結婚式 メール 返信。 結婚式招待状の返信メッセージ<例文・文例とマナーまとめ>

メールで結婚報告を受けた時の返信方法とメール例文

結婚式 メール 返信

CONTENTS• まずは基本をおさえよう!結婚式招待状の返信マナー 結婚式招待状の返信にもマナーやルールがあります。 「知らないうちにマナー違反していた!」なんてこともあるので確認してくださいね。 1.出席なら招待状は早めに返信する! 結婚式の招待状はなるべく早く返信するのがマナーです。 新郎新婦は招待客の人数をもとに結婚式の準備を進めるので早ければ早いほど助かります。 遅くても1週間以内に返信をするようにしてくださいね。 事前にメールや口頭で出欠を伝えていたとしても、返信状は必ず出すようにしましょう。 2.欠席するならすぐに返信しない! 招待状が届いた時点で出席できないことが分かっていたとしても、すぐに返信するのは避けましょう。 「最初から出席する気がないんだな」と受け取られないように、 1週間以上過ぎてから返信することをオススメします。 招待状を返信する前に、メールや電話で「やむをえず欠席するかもしれない」という旨を伝えておくと丁寧です。 3.返信ハガキは黒のペンで記入する 返信ハガキを書くときは、黒の筆ペンで書くのがマナーとされています。 書き慣れない筆ペンだと不安という方は、普段使っているボールペンでもOK。 ペンの色はお祝い事にふさわしい黒色を選んで、グレーやカラーペンは避けてくださいね。 4.宛名の書き方と敬語文字の消し方 ・宛名の「行」を「様」に書き直す 「行」の文字を二本線もしくは斜線で消し、敬称の「様」をつけ加えます。 線を引くときは定規を使うと綺麗に引くことができるのでオススメです。 ・「御」と「芳」の文字を消す ハガキ裏面の「御出席・御欠席・御芳名・御住所」など敬語となる「御」と「芳」の文字も、消すのがマナーです。 宛名と同じように、二本線もしくは斜線で訂正をしましょう。 その際に二重線や斜線ではなく「寿」という字を上書きすると、よりお祝いの気持ちが伝わる返信はがきになります。 招待状の返信で印象UP!メッセージの書き方マナー 返信状を見た新郎新婦に喜んでもらえるようなお祝いのメッセージを書きたいですよね。 招待状の返信メッセージを書くときには、気を付けたいポイントがあるのでぜひチェックしてみてください。 句読点は使わない 「、」や「。 」は終止符を打つという意味合いがあることから、終わりを連想させてしまいます。 返信メッセージには「 」(スペース)などを使用して、句読点は使わないようにしましょう。 忌み言葉や重ね言葉は使わない 「不幸」や「別れ」「再婚」をイメージさせる言葉は、お祝いの場には相応しくないので避けるようにしましょう。 代表的なものに、「切る」「終わる」「泣く」「「いろいろ」などがあります。 日常使いなれている言葉もあると思うので、確認しておきましょう。 メッセージは簡潔に書く 招待状の返信ハガキに書くメッセージなので、2~3行で簡単にまとめるようにしてください。 自分が一番伝えたいことに要点を絞って書くことがポイントです。 気持ちを込めたお祝いメッセージにするには、形式的すぎるのも寂しいですよね。 そのとき「出席」の前に「慶んで」、後ろに「させていただきます」と書き加えるとより丁寧です。 メッセージ欄か空いているスペースには、お祝いの言葉と一言メッセージを添えましょう。 相手の名前を入れるのも、あたたかみが出ておすすめです。 結婚祝いのメッセージ例はこちらの記事も参考にしてみて下さい! IKINA: 欠席の場合の返信メッセージ 欠席する場合こそ、マナーや残念な気持ちが伝わるメッセージを書きたいですよね。 欠席する場合の返信マナーとメッセージ文例をご紹介します。 そのとき「欠席」の前に「残念ながら」、後ろに「させていただきます」と加えるといいです。 空いたスペースにはお祝いの言葉につづけて、欠席のお詫びと欠席の理由を書きましょう。 出席できなくて残念という気持ちを相手にしっかり伝えることができます。 ただし、欠席理由は明確にしたほうがいい場合とそうではない場合があるので注意してください。 【明確にしていい欠席理由】出張、出産、身内の結婚式 おめでたい事情が理由で結婚式を欠席する場合は、欠席理由を簡潔に書くと親切です。 会社の上司などに送るとマナー違反になることがあるので、親しい関係の人にだけ送るようにしましょうね。 新郎新婦が笑顔になる返信メッセージを送ろう 結婚式招待状の返信メッセージ、簡単に形式的に返すのは何だか味気ないような気がしますよね。 お祝いの気持ちが伝わるようなメッセージをハガキに添えてみるのはいかがでしょうか。 基本的な返信マナーに気をつけながら、受け取った新郎新婦が思わず笑顔になる、そんな返信メッセージになったら嬉しいですね!.

