段階の設定と6種類のモードで合計36通りあると考えるとわかりやすいでしょうか。 では、そのようにして白鯨の勝利モードが決定したあとはどうなるか。 ただ一方で、通常A以外のモードでのガチ白鯨突破時は低モードATになる可能性もあるのではないかとも考えます。 ここは一考の余地ありとして、今回は保留しておきます。 以上のことから、通常BやCにいた場合でもガチ白鯨突破ならば高モードATになる可能性も大いにあるというのが今回の考察の結論です。 問題はATに当選した場合、ガチ白鯨かデキレ白鯨かを完璧に見分けることはできないということがあります。 花は好き演出は問答無用で白鯨勝利=AT当選確定。 ここまでが役に立つかもしれない考察。 以下は余談的な考察となります。 その4:異世界体操突入とループについて 通常時のレア役から突入する異世界体操は、白鯨討伐戦を有利に進めるアイテムを獲得するためのポイント特化ゾーンですが、この突入にはおそらく滞在モードが大きく影響していると考えています。 率直に、通常Aのときは突入しづらく、通常B以上なら突入しやすいというようなものです。 実践値が少ない感は否めないので多分に推測を含みますが、通常B以上に滞在している場合は弱チェやスイカなどの弱レア役でも体操突入に期待できると思っています。 強チェリーはどのモードでも突入確定のはずですが。 異世界体操の法則はいたってシンプルで、 ・レア役の当該ゲームで発展で突入の期待大 その前のレア役での前兆中は除く ・非レア役での発展演出は実践上突入確定 後述します ・演出自体が数ゲームかかる発展演出の方が期待度は高い 王様ゲームやレムをお手伝い でだいたい合ってると思います。 今回の検証ポイントはそこではなくて…。 異世界体操には一度突入するとループする場合があるんですが、そのシステムがどうなっているのかというところです。 この手の特化ゾーンあるいはCZのループといえば化物語の解呪の儀や北斗転生の天破などが思い浮かぶ人も多いと思います。 この2つの場合は突入後に突入率と転落率の異なるループモードに移行し、転落フラグを引く前に突入フラグを引ければ再度突入するというシステムでしたが、異世界体操の場合はちがうのではないかなぁと思っています。 個人的な予想は、「異世界体操突入時、あるいは終了時に事前に決められたループ率を参照して一発抽選。 その後前兆を経由して再突入」ではないかなと! こう考えた理由は、リゼロの場合は上記2つのようにAT突入を直接抽選したり、ATまでのゲーム数を短縮するようなものではなく、CZ当選時にAT突入をアシストするものであることと、白鯨の前兆中はそれがフェイク前兆であろうとも体操には突入しないこと、つまり白鯨前兆>体操という構図になっていることです。 白鯨の前兆中はそれがフェイクであっても体操に突入することはなく、白鯨前兆の終了後に突入するようになっています。 それに加えて、体操ループの前兆にはいくつかの種類があることが実践でわかっています。 大まかに分けて4つに分類されるそれは、 ・本前兆 ・フェイク前兆ショート ・フェイク前兆ロング ・非前兆 です。 リゼロの通常時の特徴として、なんらかの演出発生=リゼロpt獲得orレア役成立or前兆 白鯨、AT直撃、体操 というところがあるからですが、体操終了後の演出発生でpt獲得なしの場合、体操ループ前兆のいずれかにいることが非常に多いです。 ここが化物語や転生とのちがいで、通常時滞在するゲーム数が6号機という性質上短いリゼロの場合、ループ状態が続いて引っ張られることを避けるために一発抽選にしているのではないかと考えました。 ループ前兆のいずれかに滞在しているときは、体操終了後1Gor2Gで演出が発生することが多く、その場合は期待を持って行く末を見れます。 ここでのループ前兆パターンですが、5G以内に前兆が終わるとフェイク前兆ショート、15Gくらいまでで終わるのがフェイク前兆ロング、本前兆の場合は早ければ5Gほど、遅ければ15Gほどで突入するパターンがあると思います。 以上で今回のぼくのリゼロ考察は終わりです。 6号機の中でも屈指の高稼働を誇っているリゼロ! 天井狙いは屈指の甘さ、設定狙いでも優秀、平打ちでも4. 8万円までなら一撃で取り返せる ? と素晴らしい機種であることは間違いないと思います。 有利区間引き継ぎは何度も経験してるけどあの現象は一回だけ。 ほんとここのシステムは気になります。

次の

わかりやすく解説!パチスロ(スロット)の有利区間の仕組みとは?

