足の付け根 おでき。 脚の付け根に芯のあるできものが出来ます。

おでき痛い、化膿を治したい。原因と対処法

足の付け根 おでき

おできは顔にできやすいですが、体のほかの部位にできることもあります。 できる場所や頻度によっては「なにかわるい病気なの?」と心配になってしまうこともありますよね。 そういった場所のひとつが、足のつけ根です。 おできのような湿疹や膿瘍(のうよう)がくりかえしできたり、ゴリゴリとしたかたまりのようなものがある場合もあります。 足の付け根にできるこれらのものは、いったいなにが原因なのでしょうか。 細菌感染によるもの 足のつけ根は、下着がこすれやすい場所です。 こすれることで、刺激を受けたお肌に細菌が入り込み、毛穴に炎症をおこしているということが考えられます。 これは毛包炎という病気です。 さらに、肌の深部や周辺まで感染が広がると、痛みが強くなったり膿が出たりします。 体質によってできやすい、繰り返しやすい場合があるようです。 粉瘤(ふんりゅう) 表皮の下に袋状のものができ、本来、そこに外に脱落するはずの皮脂や角質がたまってしまい、おできのようになるものです。 中には、臭いのつよい粥状の内容物が入っています。 痛みは無い場合も多いですが、化膿すると痛みを生じることがあります。 リンパ節の腫れ 体内で何らかの炎症が起きていることなどにより、リンパ節が腫れている場合があります。 押すと弾力があり、コロコロと動きます。 足のつけ根にあるリンパ節は体表に近く、腫れていると気づきやすいようです。 体の自然の反応であり、多くの場合さほど心配はいらないようです。 以上のようなものが原因としては多いのですが、これ以外にもすぐに病院に行った方がよい病気である可能性もあります。 治りにくい、痛みが強い、他にも体調が思わしくないところがある、などの症状があれば病院へ行くことも検討してみましょう。 足の付け根におでき!?正体は脂肪腫かも? 足の付け根に、おできのようなかたまりができていたことはありますか? その場合、さまざまな原因が考えられますが、「脂肪腫(しぼうしゅ)」である場合も多いようです。 「腫」となると、「腫瘍?もしかして悪性なの?!」と心配になりますよね。 ですが、多くは良性であるようです。 脂肪腫について見ていきましょう。 皮膚の下にできるため、表面は通常の皮膚と変わらないように見えます。 首や肩、背中やおしり周辺にできやすいようです。 太ももにできるものでは、皮膚の下ではなく筋肉の中にできることも多いようです。 1個だけできることがほとんどですが、人によっては複数できることもあります。 大きさは、おできのように小さいものから10cmを超える大きいものまで様々です。 大きさは変化しないことが多いですが、長期間存在し続けていると徐々に大きくなっていることもあります。 痛みや体を動かすことへの支障が出ることは、あまりないようです。 見た目が気になる場合は切除することも可能です。 小さいうちに手術しておいたほうが、傷跡も小さく目立たないようにできるでしょう。 小さいうちは手術も短時間で、入院なしの日帰りでできます。 大きさが極端に大きかったり、どんどん大きくなっているようであれば、その腫瘍について詳しく検査したほうがよいでしょう。 まれに悪性腫瘍であるケースも存在するためです。 はっきりした原因はわかっていないようですが、染色体の異常が関係しているとみられています。 もし脂肪腫かな?と思ったら、皮膚科や形成外科を受診するとよいでしょう。 お尻のおでき、お風呂や温水プールが原因である場合も!? お尻にできたおできに悩んでいる人、もしかしたらそれはお風呂や温水プールが原因となっているかもしれません。 お尻にできるおできで多いのは「毛包炎」やそれがさらに悪化したようなものである「せつ」「よう」です。 毛包炎ではプツプツとニキビのような湿疹ができますが、温水に繁殖した菌によってこれができる場合があります。 毛包とは、一般的には毛穴と呼ばれている部分のことです。 原因となる菌のほとんどが「黄色ブドウ球菌」ですが、「緑膿菌」によって発症することもあります。 緑膿菌は淡水や海水、土壌など自然界のあらゆるところに生息しており、40度から42度くらいの温度を好みよく繁殖します。 ちょうどお風呂に適した温度ですね。 よく塩素消毒されていないジャグジーや浴槽、温水プールなどに入ったことが原因で細菌が入り込み、毛包炎となることがあります。 これを「緑膿菌性毛包炎」といい、「温浴毛包炎」や「温水プール皮膚炎」などと呼ばれることもあります。 感染後、5・6日ほど経ってからブツブツが出るなどの症状が現れ始めます。 肌に緑膿菌が付着したところに、水着で肌がこすれて細かい傷がつき、菌がそこから侵入しやすくなるためです。 また、自宅のお風呂であっても、何日も浴槽の水を取り替えずに追い炊きを繰り返していると緑膿菌が繁殖し、浴室内にある体を洗うタオルなどに付着し、それで体をゴシゴシこすって洗うことで、菌が入り込むこともあります。 浴室を清潔に保つようにしましょう。 感染したとしても、1週間ほどで自然に治ることが多いようではあります。 もしいじりすぎて悪化したり、治る気配が無いようであれば皮膚科を受診するとよいでしょう。 Photo by: ).