次の

結婚報告メールに絶対役立つ例文集【上司・同僚・知人編】

結婚式 メール 返信

2019. 04 お招きゲストは、結婚式や披露宴の出欠の返事を新郎新婦にできる限り早くすることがマナー。 最近はメールの活用が増え、招待状は形式的なものになりつつありますが、返信の際のメッセージにはウェディングならではの配慮が必要です。 招待状を送る前にメールで出席確認はマナー違反? あまり乗り気でない結婚式への 参加を控える内容の 上手い返答は? 【目次】• 結婚式招待のメール連絡• 結婚式出欠の返信メール内容• 3.まとめ 1. 結婚式招待のメール連絡 現在、メールやSNSは連絡ツールとして日常的なものとなっているのではないでしょうか?これはウェディングシーンにおいても同様です。 特に仕事をしながら結婚式準備をしている新郎新婦にとって、結婚式場との打ち合わせもメールでやりとりできればわざわざ現場に足を運ぶ必要がなくなり効率アップしますよね。 また、一度に同じ内容を一斉に連絡できることは、メールやSNNの大きな魅力です。 ところが、フォーマルな場においては、「便利さ」と「マナー」は必ずしも一致しないことがあります。 メールは便利ではあるものの、直接お互いの表情や肉声を確認し合うことができず「味気ない」「丁寧さに欠ける」という印象を持つ人がいることも確かです。 新郎新婦:メールで結婚式招待を行う際のスタンスは? 結婚式への招待のようなフォーマルな内容での連絡方法は、 相手に手紙や電話で一報を入れたうえで直接会って伝える とされてきました。 遠方やスケジュールの関係で直接会うことが難しい相手に対しては、「例外的に」電話で済ませてもOKですが、必ず本人の肉声で報告をすることが重要。 「ひと手間かけてでも、丁寧に相手に報告すること」が従来のマナーでした。 ところが、ライフスタイルが変化した現在、多忙な新郎新婦にとって、ゲストの結婚式の出欠確認のためにメールやSNSを活用することは、むしろ迅速な連絡方法としてメリットがたくさん。 そして、上手に利用すれば出席連絡があったゲストに限って招待状を送付することも可能になり、切手代も節約できます。 基本的にはメールでやり取りができる同僚や友人などの「気軽な」ゲストが対象になりますが、それでもなかには、「結婚式招待にメールなんて失礼!」と感じる人がいかもしれません。 正式な招待は「招待状」の送付をもって成立します。 すぐに確定したい!気持ちはわかりますが、メールでは「事務連絡的内容」にとどめておきましょう。 つきましては粗宴を催したく、まずは日時と場所をお知らせいたします。 ご予定いただけましたら幸いです。 いち早くお知らせいたしたく、メールにてのご連絡となりましたこと、なにとぞお許しくださいませ。 送信メールでのNG内容は? メールやSNSはとにかく便利です。 すぐに連絡ができますし、SNSでは「既読」履歴も確認できますよね。 しかしながら、新郎新婦側は、いつものメールのノリで送信しないことが大切です。 