トリック ルーム。 【ポケモン剣盾】シングルバトルにおける「トリックルーム」が難しすぎる件について 実質動けるターンが3ターンしか無い・・・

【ポケモン剣盾】トリックルームを使いこなすために

トリック ルーム

初めまして。 とっきーと申します。 剣盾シーズン2おつかれさまでした。 かわいいをパーティにいれて、最終順位が539位という結果を出すことができました。 誰かの参考になればと思い、構築記事を書いてみることにしました。 【構築経緯】 ウオノラゴンの鉢巻エラがみの高火力を押し付けてイーウィンをしやすいようなパーティにしようと考えた。 そのために、といやしのねがいが使え、切り返しができるを採用。 また、ダイジェットが使えてバトンタッチでSを引き継げるを採用。 ここで、がっぽい動きをしているので、的な炎枠と鋼枠が欲しくなり、とジュラルドンを採用。 最後に対や水技無効特性を持つに対する対抗策としてを採用しパーティが完成しました。 を使う関係で最速の必要がありません。 しかし、通常時も早い方が良いので、最速を抜けるように調整しました。 はエラがみを使いづらい時に、は壁破壊や他の技が使いづらい時に使っていました。 はックスをしたときに相手のSを下げるために採用しました。 使う機会はそこそこあったので、アリだと思います。 大抵の攻撃は一発は耐えてくれるが、二発は耐えない。 死に出しすることが多かったように思う。 カシブのみはドラパルトやが環境に多いので、ゴースト技を耐えてくれるように持たせた。 主な仕事は、して、いやしのねがいをして、消耗した仲間を復活させることです。 状況次第では、からサイキネを打って様子をみたり、で回復しながら粘ってみたりと、器用な動きができました。 使用してみて一番意外だったのは火力が無振りでもそこそこ出る点です。 相手のパーティ次第ですが、ックスして、サイコフィールドを貼りながらダイサイコでフィニッシャーとして活躍した試合がいくつかありました。 もともと、この枠はだったが、対にそこまで性能を発揮せず、また、がこのパーティに刺さっていたので、それに対するとして採用された。 持ちなので一撃技も怖くない。 また、との連携もハマり、中のエースとしても大活躍した。 ックスエースです。 ダイジェットして上昇したSを後続に引き継ぐのが仕事です。 ックス時に急所に当たったときの火力は凄まじいものがあり、だけで相手のパーティが半壊することがよくありました。 先発で出して、すぐさまダイジェットすることが多かったです。 「50%急所って弱そうだな」と思っていましたが、使ってみたら純粋に強いでした。 強者のの型を採用しました。 じならしを採用したのが異なる部分です。 これによってSを下げながら、次のターンに上から攻撃できるようになりました。 に対して、化けの皮を剝がしながらSを下げる動きは強かったです。 耐久もあり、使いやすかったです。 ( 他人の調整パクってばっかだな) 強者のジュラルドンの型を採用しました。 異なる部分はCの数値を少し下げて、Sに振りました。 (Dはあまり) これによって、Sが+1で最速が抜けるように調整しました。 のじならしとも相性がよかったです。 みがわりは、や、といったに刺さりやすく戦術を有利に運ぶ意味で使える技でした。 ウオノラゴンが物理のエースなら、ジュラルドンは特殊のエースだ! …と思って採用しましたが、環境のの多さや、と鋼枠が重複しているのであまり選出できませんでした。 ただ、対害悪に対しては十分な働きを見せてくれました。 選出率:6位(約25%) 【選出】 基本的に先発で出すのは、 、 、 ウオノラゴンのどれか。 どのを相手パーティに一貫させたいか、ということを考えて選出していた。 例えば、ウオノラゴンが刺さっていると思えば、先発(ックスでSをあげてバトンタッチ)+ウオノラゴン+(消耗したウオノラゴンを回復させる) のような並びになっていた。 これといって選出が決まっていたわけではないが ドラパルト の対面構築のパーティには、 ジュラルドンを出すと決めていた。 まず初手のドラパルトには、がックスして、ダイジェット+ダイフェアリーで倒す。 (初手ダイフェアリーは弱点保険を発動させて負けになる) 次に、出るはどっちでもよくて、が一発殴ってから、を出してorを使って倒す流れになります。 対はじならしを入れるとさらにいいです。 ジュラルドンはおまけみたいなものです。 (念のため対として持っていく。 ) 【辛かった】 こいつをどう処理するかが、勝負のすべてを決める。 が相手にいるだけでウオノラゴンを出しづらくなり、も貴重なックスターンを1つ消費する。 だけが後出しで上手く処理できる感じです。 出し負けしたら、終わり。 のいかくでごまかすか、が上から殴れるような状態にしておくのが対処法だと思われます。 のでんじはを当てるのが現実的かも。 の申し子。 ウオノラゴンならHB特化でも半分は削れますが、トーチカ持ちだと、ウオノラゴンに対する消耗が激しくなります。 こいつに対してはジュラルドンでみがわりして、を視野に入れた対応をするしかありませんでした。 【まとめ】 シーズンといわれたシーズン2でしたが、このパーティはで勝負が決まることが少なかったです。 個人的にはサクサク対戦ができて心地よかったです。 いやしのねがいの仕様変更など、知っておかなくてはならないことも多かったですが、いやしのねがいとかバトンタッチとかの動きがハマったときはとても愉快でした。 ただ、が初手ックスする影響で、相手の動きを後半止められなくなるケースが多々あり、それが負けにつながることが多かったのが反省点です。 来期もこのパーティを洗練させていくかは分かりませんが、最終2桁順位をめざしてがんばっていきたいと思います。 ご覧いただきありがとうございました。 tokkypoke.