次の

痛みを伴う足の付け根のしこりの解決法|◁◁ P A R U P U N T E ▷▷

足の付け根 おでき

関節や腱などには、曲げたり伸びたりといった行動をしやすくするための潤滑油みたいなものがあります。 これを 「滑液」と言ったりするんですが、この滑液をつくる細胞が何らかの異常で粘液をつくります。 それが関節を包んでいる袋に溜まっていき、やがては袋状に膨らんでしまいます。 このようになっています。 しかし ガングリオンの原因はいまだよく分かっていません。 結局、粘液が溜まった袋が大きくなることでなるってのは分かっているんですが、 肝心要の原因が分かっていません。 これがガングリオンの現状です。 特徴 ガングリオンの特徴は2cm~3cm程度の骨のようなしこりが色んな部分にできることです。 できる場所は足、指、手首の付け根、手の甲、膝、足首、耳の裏のようなところが多いようです。 が、割とどこにでもできる傾向があって、中には足の裏にガングリオンができてしまった人もいます。 そして、ガングリオンの内容物なんですが、先程言った関節の潤滑油の役割をした「滑液」だったりヒアルロン酸が含まれていたりします。 そのため、色は薄い黄色をしており、状態に関してはゼリー状をしています。 でも安心して良いのは基本的にこのガングリオン、 腫瘍ではあるんですが「良性の腫瘍」だということです。 なので、実際は命にかかわるってことは全くないので安心してください。 そのまま放っておく。 病院で診てもらう。 この二つに分かれてきます。 先程も言った通りガングリオンというのは良性の腫瘍です。 ということは命に別状はないので、基本は放置していても大丈夫だということになります。 しかし! ここからが重要です。 別に放置でも構わないんですが、それは痛みのないガングリオンであったり、サイズがある程度小さくて別に大きくもならないようなガングリオンに限っての話です! つまり、痛みがあったり痺れがある。 また、だんだんと大きくなっていくようなガングリオンの場合には 確実に病院で診てもらった方が良いと言えるでしょう。 ガングリオン自体には痛みはないんですが、それが神経を圧迫したり、また血管を圧迫することで痛みや痺れが出てしまうんです。 放っておいたら大変なことに成りかねません。 でも、何科を受診すれば良いの? でもこのガングリオン、幾分謎なので一体どこの科を受診したら良いのかとか何げに迷ってしまうこともあることでしょう。 しかしまずは 「整形外科」こちらを受診するのが確実かと思います。 別に皮膚科でも診てもらえますが、整形外科の方が良いでしょう。 もっと言えば、外科にも手を専門に扱っているような外科もあります。 なので、一番安心して通うのであれば、こういった手を専門分野としている。 もしくは手を専門分野として含んでいるような整形外科がおすすめです! 治療はどうやってやる? photo credit: これは薬によってガングリオンの内容物を他に散らしてあげるという治療法です。 耳の後ろのリンパにガングリオンができてしまい、手術によってなかなかやりづらい。 このような場合に関してこういった薬が使われたりします。 ただ、周りに散らすだけなので再発や移動の可能性があります。 なので、散らせば良いってもんでもないんですが、化膿止めや抗生物質で治し 「再発のことなんかすっかり忘れていた」なんて人もいます。 レーザー治療 レーザーによる治療です。 レーザー治療の良いところは痕が残らずに治せるという点です。 再発も少なくて済むという点も良いところだと言えます。 ただ、こちらは何回もレーザーの照射を行う必要があるので、 1ヶ月~2ヶ月程度は通院することになるでしょう。 結局のところは! で、結局どうしたら良いのよ! って感じだと思うんですが、痛みや痺れがなく、大きさもかなり小さいとなれば別に放置していても構いませんと最初の方で言いました。 しかし、 取り敢えず整形外科に行ってください! これが最も良い方法です。 というのも素人判断で勝手にガングリオンだと判断してしまうのが一番危ういからです。 実際にガングリオンと似たものとして、脂肪腫やアテローム、軟部腫瘍、だなんてこともあったりします。 まずはガングリオンかどうかのチェックをしてもらって、そこから医師の判断で放置して様子を見るのか、穿刺治療をするのか、手術で除去した方が良いのかを決めるのが一番です。 なので 「ガングリオンかな?」なんて思ったらまずは整形外科です! 実際ガングリオンを自己判断で長期に渡り放置していたせいで、中身が固まってしまい穿刺治療するのに物凄い痛みが伴った。 みたいな人もいます。 「善は急げ」という教え通り、まずは何でも専門家に任せましょう。

