クロスレイズ 最強機体。 【Gジェネ クロスレイズ】最強キャラ(パイロット)ランキング【ジージェネ クロスレイズ】

【Gジェネ クロスレイズ】最強キャラ(パイロット)ランキング【ジージェネ クロスレイズ】

クロスレイズ 最強機体

ジージェネクロスレイズとは?ゲーム内容を紹介! ジージェネレーションシリーズは ガンダムシリーズに登場するキャラクターや機体を抵頭身で表現したガンダムシミュレーションゲームです。 ストーリー構成は作品ごとに二分されており、シリーズごとに原作作品を再現した原作追体験型のシチュエーションツアーかオリジナルストーリーかのどちらかになります。 今作は4つのアナザーガンダムの世界をシナリオごとになぞる 原作追体験型。 ゲームシステムは入手したユニットとキャラを組み合わせたグループを操作し、マス目でできたマップを将棋やチェスのように 駒(ユニット)を駆使して、移動、戦闘、捕獲といった行動を行うターン制バトルです。 マップには地形があり、ユニットによって地形適正や移動範囲、射程距離などが違うため それぞれの長所を活かせる緻密な戦略が攻略のカギになります。 グループ編成はユニットとキャラを自由に組み合わせて行い、戦艦を中心とした従来通りの「戦艦グループ」とユニットのみで構成された「遊撃グループ」の2種類を駆使して戦います。 遊撃グループは、所属しているユニット同士で連携攻撃を行える「遊撃連携」を繰り出せる前作にはなかった新要素。 遊撃グループ この遊撃連携、本当に便利で爽快感があります。 遊撃グループのユニットならどんなに離れようが発動できるため、各地にエース級ユニットを展開させて複数の敵を撃破しまくってました(笑) 遊撃連携 他にも敵キャラクターが所有しているアビリティをゲットできる 「アビリティGET」、待機中のグループを別の作戦に派遣できる 「グループ派遣」などの新要素が盛りだくさん。 今作は宇宙世紀作品は収録されておらず、以下の4つのアナザーガンダムの世界観を楽しめます。 ガンダムW(アフターコロニー)• ガンダムSEED(コズミック・イラ)• ガンダム00(西暦)• 鉄血のオルフェンズ(ポスト・ディザスター) ジージェネクロスレイズの魅力 ここではジージェネクロスレイズの魅力を4つ紹介しています。 ミスターブシドーをダブルオークアンタに乗せたり、ラクス・クラインを野性溢れるバルバトスに乗せて暴れさせたり、 自分好みの部隊をつくって無双するのが本当に楽しいです。 アニメではお目にかかれない組み合わせの部隊を作れるのはもちろんのこと、 作品の世界を超えて様々な組み合わせを楽しめます。 筆者は各シリーズのヒロインを集めてガンダムタイプに乗せて遊んでいました(相性なんてどうでもいい、、) また キャラクターの自由な育成要素も最強部隊を作る楽しさを倍増させてくれます。 ステータスの上昇はキャラクターの長所短所に合わせて、射撃特化や格闘特化に育て上げることも、オールマイティなキャラクターに育て上げることも出来ますよ。 さらに「キャラクターアビリティ」をセットする事で ステータスを大幅に上昇させるだけでなく キャラ固有のアビリティも習得できるため、筆者は基礎値が低いキャラを無理やり強くしていました(笑) 正直、強化ポイントを使ってステータスを伸ばすよりキャラクターアビリティをセットして強くする方が手っ取り早くて楽でしたね。 シュミレーションゲームは戦闘演出も大切ですが、その戦闘演出を一層際立たせる「台詞」も重要になってくると思うんです。 そういった点で「台詞」においてはキャラクターボイスを用いた熱い台詞の使い方も見事でした。 特に鉄血のオルフェンズ勢の戦闘は、物理独特の重みが迫力あって最高でした。 まぁ戦闘演出は最初の何回か見た後は基本オフにしますけどね(笑) 戦闘演出だけでなく CGムービーも今作の楽しめる要因の一つでしょう。 ムービーは原作の名場面をジージェネ独自の演出で再現されています。 グラフィックが結構綺麗なので今までのジージェネに比べて劇的に進化しました。 原作ファンに嬉しいシーンもしっかり盛り込まれており、主人公機の登場シーンは勿論、ヴァーチェから装甲を取り外してナドレに変化する様や、ガンダムタイプ同士の激熱バトルだったりと シリーズごとに見入ってしまう場面を設けてくれています。 ユニットを育成して旧型機から新型機に成長させたり、モビルスーツをモビルアーマーに変化させることができます。 ユニット開発はレベルごとに開発先のユニットが4機用意されており、未確認のユニットは黒シルエットになる仕様。 この黒シルエットの何だかわからないけど気になる感は異常……「このシルエットめっちゃ気になるから頑張ってレベル上げしよっ!」とストーリーそっちのけでユニット開発にいそしんでいました。 筆者の知らない作品もいくつか登場していたので、知らない機体の開発に近づいた時のワクワク感はたまらなかったです。 73 STARGAZER C. TOP MENU画面がしょぼい• DLCで人気作品を販売する• ストーリーのはしょり まずはTOP MENU画面がしょぼいです。 これからゲームを始めようって時にこの画面てちょっと冷めませんか? なんかもっとこうド派手とまではいかずとも、毎回映す機体やキャラを変えたりするだけでも良いので何かしらの絵が欲しかったです…… 次に「DLCで人気作品を販売」についてですね。 DLC商法そのものに関しては賛否両論あると思いますが、今作のDLC商法にはげんなりしました。 なぜなら私の大好きな 超大人気熱血格闘ガンダム「Gガンダム」がDLCで購入しなきゃ使えないんですよ! 「アナザーといったらGガンダムでしょ!最初からゴットフィンガー使わせてよっ」と思っていた方も少なくないのでは? いっそアナザーガンダムだけでやるならDLCで追加せずに一気に全部だしてほしいですね。 期間が空くと興味が削がれるので…… 最後にストーリーのはしょりについて、この点に関しての評価は人によってまちまちになると思います。 ジージェネシリーズは基本、 ストーリー知ってるよね?的な感じで駆け足で話が進みます。 そのためある程度のストーリーを理解しておかないと満足できないかもしれません。

次の

【Gジェネ クロスレイズ】最強機体ランキング【ジージェネ クロスレイズ】

クロスレイズ 最強機体

4つのガンダム世界の戦いを追体験できる 「シチュエーションツアー」()。 今回はその収録シナリオの一部と,新システム「グループ派遣」の追加情報が明らかにされている。 時間短縮アイテムは,クエストクリアなどの報酬で入手できるとのこと。 また,「新機動戦記ガンダムW Endless Waltz」や「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」からの 参加キャラクター28人と, 参加機体33体が新たに公開されている。 ガンダム・バエルなど,「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」からの新規機体も含まれているので,お見逃しなく。 さらに、ゲーム攻略に役立つ新システム「グループ派遣」のさらなる詳細情報を公開。 シナリオ収録作品を一部紹介 新機動戦記ガンダムW アフターコロニー195年。 宇宙コロニーは武力によって世界を統治下に治めようとする地球圏統一連合に対しモビルスーツガンダムによる降下作戦『オペレーション・メテオ』を決行。 作戦を遂行するガンダムパイロットの1人ヒイロ・ユイの姿を目撃してしまった事からリリーナ・ドーリアンは運命の渦に巻き込まれていく事となる。 ヒイロと同じ4人のガンダムパイロット達がそれぞれ引き寄せられるかのように接触する中秘密結社OZの総帥トレーズ・クシュリナーダは歴史の表舞台に出るべくある作戦を実行に移した……。 機動戦士ガンダムSEED コズミック・イラ70年。 世界が通常の人類『ナチュラル』と遺伝子操作された人類『コーディネイター』に大きく二分された時代。 『血のバレンタイン』の悲劇により両者間の緊張は爆発し一気に本格的武力衝突へと発展していった。 誰もが疑わなかった数で勝る連合軍の勝利。 しかし……その予想は大きく裏切られ戦局は拮抗したまま11ヶ月余りが過ぎた。 ラグランジュ5に浮かぶ資源衛星ヘリオポリス。 そこの工業カレッジに通う学生キラ・ヤマトはコロニーに侵入したザフト軍による連合軍の新型モビルスーツ奪取作戦に遭遇する。 そして、その作戦に参加するザフト兵の中にはかつての親友アスラン・ザラの姿があった……。 機動戦士ガンダム00 西暦2307年。 地球の化石燃料は枯渇したが人類は新たなエネルギーを手に入れていた。 3本の巨大な軌道エレベーターとそれに伴う大規模な太陽光発電システム。 しかし……このシステムの恩恵を得られるのは一部の大国とその同盟国だけだった。 アメリカ合衆国を中心としたユニオン。 中国、ロシア、インドを中心とした人類革新連盟。 そして、ヨーロッパを中心としたAEU。 各超大国群は己の威信と繁栄の為24世紀の今もゼロサム・ゲームを続けていた。 そんな世界に対し『武力による戦争の根絶』を掲げる私設武装組織が現れる。 機動兵器ガンダムを所有する彼らの名は『ソレスタルビーイング』。 今、ガンダムによる世界への武力介入が始まる……。 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ かつて『厄祭戦』と呼ばれた大きな戦争が終結してから約300年……。 それまでの統治機構を失った地球圏に新しい支配体系による仮初めの平和が訪れる。 