次の

【ポケモン剣盾】シングルバトルにおける「トリックルーム」が難しすぎる件について 実質動けるターンが3ターンしか無い・・・

トリック ルーム

初めまして。 とっきーと申します。 剣盾シーズン2おつかれさまでした。 かわいいをパーティにいれて、最終順位が539位という結果を出すことができました。 誰かの参考になればと思い、構築記事を書いてみることにしました。 【構築経緯】 ウオノラゴンの鉢巻エラがみの高火力を押し付けてイーウィンをしやすいようなパーティにしようと考えた。 そのために、といやしのねがいが使え、切り返しができるを採用。 また、ダイジェットが使えてバトンタッチでSを引き継げるを採用。 ここで、がっぽい動きをしているので、的な炎枠と鋼枠が欲しくなり、とジュラルドンを採用。 最後に対や水技無効特性を持つに対する対抗策としてを採用しパーティが完成しました。 を使う関係で最速の必要がありません。 しかし、通常時も早い方が良いので、最速を抜けるように調整しました。 はエラがみを使いづらい時に、は壁破壊や他の技が使いづらい時に使っていました。 はックスをしたときに相手のSを下げるために採用しました。 使う機会はそこそこあったので、アリだと思います。 大抵の攻撃は一発は耐えてくれるが、二発は耐えない。 死に出しすることが多かったように思う。 カシブのみはドラパルトやが環境に多いので、ゴースト技を耐えてくれるように持たせた。 主な仕事は、して、いやしのねがいをして、消耗した仲間を復活させることです。 状況次第では、からサイキネを打って様子をみたり、で回復しながら粘ってみたりと、器用な動きができました。 使用してみて一番意外だったのは火力が無振りでもそこそこ出る点です。 相手のパーティ次第ですが、ックスして、サイコフィールドを貼りながらダイサイコでフィニッシャーとして活躍した試合がいくつかありました。 もともと、この枠はだったが、対にそこまで性能を発揮せず、また、がこのパーティに刺さっていたので、それに対するとして採用された。 持ちなので一撃技も怖くない。 また、との連携もハマり、中のエースとしても大活躍した。 ックスエースです。 ダイジェットして上昇したSを後続に引き継ぐのが仕事です。 ックス時に急所に当たったときの火力は凄まじいものがあり、だけで相手のパーティが半壊することがよくありました。 先発で出して、すぐさまダイジェットすることが多かったです。 「50%急所って弱そうだな」と思っていましたが、使ってみたら純粋に強いでした。 強者のの型を採用しました。 じならしを採用したのが異なる部分です。 これによってSを下げながら、次のターンに上から攻撃できるようになりました。 に対して、化けの皮を剝がしながらSを下げる動きは強かったです。 耐久もあり、使いやすかったです。 ( 他人の調整パクってばっかだな) 強者のジュラルドンの型を採用しました。 異なる部分はCの数値を少し下げて、Sに振りました。 (Dはあまり) これによって、Sが+1で最速が抜けるように調整しました。 のじならしとも相性がよかったです。 みがわりは、や、といったに刺さりやすく戦術を有利に運ぶ意味で使える技でした。 ウオノラゴンが物理のエースなら、ジュラルドンは特殊のエースだ! …と思って採用しましたが、環境のの多さや、と鋼枠が重複しているのであまり選出できませんでした。 ただ、対害悪に対しては十分な働きを見せてくれました。 選出率:6位(約25%) 【選出】 基本的に先発で出すのは、 、 、 ウオノラゴンのどれか。 どのを相手パーティに一貫させたいか、ということを考えて選出していた。 例えば、ウオノラゴンが刺さっていると思えば、先発(ックスでSをあげてバトンタッチ)+ウオノラゴン+(消耗したウオノラゴンを回復させる) のような並びになっていた。 これといって選出が決まっていたわけではないが ドラパルト の対面構築のパーティには、 ジュラルドンを出すと決めていた。 まず初手のドラパルトには、がックスして、ダイジェット+ダイフェアリーで倒す。 (初手ダイフェアリーは弱点保険を発動させて負けになる) 次に、出るはどっちでもよくて、が一発殴ってから、を出してorを使って倒す流れになります。 対はじならしを入れるとさらにいいです。 ジュラルドンはおまけみたいなものです。 (念のため対として持っていく。 ) 【辛かった】 こいつをどう処理するかが、勝負のすべてを決める。 が相手にいるだけでウオノラゴンを出しづらくなり、も貴重なックスターンを1つ消費する。 だけが後出しで上手く処理できる感じです。 出し負けしたら、終わり。 のいかくでごまかすか、が上から殴れるような状態にしておくのが対処法だと思われます。 のでんじはを当てるのが現実的かも。 の申し子。 ウオノラゴンならHB特化でも半分は削れますが、トーチカ持ちだと、ウオノラゴンに対する消耗が激しくなります。 こいつに対してはジュラルドンでみがわりして、を視野に入れた対応をするしかありませんでした。 【まとめ】 シーズンといわれたシーズン2でしたが、このパーティはで勝負が決まることが少なかったです。 個人的にはサクサク対戦ができて心地よかったです。 いやしのねがいの仕様変更など、知っておかなくてはならないことも多かったですが、いやしのねがいとかバトンタッチとかの動きがハマったときはとても愉快でした。 ただ、が初手ックスする影響で、相手の動きを後半止められなくなるケースが多々あり、それが負けにつながることが多かったのが反省点です。 来期もこのパーティを洗練させていくかは分かりませんが、最終2桁順位をめざしてがんばっていきたいと思います。 ご覧いただきありがとうございました。 tokkypoke.