リゼロ 有利区間

<有利区間リセット> [235G]白鯨攻略戦/勝利/AT327枚獲得 <有利区間継続>[129G]直撃AT453枚獲得 <有利区間継続>[494G]白鯨攻略戦/勝利/AT471枚獲得 <有利区間リセット> このように、白鯨戦やATを挟んでも有利区間がリセットされず(液晶演出的にはコンビニステージに移行しない)、AT後であれば温泉ステージ、白鯨攻略戦敗北後であれば膝枕ステージへ直行する挙動が高設定(特に設定6)だと数多く見られます。 設定6を打っていると、一度の白鯨戦やATで有利区間がリセットされる方が稀で、多くの場合で数回の白鯨戦やATを同一有利区間内でループします。 ただし、設定6でもモードAの深い所(600G以降)を食らったようなケースに関しては基本的に有利区間はリセットされますが(自分自身は未だに600G以上当選からの有利区間継続パターンを体感した事がない)。 リゼロの設定判別をする上で重要な要素である事は間違いないのですが、この有利区間連チャンが終わる要因に関して、個人的にある程度自信をもって言える所まで考えが纏まりました。 有利区間連チャンが終わる要因 設定6の実戦データから、現状自分が認識している有利区間連チャンの終了契機は以下の通りです。 白鯨攻略戦敗北orAT終了時点で残りの有利区間ゲーム数が一定のゲーム数(500Gぐらい?)を下回った場合• 一度のATで一定以上の枚数 1200枚以上? を獲得した場合(ちょっと自信なし)• 有利区間連チャン中の当選ゲームは全て最初から決まっている(シナリオタイプ)可能性も? 一度有利区間連チャン状態に入った台がその状態を抜ける要因として、個人的に想定しているのはこの3つです。 枚数に関する条件は少々自信がありませんが、ゲーム数に関する条件は結構的を得ているはずです。 というのも、有利区間連チャンに入った時に「有利区間残り500G」という事を意識して最近は実戦していますが、多くの場合で自分が想定した所で有利区間が終了しています。 逆に言えば、残りの有利区間ゲーム数的に言ってここは続くな…と思った所では多くの場合で続いているという事になります。 恐らくは残り500Gほどがボーダーラインとなっていると思いますが、一部でその法則に当てはまらないような挙動も見られるので、ひょっとしたら「有利区間残り〇〇〇Gで終了」という振り分けがあるのかも?なんて思ったりもしています。 あとはこれがある意味一番ありそう(台を作る側としては作りやすそう)なのが、有利区間リセット時にその後の挙動がシナリオとして全て決められてるのではないかという説。 例えば前の項目で例示した有利区間連チャン挙動を再び例にするなら <有利区間リセット> [235G]白鯨攻略戦/勝利/AT327枚獲得 <有利区間継続>[129G]直撃AT453枚獲得 <有利区間継続>[494G]白鯨攻略戦/勝利/AT471枚獲得 <有利区間リセット> 最初の有利区間リセット時に、「235G白鯨攻略戦」「129G直撃AT」「494G白鯨攻略戦」といった挙動がすべて決められているのではないかという話です。 この説を採用すると、「残り有利区間G数が500G以下で終了」という挙動も予め大体そのような事になるようにセットされているという事で納得できますし、更には数件存在する例外(自分の計算だと残り500G以下になってると思うのに何故か有利区間が継続したように見えたパターンなど)に対する説明としても非常にシンプルです。 もちろん例外として、途中のATで有利区間を枚数的に完走してしまったようなケースでは強制終了という事になるんでしょうけどね。 有利区間連チャンに関する個人的な見解と実戦上の認識まとめ 現状としては、自分はシナリオ説がシックリくる感じですが、残り有利区間ゲーム数を参照してその都度抽選している可能性も十分にあるとは思います。 というか、両者は実際に打っている人間からすると然程問題にはならないというか、大体同じような考え方で接する事になります。 自分の実戦上では、一度「有利区間連チャン」に突入した場合、トータルの有利区間消化数が1000G以内の時は大体有利区間がさらに継続する挙動をみせているので、仮にシナリオ式だったとしても、大凡そのような挙動をするようにあらかじめ作られているのでしょうから、結果的に目指すべき挙動(期待する挙動)は同じとも言えます。 ただもし、残り有利区間ゲーム数を参照してその都度有利区間継続or終了を判断しているのだとしたら、際どいゲーム数の時なんかは、「早く当たれ!そうすれば有利区間内でもう一周できる!」とか、「このATを上乗せなしで駆け抜ければ有利区間内でもう一周できる…」といったような力の入れ所はあるのかもしれませんけど。 とりあえずザックリとまとめると… 設定6の有利区間連チャン挙動は大体、残り有利区間ゲーム数が500G以下の状態で白鯨攻略戦orATの終了を迎えた時に終わっている(枚数が沢山出た時も終わるかも) という感じでしょうか。 あくまでもこういった挙動が多かったというだけで、例外も存在する点は強調しておきます。 解析が出ていない事での楽しみ それにしても、リゼロぐらい盛り上がった機種であれば解析情報は出てこない方が良いんじゃないかと言うぐらい、個人的には中身を想像するのもリゼロを打っている上での楽しみの一つとなっています。 そう言える理由の一つが、リゼロは高設定が特徴的なスランプグラフを形成する=設定6が分かりやすいという認識があるからなんでしょうけどね。 ただ実はそこには罠もあって、設定6は丸わかりと言われているこの『有利区間連チャン挙動』は、実は設定6だけのものではないという点に関しては注意が必要なんですが。 特に設定5は恐らく設定6にかなり近い挙動を示すはずですから(ちょっとA天に行きやすい設定6ぐらいの感じ)、今後設定5が猛威を振るいそうな気がしてならない(店によってはすでにそうなっていると思いますが)のが悩ましい所でもあります。 そんな事を想像しながら楽しめるのも、リゼロ人気を下支えしている要因の一つかも?なんて思ったりする今日この頃なのでした。