だが……地球から離れた火星圏では新たな戦いの火種が再び生まれようとしていた。 火星独立運動の為、地球圏へ向かおうとする少女クーデリア・藍那・バーンスタインとその護衛任務を請け負う事となった三日月・オーガスら少年兵達。 そして世界平和維持を掲げる強大な軍事組織ギャラルホルン。 これは、それぞれの立場と思惑が交錯していく中で激しく動く世界に翻弄されながらも止まることなく戦い続ける少年達の物語である。 システム「グループ派遣」を有効活用して、攻略に役立てよう グループを派遣 グループ1〜グループ4のいずれかを作戦に派遣することで報酬を持ち帰ってくる。 作戦に派遣中のグループはステージ攻略には出せなくなるが、空きグループや空き時間を有効活用して各報酬を手に入れられるようになる。 作戦に派遣したグループは所定の時間が経つと帰還。 キャピタルやユニット、オプションパーツなどの報酬を獲得して戻ってくる。 「宇宙」の地形特性を持つステージを攻略中には、ステージ攻略に使用しない地上戦に特化したグループを作戦の攻略に派遣する、ゲームをプレイしていない間に全グループを作戦に派遣しておくなど、効率的なグループの運用を行うことで、より快適にキャピタルやユニット、オプションパーツを収集することができる。 時間短縮アイテム 所定の時間経過で報酬を持ち帰ってくる「グループ派遣」システムだが、ゲーム攻略中に入手することができる「時間短縮アイテム」を使用することで、作戦終了までの時間を短縮することができる。 「時間短縮アイテム」はゲーム中のクエストクリアなどの報酬で手に入れることができる。 積極的に活用して、ステージ攻略に必要な報酬を効率的に集めよう。 4つのガンダム世界から様々なユニットとキャラクターが参戦 新機動戦記ガンダムW Endless Waltz ヒイロ・ユイ CV:緑川光 「兵士は平和の為に戦って来たハズだ!今、ここにある世界を信じてみろ!!」 元コロニー独立組織の破壊工作員。 世界国家とホワイトファングの戦争が終結してから1年を経ても寡黙で無愛想な性格は変わっていない。 しかし、仲間たちとの交流によって人間性を取り戻しつつあり、それ故に過去の任務で奪った命に対して罪の意識を抱くようになっている。 そんな中、マリーメイア・クシュリナーダをリーダーとする反乱軍によってリリーナ・ドーリアンが拘束された事実を察知しデュオ・マックスウェルと共に行動を開始した。 繰り返される戦争の悲劇を終わらせるため、再びウイングガンダムゼロに搭乗し、マリーメイア軍と戦い続ける。 背部のウイングバインダーが、巨大な羽根状のものに変更され、飛行時には補助翼として展開し、大気圏突入時には機体を覆う防御シールドとしての性能を持つ。 また、ネオバード形態への変形機能は廃止されている。 リーブラ攻防戦終了後、太陽に向け廃棄されていたが、『バートンの反乱』に際して回収され、再びヒイロ・ユイの乗機となってマリーメイア軍と戦った。 なお、TVシリーズに登場する機体とデザインこそ違うものの、まったく同一の機体という設定である。 新機動戦記ガンダムW Endless Waltz デュオ・マックスウェル CV:関俊彦 「地獄への道連れはこの戦いと戦争だけで充分なんだよぉ!」 元コロニー独立組織の破壊工作員。 世界国家とホワイトファングの戦争が終結してから1年、仲間たちのムードメーカーであることは変わらず、ヒイロ・ユイと一緒に行動することが多い。 世界が平和へと向かう中で、『ガンダム』を太陽に向けて廃棄するが、その直後にマリーメイア軍によるリリーナ・ドーリアンの拘束を知り、ヒイロと敵のコロニーに乗り込んだ。 その後、回収したガンダムデスサイズヘルに乗り込んでマリーメイア軍の占拠するブリュッセル市に降り立ち、かつての仲間らと共に激戦を繰り広げる。 アクティブクロークは悪魔の翼を思わせる形状に変更されており、『死神』を強くイメージさせる外観となっている。 また、バスターシールドは廃止され、両腕に小型のシールドが装着されるようになった。 リーブラ攻防戦終結後、太陽に向けて廃棄されていたが、『バートンの反乱』に際して回収され、マリーメイア軍との戦闘に投入された。 なお、TVシリーズに登場する機体とデザインこそ違うものの、まったく同一の機体という設定である。 新機動戦記ガンダムW Endless Waltz トロワ・バートン CV:中原茂 「彼らの暴走を止めるのが、今の俺達の役目だ。 」 元コロニー独立組織の破壊工作員。 世界国家とホワイトファングの戦争終結後は、キャスリン・ブルームと共にサーカス団で生活をしていた。 サーカス団が巡業に訪れたL3コロニーで、反乱の兆しをいち早く察知して、マリーメイア軍に潜入する。 同じく行動を開始したヒイロ・ユイたちと協力してマリーメイア軍によるコロニーの落下を阻止すると、その後は再びガンダムヘビーアームズ改に乗り込んで、ブリュッセル市を占拠するサーペント部隊と激戦を繰り広げた。 両腕にダブルガトリングガンを装備し、脚部のミサイルポッドも増設されるなど、火力がさらに向上している。 その一方で近接戦用のアーミーナイフは廃止となり、完全に砲撃戦仕様の機体となった。 ヘビーアームズやTV版ヘビーアームズ改とは異なり、機体色は青系統に変更されている。 また、出撃時には顔面部にピエロのようなフェイスマスクを装着していた。 リーブラ攻防戦終結後、太陽に向けて廃棄されていたが、『バートンの反乱』に際して回収され、マリーメイア軍との戦闘に投入された。 なお、TVシリーズに登場する機体とデザインこそ違うものの、まったく同一の機体という設定である。 新機動戦記ガンダムW Endless Waltz カトル・ラバーバ・ウィナー CV:折笠愛 「今回も敗者として、最後まで戦い抜きましょう!」 元コロニー独立組織の破壊工作員。 世界国家とホワイトファングの戦争が終結してから1年後、世界が平和へと向かう中で、かつてのガンダムパイロットたちに『ガンダム』の廃棄を提案する。 しかし、ガンダムを太陽に向けて送り出した直後にマリーメイア軍が蜂起したため、マグアナック隊の面々とその回収に向かった。 ガンダムの回収後は、再びガンダムサンドロック改に乗り込んで戦場に復帰。 マリーメイア軍の占拠するブリュッセル市に降り立ち、仲間らと共に激戦を繰り広げる。 主武装のヒートショーテルが大型化しており、機体色も紫系統に変更されている。 また、追加装備となった全身を覆う大型のマントは増加装甲を兼ねたもので、大気圏突入時には摩擦熱から機体を保護する役目を担う。 リーブラ攻防戦終結後、太陽に向けて廃棄されていたが、『バートンの反乱』に際して回収され、マリーメイア軍との戦闘に投入された。 なお、TVシリーズに登場する機体とデザインこそ違うものの、まったく同一の機体という設定である。 新機動戦記ガンダムW Endless Waltz 張五飛 CV:石野竜三 「さぁ………地球よ。 俺に本当の正義を見せてみろ!」 元コロニー独立組織の破壊工作員。 世界国家とホワイトファングの戦争が終結してから1年後、争いのなくなった世界を受け入れられず、カトル・ラバーバ・ウィナーの提案による『ガンダム』の廃棄にも応じなかった。 そして正義と平和の意味を求めるために、あえて自らが悪となり、アルトロンガンダムと共にマリーメイア軍の反乱に参加する。 紛争の中で、衛星軌道上でかつての戦友ヒイロ・ユイが駆るウイングガンダムゼロの前に立ちはだかり、同じく己の戦いに葛藤する彼に正義の意味を問いながら、激しい戦いを繰り広げた。 巨大化したドラゴンハングは、アームが伸長式になったことで、攻撃範囲が広がっている。 また、背部のウイングバインダーが無くなっており、よりスマートなフォルムとなった。 武装面では火炎放射器やビームキャノンといった射撃武器が廃止され、完全に格闘戦仕様のMSとなっている。 リーブラ攻防戦後も秘匿されており『バートンの反乱』に際してはマリーメイア軍所属となって登場し、大気圏に突入するウイングガンダムゼロと激闘を繰り広げた。 なお、TVシリーズに登場する機体とデザインこそ違うものの、まったく同一の機体という設定である。 新機動戦記ガンダムW Endless Waltz プリベンター・ウインド CV:子安武人 「このようなやり方では、 何も変わらないのだ! 」 地球圏統一国家の諜報組織プリベンターのMSパイロット。 かつてのミリアルド・ピースクラフトことゼクス・マーキスである。 世界国家とホワイトファングの戦争終結後は姿を隠していたが、マーリーメイア軍の蜂起に際してプリベンターと接触し、その一員となって反乱鎮圧に加わった。 『ウインド』はその際に名乗ったコードネーム。 プリベンターによって保管されていたトールギスIIIを駆り、反乱軍の拠点『MOーIII』への攻撃を行い、ブリュッセル市内での戦いではルクレツィア・ノインと共に奮戦している。 トールギスの武装強化型で、かつてトレーズ・クシュリナーダがトールギスIIと同時期に開発させていた機体である。 主武装はドーバーガンからメガキャノンに換装されており、火力が飛躍的に向上している。 また、シールドは大型のものに換装され、ガンダムエピオンと同型のヒートロッドが内蔵されている。 その後、マリーメイア軍が占拠したブリュッセル市に突入し、サーペント部隊と激闘を繰り広げている。 新機動戦記ガンダムW デュアルストーリー G- UNIT ヴァルダー・ファーキル CV:小杉十郎太 「私に背いた事を、あの世で後悔するがいい!」 OZプライズの指揮官。 黒いカスタムリーオーを駆ってOZに反抗する部隊を次々と壊滅させたことから『暗黒の破壊将軍』の異名を持つ。 