次の

トリックルーム

トリック ルーム

説明文 たたかうわざ ・・ まかふしぎな くうかんを つくる。 5ターンの あいだ うごきの おそい ポケモンから こうげきできる。 漢字 まか不思議な 空間を つくる。 5ターンの あいだ 遅い ポケモンから 行動できる。 ・ まかふしぎな くうかんを つくる。 5ターンの あいだ うごきの おそい ポケモンから こうげきできる。 漢字 まか不思議な 空間を つくる。 5ターンの 間 遅い ポケモンから 行動できる。 コンテストわざ つぎの ターンで じゅんばんが ランダムに なる。 対戦などでよく用いられる技の1つ。 これを軸に組まれたパーティをと呼ぶ。 は-7と一番低いので、主にや、が有効。 ただしのポケモンはこれらを受け付けずにトリックルームを使うことができる。 で相手のトリックルームを制限する目的でトリックルームが採用されることもある。 ポケモンのすばやさが変わるわけではないので、の威力はそのまま。 におけるトリックルーム 攻撃技となっている。 場に自分のスタジアムがあればダメージを追加し、場に相手のスタジアムがあれば自分が回復するという効果がある。 におけるトリックルーム フロアにいるポケモン全てを鈍足状態もしくは倍速状態にする。 どちらに傾くかは完全にランダムという運任せな技。 フロアにいる居眠りしているポケモンまで起こしてしまうので注意。 運が良ければ自分が倍速、敵が鈍足というラッキーな状況を作り出せるが、やを使用した方が安定する。 敵ではがレベル1ダンジョンで使用する。 におけるトリックルーム ポケモン エフェクト 使用者 初出話 備考 青い壁が張られた空間を作り出す。 白と黒の壁が張られた空間を作り出す。 -7は全ての技の中で一番低い。 効果の詳細はも参照。 では、すばやさ1809以上のポケモンはトリックルームの影響を受けないバグが存在する。 2007年全国大会の優勝者はジュニア、シニア2部門ともトリパの使い手であった。 各言語版での名称 言語 名前 トリックルーム Trick Room Bizarroraum Distorsion Distortozona Espacio Raro 트릭룸 戏法空间 Trick Room 関連項目•

次の