新郎新婦側NG:「出席予定の人だけに後日招待状を送るので出欠連絡がほしい」 ゲスト側からすれば、 ・ゲスト人数を確定して費用を算出したいのはわかるがあからさま ・出席確定のゲストだけに招待状送付とはケチな感じ ・そもそも、「お招き」スタンスが感じられない と、マイナスイメージを作りかねません。 お祝いごとでは経済的な内容が全面に出てしまうことは失礼にあたるとされています。 メールでは「あらためて招待状のご用意をさせていただきます」程度に。 あとはゲストの対応に委ね、それ以上踏み込んだ内容は書かないことがマナーです。 全員から招待状送付前に出欠連絡が揃ったらラッキー!というくらいがよいでしょう。 結婚式出欠の返信メール内容 招待ゲスト側:メールで結婚式出欠を伝える際のスタンスは? 出席を即答!できるケースならば、メールであれ、何ら問題はありませんが、 ・経済的に結婚式出席がきびしい ・あまり親しい友人ではない など、あまり気乗りしない招待の場合は、どうやって返信メールを送るべきか悩んでしまうかもしれません。 メールでは招待への感謝をメインに お祝いごとには、単に「出席」「欠席」を伝えるだけでなく、必ず祝福のメッセージを添えることはマナーです。 <文例:出席> うれしいお知らせをありがとうございます! ぜひとも出席させていただきたいと思います! 美しい花嫁姿を楽しみにしています! <文例:欠席> うれしいお知らせをありがとうございます! ところが、あいにく、ちょうどその日に親戚の結婚式がございます。 美しい花嫁姿を拝見できないことはとても残念ですが どうぞおふたりお幸せにお過ごしくださいね! 欠席送信メールでのNG内容は? 出席の際には「出席します!」で済みますが、欠席の際には配慮あるメッセージが必要です。 ゲスト側NG:「そのころの予定がわからない」 新郎新婦側からすれば、 ・そもそも自分たちの「大切な」結婚式の予定をあとまわしにされた感があって失礼 ・出たくないならば、早くにはっきりしてほしい となり、よい印象はもたれません。 対処法1:本当は出席したいけれど予定が立たない場合の段取り ・「出席させていただきたいが そのころの仕事の予定がたたないので現状欠席とさせていただく」 ・「差し支えなければ」と前置きした上で、出席可能な場合の増席できる最終回答期限を確認する ただし、これは確実に新郎新婦に気をもませることになるため、万が一欠席となった場合でもご祝儀は出席する予定と同額を送ることが前提です。 対処法2:出席したくないので断りたい場合の段取り ・「あいにく他の結婚式が重なってしまった」 ・「あいにく海外出張が予定されている」 など、「差し支えのない理由」をたてて断ることがポイントです。 まちがっても ・金欠なので とはいわないようにしましょう。 そのほか、「病気」「不祝儀」を理由にする際も、よほど親しい間柄以外にはあからさまには伝えない、とされています。 相手との関係性から判断することが大切です。 3.まとめ 結婚式というフォーマルシーンでも、効率アップのために活用できるツールはぜひともとり入れていきたいものです。 ただし「便利さ」ばかりが出ては、せっかくのお祝いごとに水をさしたり、角が立ちかねません。 ぜひとも丁寧な対応をするように気を付けていきましょうね。