極度の自信家で、目的のためには部下を容赦なく切り捨てる非情な性格の持ち主である。 OZ総帥トレーズ・クシュリナーダを打ち倒す野心を抱いており、その手始めにDr.ペルゲと結託してOZプライズを乗っ取った。 しかし、真に想定していた相手はガンダムエピオンであったとも言われている。 両脚を収納して下半身全体を推進システムとする簡易変形機構を備えており、宇宙空間での機動性は他機を圧倒する。 また、パイロットの神経とセンサー群を連結して周囲の状況を空間的に把握し、意識するだけで目標を攻撃する『精神感応システム』を搭載している。 主武装として肩部に強力なバスターカノンを装備し、格闘戦時においては背部よりショルダークローを展開する。 さらにこのショルダークローは、本体から分離して有線誘導による遠隔攻撃を行うことも可能となっている。 機動戦士ガンダムSEED DESTINY シン・アスカ CV:鈴村健一 「俺とデスティニーで、 戦争を終わらせてみせる!」 ザフトの新造戦艦ミネルバのパイロット。 中立国オーブで暮らす民間人であったが、地球連合軍との戦いに巻き込まれ、家族を失っている。 その後プラントに渡り、ザフトのアカデミーを優れた成績で卒業すると、インパルスガンダムのパイロットに抜擢され、新造戦艦ミネルバへと配属された。 中立を謳いながらも結果的に連合軍の進攻を許し、家族を守ってくれなかったオーブと、戦争そのものに激しい憎悪の念を抱いており、戦闘中も感情的になりやすい。 ミネルバの停泊していた軍事工廠アーモリーワンが、連合軍の特殊部隊『ファントムペイン』に襲撃され、急遽実戦に参加することとなった。 その後もミネルバと共に過酷な戦いを幾度となく経験し、優れた戦士としての能力を急激に開花させていく。 核動力を併用した『ハイパーデュートリオンシステム』の搭載によって極めて高い出力を誇り、『セカンドステージシリーズ』に部類される機体ながらも、実際にはそれ以上のハイステージに属する性能を持つ。 本機はインパルスガンダムが持っていた『シルエットシステム』の多様な兵装を統合して装備することで、汎用性を獲得した万能機である。 『パルマフィオキーナ掌部ビーム砲』や『高エネルギー長射程ビーム砲』といった強力な武装に加えて、背部に装着されたウイングによって大気圏内での飛行能力と、高い機動性を獲得している。 さらに、展開式のアンチ・ビームシールドと、手甲部には『ソリドゥス・フルゴール』と呼称されるビームシールド発生装置を搭載するなど、防御能力にも優れている。 機動戦士ガンダムSEED DESTINY レイ・ザ・バレル CV:関俊彦 「ギルの為にも、俺は勝たなければならない………!」 ザフトの新造戦艦ミネルバのパイロット。 シン・アスカ、ルナマリア・ホークとはアカデミーの同期で、トップエリートである赤服の着用を許されている。 常に冷静な判断で戦場の状態を把握できる優秀なパイロットで、ミネルバのMS隊のリーダー的存在である。 核動力を併用した『ハイパーデュートリオンシステム』の搭載によって極めて高い出力を誇り、『セカンドステージシリーズ』に部類される機体ながらも、実際にはそれ以上のハイステージに属する性能を持つ。 プロヴィデンスガンダムから『ドラグーン・システム』を引き継ぎ、装備されたビーム砲の威力が強化されたことに加え、2基の大型ドラグーンはスパイク状のビーム刃を形成することで打突攻撃が可能となっている。 また、次世代型の操作システムが搭載された事で、特殊な空間認知能力を持つパイロットでなくとも、比較的容易に本システムを扱うことができる。 一方、防御面でも手甲部に『ソリドゥス・フルゴール』と呼称されるビームシールド発生装置を搭載するなど、非常に高い総合力を誇る。 機動戦士ガンダムSEED DESTINY キラ・ヤマト CV:保志総一朗 「どんなに苦しくても、変わらない世界は嫌なんだ!」 前大戦において、最強と謳われたフリーダムガンダムのパイロット。 優しい性格は以前と同様であるが、幾多の戦いを経て、強い意志を宿した人物へと成長を遂げている。 前大戦後はオーブで穏やかな生活を送っていたが、共に暮らすラクス・クラインが命を狙われたことで状況は一変、再び混迷する世界に立ち向かう決意をし、アークエンジェルの仲間と共に平和への道を模索する。 地球連合軍のエンジェルダウン作戦では、シン・アスカのインパルスガンダムにフリーダムガンダムを撃破されるが、ラクスから新たにストライクフリーダムガンダムを受領して戦線に復帰した。 その後、ギルバート・デュランダルが『デスティニープラン』を発表すると、その実行を阻止すべく宇宙での決戦に挑む。 核動力を併用した『ハイパーデュートリオンシステム』の搭載によって極めて高い出力を有するなど、フリーダムガンダムをベースに『セカンドステージシリーズ』の技術を流用して全面的な改良が施されている。 背部の大型ウイングには、『ドラグーン・システム』を改良した『スーパードラグーン機動兵装ウイング』が新たに備えられ、オールレンジ攻撃と全身に装備された射撃兵器の併用によって、絶大な攻撃能力を発揮することができる。 さらに推進システムも改良されており、深宇宙探査開発機構『DSSD』によって開発された推進システム『ヴォワチュール・リュミエール』の技術を転用したスラスターを備え、機動性能も極めて高い。 本来はザフトによって開発された機体であるが、開発完了直前にクライン派によって奪取され、キラ・ヤマトの搭乗機として数々の調整が施されて完成した。 機動戦士ガンダムSEED DESTINY アスラン・ザラ CV:石田彰 「力に強制された世界は、止めなくてはならない!」 ミネルバに配属された『FAITH』所属のパイロット。 前大戦後はカガリ・ユラ・アスハの護衛役を務めていたが、ギルバート・デュランダルにザフトへの復帰を要請され、特務隊FAITHの一員となってセイバーガンダムと共にミネルバに着任した。 ミネルバではMS隊のリーダーとして活躍を見せるが、やがてデュランダルの唱える正義に疑問を持ち始め、艦を脱走する。 脱走の際にシン・アスカに撃墜されて重傷を負ったものの、アークエンジェルに収容され、キラ・ヤマトらと再会した。 その後はラクス・クラインの運んできたインフィニットジャスティスガンダムを前にして、戦いに対する迷いを絶ち切り、キラたちと共にデュランダルを打ち倒す決意をする。 核動力を併用した『ハイパーデュートリオンシステム』の搭載によって極めて高い出力を有するなど、ジャスティスガンダムをベースに『セカンドステージシリーズ』の技術を流用して全面的な改良が施されている。 武装面では、両脚部に『グリフォンビームブレイド』を装備するほか、2種類の格闘兵装を内蔵した複合兵器『ビームキャリーシールド』を備えるなど、より近接戦闘能力が強化された。 本来はザフトで設計されていた機体であるが、その設計データをクライン派の秘密機関『ターミナル』が奪取し、開発の指導的役割を担ったキラ・ヤマトの提言によって、アスラン・ザラの搭乗を前提に調整されて完成した。 機動戦士ガンダムSEED C. 73 STARGAZER ソル・リューネ・ランジュ CV:福山潤 「加速しろ!スターゲイザー!」 深宇宙探査開発機構『DSSD』に所属する技術者。 惑星探査用MSのテストパイロットを務めるコーディネイターで、火星軌道以遠の探査活動を目的とした『スターゲイザー計画』の中心的人物の一人である。 幼くして両親を失っており、叔父のエドモンド・デュクロに引き取られた。 また、同じく親を亡くしているセレーネ・マクグリフとは姉弟のような間柄である。 南米フォルタレザの研究開発センターで、後に『スターゲイザー』と命名される惑星探査用MSの開発を行っていたが、『ブレイク・ザ・ワールド』による被害の影響で、宇宙への脱出を余儀なくされる。 その後、DSSDの保有する宇宙拠点トロヤステーションで開発を継続するが、地球連合軍の特殊部隊『ファントムペイン』の攻撃を受け、セレーネと共にスターゲイザーに乗り込んで出撃する。 機動戦士ガンダムSEED C. プラント、地球連合軍、中立国家群の共同出資によって設立されたDSSDが、火星軌道以遠領域の探査を目的とする『スターゲイザー計画』の要として開発した非戦闘用の機体である。 背部に設置された円環構造体で太陽風を受信し、推力エネルギーに転化する特殊な推進システム『ヴォワチュール・リュミエール』を採用することで、半永久的な加速能力を獲得している。 自己対話型複列分散処理AIユニットを搭載し、さらに機体の整備を自動的に行う自己修復型マイクロマシナリーテクノロジーが導入されるなど、無人での運用も想定されている。 DSSDの宇宙拠点トロヤステーションが地球連合軍の特殊部隊『ファントムペイン』による襲撃を受けた際、セレーネ・マクグリフとソル・リューネ・ランジュが搭乗して敵の迎撃にあたった。 本来戦闘を想定していない機体であるため専用の武装は装備されていないが、ヴォワチュール・リュミエール展開時に機体の周囲に発生するリング状のビームを切断兵器として転用することができる。 機動戦士ガンダムSEED ASTRAY ロウ・ギュール CV:小野坂昌也 「ジャンク屋の戦い方ってのを見せてやるぜ!」 ジャンク屋組合に所属する青年。 仕事仲間と共に破棄されたMSやそのパーツなどを回収、再生することで生計を立てるジャンク屋である。 メカを一見しただけでその特性や故障箇所を見抜く天才的な感性と技術を備えており、またジャンク屋という職業に強い誇りを持っている。 性格は大雑把で、深く考えずに無謀な行動を取ることも多いが、情に厚い熱血漢である。 