ナカノ ヒトゲノム カリン。 ナカノヒトゲノム【実況中】

ナカノヒトゲノム【実況中】

ナカノ ヒトゲノム カリン

ナカノヒトゲノム【妄想中】 もし8話でカリンに起こされたのがヒミコだったら…? カリン(以下カ)「…起きて…ヒミコちゃん…」 ヒミコ(以下ヒ)「…カリンさん、どうしたんですか?」 薄目を開けるヒミコに、カリンは言いにくそうに告げる。 カ「…トイレいきたいの。 ほら、ふ、二人一組で行動しなきゃいけないでしょ? ついてきてもらっていいかな…?」 ヒ「わかりました(カリンさんきっと怖いんですね…)」 月明かりだけをたよりに、タワーの廊下を歩いていく。 マンイーターの切れ端を踏むたびにカリンが「ひぃっ」と声をあげるのを、ヒミコが生暖かい目で見守りつつ目的地に到着した。 ヒ「じゃあ私はここで待っていますね」 そう言うと、ヒミコは女子トイレの入り口で立ち止まった。 カリンはなにか言いたげな表情になりながらも、黙ってうなずいてトイレに向かう。 しかし2、3歩歩いたところで立ち止まってヒミコの方へ振り返り、 カ「ヒ、ヒミコちゃん、絶対そこにいてね。 なにがあってもそこから動いちゃダメよ?」 ヒ「はい、ちゃんと待ってますよ」 カ「敵の親玉っぽい影が見えても、死んだはずの親友の幻覚が見えても、絶対絶対離れちゃダメよ? あと、突如現れたミミクリー・マンイーターの奇行種に攫われるのもナシね?」 ヒ「あらゆる漫画的お約束展開は禁止ということでしょうか…」 カ「わ、私は夜のトイレくらい怖くないんだけど、ヒミコちゃんの安全のために大事なことだと思って。 なんなら個室の前で待つ?」 ヒ「ありがとうございます。 いざという時のために武器も携帯しているので大丈夫です。 ここにいるので安心してくださいね」 ニコッと笑ったヒミコの腰には閃光弾が揺れている。 カリンは捨てられた子犬のような目をしながら、トイレの個室へと向かった。 そしてビクビクしながらも用を足し、個室のドアを開けようとしたその時、 カ「あっ、開かない…!! 」 ガタガタと揺らすが、ドアはいっこうに開かない。 恐怖と焦りで変な汗がにじむ。 カ「ヒっ、ヒミコちゃんー!! ドアが開かないの…!! ちょっと来てー!! 」 ヒ「カリンさん、大丈夫ですか?」 すぐにドアの向こう側からヒミコの声が聞こえた。 しかしながらカリンは恐怖でパニック状態だ。 カ「ドアが…!! ドアあわわわわ」 ヒ「カリンさん落ち着いてください」 カ「ままままさか心霊現象じゃないわよね? トトトトトイレの幽霊なんてそんなベタな」 ヒ「これ以上やるとドアがはずれてしまいま…」 バキッ!! ドターン!!!! カ「ひぃいいっ!! 」 ドアがはずれ、カリンはドアごと外に倒れた。 驚きで放心していると、頭上から心配そうなヒミコの声が聞こえた。 ヒ「カリンさん、大丈夫ですか?」 カ「ヒ、ヒミコちゃん…」 ヒ「すごい音がしたので入ってきたら、カリンさんが倒れていたので。 ドアが開かないとカリンが助けを求めたら、確かにヒミコはドアの向こう側に来てくれたはずだ。 とすると、本来ならドアとカリンの下敷きになっていてもおかしくない。 ヒ「カ、カリンさん!? 大丈夫ですか? カリンさーん!! 」 その後泡を吹いて倒れたカリンを、ヒミコが部屋まで担いで帰ったそうです。

次の

ナカノヒトゲノム【実況中】 更屋敷カリン コスプレ衣装 フルオーダー [3589]