次の

スロットの有利区間とは何?【意味・特徴・狙い目】を徹底的に解説!

リゼロ 有利区間

1G回して奇跡的に高設定演出である456円おつりでないかな〜 と思っていたところ・・・ 開始1ゲームで弱チェリーを引きました! ネットで コンビニステージレア役はアツいという情報をみたことがあったので、とりあえず温泉ステージ終了後のカードレアリティチェックまで回すことに。 カードレアリティチェックで出てきたのが上記画像「SSR」でした。 50Gで前兆演出発生 打ち続けると50G前後で前兆演出発生。 150G以内の前兆発生は高モード示唆となっており、高確率で250Gのゾーン以内に白鯨攻略戦に突入します! ゼロからルーレットから出てきたものは? 何度か異世界体操に突入し、ギリギリで1000ポイント達成。 でもなんとか頑張り、白鯨攻略戦をクリアしてAT突入に成功! AT中は鬼アツあり〜の 巨大びっくりマークあり〜ので1000枚ちょいのメダルを獲得! その後は有利区間リセットを確認し、即ヤメしました。 【考察】コンビニステージでのレア役は熱いのか? リゼロは解析情報が出揃っていないようなのですが、twitterやブログを見る限り、 コンビニステージでのレア役はモード・撃破率優遇となっているようです。 しかし高モード確定という訳ではないので、 時にはモードA天井までハマリ、ATに当選しないこともあるようです。 ネット情報・自身の経験からいうと コンビニステージでのレア役は現時点では次回白鯨攻略まで続行するべきという結論なのですが、 1点気になることが・・・ それは コンビニステージは非有利区間 であることです。 ハーデス2なんかは第三ボタンを離した後に有利区間ランプの点灯するのですが、リゼロはコンビニステージで「セット完了」と出たゲームのレバオン時から有利区間ランプが点灯します。 非有利区間でのレア役でモード抽選って現在の規定で有りなんでしょうかね? たしか6号機は5.9号機と違い 有利区間に突入した際の有利区間ランプ点灯は任意、つまり 点灯させても点灯させなくても大丈夫らしいので消灯していても有利区間中の可能性はありますね。 ゼロから体操9回、中盤ではステージも夜になるなど結構熱い場面が見られました。 収支はマイナスでしたが、コンビニ非経由だったので継続。 王選の演出や60Gでの発展等から完走に至りました。

次の