地球連合軍とザフトの戦闘によって崩壊した直後のコロニー『ヘリオポリス』に、ジャンクパーツの回収を目的に訪れており、その際偶然にもオーブが極秘開発していた試作MS『ガンダムアストレイシリーズ』を回収した。 それをきっかけに以後様々な事件に巻き込まれるが、持ち前の根性と柔軟な発想力、そしてジャンク屋仲間とのチームワークで窮地を乗り越えていく。 機動戦士ガンダムSEED ASTRAY DESTINY R ガンダムアストレイ レッドフレームレッドドラゴン 初参戦 ガンダムアストレイレッドフレームの強化形態。 フライトユニット装備のレッドフレームに、カレトヴルッフを3つ装着した形態である。 カレトヴルッフは切断機能や溶接機能を持つ多目的ツールであるが、リミッターを解除すれば武器にも転用可能で、分解して自在に組み合わせることにより複数の武装形態を取ることができる。 頭部もカレトヴルッフとの連携が考慮されてドライグヘッドに換装され、ミラージュコロイド制御機能とセンサーの強化が図られた。 『レッドドラゴン』の名は、竜が翼を開いたようなシルエットと、カレトヴルッフの元になった伝承から取られている。 機動戦士ガンダムSEED ASTRAY 叢雲劾 CV:井上和彦 「既に覚悟はできた………ドラグーンを使う!!」 傭兵部隊サーペントテールのリーダー。 腕利きのメンバーが集まることで知られるサーペントテールを率いる人物で、卓越した戦闘センスを持ち、どんな状況下でも冷静さを失わない凄腕の傭兵である。 元は地球連合軍が作り出した戦闘用コーディネイターであったが、研究所から脱走して傭兵となった。 そのため遺伝子調整による先天的な戦闘能力を有しているものの、優れた技量は傭兵経験によって身に付けた部分が大きい。 オーブが極秘開発を行っていた『ガンダムアストレイシリーズ』の処分と目撃者の抹殺を依頼されてコロニー『ヘリオポリス』へと赴き、そこでアストレイの回収を行っていたジャンク屋のロウ・ギュールと対峙する。 しかし、依頼主が劾をも始末しようとしたため、ロウと共闘して危機を脱した。 和解したロウにガンダムアストレイブルーフレームを譲渡され、その後は機体の汎用性の高さを活かし、不可能とも思える様々な依頼を遂行していく。 機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY B ガンダムアストレイ ブルーフレームD 初参戦 ガンダムアストレイブルーフレームの改修機。 ダンテ・ゴルディジャーニとの決戦のためだけにオーブの宇宙ステーション『アメノミハシラ』で改修された形態である。 ブルーフレームセカンドLの機体を、一度ノーマルのアストレイに戻した上で改修が行われ、背部にはエールストライカーをベースに改良したヴィーヴルストライカーを装備する。 さらに機体には『ドラグーン・システム』が組み込まれ、全身に装備された各種ドラグーンによる遠隔攻撃が可能となっている。 また、それらドラグーンを合体させて大型剣『シペールソード』として使用することもできる。 機動戦士ガンダムSEED FRAME ASTRAYS トロヤ・ノワレ CV:若山晃久 「グリーンフレーム………!俺に力を貸してくれッ!!」 アジア圏の村に住むゲリラの青年。 地球連合、プラントの双方の進出に対し、地域の平和を守るために反政府ゲリラに身を投じる。 元オーブのエースパイロットであるバリー・ホーを師匠と仰ぎ、彼からガンダムアストレイグリーンフレームを渡され、そのパイロットとなった。 正義感の強い熱い性格と、ビームライフルの射撃テストで山火事を引き起こしたことから、仲間には『密林のファイヤーボール』と呼ばれている。 『フェイズシフト装甲』の採用は見送られたが、装甲材に発泡金属を使用したことに加え、大幅な装甲削減による軽量化が行われ、極めて優れた運動性能を獲得している。 また武装面においても、当時のザフト製MSでは未採用だったビーム兵器の携行が可能となった。 本機はそのガンダムアストレイの4号機で、ザフトのヘリオポリス襲撃後、一時行方不明となっていた。 その後、コロニーの残骸から発見されたパーツがオーブの宇宙ステーション『アメノミハシラ』に持ち込まれ、ジャンク屋のロウ・ギュールによって修復された。 修復の際に戦闘支援AIが搭載され、センサー系の能力も強化されている。 また、後にビーム砲とサーベルが一つになった『ツインソードライフル』が追加武装として用意された。 劇場版機動戦士ガンダム00 - A wakening of the Trail blazer- 刹那・F・セイエイ CV:宮野真守 「フルセイバーで、新たなる道を切り開く!」 ソレスタルビーイングのガンダムマイスター。 イノベイター勢力との戦いの中で、ダブルオーライザーの発する膨大な量のGN粒子により覚醒した純粋種のイノベイター。 イノベイターとなったことで自分自身の能力に戸惑い、ソレスタルビーイングの仲間とは次第に距離を置くようになっている。 アロウズとの決戦から2年後、ソレスタルビーイングの活動を続けていたが、地球外変異性金属体『ELS』が擬態した木星探査船エウロパがプトレマイオス2改の前に現れた際に改修したダブルオーライザー出撃し、これと交戦した。 その後、仲間らと連邦軍先遣隊の救援に向かい、『トランザムバースト』によるELSとの対話を試みるが、意識共有した際に相手の膨大な情報に耐え切れず、脳細胞にダメージを負ってしまい、意識不明の状態になってしまう。 しかし、人類とELSの最終決戦の最中に復活し、完成したダブルオークアンタに乗り込み、再びELSとの対話に臨んだ。 ダブルオークアンタに『GNソードIVフルセイバー』を追加装備した姿である。 GNソード? フルセイバーは『GNソードV』に先行して開発されたクアンタの専用装備で、新たに製造されていた2基の太陽炉の同調に不具合が生じた場合に備え、『ツインドライヴ』の安定化装置としての機能を持っている。 また、本装備は6つのユニットで構成されており、それらを組み合わせることで大剣や大型砲に形態を変え、多彩な戦闘モードに対応することができる。 極めて高い戦闘能力を発揮する装備であったが、完成したツインドライヴの同調に成功したことから、実戦で使用されることはなかった。 劇場版機動戦士ガンダム00 - A wakeni ng of the Trai l bl azer- 刹那・F・セイエイ CV:宮野真守 「更なる対話を果たす為に、俺は、進み続ける………!」 地球外変異性金属体『ELS』との対話を終え、地球に帰還した刹那・F・セイエイ。 西暦2314年に発生したELSとの接触において、『クアンタムバースト』を用いて対話を試み、彼らと分かり合うためにELSの母星へと赴いた。 西暦2314年に発生したELSとの接触において、『クアンタムバースト』を用いた対話を果たすために刹那・F・セイエイと共に彼らの母星へと赴き、その50年後、地球へと帰還を果たした際の姿である。 ELSと融合した影響か機体は大きく変貌しており、全体は丸みを帯びたシルエットとなり、背部には8枚の翼状のパーツを備えているが、その能力などの詳細は不明となっている。 劇場版機動戦士ガンダム00 - A wakening of the Trai l blazer- ロックオン・ストラトス CV:三木眞一郎 「勝たなきゃならねーんだよ!人類のためにも………アニューのためにもな!!」 ソレスタルビーイングのガンダムマイスター。 兄ニール・ディランディの意思と、『ロックオン・ストラトス』の名を継いだガンダムマイスターである。 アロウズとの決戦から2年後、ソレスタルビーイングの活動を続けていたが、地球外変異性金属体『ELS』が擬態した木星探査船エウロパがプトレマイオス2改の前に現れた際にガンダムサバーニャで出撃し、これと交戦した。 その後、仲間らと連邦軍先遣隊の救援に向かうが、刹那・F・セイエイがELSとの対話に失敗して意識不明の状態になってしまう。 それでも人類とELSの最終決戦では刹那の再起を信じて戦い、ついに復活した彼が再びELSと対話するための突破口を切り開いた。 背面のアームに『GNホルスタービット』を片側2基ずつ、合計4基を追加した状態である。 ガンダムサバーニャには、他のガンダムより強力なセンサーユニットが頭部に加えて肩部にも増設されており、また独立AI『ハロ』のサポートも得られることから、この形態のような火力の増強にも対応できた。 地球外変異性金属体『ELS』の地球圏への進攻を阻止すべく、防衛戦に投入された本機は、複数対象への攻撃能力を存分に発揮し、多数のELSを撃破している。 劇場版機動戦士ガンダム00 - A wakeni ng of the Trai l bl azer- アレルヤ・ハプティズム CV:吉野裕行 「僕達は進むんだ! 未来を切り開く為に! 」 ソレスタルビーイングのガンダムマイスター。 旧人類革新連盟の超人機関技術研究所で、肉体改造と神経系統の強化処置を受けた、『超兵』の能力を持つガンダムマイスターである。 アロウズとの決戦から2年後、自分たちの生まれた意味を求めてマリー・パーファシーと共に巡礼の旅を続けていた。 しかし、立ち寄った太陽光受信基地で地球外変異性金属体『ELS』に襲われたところをロックオン・ストラトスに助けられ、そのままソレスタルビーイングへと合流する。 その後は仲間たちと行動を共にし、人類とELSの最終決戦においては、マリーと新型MSガンダムハルートに搭乗して出撃、刹那・F・セイエイがELSと対話するための突破口を切り開いた。 脚部に追加ブースターユニットを装着した状態で、飛行形態ではさらなる機動力の強化、MS形態においても高速戦闘を可能としている。 