次の

【大至急】股付近のできもの

足の付け根 おでき

【大至急】股付近のできもの 股にできもの 足の付け根の場所というか膣の近くに出来物ができてとても痛いです。 土曜からふくれてきて、痛みを伴いし歩いて股がすれると痛いので婦人科兼皮膚科に行きました。 (かかりつけの婦人科で、皮膚科も同じ先生なので) 診察してもらい、膿を出すか、薬で様子をみるかどうするか聞かれ、薬で治るのならと思い(膿出すのはかなり痛いけどどうする?ともきかれたので)鎮痛剤と抗生物質、軟膏を処方されました。 もし、膿が出てきたらまた来てくださいと言われ帰りました。 薬を飲んで多少痛みはなくなりましたが、昨日の夜薬を塗ろうとしたら、膿が出ていてしまいました。 結構な量もでたので、腫れも少し治まったみたいです。 今日、病院に行きたいのですが、あいにくかかりつけの病院(最初に診察してもらい薬をもらった)は本日休診日なのでいけません。 このまま、明日まで様子をみて、かかりつけの病院に行くか、ほかの病院へ行くか迷っています。 もし、ほかの病院に行くなら何科でしょうか? 場所が場所だけにほかの病院に行くのが躊躇ってしまっています。 粉瘤 ふんりゅう ですか? 確かに場所が場所なので、婦人科に行きたいですが、 結局は皮膚科になると思います。 なので、かかりつけの病院はすごくいい組合せの病院だったってことですね。 今も痛みはひどいですか? 私なら明日かかりつけの病院に行きますね。 ちなみに、粉瘤は皮膚の下に袋が出来て、そこに老廃物が溜まって腫れます。 膿が出ても、結局袋は残ったままなので、何度も再発する可能性が高いです。 うちの旦那も足の付け根 玉袋と足の境辺り にでき、痛くて変な歩き方になってました。 切って袋を出したみたいですけど、相当痛かったみたいですよ。 でも、再発を考えたら切るっていう決断をしたみたいですけど。 出来る人は出来やすいみたいで、最近は脇の下にも出来たらしいです。 今日違う病院に行くにしても、明日かかりつけの病院に行くにしても、 切ることを検討した方がいいと思いますよ。

次の