次の

結婚式の二次会招待メールの返信マナーと出席・欠席別メッセージ例文

結婚式 メール 返信

友人の結婚式欠席でマナーある理由付け 友人から結婚式への招待状が届いたはいいけど、すでにその日がなにかしらの予定が入っていたりしたら出席できないこともありますよね。 でも、出席ができないことが明確だったとしても、 すぐに「欠席」と返信するのは控えたほうがいいです。 なぜなら、結婚式に欠席する場合に即答してしまうと、新郎新婦は自分たちに会いたくないのかな、などと否定的に思わせてしまうかもしれません。 そう思わせてしまうのも申し訳ないので、招待状が届いたら返信ハガキを出す前にまずは電話やメールで直接連絡し、結婚に対するお祝いの言葉を伝えます。 その際に、やむを得ず欠席するかもしれないことと出来るだけスケジュールを調整して参加したいといった気持ちを伝えるようにしましょう。 返信ハガキはその連絡を行ってから出すと丁寧な印象になります。 ただし、期限ぎりぎりで返信してしまうと、新郎新婦に迷惑がかかってしまうこともあるので、招待状が届いてから一週間ほど間をおいてから出すとよいでしょう。 結婚式や披露宴、2次会を欠席する時のメールの例文 結婚式や披露宴、2次会をやむを得ず欠席する時のメールはどのように作成すると相手に印象のよい内容といえるのでしょうか? おわび状の書き方についてですが、「結婚式の前に詫び状を送る場合」と「結婚式が終わった後に詫び状を送る場合」の二つがあるので、そちらをご紹介させていただきます。 まず一つ目の 結婚式の前におわび状を送る場合の例文です。 この度は、〇〇様の結婚式並びに披露宴のご招待をいただきまして誠にありがとうございます。 当日は出席とお返事してましたが、一身上の都合により出席を辞退せざるを得なくなりました。 何においてもお二人の晴れの姿を拝見したく、式への参列を楽しみにしておりましたが、大変に残念に思います。 失礼は重々承知しておりますが、どうか事情をご賢察の上、どうぞよろしくお取り計らいください。 末筆ながら、挙式と披露宴のご盛会とお二人のご多幸を心よりお祈り申し上げます。 続いて、結 婚式が終わった後に送る場合のおわび状の例文についてご紹介させていただきます。 拝啓時下ますますご健勝のほどお喜び申し上げます。 過日は、せっかくの結婚式ならびに披露宴のご招待をいただきながら、どうしても抜けられない用事が突然生じまして、欠席という事態になり、心からお詫び申し上げます。 楽しみにしていました新郎・新婦の新しい門出の晴れ着姿も見ることができず、断腸の思いでございます。 当日、簡単なご連絡とお詫びのお電話を差し上げましたが、書面をもって改めてお詫び申し上げます。 後日改めてお祝いに伺い、幸福に満ちたお二人のお顔を拝見できれば幸いです。 末筆ながら、お二人の末永いご多幸を心よりお祈り申し上げ、まずは書中にてお詫び申し上げます。 結婚式を欠席したお詫びの方法!ご祝儀や電報のみの送り方 結婚式を欠席したお詫びの方法やご祝儀や電報の送り方についてですが、ポイントが三つあります。 まず一つ目は、 「感謝の気持ち」と「申し訳ない気持ち」、「祝福の気持ち」を伝えること。 まずは、招待を受けたことへの感謝の気持ち、欠席しなければいけないという申し訳ない気持ち、そして新しい門出を迎える二人に対しての祝福の気持ちを伝えるようにしましょう。 そしてお詫びの言葉を添えます。 これに関してはどういう経緯で欠席するにしても必ず伝えるべきことです。 二つ目ですが、「やむを得ない理由で欠席する時」身内の不幸などでやむを得ず欠席する場合には具体的な内容は控え、一身上の都合により、あるいはやむを得ない事情によりという風に書きましょう。 三つめは、「急遽欠席しなければならなくなった時」の場合ですが、急に欠席しなければならなくなった場合は、まず電話で連絡を入れた後におわび状を送ります。 結婚式を行う相手は人数を集計し、それに合わせて入念に結婚式の準備を行っていくため、できるだけ早めに伝えてあげることが大事です。 結婚式に欠席する際の ご祝儀の金額についてですが、欠席する場合でもお祝いの気持ちを込めてご祝儀は送るのが望ましく、相場は一般的に 出席する場合のご祝儀金額の2分の1から3分の1程度とされています。 というのも、結婚式ではおいしい料理や飲み物でもてなされ、引き出物をいただいて帰ります。 ゲストはその金額を見越してご祝儀を渡すため、結婚式を欠席する際にはその分を差し引いた金額を送ればよいのだそうです。 結婚式欠席の断り方のメールやラインの例文の書き方まとめ 今回は、結婚式を欠席する際の返信の仕方などについてご紹介させていただきました。 どうしても外せない日や身内の不幸などでやむを得ず結婚式を欠席せざるを得ない日もありますよね。 そんな時は、何よりも大切なのは二人を祝福する気持ちを伝えることと、当日参列できずに残念な気持ちを伝えることだと思います。 ぜひ参考にしてみてください。 【あわせて読みたい】.

次の