また、『GNシザービット』も追加され、攻撃面でも強化が図られた。 地球外変異性金属体『ELS』の地球圏への進攻を阻止すべく、防衛戦に投入された本機は、優れた機動力と『超兵』の能力を最大限に引き出す『マルートモード』を用いて多数のELSを撃破している。 劇場版機動戦士ガンダム00 - A wakening of the Trail blazer- ティエリア・アーデ CV:神谷浩史 「「彼ら」の真意を見極める………!」 ソレスタルビーイングのガンダムマイスター。 アロウズとの決戦後、宇宙船ソレスタルビーイング内で開発された擬似太陽炉搭載機である。 機体のベースとなったのはイノベイドが使用した『GNZシリーズ』であり、従来の『ガンダム』とは型式番号も異なっている。 擬似太陽炉搭載機でありながら『トランザムシステム』の使用が可能であり、その性能は同時期にソレスタルビーイングで開発された他のガンダムにも引けを取らない。 最大の特徴である上部の大型ユニットはセラヴィーガンダムのパーツを再利用したもので、3基の擬似太陽炉が搭載されており、遠隔操作が可能な『GNビッグキャノン』および『GNクロー』を装備する。 さらに分離・変形してセラヴィーガンダムとなり、無人型MSとして運用することもできる。 地球外変異性金属体『ELS』の侵攻を察知したティエリア・アーデの意志によって極秘裏に開発され、ELSとの交戦で窮地に陥っていたダブルオーライザーの救援に駆けつけた。 機動戦士ガンダム00F フォン・スパーク CV:岡本信彦 「あげゃげゃ!俺様が敵を蹴散らしてやらぁ!」 ソレスタルビーイングのサポート組織『フェレシュテ』に所属するガンダムマイスター。 正義や思想のためには動かず、ソレスタルビーイングの掲げる理念にも賛同していない。 幼くしてテロリストとなり、重犯罪者という経歴を持つため、ガンダム操縦時など限られた時以外は常に手錠で拘束され、首には裏切り防止の爆発物を付けられている。 破天荒な性格で周囲を混乱させるがその知性は極めて高く、フェレシュテのガンダムマイスターとなった後は、自身とガンダムの力で世界を変えることを一番の喜びとして行動している。 国連軍との決戦でソレスタルビーイングが壊滅後、タイプFにガンダムエクシアの予備パーツを組み込んで改良した機体で、『タイプF改』とも呼称される。 完成から15年を経て老朽化していた部品は交換され、頭部アンテナなど機体の一部形状も変更が加えられた。 さらにトランザム時に開放されたGN粒子の制御によって敵のビーム粒子を反らすことのできる『GNリフレクション』を装備するなど、全体的な性能の向上が図られている。 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 三日月・オーガス CV:河西健吾 「三日月・オーガス。 ガンダム・バルバトスルプスレクス。 ………行くよ!」 鉄華団の遊撃隊長を務めるガンダム・バルバトスのパイロット。 エドモントン戦でのグレイズ・アインとの死闘で阿頼耶識システムを酷使した結果、右目と右腕の感覚を失った。 しかし、火星に帰還後もその戦いぶりは変わることなく、『鉄華団の悪魔』の名で敵に恐れられている。 また、将来は農場の経営を望んでおり、平時は農業の勉強に取り組んでいる。 MAハシュマルとの死闘で深刻なダメージを負ったバルバトスルプスを、歳星のMS工房で大規模改修した機体である。 阿頼耶識システムを通して機体との同調が進んだ三日月・オーガスの戦闘データに合わせ、機体の反応速度を限界まで高めている。 損傷した内部フレームも調整が行われ、格闘戦を得意とする三日月に合わせて前腕部が巨大化し、指先には希少金属を用いた鋭い爪を装備。 また、背部に移植されたハシュマルのテイルパーツは、『テイルブレード』として変幻自在の刺突攻撃を繰り出すことができる。 さらに対艦戦闘も視野に入れて開発された『超大型メイス』を主兵装として装備する。 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ノルバ・シノ CV:村田太志 「テメェら………これ以上、俺の家族を汚すんじゃねぇ!!」 鉄華団の実動一番隊の隊長。 エドモントンでの戦いにおいて、グレイズ・アインに撃墜されて重傷を負うが生還。 火星に帰還後は、自ら『流星隊』と呼ぶ実動一番隊を率いつつ、新しく鉄華団に加わった新兵の訓練教官も兼務した。 鉄華団の主力パイロットとして搭乗機を獅電改(三代目流星号)、ガンダム・フラウロス(四代目流星号)と乗り換えつつ、常に前線に立ち続ける。 300年前の『厄祭戦』末期に開発された72機のガンダム・フレーム採用機の1機で、エイハブ・リアクターを2基搭載し、これを並列稼働させることで膨大な出力を得ることができる。 本機は火星のハーフメタル採掘場で偶然発見され、発掘後は歳星のMS工房に持ち込まれて再起動とレストアが行われた。 最大の特徴は背部に装備しているレールガンで、2基リアクターの出力によって、弾丸を爆発的なスピードで撃ち出すことができ、禁止兵器である『ダインスレイヴ』の発射も可能である。 さらにこの特徴を生かすために、砲撃モードと呼ばれる四脚形態への変形機能を備えており、発射時の安定性を高めることができる。 搭乗者であるノルバ・シノによって『流星号(四代目)』の名を与えられ、当然のように彼の好みであるピンクの塗装が全身に施された。 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ガエリオ・ボードウィン CV:松風雅也 「望みどおり、歪んだ理想の礎となるがいい!!」 ヴィダールの仮面を外したガエリオ・ボードウィン。 露わになった顔面にはマクギリス・ファリドとの戦いで負った大きな傷が残されている。 また、体には『阿頼耶識TypeE』の端子が埋め込まれており、機体と一体になることで非常に高い戦闘力を発揮することができる。 ヴィーンゴールヴの地下でガンダム・バエルを望むマクギリスと対面し、彼の目的が純粋な力を得るためだと見定めた。 ガンダム・ヴィダールが偽装を解除した姿で、『厄祭戦』時のデータから復元したガンダム・キマリスの形態の一つである。 キマリスの各種仕様の中でも宇宙空間における戦闘を重視した形態で、全身にスラスターを装備し、背部から伸びるサブアームにはシールドを装着している。 また、『阿頼耶識TypeE』も引き続き搭載されている。 主武装となる打突兵器『ドリルランス』は、破壊力を高めるために先端部に回転機構を備え、さらにダインスレイヴの射出装置を内蔵している。 そのほか、接近戦で威力を発揮する『ドリルニー』や、レアアロイ製の『刀』など、決戦仕様にふさわしい強力な武器が多数用意された。 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ジュリエッタ・ジュリス CV:M・A・O 「ラスタル様の剣として、貴方を倒す!」 月外縁軌道統合艦隊アリアンロッドに所属するMSパイロット。 平民出身で身寄りのない少女だが、非常に優れたMSの操縦技術をラスタル・エリオンに見込まれ、アリアンロッド所属となった。 拾ってくれたラスタルには忠誠を誓っているが、裏表がない性格で、セブンスターズのイオク・クジャンに対しては容赦なく『バカ』呼ばわりをする。 また、かつてガラン・モッサのもとで戦闘訓練を受けており、彼のことを『ひげのおじさま』と慕っている。 新型機のレギンレイズやレギンレイズ・ジュリアを乗機とし、再起動したハシュマルや鉄華団を相手に激闘を繰り広げた。 火星で鉄華団との最終決戦に投入された際の地上用形態である。 本来は宇宙空間での戦闘を重視して開発された機体であるが、フレームの汎用性の高さから一部のパーツを換装することで、地上戦にも対応できる。 地上においてもその機動性の高さは健在であり、脚部ユニットを展開することで、ホバーによる高速移動が可能となる。 専用の大型ブレードを使用するため、右腕は通常のレギンレイズのものに換装されており、左腕にはアンカーを内蔵した新型の大型シールドを装備している。 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ マクギリス・ファリド CV:櫻井孝宏 「烏合の衆が………このバエルを止める事はできんよ!」 セブンスターズの一家門ファリド家当主。 エドモントンでの戦いの後、失脚したイズナリオ・ファリドに代わってファリド家当主となり、カルタ・イシューの後任として地球外縁軌道統制統合艦隊司令の座に就いた。 さらに跡継ぎを失ったボードウィン家の娘アルミリアと婚姻を結び、セブンスターズ内での地位を確固たるものにしていく。 その後、腐敗したギャラルホルンの改革のためにクーデターを起こし、その象徴たるガンダム・バエルを、自らの体に阿頼耶識システムを埋め込むことで起動させた。 300年前の厄祭戦末期に開発された72機のガンダム・フレーム採用機の1機で、エイハブ・リアクターを2基搭載し、これを並列稼働させることで膨大な出力を得ることができる。 背部に翼状のスラスターを持ち、重力圏内での飛行能力を備えるが、機体構成はスタンダードなものとなっている。 武装は刀身に希少金属が用いられている二振りの『バエル・ソード』と、スラスターに内蔵されている『レールガン』のみである。 ウォーレン家が所有していた頃の状態で、発見された当時の技術を用い、『厄災戦』時の姿に合わせて修復された。 修復の際、正式所有が認められたウォーレン家の家紋が刻まれている。 