ナカノ ヒトゲノム カリン

ナカノヒトゲノム【妄想中】 もし8話でカリンに起こされたのがヒミコだったら…? カリン(以下カ)「…起きて…ヒミコちゃん…」 ヒミコ(以下ヒ)「…カリンさん、どうしたんですか?」 薄目を開けるヒミコに、カリンは言いにくそうに告げる。 カ「…トイレいきたいの。 ほら、ふ、二人一組で行動しなきゃいけないでしょ? ついてきてもらっていいかな…?」 ヒ「わかりました(カリンさんきっと怖いんですね…)」 月明かりだけをたよりに、タワーの廊下を歩いていく。 マンイーターの切れ端を踏むたびにカリンが「ひぃっ」と声をあげるのを、ヒミコが生暖かい目で見守りつつ目的地に到着した。 ヒ「じゃあ私はここで待っていますね」 そう言うと、ヒミコは女子トイレの入り口で立ち止まった。 カリンはなにか言いたげな表情になりながらも、黙ってうなずいてトイレに向かう。 しかし2、3歩歩いたところで立ち止まってヒミコの方へ振り返り、 カ「ヒ、ヒミコちゃん、絶対そこにいてね。 なにがあってもそこから動いちゃダメよ?」 ヒ「はい、ちゃんと待ってますよ」 カ「敵の親玉っぽい影が見えても、死んだはずの親友の幻覚が見えても、絶対絶対離れちゃダメよ? あと、突如現れたミミクリー・マンイーターの奇行種に攫われるのもナシね?」 ヒ「あらゆる漫画的お約束展開は禁止ということでしょうか…」 カ「わ、私は夜のトイレくらい怖くないんだけど、ヒミコちゃんの安全のために大事なことだと思って。 なんなら個室の前で待つ?」 ヒ「ありがとうございます。 いざという時のために武器も携帯しているので大丈夫です。 ここにいるので安心してくださいね」 ニコッと笑ったヒミコの腰には閃光弾が揺れている。 カリンは捨てられた子犬のような目をしながら、トイレの個室へと向かった。 そしてビクビクしながらも用を足し、個室のドアを開けようとしたその時、 カ「あっ、開かない…!! 」 ガタガタと揺らすが、ドアはいっこうに開かない。 恐怖と焦りで変な汗がにじむ。 カ「ヒっ、ヒミコちゃんー!! ドアが開かないの…!! ちょっと来てー!! 」 ヒ「カリンさん、大丈夫ですか?」 すぐにドアの向こう側からヒミコの声が聞こえた。 しかしながらカリンは恐怖でパニック状態だ。 カ「ドアが…!! ドアあわわわわ」 ヒ「カリンさん落ち着いてください」 カ「ままままさか心霊現象じゃないわよね? トトトトトイレの幽霊なんてそんなベタな」 ヒ「これ以上やるとドアがはずれてしまいま…」 バキッ!! ドターン!!!! カ「ひぃいいっ!! 」 ドアがはずれ、カリンはドアごと外に倒れた。 驚きで放心していると、頭上から心配そうなヒミコの声が聞こえた。 ヒ「カリンさん、大丈夫ですか?」 カ「ヒ、ヒミコちゃん…」 ヒ「すごい音がしたので入ってきたら、カリンさんが倒れていたので。 ドアが開かないとカリンが助けを求めたら、確かにヒミコはドアの向こう側に来てくれたはずだ。 とすると、本来ならドアとカリンの下敷きになっていてもおかしくない。 ヒ「カ、カリンさん!? 大丈夫ですか? カリンさーん!! 」 その後泡を吹いて倒れたカリンを、ヒミコが部屋まで担いで帰ったそうです。

次の

【ナカノヒトゲノム】カリン「なんでここにアカツキが!?」【実況中】|エレファント速報:SSまとめブログ

ナカノ ヒトゲノム カリン

画像一覧 第2話「BORN THIS WAY」 露天風呂入浴中、カリンに接近するユズ。 「ボクはね、コンプリートマニアなのさ。 気に入った相手のことは、全て知りたい。 キミにも興味がある」 「い…幾ら女同士でも、この距離は、ちょっと…おか、おかしい…!」 「フフッ…ボク、女だなんて一言も言ってないよ?」 「嘘ッ!?…だって、付いてるし…付いてないし…」 「アハハハッ!御免御免、冗談だ。 ハハハッ」 「見たまえ。 今のでカウンター、かなり回ったようだぜ?」 「こ、ここも見られてるんですか!?」 第3話「CLUMSY PRETENDER」 ユズに抱きつかれ、困惑するカリン。 「な…何ですか?」 「カリリンを合言葉にしよう。 皆、何を連想する?」 第5話「DUSK AND DAWN」 檻からの脱出を試みるカリン。 しかし、巨乳と尻が柵に挟まり、抜け出せない。 「んっ…むうう…」 「いいわよ、笑いなさいよ!」 「いや、笑えませんよ」 第6話「ERASE MY REALITY」 ユズに抱きつかれるカリン。 「カーリリーン!」 「うひゃあああんっ!?」 「もう、やめてくださいよ!」 「う~ん、つれないなぁ。 やっと、二人きりだぜ?」 「もう…いいです、そういうのは…」 カリンを見つめ、顔を近付けるユズ。 「君たちは既に選ばれたんだ。 だからさ…少し唾液をくれないか?」 第8話「GLIMPSE OF ADULTHOOD」 露天風呂入浴中・裸バスタオル姿のカリンとユズ。 ユズに体を触られ、悶えるカリン。 「擽ったいんです!もう、変な触り方ばっかして…」 「すすすすす~」(イヤらしい手つき) 「やっ…イヤだっ…やめっ…!」 「あ、あの…ち、近いです…」 「深く付き合わないと、分からない事ってあるからね」 「ほれほれ~」 「ひゃうっ!?そんなところ、ダメぇ!」 先に入浴していた男子たちを発見するカリン。 「あっ…」 「何してんの…?」(張眉怒目) ぼい~ん(おっぱいボインボイン) 「無駄にでけぇ…」 「無駄って何よーッ!?こンのーッ!」(激怒) 「やー…怒るとこ、そこかにゃ?」 男子たちを追い回すカリン。 しかし激しい動きにより、バスタオルが脱げてしまう。 「逃げるなーッ!」 ハラリ(バスタオル落下) 「あっ」 ドガッ!ボガッ!ズガーンッ!(破壊音) 「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛ーッ!!」(阿鼻叫喚) 特別編「KNOTS OF MEMORIES」(未放送回) プールで水着姿のカリン/ユズ/ヒミコ。 人物一覧• 更屋敷 カリン(さらやしき カリン)• 路々森 ユズ(ろろもり ユズ)• 伊奈葉 ヒミコ(いなば ヒミコ).

次の