本来は広域戦闘をコンセプトに開発が行われた機体であり、肩部のブレードシールドと尾翼を展開して飛行形態に変形することで単独での長距離移動が可能となり、さらに大気圏内において長時間の滑空能力を得ることができる。 ただし、エイハブ粒子の扱いは非常に難しいため、現在では失われた技術となっている。 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 月鋼 サンポ・ハクリ CV:鈴木崚汰 「悪く思うな。 これも仕事だ。 」 妹と共に傭兵稼業を営むヒューマンデブリの少年。 性格は冷静で真面目。 ヒューマンデブリの身を脱して、妹を学校に行かせることを夢見ている。 MS戦ではハクリ・ロディに搭乗して兄妹で息の合った連携を見せ、好戦的なユハナをサポートをする。 ロザーリオ・レオーネの依頼でリアリナ・モルガトンを襲撃し、アルジ・ミラージの駆るガンダム・アスタロトと交戦した。 その後は妹を人質に取ったジャンマルコ・サレルノに命じられ、ロザーリオに狙われているアルジ・ミラージを救援する。 ガンダム・アスタロトに破れたウヴァルをジャンマルコ・サレルノが回収し、再調整を行った機体である。 使用されていたガンダム・アスタロトオリジンの外装は外され、搭乗者となるサンポ・ハクリの要望を新たに盛り込んで組み上げられた。 武装はバックパックに『210mm対物ライフル』、腕部に折り畳み式のチェーンソーを装備するほか、『ソード』と『チョッパー』を合体させたハルバードを使用する。 なお、機体の登録名は、サンポの妹ユハナが勝手に登録したものである。 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 月鋼 ザディエル・ザルムフォート CV:八代拓 「今の私には「守るべきもの」がある!!」 セブンスターズに次ぐ名家ザルムフォート家の嫡男。 ジルト・ザルムフォートの息子で、正義感が強く誠実な人物。 妹ミーナが搭乗していたシャトルの事故をきっかけに、父親に対して疑念を抱き、ガンダム・ダンタリオンを持ち出して出奔した。 大型のバックパックによって長距離の単独飛行を可能とし、その機動力を生かした拠点強襲や一撃離脱戦法を得意とする形態である。 また、バックパックを展開させて両腕部を覆い、巨大なアームを形成するハーフカウルT形態へと変形することで、近接戦闘にも対応することができる。 ドルトコロニーへ向かうアルジ・ミラージたちの前に現れた際は、機体の色がザルムフォート家の紋章カラーである黒に変更されていた。 ザフトがインパルス用に試験開発していた『デスティニーシルエット』は、デスティニーガンダムの開発に伴い、計画は中断された。 本機はその計画を引き継いだ民間企業が、新機軸を盛り込んで完成させた機体である。 インパルス本体のコアスプレンダーは廃止されたが、新開発のシルエットモジュール『デスティニーRシルエット』は、戦闘機として独立運用が可能となった。 またシルエット搭載の武装も、取り外して使用すれば携行武器にもなる『ウルフスベイン長射程ビーム砲塔』へと変更されている。 基地施設内部への突入任務などを想定した仕様で、装備する銃は銃身の短いものに変更され、頭部センサーも中・近距離戦闘に合わせて換装されている。 『GNアサルトカービン』や『GNサブマシンガン』など7挺の銃器を装備したことから、開発コードはガンダムエクシアの『セブンソード』を意識して『セブンガン』と呼ばれていた。 ソレスタルビーイングの別動隊として再結成された『フェレシュテ』が、アロウズとの決戦で大破したケルディムを修復して本装備を施し、宇宙での武力介入任務に用いている。 ガデッサをはじめとする、後のイノベイター専用MSのベースとなった試作機である。 開発には『ヴェーダ』内のガンダムの設計データが使用されたが、コアファイターシステムが導入されるなど、特にガンダムプルトーネの技術が大きく反映されている。 装備する『試作型GNメガランチャー』は後にガデッサで正式採用され、『GNシールド』はガラッゾの『GNフィールド』に発展するなど、一部武装は後継機に受け継がれた。 なお、イノベイター勢力がアロウズの一員となり、ソレスタルビーイングと敵対したことから、本機以後の『G NZシリーズ』はガンダムとは異なる外見となっている。 イノベイター勢力がソレスタルビーイングとの最終決戦に投入したガガであったが、大戦後も宇宙船ソレスタルビーイングのファクトリーに稼働可能な機体が100機以上が残されており、それらはすべて連邦軍へと編入された。 その後、人類と地球外変異性金属体『ELS』との最終決戦において、肩部にビーム砲の追加と、カラーリングの変更が行われ、ガガキャノンと名を変えた本機が大量に投入されている。 なお、パイロットはヴェーダ管理下のイノベイドたちが担当した。

次の

【Gジェネ クロスレイズ】序盤にやるべきこと【ジージェネ クロスレイズ】

クロスレイズ 最強機体

ユニットは「開発」や「設計」、その他の方法で入手できる。 入手したユニットは戦闘で経験値を積んでレベルアップさせ、「開発」することで新たなユニットへと発展させることも可能。 キャラクターは戦闘でのレベルアップ以外にも、新要素「アビリティホルダー」を活用することで自由な育成が可能に。 「グループ編成」で自分だけの部隊を編成 「グループ編成」とは 入手したユニット、スカウトしたキャラクターを組み合わせ、自由に編成した部隊で戦場に出撃。 ステージ内容や作戦、プレイスタイルにあわせて編成した自分だけの部隊を駆使して4世界の戦場に挑め! グループ編成 部隊の編成はユニットと搭乗するキャラクターを組み合わせて行う。 新機動戦記ガンダムW トレーズ・クシュリナーダ CV:置鮎龍太郎 若きOZの総帥で、後の世界国家元首。 生まれながらのエリートにして、並外れた才能とカリスマ性を備えた天才。 『』という信条の持ち主で、独自の哲学と美学に基づいて行動する。 A.C.195年、トレーズは地球圏統一連合に対してクーデターを敢行し、その支配を覆した。 しかし、OZの母体であるロームフェラ財団の統治方針は、モビルドールを用いた地球圏の武力支配に過ぎず、それに異を唱えた彼はOZ総帥の座を追われて幽閉の身となる。 その後、歴史の表舞台から退いていたが、ホワイトファングの台頭を機に財団の実権を奪回。 世界国家軍の指導者としてホワイトファングと対決した。 新機動戦記ガンダムW デュアルストーリー G-UNIT ガンダムグリープ 型式番号:OZ-19MASX OZの試作型可変MSをベースに、オデル・バーネットが極秘に製造した機体。 攻撃力、防御力、機動力の全てに優れた超高性能MSである。 MA形態、中間形態(アサルトモード)に変形することで、あらゆる環境下において高機動戦闘を行うことができ、その出力はガンダムジェミナスの3倍以上となっている。 また、パイロットとの神経接続によって機体を自在に制御する『』を搭載しており、高機動時の操縦負荷を軽減している。 ビームランサーやハイパーメガ粒子ランチャーなど非常に強力な武装を備え、MA時にはバスターメガ粒子砲も発射可能。 さらに両肩には、ビーム兵器を無効化するリフレクトシールドを装備している。 新機動戦記ガンダムW Endless Waltz 敗者たちの栄光 ガンダムヘビーアームズ(EW版/イーゲル装備) 型式番号:XXXG-01H ガンダムヘビーアームズの漫画『敗者たちの栄光』版デザイン。 TVシリーズに登場する機体とデザインこそ違うものの、まったく同一の機体という設定である。 カラーリングはTVシリーズ版と同様であるが、機体の一部形状が異なっている。 武装についても形状や配置に変更が加えられており、主武装の『』も大型化している。 これらに加え、本機はさらに『』と呼ばれる追加兵装を装備した形態で、両肩に武器コンテナ、脚部にミサイルポッドが増設され、重量増加による機動力確保のための駆動装置を装着している。 機動戦士ガンダムSEED MSV シグーディープアームズ 型式番号:YFX-200 ザフトの量産型MSシグーのバリエーション機。 ザフトが『』から入手した技術を転用し、試験的に開発したビーム兵器をシグーに搭載したテスト機である。 装備されている初期型ビームユニットは、動作の信頼性を最優先としたため、発振ユニットの全長が10mを超えることになった。 また、巨大なユニットの搭載による負荷の増大に対処するため、本機のパワーユニットおよび、冷却系は改良高出力型に換装されている。 ビーム砲の性能は期待通りであり、以後に開発されたビーム兵器は全てこのユニットを基本に設計されている。 発振システムの開発に従事したシホ・ハーネンフースは、開発終了後にジュール隊に配属され、ヤキン・ドゥーエ攻防戦では本機に搭乗して出撃している。 機動戦士ガンダムSEED DESTINY セイバーガンダム 型式番号:ZGMF-X23S ユニウス条約締結後にザフトが開発した新規格MS群『』の1機。 『』の性能を受け継ぎつつも、『』の改良型となる『』を搭載するなど、新たな技術が導入されている。 また、条約で禁じられた核エンジンの代わりに、外部からの指向性ビームを受信して充電を行う『』を採用しており、母艦が存在する限り、ほぼ無制限の稼働時間を得ることができる。 本機は大気圏内での空戦能力を重視して開発された機体で、バックパックに多数のスラスターと大型ウイングを装備することで高い運動性能を誇り、より高機動戦闘に特化したMA形態への変形機構も備えている。 標準武装となるビームサーベルやビームライフルのほか、『』や、『』といった強力なビーム砲を備え、機動特性を活かした中近距離の戦闘において高い戦闘能力を発揮した。 機動戦士ガンダムSEED DESTINY スティング・オークレー CV:諏訪部順一 地球連合軍の特殊部隊『』に所属するパイロット。 地球連合軍によって人為的な強化が施された兵士『』の一人である。 好戦的ではあるが、高い理性と冷静な判断力を有しており、同じくエクステンデッドであるアウル・ニーダとステラ・ルーシェのリーダー的存在となっている。 仲間らと共にアーモリーワンの軍事工廠へと潜入してカオスガンダムを奪取し、以降はそのパイロットとして追撃してきたザフトの戦艦ミネルバと戦闘を繰り広げた。 その後は仲間を失う度に記憶を操作されたことで情緒が不安定になり、MSを運用するための生体CPUとして戦闘意欲のみで戦い続ける。 機動戦士ガンダムSEED DESTINY カオスガンダム 型式番号:ZGMF-X24S ユニウス条約締結後にザフトが開発した新規格MS群『セカンドステージシリーズ』の1機。 『ZGMF-Xシリーズ(ファーストステージシリーズ)』の性能を受け継ぎつつも、『フェイズシフト装甲』の改良型となる『ヴァリアブルフェイズシフト装甲』を搭載するなど、新たな技術が導入されている。 また、条約で禁じられた核エンジンの代わりに、外部からの指向性ビームを受信して充電を行う『デュートリオンビーム送電システム』を採用しており、母艦が存在する限り、ほぼ無制限の稼働時間を得ることができる。 本機は宇宙空間での戦闘能力を重視して開発された機体で、各部に設置されたスラスターによって優れた機動力を獲得し、さらにその機動性能をより高めることのできる『』への変形機構も備えている。 武装面では多数の強力な火器を複数装備し、ドラグーンシステム搭載兵器『』を用いたオールレンジ攻撃も可能であるなど、高い攻撃能力を有している。 機動戦士ガンダムSEED DESTINY アビスガンダム 型式番号:ZGMF-X31S ユニウス条約締結後にザフトが開発した新規格MS群『セカンドステージシリーズ』の1機。 『ZGMF-Xシリーズ(ファーストステージシリーズ)』の性能を受け継ぎつつも、『フェイズシフト装甲』の改良型となる『ヴァリアブルフェイズシフト装甲』を搭載するなど、新たな技術が導入されている。 また、条約で禁じられた核エンジンの代わりに、外部からの指向性ビームを受信して充電を行う『デュートリオンビーム送電システム』を採用しており、母艦が存在する限り、ほぼ無制限の稼働時間を得ることができる。 本機は特に水中での戦闘能力を重視して開発された機体である。 『』への変形機構を持ち、シールドで全身を覆うことで水の抵抗を最小限に抑え、水中においても優れた機動性能を発揮する。 武装面では、大出力を誇る『』や、肩部のシールドに内蔵された『』など強力な射撃兵器を装備。 また、MA形態時でも魚雷やビーム砲による攻撃が可能で、水中戦においても高い攻撃力を維持している。 機動戦士ガンダムSEED DESTINY デストロイガンダム 型式番号:GFAS-X1 地球連合軍の戦略装脚兵装要塞。 ザフト殲滅の切り札として地球連合軍が軍産複合体『』の支援を受けて開発した大型機動兵器である。 先に開発されたザムザザーやゲルズゲーの流れを汲む機体で、『』を用いた高い防御力と、機体各所に搭載された多数の射撃兵器によって、単機においても容易に拠点制圧を可能とする圧倒的な戦闘力を誇る。 中でも腕部の無線操作型ビーム砲『』はマニピュレーター先端の『』と併用することで、オールレンジ攻撃を行うことができる。 また、運動性能は低下するものの、要塞形態と呼ばれるMA形態へ変形することで、機体の持つ火力を最大限に引き出すことが可能となる。 なお、本機の装備を有効的に使用するには、優れた空間認識能力が必須なため、エクステンデッドの専用機として運用されている。 機動戦士ガンダムSEED DESTINY カガリ・ユラ・アスハ CV:進藤尚美 オーブの代表首長。 前大戦後、父ウズミの跡を継いてオーブの代表となり、国の復興のために尽力するが、経験不足から上手くリーダーシップを取れずにいる。 プラント最高評議会議長ギルバート・デュランダルとの会談のためにアーモリーワンを訪れるが、不運にも『ファントムペイン』による新型ガンダム強奪作戦に遭遇し、一時ミネルバに身を寄せる。 その後、地球連合とプラントは開戦し、カガリは不本意ながらも、宰相のウナト・エマ・セイランらに押し切られ、大西洋連邦との同盟を結んだ。 さらに国情安定のためにユウナ・ロマ・セイランとの結婚を強いられそうになるが、キラ・ヤマトにアークエンジェルへと連れ去られた。 仲間たちの中で本来の自分を取り戻した彼女は、改めて戦争終結への道を模索していく。 機動戦士ガンダムSEED ASTRAY ロウ・ギュール CV:小野坂昌也 ジャンク屋組合に所属する青年。 仕事仲間と共に破棄されたMSやそのパーツなどを回収、再生することで生計を立てるジャンク屋である。 メカを一見しただけでその特性や故障箇所を見抜く天才的な感性と技術を備えており、またジャンク屋という職業に強い誇りを持っている。 性格は大雑把で、深く考えずに無謀な行動を取ることも多いが、情に厚い熱血漢である。 地球連合軍とザフトの戦闘によって崩壊した直後のコロニー『』に、ジャンクパーツの回収を目的に訪れており、その際偶然にもオーブが極秘開発していた試作MS『』を回収した。 それをきっかけに以後様々な事件に巻き込まれるが、持ち前の根性と柔軟な発想力、そしてジャンク屋仲間とのチームワークで窮地を乗り越えていく。 機動戦士ガンダムSEED VS ASTRAY ガンダムアストレイ レッドフレーム改 型式番号:MBF-P02KAI ガンダムアストレイレッドフレームの改修機。 『』を名乗る謎の組織による襲撃に対応するため、戦闘で破損したレッドフレームを、ロウ・ギュールが大改修した機体である。 ロウのジャンク屋稼業の集大成とも言えるMSであり、彼が今まで手掛けてきた数多くのMSの技術が惜しみなく投入されている。 背中に装備された『』は、飛行形態となる『』や、巨大な実体剣となる『』など、形を変えることで様々な機能を発揮することができる。 また、ターンデルタのパーツを組み込んだことで、特殊推進システム『ヴォワチュール・リュミエール』の運用も可能となった。 さらに、ロストテクノロジーによって作られた『』と『』の2振りの実体剣を装備している。 機動戦士ガンダム00 ミスター・ブシドー CV:中村悠一 独立治安維持部隊アロウズに所属するパイロット。 独自行動の免許を持つ『』としてアロウズへ配属されたワンマンアーミーである。 過去のソレスタルビーイングとの戦いで受けた顔の傷を仮面で隠しており、その陣羽織風の独特な制服も相まって、周囲からは『』と呼ばれるようになった。 『』に対し異常なまでの執着を示し、特に刹那・F・セイエイと彼が搭乗するガンダムとの因縁を宿命だと感じており、その決着をつけるためだけに戦場に身を置いている。 それ故にガンダムと直接対峙しない作戦には参加せず、さらにガンダムとの戦いであっても相手が万全でない場合は決着を見送るなど独自の行動を取る。 機動戦士ガンダム00 ヒリング・ケア CV:川庄美雪 独立治安維持部隊アロウズに所属するイノベイター。 その実体は、人類の進化した姿であるイノベイターを模して作り出されたイノベイドである。 イノベイターという自身の存在に誇りを持ち、同系列の遺伝子パターンを持つリボンズ・アルマークの影響か、人間の内面や感情的な行動を蔑んでいる。 戦闘中は無邪気で好戦的になり、主にリヴァイヴ・リバイバルと、作戦行動を共にすることが多い。 独自行動の免許を持つ『ライセンサー』としてアロウズへと配属され、メメントモリでの戦闘ではガデッサに搭乗して多数の敵艦隊を撃破し、その後も乗機をガラッゾに換えながら、ソレスタルビーイングと幾度となく交戦した。 機動戦士ガンダム00V スペルビアジンクス 型式番号:GNX-612T/AA 強襲揚陸戦用の特殊ジンクス。 海からの奇襲を目的として開発された機体で、ジンクスIIIの発展機に分類されているが、イノベイドの最新技術が盛り込まれ、同時期に開発されていた次世代機ジンクスIVに近い機体とされる。 水中を移動する際は、センサーユニット、ウエポンユニット、ホバーユニットからなる強襲揚陸ユニットを装備し、上陸時にパージする。 両腕に設置された『』は『』と一体化した実体剣で、さらに奇襲用の『』も内蔵している。 本機はアロウズの主導で行われた特殊任務に使用されたことから、パイロットもアロウズ所属兵、もしくは独自行動の免許を持つ『ライセンサー』などに限られた。 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 三日月・オーガス CV:河西健吾 火星の民間警備会社CGSの参番組に所属する少年。 小柄ながら強靭な肉体と精神力を備え、危険な阿頼耶識システムの手術を3度耐え抜いた。 あまり細かいことを気にせず、多くのことに無関心に見えるが、仲間を思う気持ちは誰よりも強い。 一方で敵に対しては冷酷で、戦場では容赦なく命を奪う。 幼少期から生死を共にしてきたオルガ・イツカとは強い絆で結ばれており、彼の頼みならばどんな仕事でも引き受ける。 阿頼耶識システムによる高い空間認識能力を持ち、MSの操縦技術にも優れていたことから、ギャラルホルンのCGS襲撃の際にガンダム・バルバトスで出撃した。 鉄華団結成後も、オルガや仲間のためにガンダム・バルバトスの専属パイロットとして戦い続ける。 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ガンダム・バルバトスルプスレクス 型式番号:ASW-G-08 ガンダム・バルバトスルプスの改修機。 MAハシュマルとの死闘で深刻なダメージを負ったバルバトスルプスを、歳星のMS工房で大規模改修した機体である。 阿頼耶識システムを通して機体との同調が進んだ三日月・オーガスの戦闘データに合わせ、機体の反応速度を限界まで高めている。 損傷した内部フレームも調整が行われ、格闘戦を得意とする三日月に合わせて前腕部が巨大化し、指先には希少金属を用いた鋭い爪を装備。 また、背部に移植されたハシュマルのテイルパーツは、『』として変幻自在の刺突攻撃を繰り出すことができる。 さらに対艦戦闘も視野に入れて開発された『』を主兵装として装備する。 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ガンダム・ヴィダール 型式番号:ASW-G-XX 月外縁軌道統合艦隊アリアンロッドに所属するガンダム・フレームのMS。 ギャラルホルン内でも存在が極秘扱いとされていた謎の機体。 その正体はエドモントンの戦いで損傷したガンダム・キマリスで、ラスタル・エリオンの指示によって回収され、修復と偽装が施された。 バックパックには3基目となるエイハブ・リアクターが搭載されているが、これはリアクターの固有周波数を特定されないための偽装用である。 また、コックピットには『』と呼ばれる擬似阿頼耶識システムが搭載された。 これはグレイズ・アインに搭載されていた阿頼耶識システムをアイン・ダルトンの脳ごと移設したもので、パイロットにかかる負荷を彼の脳が肩代わりすることで、機体性能を最大限に引き出すことが可能となる。 主兵装として、相手を刺突後に刀身を切り離し、爆発させることが可能な『』を装備。 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ シュヴァルベ・グレイズ(石動機) 型式番号:EB-05s グレイズと同型フレームのカスタム機。 グレイズの試作機をベースに、より高出力、高機動をコンセプトに改修された機体で、肩部や脚部にスラスターを追加し、背部には大型フライトユニットを装備している。 汎用性に優れたグレイズと異なり、低出力時は機体の安定度が低いためにパイロットの技量を要求されるが、高出力時には大気圏内であっても非常に高い機動力を発揮することができた。 兵装などはグレイズと共通であるが、搭乗者が固定されていることが多く、パイロットに応じたカスタマイズが施されている。 本機はマクギリス・ファリドの専用機であったが、彼がグレイズリッターに搭乗することになったために、部下の石動・カミーチェが譲り受け、宇宙海賊『夜明けの地平線団』討伐の際に使用した。 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ イオク・クジャン CV:島崎信長 崎はたつさき セブンスターズの一家門クジャン家当主。 ギャラルホルン月外縁軌道統合艦隊アリアンロッドに所属し、第二艦隊の指揮官を任されている。 艦隊司令であるラスタル・エリオンを信奉する一方で、妾の子であるマクギリス・ファリドがセブンスターズに名を連ねることを快く思っていない。 自信家で思慮が浅く、火星ではMAハシュマルが目覚める一因を作ったほか、タービンズ殲滅戦では禁止兵器『』を持ち出したことを革命軍に糾弾されるなどの失態を重ねる。 それでも、本人の人柄の良さに加え、先代当主の人望も厚かったことから、部下たちには慕われていた。 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 月鋼 アルジ・ミラージ CV:安田陸矢 右腕に機械式の義手を装着している傭兵の少年。 5年前、ガンダム・フレームの機体に家族と右腕を奪われており、その仇を討つために傭兵となった。 暗殺依頼を受けてテッド・モルガトンのもとを訪れるが、別の刺客が操るトリアイナに襲撃され、テッドの命令でヴォルコ・ウォーレンから託されたガンダム・アスタロトに乗り込んで迎え撃つ。 その後は自分を庇って命を落としたテッドへの恩返しと、ガンダムに復讐する力を手に入れるためにアスタロトのパイロットとなった。 義理堅い性格であるが、無愛想で女性を苦手としている。 阿頼耶識システムの手術は受けていないものの、義手とMSを神経接続することで、高い反応速度を生かした操縦を行うことができる。 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 月鋼 ガンダム・アスタロトリナシメント 型式番号:ASW-G-29 ガンダム・アスタロトの改修機。 本来の姿の82%の状態まで復元されたアスタロトであったが、ナナオ・ナロリナに強奪され、木星圏の闇市場で発見された時には大半の装備が失われていた。 本機はそのアスタロトを、ほかのMSの装備を用いて再度修復した機体で、左右非対称の歪な姿に戻ってしまっている。 また改修に合わせて、火薬式の『ダインスレイヴ』を内蔵する『』を追加し、左腕にシールドを兼ねたサブナックルを装備するなど、武装面の大幅な強化が図られた。 しかし、アルジ・ミラージの戦闘特性に合わせた重武装と重装甲が施された結果、彼にしか乗りこなすことができないアンバランスな機体に仕上がっている。 機動戦士ガンダム00 プトレマイオス ソレスタルビーイングの宇宙輸送艦。 ソレスタルビーイングの所有するMS『ガンダム』を運用するために設計された艦で、クルーたちからは『』の愛称で呼ばれている。 最大4基装備するコンテナ内に、それぞれガンダムを格納することが可能で、発進時は艦首に備えられたリニアカタパルトによって射出する。 しかし、艦の動力源はガンダムの持つ『』に依存しているため、全てのガンダムが出撃すると活動時間が制限されてしまう。 あくまでもガンダムの輸送と後方支援を目的として建造され、戦艦のような重武装を持っていなかったが、後に収納コンテナを強襲用コンテナに換装することで武装の強化に成功している。 ソレスタルビーイングが武力介入を開始して以降、ガンダムの拠点としてその活動を支え、国連軍との最終決戦まで数々の戦いを潜り抜けた。 機動戦士ガンダムSEED C. 73 STARGAZER シビリアンアストレイ DSSDカスタム 型式番号:UT-1D 深宇宙探査開発機構『DSSD』の多目的型MS。 オーブ軍のアストレイ系MSをベースに、オーブ技術者やジャンク屋組合の協力を得て開発された機体である。 特殊なバイザーに守られた高精度センサーを頭部に装備し、背部には『ヴォワチュール・リュミエール』の先駆型となる電磁推進システムを搭載している。 武装は取り回しに優れた小型のビームガンと、作業用のものを流用したビームトーチを装備する。 DSSDでは宇宙空間での作業および自衛用に用いられ、特殊部隊『ファントムペイン』のホアキン隊によるトロヤステーション襲撃の際は、その迎撃にあたった。 機動戦士ガンダムSEED ASTRAY R リジェネレイトガンダム 型式番号:ZGMF-X11A ザフトの試作型可変MS。 ザフトが地球連合軍より奪取したイージスガンダムをベースに開発した機体で、MS形態の他に、強襲用のMA形態とMA巡航形態の3種類に変形する可変機構を持つ。 バックパック部分が本体であり、戦闘中にMS部分が破壊されてもパーツ交換によって、何度でも再生し、戦いを継続することができる。 さらに本機はミーティアに近い運用が想定されていたため、コネクタの存在する機体ならば連合製、ザフト製を問わずに取り付いて、コントロールを奪うことも可能である。 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 月鋼 ガンダム・ダンタリオン 型式番号:ASW-G-71 ザルムフォート家が所有するガンダム・フレームのMS。 300年前の『』末期に開発された72機のガンダム・フレーム採用機の1機で、エイハブ・リアクターを2基搭載し、これを並列稼働させることで膨大な出力を得ることができる。 本機はガンダム・フレーム機の中でも最後期に完成した機体で、先行して実戦に投入された同フレーム機の戦闘データを基に、大幅な仕様の変更が繰り返し行われた。 その結果、様々なオプション兵装を装着することであらゆる戦局に対応可能な機体となり、戦争終結間際に完成したにもかかわらず、非常に高い戦果を挙げたことから、ザルムフォート家の象徴として受け継がれている。 なお、ネイキッドと呼ばれるこの状態は、重力下やコロニー内での戦闘を想定した軽装甲装備で、機動性、俊敏性に優れ、高い格闘戦能力を発揮することができる。 ジージェネレーションシリーズ フェニックスガンダム 型式番号:GGF-001 どの時代に、どのような目的によって開発されたのかが一切不明のMSである。 『ガンダム』の名を冠するにふさわしい機体性能を持ち、武装面ではビーム・サーベルとビーム・ライフルの他、バインダー部に連結されたメガ・ビーム・キャノンやオールレンジ攻撃を可能とするフェザー・ファンネルなど充実した火力を持っている。 また、機体装甲にはナノマシンによって損傷箇所を自己修復する『』を用いているが、機体が発見された時には、修復した際に使用したと思われるナノマシン残骸が機体表面を覆っているのみで、その機能は完全に作動しておらず再生能力は無いに等しい。 本来ならば、ナノスキン装甲によって内部機器すら自己修復を行う予定であった為か、機体表面にはメンテナンスハッチが存在せず、その他にも高い大気圏内飛行能力を持ちながら、推進剤の補充を必要とせず長時間の行動が可能など、不可解な技術で構成されている。

次の